きまぐれな日々

このところの政治をめぐる言論の閉塞状況はますます強まるばかりだ。

毎日新聞調査で、福田内閣に対する不支持率が5割を超え、いよいよ内閣が末期症状を呈してきたが、安倍内閣当時には対決色を鮮明にしていた野党第一党の民主党が、昨年秋の「大連立」構想露呈以来、玉虫色の態度をとっているせいもあって、メディアの報道は受け皿を必ずしも民主党に求めず、あろうことかコイズミの再登板を待望する声を取り上げたりする。

昨日(3月5日)に立ち読みした週刊誌の中で特にひどかったのが「週刊朝日」で、同誌は、英「エコノミスト」誌の記事を引用しながら、外国人が、3年前の総選挙(郵政選挙)で日本はやっと資本主義国になったと言うだの、コイズミの再登板はいつかと聞くだのと書いて、臆面もなくコイズミをマンセーしている。唯一同意できるのは、安倍晋三について、信じられないことにまだ復権する資格があると本人が考えているらしいとの外国人の見方を紹介した箇所だけだった。彼らが日本の政治家で好ましくないと考えているのは、一に安倍、二に小沢一郎・民主党代表、三に旧来自民党の政治家たちということらしく、要するにコイズミの復帰を期待しているということだ。同じ記事中のコラムで、田中秀征が「リベラル」と「改革」を軸とした第三極の結集が必要、と書いている。田中は、コイズミや細川護熙に近い人物である。

「PledgeCrewの日記」 が、このところの福田内閣支持率の急落に触れて、下記のように指摘している。
http://d.hatena.ne.jp/PledgeCrew/20080228

しかし、前の安倍内閣の支持率急落と現在の福田内閣支持率とを、前の前の小泉内閣での異常に高い支持率が持続したことと比べて見ると、このような数字の急激な変動は、一部の野党支持者らが考えているように、必ずしも手放しで喜べるようなものではないのではという気がする。

つまり、今なお国民が求めているものは、安倍のような「空気が読めない」指導力の弱い指導者でも、福田のような調整型で、あまり個性が感じられずアピール力に欠けた指導者でもなく、まさに小泉のように機を見るに敏で、策略に長け、扇動もうまい「強力な指導者」だということになりはしないだろうか。

そのことは、最近のあちらこちらの地方選挙の結果でも、証明されているように思える。

(「PledgeCrewの日記」 2008年2月28日より)


残念ながら、この指摘は当たっていると言わざるを得ない。ついこの年末年始には、NHKの名番組 「ワーキングプアIII」 (当ブログでも昨年12月17日のエントリで紹介)やTBSの「サンデーモーニング」が新自由主義の問題点を痛烈に批判し、週刊東洋経済の新年号が 「北欧はここまでやる」 という大特集を組む(当ブログでも1月10日付エントリで紹介)など、時代の流れは新自由主義の否定、福祉国家への方向転換へ向かうかと思われたが、それはほんの一時的な現象にとどまってしまった。

私は、民主党が道路問題に焦点を絞ったためにこんなことになったのではないかと思う。この件に関して、当ブログは広島のさとうしゅういちさんから、民主党は「道路作るな主義」など訴えていないとお叱りを受けた。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-583.html#comment2864

しかし私には、この問題についての民主党の主張に呼応して、昨年の新自由主義批判から旧来自民党的体質への批判に重点を移した人たちも結構いて、それがコイズミ復活待望論の呼び水になっているような気がしてならないのである。自民党では、昨年までコイズミを厳しく批判していた加藤紘一の動きがこのところおかしいのが気になる。

一昨日のエントリで、テレビ番組がちょっと年金問題を取り上げただけで当ブログのアクセス数が一時的に急増したと書いたが、民意はやはり「消えた年金」問題や格差解消を強く望んでいる。たとえば年金問題で、大村秀章や片山さつきなどの自民党の論者を一蹴した長妻昭などは、民主党の期待の星だと思うが、なぜか民主党は自らの得意分野である年金問題をフィーチャーしようとせず、政界再編をにらんでか、自民党と妙な裏工作にばかり精を出しているようにしか見えない。だから、問題を解決してくれる強い指導者を求める声が高まってくる。そして、前記「週刊朝日」のようなマスコミが、コイズミ復活待望論を煽り始めた。悪い方、悪い方へと流れが向かっている。

米民主党のバラク・オバマが呪文のように "change" を唱えて支持を集めているのを見て、コイズミのワンフレーズ・ポリティクスを連想して危うさを感じる、と指摘する人は多いが、オバマとコイズミでは政策のベクトルが正反対であることに留意すべきだ。一昨日(日本時間では昨3月5日)の「ミニ・チューズデー」ではヒラリー・クリントンが踏みとどまったが、オバマが有利になるたびに「オバマ氏に暗殺の危機高まる」とか、「オバマ発不況が到来する」という記事がマスコミに現れるのにもうんざりする。そんな回りくどい言い方をせずに、「オバマには大統領になってほしくない」とはっきり書けば良いではないか。

