きまぐれな日々

5月22日付の朝日新聞文化面に、テッサ・モーリス・スズキ氏(歴史学専攻のオーストラリア国立大教授で、森巣博氏の夫人)が興味深い記事を書いている。これを以下に要約する。

トルコに向かう途中に十数人の仲間とともに拘留された、中国ウイグル自治区の住民であるトルキスタニ氏が、英国BBCに収容所での人権抑圧を告発する手紙を届けた。同氏はトルコに向かう途中、十数人の仲間とともに捕縛され、6年間、無裁判のまま1日22時間を独房で過ごす環境下で拘束され続けている。

ウイグルもチベット同様、独立や自治権拡大を求める運動が盛んで、活動家の大多数は非暴力の抗議行動を行っているが、中国政府によって過激派と同列にみなされ、弾圧されている。トルキスタニ氏とその仲間がテロ活動を行ったという証拠も、もちろん皆無である。

中国政府によるチベットの人権侵害に関心を持つ者なら誰でも、トルキスタニ氏らの即時釈放を関係当局に要求すべきだが、そうはなっていない。なぜか。

実は、トルキスタニ氏とその仲間はイスラム教徒で、米軍によって捕縛され、悪名高いグアンタナモ(キューバ)の捕虜収容所に収容されているのだ。

米ブッシュ政権はチベットの自治権拡大運動を支持する一方で、「テロとの戦い」の一環として中国政府に過激派への厳しい監視も要求した。これは中国政府にとっても好都合で、独立や自治権拡大を求める活動家に「テロ分子」のレッテルを張って弾圧を強めた。少数民族への抑圧や人権侵害は決して、一部の「人権後進国」によって引き起こされているものではない。

チベットの人権問題では、世界中のほとんどすべての人権活動家が中国政府を批判しており、それは当然だが、同じ人たちがウイグルの人権問題に口をつぐんではいけない。

(朝日新聞 2008年5月22日付文化面掲載のテッサ・モーリス・スズキ氏の寄稿文より前半部分を要約)

トルキスタニ氏を捕縛したのは、中国政府ではなく米軍だったという種明かしだ。

アメリカも人権活動家もダブルスタンダードを使う。日本のネット右翼などはひどいもので、「フリー・チベット」を叫びながら、四川大地震では天罰だの中国人はもっと死ねなどとほざくありさまだ。

テッサさんは
日本で行われた五輪の聖火リレーでは、「人権問題の衣装を着た反中国のナショナリズム」とみなされる抗議行動もあったと聞く。悲しいことだが、反中国のナショナリズムは、必ずや中国における反日本のナショナリズムとしてお返しされるだろう
と書いている。

リベラルや左派は、チベットの問題にどう対するべきか。中国政府の人権抑圧を批判すべきなのは当然だが、それが右翼の反中プロパガンダに利用されてはならない。しかし現実にはそうなってしまっている。

テッサさんは文章を以下のように締めくくっている。

すでに、中国の作家である王力雄氏や劉暁波氏らは「中国政府は暴力的な鎮圧を即停止すべきだ」とする声明を発表した。彼ら彼女らを国境の壁によって孤立させてはならない。チベットでの人権侵害に対抗するには、普遍的人権の保障という共通目的で、国境を越えて連帯・協働することこそが必要なのである。
 そしてその運動は当然、無裁判のまま拘留されているグアンタナモの被収容者の人権救済要求も視野に入れたものであるはずだろう。

(朝日新聞 2008年5月22日付文化面掲載のテッサ・モーリス・スズキ氏の寄稿文より


チベット問題を論じるたびに思い出したいテッサさんの文章だ。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

