きまぐれな日々

田母神俊雄について書くと、城内実の眞鍋かをりポスター無断使用事件の時には遠く及ばないとはいえ、ブログのアクセス数が増える。これはなぜかというと、田母神が電波芸者の一人になっていて、読者(視聴者)の関心が強いからだ。「城内実ポスター事件」にしても、芸能人の眞鍋かをりが絡んだからブログのアクセスが増えた。こうして考えると、テレビという媒体の影響力がいかにすさまじいかがわかる。大新聞の影響力はテレビに大きく劣り、一般週刊誌はさらに劣り、週刊誌にもはるか及ばないのがブログや掲示板などのインターネットではないだろうか。昨年の自民党総裁選の時の「NHKの自民党コマーシャル事件」などのように、ブログでの騒ぎが一気に広がることもたまにはあるが、その影響力はごく限定的だ。もっとも、ネットの影響力が強かったら、一昨年の参院選は、維新政党新風と9条ネットに票が集中し、両政党が二大政党になっていただろう。ネットでの合意形成は暴走して極端に走ることが多く、普遍性ではなく異端性を獲得するケースが目立つ。

極端な主張を唱える者が常にネットでは人気者だ。それも、左翼は人気が低く右翼が大人気を博する。共産党が反貧困で頑張って、2ちゃんねるで「CGJ」(Cとは志位委員長のこと、「シーグッジョブ」と読む)と賞賛されても、共産党の票はほんの少し増えた程度に過ぎない。それに対し、右側で勇ましい人物は次々とヒーローになる。コイズミや安倍晋三もかつてはネット住民のヒーローだったし、中川昭一の「もうろう会見」や城内実の「ポスター事件」は、ネット世論では「嵌められた」ことになってしまう。

城内実の件など、調べれば調べるほど城内と某大手芸能プロダクションが深くつながっているという疑惑が増すばかりである。なぜか新聞ばかりかテレビや週刊誌もこの件の報道に腰が引けていて、それについてネットでは「公職選挙法によって、候補者が不利になる事を書けないから、候補者の弁明のみを記事にするしかない。だから眞鍋さん側の主張を書く事に及び腰になる」などとまことしやかに語られているが、この認識は間違っている。現在は、衆議院は解散されたものの、まだ衆議院選挙は公示されていない。4年前の郵政解散・総選挙の時を思い出していただきたいが、解散後1週間ほどして、岐阜1区に野田聖子への刺客として佐藤ゆかりの立候補が内定した直後から、週刊誌は佐藤の「不倫メール」のスキャンダルを書き立てた。選挙の公示前であり、選挙妨害になど当たらないことはいうまでもない。それを考えると、今回の「城内実ポスター事件」があまり騒がれないのは、某大手芸能プロダクションのにらみが利いているからだと考えるのが自然だ。

当ブログには、「自民党を追われ、どん底に突き落とされた城内実がまだそんなに大きな権力を持っているとでも言うのか。芸能プロを動かす権力があるなんて噴飯ものだ、自公とつながっているフジテレビが城内を陥れようとしたのだ」という批判のコメントが寄せられたが、どうやらこの方は、ネットの一部論者が展開していた単純な善悪二元論に洗脳されて、城内実を「悪徳ペンタゴン」(笑)と戦うヒーローか何かと勘違いされているようだ。現実の世界はそんな単純なものではない。2003年に城内実が初当選した総選挙では、民主党を離れて二階俊博とくっついて連立与党入りした保守新党の熊谷弘が、自公の推薦を受けて静岡7区から立候補したが、無所属新人の城内実が森派幹部などの大々的な応援を得て熊谷を破ったのである。この時は、事実上の自民党分裂選挙であり、自民党はなんと自分たちにすり寄ってきた熊谷弘に刺客・城内実を送り込む冷酷非情さを見せたのである。劣勢に立たされた熊谷は、選挙戦最終日に記者団に向かって「内閣が一斉に攻め寄せてくる。ひきょうだ」と声を荒らげたものの、あとの祭りだった。刺客・城内実はまんまと初当選を遂げたが、この頃から城内というのは胡散臭い人間だったことが伺われる。城内実自身がかかわったこの例からも明らかなように、党を追われた在野の人間だから、権力とは何のつながりもなく、勇敢に権力と戦っているのだ、というのはあまりにもナイーブな見方である。もしそれが正しいなら、「悪徳ペンタゴン」の一角を占めるマスコミは「城内実ポスター事件」を批判的に報じまくるはずだが、人気タレントの絡んだ事件なのにむしろ異様に扱いが小さい。これは、城内実こそ「悪徳ペンタゴン」とつながっているのではないかと疑わせるに十分なものだ(笑)。

