きまぐれな日々

昨日(5月28日)、当地は早くも梅雨入りした。5月の梅雨入りはあまり記憶にないが、先週土曜日の雨を境に空気が変わって、じめじめと湿った不快な気候になっていた。

‥‥そんなワケで、このところのいわゆる「リベラル・左派系」のブログも四分五裂の状態だ。

3年前に 「きっこの日記」 に夢中になった当ブログ管理人が、初めてインターネットにおける議論の 「フレーム」 を目撃したのは、もう18年も前のことだ。その頃はまだwwwなんかなかった。インターネットといっても、テキストベースの電子メールとネットニュースが中心だった。そのネットニュースで、インターネットにおける議論が 「フレーム」 を生じやすいことを知った。ネットニュースにおいては匿名が認められておらず、参加者は実名を出して議論の相手をアホ、バカと罵倒していた。あれを初めて見た時はカルチャーショックだった。当時の私はその議論には加わらず、インターネットの利用はもっぱら電子メールとソフトウェアのダウンロードに限っていた。だが、当時からインターネットで議論を行っていた人たちは、「炎上」を回避してネットでの議論から成果を得るための技法を磨いていったようだ。

同じ頃、パソコン通信も普及し始めていたが、私はあまり利用しなかった。パソコン通信の議論でもよくフレームが生じたようだが、それらに対しては、ネットニュースでのフレームの劣化版という印象を受けた。

個人でインターネットをやるようになったのは1997年のことである。掲示板での議論でも、やはりフレームが頻発したが、前記パソコン通信におけるフレームと同様の印象を持った。

ウェブログ(ブログ)が流行り出したのは4年くらい前だろうか。「政治ブログ」が目立つようになったのは3年前頃だった。当時はコイズミ支持派のブログが多かったが、反コイズミを掲げたブログ運動も始まった。後者についてはさまざまな毀誉褒貶があるが、その歴史的意義は認めておかねばならないと思う。

リベラル・左派系のブログ言論の全貌など、当ブログ管理人には知りようもないが、「トラックバック・ピープル」を利用していた人たちの一部を中心としたブログ言論には、一つ不思議な特徴があった。

それは、必要以上に議論を嫌い、異論に対して強い同調圧力をかけることだ。

これは、正月以来の「水からの伝言」騒動の最大のポイントであったと当ブログは考えている。

当ブログの読者の間では、「水からの伝言」騒動の記事は不人気で、当初の頃(1月)を除いて、この題材を取り上げた記事はアクセス数も「ブログ拍手」も少ないのだが、そこにはどうしても看過できないものがあるので、あえて書き続ける。

20年近く前のネットニュースでの議論において、同調圧力はなかったかというと、そんなことはなかった。当時から「レッテル張り」はあったし、それは対立する2つまたはそれ以上の陣営のフレームの火に油を注いだ。だが、それと今回のケースが異なるのは、「本来団結すべき両陣営が喧嘩をしてはならない」、「リベラル・左派は分裂してはならない」、「真の敵を見失ってはならない」などといって、論争を収拾しようとする人たちが少なからず現れたことだ。それは、結果として同調圧力を強める方向へと働いたが、今回の陣営で強く同調圧力を求めた側が、議論においてかなり早い段階から劣勢になっていたこともあり、事態を収拾させることはできなかった。

この論争は、古くからネットにおける議論の技法を磨いてきた人たちにとっても違和感が強かったようで、そちらからの批判もこのところずいぶん目立つようになったが、そちらの世界にあとから入ってきた人たちの中には、スキルの高くない人もいて、やたらと長文を書く上、「落としどころ」や「手打ち」に言及するなどのベタな政治的発言を繰り返し、あげくの果てに論理が破綻している文章を書く人までいたのには、それこそビックル一気飲みだった。だが、ビックルどころかビッギーを飲んでしまったのは、そういう人を、議論のスキルを磨いてきたはずの人が庇って、対立する論陣を張っている人たちに対して感情的な批評を加えたことである。

文芸批評の領域では、「印象批評」は現在では通用しないと聞いている。同様に、古くからインターネットにおける議論のスキルを磨いてきた人たちにとっては、印象批評はご法度のはずだ、そう私は考えていた。ひとたび印象批評をやったら、「根拠を示せ」と突っ込まれるのが普通だ。ところが、今回アカデミズム側にいるある方に、「あなたのやっているのは印象批評だ」と指摘したら、「私は印象で書いている」と返されてしまった。これには、「膝カックン」だった。ひとたび確立したはずの、アカデミズムの世界の人たちの「ネットにおける議論のスキル」というのももしかしたら形骸化してしまっているのではないか、そんな「印象」(笑)を受けたのである。