 おはようございます。
 全くの卓見で、その通りと思います。
 日本のマスコミでは、特に新潮社が、狂ったように反中国の記事を載せていますが、その中に、日本の災害救助隊医療チームが、希望の現地での救援活動では無く、成都にある大病院に回されたことを、現地の実情を知られまいという中国の策謀と論難していましたが、今朝の毎日新聞を見ると、中国側が主張していた、重傷者はすべて成都などの大病院に搬送されているので、そちらで活動を、というのは事実だったそうです。
 毎日新聞の記者は、災害の現地に入ったロシア隊や、イタリア隊の救難テントを取材したものの、重傷者はおらず、頭痛の診察に来た老人などがいただけとのこと。
 現地を見ないで、意味もなく反中感情をあおるためだけの記事を垂れ流す新潮社の記事の虚偽がわかります。
 同様に、医療チームの前に入った救援隊も、新潮社は、日本隊はタライ回しにされ、人民解放軍の活躍を強調するために生存者の見込みのない場所に追いやられたとか、本当に悲惨な場所は外国に見られないために隠したとか書いていますが、実際には中国の仮想敵国アメリカ隊は、日本隊より後に入ったにもかかわらず、生存者を発見しました。
 現地での混乱はあるにしても、何でも意図的に日本を排除しようとしていると決めつける新潮社の姿勢は非難されるべきでしょう。
 昨日のNHKニュースでも成都の病院で活躍する日本隊の姿が出ていました。
 災害時救援です。役にたてればそれでいいでは無いですか?現地取材もなく、いたずらに反中感情のために、チベット問題や四川地震を悪用する右派マスコミの非人道的、ねつ造記事には怒りすら覚えます。

2008.05.26 08:00 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

人権は特定の意図をもった連中の宣伝手段ではなく、地球上の共通の基本的概念だよね。
にもかかわらず、中国問題などでは、特にタカ派ウヨク陣営に都合の良い利用のされ方をしている。
眠り猫さんの批判する新潮社の雑誌などはその典型だな。
あそこの雑誌は、週刊誌でも昔はまともな編集者もいたのに、いまでは低俗なプロパガンダ誌に成り下がっている。
斉藤取締役の頃でも、まだそれなりの信念があったのに、今では見る影も無い。

そうだよね、kojitakenさんの提起したように、大国の都合で基準がほいほい変わるようではいけない。
やはり一般の我々は、国家の基準に動かされずに、自分たち独自の基準・立場で問題を見据えないとな。

ちなみに我が友人の話によると、アメリカ人は粗雑で独断的で自己中な人が、特に東部の知的階層に多いそうです。
また中国人も、地域や階層によるみたいですが、同様の傾向があるとか。
でもって、ヨーロッパの人達はアメリカと中国を地球の癌とみなしているみたいです。
その癌の一方のアメリカに媚び諂う今の日本が理解できないのだとか。

日本は素晴らしい文化を持ち、また人も勤勉で独創性が合って、しかも粗雑ではない深い感性をもつ礼儀正しい賢い国民なのに残念だとか。
言われて少し気恥ずかしい面もあるのですが、でも確かにいつまでもアメリカに嬉々としている連中を上に抱くようでは、いずれユーロにも見下されてしまうのではと危惧するばかりです。

2008.05.26 09:53 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

「トルキスタニ氏らの即時釈放を関係当局に要求すべき」
ウィグルの例の勢力は、イスラム原理主義で政教一致を要求しているから、中国の国内法に抵触するのです。政教一致という点では、ダライ・ラマの勢力も同様ですが。
政教一致は、非暴力であろうが過激派であろうが、日本でも違法ですよ。

2008.05.26 12:50 URL | Black Joker #RtNpiJ3M [ 編集 ]

ちょっと僕は違う見方をしてます。ダブルスタンダードというのは、不愉快なことですが、日本も含めてあることです。
人権意識の強いフランスでさえ、自国の移民政策は以前のような寛容さは失われています。
中国やロシアは、他国に侵略されまいとする恐怖心から他民族を侵略したかのように膨張した国家と言えます。
我々が持っている人権意識は普遍的なものであるのが理想です。ただ、アメリカが過去に押し進めた自由化政策は各地で混乱を巻き起こしているのも事実です。
中国や北朝鮮での人権問題の根本的解決は、政権が倒れない限り、難しいと言わざるを得ません。
日本に大量の経済難民が押し寄せる可能性があります。人権問題が解決すると、問題が少なくなる訳でもない矛盾が難しい所でもあります。

2008.05.26 14:51 URL | 葉隠 #CRmGiUQU [ 編集 ]

テッサ・モーリス・スズキ氏、姜尚中氏との対談で、すべての人間は外国人であると仰った方ですね。目の覚めるような卓見でした。

2008.05.26 21:17 URL | argon #d/G.M2T. [ 編集 ]

