きまぐれな日々

先月末の衆院山口2区補選での自民党・山本繁太郎候補の惨敗は、誰の目にも政界再編が近いことを感じさせるできごとだった。

現在の空気は、1993年の細川政権発足前夜を思い出させるものだ。特に、コイズミと小池百合子、前原誠司の3人が会談した件や、3日のエントリでも触れた、平沼赳夫が民主党との連立を考えているとされる件の2つは、とてもきな臭い。

そういえば昨年の「大連立」構想も政界再編の動きの一つだった。あの時、福田首相と民主党の小沢一郎代表は、ともに厳しく批判された。当時は小沢一郎の方が大きなダメージを受けたように見えたが、今になってみると、あの連立の頓挫は福田首相の方がダメージは大きかった。

あの時、当ブログは小沢一郎を厳しく批判するスタンスをとったが、リベラル・左派系ブログではむしろ小沢一郎支持を表明する声が圧倒的に強かった。その代表例が「喜八ログ」の下記記事である。
http://kihachin.net/klog/archives/2007/11/seikenkoutai.html

喜八さんは、以下のように書いている。

細川内閣実現を可能にした新生党・日本新党・日本社会党・公明党・民社党・社会民主連合・民主改革連合・新党さきがけの8党派連立の「立役者」は誰が何と言おうとも小沢一郎でした。

もし、小沢がいなかったら? あるいは自民党離脱を決意しなかったら?過去50年のあいだ日本では政権交代が一度もなかっただろう。これは私の確信するところです。いま小沢一郎だけが本格的政権交代を実現できる。こう考えるのも小沢がこの分野に関して唯一「実績」を持つ男だからです。

(「喜八ログ」 2007年11月7日付より)

「喜八ログ」を取り上げたことに他意はない。政権交代を待望する人たちの間では、ごく普通の感覚なのだろうと思う。だが、私には細川内閣には評価できる面とできない面があった。

当時私が勤めていた会社の同僚は、「細川さんは良いんだけど、取り巻きが良くない」と言っていた。その「取り巻き」の代表人物が小沢一郎だった。当時の小沢一郎は、実態は旧来自民党政治の体質を持っていたが、主張はそれとは裏腹の新自由主義だった。私も同僚に近い意見を持っていて、細川内閣は、自民党支配に、ほんのいっときだったが風穴を開けた功績はあったし、細川氏は政治思想的にはリベラルだったが、どうにもいただけなかったのがこの内閣の新自由主義指向の性格だった(当時は「新自由主義」という言い方は一般的ではなかったが)。

一方、細川内閣およびそのあとの短命だった羽田孜内閣のあと成立した自民・社会・さきがけ3党の連立による村山富市内閣は、当時も今も評判がすこぶる悪いが、実は私は当時リベラル政権として期待した口だった。リベラルにとっての痛恨事は、村山政権が成功したとはいえなかったことだ。

さて、私はゴールデンウィークの休みを利用して、2000年1月に中央公論新社から発行され、のち中公文庫に収められた 『渡邉恒雄回顧録』 を読んだ。発売当時、買って読もうかと思ったがあまりの分厚さに恐れをなして結局購入を見送り、昨年初め頃文庫化されたので買ったが、それでもなかなか読む気になれず、やっと先日思い立って読破した。700ページ以上に及ぶ本だが、ナベツネ(渡邉恒雄)の語り口は読みやすいので、比較的すらすら読める。

この本は、ナベツネの著書 『わが人生記』 (中公新書ラクレ、2005年)や 『君命も受けざる所あり』 (日本経済新聞出版社、2007年)とオーバーラップする部分も多く、当ブログの読者には必ずしもオススメできる本ではない。だが、ナベツネに関心のある人にとっては必読書だ。内容は、御厨貴、伊藤隆、飯尾潤3氏によるナベツネのインタビューをまとめた「オーラルヒストリー」である。

権力志向の強いナベツネは、若い頃から政治を動かそうとしていたが、中でも70年代から「保革連立政権論」を唱えて政権に公明党や民社党を取り込もうとしたのは、明らかに90年代以降の「自公」や「自自公」「自公保」の連立政権を先取りするもので、事実これらの連立政権発足にはナベツネ自身が関与したとされている(そんなことは、もちろん本には書かれていない)。

