きまぐれな日々

昨日(23日)放送された政治お笑い番組『TVタックル』などを見ていると、やはり中川昭一が酩酊状態で記者会見に臨むのは常態だったようだ。もはや、どんなに隠蔽しようとしても真実は明らかだ。

中川(酒)と麻布高校の同窓生である官僚がソムリエの資格を持っているとかいって、だから中川に酒を飲ませた官僚が悪いと責任転嫁するむきもあるが、常識的に考えて、G7などの大仕事の場で酩酊状態で会議および会見に臨む人間は、民間企業だったら解雇されてしまうだろう。中川(酒)の醜態に弁護の余地などない。

ロシアの故エリツィン大統領は、中川(酒)の上をいく酒乱だったが、それがなぜ許されたかというと最高権力者だったからだ。そして、1993?94年の一時期を除いて、戦後半世紀以上も続いてきた自民党政権も、いつしか世襲政治家の王国と化した。一昨年、堺屋太一が当時の安倍晋三内閣の弱点を「ベルサイユ化」にあると評したが(2007年8月18日付当ブログエントリ「「ベルサイユのバカ」と化したアベシンゾー」参照)、その指摘は福田康夫にも麻生太郎にも、そして中川昭一にも当てはまる。今の自民党は「ベルサイユのバカ」だらけだと言っても過言ではない。中川(酒)は、ベルサイユ宮殿の住人だったから、これまで酒の上の粗相が許されてきたのだが、いまやフランス革命前夜にもなぞらえても良いくらい社会が混乱している。だから、これまで許されてきたことが許されなくなってきたのだ。

それにしても、毎日新聞が11%、日本テレビが9.7%の内閣支持率を出したというのに、麻生太郎首相はなお意気軒昂だ。止せばいいのに、オバマに会いに行く。死に体内閣の総理大臣が、どうせ尻拭いは次の政権がやるからと、無理な注文にほいほい同意してまた国益を損ねるのではないかとしか思えないのだが、麻生はどこ吹く風である。

今朝(24日)の朝日新聞に、テレビでおなじみの星浩編集委員がコラムを書いているが、麻生首相の意識と民意に隔たりがあり、麻生は、やれ中国の胡錦濤と会談した時外務省の用意した文書など読まずに自分の意見を述べただの、世界は「外交の麻生」を評価しているだのと言っているらしいが、国民の不信感との乖離は大きく、政権の破局は遠くないだろうとのことだ。

星浩の言うことは、年明け早々国会で政局になるだろうと予想して外すなど、あまりあてにはならないが、麻生が自己の力を過信しているとの評価には同意する。『TVタックル』でも誰だったか同じことを言っていた。それもこれも、麻生の周りにいるのが、政権運営に行き詰って簡単に政権を投げ出す前職および元職の総理大臣や、アル中で酔っ払って記者会見をするのが当たり前の財務大臣だとか、そんなやつばかりだから、自分が偉く思えるのだろう。

そして、そんな政治家たちを甘やかしてきたというより癒着してきたのが新聞記者たちである。読売新聞の越前谷知子は、いったい何をしにローマに行ったのか。なぜ読売新聞は、ウェブのコンテンツから越前谷記者に関する記述を消したのか。また、朝日新聞の曽我豪は、麻生太郎が昨年の『文藝春秋』11月号に寄せた手記を書いたと言われているが、それは本当か。本当なら、なぜそんなことをしたのか。新聞社は麻生内閣支持率を調査するが、新聞社の支持率も調査してみるが良い。おそらく、どの新聞社も麻生内閣をさらに下回るような支持率しか得られないはずだ。ただ、自紙の読者に調査対象を限れば、産経新聞の支持率だけは高率になるだろうけれど。あれは『聖教新聞』と同じようなもので、産経イデオロギーの信者が読む新聞だ。

そして、ネットに蔓延する陰謀論、やれ官僚と読売新聞が「愛国者」たる中川昭一や麻生太郎を陥れたのだとするネット右翼や、いやそうではない、「ユダヤ金融権力」のしわざだとする一部左翼の陰謀論も、とどのつまりは中川昭一や麻生太郎ら腐敗した政治家たちを利するものでしかない。陰謀論について私が言いたいことは、2007年12月23日付エントリ「ネットに横行する「トンデモ」や「陰謀論」を批判する」に書いたとおりであって、それに付け加えるものは何もない。「水からの伝言」は誰にでもわかるインチキだし、アメリカの気象兵器だか地震兵器だかが新潟県の大地震を引き起こした、などと言っても信用する人などd誰もいないが、官僚と読売新聞の記者が中川昭一を陥れようとした、などと言われると信用する人が多いことには驚くばかりだ。

そこまでして、日本の腐敗した政治家たちを甘やかしたいのか。彼らが日本の経済や社会をどん底に突き落とすのに手を貸したいのか。私は怒りを抑えることができない。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

kojitaken様
TVタックルでも、そこそこはやっていましたね。下記はネットで見た青山繁晴氏の関西の番組のよう(1/3、2/3、33)
最後に謀略論を戒めています。

http://www.youtube.com/watch?v=pVHPheQH6DI&eurl=http://ohmyfuse.com/article.php/20090223130406249

