きまぐれな日々

朝日新聞に掲載された立花隆の寄稿を紹介した昨日のエントリは、コメント欄で集中砲火を浴びた。いただいたコメントの大多数が、当ブログや立花隆を批判し、小沢一郎を擁護するものだった。中には、「エープリルフールではないか」という冷やかしのコメントまであった(苦笑)。

そんな中にあって、もっとも私の感覚に近かったのは、ぽむさんのコメントだ。以下に紹介する。

小沢氏支持でない私でも最近の朝日の辞任誘導キャンペーンには食傷気味なくらいだから、今日の立花氏の記事に小沢氏擁護派から反発が出るのは当然と思われます。
ただ、それとは別にみなさんのコメントを読んでいて気になったのは「小沢さんに期待すること(=政権交代で期待することですよね)」として「官僚政治の打破」を書いてられる方がすごく多いということ。
でも、土曜日に行われた「反貧困フェスタ2009」にみられるように今の日本でいちばん切実な問題は貧困・失業・格差・新自由主義でずたずたにされたセーフティーネットの張り直しだと思うんです。「そのためにも官僚政治の打破が必要なんだ」という考えもわかりますが、そもそも諸悪の根源を官僚とする考え方は小さな政府や新自由主義と親和性が強いものなんです。「霞ヶ関をぶっ壊せ」って橋下氏なども好むスローガンですし。
リベラル派ブロガーおよびその読者が政権交代に託す最優先の目的は新自由主義の克服だったはずで、それで考えるとちょっとなんかなあと思ってしまいました。

2009.04.02 00:12 URL | ぽむ


その通りだと思う。私も、朝日新聞の過剰な小沢一郎降ろしには食傷しており、だから先月末に立て続けに朝日新聞を批判するエントリを上げた。今朝(4月2日)の朝日新聞4面では、「「岡田待望論」ホントはどうなの?」などという見出しを打っており、

 小沢氏側近の一部にも「小沢氏も、岡田氏を後継とみている」との見方がある。岡田氏は著書で、93年に自民党をともに離党した小沢氏を「政治の世界の父」と書いた。小沢氏が企業・団体献金全面禁止の議論とりまとめを岡田氏に託したことも「後継指名の布石か」と憶測を呼ぶ。
(2009年4月2日付朝日新聞より)

などと書いている。「憶測を呼ぶ」というより、朝日新聞記者自身が岡田克也を代表にしたがっているとしか私には読めない。岡田克也というと、ジャスコ創業者・岡田家の御曹司で、現在のイオン社長・岡田正也は岡田克也の実兄。当地・香川県にも一昨年、昨年と相次いで「イオンショッピングセンター」がオープンした。私も「WAONカード」を持っていて時々利用するが、最近では行くたびに(空洞化した商店街のことだけではなく)岡田克也のことを思い出してしまう。その岡田は、かつてコイズミとカイカクの先鋭さを競った新自由主義色の強い人物であり、朝日新聞と親和性が強いのはよくわかる。外交・安全保障政策でも、決してハト派とはいえない菅直人よりもさらにタカ派色が強い。

つまり、私は民主党が「右」に舵を切って、反新自由主義の傾向を弱めて、再び(中川秀直あたりが主導権を握った)自民党と「構造カイカク」を競う、かつてのような方向性に戻るのが嫌だから、朝日新聞などによる「新自由主義側」からの小沢降ろしに反対しているのだ。昨日の立花隆の寄稿は、その朝日新聞の意図に乗る形になっている。それに対する反発はわかるが、朝日新聞にあのような立花隆の寄稿が載ったことは、決して見過ごせないことだ。当ブログが昨日のエントリのタイトルに「立花隆」と「小沢一郎」を用いたのはアクセス数稼ぎ狙いだろうとの批判コメントもあったが、当ブログのアクセス数はせいぜい日に数千件、それも同一IDからの重複アクセスをカウントしての数字である。一方朝日新聞の部数は800万部だ。もちろん「押し紙」による水増しもあろうし、駅売りの売れ残りもあろうし、朝日新聞をとってたって立花隆の論文など読まない人も多いだろう。それでも、少なく見積もっても百万人内外の読者に立花氏の記事が読まれたことは間違いない。過去の立花氏の業績を考えた時、朝日新聞にあのような立花氏の寄稿が載ったことの影響力は、絶対に無視できないことなのだ。だから、早朝に朝日新聞を読んで、予定していた記事を差し替えて昨日のエントリを上げたのである。

ぽむさんのコメントの中で、

そもそも諸悪の根源を官僚とする考え方は小さな政府や新自由主義と親和性が強いものなんです。「霞ヶ関をぶっ壊せ」って橋下氏なども好むスローガンですし。

という部分には、特に強く同意したい。本当を言うと、民主党が総選挙で確実に勝利を収めるためには、長妻昭を代表に据えるのが最善だと私は思うのだが、長妻昭にもちょっと上記のような傾向があって、だから「長妻代表」には私は躊躇する。もっとも、岡田克也を代表に据えるくらいなら、長妻昭代表の方がよほどましだと思うけれども。