本エントリとの絡みでいうと、日本新党と新生党を中心とした政権から社会党が離脱した1994年の時点では、ナベツネは連立政権側の陣営を、市場原理重視の「小さな政府」を指向する勢力、自民党リベラル派と社会党およびさきがけ側の陣営を、リベラルで社民主義的な方向を指向する勢力ととらえて、前者を支持していた。当時、自民党では加藤紘一、亀井静香、野中広務らが村山富市を首班とした内閣の樹立を目指していたが、ナベツネは自民党全体がそちらの方向に行ってしまうとは思わなかったと言っている。当時の自民党総裁が、やはりリベラルの代表格である河野洋平だったからそうなったといえるかもしれない。私はもともと社民主義的な方向性を持った人間なので、当然ながら細川護熙や羽田孜の内閣よりも村山富市内閣に期待したものだ。

一昨日のエントリでチベット問題を取り上げたが、日本の少数民族であるアイヌ民族に関して、北海道旧土人保護法を廃止し、アイヌ文化振興法が1997年に施行されたのは、アイヌ人の社会党参議院議員だった故萱野茂氏の貢献が大きい。阪神大震災時の対応などで批判されることの多い政権だったが、新自由主義への批判が高まり、福祉国家が見直されてきた現在、自社さ連立政権の再評価が行われる必要があるのではないかと思う。

次の政界再編において、鍵を握るのはなんといっても民主党の動向だ。小沢一郎は現在では新自由主義を捨てたとされている。だが、それに代わる方向性を見出し得ていないのではないかと、地元の小沢支持者も懸念しているようだ。菅直人も、その経歴からいっても、もっと社民主義指向であって当然だと思うのだが、時折妙に新自由主義的な方向に振れる。とりわけ、今年に入ってから道路問題にばかりこだわる小沢・菅両氏の動きは、私には強い違和感がある。かといって、鳩山由紀夫はコイズミ内閣時代に、コイズミとカイカクの過激さを競おうとして私を激しく失望させた人物だ。若手の前原誠司は、コイズミよりも過激な新自由主義者とされている。民主党には、いつ何時新自由主義の方向に再び大きく振れるかわからない危うさがある。しかし、現在の日本ではコイズミカイカクはすでに破綻しており、日本を再建するためには、新自由主義を廃して、福祉国家指向の政策をとることによって中産階級を再建するしかないのである。そうでなければ、日本経済の活力は失われる一方だ。

単に、自民党負けろ、民主党頑張れというだけではダメな時期にきている。「野党共闘」といったって、上に見たように、野党が共闘して新自由主義政権を樹立したこともあったのだ。日本国民にとってどんな政権が望ましいかを国民一人一人がよく考えなければならない時期にさしかかってきたように思う。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・民主党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党および民主党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

kojitaken さん、こんにちは。
弊エントリを取り上げていただきましてありがとうございます。
「FC2」利用の方にはずっと以前からTBが送れません(涙)。
よってコメント欄でご挨拶させていただきますね~。
今後ともよろしくお願いします。

【追伸】
政治家のサイトにリンクを張りましょう(笑)。

2008.05.10 07:55 URL | 喜八 #WE/hy34. [ 編集 ]

 碩学のkojitakenさんに無用の口出しだとは思いますが。
 基本的に貴兄は新自由主義批判。私は政権交代論と、主張は似ていながら、目指すところは微妙に異なります。
 もちろん、私も政権交代したとしても、自民党的利権体質や、新自由主義が継続するのであれば、強く批判していきますが。
 ただ、ここらでもう一度、なぜ、新自由主義がだめなのかを説明されてはいかがでしょう?経済政策に疎い人が政治を語ると、政局論になりがちです。経済政策として、新自由主義=コイズミカイカクは、完全に弱者を食い物にするための、搾取構造であることを再度強調すべきだと思います。
 ならお前のブログでやれとおっしゃるでしょうが、私は3月中に、堤未果氏の「ルポ 貧困大国アメリカ」や、伊藤千尋氏の「反米大陸」を紹介し、かなりわかりやすく新自由主義批判を述べたつもりです。
 貴兄にそれをしていただければと思います。
 余計なお世話でした。

2008.05.10 08:32 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

政権交代=腐敗の除去は必要です。

また、小沢さんは先進的な介護保険法を提案していました。それを潰したのがなんと労働者の代表の社会党です。

このために、親を介護している女性たちからはとくに社会党は恨まれました。

やはり、自社さは間違いだったと思います。

小沢さんは欧州型福祉と市場原理主義のコンビネーションだったと思います。

2008.05.10 19:41 URL | さとうしゅういち #- [ 編集 ]

えー、小澤さん地元です。

小澤さんですが、実は、自民党時代に新自由主義的を本気で考えたことはありません。
確かに小澤さんは、雑誌・新聞等のインタビューで新自由主義的な発言を繰り返しましたし、自身の書籍でも小さな政府を志向していました。
しかし、私らはそれらは全て東京向けのポーズだったのだろうと思っております。
なぜなら、小澤さんは、地元では典型的な利権誘導屋、つまり田中角栄型の政治家だったからです。

