きまぐれな日々

長崎の平和祈念式典で麻生首相が「傷跡」を「しょうせき」と読んだそうだが、そんなことを取り上げてはやし立てるしか能のない「リベラル・左派ブログ」も知れているなあと思う。

長すぎる解散から公示までの期間に、次々と芸能人の麻薬事件が起きたが、その間にも衆院選後の合従連衡を狙う連中らの動きは後を絶たない。

渡辺喜美、平沼赳夫、鳩山邦夫の3人が、総選挙後の連携をにらんで話し合いをしたのは先月のことだが、最近でも鳩山邦夫が渡辺喜美が結成した「みんなの党」に色目を使っている。その一方で、渡辺喜美は昨日(9日)のテレビ朝日「サンデープロジェクト」で、民主・社民・国民新党の連立構想を批判し、民主党に渡辺らの「みんなの党」との連携を呼びかけるなど、権力亡者ぶりを露骨に見せていたが、普段は勢い込んで渡辺を応援する田原総一朗の口調にも、心なしか力が感じられず、渡辺喜美は浮き気味だなあと感じさせた。

渡辺が平沼にすり寄ったことを、江田憲司はよく思わず、「国粋主義とは組まない」と言ったそうだが、その江田憲司が立候補を予定している神奈川8区に民主党が候補者擁立を決めると、渡辺は民主党から参議院の浅尾慶一郎を引き抜いて、神奈川4区に投入する対抗手段をとってきた。この神奈川4区は大混戦で、浅尾慶一郎が有利とする見方と、民主党の長島一由が有利とする見方、さらには自民党候補が「漁夫の利」を得るとの見方が入り乱れている。

こうして、少し「みんなの党」と民主党の距離ができてきたが、一方で民主党岡山県連は昨日、岡山3区に、第二東京弁護士会所属の西村啓聡(けいと)弁護士(33)を擁立する方針を決めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0809/TKY200908090177.html

リンクを張った朝日新聞の記事によると、この擁立は小沢一郎の意図を反映したもので、

小沢氏に近い参院議員は9日、「小沢氏は新党をつくって協力しようと呼びかけてきたが、平沼氏が決断しきれなかったため、関係を見切ったのだろう」と語った。

とのことだ。同様の呼びかけを麻生太郎が平沼にしていたが、この麻生・小沢両氏の呼びかけについては、平沼が今春出版した本の中で、麻生・小沢両氏を批判していた。要は2人とも数合わせに俺たちを利用しようとしている、というのだが、私に言わせれば平沼こそ、あわよくば与野党伯仲の選挙結果になり、それに乗じて俺たちがキャスティングボートを握ろう、などと虫の良いことを考えている権力亡者に過ぎないと思う。その平沼にやっとこさ民主党が対立候補を立てる決定を下したことは、遅きに失したとはいえ歓迎したい。

私からすると、渡辺喜美も平沼赳夫も「同じ穴の狢」にしか見えないのだが、ネットでは、どういうわけか平沼一派、特に城内実を「悪徳ペンタゴン」と戦うヒーローに祭り上げて英雄視する一方、渡辺喜美一派を「悪徳ペンタゴン」の一味として敵視する漫画のような世界観を示すブログが見られる。その最悪の例が、『神州の泉』の8月7日付エントリ「城内実さんのポスター騒動の背後に、悪徳ペンタゴンの影がちらつく!」だろう。城内実の「ポスター事件」が下火になってからこのようなKYエントリを上げる管理人にはぶっ飛ぶほかはないが、これが日本の「政治ブログ」のレベルなのである。もちろん、こんなものを取り上げてあげつらう当ブログの程度も知れているのだが、このエントリはコメント欄が一段とひどく、私は彼らによると「日本の宗主国が中国様になって欲しいから反新自由主義の立場をとる輩」なのだそうだ。いったいいつ私が「日本の宗主国が中国様になって欲しい」などと書いたか、証拠を見せてほしいものだが、彼らネット右翼は、同様の決めつけで加藤紘一や河野洋平などの保守政治家を攻撃していたから、彼らに理性的行動を求めるほうが無理というものだろう。

もっとも、記事に寄せられたコメントの中には見るべきものもあり、「日刊サイゾー」の記事にリンクを張って、「業界の裏に通じていたのは城内氏で、眞鍋はこれに抵抗した」と主張する者もいる。なんでも、「サイゾー」は反「某芸能事務所」、デイリースポーツは「某芸能事務所の提灯記事を書く」ことで知られているのだそうだ。そういえば城内実は、「総理大臣経験者」の弟分だった...などと想像(憶測?)は尽きないのだが、これ以上は止めておこう。ひとことだけ言っておきたいのは、『神州の泉』の管理人が熱烈な植草一秀信者であることで、植草一秀氏のブログでの言説には、こうした狂信的な国粋主義ネット右翼をひきつける性質がある。植草氏は、せっかく優秀な頭脳をお持ちの方なのだから、こうしたトンデモ右翼を釣ってブログのアクセス数を増やすことなんかにかまけないで、もっと地に足をつけた言論を展開してほしいと思うのは私だけだろうか?