さて、またしても前振りの方が本論より長くなってしまいそうだが、田母神俊雄もまたマスコミの寵児として大活厄している。田茂神俊雄は、昨年11月7日付エントリ「田母神俊雄、渡部昇一、元谷外志雄、佐藤優らに呆れる日々」に書いた通り、稚拙な陰謀論を信奉する頭の悪い人物である。上記4人に森喜朗か安倍晋三を加えれば、またぞろ「ペンタゴン」が形成できそうだし、この「アパ人脈」には城内実や鳩山由紀夫も絡んでいるのだが、それはおいといて、田母神というのは頭は悪いけれどもマスコミにとって利用しやすいキャラであるらしくて、いまやたいへんな人気者である。

その田母神が広島で行った問題の講演会だが、演題は「ヒロシマの平和を疑う」である。ネットで検索すると、三大紙はなぜか引っかからず、共同通信、時事通信と産経新聞が報じているのが見つかった。その中から、共同通信の記事(下記URL)を引用する。
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080601000852.html

田母神氏が広島で講演 「被爆国として核武装すべき」

 原爆の日の6日、政府見解の歴史認識を否定する論文を公表して更迭された田母神俊雄前航空幕僚長が広島市で講演し、「唯一の被爆国として、3度目の核攻撃を受けないために核武装すべきだ」と主張した。

 日本会議広島が主催し、演題は「ヒロシマの平和を疑う」。参加者は講演に先立ち君が代を斉唱し、黙とうした。

 田母神氏は「2020年までの核兵器廃絶は夢物語」と、秋葉忠利広島市長の平和宣言を批判。「核保有国同士は相手からの報復を恐れるため、先制攻撃は絶対にしない。国を守るため、日本も核兵器を持つべきだ」と持論を展開した。

 秋葉市長は6月に「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」として、日程の変更を要請。県内の被爆者7団体も7月、連名で抗議文を送ったが、田母神氏や主催者は「表現の自由だ」などと応じなかった。

 会場周辺では、田母神氏の主張に反対する横断幕を掲げ、シュプレヒコールを上げる団体と、右翼の街宣車が言い争う一幕もあった。

(共同通信 2009年8月6日 19時58分)


当ブログには、「核抑止論」に基づいてブログの記事を批判するコメントが多数寄せられた。核抑止論などという大昔から論じられている妄論の批判など、馬鹿馬鹿しくていまさらする気にもならない。そんなものは権力がおかしくなってしまえば成立しないし、いくら権力者の暴走を防ぐシステムを構築して平和を守るのだといっても、歴史を見れば権力者も人民も狂気に陥って破局に突き進んだ例などいくらでもあるから、そんなものは一切信用できない。今醜態をさらしている自民党の面々を見れば、いかに政治権力などあてにならないかがわかろうというものだ。いくら道のりは遠くとも、目指すべきは完全な核兵器廃絶でなければならない。

それに、今回の田母神の講演会にはそれ以前の問題があり、それは田母神が広島市民を挑発するようなことを言い、わざわざ刺激的なTPOを選んで講演会を行ったことだ。秋葉忠利広島市長は、もちろん表現の自由を重んじる人だから、「被爆者や遺族の心情を逆なでする」として日程変更を要請しただけだった。地域感情に配慮してほしいとお願いしただけのことだ。ところが、右翼はこれを「言論弾圧」だと騒ぎ立てる。いくら、「表現の自由の問題ではなく、人道的な問題だ」と繰り返し言っても耳を貸さない。そして、ネット検索で共同・時事通信と、田母神支持の立場に立つ産経新聞の記事しか引っかからなかったことからもわかるように、大新聞はこの件の報道にいたって不熱心である。唯一の被爆国のジャーナリズムとして情けない限りである。

このままだと、日本の言論の主流は、田母神俊雄をはじめ、城内実、橋下徹、中田宏らが思い描くような方向へと突き進んでしまうのではないだろうか。この流れを止めなければならない。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

自分のブログを批判されたなら『ネットの世界では極論者が支持を得る』なんて逃げ台詞を言わずに、正面から受けてたちなさいな、そうしないと自分の短絡思考を変えることは出来ない、それに人の意見を頭から無視するような人が日本のジャーナリズムについて言を発するなんて‥

2009.08.07 10:57 URL | 雨 #- [ 編集 ]

雨さん、

お生憎ですが、私は前々から言っているように、読者の少ないコメント欄なんかで議論はしません。
あなたがブログをお持ちかどうかは存じませんが、もしお持ちでなければブログを開設されることをおすすめします。世の人々の関心を引く、説得力のある文章が書ければ、あとはできるだけまめに更新していればアクセス数は自然に増えていきますから、ご自身のブログで私を批判すれば良いと思います。その方が、多くの読者の目に触れます。私のブログにいくら書いたって、黙殺されるか、場合によってはコメントを削除されるのが関の山です。ブログの編集権はあくまで管理人にありますからね。

2009.08.07 11:06 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

まいったね、すごいスタンスだな。アクセス数を増やす事が、最優先事項のように聞こえるわ、つまり正論には興味ないのね。
私は貴方にブログを閉鎖する事をお勧めするよw

2009.08.07 12:51 URL | 雨 #- [ 編集 ]

