きまぐれな日々

長い長い選挙戦は中盤にさしかかり、全国紙の情勢調査はまだ出ていないようだが、先日当ブログでも紹介した中日新聞の情勢調査結果でおおよその流れはわかる。すなわち、自民党の惨敗、民主党の圧勝である。

今後、18日に総選挙が公示されると、特定の候補者に投票を呼びかける記事は公職選挙法に抵触する疑いがあるという話もあるので(落選運動なら構わないとも言われている)、静岡7区で斉木武志への投票を促したり、仮に斉木武志や民主党が気に食わなくとも城内実にだけは投票するなと呼びかける記事などは、18日以降は書かないつもりだ。だから今のうちに書いているのだが(笑)、情勢は残念ながらかんばしくない。静岡7区でも民主党への風は吹いていると思われるが、静岡県医師会が静岡6区および7区では自民党候補(7区では片山さつき)を推薦しないことを決めたのに続き、地元財界の大物・スズキの鈴木修会長が城内実支持を打ち出した。前回の「郵政総選挙」では、鈴木会長は支持する候補を打ち出さず、これが片山さつき勝利の一因になったようだが、今回はスズキは企業ぐるみで城内実を支援するのだろうか? 城内実を応援するブログ『がんばれ城内実』は、スズキの会長が重大発言をしたと大はしゃぎしているが、その記事には地元財界の虎の威を借りることに対するうしろめたさというか懐疑の念はみじんも見られない。語るに堕ちたとはこのことだろう。

そんなわけで、何とかこれまでのリードを守り切ろうと必死の城内実陣営だが、私は芸能マスコミに「ポスター事件」を大騒ぎさせず、地元医師会や地元大手メーカーの実質的支持を取り付けた城内実の権力とは大したものだなあと呆れるばかりだ。こうなったら、城内が当選したあとに、何かまた恥ずかしい騒ぎを起こすのを期待するしかないかもしれない。だから、自民党(というか安倍晋三)にせよ民主党にせよ、こんな男とは提携しないほうが賢明だと言っておく。

その城内実が属する「平沼グループ」(当ブログでの呼称は「平沼一派」)だが、党を結成せず無所属なので、グループとしての主張が明確ではない。昨日のエントリで紹介した「毎日ボートマッチ えらぼーと」でも、「みんなの党」とは政策一致度を比較できるが、平沼一派とは比較できない。しかし、各候補者の回答は公開されているので、これに当たってみれば平沼一派の候補予定者たちの主張がわかる。そこで、平沼一派16人と私の政策一致度を比較してみたところ、45%という結果が出た。

これは、自民党の27%という数字よりは高いが、公明党の52%より低い。保守で連立政権に参加すると見られる国民新党とは62%、同じく保守で第三極を目指す「みんなの党」とは59%の一致度だから、平沼一派はこれらの党と比較してはるかに自民党に近いといえる。「みんなの党」は、一部から「偽装CHANGE勢力」などと呼ばれており、私もその呼称は好まないものの、同党は自民党の補完勢力だと思っている。しかし、平沼一派はそれどころではなく、「偽装」の必要もない「第二自民党」そのものだ。そんな平沼一派とこれまで提携を模索していた民主党の方がどうかしていたのであり、小沢一郎が平沼一派を切り捨てたのは、遅きに失したとはいえ当然の判断だった。

それでも自民党よりは平沼一派と私との政策一致度が高いのは、一派の中にあれっと思うほどリベラルな主張をする候補予定者がいるためで、埼玉11区から立候補予定の小泉龍司は、私との政策一致度がなんと90%だ。城内実信者に言わせると私は「極左」らしいから、小泉龍司も「左翼」くらいには相当するだろう。私との政策一致度が100%の民主党・戸倉多香子氏は当然ながら城内信者のスタンスからすると「極左」に相当する。それはともかく、小泉龍司は、城内実と並んで当選も見込まれる平沼一派の政治家なのに、平沼・城内信者は彼についてはほとんど何も語らない。これは、小泉龍司がネットで支持を拡大しようなどとはあまり考えていないからかもしれない。実際、ネットで支持の高い政治家が選挙に強いわけでは全然ない。城内実はたぶん当選するだろうが、それは城内のブログとはほとんど関係なく(ブログの影響が強ければ、国籍法改正をめぐる城内実の妄言など、むしろマイナス要因の方が多いはずだ)、ネットにおける城内信者の寄与はほとんどないと思われる。当ブログはさんざん城内を叩き続けたため、ずいぶん嫌がらせのコメントをいただいたが(悪質なコメントは承認せず削除した)、それらの嫌がらせの中には静岡県から寄せられたと特定できるものは一件もなく、東京から来たものがやたらと目立った。

