きまぐれな日々

選挙戦のさなかの終戦記念日は4年ぶりだが、ずいぶん様変わりしたものだと思う。「郵政総選挙」のあった4年前は、人々が「刺客騒動」に熱中していて終戦記念日どころではなかったと記憶しているが、「靖国」が大きな議題になったのは翌2006年のことだった。前年の暮れだったかこの年の初めだったかに、渡邉恒雄(ナベツネ)が読売新聞の社論を変更して靖国神社への総理大臣の参拝を否定するようになり、朝日新聞と組んで反靖国の論陣を張り始めた。おそらくナベツネとしては、戦後60年を機に、日本の戦争責任を彼なりに明確にした上で、持論である改憲路線を突っ走りたかったのではないかと思う。そのため、「ポスト小泉」の候補者たちにも、読売新聞の支持を受けるためには靖国神社に参拝しないことだ、と条件を突きつけた。だから、もとから靖国参拝に不熱心だった福田康夫だけではなく、靖国にきわめて強いこだわりを持っているに違いない安倍晋三も、首相在任中の終戦記念日(2007年)には靖国神社に参拝していない。もっともその頃は、自民党が参院選に惨敗した直後でそれどころではなかったのかもしれないが。

話を2006年に戻すと、この年の7月には日本経済新聞が「富田メモ」をスクープし、右翼に打撃を与えた。櫻井よしこなどは、「富田メモ」は偽物に違いないとテレビでほのめかしたが、進むと予告していた検証作業はその後全く音沙汰がなく、現在では富田メモは正真正銘の本物と認識されている。今でも思い出すのは、「富田メモ」スクープの2週間前に、「靖国神社と昭和天皇」と題した記事を書いて、以前からたびたび言われていた「1978年の靖国神社のA級戦犯合祀に昭和天皇が激怒して、以後靖国参拝を取り止めた」という話に触れたのだが、それを裏づける「富田メモ」のスクープによって一時的にブログのアクセス数がはね上がったことだ。増えたとは言っても、日に300件か400件くらいだったのが900件くらいになった程度だったが、ブログを書き始めたあの当時が、一番書いていて面白い頃だった。ただ、あの日経新聞のスクープは、日本の過度の右傾化を懸念する新聞社の首脳たちが政府要人の靖国参拝に水を差すべく発表のタイミングを計っていたものに違いなく、それにはナベツネも一枚噛んでいたのではないかと私は想像している。

当時、読売新聞のキャンペーンの影響もあったのか、「終戦記念日の総理大臣の靖国参拝は是か非か」と問うマスコミの世論調査では否定的な答えを返す人が多かった。しかし、いざコイズミがこの年の終戦記念日に靖国を参拝すると、途端に「小泉総理の靖国神社参拝を評価する」という意見が反対論を上回った。日本国民は、コイズミのやることなら何でも笑って許してしまった。コイズミ自身の厚生年金以上加入をめぐる「人生いろいろ」発言のような例外(2004年の参院選の自民党敗北につながった)もあったけれど。

コイズミは笑って許してもらえたが、安倍晋三以降となるとそうはいかず、たとえば安倍は総理大臣在職中に、従軍慰安婦に関する発言をとがめられてブッシュ米大統領(当時)に謝罪させられた。これにネット右翼はいきり立ったが、狂ったように改憲だけを目指して国民生活を一切顧慮しなかった安倍が率いる自民党が参院選で惨敗すると、後任の福田康夫は安倍のような極右政策や極右発言はやらなかったので、徐々に右翼的な言論は後退していった。かつては勇ましい右翼的な言説にかまけていた人たちも、格差や貧困の問題の前に、余裕を失っていった。

そんな中、今年も終戦記念日を迎えたが、朝日新聞は「靖国 無風の夏」という見出し(大阪本社発行朝夕刊統合版)で、自民・民主両党首とも参拝せず、議論も盛り上がらない靖国問題について触れている。

もっとも、コイズミや安倍晋三は、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・島村宜伸元農水相)の41人ともども靖国神社に集団参拝したそうだ。これを伝える朝日新聞の記事によると、鳩山邦夫が記者団に