さて、バカバカしい話題はこのくらいにして、選挙後の政治シーンを展望する新聞記事を紹介したいと思う。昨日(9日)の朝日新聞「オピニオン」面に、細川護煕元首相のインタビュー記事が出ている。
http://www.asahi.com/politics/update/0809/TKY200908080277.html

インタビューには田中秀征氏も同席しており、司会は朝日新聞コラムニストの早野透氏。三紙とも、いわゆる「政治改革」の旗を振った人たちで、私はどうしても彼らに懐疑的になってしまうのだが、このインタビュー記事は予想に反してなかなか面白かった。

新聞の1ページをまるまる潰しての長大な記事だが、ウェブ版で読めるので詳しくはそちらをご参照いただきたいが、ここでは、インタビューの終わりの方にある選挙制度についての細川氏のコメントを紹介したい。

かつて、国会答弁で将来は「穏健な多党制」に向かうと発言した細川氏は、

その時点とその後では事情が変わりました。選挙制度が変わった。最初の政府案は小選挙区250、全国区の比例代表250でしたが、法案成立時は小選挙区300、ブロック制の比例代表200。いまは300と180。だんだん二大政党制に有利な制度になっています。

と指摘し、田中秀征氏も、

政府案の「250・250」がそのまま成立していれば、穏健な多党制を担保できたのですが。少数政党は主張が明確です。大政党にあいまいさを許さない存在になるんですよ。今の流れだと、大政党がわけの分からない烏合(うごう)の衆になります。

と述べている。民主党の「比例区80削減」案に対しては、細川氏は「それはよくない」としながらも、

しかし民主党が今度の選挙で勝利すれば、その先は二大政党制ではなく、「穏健な多党制」に移行するのではないかという予感もある。単純小選挙区制で二大政党制のイギリスでさえ、第三党の自由民主党が力をつけ、「穏健な多党制」にシフトしつつあるのですから。

と、楽観的に述べている。ただ惜しむらくは、

選挙制度は一神教の小選挙区より多神論の中選挙区連記制がいいとずっと思っていました。

と述べる細川氏が、

あの時点で実現可能な選挙制度としてあえて推進した

ことだ。この妥協が、その後15年の日本の政治を、大きく劣化させてしまったと私は考えている。

自民党と民主党の大連立は「好ましくない」、憲法や平和の問題については、故宮沢喜一元首相と「同じ考えを持っていた」、憲法改正や「占領政策からの脱却」を主張した安倍晋三には「ノーサンキュー、ただそれだけ」と述べた細川護煕氏の認識には好感が持てるだけに、選挙制度改革における中途半端な妥協の罪は重いと思う。また、経済政策では新自由主義を推進したことも、時代の流れからきたものだろうとは思うが忘れてはならないだろう。しかし、それにもかかわらず、このインタビューの読後感は悪くない。未読の方には是非一読をおすすめしたい。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

いつも楽しみに拝見しています。
朝日の細川さんの記事とても面白かったです。
今回も下野した(としたら)自民党は色々裏工作やるんでしょうか。
でも野中さんみたいな人材もういないのかな。
ウチは朝日じゃないもんで記事のご紹介ありがとうございました。

2009.08.10 12:20 URL | 神奈川より #szTeXD76 [ 編集 ]

 陰で何があったかはわかりませんが、極右の懐古主義とコイズミ憎しでしかない、平沼グループと民主党が袂を分かつのは良いことです。

2009.08.10 17:40 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

ここの管理人さんは相当自分の事を頭がいいと自負してるんだろうね~、いつも他者を「上から目線」で眺めていらっしゃる雰囲気が、
「世に倦む日日」の管理人さんとダブってしょうがない。

2009.08.10 19:50 URL | ichiro.jr #TbRDTy5I [ 編集 ]

管理人さんが世に倦む日日ときっこのブログの影響をうけてるのは確かでしょうけど世に倦む日日ときっこのブログとはブログ運営の基本的なスタンスが違うと思いますよ。反対意見を受け付けるだけでも。