静岡7区については、「サンデー毎日」に電話調査の結果が出ていて、それによると片山さつき、斉木武志、城内実を選んだ人は1:2:3くらいの比率になっている。実際には片山さつきに創価学会票が上乗せされるはずだから、2:2:3くらいの比率になるのではないか。城内実が大きくリードしているとしかいいようのない情勢だ。なお、この電話調査によると、北海道で苦戦が伝えられる大物自民党候補予定者の中でも特に情勢の悪いのは中川昭一で、民主党の石川知裕に倍以上引き離されている。地元紙の情勢調査結果も悪く、「中川(酒)は比例復活も難しい」という噂の信憑性は増すばかりだ。同じように陰謀論好きのネット右翼に不祥事を優しく庇われる極右政治家なのに、城内実と中川昭一は明暗をくっきり分けているが、これは、城内が自民党を追い出されたことが、城内にプラスに働いていると考えるべきだろう。「サンデー毎日」の電話調査では、他に海部俊樹と山崎拓も苦しく、たぶん落選するだろう。森喜朗、町村信孝、武部勤、野田聖子あたりもかなり苦しいが、ここらへんになると創価票の上積みや選挙戦後半に予想される大物前職の巻き返しで当選してしまう(比例での復活を含む)のではないかと私は思っている。

今回の民主党への風は、民主党自身が巻き起こしているわけではなく、自民党に対する国民の怒りによるものだから、民主党は風を起こすどころか、暴風雨に自分たちの方が吹き飛ばされそうになっている。一昨日(12日)党首討論で「精彩を欠いた」と評された鳩山由紀夫などその好例で、翌朝のテレビ朝日で伊藤洋一が「鳩山さんは政権交代ばかり言ってたけど、もっと横綱相撲をとって、財源はここにありますとか答えれば良かった」と言っていた。つまり、いつの間にか「民主党圧勝で政権交代」はもはやマスコミ報道でも前提となっているのに、鳩山由紀夫をはじめとする民主党執行部がそれについていけていないのだ。そんな中、平沼一派をズバッと切り捨てた小沢一郎はさすがで、当ブログはまたしてもこれまで批判してきた小沢一郎を再評価せざるを得なくなってしまった。鳩山由紀夫や岡田克也は頼りにならないどころか、民主党を右寄り、新自由主義寄りに引っ張って党の勢いに水を差すKYにしか見えない。いずれにしても鳩山や岡田がこのざまだから、選挙戦終盤では民主党は自民党に一定の巻き返しを許し、政権交代は実現するものの自民党を壊滅状態に追い込むまでには至らないのではないかと考えておく方が良いと思う。

もっとも、このところの私の関心事は、民主党による衆議院比例区定数削減を阻止することにあり、そのためには民主党の独り勝ちも好ましくない。しかし、民主党の独り勝ちを阻止するのが自民党や平沼一派の極右政治家であっては何の意味もなく、社民党、共産党および国民新党の党勢拡大に期待したいと思っているのである。
関連記事
スポンサーサイト
2009.08.14 08:45 | 2009年衆議院選挙 | トラックバック(-) | コメント(18) | このエントリーを含むはてなブックマーク

論点がずれてきている。本来ならば年金や格差、経済対策などが論点となるはずなのに自民党や御用マスコミの挑発にのって民主党が外交、安保政策に言及し続けるからそちらの方に流れている。ただでさえこの時期は問題が加熱する時期なのに挑発にのってそれを助長している。

給油支援などでのブレはもちろんのこと国立墓地の建設についても言及する必要はなかったと思う。私個人としては大賛成だが選挙を考えれば賛同できない。

私は左派の力(人数)を過信していない。左派の力は現在ではかなり弱いものという認識だ。中間層が多いのは事実だがその中間層もこのような問題では右寄りになってきていると思う。せっかく内政問題では民主党に期待する風が吹いても外交、安保、歴史問題に焦点が移れ中間層は自民党に向くと思う。わざわざ自民党の挑発に乗ることはなく、堂々と内政問題を主張していくべきだと思う。

2009.08.14 11:03 URL | 論点 #- [ 編集 ]

小沢一郎と平沼赳夫

岩手県民が新保守主義社と相容れることはないということですね。
右派だの保守だのと自覚している人は、まず日本が重層的であること、自分が知っている日本は日本の一部に過ぎないことをわきまえなきゃいけません。
岩手県、特に小沢さんの実家のあたりが、平沼さんの知っている日本と同じ日本だと思ったら大間違い。