はじめまして、こんにちは。
リンク、TBさせていただきましたがこのテッサ・モーリス=スズキ氏の言説、およびウイグル問題認識には大変問題があります。
「ウイグルで独立、反体制運動が盛ん」」なのでなく、ウイグル人が中国の政策に少しでも異論を唱えようとすると逮捕、拷問などの迫害を受けるというのが正しいです。
また、ウイグル人権問題をグアンタナモのウイグル人の問題に矮小化、転化しようというのはとても悪質です。チベット問題を追及しているアムネスティやHRWなどはグアンタナモ基地の即時閉鎖そして収監者の即時解放あるいは公正な裁判を要求しています。
そしてグアンタナモに収監されたウイグル人のうち5人はアメリカ在住の弁護士の活躍によりアルバニアに移送されています。
文春新書の「中国を追われたウイグル人」により明らかになったウイグル弾圧をスズキ教授は認識せず、世界的な連帯などと奇麗事をいっていますが「世界」などの日本の「良識派」メディアでほとんど中国の民主活動家との連帯などは主張されてはおりません。
くわしくは私のブログでスズキ氏を批判しております。
確かに反中の道具としてウイグル、チベットを使うのもなんですが、基本的な事実を確認せずウイグル問題を語ろうとするところにスズキ氏の学問的な良心を疑いの目で見ざるを得ないと思っています。

Black Joker氏
>ウィグルの例の勢力は、イスラム原理主義で政教一致を要求しているから
根拠はなんですか?「中国を追われたウイグル人」を読んだことはありますか?

2008.05.26 23:18 URL | kok #EBUSheBA [ 編集 ]

>kokさん
 Black Jokerなる人物は、どうやら創価学会の人間らしいですよ。ですから、池田大作が媚を売る、胡錦濤主席に指導された中国を盲目的に支持し、それに反対する民族は虐殺しても良いと前から公言しています。
 公明党支持の創価学会も虐殺されても良いのでしょうかね?

2008.05.27 05:20 URL | 山猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

「根拠はなんですか?」
東トルキスタンイスラム運動(ETIM)も他の類似組織も共通して、彼ら自身が政教一致を掲げていますが。亡命政府がウェブサイトで紹介している彼らの「憲法」では、「イスラム教が国教である」旨を明言している他、排他的民族主義を煽る記述も含んでいますし。
ETIMは2002年9月に国連安保理によってテロ組織に指定されていますね。
「それに反対する民族は虐殺しても良い」
そんなことを書いた覚えはありませんが。「先日のラサ暴動事件の犯人のように、ブティックの女店員らを店ごと焼き殺す等、一般市民を殺傷したり街を破壊したり放火したりする凶悪犯罪者(グループ)は逮捕されて当然」「ダライ・ラマ一派はオウム真理教の仲間の凶悪カルト集団」というような意味のことなら書きましたけどね。
「ウイグル人が中国の政策に少しでも異論を唱えようとすると」
中国の政教分離は、漢人とウィグル人と他の民族の圧倒的大多数が支持しているルールです。ウィグル人の中のごく一部が、独善的な政教一致を唱えるのはルールに反することですし、過激主義に染まってテロ事件をやらかすに至っては何をかいわんやですね。

2008.05.27 12:56 URL | Black Joker #- [ 編集 ]

 TBが通らないので

 私のブログ記事へのリンクを貼ります。

 宇宙基本法成立の夕方に祝宴とは(怒)自民・公明・民主へ官房機密費と軍需産業からの献金が動いたか? 
 http://shima-spirits-jcp.cocolog-nifty.com/taiki/2008/05/post_b188.htm

~たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!~

2008.05.27 21:45 URL | 嶋ともうみ #- [ 編集 ]

>イスラム教が国教である
確かに亡命政府は「宗教はイスラム教とする」と憲法に書いてありますが、国教化はとは言っていませんし、「国家はその他の宗教およびその信徒の各種権益を保護し尊重する」と書いてあります。
ちなみに43条では「国会は、東トルキスタン国民が自己の権力を行使することおよび宗教を信仰することさらに法律の前での平等を保障する。国会は、個人の信仰の自由を制限し、言論と出版、集会の自由および政府に申請する自由を束縛するいかなる法律をも制定できない。」としています。

排他的民族主義というより反中的でしょう。現実に活動を停止しているような自称「亡命政府」ですが。
ちなみにETIMは指導者ハサン・マフスムの死亡後幽霊団体と化してほとんど情報は報道されません。中国はETIMの基地を殲滅したとか報道しますが詳細はまったく伝えません。