それはともかく、オバマにしてもクリントンにしても、目指しているのは中産階級の再興だ。ところが、「カイカク」を唱えながらコイズミが行ってきたのは、中産階級の破壊だったのだ。そこがポイントである。私は米民主党候補にオバマがなるかクリントンがなるかより、彼らのいずれかが、またぞろ「規制緩和」などを唱えて新自由主義色を明確にしたマケインを倒せるかの方が重要だと思う。そして、日本人にとっては、いつコイズミ政治を総括して、コイズミの呪縛から抜け出せるか。それが大きな課題だと思う。

「脱コイズミなくして国民の幸せなし」。こう強く主張したい。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・安倍晋三」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党および安倍晋三関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

 アメリカの大統領選について、私も同じ見解です。国民皆保険などのリベラル政策は、反新自由主義ですし、またその財源をひねり出すために、戦争外交は不可能になり、軍縮にも期待が持てます。
 ただ、誰がなっても変わらない、という気もしますが。

2008.03.06 07:59 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

 小泉待望論がいつまでも続くのが不思議です。ポピュリストにさらに媚びてどうするの?
 小泉は、土建利権屋どもとの党内抗争を戦っただけで、実際には自分の利権のために新自由主義を拡大しただけ。本当の意味の指導力もないし、担がれても本人が嫌だろうと思う。担がれて乗る安倍はおおふぬけの馬鹿ものだが、小泉は今の状況で担がれるほど馬鹿では無いと思う。しかも新党立ち上げる労をとるとも思えない。
 田中秀正ともあろうものが何と言うことを。小泉が使う意味の構造改革とリベラル派正反対のベクトルなのに。別の意味の構造改革なら注釈をしないと。

2008.03.06 14:01 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

『サン毎』の「オバマ不況」には高木勝まで乗ってしまっているのはイタい。
先月の『週刊文春』で、天川由記子という人が「オバマは第二の小泉」とやってましたが、
この人、安倍シンパでした。
http://www18.atwiki.jp/jinbutu56/pages/10.html

2008.03.06 19:13 URL | 観潮楼 #- [ 編集 ]

初めまして。
管理人殿は具体的に誰が首班の内閣がよいと、お考えなのですか?
因みに私は安倍さんの再登板を願っております。
情けない始末でしたが夢を語り成果も挙げましたから。

2008.03.07 01:01 URL | レン #mQop/nM. [ 編集 ]

レンさん、
私は菅直人あたりに首相になってくれれば良いと思っています。
昨年の参院選で有権者に「ノー」を突きつけられた安倍晋三は論外です。所信表明演説の翌日に退陣表明した無責任さも最悪であり、安倍は議員辞職すべきだと考えています。

2008.03.07 01:09 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

出勤中であります。
菅さんですか。厚生相の頃は情のある人だと思いましたが、上に立つには小さい気がします。
また、彼が首班になる様な内閣は戦争前の日本は全部悪であると言いだしかねない気がして怖いです。
また先の参院選は内閣への不信ではなく、民主党の仕掛けに自民党が負けただけと考えています。社保庁=自治労=民主党の支持団体なんで。
ただ、ご存知の通りあの結果、一番儲けたのは小泉さんとこの派閥ですから、あちらも一枚噛んでたかも…等とは考えすぎでしょうね、まあどうでも良いですが…

2008.03.07 08:03 URL | レン #mQop/nM. [ 編集 ]

こんにちは。コイズミ時代の初期の政策からも既に今の多くの日本国民の悲惨な現状は想像出来ましたが、その時に騙されて多くの人が支持したのは仕方がないとしても、現実に悲惨な社会が加速して、連日家族の心中事件等が続発しているのに、そのA級戦犯のコイズミを望む国民が未だいるとしたら、日本という国は救いようがないと思ってしまいます。私は、田中秀正は本来は良心を持っているのだろうが、コイズミのためには詭弁を弄する男だと思っています。

2008.03.07 10:22 URL | scotti #4SSKmKVw [ 編集 ]

私は小泉再登板を希望しているわけじゃないですけど、政策論を抜きにしていえば、現役国会議員の中で、「これぞ総理!」と呼べるような、国民をリードできる人というのは、小泉純一郎以外に見当たらないなぁって思います。
あくまでも政策論は抜きにした話ですから、政策というファクターを入れると、「誰もいない」っていうことになってしまうのかな。

昔は野党の党首クラスでも「これぞ総理!」を期待できる人がいましたが、今はいませんね。
小物が多くなって、淋しい限りです。

2008.03.08 03:32 URL | わくわく44 #- [ 編集 ]

いやに最近 新聞でもコイズミの名前がでてくるようになり、危険だなと思っていました。田原や林真理子みたいな人物を連載者にしている(いまでもしていますか?)「週刊朝日」が、コイズミ待望論を煽り始めているのですか。危険きわまりないですね。国民は郵政民営化こりごりで目を覚ました、ということではないですものね。大阪府知事選挙でそれはわかりましたが。

2008.03.08 10:25 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/585-6ef6b603

『人はなぜ戦争をしたがるのか』
人はなぜ戦争をしたがるのか―脱・解釈改憲(著)週刊金曜日出版社/メーカー:金曜日価格:¥ 1,260ISBN/ASIN:4906605303Rating:★

2008.03.07 00:59 | 良泉の読書日記