きまぐれな日々

昨年10月25日に大阪で行われた講演会における辺見庸の言葉が忘れられない。辺見は、「今後これまでの新自由主義に代わって、国家による統制をよしとする言論が支持されるようになり、それに伴って国家社会主義の変種ともいうべき者が、「革新づらをして」現れるだろう」という意味のことを語った。これについては、昨年10月27日付エントリ「新自由主義のあとにくるもの ? 国家社会主義を阻止せよ」に書いたが、その後のNHKの番組やそれに基づいて出版された辺見の単行本では、ここまで生々しい形ではこの警告は発せられていない。しかし、事態はますますこの方向に進んでいるように見える。

この辺見庸講演会の少しあと、国籍法改正騒ぎが起きた。自民党の政治家はおろか、産経新聞でさえ当初問題にしなかったこの改正について、排外主義を唱えるネット右翼が騒ぎ出し、それに呼応して平沼赳夫や城内実が法改正反対論をぶち始め、国民新党や新党日本など、民主党と右から提携している政党もなびいた。結局国籍法は改正されたが、ネット言論ばかりではなく一部の政治家、それも平沼赳夫や城内実のようなファシストばかりではなく、田中康夫らまで排外主義にいつでも加担する動きを見せたことには危機感を持った。

昨日のエントリで、1930年代とのアナロジーが気になると書いたが、連休前に発売された週刊朝日の増刊号「朝日ジャーナル 創刊50年・怒りの復活」に掲載された柄谷行人の「国家と資本?反復的構造は世界的な規模で存在する」は、1930年代よりも大英帝国が衰退して帝国主義列強がヘゲモニー国家を目指して争い始めた1880年代とはるかによく似ていると主張している。そして、ついこの前まで新自由主義を唱和していた日本で、急激に福祉政策・社会主義への関心が広まりつつあるが、それがまた急激に保護主義・排外主義に転化しない恐れは何もないと指摘している。

柄谷行人は、1890年代以降に勢力を拡大した社会民主主義者やアナーキストが第1次大戦において国民の利益のために開戦に踏み切ったとしているが、昨日のエントリにコメントいただいたぽむさんによると、現在の日本は、1930年代の日本よりも、同時期、ワイマール末期のナチス独裁へ向かったドイツにより近いとのことだ。第1次対戦の敗戦によって世界でもっとも進んだワイマール憲法を持つに至ったドイツが、ヴェルサイユ条約により過酷な賠償金返済の義務を課せられ、それが1929年の世界恐慌に先立つすさまじいインフレの一因となってドイツ国民の暮らしを苦しめるとともに、ドイツの再軍備にも厳しい制約を加えた事が「愛国者」たちの不満を鬱積させることとなり、1929年の大恐慌で壊滅的な打撃を受けて自暴自棄となった国民が全権をナチスにゆだねてしまった、とぽむさんは指摘する。

何年代により似ているかということは、さして重要ではなく、問題は、保護主義と排外主義を強く求める自称「愛国者」たちが過去に世界のあちこちの国で道を誤らせた歴史を人類が持っていることだろう。「右も左もない」というスローガンは、排外主義者にとって好都合だと私は考える。それは、このスローガンを掲げるブログが城内実を応援し、昨年ネットで集中砲火を浴びた城内の国籍法改正をめぐる言説さえ支持・擁護したことからも明らかだ。

今後、日本の政治・社会にとって最大の脅威は、排外主義者の台頭であると考える今日この頃である。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

 排外主義者が危険でかつ無用な存在であるとは私も思います。
 しかし、非常に不思議なのが、15年戦争に突入する前後、日本では大東亜共栄圏、五族協和というスローガンが叫ばれ、ある意味排外主義ではないかのような国家方針でした。実際には、皇民化教育、創氏改名のように、日本の文化、価値観を押し付けるもので、とても「共栄」、「協和」と言えたものではありませんでしたが。
 しかし、最近の排外主義者たちを見ると、建前としてのアジア論すらなく、ひたすらアジアの隣人を誹謗中傷する、レイシストを超えて、ゼノフォビアの病的な他人恐怖に陥っているように見えます。
 彼らを戦前のような体制に導くだけの能力の政治家もいないし、言論人もいない。
 排外主義は危険ですが、再び戦争の惨禍に向かうだけの力は持ち得ないのではないかと私は思っています。
 ただ、それを利用する巧妙な勢力が現れれば別ですが。