そもそも私は、自然言語の性質上、書き手の人格と書かれたテキストを切り離すことはできないと考えている。「書かれていないことを勝手に読み取ってはならない」というのはその通りで、今回の騒動においては、政治批判ブログ系の「水からの伝言」批判派は、「共感派」の周辺に群がる有象無象の人たちによって、勝手に「解同」や「連合赤軍」や「ソーカルト」にでっち上げられた。これは、「共感派」の周辺には、平気で「書かれていないことを勝手に読み取る」人たちが多数いることを示している。だが、人間を切り離しての議論などできない、それが「政治批判系」の「水伝」批判派の何人かの主張だし、それには当ブログも賛成だ。

しかし、アカデミズム系の人たちの間では「属人的な議論」はタブーらしくて、政治批判系のブログでは「属人的な議論をしている(から程度が低い)」というのが、アカデミズム系の人たちの一部からなされた批判だった。しかし、この主張の急先鋒に立っていた人が、前記のように政治的発言を連発していて、論理もうまく操れず、それなのにその人を、議論のスキルに熟達しているはずの人が感情的になって庇い立て、対立論者を印象批評で批判した。この状況を見ていて、「なんだかなぁ」と思って考え込んでしまったのである。

やはり、人間のあり方、コミュニケーションのあり方というのは、十年や二十年程度では変わらないもののようだ。あちら側では、「十数年前の 『fj』 の議論を思い出す」とか、「今の人は『fj』なんか知らないからなあ」などと言っているが、前者についてはこちらも同じ思いであり、後者については、「fjを経験してきた私たちは、(政治系ブログの人たちなんかと比べて)一段上のステージに達しているんだ」という自負を感じた。だが、本当にそうか。これからは、「メタモヒカン」の視点が必要になるんじゃないかと思った。そういえば、20年近く前に「fj」で起きた「差別用語論争」でも、1年後に再燃した時にはメタな視点からの議論がなされ、数年後には静かにかつてのテーゼが否定され、「差別用語」に関して「文脈を無視した議論は無意味だ」という主張がなされ、それに対する目立った反論はなかった。

当時の「fj」の方言では、「反論がなければ合意」だったはずだ。もっともそんなことを主張していたのは約1名だけだったが(笑)。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

>fjを経験してきた私たちは、(政治系ブログの人たちなんかと比べて)一段上のステージに達しているんだ」という自負を感じた。

 この部分が事実誤認だから(∵ステージといったものは存在しないし上下と呼べるものもない)、

>だが、本当にそうか。

 の問いは意味がないと思う。

 水伝を安易に信じることの是非を論じるという範囲で閉じる筈の議論が閉じていない上に終わらないのは
・書かれていないことを(双方が)読む
・論を個人に引き寄せて(双方が)解釈する
といったことを続けているからだろうという話をしただけで。

 で、ちょっと教えていただきたいのですけど。

>だが、人間を切り離しての議論などできない、それが「政治批判系」の「水伝」批判派の何人かの主張だし、それには当ブログも賛成だ。

 なぜ、この制約条件をわざわざ課すんですか?人間を切り離した方が議論は自由になると思うのですが。この制約条件を課した場合に得られるメリットは何ですか?
 普段、ニセ科学批判をしている側から見ると、さっさと終わる筈の水伝騒動が、こちらでは元の水伝を離れて延々続いていて、しかも議論している対象への理解が深まったという形跡もないのを見ると、人間を切り離さない議論をする利点が見当たらないのですが。

2008.05.29 14:32 URL | apj #- [ 編集 ]

「それは、必要以上に議論を嫌い、異論に対して強い同調圧力をかけることだ。」

私は、たんぽぽさんに質問しているだけで、ブログ主の玄倉川さんに質問を中止されました。玄倉川さんのブログの記事に関係すること、ブログでのたんぽぽさんのコメント対しての質問なのに。
この件に関してのkojitakenさんの考えを聞かせてください。たんぽぽさんに同調している人々での、相互批判はできているのか?質問さえなされていない?
私も「反論がなければ合意」に同意です。それでは。

2008.05.29 15:55 URL | ぐら虫 #- [ 編集 ]