雨さん、

私は自分の言説に十分な自信を持っているので、多くの読者の目に触れるエントリ本文での主張に力を注いでおり、あなたのような馬鹿は相手にしないだけです。ブログ閉鎖なんかもちろんしませんので、悪しからず。二度とコメントしないでください。それから、もちろん「正論」(ってあの雑誌のことですよね)なんかに興味はありません。自分の言説を「正論」と称する人間が正論を吐いたためしはありません。

2009.08.07 12:54 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

なぜ田母神のような程度の低い人物がクローズアップされるのか。
それはおそらく、右派と称される面々のあまりのレベルの低さゆえ、田母神程度の見識でもそれなりな論客に見えてしまうという相対的なものなのかもしれない。過大評価もいいところではないか。

いいかげん、メディアはこの人物をまともに取り上げることを見直すべきである。田母神からは何も産まれてこない。

2009.08.07 12:58 URL | 謎のカスパール・ハウザー #- [ 編集 ]

横から失礼しますが、

>自分のブログを批判されたなら
>『ネットの世界では極論者が支持を得る』
>なんて逃げ台詞を言わずに、正面から受けてたちなさいな、
>そうしないと自分の短絡思考を変えることは出来ない、

kojitakenさんは、世の動き、出来事と向かい合い、毎日
ご自身のお考え、思想に基づいて健筆をふるっていらっしゃるのです。
コメンターと戦うために書いているわけではありません。
これを仕事にしているのではなく、
お仕事や日常の合間に、ご自身のライフワークとして、
平日の時間を割いて毎日これだけのエントリーを上げ続けるというのは
大変なエネルギーですよ。
少しは相手の状況を想像してみて御覧ください。
人に与えられている時間は限られているのです。
いちいち一人一人のコメンターに付き合っていたら、
それは次にエントリーを書くために
要する時間、労力、情報収集、気持ちの集中にとって足かせになることでしょう。
他者に自分の議論を付き合わせることを、そのような無礼な物言いで
説教するとは意見の対立以前の常識の問題です。
幼稚な我侭とも受け取れます。
繰り返しますが、
ある程度まとまった文章を、それも政治的なテーマのそれを
毎日公表し続けるということは、
それだけで大変なエネルギーを要することなのです。

2009.08.07 13:17 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

核こそ平和を保つなり。
被爆国だからこそ核を保持して大国になり平和のために貢献すべし。
核なし平和はありえませんよ。
国を守ることは綺麗事ではまもれません。

2009.08.07 21:55 URL | 金波銀波 #- [ 編集 ]

うわ 脳がいかれたウヨクが沸いているなあ。

世界に通用しないウヨクの妄想にあきれるばかり。

2009.08.07 22:17 URL | 拳志郎 #DL0dExLA [ 編集 ]

日本が核を持った場合、「核抑止力」を得ると同時に、ものすごい量の面倒を引き受けることになりますよね。

韓国・中国・北朝鮮、ロシア、ASEAN諸国などの「まわりの国」との関係悪化、核の抑制を唱えるオバマ政権アメリカとの関係悪化、国連との関係悪化…
「核抑止力」と引き替えに「外交関係の劇的な悪化」が予想される訳ですが、その状態が「彼ら」の頭の中では「平和」なんでしょうかねえ?

ああいう一部の右の人達は、そんなに日本を国際的に孤立した北朝鮮みたいな国にしたいんでしょうか。
それとも、「大日本帝国に恩を受けた東南アジア諸国は理解してくれる」とか、妄言を吐くのでしょうか。

2009.08.07 22:55 URL | 烏 #- [ 編集 ]

 核兵器などあっても無用の長物。仮に北朝鮮相手でも、あのような農地以外何もない、しかも核シェルターが至るところにあるだろう国には威嚇にもならない。逆にもし数発核ミサイルをわが国に打ち込まれたら、たとえ最終的に名目上勝てたとしても、実質は負けです。
 また、核を持つには技術や資金よりも、政治力、克己力が必要なのです。そもそも第二次大戦で負けた時点で資格なし。そして、その後国際社会で根回しや徳を売ることもできない。イギリスやイスラエルみたいな狡猾なロビー運動も苦手。北朝鮮や中国、ロシアみたいな孤立無援もだめ。
 日本が核を持つと言ったら、アメリカはもちろん、日頃友好的であるはずの台湾やフィリピン、インドネシアなども猛烈に反対するでしょう。それこそ、従軍慰安婦はウソとか、「自衛戦争」とかいう、右翼のバカ言論が近隣諸国への徳や影響力を減少させているのです。
 国際社会が了承しなければ、数発の核兵器は持てても、貿易立国なんてやめなければなりません。
 戦前の猪突猛進バカ軍人と変わらない、組織内部に忠実なだけで出世して、国内への根回しや徳を売ることもできない田母神みたいなのがいた自衛隊は核を持つことなどできないでしょう。