いったいいつから、「小沢さんじゃなきゃ官僚支配から脱却できない」という信仰が広まったのか、私にはよくわからないのだが、「政官業癒着構造の解体」はもちろん大事だけれども(というか、政権交代が必要な理由はそこにあると思うけれども)、官僚を諸悪の根源としてこれを攻撃するのは、橋下徹好みでもあるが、それ以上に「郵政総選挙」に勝ったコイズミと同じ行き方というべきだろう。

そうではなく、「今の日本でいちばん切実な問題は貧困・失業・格差・新自由主義でずたずたにされたセーフティーネットの張り直し」であり、「リベラル派ブロガー(およびその読者)が政権交代に託す最優先の目的は新自由主義の克服」なのだ。まさにその通りである。「反貧困フェスタ2009」には遠方ゆえ参加できなかったが、昨年8月31日に高松市にも来た「反?貧困全国2008キャラバン」では、私も湯浅誠の講演やシンポジウムを聴講した。会場には、民主、社民、共産の野党3党の政治家が来ており、民主党からは来賓として挨拶した小川淳也衆院議員のほか、植松恵美子参院議員も来ていたが(社民・共産両党は国会に議席を持っていない)、自民党と公明党の議員は来ておらず、司会者が自民党の国会議員から届いた祝電を読み上げた時、会場がざわめいたことをよく覚えている。そしてその翌日(9月1日)、福田康夫首相が辞意を表明し、半月後にリーマン・ショックが起きた。日本の経済や社会は昨年8月末とは比べものにならないほど崩壊していっている。小沢一郎ならこの難局を解決できるというのは、いくらなんでも過大評価だろう。それでも、自公政権には適切な手は打てないことは明らかだから、選挙では民主党に勝ってもらわなければならない。そのためには、選挙の争点を「西松事件」なんかにしてしまってはならないのである。選挙の争点は絶対に「国民の生活を守る」ことでなければならない。この争点のもとに、各政党が政策を競うべきなのである。

私は実際には、小沢一郎は辞任のタイミングを測っていると思う。自民党の方も脛に傷をいくつも持つ身だ。効果的なタイミングで小沢が辞任すれば、むしろ自民党にとって多大なダメージになるはずだ。秘書が起訴された3月24日の時点での辞任は得策ではない、そう考えただけなのだろう。何より小沢一郎は、かつて自らが総理大臣に担いだ海部俊樹を指して、「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」と放言したとされる男だ。ナンバー1に立つより、ナンバー2として影響力を行使する方が得意に決まっている。そして、せっかく「労組政治家」に転向した小沢一郎なのだから、闇将軍でも何でもいいから、従来にも静岡7区における城内実の民主党からの擁立や、千葉県知事選における白石真澄の民主党推薦を阻んだように、今後も極右や新自由主義者の民主党への影響を排除し、「国民の政治が第一」のスローガンの導く方向へと民主党を動かしていってほしいと思う。それが小沢一郎の本心から出たものではなく、止むを得ない選挙区の事情からくるものであったってかまわない。

なんたって、政治は結果がすべてなのだから。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

昨日立花隆に異を唱えたものです。だからといって私は新自由主義者ではありません。橋下府知事にも反対です。小泉元総理にも反対です。管理者は、小沢支持者は新自由主義をも支持しているとの思い込みが強いと思います。諸悪の根源が官僚でないとすると、管理者は何が根源だとお思いですか。それを書いてほしいです。                   今取り組まなければいけないことは景気の回復であり、選挙の争点も「国民の生活を守る」ことにあるのは、その通りだと思います。その点、困った時に「政治とカネ」の問題を、検察は持ち出してくれたものだと思っています。




                                                                                                                                                                

2009.04.02 09:24 URL | ズブの素人 #- [ 編集 ]

ズブの素人さん、

> 管理者は、小沢支持者は新自由主義をも支持しているとの思い込みが強いと思います。

それはありません。思い過ごしですのでご安心ください。

> 諸悪の根源が官僚でないとすると、管理者は何が根源だとお思いですか。

財界(経団連)による政治の支配です。

2009.04.02 09:30 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

http://www.voiceblog.jp/tachiyomist/814811.html
やはり、政権交代は必要ですよ。

2009.04.02 09:42 URL | ろーりんぐそばっと #ehuBx04E [ 編集 ]

今日の『朝日』は、筑紫哲也を回想したりして、「マスコミの口調この頃北に似る」との朝日川柳を真似れば、「この頃の〈朝日〉の口調誰に似る」。

2009.04.02 10:13 URL | 只今 #gIYQI5Sw [ 編集 ]

 現実にただ今、検察とマスコミから、不公正で理不尽なバッシングを猛烈に受けているのは小沢氏と民主党なのです。
 政治というのは理念も大切ですが、今現実に起きていることを見て、正すべきは正し、守るべきは守らなければ、立派な理念も政策も空理空論にしかなりません。
 「唇亡びて歯寒し」という故事成語がありますが、今小沢氏の来歴などを挙げて引きづり下ろすことに荷担することは、浮世離れしているとしか思えません。山口二郎氏、金子勝氏なども、小沢退任を勧めていますが、では検察とマスコミの横暴をこのまま座視していて、民主主義はどうなるのかと言いたい。
 権力側にとって最も邪魔なのは小沢氏なのです。共産党でも社民党でもありません。ロッキードでも、邪魔なのは田中角栄氏だったのであり、中曽根氏や岸氏、福田氏、あるいは社会党や共産党ではなかったということです。
 新自由主義というのも、理念・定義としてのそれと、現実に行われているものは違います。小泉・竹中氏は郵政民営化や高齢化に逆行する福祉予算削減を進めましたが、防衛予算などは減らしておりません。口では官僚批判を唱えつつ、実質的に財政全体を小さくしたか、というとまったく違います。
 私も小沢シンパでも、民主党員でもないし、いつでも批判できますが、今は徹底的に肩を持ってやる必要があると思います。