>ぐら虫さん
「玄倉川さんのブログの記事に関係すること、ブログでのたんぽぽさんのコメント対しての質問なのに。」
私には「記事に関係する」とは思えませんでした。意味のある議論になると期待できないので中止をお願いしました。
たんぽぽさんに質問したければ、ご本人のブログで聞くことが可能なのですから、よそで「間借り」するよりは直接乗り込んでいったほうがいいでしょう。あとはたんぽぽさんの対応しだいです。仮に(ぶいっちゃん氏がたんぽぽさんにしたように)適当にあしらわれたら、ご自分でブログを作って批判すればいいのです。
何も「コメント欄での質問・議論」にこだわる必要はありません。

2008.05.29 18:28 URL | 玄倉川 #yjwl.vYI [ 編集 ]

kojitakenさんに、kojitakenさんの考えを聞いているのに、玄倉川さんが出てくるのですね。
「私には「記事に関係する」とは思えませんでした。」と、わざわざ、書かなくても質問を中止した時点で玄倉川さんの考えは、分かっています。apjさんのコメント欄での自分への質問の方を答えください。
「あとはたんぽぽさんの対応しだいです。」て、初めから、ずっとこの対応をするべきでした。

apjさんのコメント欄での玄倉川さんの文。
「仮に明確な「クロ」の証拠が出てきたらむしろよろこんでたんぽぽさんを批判断罪します。」

自らのマッチポンプ性に関しては不問ですか?自らの方を先では。

2008.05.29 19:33 URL | ぐら虫 #- [ 編集 ]

>ぐら虫さん
私の名前が出ていて、批判的なご意見ですから私がひとこと言ってもいいと思います(ブログ主がやめてくれといえばやめます)。
「初めから~」というのはどういうことでしょうか。私は対応を変えた覚えはありません。
マッチポンプ性というのは意味がわかりません。

2008.05.29 19:59 URL | 玄倉川 #- [ 編集 ]

>玄倉川さん  すいませんね。宛名を忘れていました。

>(ブログ主がやめてくれといえばやめます)
だから、玄倉川さんのブログで書くのを止めましたよ。

>「初めから~」というのはどういうことでしょうか。私は対応を変えた覚えはありません。

最近で言うなら、「私闘の件」で擁護する論陣を張っていたでしょう。(ブログで記事まで書いて)なぜか、私の文に対しての論は張らない。代わりに答えない。なぜでしょう?

「マッチポンプ性」の意味なんかよりこちらです。
「よろこんでたんぽぽさんを批判断罪します。」 て、他人事のように書いていますが、さんざんブログの記事で「幻の謝罪要求」と書いて周りを煽っていたのでしょう。記事の信用に関わる問題です。玄倉川さんがたんぽぽさんに質問すべきです。玄倉川さんが「よろこんで批判断罪する」時、玄倉川さんは、「よろこんでたんぽぽさんを批判断罪」できるのですか?そうなったら、責任は感じない?なぜ、よろこべる?この文を見た時は、ビックリです。だから「マッチポンプ性」と。「マッチポンプ」です。

これでこちらでは、最後にします。では、玄倉川さん、ありがとうございました。

kojitakenさん

kojitakenさんとは、直接関係のない話になって、すいませんでした。そして、ありがとうございました。それでは、また。

P.S.kojitakenさんには、政治に絞って記事を書いてもらいたいです。私への返事はいりません。

2008.05.29 21:07 URL | ぐら虫 #- [ 編集 ]