2009.08.08 02:24 URL | cube #- [ 編集 ]

日本は既に北朝鮮の1000倍のプルトニウムを保有し、憂慮する科学者同盟から警告を受けている程です。しかもいつでも軍事転用可能な人工衛星打ち上げ技術を持っています。
北朝鮮がこの事に脅威を感じて核兵器開発に走ったという一面もあります。
日本が核兵器を持てば北朝鮮はさらに軍事力強化に走るでしょう。
核武装は日本を危険で不毛な悪循環に導くだけです。

2009.08.08 07:23 URL | ☆諒 #WYLK6y5k [ 編集 ]

 海千山千の芸能界の一タレント、眞鍋をやたら弁護するkojitakenさんにもちょっと違和感を感じましたが、だからといって城内擁護で「陰謀だ」などとおっしゃる方にもちょっと…ですね。
 城内のブログを見ると、郵政民営化反対や、そこに書かれている外交主張などは民主党や国民新党あたりとさほど変わらないのだから、国民新党あたりと合流すればいいと思うのですが、それはできず、平沼赳夫、櫻井よしこ、金美齢…というのが彼の本質なんでしょう。
 中川昭一の件でも、副島隆彦など嵌められたと主張する方がいますが、そもそも酒の失敗を繰り返す彼の経歴が問題。また、身体に異常を感じているなら、記者会見をとっさにキャンセルする臨機応変ができなければ、政治家としてダメでしょう。
 もちろん、真相はわかりませんが、こういった右翼を弁護する方の気がしれないといったところですね。

2009.08.08 09:51 URL | cube #- [ 編集 ]

cubeさん、

城内実は、国籍法改正の時に書いた、下記ブログ記事で本音を露呈しています。
http://www.m-kiuchi.com/2008/11/11/bakawashinanakyanaoranai/

この男は排外主義者だから、政策は自民とも民主とも異なるでしょう。安倍晋三と馬が合うかもしれない、というよりもともと安倍の手下だったから、多分当選するでしょうけど、自民党が敗北後分裂してできる極右政党(党首・安倍晋三)にでも、平沼ともども合流すれば良いと思います。反米に傾く平沼一派なんかを政権に入れられるはずがありません。なんだかんだ言ったって、民主党中心の政権になろうが、外交は対米関係を最重視しなければならないのは、現実の要請によって当然ですからね。

2009.08.08 10:39 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ご返事ありがとうございます。

 安倍は反米ではないでしょう。反中・反北ではありますが。もしかしたら、祖父と同様アメリカからワイロをもらっているのかもしれません。この男は、右翼でもあり、新自由主義に宥和的な最低な奴ですね。
 平沼一派の反米の度合いが、どの程度なのか不詳ですが、反郵政民営化という一点については評価してあげてもいいと思いますね。もし本当にそれを今後も貫くつもりなら、親米右翼の安倍とは一緒にならないんではないでしょうか。

2009.08.08 11:24 URL | cube #- [ 編集 ]

cubeさん、

安倍はもちろんポストコイズミとして総理大臣になった頃はアメリカのポチでしたが、従軍慰安婦の問題でブッシュに謝罪させられたりしましたから、首相を辞めた時点ではアメリカに対して恨み骨髄だったんじゃないかと思います。
それに、親米はどちらかというと安倍の政敵の保守本流の人たち(宏池会とか)の傾向であって、民族派右翼たちの傾向ではありません。民主党も、大平正芳の盟友だった田中角栄の流れをくむ政党だから、もちろん日中友好には自民党より前向きである点があって、この点が右翼に嫌われているわけですが、基本的には反米ではあり得ず、むしろ親米といえると思います。ただ、コイズミの屈辱的対米隷属を批判しているだけの話であって。

そもそも、おそらく榊原英資氏が内閣入りするでしょうけど、榊原氏はアメリカとも中国とも協調する姿勢をとるはずですから、民主党政権と排外主義的な平沼一派は、それこそ水と油でしょう。私はよほど議席数がきわどくない限り、新政権が平沼一派と組むことはないと思っていますし、組まないのが正解でしょう。

郵政民営化に関しては、たとえば榊原氏の理解では、巨大な民間金融機関が一つ誕生して、それが国内の地方金融機関などと競合して、ただでさえオーバーバンキングの状態にあって苦しんでいる地方金融機関の経営を圧迫することが問題である、などとしていて、国富が外資にむしり取られるとかいうような、平沼一派や関岡英之などが好んで用いたがる被害妄想的な論法は用いていませんし、そういった認識のもとで、あくまで現実的に郵政民営化の見直しが行われていくだろうと予想します。