2009.04.02 10:20 URL | cube #- [ 編集 ]

cubeさんの意見に賛成です。民主党というより、今は小沢の肩を徹底的にもってやるべきです。その理由は、1日のスレのコメントに書かせていただきました。

これは、わたしたちの民主主義が貫けるかどうか、その瀬戸際の問題です。小沢問題は、それが象徴的に現われているだけ。

権力を監視するのは、われわれ国民なのだ。

2009.04.02 11:59 URL | 横花 #- [ 編集 ]

ご賢察です。
が愚生は新自由主義は以前から、不安をもってました。
また官僚と財界の専横と支配は現在はともに市民と民主制の敵です。

心落ち着けて状況をみたいです。
一部の下級・中級官僚が吊し上げられて拍手喝采するようではいけないですね。

まあしばらくは小沢に頑張ってもらいましょう。
ではまた。

2009.04.02 12:21 URL | 市南義亮 #RFphBmaY [ 編集 ]

ズブの素人さんのご指摘「検察はなぜこの時期に政治とカネの問題を持ち出したか」についての想像です。
小沢民主党を追い込む戦術には間違いはありませんが、それが失敗しても(明らかに失敗)国のあり方までの変革はさせない為の目くらましを画策したのであろう。(「選任および監督」を読み違った無能検察官僚佐久間は責任をとるべきだ。)

コイズミ構造改革の欺瞞が明らかになり、年金問題、後期高齢者医療制度、障害者自立支援法、労働者派遣法改正、郵政民営化、簡保の宿などこれら全て金の問題で財務省等の財政再建至上主義がもたらしたほとんど全ての政策の弊害が現れ財務官僚が全く国民の生活をないがしろにしてきました。これに対する官僚批判の矛先を変える為でしょう。ある意味これは成功しつつあります。総選挙の争点が政治資金規正法改正に向かいつつあります。官僚制度が疲労破壊を起こし大恐慌の時に何らこの国のグランドデザインを論ずるべき時なのに政治家の金の問題を争点にし目くらましで既得権益を守る官僚マスコミ財界達は退場ですね。
小沢一郎さん、
政治資金規正法改正は戦略としては面白いけど総選挙の争点は大恐慌から国民の生活を守るという参議院選挙の同じ政策で地方を巡りドブ板選挙をしてください。

それにしても元厚生省事務次官連続殺傷犯人の自供内容の不自然さと高橋洋一の自供内容の不自然さには明らかにおかしいですね。今回の検察リークからしてこれらも検察官僚の世論誘導なのだろう。記者クラブ制度の既得権益にすがる体質がマスコミを劣化させ自らの首を絞めている。新聞記者や新聞記者上がりの評論家には猛省をうながす。
自分の頭で考えて足で取材しろ。このボケども。

2009.04.02 12:27 URL | ゲバラの夢 #- [ 編集 ]

おひさです。KOJIさん。
後継者というと、じょんなむ氏のことが頭に浮かんだりして・・。にゃひ。
うちのpう~ブログでは小沢・西松の件は意識的に取り上げてませんが、まあ北の「衛(営?)星」の件も。関心はそれなりに持っています。

火曜日のだっけ、朝日新聞に「スイスの銀行をゴルゴ13は使わなくなるかも?」てってな、解説記事がありました。しきんせんじょう税金逃れに対する各国の捜査が厳格化されるウンウンカンヌンって感じのネ。
主権国家に関する「防衛力整備の自由度」に関して、アメリカはロシアの戦略核に最大限の「許可」を表明してるようやし・・。
ここらの大国(政府)間の「エールの交換」と、各主権国家内の民衆と高官(寡頭、時に下等?支配層)とのギャップ、情報操作(プロパガンダー)色々ありますね。
小沢じゃないと、ここいらの超薄汚いパワーポリ手クスを乗り切れないという予感は僕にもありますけど、そこらは「世界史」「世界戦葬」っていうでっかいテーマやから、ちょろちょろっと日々更新するブログでは、扱いきれんし。
くっさいイン暴論野垂れ流しと真の厳しい情報戦≒思想闘争の峻別も要るし~。

「68年問題」とやらいう言葉で漠然と示されている問題群を、うちのブログで、ボチボチ再開していくつもりです。
近代とポスト近代、人道主義と科学主義。

2009.04.02 13:35 URL | 三介 #CRE.7pXc [ 編集 ]

全ての官僚が悪とは思いませんし、新自由主義の市場原理が全ての悪の根元とも思いません。

小沢に期待しているのは、官僚をスケープゴートにしてお茶を濁すことなく、官僚任せでない「政治家が政策を立案し、法案を作り、予算を組み、答弁を用意する政治」の実現です。
(小沢の著書を読んでみて下さい)

2009.04.02 13:43 URL | 一般ピープー #HKfpfhn2 [ 編集 ]

すでに類似のコメントがありますが、小泉・竹中政権が小さな政府を目指す「新自由主義」を唱える一方で、天下り官僚の数が毎期順調に増加していったのは記憶に新しいところです。

防衛費や米軍への巨額の思いやり予算も堅持したままでしたし、580億円かけたうえ毎年10億円の赤字を垂れ流した「私のしごと館」ができたのもこの時期です。いわゆる「新自由主義」のもと、“官”やハコモノは間違いなく肥大化しました。

「新自由主義」は、アメリカ風の最先端なイメージを醸し出す専門用語として、それまで国民生活に割り振られた予算を削減するための方便に使われた、というのが実態ではないでしょうか?

