きまぐれな日々

渡辺秀央らがぶち上げた新党「改革クラブ」は、姫井由美子の離脱によって、政治資金規正法上の政党要件である「国会議員5人以上」を満たすことができなくなり、立ち上げ早々宙に浮く形となった。

「J-CASTニュース」は、テレビ朝日のワイドショーで同局の解説委員が、姫井氏が誘いを受けた背景として、 「自分の後ろ盾として、同じ出身の平沼(赳夫衆議院議員)さんに近寄り、『平沼新党』に合流したい、という思惑がある」と解説したと伝えている。平沼赳夫の関与は、テレビでも取り沙汰されていたようだ。

「改革クラブ」という、新自由主義者(ネオリベ)がつけそうな名前がついている新党だが、参加を表明した4人は、新自由主義者というより国家主義的な新保守主義者(ネオコン)である。自民党からの働きかけがあったと言われているが、現在の自民党執行部の中心を占める「旧保守」ではなく、保守の中でも特に右寄りの、私の用語でいえば「極右」にあたる人たちである。

一人一人見ていくと、渡辺秀央は拓殖大学を卒業して中曽根康弘の秘書を務めた経歴がある。大江康弘は、関西では超金持ちで低学力の学生が行くことで有名な芦屋大学を卒業して、同郷(和歌山県)の民族派右翼議員として知られていた故玉置和郎の秘書を務めた。日本会議国会議員懇談会にも加盟している。荒井広幸は、自民党を離党(のち除名)され、田中康夫を代表に立てて新党日本を結成したが、一昨年の首班指名で安倍晋三に投票する愚挙を犯したため、国民新党から統一会派を解除されたうえ、のちには田中康夫とも対立して無所属になった。松下新平には、派手な活躍はないが、「しんぶん赤旗」が報じるところによると、靖国神社の戦争博物館・遊就館で8月中の企画として上映されている映画「南京の真実」(「南京大虐殺」はなかったと主張する戦争美化映画)の「製作委員会賛同者」リストに、平沼赳夫、稲田朋美、松原仁、西村眞吾、それに前述の大江康弘らとともに名を連ねている。また、大江康弘同様、日本会議国会議員懇談会に加盟している。いずれもそうそうたる極右議員だ。

ここで注目されるのは、荒井広幸が自民党を除名された人物であることだ。マスコミは、4人全員が自民党とのかかわりが深い、だから自民党の手引きで行動したのだろうと推測するのだが、私は極右の巨魁・平沼赳夫が彼らに手を回して新党を結成させ、平沼が次期衆院選候補者を集めて結成をもくろんでいる新党に対応する参院側の政党として位置づける狙いがあったのではないかと想像している。

姫井由美子だけはこの4人と異質だが、姫井は岡山県選出の参議院議員である。これで平沼との結びつきが頭に浮かばないほうがどうかしていると私などは思うのだが、それは私が岡山から瀬戸内海をはさんで対岸に位置する香川県に住んでいて、両県は民放テレビの放送エリアを共有しているために岡山のニュースに接する機会が多いせいに過ぎないのだろうか?

前記「J-CASTニュース」によると、姫井が同郷の大政治家である平沼に接近しようとしたというのだが、私の見方は違う。総理大臣の座を狙う政治的野心からいっても、政治家としての残り時間からいっても、平沼の方から姫井に誘いをかけたと見る方がずっと自然だろう。

しかし、土壇場の姫井の変心で、新党は宙に浮いてしまった。渡辺秀央と大江康弘は、もともと「反小沢一郎」の急先鋒のような人たちだったから、彼らは赤っ恥をかかされたことになる。それとともに、「改革クラブ」が平沼新党の参院側パーティーになった場合、「改革クラブ」は小沢一郎に刃向かう勢力という位置づけになるから、平沼新党と国民新党がブリッジとなって自民党(コイズミ一派を除く)と民主党(社民主義勢力を除く)で連立した「大連立」ならぬ「中連立」政権を樹立して、自らが総理大臣に就任しようという平沼赳夫の野望(私はそんなところではないかと想像している)は、実現が極めて難しくなった。

