きまぐれな日々

当ブログに設置してあるカウンターの数値が300万に迫っていて、サーバーのトラブルでもない限り、今日、区切りの数字に到達する。ブログの開設は2006年4月16日であり(最初の記事は同4月9日付だが、さかのぼった日付をつけたものである)、先週でブログ開設からまる3年が経過し、4年目に入っている。

その間900件近いエントリを上げた。私は、どの記事を読んでも同じ、金太郎飴みたいなブログにはなるべくしたくないと心がけているのだが、能力に限界があり、似たような記事を多数書いてしまっている。それでも、今朝の朝日新聞4面に掲載されている、任期満了近い選挙を自民党が苦手としていて議席を減らす傾向があるという記事と同趣旨のエントリを、昨年9月3日付で上げたことを思い出すなど、いつどういう記事を書いたかはだいたい覚えている。そのうちのいくつかは人気エントリとなり、検索エンジンの上位で引っかかる。そして、その多くは特定の政治家や学者、あるいは電波芸者(テレビのコメンテーター)の名前で検索すると引っかかるものだ。だから、たとえば稲田朋美だとか大村秀章などが何かやらかしたりテレビでしゃべったりすると、いきなり彼らのことを書いたエントリのアクセス数がはね上がるので、何かやったなということがわかる。ブログにはこんなアンテナとしての活用法もあるのか、便利なものだなあと思うが、コンスタントにエントリを上げ続けないとその恩恵にはあずかれない。

そんなわけで、記念すべき300万アクセス到達の日を迎えたが、気分はいっこうに晴れない。労働者派遣法改正案の修正に向けた野党間の協議が難航していることを報じる朝日新聞の記事などを読んでいると、いっそう閉塞感が強まる。民主党議員は、「厳しすぎる規制は派遣で働く労働者や経済への影響が大きい」などと言っているらしいが、要は経団連の顔色をうかがっているのだ。政治思想的には民主党をはさんで「右」に当たる国民新党と、「左」に当たる社民、共産両党が規制の厳格化を求めて民主党を包囲する形になっているとのことだが、これはつまり、民主党には「第二自民党」的な新自由主義色が今なお濃いことを意味する。この例一つとってみても、仮に政権交代が起きたとしても政権には参加しないと予想される共産党が民主党を批判する時、共産党を「自民党の補完勢力」として非難するのは正しくないことがわかる。そして、朝日新聞も書くように、野党間で歩み寄らない限り、各党が問題視する現行法が温存されるのである。これでは政党、特に(自公与党は論外として)民主党がどこまで労働問題、貧困問題と真剣に取り組もうとしているのか疑われても仕方がない。

とはいえ、自民党も民主党も同じかというとそうでもない。特に政治思想関係におけるこのところの自民党の極右化は目にあまるものがある。その多くは「真正保守」などと自称しており、これは自民党から追い出された平沼赳夫一派にも共通するものだ。そんな「真正保守」のいかがわしさを、休刊間近の右派論壇誌『諸君!』で櫻田淳氏が喝破したと、上杉隆氏が伝えている。『諸君!』の記事は櫻田氏と櫻井よしこ、宮崎哲弥両氏との鼎談になっていて、櫻田氏は櫻井氏を面と向かって批判し、保守政治家のあるべき姿について次のように述べている。

私がイメージする保守政治家とは、複雑に変転する現実と予測不可能な未来を前にして、常に国民の幸福の総和が最大限になるよう、臨機応変に政策を打ち出す人々のことです。しかし、最近、保守を自称する政治家たちの言動を観察していると、彼らは「政治活動家」ではないかと思うことがあります。「政治活動家」とは、自分の頭の中に思い描いたビジョンに現実のほうを合わせようという行動原理の持ち主で、共産主義者がその典型例です。「北朝鮮と交渉する政治家は売国奴云々」といった狭溢な視座しか持てず、自ずと選択肢を狭めてしまう。また、自分の政治信条と少しでも違うところのある者を排除してしまう。安倍氏が自分と近しい者ばかりを集めて「お友達内閣」を形成したのは、その好例でしょう。これではイデオロギー先行型の左翼活動家とたいして変わらない。本来の保守政治家はもっとフレキシブルであるべきで、いざとなれば社民党と話ができるぐらいの腹がなければなりません。

(『諸君!』 2009年5月号より=『週刊・上杉隆』経由)


上杉氏同様、私も櫻田氏の見解にほぼ同意する。「いざとなれば社民党と話ができるぐらいの腹」を持った政治家としては、まさにそれを実行している国民新党の亀井静香氏がすぐ思い浮かぶし、それに対して櫻井よしこが熱烈に支持する安倍晋三は、改憲一本槍の典型的なイデオロギー政治家であって、だから参院選で「国民の生活を第一」のスローガンを掲げた民主党に歴史的惨敗を喫したのである。しかし、その敗因を認めようとしない「真正保守」たちは今なお醜態をさらしている。