2009.08.08 11:58 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

 そうでしょうか?私は米国エージェントの岸信介や、福田赳夫の流れを汲む清和会が、まさしく自民党の親米、親台、反中センターだと理解していましたが。そこのプリンス安倍は、当然親米でしょう。たまたま従軍慰安婦の問題でアメリカのマスコミに叩かれましたが、少なくともブッシュ政権や共和党には敵意を持っていないのではないでしょう。
 元宏知会プリンスと言えば、加藤紘一ですが、彼は紛れもなく親中ですよ。
 それと、郵政民営化の米国陰謀論について「被害妄想的論法」と書かれていますが、それは違うでしょう。最大の推進者竹中についての、いろんな噂は置いておくとしても、「年次改革要望書」に郵政民営化要求が明記されている以上、アメリカからの圧力が最大の理由でしょうね。
 右翼っぽい誰彼が主張している陰謀めいた話だから、自分は絶対受け付けない、といういつもの欠点が拝察されました。僭越ですが。

2009.08.08 13:35 URL | cube #- [ 編集 ]

保守本流というのは吉田茂の流れであって、吉田茂は紛れもない親米ですよ。ただ、軍事力をアメリカに頼って経済成長に傾斜する作戦を取っただけです。一方、岸の流れは、アメリカの反共戦略に乗って、CIAから資金供与を受けたものです。加藤紘一については、彼の著書をお読みいただければわかりますが、対米関係と対中関係の等距離を主張しています。従って、確かに「親中」ではありますが、決して「反米」ではありません。

一方、平沼赳夫は「反中」「反韓」「反北朝鮮」であり、郵政選挙で自民党を追われてからはこれに「反米」まで加わった排外主義者です。これは、日本にとっては有害無益であり、清和会よりもっと性質が悪いくらいではないかと私は考えています。城内実は、最初は清和会でしたが、郵政選挙で自民党を追われてから平沼にくっついたわけです。つまり、途中で路線を変更しているわけですね。

平沼や城内が、一部の左翼から人気があるのは、上記の「反米」的な姿勢のためですが、実に馬鹿げた話です。

郵政民営化については、もともとは財政投融資に郵貯のお金が無駄遣いされていることの批判から議論が起きたものであって、アメリカが1994年に「年次改革要望書」を始めるよりずっと前、80年代から議論されてました。そして、その頃であれば郵政民営化の議論には理がありました(その後、郵貯と財政投融資が切り離されていったので、理はなくなっていきましたが)。80年代というと、アメリカ経済が弱っていて、米国内で何でもかんでも「日本の陰謀だ」といって日本のせいにする陰謀論がまかり通っていた時代です。だから、関岡英之の「郵政民営化米国陰謀論」には無理があります。ただ、関岡が著書を出した2004年であればああいう議論が受け入れられる理由はありましたが、現在では「米資が日本人の貯金を食い物にする」なんて力は、そもそも彼らにもなくなっています。郵政民営化は、前のコメントで書いた理由によって見直されるべきには違いありませんが、選挙の中心の争点にするような話ではなくなっていると思います。

2009.08.08 15:45 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

 私が「親米」と書くのは、いわば、「盲従最大積極派」という意味です。
 岸の安保条約とか、小泉のイラク戦争参戦とか、節目節目で対米盲従の重大なことをしたのが清和会です。福田親子は中国に現実的な対応をしましたが、岸や小泉は、典型的な親米反中政治家でしょう。安倍は岸・小泉の流れをくむ政治家でしょうね。
 で、安倍は麻生に鳩山斬り、西川続投を勧めた一人と言われましたが、郵政民営化と清和会というのはやはり密接に関わっています。
 そういう意味でも、郵政民営化というのは清和会政治をどう評価するかという今度の選挙の最大の争点の一つと思いますよ。
 その他縷々書きたいことはありますが、植草氏のブログなどに書かれていることの繰り返しなので書きませんが。
 

2009.08.08 17:06 URL | cube #- [ 編集 ]

保守本流は「親米親中」、岸信介の流れは「親米反中」、平沼騏一郎(笑)の流れは「反米反中」ときっちり分けるべきでしょうね。
一方、左翼には「反米親中」が多いですから、「反米」の部分が平沼一派ら排外主義右翼と共鳴するわけです。
安倍は、もともと祖父の流れをくむ「親米反中」ですが、首相退任後間もない頃の雑誌への寄稿などを見ると、反米への傾斜がきざし始めていました。でも、安倍には信念なんかありません。清和会の主流は仰るように親米反中ですから、清和会の意を代表して麻生に進言するときには安倍はその立場に従っても全然不思議はありません。ですが、岸信介はアメリカと戦った東条内閣の閣僚であったことも忘れてはなりません。決して岸信介は対米隷属一本槍の政治家だったわけではありません。
あと、郵政民営化ですが、あれは清和会というよりコイズミ個人の政策ですよ。清和会自体は単なる政治思想右派(右翼)の集団で、経済政策なんてどうでも良いと思っている人間の集まりです。新自由主義をより強く志向していたのは、むしろ以前の民主党の方です。だから、2001年に(というかつい最近も)鳩山由紀夫は、コイズミは民主党の政策をパクったと言っていました。
安倍は、ポストコイズミという制約上、新自由主義政策をコイズミから継承し、そこを小沢一郎に突かれて参院選で惨敗したわけですが、安倍には納得いかなかったに違いありませんよ。「お前が言うな」と思ったかもしれません。だって、90年代には小沢一郎こそ新自由主義者を気取ってましたからね。でも結局は、小沢には空気が読めて安倍には読めなかったということだと思います。そして、コイズミが極端な新自由主義に走ったのも、それが21世紀初頭の日本の思想の主流だったからです。実際には、欧米ではすでに新自由主義の問題点が露呈し始めていた頃だったんですけどね。