少し前からうすうすと感じていたのだが、小沢一郎は平沼赳夫と組もうとは思っていない。平沼と組みたいのは、むしろ国民新党の方だろうが、これには社民党の強い反対が予想される。それでも、社民党を連立から除くのは、かつての細川?羽田内閣時代の小沢一郎の所業を思い出せば大いにありうる話だが、当時と今で違うのは、民主党内で小沢は旧社会党の人たちと親密だということだ。だから、民主党、国民新党、平沼新党の三党連立も考えにくい情勢だ。

今回のドタバタ劇で、平沼新党の結成自体が遠のいたように思う。

自民党は、福田改造内閣発足に伴う人事で、「カイカク離れ」色を強めた。森喜朗は、郵政民営化を含むコイズミカイカクの見直し・再評価を明言した。

それなら、いつまでも平沼赳夫一派を放逐しておく必要もないはずだ。改造内閣人事は、コイズミチルドレンに冷たく、極右に優しいものだった。自民党は、民主党との提携が難しくなった平沼赳夫たちに復党してもらってはどうだろうか。

城内実には、静岡7区で自民党の公認候補になってもらって、民主党の斉木武志と戦う。この対戦なら、当ブログとしてはまことに残念ながら、城内が圧倒的に有利だろう。静岡7区にいては当選の見込みが全くないコイズミチルドレンの片山さつきには、佐藤ゆかり同様首都圏に回ってもらってチャンスを与える。

当然、岡山3区は平沼赳夫を自民党公認で立て、民主党は対立候補を立てる。現状では自民党候補と極右の一騎打ちになってしまい、これでは有権者に示される選択肢が右に偏り過ぎる。

各政治家の政治思想および経済政策の立ち位置からいっても、これがいちばんすっきりした形だと思うのだが、いかがだろうか。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・民主党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党および民主党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

一生懸命小沢に好意的に書いてるような印象を受けるけど、当時の社会党の存在感と、今の「社民系」のそれとは全然意味が違うんだから。なんだか無用に具体的な政策とは離れた「路線」「思想信条」みたいなもののゲームが、このブログ主はお好きなようだけど、そんなことどうでもいいんじゃなかろうか。ネオリベだの極右だの、言葉が躍ってるけど漠然とした印象で使ってるでしょう。経済政策も福祉か、市場原理主義か、みたいな雑な話しか出来ない。政治は知的な営み。スポーツ観戦みたいな感覚でブログを書くのはやめましょう。

ところで小沢は「次の総選挙が、民主党にとって政権交代最後のチャンス」などとのたまって、岡田氏から批判されている。ようするに小沢にとって民主党などどうでもいいの。大連立騒動を過ぎてもなお、左派を自認する連中が小沢に好意的なのを見ていると、馬鹿さ加減に呆れてくる。やれやれ、自・エンドなんていってるうちに、小沢も続投、福田は辞任で総選挙は麻生VS小沢の闘いになりそうだよ。政権はまたタカ派路線に舞い戻りですかい?

2008.09.02 04:05 URL | とんれさっぷ #mQop/nM. [ 編集 ]

とんれさっぷさん、

いつも鍵コメをいただいている方だと思うんですが、ご高説どうもありがとう。
不思議に思うんだけれど、予算編成をはじめとした政策通で、政策の具体的な中身について言いたいことがたくさんあるらしいあなたが、どうしてブログなりを開設してご高説を大々的に公表しないのでしょうか?
内容があって読者に説得力のあるブログだったら、日に数万のアクセスだって得られるでしょうし、そのエントリを当ブログにTBしてくりゃいいじゃん。

なんでそうしないの?

2008.09.02 06:37 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/722-2bf0cd3d