2009.05.08 08:35 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

 田中康夫氏は、父親とのDNA鑑定と、扶養義務のない認知では片手落ちで、人身売買などの犯罪に悪用されかねないと、反対しているのです。筋は通っているのではないでしょうか。私も田中氏に賛成です。
 そもそも、日本国籍をどの程度の条件で認めるかは別に大いに議論すべきでしょうが、中途半端で筋の通らない法律は、かえって、人権を損なうことになりかねません。

 一方、ネットウヨ的な「国籍差別」は本当に五月蠅いですね。今の若い人は、不満を国内の為政者に向けず、卑近な人への蔑視に向けようとしている。職場でも上司に文句を言わず、家庭内暴力を起こしたり、自暴自棄になったりしている。日本人、日本社会の「村社会」的弱点がより目立つようになってきています。

2009.05.08 09:27 URL | cube #- [ 編集 ]

cubeさんへ

国籍法改正については、田中氏は全く理屈に合わない屁理屈をこねています。

専門的に田中氏などの「国籍法改正」反対派の屁理屈を論破しているブログがありますので、以下に紹介します。

http://blogs.yahoo.co.jp/isikeriasobi/55815187.html

2009.05.08 10:07 URL | 負け組みの矜持 #- [ 編集 ]

負け組の矜持さんへ

引用された文章を読みましたが、納得できませんでした。
一番ありそうなケースで言えば、
若い女性を人身売買の目的で日本に永住させたい場合。
胎児認知は現行法でもDNA鑑定などなくても通ると書かれていますが、
犯罪というのは利益や目的、意図が見えるから疑わしいのです。
胎児と、ある程度成長した人を区別するのは別に筋の通らない話ではありません。
赤ん坊を連れてくるのは、それ自体、扶養意志を表現していますし、虚偽があるとしても、何の目的か明確ではありません。
ある程度成長した人をDNA鑑定で線引きせよ、という田中氏などの主張を否定する理由は無いと思います。

2009.05.08 11:12 URL | cube #- [ 編集 ]

>そして、ついこの前まで新自由主義を唱和していた日本で、急激に福祉政策・社会主義への関心が広まりつつあるが、それがまた急激に保護主義・排外主義に転化しない恐れは何もないと指摘している。

先日の憲法記念日でこれまでの9条一辺倒から25条にスポットがあてられたのは意義ある事と思いますが、これが9条改悪への目をそらさせることにつながらないかという危惧も感じています。9条と25条は連携して論じられるべきです。

「反貧困」の中で書かれている主張と同じですが、河北新報・2009年5月1日の湯浅誠氏のインタビューのから転載します。

●貧困と戦争の問題を一緒に考えるべきだと訴えていますが。
「貧困が大量に生み出される社会は弱い。
これまで日本では生存権の問題は取りあえず終わっているということになっていたが、今日の状況から言って、憲法9条と25条を同時に考えるべき時期に来ている。
アジアやアフリカを見れば分かるように、貧困と戦争はセットの問題だ。
衣食足るという人間としての基本的な体力・免疫力がすべての人に備わった社会は、戦争に対する免疫力も強い社会である」

負け組みの矜持さんが紹介されているブログですが、下記のエントリーも田中康夫氏等の主張の欺瞞を鋭くついています。

ほんとうは人身売買のことなんてどうでもいいくせに~
http://blogs.yahoo.co.jp/isikeriasobi/56014650.html

2009.05.08 11:29 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

9条と25条は連携して論じられるべきと上で書きましたが、それは貧困が戦争を生み出す温床になるからだけではありません。9条は単に戦争放棄を掲げているだけでなく、前文と連動して戦争や軍隊を否定することにより明治以降の日本の歩みをどうとらえるかという歴史観、戦前の国家観の否定という意味も含まれていると思うのです。この歴史観・国家観は「右でも左でもない」というわけにはいかない譲れない一線です。9条と25条を連携して論じる事はその意味でも重要なのではないでしょうか。

2009.05.08 15:13 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

排外主義では無く、排中共朝鮮です。
反日が国是の国家を何故排除してはならないのか私には判りません。
63年以上、日本は紳士的に中共朝鮮に対応してきました。
「カネを出せ」と言われれば言うがままに出してきました。
少なくとも私は、日本からの一方的な「謝罪と賠償」に、疲れ切ったのです。