2009.08.08 18:39 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

お二人のお話、とても興味深く傾聴させていただきました。
私は郵政民営化については国際金融資本も当然に分け前を狙っていたとは思います。
それは金融ビジネスに疎い役人が抱え込んできた資金ですから、彼らにしては千載一遇のチャンスと捉えるのは当たり前です。
そして竹中あたりが何らかの役割を果たしたであろう事も理解できます。
ただしそれは陰謀とかの類と言うよりは、当然の彼ら流のビジネスだと理解しています。
時のアメリカ・ブッシュ政権に食い込む彼らが、食指を伸ばさないはずは無いですからね。
そして小泉が自分の理想する改革とやらの為に、そんなブッシュ政権とそれに組する国際金融資本に便宜を図ったであろうことも当然の成り行きであろうと思います。
小泉は自らの力の源泉としてブッシュ政権の力を葵の印籠よろしく使い、その見返りとしてブッシュ政権の要人やスポンサーに多大なる便宜を図る。
その為にはイラク戦争にも積極的に協力するわけです。
多分小泉はその力を用いて日本国家の中枢である霞ヶ関と対峙しようとしたのでしょうね。
でも結果はごらんの通りで、被害は底辺の国民だけが負う事になったわけです。
小泉に群がったミニ政商と輸出産業だけがわが世の春を謳歌したわけですね。
ちなみに左翼のなかに小泉改革を支持する人間がいるのは何となくわかります。
小泉のやろうとした金融自由化・市場主義改革は、やがては国境の壁を打ち壊していく原動力になると考えたのでしょうね。
国際金融資本がマルクス主義の代わりに世界中を席巻するわけですか。
そして資本の力で国境の壁を打ち壊す。
しかし日本では官僚の壁は厚く、小泉改革とやらは逆手に取られ、逆に官僚たちの延命に利用されました。
新自由主義のムーヴメントは一般国民に我慢を強いただけで終わったわけです。
あほくさですね。

2009.08.09 00:02 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

ちょっと思っただけなんですが、いわゆる「核の傘」と言いますが、今日本は核の傘の下にあるんでしょうか。日本が攻撃されたら、アメリカは本当に核で反撃するのかな?

だから日本も、という意味ではないんですが。

2009.08.09 04:30 URL | seike #v5LGPhT2 [ 編集 ]

風太さん、

> 私は郵政民営化については国際金融資本も当然に分け前を狙っていたとは思います。

> ただしそれは陰謀とかの類と言うよりは、当然の彼ら流のビジネスだと理解しています。

そのあたりが妥当な認識だと私も思います。

誰だったかが言ってましたが、竹中平蔵にしたって、意識的に国を外国に売ろうとしたわけではなく、竹中なりに日本のためになる政策を行おうとしており、自分では国のためになっていると思っているにもかかわらず、結果的に国を売った形になったんだと思いますね。要は、竹中は間違った信念を持っていたと。彼は彼なりの信念とともにロジックを持っているから、あのように異様にディベートに強いんですよ。

> 小泉は自らの力の源泉としてブッシュ政権の力を葵の印籠よろしく使い、その見返りとしてブッシュ政権の要人やスポンサーに多大なる便宜を図る。
> その為にはイラク戦争にも積極的に協力するわけです。

ここらへんはそんな複雑なものじゃなくて、単に横須賀育ちで少年の頃から米軍に憧れていた頭の悪い「純ちゃん」が憧れの米大統領に忠誠を尽くしただけの話だと思います。もちろん、将来的には軍需部門に活路を見出したい産業界の支持はあったでしょうけど。