apjさん、

コメントどうもありがとうございます。

当ブログ管理人は、コメント欄を議論の場とは考えておりませんので、ご意見及びご質問には新しいエントリにてお答えしたいと思います。

もっとも、明日(30日)は新規の記事は公開しないつもりですので、新エントリの公開は31日になろうかと思います。少々お待ちください。

2008.05.29 23:25 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ぐら虫さん、

上記apjさんへの返信に書いたように、私はブログのコメント欄を管理人とコメンテーターの議論の場とは考えておりません。

従って、ブログのコメント欄の運用をどうしようが、管理人の自由だとしかお答えのしようがありません。

なお、当ブログ管理人は、平日においてはPCからブログにアクセスできる時間帯は限られており、必ずしも迅速な反応はできかねることをおことわりしておきます。

2008.05.29 23:31 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

コミュニケーション=伝達というテーマですが、さらに進んでプロパガンダという事で一つ。kojitakenさん、皆さん、フジテレビで放送中のドラマ「CHANGE」を注視しましょうよ。この手の政治をテーマにしたドラマにもかかわらず、あの「ゴクセン」を抜いて今や視聴率1位にランキングされていますよ。このドラマ、7月頃!まで続く予定ですが、いまどき珍しいオリジナル脚本の為に、ドラマの展開は今もって未定とされているのです。しかも3月までは主な出演者まで未定だったのに、主題歌はマドンナを起用するなど、突然決まった割には、フジテレビの力の入れようは並大抵ではない。そしてさらにこのドラマの監修は、小泉の側近だった飯島秘書官!なのですね。私にはこのドラマ、きな臭すぎて物凄く気になってしまうのですがねえ。単なるドラマとて、ブームになればどんな影響力をもつかわかりませんよ。そしてそんな気配が濃厚な気がします。

2008.05.30 03:53 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

>ブログ主さん
>ウェブログ(ブログ)が流行り出したのは4年前くらいだ
できたらそれ以前に存在した日記システム間のコミュニケーションも論評していただきたかったです。

>風太さん
「CHANGE」についてはよくも悪くも月9だなという印象しかありません。開始が遅れたのは出演側か制作側に何か問題あっただけで、主題歌なんてそれ以前に決まっていたかも知れません。出遅れたうえに前評判が悪いからフジも煽っているんでしょう。そもそも三話放映されましたが政治のことなど何も描かれてません。角栄のあとの三木総理をを思い出したくらいですね。「HERO」では検事志望者が増えたらしいと聞きましたが、「CHANGE」では政治への関心が高まりますか?
私はワンパターンとは言え深津絵里の芝居が好きなので見ています。

2008.05.30 18:45 URL | insomniac #SFo5/nok [ 編集 ]

>ぐら虫さん
「なぜか、私の文に対しての論は張らない。」
簡単なことです。そうするだけの価値が(私にとっては)ないからです。

「そうなったら、責任は感じない?」
感じるに決まってるじゃないですか。責任を感じるからホンボシを批判するのです。
もし「幻の謝罪請求」と断じたのが間違いだったら、強い罪悪感と恥ずかしさを感じるでしょう。濡れ衣を着せてしまった人には心からお詫びするでしょう。そして、「謝罪請求」問題で虚偽を行ったもの(私を含めて)を批判します。
ですが、これはあくまで仮定の話です。私の知る限り今後そのようなことが起きるとする根拠はありません。

2008.05.30 19:00 URL | 玄倉川 #- [ 編集 ]

>kojitakenさん,玄倉川さん 
すいません。前の文で「これで最後」と書いたのに書かせてもらいます。余りに矛盾と整合性のない文は、許せないたちなモノで。申し訳ございません。

kojitakenさんは、玄倉川さんのように「よろこんでたんぽぽさんを批判断罪します。」と書けますか?
この当事者感のなさをkojitakenさんはどう考えますか?
まず本人が、そっせん訂正し、たんぽぽさんに謝罪するべきだと考えます。

>玄倉川さん
「そうするだけの価値が(私にとっては)ないからです。」
いきなり、矛盾してますが、「価値が(私にとっては)ない」なら、この文の反論は、なんですか?
「価値がない」なら無視すべきです。「価値」より答え易いかどうかでしょう。
「答える価値ない」とした「無意味な質問」には反応し、ブログで記事まで書き、たんぽぽさんの「無意味な文」は不問です。

「そうなったら、責任は感じない?」 より、「なぜ、よろこべる?」に答えなければ、本当に答え易いのにしか反応しませんね。分かり易すぎます。

「強い罪悪感と恥ずかしさを感じるでしょう。濡れ衣を着せてしまった人には心からお詫びするでしょう。そして、「謝罪請求」問題で虚偽を行ったもの(私を含めて)を批判します。」

だから、「なぜ、よろこべる?」先に、上の文のことをすれば、将来的には、よろこべます。 それでは。

P.S 私より、kojitakenさんから批判すべきでしょう。相互批判です。

2008.05.30 20:14 URL | ぐら虫 #- [ 編集 ]

ぐら虫さん、

ずいぶんと無礼きわまりないコメントをなさる方なんですね。あきれています。

> 余りに矛盾と整合性のない文は、許せないたちなモノで。

この文章は日本語になっていないので、ぐら虫さんが何を言いたいのかさっぱりわかりません。

だいたい、どのブログのどの箇所を示して私に感想を書けと言うのか。人に直接返答を要求する以上、URLくらいは示してください。あなたの態度は、信じられないほど傲慢不遜です。