紙に書かれた理論と現実に起こったことは、かくも異なります。たとえば当時小泉・竹中政権が何を言い、実際は何をしたのか、事実を冷静に照らし合わせてみなければ、管理人さんの「新自由主義」の議論は、むなしい言葉遊びに終わると思います。

2009.04.02 14:41 URL | #- [ 編集 ]

小泉=新自由主義者と考えるから左右の両方から非難を浴びるのではないでしょうか?
小泉が壊したのは官僚組織ではなく、自由で公正な競争の前提となるセーフティネットです。
これはそもそもの新自由主義的な政策に相反します。
実質的に重要な官僚機構にはまったく手をつけなかったむしろ小泉より安倍内閣のほうが官僚機構に手をつけました。
その安倍政権は小泉礼賛のマスコミから手のひらを返したような不自然なバッシングに遭い、最近では小泉のブレーンというより渡辺善美元行政改革担当大臣のブレーンである高橋洋一氏もあういう不思議な事件に巻き込まれていますが・・・

「新自由主義」ということではなく、「何に立ち向かっている人の周りで不可解なことが起きているか」という視点で見ると議論もスッキリすると思われます。
そうすると自ずとあれだけ嫌う人間の多い小沢がここまで支持される理由も見えてくると思います。
もしどうしても「新自由主義」という言葉で語りたいのならその定義をきっちりとされ、「小泉・竹中的新自由主義」と言われると納得される方も増えるのではないでしょうか。

2009.04.02 16:47 URL | Jay-Jay #.qeBKLPE [ 編集 ]

長妻さんの秘書の逮捕も噂されてますね。噂で終わるといいのですが。

2009.04.02 16:58 URL | #/2CD/BNk [ 編集 ]

「検察とマスコミの横暴をこのまま座視していて、民主主義はどうなるのか」
公約違反を座視したら、民主主義はどうなるのですか?
己の公約違反の非を棚に上げて検察批判にすり替えて責任転嫁するのは卑怯の極みです。

「権力側にとって最も邪魔なのは小沢氏なのです。共産党でも社民党でもありません。」
そもそも小沢は、「小沢王国」岩手でしっかり権力側のボスですし。大連立にも一番「理解」がありますし。
本当の権力のトップは財界ですし、その財界が仲介して旧民主党と自由党を合併させましたし(小沢が邪魔ならそんなことする訳ない)。

2009.04.02 17:53 URL | Black Joker #RtNpiJ3M [ 編集 ]

初めまして、初めてコメントします。宜しくお願い致します。

私は小沢氏の検察からとマスコミからの不当なバッシングは、本当に酷いとは思いますが・・・・・

一般的国民の立場から言うと、もう検察とマスコミは勝ったと思います。

仮にこの先何十年裁判をやって、小沢氏が勝訴しても一部の小沢支持者が喜ぶだけで、多くの有権者は興味も持たないでしょう・・・・と思います。

あれだけ吹いていた麻生自民党への逆風をピタリと止めさせて、小沢氏への逆風に変えたのは事実だと思います。

こういうとKY言われそうですけども、正義が小沢氏にあっても、もう小沢民主党へのダーティーイメージ戦略は国民に浸透したとみるべきだと思います。

それが千葉知事選の結果だと思います。

このまま五月解散になったら、どんなにリベラル系ブログの方々が啓蒙しても、どんなに小沢氏が頑張っても、おそらく選挙で民主党は負けます。

それだけ大きいイメージダウン戦略が完了してしまったのです。

本当に残念ですけども、自民党に政権を任せておけば官僚の皆さんと共に、日本は沈没してしまうでしょう。
もう自民党政権では駄目なんです。

私の言葉とか論破しようと思えばいくらでも論破出来ると思いますが

もう自民党政権では駄目という事と、小沢氏についたイメージダウン戦略の成功、この二つは揺るがないと思います。

本当に残念ですけども、政権交代のためには、小沢氏に身を引いて貰う程、判りやすい解決策は無いと思います。

このままでは民主党は選挙で負けます。

そうしたら今のままドンドン日本は、自民党と官僚によって酷くなって、沈没していくでしょう。

本当に小沢氏には気の毒だし、道理が合わなくても、
ここは民主党が政権を取るために、小沢氏には身を引いて欲しいと思いました。
それが一番判りやすいし、自民党にもダメージを与えられる戦略だと思います。

乱文・長文失礼しました。

2009.04.02 18:12 URL | 橋本 #SGTZiP.Q [ 編集 ]