小沢さんと平沼さんは、これからも水と油で相容れることはないでしょう。

2009.08.14 14:13 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

kojitaさん、私の毎日のえらぽーとの結果は、殆どkojitaさんと同じ様な数字になりました。
個々の候補者でみると、小沢さんとは採点の基準を微妙に変えてみても、80%以上の一致率になっています。小沢さんは世間のイメージとは異なり、リベラルですねえ。
ところで鳩山さんは大事な点を曖昧にしていますし、岡田さんは憲法9条改正派のようです。
それでも岡田さんは、それ以外のところでは私とかなり一致して、こちらも一致率80%を超えています。
だったらなぜ岡田さんではなく、小沢さんの後釜に鳩山さんを推していたのかというと、鳩山さんだと小沢さんが執行部に残り、凧みたいに浮遊するだろう執行部の重石になってくれるだろうと考えていたからです。
実際に選挙も仕切りは小沢さんがやっていますし、鳩山さんも岡田さんも足を引っ張るような事ばかりしています。
これでもし岡田さんが代表ならば、取り巻きの連中におだてられて小沢さんを切っていたでしょう。
そうなればあの前原あたりがしゃしゃり出て、自民党に利敵行為のオンパレードだったかもしれません。
でもまあ選挙に勝てたとしても、民主党連立政権になってからが勝負ですね。
私の周りでも医療・介護福祉・教育研究・派遣労働など、問題が噴出しています。
もはや一刻の猶予も無い状態です。

2009.08.14 16:31 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

風太さん、

今回の「えらぼーと」は、設問がえらく単純な割に結構面白くて、特に民主党の候補予定者が例の定数削減の件を除いて結構まともなのに驚いています。特に、小泉改革の評価だとか労働問題、それに環境問題については党からなにかお達しがあったのではないかと思うほど回答がリベラル寄りに揃ってますね。前原誠司まで小泉改革を「全否定」しています。

一方、安全保障政策を見ると、前原の超タカ派ぶりはやはり目立ちます。核兵器の保有まで視野に入れてますからね。小沢一郎は、私とも政策一致度は75%ですが、集団的自衛権の解釈見直しを選んでいるので、私に言わせれば解釈改憲派ですし、一部の設問への回答を逃げている鳩山由紀夫や菅直人も、やっぱりタカ派ぶりは変わってないなあと思います。岡田克也は、むしろ鳩山や菅が隠している本音を出しているのかもしれません。

つまり、民主党に新しく入ってきた人たちは結構リベラルなのに、幹部たちはタカ派揃いだなあというのが私の印象です。有力議員でハト派というと長妻昭が挙げられますが、ちょっと新自由主義寄りのところがあります(小泉改革への評価が甘い)。

2009.08.14 16:43 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

 前原は、給油活動まで賛成と回答しています。民主では、反対している人が思ったより多いのですが、賛成している人もそれなりにいます。
 やはり幹部が右派なのが曲者ともいえます。前原や岡田は財界との関係がかなり強いとされているので(三菱やジャスコを筆頭に)、その分力も非常に強そうで侮れません。
 いかに自分と主張が近い人を増やすか、自民民主にフリーハンドを与えないようにするか、ということを追求していきたいと思います。ごく少数ですが、自民党にも考え方が近い人は存在します。民主党にも論外なのはいます。そんなときは、自民の方に入れるのもありかもしれません。民主のタカ派を当選させない事は、民主が自分の考え方に近くなることにもつながるからです。

2009.08.14 18:37 URL | puyonyan #- [ 編集 ]

 以前YOUTUBEで城内を見ていたら、中畑清が応援に来ている場面がありました。原発の宣伝をしている人が来ているということでもあり、城内は完全にあっち側の人だと感じさせられました。

2009.08.14 19:04 URL | puyonyan #- [ 編集 ]

本日の日刊ゲンダイにこうありますよ。

「城内が断然、リードと思われていましたが、最近は民主党のイケメン候補、斉木武志が猛烈な勢いで追い上げているのです。元NHKアナだった斉木氏はしゃべりもうまいし、多くの有権者が好印象を持つ。討論会でも一番評判がいいのが斉木氏です。保守票が城内、片山で割れているので漁夫の利もある。いまや、斉木氏が最有力です。(地元紙記者)」

kojitakenさん、いい風が吹いてきましたね。

2009.08.14 19:42 URL | cube #- [ 編集 ]

な、なかはた!
オーストラリアに負けたなかはた!
日本プロ野球のドリームチームを率いていたのに、ピザの配達人や日曜大工の職人、ペンキ屋や花屋のチームに負けたなかはた!
事前の情報収集も戦術も戦略もないまま、そんなド素人軍団に一度ならずも二度負けたなかはた!