>独善的な政教一致を唱える
現在、西欧で人権組織と認められているWUC(世界ウイグル会議)のラビア・カーディル総裁は元共産党員でまた中国の全国人民政治協商会議のメンバーでしたが1997年に政協で「大漢族主義の停止、エイズ対策、漢民族の移住の制限、政治犯の処刑の停止、信教の自由」などを要求する演説を江沢民、李鵬、胡錦涛らの目前で行い、李鵬は善処を約束してくれましたが新疆に帰った後、米議会関係者に新聞を渡そうとしたことで「国家機密漏洩」の罪で逮捕、懲役8年の刑を宣告されました。こういうことが日常茶飯事です。
だいたいなんでパントルコ主義やジャディーズムの影響を受けているウイグル人異論派がなんでシャリーア、ハディースによる政教一致のイスラム原理主義を唱えるでしょうか。お門違いも甚だしいです。

2008.05.27 22:05 URL | kok #EBUSheBA [ 編集 ]

http://www.eastturkistangovernmentinexile.us/et_constitution.html
「国教化はとは言っていませんし」
「イスラム教か国教である」と言っているのですよ。憲法の1章(パート1)に何と書いてあるか見たら、国教であることは明白です。
「国家はその他の宗教およびその信徒の各種権益を保護し尊重する」
国教を定めるということは、それだけを国として特別扱い・優遇するということです。戦前の日本でも、「国家神道と対立しない範囲で」他の宗教も一応「保護」されていましたからね。もちろん事実上は「保護」などと言えるシロモノではありませんでしたが。亡命政府のやり方もそれと同じ、政教一致ですよ。
そもそもですねぇ。
「東トルキスタン国民が自己の権力を行使することおよび宗教を信仰することさらに法律の前での平等を保障する。」
2条に「東トルキスタン国民」の定義が書いてありますね。新疆に住んでいる漢民族だけでなく、満州族、ロシア族、シボ族、ダフール族等も除外されていますし、回族も除外されているようですが、国外追放か民族浄化でもするつもりですかね。「新疆を追われた○○人」が大勢出てきそうですな。
まあ、国民を初めからイスラム・トルコ系に限定しておいて「信教の自由」などと言っても、そんなのはまやかしとしか言いようがないということです。

2008.05.28 17:44 URL | Black Joker #- [ 編集 ]

「排他的民族主義というより反中的でしょう」
それは「ナチスドイツは排他的民族主義というより反ユダヤ的でしょう」と言っているのと同様にトンチンカンな言説ですね。
根っこは紛れもなく排他的民族主義ですよ。その点は世界ウィグル会議も同様ですが、ウィグル人と同系民族以外はほとんど眼中にありませんね。イスラム・トルコ系以外との平和共存など論外ということですね。
まあ、中国にいるウィグル人の大多数は、他の民族と平和共存しており、世界ウィグル会議等の主張に全く共鳴していませんけど。
「パントルコ主義」
ああ、そういえば青年トルコ政権のパントルコ主義はトルコ国内の非トルコ系・非ムスリム諸民族を抑圧しましたね。影響受けてるんですか。ネオナチの同類の「人権組織」ですな。kokさんはそういう連中を支持しておられる訳ですか。
「お門違いも甚だしい」
非トルコ系・非ムスリム諸民族を抑圧するのは、排他的民族主義であると同時に政教一致ですが。
トンチンカンなことを言っているのはkokさんですよ。
「現実に活動を停止しているような」「幽霊団体と化して」
あれ、じゃあ最近のテロ事件は亡命政府やETIMじゃなくて世界ウィグル会議の仕業ですか?
http://www.china-news.co.jp/society/2008/03/soc08032801.htm
今年の3月の事件ですが、これとかは世界ウィグル会議が唆したのですかね。

2008.05.28 17:46 URL | Black Joker #- [ 編集 ]

コメントには基本的に参加されない方針だそうですが、管理人御本人への質問には答えていただけないものなのでしょうか?