2009.02.24 07:37 URL | 散策 #- [ 編集 ]

陰謀論にはあり得るものと、でっち上げや誤解による誤ったものがあるということです。
権力と金力という、人間の最大の欲望を得るためには、裏カルテル、買収や脅迫、暗殺もありうるでしょう。
イスラエル建国ひとつとっても、だれが、どこで決定し、どうして協力したのか?
たいして物産もないあの国が、どうして核も含む最新鋭の軍事力と傍若無人な侵略を許されるのか?
どうして米英は放任するのか?
陰謀論をすべて否定したら、政治は語れないでしょうね。

2009.02.24 09:05 URL | cube #- [ 編集 ]


ところで、小沢政権ではどのよう内閣になるのでしょうか?

総理  小沢一郎
官房長官 鈴木宗男
財務大臣 植草一秀
外務大臣 田中真紀子
防衛大臣 田母神俊雄
拉致問題担当大臣 佐藤優
郵貯・かんぽ担当大臣 亀井静香
オリンピック誘致大臣 田中康夫
(敬称略)

かなり期待できるかも知れない。
少なくとも国民の怒りに火と油を注ぐことはないでしょう。
百年に一度の政権交代ですから。

########
参考:
植草一秀の『知られざる真実』
麻生おろしの「どす黒い動機」と確認すべき三事実
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
########


2009.02.24 11:36 URL | 一国民 #wr80fq92 [ 編集 ]

「陰謀論」云々については、こちらのエントリでもコメントさせて頂いたのですが、レスは頂けませんでしたね。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-844.html#comment_head

今回のケースについては、個人的には陰謀があったとは正直思えないですが、現にマスコミの一部が動き、またクサイ要素がこれだけ出ている以上、あらゆる可能性を排除すべきではないと思いますが、どうでしょう。

2009.02.24 12:47 URL | bcc #- [ 編集 ]

 kojitakenさんは筋の通った知識人で、とても参考になるのですが、陰謀論への過剰な警戒や、誰彼のサイトを一刀両断に党派別に色分けしてしまうのが欠点と思います。
 もちろん、眉唾な陰謀論は、眉唾な投資話と同様、世に非常に多いと思います。明瞭な根拠や証拠が残ってないから「陰謀」なのであって、いっぱしのアカデミズムでは当然無視するでしょうね。
 しかし、全体の趨勢から、「あってもおかしくない話」というのはやはり存在するし、もしかしたらそうかもしれないとも思うべきでしょう。
 鳩山邦夫も、かんぽの宿問題を出来レースと思ったのは「最初はカン」であり、郵政民営化採決当時も米資本の陰謀だとか、人から散々言われたが、それはないだろうと疑わなかったと言っています。

http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-e9ad.html

2009.02.24 16:06 URL | cube #- [ 編集 ]

 ベルサイユに巣くって飲んでいたのは単なるコンパニオンや幇間でしょう。しかし、彼らに給料払ってベルサイユに送り出したのは、汐留タワーの陰謀好き爺様達ですから、火の無いところに煙は立たず。
 労働者を使い捨てるのは車屋コピー機屋だけでなく、新聞屋テレビ屋も同じ。ご用心!

 元総理モスクワ造反劇の脇にいた車屋ご隠居の写真が、急に消えましたね。フーシェ氏担ぎ出しでアンシャンレジームが手打ちしたか?
 でも、フーシェ氏、2か月で追放されたんですよね。こちらも、ご用心!

2009.02.24 19:43 URL | 三日天下 #- [ 編集 ]

政治的なウラを推定する蓋然性はある場合もあるでしょう。
でも、安っぽい陰謀論に逃避している人々を貶していけない理由には全然ならないのでは。

2009.02.24 21:06 URL | Gl17 #EBUSheBA [ 編集 ]

kojitaken様
一応、週刊朝日も買いました。「妻に似た記者を連続で”指名”か」という項名で、並みいる記者団の中で唯一の「ご指名」とは、よほどの「お気に入り」だったのだろう、と書いています。だだ、「永田町も、この話で持ちきりですよ。マスコミと財務省が中川さんをハメたという説から、『小泉元首相の仕掛けだった』なんて説までまことしやかにささやかれている」(永田町関係者)とも書いていますので、ひとりネットだけの話題ではなかったようです。
kojitaken様 が前エントリで書かれたように、「面白い会見になるわよ」という2ちゃんのカキコミが、情報が十分出てきていない状態では、とても関心をひいたのは事実だと思います。
ヤメ蚊先生が、読売新聞は検証委員会を立ち上げないのか?と書かれていますが、それも一つの方法かとは思います。

2009.02.24 22:12 URL | 散策 #TY.N/4k. [ 編集 ]

さけ「タックルでは『かわいそう』なんて言うお人好しがいて嬉しくなったぞ。
ただ、今は来るべき政権奪還に向けて一回休み中だから、
陰謀うんぬんで賛美されても有難迷惑なんだな。
さて、その時に向けて一献やるか。」

2009.02.25 01:26 URL | 観潮楼 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/852-5cb1bbec