イラクに関するコイズミの政策は、官僚にはもちろん好まれなかったでしょうね。

それから、昨年のリーマン・ショック後はハゲタカには日本の個人貯蓄を狙う余裕なんてなくなっています。もっとも、コイズミ・竹中の新自由主義のせいで、今後日本の個人貯蓄は急激に減っていきますから、その方がよほど問題ですね。だって、今は国民が政府に金を貸しているから、あんなに巨大な財政赤字があっても日本の信用はびくともしないけれども、今後はそうはいかなくなるかもしれないってことですからね。だから、もう「1400兆円をハゲタカから守るために郵政民営化を阻止せよ」などと、かつて叫ばれていたようなことは、現在ではあまり意味をなさなくなっていると思います。その代わり、新自由主義政策をやめて再分配政策をとり、日本の勤労者を元気にすることによって日本の産業を一刻も早く復活されることが急務になっているわけです。極言すれば、郵政民営化なんてもはやたいした議題ではない。あれは、一部の右翼(平沼や城内など)が排外主義(反米)の機運を高めるための道具と化しています。

2009.08.09 07:21 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

kojitaさん、少し前になりますが一部報道で、自民党と民主党の有力議員と三菱G関係者にアメリカ政府要人が、
都内で会合を重ねていたという話が漏れ伝わってきた事があります。
その後の動きから見て、小泉たちがアメリカと日本の軍需関連産業に便宜を図っていたのは間違いないことでしょう。
小泉の兄貴分の森の地元の小松や三菱Gなどは日本を代表する有力軍需産業ですからね。
国内の金融再編劇でも、他の国内金融企業と比べてもなぜか三菱Gは最大限の優遇を得ていると思います。

で、ご指摘の通り、アメリカ発の金融危機のあとは国内の金融界の状況は一変しましたね。
日本の株式市場は以前は野村に仕切られていたわけですが、ここ数年は外資系金融機関の独壇場になっていました。
ところが金融危機の少し前辺りから外資の支配が崩れ始めています。
特に金融危機の後は外資系金融機関の日本からの脱出が顕著です。
私の友人の旦那(外国人)も、そんな有力外資系金融機関に勤めていましたが、日本撤退が決まり次の勤務先希望地を選択するはめになりました。
ただですね、彼らは一度得たうま味は絶対に忘れませんでしょうね、だからこの先はどうなるかはわかりません。

私が一番腹立たしいのは、国民が過労死してまで溜め込んだ金が、僅かな金利で彼らの自由にされたということです。
地方の金融機関などは、小泉政権下の内需切捨て策で融資先が死滅し、運用が出来ない金を頭を下げてまで外資に使ってもらったのですからね。
本当になんと言うか、馬鹿と言うか愚かと言うか、幾ら必死で働いても自分の金を自分で使えないのでは意味が無いですよ。
(日本人は有能な職人であっても、それだけですね、悲しいですが本当に働き蜂です)
本来はその金を使って足らない病院や介護施設なども作るべきだったのにそちらへは向かわなかった。

また小泉政権で一番腹立たしいのは未来への投資も切り捨てたと言う事です。
あの政権下で国立大学を特殊法人に切り替えて役人の天下りの場にしてしまった。
その為に役人の報酬の為に研究費が圧縮され、多くの最先端技術研究者が英米の施設に散っていったのです。
日本を代表する研究施設を有する京都大学と筑波大学とて例外ではなく、多大の影響を被っています。
これも低脳な小泉の何でもかんでも民営化すれば良いとする単純思考を霞ヶ関が逆手にとって天下り場にした結果です。

また民間企業との研究者同士の交流も、国立大の教官はドクターの資格が無いとまかりならんと言うお達しで潰されてしまったのです。
しかし国立大学を潰しても私立大学では代わりは務まりません。
例えばノーベル賞の受賞者を見ても私立大学出身者に一人として受賞者はいませんからね。
(アメリカのように大学への企業投資が活発ならいいのですが、日本は比較にならない状態です。)

いま有力国立大学の理学工学系の先生方は殆どが民主党支持です。
このまま無能な自公政権に任せていたら、有能な研究者は根こそぎ外国に去ってしまう事になるでしょうから当然です。
しかしこういう大事な事がマスコミでは殆ど報じられていません。
どうでもいいことは熱心に各社一列になって報じるのに肝心の事は報じようともしない。
やはり役所に記者クラブ制度で飼いならされた結果でしょうか。
そう考えるとやはり霞ヶ関の再構築は絶対に必要ですね。
そして情報の共有化により必要な情報を得た国民自身の手により日本の未来は切り開かれていくのです。
それを阻害する連中はなんとしても排除しないとなりません。

2009.08.09 10:38 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

風太さん、

> いま有力国立大学の理学工学系の先生方は殆どが民主党支持です。
> このまま無能な自公政権に任せていたら、有能な研究者は根こそぎ外国に去ってしまう事になるでしょうから当然です。

これは当然でしょうね。でも、民主党の政策でさえ、金にならない研究を切り捨てる傾向がはっきり見て取れます。そりゃ自民党よりはよほどましでしょうけど。数学とか文学とか哲学など、これらの分野は切り捨てられて良いのでしょうか?