「総理が来ない。そんなバカなことがあるか。私は怒りに震えている」と述べた。

とのことであるが、相変わらずの鳩山弟の空疎なパフォーマンスには虫唾が走る。そういえば、いかにも「靖国命」という感じの平沼赳夫や城内実は今日靖国を参拝したのだろうか。自民党下野後には、安倍晋三らと平沼一派のうちの極右メンバー(というか平沼と城内)、それに改革クラブなどが合流して極右新党でも結成すれば良いと私は思う。そうすれば対立軸がすっきりする。

いずれにしても、靖国問題が衆議院選挙の論点になることはない。産経新聞などは、民主党が次期衆院選後に政権を獲得した場合、靖国神社に代わる新たな国立戦没者追悼施設の建設を目指す方針を固めた、と報じて、なんとか靖国問題を総選挙の争点にして、右派を自民党に回帰させようと躍起になっているが、戦没者追悼施設の建設が民主党のマニフェストにうたわれているわけでもない。「毎日jp」の「毎日ボートマッチ えらぼーと」にも、靖国問題に関する設問がないことから想像がつくように、産経の努力は空しく終わってしまうだろう。

もちろん、靖国神社は戦没者を「追悼」する施設ではなく、戦没した英霊を「顕彰」する好戦的施設であることは、どんなに強調しても強調しすぎることはないのだが、それ以前にこの問題は選挙の争点にはなり得ない、こんな問題を考える余裕もないほど国民生活は疲弊し切っていることは指摘しておかなければならないと思う。

本当は、今日の終戦記念日は、6日の広島、9日の長崎の原爆記念日と並んで、戦争と平和について思いを致す日にしなければならないのだけれど。
関連記事
スポンサーサイト
2009.08.15 13:10 | 不戦の誓い | トラックバック(-) | コメント(15) | このエントリーを含むはてなブックマーク

>靖国神社は戦没者を「追悼」する施設ではなく、戦没した英霊を「顕彰」する好戦的施設

そのとおり。
靖国神社のホームページにもそうある。
このことで東北人は150年間ずっと苦しめられてきた。
我々の故郷を踏みつぶした西軍兵士を神と祭る靖国神社は、まさに東北蔑視と勝者の奢りそのものを象徴している。

我が故郷を侵略した西軍兵士たちを英霊視する靖国神社とその参拝者たちに、岩手県民が心を許すことは永遠にない。
西軍兵士たちの罪は重い。
彼らが許されることは永遠にない。
サントリーの佐治とともに地獄の業火で焼かれつづけているに違いない。

2009.08.15 18:10 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

確かに靖国参拝の是非はあまり話題にならない年ですね。韓国など右翼のイミョンバク大統領ですから、日本の政治家が靖国に行こうが行かまいがあまり気にしないだろうし。

とにかく、戦死を美化したり、靖国の英霊になるから、ありがたく思えと国から強要されるのは、嫌ですね。母親や妻が息子や夫が死んでも泣くことを許されないなど、人間として生きるな、と言われるようなものです。まさに感情の錬金術として使われ、国家が戦争続行をやりやすくするための装置です。靖国がいまだに存在することじたい、日本は戦争を反省していないことのあらわれだと思います。

きょうの靖国には、田母神もあらわれたとか。

「毎日jp」の「毎日ボートマッチ えらぼーと」にも靖国の設問がないですね。これをやってみました。kojitakenさんと同じような結果がでました。幸福実現党にも何%かついたのは、気分が悪いですが、たぶん消費税反対という部分だと思いました。

2009.08.15 18:59 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

>きょうの靖国には、田母神もあらわれたとか。

会津士魂を忘れ、故郷の人々を殺した側に擦り寄る裏切り者。

2009.08.15 19:54 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

>コイズミがこの年の終戦記念日に靖国を参拝すると、途端に「小泉総理の靖国神社参拝を評価する」という意見が反対論を上回った。日本国民は、コイズミのやることなら何でも笑って許してしまった。