ところで今日、労働貴族が天皇陛下から勲章を貰って喜んでいますが、日本の左翼って権力に弱いのですね(笑)。

2009.05.08 17:12 URL | 太郎の嫁 #- [ 編集 ]

kojitaken様
こんにちは。阿比留さんのブログに【民主・藤井最高顧問に聞く「かつて社会党と別れたわけ」】というエントリがあるのですが、この中で、藤井氏は、連立政権の土台が揺らぎ瓦解していった最大の契機は、ウルグアイ・ラウンドにあったと言っていたと阿比留さんは書いています。新生党はコメを自由化すべきと言ったが、社会党は農村政党で自民党とくっついてしまったと。自社さ政権には、野合のイメージがあったので自分自身は良い印象は無かったのですが、農業を守るというのは、一つの考え方だったのかもなあと思ってしまいました。これは、排外主義ではなく、保護主義ですね。「食」の問題は大事な問題だけれど、難しい問題だと思いました。

2009.05.08 20:36 URL | 散策 #TY.N/4k. [ 編集 ]



kojitakennさん、お久です♪


>今後、日本の政治・社会にとって最大の脅威は、排外主義者の台頭であると考える今日この頃である。

…そうなんですよね~(苦笑)。
うちでも触れましたが、カルデロンさん一家へのバッシングとか最悪ですから…。

あぁ言う手合は人間として「完全に終わって」いますよね。


>太郎の嫁
>排外主義では無く、排中共朝鮮です。
>反日が国是の国家を何故排除してはならないのか私には判りません。


絵に描いたような排外主義ですな。


>63年以上、日本は紳士的に中共朝鮮に対応してきました。


詫び入れする傍から屁理屈捏ね回す態度のどこが「紳士的」?

>「カネを出せ」と言われれば言うがままに出してきました。
>少なくとも私は、日本からの一方的な「謝罪と賠償」に、疲れ切ったのです。




まかりなりにも付きかけていた「落とし前」を、一部のお偉方が台無しにしてきたせいでこじれにこじれて来ましたが、何か?
「疲れきった」んなら、そーゆー自体を招いたお偉方に文句を言ったら?




>ところで今日、労働貴族が天皇陛下から勲章を貰って喜んでいますが、日本の左翼って権力に弱いのですね(笑)。




チミ達ネトウヨ程ではないよ♪(笑)
まぁ、今上陛下は(一部のウヨ連中に言わせりゃ)「サヨク」らしいからねぇ(爆笑)♪

2009.05.08 21:11 URL | てあとる☆北極の支配人 #DdiHOXp. [ 編集 ]

そもそも日中国交回復時点では、戦争賠償は現日本国に請求しないことで決定してます、向うからそういう話で。
戦前の日本帝国と今の日本は違う権力だからという理由で。
しかし、そこらを無理に同一視して話を逆進させたのは日本側の右派ですね。
そりゃ、悪かった仲良くしようと言ってたのを、俺は悪くなかったと蒸し返したらこじれますがな。
その程度の常識的な歴史すら知らないで、なんで戦前の話に言及しようって気になりますかね。

そういえば、太郎の嫁さんは韓国とは仲良くしていく方針なんでしょうかね?

アッチ側の人はどういう訳か、韓国も中・北とセットで嫌悪する人が大半ですけど。
あまつさえ中国と組んで攻めて来るとか抜かすし。(笑)
軍事的には日本と同じ米国側陣営なんですがねえ、韓国。知らないのかなー。

2009.05.08 21:41 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

cubeさんへ

>今の若い人は、不満を国内の為政者に向けず、卑近な人への蔑視に向けようとしている。職場でも上司に文句を言わず、家庭内暴力を起こしたり、自暴自棄になったりしている。

これはありますね。今の若い人のなかには、自己を体制と同化させる事により、ある種の安定感を得ようとする傾向がより強くでているように感じられます。これが若い世代の保守化につながっているのでしょう。ここ数年は景気悪化もあり、特にその傾向が強いように思えます。
そしてこれがまた、そのすがりつく体制の過去の蛮行を批判する韓国や中国への、嫌悪につながるのかもしれません。

2009.05.09 06:13 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

城内康光・元警察庁長官の遺伝子を受け継いだ城内実、平沼騏一郎・元首相の遺伝子を受け継いだ平沼赳夫には内務省(特に警保局)、司法省の悪の遺伝子が受け継がれています。
漆間巌にも、そして私にも。私の父親は東京消防庁の消防官でした(この春で定年退職)。
偉そうに言えませんが、城内氏とは距離を置き、牽制することも大事だと思います。