民間企業と協力できる分野の研究者はまだ恵まれている部類でしょう。金儲け優先で切り捨てられる研究者たちは、民主党を通り越して共産党支持に傾斜しているのではないでしょうか。現に、私の知り合いにはそういう人がいます。

> しかしこういう大事な事がマスコミでは殆ど報じられていません。

そりゃマスコミなんかにはそこらへんは全く期待できません。つい最近も、毎日新聞が「大学は、企業で実績を挙げた人のノウハウを取り込め」とかなんとか書いていたと思いますが、リベラルといわれる毎日新聞でもこのざまです。マスコミは骨の髄まで新自由主義に侵されています。

2009.08.09 10:48 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

seikeさん、
>いわゆる「核の傘」と言いますが、今日本は核の傘の下にあるんでしょうか。
>日本が攻撃されたら、アメリカは本当に核で反撃するのかな?

日本への核攻撃があり得るならあるでしょう。(現状で可能性は無いに等しいが)
同盟が堅いの緩いの言う前に、日本は米国にとって重要な軍事拠点です。冷戦が終わっても「対抗可能な存在」として中国やロシアがある限り「抑え」として米国のプレゼンスを置かねばなりません。
これが攻撃されるのはイコール米国の軍事体制そのものへの攻撃です、「他人事」ではないのです。
だから日本の政権と結びつきがどうとか、そんなのは関係ない。

無論、経済的な実利として日本に大きなダメージがあれば、米国経済も只では済みませんから、その点からも論外です。
(そういう意味では中国やロシアも、日本の資本や技術に依存しています)

核武装や独自軍事力路線は、米国の影響圏からの離脱という性格を備えますので、そういう意味では「核攻撃される可能性」があるなら、それを逆に高めるでしょう。

2009.08.09 15:06 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

kojitaさん、
金にならないといえば、大阪外国語大学が潰されましたね。
形の上では大阪大学に吸収された形になっていますが事実上の閉鎖です。
これには大阪外大が英米語以外の外国語の研究に力を入れていたのが、霞ヶ関の役人達から不必要とされた為と言われています。
おかげで中近東や旧共産圏のイスラム国の研究の蓄積が無駄に放棄させられました。
これらの方面の研究に従事していた多くの研究者は放逐されてしまいました。
霞ヶ関の役人達に言わせると英米語以外は日本には不必要ということだそうです。
英米唯一絶対で、それ無くしては生存できないように仕向けられているかのようです。

2009.08.09 22:36 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

>>管理人さん
関岡氏は、著書の中で「年次改革要望書はネットでも公開されているのだから、アメリカの一連の政策は陰謀ではない」というようなことを書いていたし、
年次改革要望書に郵政民営化が掲載される以前から小泉が民営化を主張していたことも触れていますよ。
ちゃんと著書を読んでからそのように仰っているのですか?

2009.08.10 23:42 URL | 愛内 #- [ 編集 ]

愛内さん、

> 関岡氏は、著書の中で「年次改革要望書はネットでも公開されているのだから、アメリカの一連の政策は陰謀ではない」というようなことを書いていたし、
> 年次改革要望書に郵政民営化が掲載される以前から小泉が民営化を主張していたことも触れていますよ。

ご指摘ありがとうございます。関岡氏の『拒否できない日本』は、読んだのが4年前なので内容はだいぶ忘れてますが、言われてみれば、確かに関岡氏自身は過度の陰謀論を戒めることを書かれていた記憶はあります。

愛内さんのご指摘はその通りでしょうから、郵政民営化が、「年次改革要望書」を出したアメリカの陰謀に基づく政策であるかのように関岡英之が書いていた、という私の主張は訂正しておきます。

しかし、当コメント欄での議論の相手であるcubeさんからは、愛内さんのような指摘は一切ありませんでした。植草一秀のブログに書かれている通り、という反論しかなかったですよね。従って、関岡説を元に陰謀論に走る人々に対する私の批判は、取り下げる必要は全くないどころか、ほかならぬ関岡英之自身が陰謀論を否定していることは、むしろ私の主張を補強することになりますね。

問題は、関岡英之よりも、関岡説を誇張して陰謀論風味たっぷりに敷衍したネット住民(植草一秀を含む)にあると言うべきでしょうか。

2009.08.11 16:10 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090811/elc0908112137014-n1.htm

やはり、
橋下、中田は全国知事会のマニフェスト
採点結果に逆らって、
民主に接近していくようですね。
kojitakenさんの危惧しているところが
現実味を増しているように思うのですが。

植草さんの言う自民別働隊という
見立ては怪しくなってきているように
思うのですが・・・

2009.08.11 23:43 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

http://www.asahi.com/national/update/0824/OSK200908240105.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000129-mai-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00001068-yom-pol

どうしてこういう嘘を平気で吐けるのでしょうか?

2009.08.26 22:07 URL | 144M #rZFRC36c [ 編集 ]

>144Mさん

嘘も百回言えば
本当になるとでも思ってるんじゃない?

2009.08.27 00:42 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/968-a85af90b