2008.05.29 02:50 URL | フラット #- [ 編集 ]

えっとはじめに言いませんでしたが、自分はあの亡命政府を支持している立場ではありませんのでよろしくお願いします。
といいますか、現在活動がはっきりしていないのでほとんどサイトも見ていません。

イスラム教を国教とする文言がない以上、国教じゃないですよ。

それにイスラム教を国教とする国々でも信教の自由を認めていて国際的標準に達している国々も多いということが報告されていますよ。アメリカの報告書で気に入らないかもしれませんがね。
http://www.uscirf.gov/images/stories/pdf/Comparative_Constitutions/Study0305_ExecSummary.pdf

この憲法で「東トルキスタン国民」がダホール、錫伯、オロス、などを含まし野は問題です。これは改憲するべきでしょう。

「パン・トルコ主義」これは間違えました。謝罪します。エンベル・パシャなどはそういうことを考えたらしいですが、東トルキスタンのウイグル人は影響は受けなかったのでしょう。

>まあ、中国にいるウィグル人の大多数は、他の民族と平和共存しており、世界ウィグル会議等の主張に全く共鳴していませんけど。

あたりまえです。共鳴などしようものなら公安に逮捕されて電気棒での拷問や公開されての処刑が待ち構えています。

>最近のテロ事件
大体その最近のテロ事件とか言われているものを詳細とか明らかにせずに中国当局は「東トルキスタン恐怖勢力」だの「東トルキスタン恐怖組織」だのあいまいなことを言っています。
http://www.uyghurcongress.org/Jp/news.asp?ItemID=264353728&mid=-2139923529

中国南方航空事件?についてもそうですよ。
「テロ未遂」が報じられてから以後ほとんど報道なし。容疑者の写真すら発表されていない。
http://www.uyghurcongress.org/Jp/news.asp?ItemID=1205446453&mid=-2139923529

WUC参加の団体はそのことをきちんと声明しています。だいたいテロなんかやって世界の人権団体から支持されるわけがない。

2008.05.29 22:15 URL | kok #EBUSheBA [ 編集 ]

「東トルキスタン亡命政府」と「世界ウィグル会議」のウェブサイトを見ましたが、kok氏よりもBlack Joker氏の主張に分があると思います。

>イスラム教を国教とする文言がない
>以上、国教じゃないですよ。

亡命政府憲法3条には「The Flag」と書いてありますが、どう見ても「National Flag」「State Flag」を指すものでしょう。
6条の「The Religion(is Islam.)」も、パート1の文脈からして「National Religion」「State Religion」を指しているとしか読み取れませんが。

>イスラム教を国教とする国々

それは政教一致ということになりますよ。政教分離とは言えませんよ。
亡命政府は明らかに政教一致。他の類似組織も同様でしょう。

>「東トルキスタン国民」

亡命政府だけでなく世界ウィグル会議も、排除姿勢は同様でしょう。
「東トルキスタンの紹介」のページの「東トルキスタンの人口」の記述では、漢民族を「違法居住」として「否定」しているだけでなく、満州族、ロシア族、シボ族、ダフール族、回族等を全く「無視」していますよね。一方、同系のカザフ族等は「違法居住」ということにはならない、「カザフ族は東トルキスタンから出て行け、カザフスタンに帰れ」ということにはならない訳ですかね。
このページを見る限り「東トルキスタンの土地はウィグル人を中心とするトルコ系イスラム系民族だけのものだ」という手前勝手で牽強付会の主張にしか読み取れませんが。

>パントルコ主義
>東トルキスタンのウイグル人は影響
>は受けなかったのでしょう。

影響受けてるから異民族を「否定」「無視」してるのではないですか。
世界ウィグル会議の主張こそ、世界人権宣言2条に反していますよ。
民族差別ですよ。ネオナチと同じですよ。

2008.05.30 19:27 URL | hakugen #- [ 編集 ]

>東トルキスタン国民

こいつは痛いところを衝かれましたね。
これは世界ウイグル会議も歴史観なり民族感を修正していかねばならんでしょう。

現実を言えばWUCが反漢族で凝り固まっているわけではありません。魯迅を尊敬している世界ウイグル会議事務総長のドルクン・エイサらは1999年から2000年にかけて中国の民主活動家魏京生グループと国連人権会議で合同で行動し、2000年のWUCの元の団体であった世界ウイグル青年会議では雑誌「北京の春」の薛偉、中国民主党ヨーロッパ委員会の張英などが自主的に参加されています。

確定もしていない「政教一致」をよりどころにして現実の政策で共産党員のウイグル人に対してまで弾圧を行うことに妥当性はあるのでしょうか?

2008.05.30 23:13 URL | kok #EBUSheBA [ 編集 ]

米国は自由と民主を口実にして人権を侵害しています。v-97

戦争の捕虜の虐待や国際法を無視する等本当に自分勝手で見ていられません。v-45

2008.08.21 16:10 URL | 台湾人 #D9.4zkVk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/643-0b6e92e6