きまぐれな日々

AbEndというか、トラックバック・ピープルの威力はほんとにすさまじくて、今日も、ハムニダ薫さんの資料的価値の高い記事や、最近絶好調の美爾依さんのパロディ・フラッシュの紹介記事などがあり、深夜に帰宅したあとさらに夜更かししています。

その中でも、ヘンリー・オーツさんの「日本のテレビは政府推薦合法的麻薬だ!」で紹介されている「バラエティ番組に出演している安倍晋三」の動画には、やはり触れておかないわけにはいかないと思います。

覚悟しながら見たのですが、やはり頭に血が昇ってしまいました。さんまは好きでも嫌いでもない芸人でしたが、これを見ていきなり大嫌いになりました。

いったいこんな番組を作った局はどこだと思って調べたら、案の定フジテレビでした。私はフジテレビと日本テレビは原則として見ないことにしているので、こんな番組は知らなかったのですが、バラエティ番組でここまで露骨に「次期総理大臣候補」にゴマをすっているとは。皮肉でなく本来の意味で安倍が「サワヤカ」と言われている映像を見たのは、これが初めてです(普段、安倍が出る番組を自発的に見ることはないので)。

問題は、こういう番組を見た人と、インターネットで流れている「統一協会主催合同結婚式に祝電を送る安倍晋三」の動画を見た人の数の差です。フジの番組の視聴率がどのくらいだったかは知りませんが(知りたくもありませんが)、後者のビューカウントは12万強です。先週の月曜日、「FLASH」に記事が載り、「きっこの日記」にリンクが張られた日、それまで1万カウント程度だったのがいきなり10万を超えたのですが、その後は微増にとどまっています。

一方、テレビの視聴率が何パーセントだったら国民のどれくらいが見たことになるのか、などという計算はしたくもありません。要は、残念ながら現状では電波媒体を制圧している安倍の優勢に変わりはない、ということです。

そんな圧倒的な力を持つ敵に対抗して、AbEndを成功させるためには、ゲリラ戦で行くしかないと思っています。まだブログ歴2ヵ月半の私が偉そうに言える筋合いはないのですが、こういう運動は中央集権的な運営にはなじまなくて、インターネットの特性、トラックバックの特性を活かすためには、網の目を広げていくしかない、誰か強力なリーダーや有名人などに期待するような戦法では勝ち目がないように思います。

それと、ブログを始めてみて思い知ったのですが、私もウンチクを垂れたがる傾向の強い人間です。でも、そんなのには何の意味もなくて、一番大事なのは実行力だと。それを、多くの方々に教えていただいたように思います。

それなら具体的にどうするのが最適な方法なのかとか、果たしておまえはいま行動していると言えるのかなどと言われれば、答えに窮してしまうところではありますが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

kojitakenさん、
お仕事お忙しいでしょうから、あまり無理なさらないで下さいね。kojitakenさんはもうすでにAbEndのTBを広げるために、いろいろな方に声をかけて活動してくださってます。こういった地道な活動がTBの輪を広げることになり、結果的には、安倍の出馬見送りへと繫がるのだと思います。

ただ、ご自分の生活も大切になさってくださいね。

2006.06.27 05:59 URL | 美爾依 #- [ 編集 ]

美爾依さん
Thank you very much!

2006.06.27 07:10 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/78-eb73d6de