初めまして、初めてコメントします。宜しくお願い致します。

私は小沢氏の検察からとマスコミからの不当なバッシングは、本当に酷いとは思いますが・・・・・

一般的国民の立場から言うと、もう検察とマスコミは勝ったと思います。

仮にこの先何十年裁判をやって、小沢氏が勝訴しても一部の小沢支持者が喜ぶだけで、多くの有権者は興味も持たないでしょう・・・・と思います。

あれだけ吹いていた麻生自民党への逆風をピタリと止めさせて、小沢氏への逆風に変えたのは事実だと思います。

こういうとKY言われそうですけども、正義が小沢氏にあっても、もう小沢民主党へのダーティーイメージ戦略は国民に浸透したとみるべきだと思います。

それが千葉知事選の結果だと思います。

このまま五月解散になったら、どんなにリベラル系ブログの方々が啓蒙しても、どんなに小沢氏が頑張っても、おそらく選挙で民主党は負けます。

それだけ大きいイメージダウン戦略が完了してしまったのです。

本当に残念ですけども、自民党に政権を任せておけば官僚の皆さんと共に、日本は沈没してしまうでしょう。
もう自民党政権では駄目なんです。

私の言葉とか論破しようと思えばいくらでも論破出来ると思いますが

もう自民党政権では駄目という事と、小沢氏についたイメージダウン戦略の成功、この二つは揺るがないと思います。

本当に残念ですけども、政権交代のためには、小沢氏に身を引いて貰う程、判りやすい解決策は無いと思います。

このままでは民主党は選挙で負けます。

そうしたら今のままドンドン日本は、自民党と官僚によって酷くなって、沈没していくでしょう。

本当に小沢氏には気の毒だし、道理が合わなくても、
ここは民主党が政権を取るために、小沢氏には身を引いて欲しいと思いました。
それが一番判りやすいし、自民党にもダメージを与えられる戦略だと思います。

乱文・長文失礼しました。

2009.04.02 18:12 URL | 橋本 #- [ 編集 ]

別のブログでここの管理人さん、隠れ自民とレッテルはられてましたよw
小沢辞任をすこし書いただけでw
本当に日本のリベラル派というか左翼の人たちは仲が悪いですよね^^;
団結してもすぐばらばらになる
社会党、新進党、民主党・・どれも内輪揉めばっかりしてましたよねw
そういえば安保闘争からの一連の流れもすさまじい内部分裂・内部闘争の流れでしたw
最後は仲間同士で殺しあい・リンチなんてところまでいっちゃいましたしw
リベラル・左翼が一体になるには現在の民主党のように言論封殺ぐらいしないといけないんでしょうねw
でもそれって民主主義と対極の中国共産党みたいな体制ですよねーwww

2009.04.02 18:37 URL | nono #- [ 編集 ]

>その財界が仲介して旧民主党と自由党を合併させましたし(小沢が邪魔ならそんなことする訳ない)。

うーん、小沢が自由党を解党して民主党に合流せざるを得なかった県内の事情は、何度も書いてるんだけど、周知されていないんだなぁ...

こうして小沢神話が勝手に増殖していく。
「誤解され続ける男」あるいは「その誤解を利用する男」小沢一郎なのだった。

2009.04.02 18:37 URL | そにっく #GCA3nAmE [ 編集 ]

おざわ氏
「そうよ。『生活が第一』は選挙の方便ってことよ。
安保・外交は俺様も何とかできるが、反貧困はな~。
多くいただいている身でなかなかモノは言えんだろ。
それでもドサ廻りの旅で苦しむ人々の声を聞いてきたから無視はできん。
幸い我々の仲間は何をなすべきか知っているのが多い。
彼らならできるだろう。
ただし、勝ち組企業の血縁者たる岡田はダメだ!」

2009.04.02 18:59 URL | 観潮楼 #- [ 編集 ]

nonoさん、

前に当ブログのコメント欄で「隠れネオリベ」って言われたことがありますけど、「隠れ自民」っていうのはnonoさん自身ことですね。過去に当ブログにいただいたいくつかのコメントを見れば自明です。今回のコメントも、いわゆる「リベラル・左派系」ブロガーを喧嘩させて、その様子を外から楽しんで眺めようという意図で投稿されたものであることは明らかです。

そんなワケで、nonoさんに対して、これを限りにコメント欄の出入り禁止措置を取ります。今後は投稿いただいても問答無用で削除しますので、悪しからず。

2009.04.02 19:08 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

> いったいいつから、「小沢さんじゃなきゃ官僚支配から脱却できない」という信仰が広まったのか
> 官僚を諸悪の根源としてこれを攻撃するのは、橋下徹好みでもあるが、それ以上に「郵政総選挙」に勝ったコイズミと同じ行き方というべきだろう。

「官僚支配から(の)脱却」なんて現与党議員でも口にするスローガンにすぎません。
官僚との「喧嘩」をメディアを通じて大衆に見せるのでなく、たんに命令によって官僚を使役すること。このあたりまえの「統治」こそが実現されなくてはいけない。この統治の問題をシリアスに考えている議会所属の政治家がそんなにたくさんいますでしょうか? よい政策を考えることができても、いざ権力をもつ立場になったとき、力の行使のしかたがわからず右往左往していてはしかたがない。