そのもう一つの例が、今月5日に放送されたNHKスペシャル「JAPANデビュー」に対する「真正保守」たち(実は単なるヘタレ右翼)の反応だ。私はこの番組は見ていないのだが、台湾在住の「むじな」さんという方が書かれたブログ記事「NHK「JAPANデビュー」第1回、どこが「反日媚中史観」よ?」を読めば、どういう内容の番組に右翼がどんな反応を示しているのかがわかる。私も台湾を何度も訪問したことがあるが、確かにこれほど訪問した日本人に友好的な国はなく、台湾を訪れて失望したことはない。しかし、それは台湾が「媚日」であることなど決して意味しない。そんなことは、少しでも相手の立場に立って物事を考えてみればすぐわかることだ。ところが、「真正保守」たちには、日本人は世界に冠たる民族であるかのような手前勝手な思い込みがあり、台湾の人たちに対して故なき優越感を持って見下しているから、彼らが「媚日」であると思い込みたいのである。彼らは、櫻田淳氏が言うように、自分のイメージに現実を合わせようという行動原理に従って思考し、行動する。これが、いわゆる「真正保守」の正体であって、櫻井よしこ、安倍晋三、平沼赳夫はいずれもこの類型に属する人たちだ。麻生太郎の場合は、純粋な「真正保守」ではなく、彼らに媚びを売った方が得策だという打算が入っていると私は思う。

だが、現在のような社会の閉塞状況にあっては、こんなトンデモの「真正保守」たちの訴えに耳を傾ける人々が増えており、その影響はネットで「反カイカク」を訴える、もとはリベラル・左派系だった人たちにまで広がっている。

とんでもない世の中になってしまった、果たしてどこまで反撃できるだろうかと、重い気持ちでブログ4年目を迎えた今日この頃なのである。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

 お久しぶりです。
 さて、ご懸念のことは私も最近強く感じている物です。
 ネット右翼の馬鹿さ加減はともかく、それと同じ反動イデオローグに染まった政治家が、跳梁跋扈している現状は、危機的とも言えるでしょう。
 極端な予想かもしれませんが、もし、次期衆院選で、麻生政権が政権を維持した場合、当然、三分の二を失って、さらに政権運営に困難をきたした麻生は、憲法停止による反憲法クーデターを起こす可能性があるとすら危惧しています。実際、自衛隊、警察という権力・暴力装置を意のままにできる自民党政治家にとって、これは大変な誘惑でしょう。そして麻生にその誘惑に勝つ、立憲政治家としての器量があるとは思えないのです。

 一方で、保守論壇の劣化はすさまじいものがあり、ネット右翼と同レベルの反朝鮮半島、反中を垂れ流しているだけで、それは渡邊昇一の老耄とさえ言える劣化(もともと三文売文業者でしたが)を見ればわかります。
 また、自分のブログを閉鎖した際、今のブログ界をざっと見てみましたが、意外なことに、ある特定のアクセスランキングでネット右翼が上位を独占していますが、それ以外のランキングでは、ネット右翼は後退し、リベラルかはわかりませんが、反自民、政権交代ブログが上位に進出しています。
 こちらにも変化があるようですが、今、この時期は、やはり政権交代により、自民党の悪の暴走をひっくり返すことが重要だと思います。

2009.04.23 07:53 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

300万ヒットですか…おめでとうございます。
「真正保守」の胡散臭さ、その通りですね。
軍靴の足音が近づいています、何れにしても、次の選挙がターニングポイントになるでしょう。個人の自由と権利を守る為、これからも頑張ってください。微力ですか、共闘します、今後ともよろしくお願いします。m(__)m

2009.04.23 08:34 URL | 卵かけごはん #- [ 編集 ]

先日は本を紹介していただきありがとうございました。

<自分のイメージに現実を合わせようという行動原理>というのは、理想主義とは違うのでしょうね。イデオロギーか、或いは粗雑なステレオタイプを用いて現実を良い様に認識する。まさに<イメージ>であって、曖昧な認識をスタート地点としているのかもしれません。

保守を全否定するものではありませんが、しかし現代の政治家が「真正保守」を以て任じるのは苦笑を禁じえません。しかし彼らの目からすれば自らと違う立場にいる者はみな「サヨク」に見えてしまうのかもしれません。そしてそんな連帯を拒絶するセクト主義は、かつての「真正サヨク」が採った誤りだったのは皮肉だと思います。

2009.04.23 11:47 URL | seike #v5LGPhT2 [ 編集 ]

素人は専門用語を使いたがり、玄人はわかり易い言葉を使う。

2009.04.23 12:45 URL | pink #- [ 編集 ]