もうこれ以上あなたに来てほしくないので、「玄倉川の岸辺」に出向いてどのエントリのコメント欄でのやり取りかを調べてみましたが、当該の件でたんぽぽさんが謝罪要求をしたとは、私には読めません。

> 私より、kojitakenさんから批判すべきでしょう。相互批判です。

この箇所の不遜さは一体なんでしょうか。ぐら虫さんと同じ感じ方をすることを私に要求しているわけです。あきれてものも言えません。

これまでにもほのめかしたことがありますが、たんぽぽさんと私は公開の場で(読者のきわめて少ないところでだったけど)批判をし合ったことがあります。

でも、私は親切な人間じゃないから、そのURLはあなたになんか教えてあげません。

2008.05.30 22:36 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

>玄倉川さん 書いてる先から矛盾です。質問も無視。

私の文は、「価値が(私にとっては)ないから」反応しないのでは。「無礼きわまりないコメント」に価値を認めた?「そうするだけの価値が(私にとっては)ないからです。」は無礼きわまりないコメントです。

>> 余りに矛盾と整合性のない文は、許せないたちなモノで。
「この文章は日本語になっていないので、ぐら虫さんが何を言いたいのかさっぱりわかりません。」

また、反応するところが、おかしいです。そんなどうでもいいとこに。下でしょう。

「強い罪悪感と恥ずかしさを感じるでしょう。濡れ衣を着せてしまった人には心からお詫びするでしょう。そして、「謝罪請求」問題で虚偽を行ったもの(私を含めて)を批判します。」
だから、「なぜ、よろこべる?」ここは、無視?

>当該の件でたんぽぽさんが謝罪要求をしたとは、私には読めません。
「私には読めません」も何もたんぽぽさんが答えれば解決です。玄倉川さんの解釈は知りません。嫌、下のこの文を玄倉川さんが詳しく解説してくれたら、玄倉川さんの解釈を信用します。お願いします。
ぐら虫さま
「さきのコメントは『要求のつもりはない』のつもりでした」は、「『要求のつもりはない』と、さきのコメントで言ったつもりでした」のことです。(「さきのコメント」は、もちろん[2008-05-25 09:37:58]です。)
かぎかっこの外の「つもり」は、「コメント」にかかるのであって、かぎかっこの中の「つもり」にかかるのではありません。

>直接返答を要求する以上、URLくらいは示してください
ここでもまともに答えないのに。ここのに答えてから。

>あなたの態度は、信じられないほど傲慢不遜です。
質問しても無視。私の文は、「価値がない」は傲慢不遜です。

「私より、kojitakenさんから批判すべきでしょう。相互批判です。」これは、上の記事に対応しています。
玄倉川さんもよく、読んでください。それでは。

2008.05.30 23:17 URL | ぐら虫 #- [ 編集 ]

ぐら虫さん、

私はこれ以上あなたにコメントしてほしくないからあえて答えたんです。

なんで、「玄倉川の岸辺」のコメント欄の、私自身は何の関係もしていないやりとりに関するあなたの微に入り細を穿った質問なんかに答えなければならないんですか。

以後あなたに対してコメント禁止措置をとります。コメントによってリモホのIPアドレスが異なるようなので、面倒ですけどコメントを承認せず削除することにします。

2008.05.30 23:30 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

>ぐら虫さん
どうしても言いたいことがあれば、ご自分でブログを作って書くことをお勧めします。
もちろん誰に対する批判も自由です。

2008.05.31 01:28 URL | 玄倉川 #- [ 編集 ]

insomniacさんへ、「CHANGE」の前評判が悪かったかどうかは知りませんが、視聴率は毎回20%を遥かに超えていますよ。いまどきのドラマだとこの数字は立派です。おまけに政治の世界を舞台にしていますから尚更かな。政治の事など何も描かれていないと言うご指摘ですが、そうかな?よく出来ていると思うけど。確かに政治をよく知る人から見れば低レベルかもしれませんね。でも、それこそ前回の総裁選討論会のシーンで、ベテラン候補者とキムタク演じる朝倉がかみ合わなかった、そのものでしょう。このドラマは、あの場で朝倉が言い放った、政治的初心者の目線そのものなのですよ。だから番組HP投稿欄に、若い世代からの熱心な書き込みが多数見受けられるのですね。ちなみに番組の政治指導担当者として名前がクレジットされている川上和久教授は情報操作(世論形成など)研究でも有名な人です。

2008.05.31 08:34 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/645-820333b8