たとえば長妻氏なら、彼をよりよい政治家にするためにも「統治」について学ぶ時間が、政権交替後も必要でしょう。
大臣時代に煮え湯を飲まされた菅氏など、この問題を切実に考えざるをえなかった野党議員は実際数えるほどなのではないでしょうか。小沢氏の早合点の大連立騒動も、この統治の知識・経験の不足を自党の政権担当能力の不足と考えてのことだったと想像すれば理解はできます。

なぜ、政府内に入った現与党議員が、行政府の長としての権力を行政機構に対して十全に行使できないのか? 権力の所在は総理大臣および各省庁の大臣に属するのは明白なのに、なぜ行政機構を統治できないのか? このことを主権者はもっと考えるべきです。

たとえ、政策の優先順位の上位に「貧困・失業・格差・新自由主義でずたずたにされたセーフティーネットの張り直し」があったとしても、政府内で充分に働くこと(行政官僚に充分働かせること)ができないのであれば、政権交替の効果はたかがしれていると思います。

2009.04.02 19:12 URL | anton #jFjG/CSQ [ 編集 ]

ズブの素人です。こんな私にでも丁寧な相手をしていただいてありがとうございます。私は社民党支持者です。自民党では政治を変えられないと思ってきました。政権交代がようやく実現しそうというときにこの騒動です。あの立花隆氏までが小沢批判をする。それなのに管理人は立花氏を認めるコメントをする。気がついたら反論の投稿していました。そういえば、管理人は小沢批判にも新自由主義からのものもあると、前々からお書きでしたね。でもでも、素人の私からすると、小沢批判を支持するようなことはなさらないでいただきたい。なぜなら、政権交代のためなのです。交代実現のあかつきには、そのへんのことは淘汰されていくのではと思うのですが。
                                                                                                                 

2009.04.02 19:52 URL | ズブの素人 #- [ 編集 ]

antonさんに同意ですね。
「官僚支配の打破・脱却」というが、それにしては法律的根拠が全くない事務次官会議に支配されていた閣議を問題視する議員って全然いませんよね?
閣議に提出される議案は全て事前に省庁で調整され、事務次官会議で決まったことしか出されない。
つまり、事前に事務次官会議で決定されないと閣議に出されないという、こんな根本的な議会制民主主義・国民による統治が全く機能していない件についての議論は与党ですらない(自分が知る限りでは安倍元首相が一度だけ覆した)。

国民の代表国会議員が官僚に牛耳られている官僚国家から民主国家へ変革することが日本再生であると思います。

(そもそも「官僚支配の打破」から新自由主義・小さな政府・橋下氏のスローガンとの親和性を想起し、心配するものなんでしょうか?自分にはピンっと来ませんでした)

2009.04.02 20:27 URL | 与志 #- [ 編集 ]

>公約違反を座視したら、民主主義はどうなるのですか?

国債圧縮公約を守れず「その程度大したことではない」と大見得を切ったトンデモ首相いましたねえ。
自民党には特に多いですねそういう人は。
森田知事なんぞは定量性も具体性もないデタラメな公約に「マニフェスト」と称する辺り、最初からもう誠意のカケラもないと言うか。
問題でないとは無論言いませんが、小沢氏の一点に限って事大視する理由が判りません。

2009.04.02 20:57 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

私もantonさんのコメントを、感心のあまり三度読み返しました。

まさに「統治のしくみ」この一点を徹底して理解する人物だからこそ、官僚のみならず、官僚内部に寄生し高給を手にしてきたマスコミ諸氏もが、これほどまでに小沢さんを畏怖するわけです。

改めて勉強になりました。

2009.04.02 21:37 URL | #- [ 編集 ]

古寺多見さん、皆さん、こんばんは

検察のリーク情報は秘書が容疑を認めたという検察情報に、秘書の弁護士がそうした事実はないと否定したように、証拠を元にしない嘘と言っても良いものです。
検察のリーク情報をマスコミが垂れ流して、世論誘導し、政治家を追い落とす、これは民主主義国家、法治国家がすることではありません。
中世の魔女狩り、西部劇の集団リンチのようなものです。
法と正義が守れないという、民主主義の根幹に関わる問題です。
それによって誘導された国民世論も偽りです。
不正義を是認したまま進んでも、民主主義国家とはほど遠い、恥ずかしいものです。

新自由主義は小さな政府とするため、官僚を攻撃しているのは、官僚の数を減らしたいだけで、新自由主義の政策を進めるには、高級級官僚との癒着構造は必要なのです。
日本の自民党、中国の共産党も詰まるところは一緒です。
支配層が国の全件を握って、支配層に有利な政策を進める事です。
勿論、新自由主義だって同じことです。
日本では、官僚がトップで、政治家がその下、財界のトップ、マスコミだってその仲間が支配層、いわゆるお上だと思います。
国民が医療、福祉、雇用や教育にお金を使って欲しいと思っても、お上はそれを行いません。
だから、政官財の癒着(お上)を打破しなければならないのです。
国民の意思が反映する政治、公民主権政治こそ、民主主義の実現と思っています。
だからこそ、民主党の言う政治主導が必要なのだと思います。

2009.04.02 23:47 URL | 愛てんぐ #PARia3Ic [ 編集 ]