ケータイから失礼します♪


>Pink

じゃあ玄人の意見とやらのお手本を見せてもらおうじゃないの。

独り言は余所で言え。

2009.04.23 13:21 URL | てあとる☆北極の支配人 #DdiHOXp. [ 編集 ]

素人の専門用語ってのは、右派の自称する「真正保守」のことじゃないですか。
目的が、実態の糊塗とイメージの偽装であることは正しくそうですし。

2009.04.23 14:42 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

あ、そう氏
「平沼など山形1区でまだ1期目の山形市議(25歳女性)を出す気だぞ。
あんたの嫌いな小泉が前回の総選挙でやったのと同じじゃないか。
俺が新党に乗らなかったのを自著で恨むのもみっともない。
俺が漢字読めない方がまだ可愛げがあるだろうよw」

2009.04.23 14:43 URL | 観潮楼 #- [ 編集 ]

初めまして。楽しく読ませて頂いています。
そうですね。派遣法はどうなっていくのでしょうか。

欧米のスタイルが行き詰まりをみせ、日本も目指すモデルが無くなってきたと思います。
これからは日本自体が新しいモデル社会を探さなければいけないのでしょうが、なかなか現段階では労働賃金を安くすることで儲けてきた会社は打撃が大きいのでしょう。

私は日本の製品は高くあるべきだったと
思ってました。円が他の外貨より安く設定して、輸入に頼っていましたが、円が高くなると赤字になるなんてひどすぎます。質を上げて賃金を抑えてきて、海外では安くて質が良いで通ってきた。そのツケが回ってきたと
思うんですよ。戦略の失敗ではないでしょうか。レクサス的な質が高いから値段がはるという路線にイメージを上げることが何処かで必要だったのではないでしょうか。
あとは、新分野の開拓が遅れていますよね。
今の所、派遣法を改正するより、セイフティーネットを確立することを急いでいるのでしょうか??

2009.04.23 15:43 URL | HN #- [ 編集 ]

はじめまして。
「真正保守」? 笑ってしまいますね。
「1945年以前に戻したい」という人たちを、私は、「保守」とは思いません。私は、そういう人たちを、「明治維新保守」と呼んでいます。
それはつまり、江戸時代まであった統治秩序・社会経済秩序を、全く別のものにつくりかえたのが明治維新であり、その時にできあがった秩序を「あらまほしきもの」と1945年以降一貫して言い続けているのが、いわゆる戦後保守だったと思うからです。つまり、かれらは、1945年まであった秩序=既得権こそ「日本的価値」だと強弁しているに過ぎず、なんら

2009.04.23 21:41 URL | 主権者たる日本国民のひとり #- [ 編集 ]

300万アクセスおめでとうございます!
オタクのニュース記事がウヨ記事ばっかりでネットに絶望していたところこのブログにたどり着き毎日チェックしています。今後もどうかがんばってください。

2009.04.23 22:52 URL | ヒロト #- [ 編集 ]

↓下記アップしました。このニュースは当事者が元アイドルタレントでもありそれこそワイドショーネタとしても話題性もありました。実際介護をやっている人とか、その周りの人とかかなり切実な問題なのですが、SMAP草剛の全裸逮捕騒動でスッカリかすんでしまいましたネ。

清水由貴子さんの件だって結局は介護の問題とか貧弱な自公政治に行きつきます。自公打倒、政権交代は国民にとって急務の課題。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2009/04/post-9680.html

2009.04.24 15:19 URL | SOBA #- [ 編集 ]

300万ヒット
朝鮮総連に飼われている食い詰めフリーライターの足掻きを笑いながら見ているだけだ。

2009.04.24 21:49 URL | #- [ 編集 ]

>04/24 21:49に書いた阿呆

>朝鮮総連に飼われている食い詰めフリーライターの足掻きを笑いながら見ているだけだ。


名前も名乗らぬクズ野郎のネトウヨ風情が偉そうに言うな。

kojitakenさん、こんなのは曝しあげで充分でしょう。

2009.04.25 07:16 URL | てあとる☆北極の支配人 #DdiHOXp. [ 編集 ]

>「真正保守」の胡散臭さ、その通りですね。
>軍靴の足音が近づいています
>個人の自由と権利を守る為、
>共闘します

>卵かけごはん
朝日新聞の工作員かw

2009.04.26 05:50 URL | お花畑は左も同じことw #8iCOsRG2 [ 編集 ]

>「1945年以前に戻したい」という人たちを、私は、「保守」とは思いません。

同感です。
そもそも国家と言う近代の産物に自分を同一視するような連中を保守とは呼びませんね。

2009.04.26 14:23 URL | そっくに #- [ 編集 ]

日本に保守などありません。あるのは統一教会のキチガイ連中だけです。この辺りをきちんと認識しないと。

2009.04.26 21:44 URL | 秋山 #LWshcgts [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/895-9447f061