ときおり暴走することはあるように見えますが。笑 

個人的にはきっこや世に倦む日日のまねはして欲しくないですね。自分だけ真相を知ってるかのようにでたらめを得意げに語るようになったら終わりですから。

2009.08.10 20:49 URL | JMaEND #RpRZ5X7E [ 編集 ]

>ichiro.jr氏へ

ここの管理人さんは、実際頭のいい人なんだろうな、と僕は思いますよ。
上から目線ってのが、昨今よく聞かれる言葉ですが、僕にはよく意味がわかりかねますけれども。

2009.08.10 21:12 URL | 謎のカスパール・ハウザー #- [ 編集 ]

「上から目線」って、懐かしい話題です。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-561.html
(2008年1月29日)

『世に倦む日日』が引き合いに出されてますが、同ブログにこんなエントリがありました。
http://critic3.exblog.jp/7996603/
(2008年1月30日)

日付から見て、『世に倦む日日』の管理人氏も当ブログに目を通してるんだなあ、って思いました。ま、あの人にはよく嫌味も書かれますけど、政治のことを書くブログは、読まれてなんぼです。『世に倦む日日』の論調に対しては、賛成できるところもできないところもありますけど、「上から目線」について書かれたエントリには共感できます。耳の痛い箇所もありますけど。

当ブログは、素人ブログですから、レベルは高くありませんけど、少しは読者の気を引く(うまくいけば、意表を突く)ことができる文章を書きたいものだと思いながら書いています。

2009.08.10 21:46 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

「上から目線」については、前のコメントで紹介した『世に倦む日日』のエントリを読んだあと、こんな記事も書きました。ご参考まで。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20080130/1201703879

2009.08.10 21:59 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

>「上から目線」
これも負け惜しみ的な捨て台詞の定番ですね、すっかり。
余程主体性のない文章でない限りこう言ってしまえば、なんか批判したような雰囲気が出せますから。
言外に「反論できません」と言われてると思えば間違いないですな。

まあ、他人が真面目に書いているオピニオンをそんな安易な一言で切ったつもりになるなど、中々これほど尊大にはなれないと思いますけど。

2009.08.10 23:05 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

こちらのブログが“世に倦む日々”と引き合いに出されることがあるようですし、
文体の類似を指摘する人もいるようですが、
一介の読者である私としては、そういう印象は受けないんですよね。
似てはいないと思います。
あちらのブログは、率直に申しまして、文章が鼻につくんです。
ご自身が自分の論説に心酔しているようなニュアンスを受けるといいますか、
はっきり言って、野暮ったくて読んでいてしんどくなるんです。
豊富な知識量と見識、ボキャブラリー、モチベーションの高さは人一倍に
お持ちなのかもしれませんが、
度々垣間見える、あの田舎くさいナルシシズムがどうにも苦手です。
もう一年ほどあちらのエントリーは読んでおりません。
これからも読むことはないと思います。

2009.08.11 05:45 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

こんにちは。
ブログ主様と国家観(特に安全保障)で認識を同じくすることは困難だと思います。
しかし、現行の小選挙区比例代表並立制(しかも民主党は小選挙区の割合を増やすつもり:より二大政党制に近付く)が日本国民にとって最良の選択では無いとの認識では一致します。
21世紀になっても選挙の行われない、共産主義国を批判する人がいます。
仰る通りだとは思います。
しかし、選択肢の無い選挙民もまた奴隷です。
寧ろ、選択させられているのに、選択していると思い込まされる分、たちが悪いかもしれません。
アメリカ人は二百年やってても気づかない様ですが…。
中選挙区制を復活させた方が良いのではと思っています。

2009.08.11 08:53 URL | 火事場の馬鹿力 #- [ 編集 ]

いつも拝読させていただいております。

わかりにくい政治の世界について、B層と呼ばれる私のような者にもわかりやすい記事を書いていただき、勉強させていただいております。
眞鍋かをりポスター事件などについても詳しく書いていただき、ニュースを見るより、こちらのBLOGを見る方がより詳しい内容を知ることができると思います。

無償ではもったいない気も致します。ぜひ、有料で配信なさってはいかがでしょうか?

それだけの価値のあるBLOGと思います。

2009.08.11 23:33 URL | yume #- [ 編集 ]

yumeさん、

当ブログは有料で配信できるようなレベルに達していないと思いますし、ブログを書きながら私自身勉強しているつもりなので(時々暴走するとの批判も受けますが)、有料配信するつもりはありません。

「○○○の日記は無料です」と書いた某有名ブログの影響もあったりします(あそこも、だいぶ前からコマーシャルをやるようになってますけど)。

2009.08.11 23:42 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/970-a6d0e3fc