橋本様ではなく、その主張に一言…

貴投稿者や、このブログに来るような方々のみが、検察とマスコミの不公正を認識していて、多くの有権者はテレビニュースを鵜呑みにしていると言う立場だ。

ならば、ここ(あるいは同主旨他サイト)は、ブログ主の考える真実をまだ知らない人々にも広めていきたいという思いあってのことです。

それは無駄ですか?
一石を投じたかった貴投稿が無意味では無いように、水は必ず波紋を拡げます。
栄華必衰、諸行無常 。
疑問に思うなら遡って百年の歴史を訪ねみて…
64年前のつい先月は、東京の空から爆弾が降りそそいで十万以上の人々が主に焼死。想像も出来ないくらい変わる。

2009.04.03 01:44 URL | #- [ 編集 ]

>(そもそも「官僚支配の打破」から新自由主義・小さな政府・橋下氏のスローガンとの親和性を想起し、心配するものなんでしょうか?自分にはピンっと来ませんでした)

「高度福祉社会は官僚制度の肥大化をもたらす恐れがある」というのが福祉国家(大きな政府)批判の理由としてよく言われることです。
しかし、今の日本で諸悪の根源を官僚支配とする考え方に私が異を唱えるのは、それが経団連をはじめとする財界と癒着した政治こそが貧困を拡大させたという事実から目をそらさせてしまうからなのです。マスコミなどでさかんに行われている官僚叩き・公務員叩きには明らかにその狙いがあると思います。

2009.04.03 02:22 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

>「小沢さんでなきゃ官僚支配から脱却できない」という信仰が広まったのか、私にはよくわからない

田中良紹氏の一連のコラムなどを読んだりすると、そのような「信仰」とまではいかないにしても、代表が小沢氏以外の人になれば、官僚主導政治の打破が骨抜きになってしまうのではないか、と考える人は少なからずいるのだと思います。

ただ、kojitakenさんの昨日のエントリーにコメントした人の多くは
「小沢さんでなきゃ官僚支配から脱却できない」という理由から小沢擁護をしているのではないと私は思います。
そうではなくて、
「官僚サイドが、『民主党政権になったら、官僚主導の予算編成はできなくなる』ことをおそれていることは間違いないだろう。その霞が関全体の思惑が特捜部の捜査目標設定に影響したかどうかはわからないが、官僚が期待している(であろう)通りに小沢氏が代表をやめてしまったら、たとえ政権交代したとしても、民主党がめざす政治主導の予算編成などできるはずがない」
という考えを根底に持つ人が多いのではないかと想像しています。
(もし談合罪やあっせん利得処罰法での立件であったのであれば、小沢氏は自ら代表を辞任したでしょうし、民主党議員および民主党支持者は、小沢氏抜きでの官僚主導政治の打破を遂行する覚悟を決めるしかなかったと思います。そういう意味では「小沢氏がいなくても官僚支配から脱却する」ことは可能と考えなければならないとも思います。逆説的ですが)

話を戻して、「政治主導の予算編成ができない」ということは、従来通り、各省庁の概算要求を積み上げただけの予算ができ上がることになります。それは、「貧困・失業・格差」対策などは申し訳程度にしか考慮されない予算が繰り返されるということを意味するのではないでしょうか。

なお私の立場は、
「代表が小沢氏だろうがその他の誰になろうが、『企業献金禁止』(全面禁止か条件付きかは議論の余地があると思っていますが)を民主党が主導できない限り、次期総選挙での民主党の勝利は望めない」
です。
菅直人氏のweb siteに、
http://www.n-kan.jp/2009/04/post-1893.php
民主党の4月反転攻勢作戦を立案中。3大テーマがある。
一つは政治資金問題。税金の無駄遣いを根絶するという民主党の基本方針に矛盾する政治献金を禁止することだ。具体的には税金による公共調達を1億円以上受注している企業からの政治献金禁止。税金からの補助を受けている団体からの政治献金の禁止。加えて個人献金の拡大のため年額10万円までの個人献金についての全額税額控除の導入。こうしたことが考えられる。
ーーー引用以上ーーー
と、「全面禁止」ではないがこれまでの菅氏の持論を改めて述べています。
これを見て少しは安堵しましたがこの姿勢をもっと有権者にアピールしないと、特に無党派層の離反を食い止めることはできないでしょう。
(もちろん二番目に「景気雇用対策を検討中」とあるのも、やってもらわねばならない重要事項ですから検討していて当然ではありますが少し安心しました。)

誤解のないように書き添えますと、「貧困・失業・格差」対策を本気でやるためには、「過半数をわずかに越えるような勝利」ではダメでしょう。すぐさま政界再編につながりかねません。理想的には2010年も参院選も勝利して政権基盤を盤石にしつつ最低3回の予算編成を民主党主導で行わなければ、小泉・竹中カイカク路線によってボロボロになった日本を立て直すことはできないと考えるからです。
そうであれば、無党派層の離反を少しでも食い止めるために、失われた不信感を回復するための手段を講じなければなりません。その最低限の条件が、『企業献金禁止』だと私は考えています。

2009.04.03 03:05 URL | sweden1901 #SVqLzQOU [ 編集 ]