おっしゃるとおり、私も1930年代の日本よりも当時のドイツ・オーストリアに似ていると思います。醸し出す雰囲気から漆間巌・官房副長官を「日本のハインリヒ・ヒムラー」だと思いました。
米田壮・警察庁刑事局長は「日本のラインハルト・ハイドリヒ」でしょうか。
和歌山県警本部長時代に和歌山カレー事件の立件に成功し、最高裁で林真須美死刑囚の死刑が確定。また、刑事局長という刑事警察(犯罪捜査)の最高責任者として舞鶴の女子高生殺人事件の立件にこぎつけました。


cubeさんへ
>一方、ネットウヨ的な「国籍差別」は本当に五月蠅いですね。今の若い人は、不満を国内の為政者に向けず、卑近な人への蔑視に向けようとしている。職場でも上司に文句を言わず、家庭内暴力を起こしたり、自暴自棄になったりしている。日本人、日本社会の「村社会」的弱点がより目立つようになってきています。

私もそう思います。「下には下がいる。自分は未だ幸せだ」、「僕はなんて偉いのだろう」と自己陶酔で済ませるようですね。
自分自身は両親からの過保護・過干渉(父親に顕著だが)を受けて育ってきました。警察・消防・法務検察・刑事施設・海保・自衛隊・入国警備・麻薬取締官など公安職公務員(自衛隊、検察官は公安職ではないですが、事実上公安職)には労働基本権が認められず、上司(国家権力)の命令は絶対であり、文句を言わせません。従順に黙って従えということです(この手の組織では洋の東西問わず当然のことですが)。結局、不満を爆発させる相手は・・・。








2009.05.09 08:11 URL | ゴルゴ十三 #DTxGwd9Y [ 編集 ]

NHK、偏向・捏造放送が確定。

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/40296107.html
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

2009.05.09 16:39 URL | パイワン #- [ 編集 ]

日中国交回復時に中国が対日戦時賠償請求権を放棄したのは、台湾の国民党政権が放棄している以上、放棄しなければ日中国交回復は困難との周恩来首相の判断があったのだろうと思います。

実際にはそれを埋め合わせるような形で、その後日本は中国へのODAを行っている訳ですが、その辺の所は当然中国のトップ級には解っていても民衆レベルでは理解されていない…そのために中国の民衆の間には対日賠償請求権を放棄した事に対する不満が根強くあって、サッカーの試合での日本チームへのブーイングという形で表われ、これが日本のネット右翼の排外主義を煽ったという面があると思います。

2009.05.10 11:06 URL | ☆諒 #WYLK6y5k [ 編集 ]

http://locolo.blog.so-net.ne.jp/2009-05-05
小泉が沈黙した理由は。
http://plaza.rakuten.co.jp/seizaikaiclub/diary/200904220000/
自民党の金庫に金がない?
田原さんもこれじゃ・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/folder/60653.html
自民からの講演料ねぇ。

2009.05.10 16:04 URL | ロコロ #H5Wh3rYk [ 編集 ]

民主党支持者のブログは、仲間内のコメントしか載らないものと思っていました。
しかし、私の投稿が載っていたのでビックリしました。
管理人様には、つたない意見を載せて頂いたことに感謝いたします。
また色々ご指摘された諸氏にも、感謝いたします。
今日は、少し体調が悪いのでこれにて失礼いたします。

2009.05.10 17:20 URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s [ 編集 ]

最近、内外の排外主義が新局面に入っているように感じられるので、遅まきながら一言。

アジア地域での排外主義や自民族優越思想を考える場合、まず、我々日本人の歴史の未総括の現状を問題にすべきであろうが、そのことを少し置かせてもらいたくなるほど近年の中韓の状況には危惧を抱かざるを得ない。
「正当なる反日」ではなく、下掲のような不当な反日気運までもが近年の中韓で台頭して来ているらしきことである。糞青やウリナラ主義者と呼ばれる若年層が、近年中韓で増えているらしい。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/09/28/kiji/K20110928001712500.html

こういう動向に反発する日本国民に対し、我々は何をどう語るべきであろうか?
まさか、拉致問題の発覚時に一部の事大主義者が「拉致はでっち上げ」と迎合したような歪んだ免罪論は吐けまい。

経済発展の激流や資本のグローバル化による生活破壊に対し理性的な対抗戦略をもてない人々は、いつの時代、どこの国でも排外主義に回収されてしまうのであろうか?
中韓との連帯・共同を希求する人間の一人として考えさせられる問題だ。

2011.09.28 13:30 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #CrLMSZ1k [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/902-ff24df75