いいのか!
そんなんでいいのか!
城内さん、本気で勝つ気があるのか!

城内さん、kojitakenさんの批判に関係なく負けムードじゃん・・・

ディンゴ呼べ!
ウイリアムズ呼べ!

2009.08.14 19:44 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

cubeさん、

思わず顔がほころぶ情報ありがとうございます。でも、日刊ゲンダイでは鵜呑みにしづらいものがあります。確かに、斉木氏はしゃべりがうまいらしくて、城内実に対してだけではなく、あの片山さつきも言い負かしているとはよく聞きますが、いかんせん地元のおじさんに「誰だお前」と言われている映像がテレビで紹介されたりしますし、出遅れは結構響いていそうです。

情勢調査結果でちょっとでも良いのがあればと思うのですが、今のところ一つもそういう情報がありませんしねえ。

2009.08.14 19:49 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ははは、中畑ですか。アテネ五輪の野球チームに私は反感を持ってましたんで、怒られるかもしれないけどオーストラリアを応援してましたよ。去年の北京でも星野ジャパンは応援しませんでした。別に巨人や阪神が嫌いだからというわけではなくて、WBCでは王監督の3年前も原監督の今年も日本チームを応援しましたよ。単に、中畑だの星野だのが大嫌いなだけです。何より、ご両人のバックにはナベツネがいました。

ま、そんな疫病神に応援されて城内実がまさかの逆転負けをしてくれたら、こんな痛快なことはないんですけどね。

2009.08.14 19:55 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

良くも悪くも小沢さんの目指しているのは「普通の国」ですから、平沼一派のような偏狭な極右は切り捨てるのが当然なのです。集団的自衛権の解釈見直しを選び、ISAF(国連治安支援部隊)への参加を主張していることから明らかなように、湾岸戦争の頃から国連が承認した国連軍、多国籍軍への参加には賛成というのが彼の変わらぬ考えです。その際、政権内に極端な民族主義的右翼や歴史修正主義者をかかえていたら国際世論から不審の目で見られてしまうし、アジア諸国はもちろんアメリカからも反発される恐れがあります。小沢さんは、もちろん第二次世界大戦での日本の戦争責任もちゃんと認めていますが、常識も知らない愚かな右翼などと違ってそうしたけじめをきちんとつけた上でないと国連軍への参加はすべきでない事をわかっておられるのでしょう。そして、それだけに小沢氏は護憲派にとって手ごわい相手と言えそうです。

90年代初頭に小選挙区制が導入されたとき、以前の主張を変え賛成に回った朝日新聞で孤軍奮闘で反対を訴えた故石川真澄氏は「小選挙区制導入は憲法を変えることに等しい」と述べられました。事実、まさに小選挙区制が生み出した圧勝で成立した4年前の小泉政権とそれをひきついだ安倍政権の下で戦後民主主義を根底からゆるがすような数々の悪法が通ってしまいました。
比例区の削減は完全小選挙区制へ近づくことを意味します。石川氏の言葉に従えば、護憲派でありながら比例区の削減に賛成というのは矛盾した行為ということになります。少数意見の排除を暗に平然と認める「護憲派」民主党候補者たちは厳しい見方をすれば偽善的と言われても仕方がないと思います。

2009.08.14 23:03 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

 ‘株○日記と経★展望’なるブログを読み、芸能界の薬物汚染が予想以上であることと、そこに深~く、深~~く、893、及び政界が関与していることに憂国の情をますます強く募らせた、そんなときにテレビで兵庫8区では社民党が候補として出てると知らされ、シンジラレナ~~イ!!という気持ちで一杯になった、冬柴、マンモスウレP-!××ペンタゴン体制バンザイ!!翼賛政党は一体どこだ!?

2009.08.14 23:18 URL | 週刊Gの予測、当たってクレェ~~、芸能界を浄化せよ!! #- [ 編集 ]

冬柴も極右ですね。公明党なのに憲法改正とかいってますし、構造改革は全面賛成です。派遣労働や低賃金の問題についても完全に財界寄りです。自民党でもここまでいっている人はそんなにはいません。
 幹事長時代、テレビでぶち切れまくっているところが非常に印象に残っています。野党に追及されて反論不能になる度に、「私は司会者以外と口聞かない約束になってるんだ」などと怒り出していたことを思い出します。

2009.08.14 23:23 URL | puyonyan #- [ 編集 ]