菅直人氏は近年では、政権側の立場で官僚の隠蔽体質に抗して成果を上げた唯一の大臣であると高く評価しています。菅氏でなかったら、エイズ問題が曲がりなりにも解決しなかったでしょう。もちろん、カイワレ問題では、多少がっかりしましたが、それでもずっと注目してきました。ですから、「年金未納問題」では、自民党の大臣連中が辞めるまでは、絶対に代表を辞めるべきではないと思っていた。あの酔いどれ中川(当時の経済産業相)など、21年間ずっと未納であった。他にも麻生太郎総務相(当時)、石破茂防衛庁長官(当時)も未納であった。結局、厚生省のにっくき敵である菅さんは、その厚生省に嵌められたのです。

話は変わりますが、3月30日に自民党が追加経済対策としてまとめた中間報告を読みましたか。酷いものです。例えば、「スギ300万本伐採で花粉症も雇用も対策」です。

「食料自給率向上や自然環境保全策としては、首都圏近郊のスギの年100万本(3年で300万本)伐採」ということですが、馬鹿馬鹿しくて話にもなりません。

ずっと昔の中学生の頃、私は祖父とともに伐採された山に入り、植林の手伝いをした。下草を刈り、土砂崩れの防止のための足場作りをした。その頃の経験も踏まえて、

(1) 年間100万本もの杉を伐採したら、大雨の時には各地で土砂崩れが多発する。林業は何十年というスパンで考えなければいけない産業であって、付け焼刃な対策ではどうにもならない。治水対策から信じられない政策である。
(2) (1) と関連するが、傾斜が急な山間地の多い日本で、どこでも木を伐採できると思ったら、大間違い。
(3) 何十年もかけて、広葉樹林から杉にかえてきた失政であり、やはり木のスパンにあわせて、何十年かかけて広葉樹林にかえていくことが必要。
(4) 失業対策、林業対策、スギ花粉症対策をごっちゃにして全く焦点が見えない。
(5) 年間100万本の伐採した杉をどう処理するのか。
(6) 植林はともかく、伐採は危険が伴い、林業に対して意欲的で体力がある人しか務まらない。現状でも林業従事者の給料はやすいのに、厚遇で雇う企業や自治体があるとでも考えているのか。安定した給与を最低10年ぐらい保証する覚悟は自民党にあるのか。

予算の裏付けがないと批判したマスコミも、もっと本質的な点を指摘しろ、といいたい。こんな荒唐無稽な追加経済対策しか立てられない自民党とは、どんな政党だ。政策立案能力はマイナス。バックに官僚がいるとしたら、その官僚の無能さに呆れるばかりだ。やはり、自民党は政権からお引取りくださいといいたい。もちろん、民主党でも駄目かもしれないが、自民党で座して死を待つよりは、少しは可能性はあるでしょう。森田実氏は「政権交代への過剰な期待は危険である」と書いているようですが、全くわかっていない。民主党に過剰な期待をしているのではなく、自公政権はもはや、全く統治能力もなく、存在そのものが罪悪であるから、政権交代が必要なのです。

2009.04.03 05:51 URL | 負け組みの矜持 #- [ 編集 ]

無記名さんへ

コメントを削除してほしいとのことですが、無記名のコメントだし、全然削除する必要のない内容だと思いますので、そのまま掲載することにします。

2009.04.03 08:01 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ぽむさんへ

補足有り難うございます。
どうも勉強が足りずに官僚批判についてマスコミの二面性と弊害を忘れていました。昨今の勝ち組エリート大手メディアの業績悪化を考えれば彼らの主張に裏もありますね。
政党の統治能力の問題ばかり考えてしまいました。

2009.04.03 16:51 URL | 与志 #- [ 編集 ]

「小沢氏の一点に限って事大視する理由」
「「その程度大したことではない」と大見得を切ったトンデモ首相いましたねえ」
私はまさにその点を批判しているのですよ。これでは、トンデモ首相と同レベルのトンデモ野党代表ではないですか。せめて秘書逮捕された時点で速やかに潔く辞任して「私は貴方とは違うんです!」みたいに言えばよかったのに。あるいは、党として厳しい処分を決めればよかったのに。どうしてトンデモ相手と瓜二つの見苦しい対応をするのですか。「自民党と同じなんだから見苦しい対応ではない」とでも言うのですか。同レベルだったら目糞鼻糞でしょう。そんなザマで議会制民主主義がどうだのこうだの言っても全く空々しいですよ。

2009.04.03 17:18 URL | Black Joker #RtNpiJ3M [ 編集 ]

今までの議論を興味深く拝見しました。
小沢代表が辞任することは、世論的には分かりやすいですよね。総選挙へのダメージも少なくなるかもしれません。

私は小沢代表の続投を支持しています。 理由としては…
(1)政策通はかなり多くいますが、小沢代表と同じくらい選挙を勝利に導ける選挙の鬼がいないと思われること。
(2)官僚制を改革を考える際に、それなりの重みと見識を持った人物でなければ、 官僚の協力を得られないこと。
(3)偽メール問題で崩壊寸前だった党を見事に立て直した功績を考えると、小沢代表を最後まで支えて、国民の理解を求める方が人の道に反しないのではないかと思うこと。

偽メール問題以降、小沢代表に頼りきった体質の方がおおいに批判されなければいけないと考えます。長妻氏や山井氏などの若手のホープは、 小沢代表から学べる点は全て吸収して欲しいですね。
私は、次々回の総選挙で小沢代表は引退されると予想しています。

2009.04.03 22:14 URL | 葉隠 #CRmGiUQU [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/879-e58db803