コイズミが靖国参拝に拘ったのは、自らの売国奴振りをあまりにも拝金でイカレ具合最高の下品な行為と自ら認識していたと思われる。それで自分の行為の波及効果にはいつも敏感であったコイズミは、それを隠蔽するため靖国参拝を短絡的な思いつきで思いつき、パフォーマンスに出たものだと思われる。コイズミが靖国参拝に拘ったのは、それ以外のなにものでもなかった。特に右翼の目をはぐらかすための姑息なパフォーマンス以外のなにものでもなかった。自らの売国奴振りを最も過激に阻止してくるのは、当然、右翼的な人々だからである。
コイズミの靖国は、そんな次元でしかない。戦没者の方々も国民もみんな哀れすぎる・・・・。

2009.08.15 21:33 URL | ・ #sSHoJftA [ 編集 ]

「合祀されたA級戦犯は二度と分祀できない」とか、「是非、陛下が参拝できる施設を」とか、「新しい追悼施設は靖国参拝問題の解決につながらない」とか、おそらく今の外国人にはほとんど理解できない神学論争でしょうね。
 合祀したのが戦後の宮司を中心とした人間に他ならないのに、そのために現人神の行動を束縛するとは?
 「文化大革命」で文化遺産をことごとく破壊した中国もひどいが、逆にこんな馬鹿馬鹿しいことに拘泥することも、イライラが募ります。この問題自体がまさに日本文化を表現しているでしょう。

 

2009.08.15 23:08 URL | cube #- [ 編集 ]

靖国神社とは全く別に近代日本が始まって以来、国家のために動員され従事し、戦死・殉職された兵士・自衛官・警察官・消防士・公務員を顕彰し慰霊する国立の施設が必要ですね。あと戦災で亡くなった一般人も含めて戦没者を追悼する施設も。

ともかく靖国族の議員が遺族会向けパフォーマンスで敗戦記念日に靖国参拝をするのはもううんざりです。。。

2009.08.15 23:17 URL | kei #MRloXf/c [ 編集 ]

 なにをしにきた‘民主党’ フン でかいい口をきくようになったな小僧
 フ・・・ 確かに強くなった
 だが 果たしてこの俺を倒すことができるかな
 俺の体に流れるのは帝王の血!!
 かかってくるがいい!!
 
 俺の拳「自由民主党」に‘マニフェスト’はない!!‘マニフェスト’とは防御の型!

 わが拳にあるのはただ制圧前進のみ!!

 「自由民主党」奥義‘政治とカネ’西松+故人献金!!
 フフ帝王の拳 「自由民主党」に‘マニフェスト’はない!!敵はすべて下郎!!
 だが対等の敵が現れた時帝王自らが虚を捨てて立ち向かわねばならぬ!!
 すなわち‘政治とカネ’西松+故人献金は
与党第一党たる帝王の誇りをかけた不敗の拳!!

2009.08.16 00:09 URL | 自民党が、菊池良生著の「神聖ローマ帝国」に成り果てことはない、気合を込めてイヤ #- [ 編集 ]

そにっくさん

>>きょうの靖国には、
>田母神もあらわれたとか。

>会津士魂を忘れ、故郷の人々を殺した側に>擦り寄る裏切り者。


田母神さんは同じ福島県でも郡山出身(仲通り)です。
会津人ではありません。
福島は、会津、仲通り 浜通りの三つの地域に分かれていて、
それぞれ気候風土、文化の同一性が低いのです。
田母神さんを会津人扱いされたら、
会津線芦ノ牧温泉駅のばす駅長も憤慨しますよ。

駅でお仕事してるニャー!

http://www.youtube.com/watch?v=Uhweszx5ej0&hl=ja

暑い中ご苦労さまです!!