当時、建設業界にとって小澤さんは神でした。
まるで北朝鮮のように、社内に小沢さんの巨大な顔写真が張り出されていました。で、朝礼の時にはその写真に最敬礼したもんです。

もちろん、テレビでしか政治に触れていない人は、小澤さんが新自由主義的な改革者で、新自由主義が日本を良くすると信じていたかもしれません。
でも、そう言うのは、ちょっと建設業に関わった人にとっては鼻で笑うようなことでした。

失礼をおそれずに言うと、私らは当時「ああ、小澤さんが上手く東京の連中をだまして予算をぶんどってくれているなぁ」と思って支持していたのです。
実際、小澤さんが自民党から離れると、岩手は自民党政府の予算縮小攻撃にあい、地元建設業界はぐらつきました。

かつては小澤後援会そのものだった地元ゼネコンが倒産しちゃいまして、今では小澤さんが利権をもってくるも何もなくなりました。
小澤さんの方も、今では日教組を最大支持母体にしているので利権誘導をする必要が無くなったみたいですね。

2008.05.10 22:23 URL | sonic #GCA3nAmE [ 編集 ]

私も村山政権の再評価はされた方がいいと思います。

阪神大震災対応への批判がありますが、どの政権であっても ベストの対応などできなかったでしょう。旧社会党が政権に参加経験をしたことが何より(政界全体を通して)政治的成果と言えるような気がします。

それだけ権力というのは、恐ろしく政党の現実対応能力(党是とされる政策を変えさせる魔力を持つ)を高めるのかもしれません。

新自由主義のお話がありましたね…
小泉政権は新自由主義的な性格には思えません。
最大の理由は、大幅な減税をしていない点です。行政コストを削減して減税を行うのが自由主義的政権ではないでしょうか?恩恵を受けた人間が相当数いなければならないはずです。小渕政権の方が遥かに良い仕事をしています。


私が思い出すのは、故高坂京大名誉教授の『二大政党制における選択とは、冷酷軽税党か福祉重税党である』の言葉です 。

私達は総選挙までにどちらかを選択するのかよく考える必要があります。

2008.05.11 00:56 URL | 葉隠 #CRmGiUQU [ 編集 ]

自社さが決定的に駄目だったのは「家族や企業に頼る福祉システム」に拘ったことです。

その点、新進党は非正規雇用や独身者などにも対応できるよう「税による福祉」を主張しました。

自社さ政権で日本のセーフティネットのあり方は10年遅れたと思います。

当時の社会党の方々は古臭すぎて(自分たちが組織労働者などが多すぎて)、新しいセーフティネットの議論よりも小沢さんがどうのこうのに拘りすぎました。

そんな、社会党はやはり、有権者に罰せられ、衰退したのだと思います。

今の日本は
無駄遣いの除去→お金持ちから頂く→最後に庶民から頂く
が筋としての改革の道筋でしょう。

山岡国会対策委員長が、今朝の日曜討論でいっていたとおりの筋道で良いと思います。

無駄遣いが酷い状態では、人々の納得が得られないから。それは新自由主義とか、社民主義以前の問題です。

2008.05.11 11:41 URL | さとうしゅういち #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/634-45a445e3

マッカーサーを叱った男
GHQから「従順ならざる唯一の日本人」と言われた男

2008.05.11 16:49 | 大津留公彦のブログ2

九条世界会議開場外での即席ティーチイン
九条世界会議開場外での即席ティーチイン

2008.05.11 16:52 | 大津留公彦のブログ2

白洲次郎の「プリンシプルのない日本」を読んだ。
白洲次郎の「プリンシプルのない日本」を読んだ。 「プリンシプル」は彼の口癖だ。

2008.05.11 18:25 | 大津留公彦のブログ2

地球温暖化問題から取り残される日本の政治
連続政治セミナーの御案内です。

2008.05.22 23:06 | 大津留公彦のブログ2

2008年東京大学五月祭企画 
東大の学生さんから連絡を頂きましたので五月祭の憲法の企画を転載します。

2008.05.22 23:48 | 大津留公彦のブログ2

東大五月祭九条論議
東大五月祭の九条論議を聞いた。

2008.05.25 21:07 | 大津留公彦のブログ2

米軍ファントム九大墜落40周年記念フォーラム
米軍ファントム九大墜落40周年記念フォーラム 案内

2008.05.25 23:59 | 大津留公彦のブログ2