残念ながら今回の「えらぼーと」の各候補の回答を見て感じたのが 「衆院議員の定数削減」はもはやトレンドとなっていることです。反対しているのは共産・社民・少数の民主・自民それに撤退するそうな幸福実現党(笑)の候補だけ。要するに「はみだし者」たちだけで他の「良い子」は「バスに乗り遅れるな」とばかりに賛成に回ってます。

2009.08.15 00:54 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

う~ん、やっぱり他候補の欠点というか、客観的に見て「これは変だろ!?」ということを訴えるのは、
情熱をもって街頭駅頭で訴えた方が、ネットより票に結びつきやすい、というか、肌で反応を見ることができるような気がします。

もちろん、ネットで訴えていくことによって、自分の考えに共鳴する人間(批判する候補と対立する陣営側の人間)に、背骨を与えることも当然できるのですが、
やはり自分でつかんだネタは、ネタをつかんだ怒っている本人が一番情熱もって訴えられるので、あきらめきれないなら、まだあきらめずに街頭駅頭で浸透させていく時間はあると思います。

ネットを見ていない人間の票というのは、結構馬鹿にならない数がいますから、ビラや文章等で訴えるより、まず声で訴える。
何度も何度も、飽きずに1週間はそれを繰り返す。
選挙中、ずっと蒸し返してやる。
通行者は案外通りすぎて聞いてないようで聞き耳立ててたり、
駅頭で訴えているならそこで働いている街頭指導員のおっちゃんやバスやタクシー、人待ちしてる人、ティッシュ配りのねえさん等々が聞いてたり、
声がそれなりに出てれば駅の構内のかなり深部にまで声が届いていたり、案外するものです。

街頭駅頭立ちで訴えていけば、城内のポスター事件だって、まだまだいけるんじゃないんですかね。

ネットはネットでそれなりに有効ですが、やはり実際に外で声だして訴えた方が、フラストレーション溜まらないし、肌で自分の訴えの反応感じられる分、達成感?があります。


もっとも、人には人で戦っていくスタイルがあるし、あくまでネット上の戦いにこだわるなら、以上書いた戦術は使えないのですが、
まだ選挙投票日まで間があるのですから、ちょっともったいないですね。

2009.08.15 04:21 URL | shimura #XQYq98OQ [ 編集 ]

国会議員定数削減に関しては、社民の全員、共産のほぼ全員が反対しているほか、公明党の最多は「小選挙区削減」、すなわち比例代表はそのままで、比例代表の比重を増す案ですね。あと、国民新党、みんなの党、平沼一派(笑)にもごく少数「削らず」を選んでいる人もいます。民主党は、このアンケートの回答に関して執行部から強いお達しがあったんじゃないかと想像します。他の設問に対する答えもそうですが、回答が揃い過ぎています。報道で幹部がしばしば経団連への譲歩の姿勢を見せるニュースが流れますが、回答を見る限り、反格差・反貧困・反小泉改革で党がまとまっているような結果になっています。

2009.08.15 08:05 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

shimuraさんのコメントが誰かのコメントに対するものなのか当ブログのエントリに対するものなのかよくわかりませんが、後者だとしたら、私は静岡県民ではなく、県外から静岡7区の選挙に干渉しようとしているわけです。これは、支援者のブログ『喜八ログ』(確か神奈川県民のはず)も同様です。

当ブログの一連の「反平沼赳夫・反城内実キャンペーン」の狙いは、一つには「右も左もない」と称して、一部左派ブログが国家主義・民族主義的な排外主義右翼と安易に結びつこうとするのを批判することにあります。だって、戦前の日本を戦争へと突っ走らせた時にも、同じようなメカニズムが働きましたからね。

その上で、城内実を落選にまで追い込めればいうことありませんが、当ブログが国籍法改正をめぐる城内実の妄言を批判したエントリが、ここ半月でようやく全国から1万数千件のアクセスを得た程度だから、そこまでの力はありません。ただ、全国でネットをやっている人たちには城内の本章をある程度わかってもらえたと思いますから(なにせ城内実本人に「煽り」のエントリで反撃してもらったくらいですからね)、ブログで城内実をしつこく批判し続けた甲斐があったと思っています。

2009.08.15 08:20 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

>kojitakenさん

はい。エントリー記事の内容にコメントさせていただきました。

ああ、静岡県外なんですか。
うっかり、あんまり熱心に城内を責めるもので、てっきりご自身の選挙区なのかと勘違いしていました。
申し訳ありません。

越境の支援(落選活動?)というのは、なかなか大変ですね。
活動の手段が限られます。
ご苦労、お察しします。

2009.08.15 18:51 URL | shimura #XQYq98OQ [ 編集 ]













管理者にだけ表示