2009.08.16 00:41 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

小泉さんが靖国参拝にこだわるのは、遺族会の票欲しさだと思っていたけど、政界を引退する今になっても15日に参拝をするってことは、票だけが目当てではなかったのかもしれない。最後まで何を考えているのか(何にも考えていないのか)解らない男だった。ブッシュの太鼓持ちみたいな奴だったけど、もしあの頃の大統領がオバマだったとしたら、やはり太鼓持ちをやったのだろうか?そう考えると小泉さんも運が悪い。最低の大統領に当たってしまったのだから。国民はもっと運が悪いけどね。小泉総理の生みの親、田中眞紀子さんが民主党入りした。彼女は「小泉さんが変わってしまった」と言い訳していたけど、単に自分に見る目が無かっただけでしょ?夫の直紀さんは、ちょっと前まで自民党員だったのに、今になって民主党入りだって。与党に居たいだけじゃないですか!民主党が政権取ったら、訳の分からない連中がぞろぞろ民主党入りするのかなぁ?だんだん民主党に対する期待が薄らいでくる。ところで、小泉さんが言ってた「自民党をブッ壊す」っていうやつ。時間はかかったけど、現実になりそうですね。ご本人もホントにブッ壊すことになるとは思ってなかったろうに。でも正直に「日本をブッ壊す」と言ってくれれば良かったのにね。

2009.08.16 01:43 URL | ブランコ #PKwU/2ew [ 編集 ]

そにっくさん

田母神は郡山市出身なんで(安積高→防大)、
会津士魂なんて知ったこっちゃないでしょうw

2009.08.16 01:48 URL | 観潮楼 #- [ 編集 ]

郡山、一方的な被害者じゃないか。
それこそ何で靖国なんかに行く!

狂ってる。絶対に狂ってる。

2009.08.16 09:02 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

えー、靖国神社と聞いて逆上してしまいました。
平成…じゃない、平静をとりもどさなきゃいけませんね。
冷たいタオルで頭を冷やしました。

東北人にとって靖国神社問題とは戊辰戦争の評価の問題なのです。
靖国神社が侵略者である西軍のみを正当化し、東北蔑視、東北敵視を続けるかぎり、永遠に彼らは我々の敵です。
靖国神社を正当化すると言うことは、「殺した側」に立つということです。
私はそんな非道な態度には組しません。

それにしても田母神さんは情けない。
郡山自由大学に入会して郷土史をゼロからやりなおした方が良いでしょう。

2009.08.16 10:51 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

最近台湾の高金素梅毒とか言う議員と仲間達が靖国神社で大騒ぎしましたね そして15日には反天連のデモが保守により全滅されました。 何と保守派は五百人超の賑わいで左翼達をお出迎えしたとさ 去年は四、五十人の参加者だから十倍に増えた訳ですね これも素梅の暴挙のお陰ですね 国民を目覚めさせてくれて有難う

2009.08.16 19:28 URL | 国民 #- [ 編集 ]

 もとは明治政府の成り立ちに結びついた「官軍」のための神社。戦後、A級戦犯を合祀したのも、その成り立ちから、負けても「官軍」直系だったトップの面々を拒否するわけにはいかなかったのでしょう。
 しかし、そにっくさんが憤慨されているように、平安時代以前からの他の神社と違って、国内でも素直に詣ることが出来ない方々もいれば、日本軍に蹂躙された外国はもちろん黙っていない。したがって、肝心の天皇も参拝できない宙ぶらりんな状態に置かれてしまっている。
 後何年かかるかわかりませんが、いずれ神社のあり方を大きく変えざるをえなくなるでしょうよ。それが歴史の流れだと思います。

2009.08.16 20:06 URL | cube #- [ 編集 ]

>負けても「官軍」直系だったトップの面々

A級戦犯のうち、東条英機と板垣征四郎は岩手人です。
生前、ふたりとも靖国神社にははいりたくないと明言してました。
それでも靖国カルトは結局奉ってしまいましたね。戦死者でもないのに…。

私は靖国カルトのそういうあつかましさ、無神経さ、独り善がりぶりが気に入りません。

彼らが何と言おうが、東条も板垣も靖国にはいません。彼らの霊は盛岡の上田界隈をさまよっているに違い有りません。

2009.08.16 23:48 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]













管理者にだけ表示