きまぐれな日々

イージス艦衝突事件については、防衛省の無責任な隠蔽体質もさることながら、石破茂防衛大臣および福田康夫首相の能天気な対応が信じられず、マスコミも世論も石破や福田に対する追及で一気に盛り上がるものと思っていた。しかし、今日(3月2日)の政治番組を見ると、そうとばかりもいえないようだ。

フジテレビの「報道2001」では、先週、石破が(捜査権のある)海上保安庁が捜査していることを理由に、乗組員と接触していないだの、情報が入ってこないだのと嘘をつきまくっていたビデオが流され、司会の黒岩祐治アナウンサーが石破を追及していた。

「現時点で乗組員に接触していない」と述べていたことを黒岩アナに突っ込まれた石破は、「今この瞬間と言えば良かった。質問を受けた時点ということだ」と釈明したが、「今この瞬間」、すなわちテレビに出演している瞬間に乗組員と接触できないなどということは当たり前のことだ。この馬鹿げたイイワケには、黒岩アナもあきれ返っていた。

しかし、番組に寄せられたファックスなどには、石破を激励する意見も結構あった。それに続くNHKやテレビ朝日(田原総一朗)の番組でも、石破の責任が厳しく問われたとは言い難かった。信じられないことに、マスコミは、石破が防衛省の体質の「改革者」であるかのようなイメージ作りをしており、石破はそれに守られている、そんな印象さえ受けた。フジテレビの世論調査でも、石破が防衛大臣を「辞任すべきでない」とする意見が60%以上だったそうだ。

こんなマスコミ人の態度や世論などを見ていると、自分がすごい右翼のように思えてくる。なぜなら、私は自衛隊とは祖国を、そして国民を守る組織だと考えているからで、その自衛隊が、あろうことか自らの過失によって、漁船を真っ二つにへし折って、漁民2人を行方不明にしてしまったのだ。絶対あってはならない事故だし、自衛隊や防衛省の責任は、いわゆる「左右」の立場を超えて厳しく追及されてしかるべきだと思った。そして、こういう思いは、少なからぬ非武装中立論者のいる左派よりも、右派の方が強いのではなかろうか、事故が起きた時、とっさにそう思った。

しかし、実際に右派、特にネット右翼から沸き起こったのは、漁船の「自己責任論」なるとんでもない新自由主義的意見だった。リアルの右派論者でも、産経文化人として著名なクライン孝子は、「さるさる日記」で漁船の自己責任論を撒き散らしている。産経新聞社自体は、そのような立場はさすがにとっていないが、同紙の花岡信昭記者は、沖縄米軍兵士による女子中学生暴行事件で、女子中学生の自己責任論を唱えていた。クラインの論理は、花岡の女子中学生自己責任論を敷衍すれば自然に行き着くものであり、それを 「bogusnews」 に痛烈に皮肉られた。
http://bogusne.ws/article/85060453.html

さすがに、クラインや花岡の正気とは思えない主張に眉をひそめる、健全な保守の方もおられる。
http://d.hatena.ne.jp/nessko/20080301/p1

こういう意見が地方の保守の感覚だろう。東京で思いっきり新自由主義に毒された産経新聞の記者や、遠くドイツから怪電波を飛ばす学歴および職業不詳の怪女は、「ぶっ飛んでいる」というほかない。

しかしそれにしても都会の右派やマスコミの不感症には呆れる。女子中学生の事件では、昨日(3月1日)の読売テレビ(日本テレビ系)「ウェークアップ!」で、司会の辛坊治郎やコメンテーターが「加害者が日本人だったら、報道もされていない事件だ」などとノタマっていたのには、頭に血が昇った。こういう日本人としての誇りも何もない人間が、保守の論者として通用している。私はよく、「お前は左翼だ」と言われるが、クラインや花岡、辛坊らの方がよほどサヨクで、私自身はゴリゴリの右翼ではないかと思ってしまう。彼らの倒錯ぶりには、頭がくらくらする思いだ。

一方、左翼からすると、この問題を突っ込むことは、自衛隊違憲論や非武装中立論と齟齬をきたすという思いがあるのかもしれず、だから追及が鈍るのかなと勘繰ってしまう。私自身は、自衛隊は警察力に限定する程度に縮小する方が良いとは思うが、自衛権自体は認められるべきであると考えている。いずれにしても自衛隊が祖国を防衛し、国民の生命を守るという使命を帯びており、その任務はきわめて重大だ。

そう思うからこそ、事故の真相解明および防衛省や石破の責任追及は、与野党を問わず真剣にやってもらいたいと思う。特に、何度も書くことだが、防衛省の隠蔽工作に積極的にかかわったようにしか見えない石破には、危機管理能力が全くないことがはっきりした。事故の真相を解明するためには、石破の行動も厳しく検証・批判し、最終的には防衛大臣を辞任してもらわねばならない。

最後に、当ブログの読者からも、管理人同様、石破や福田康夫の危機管理能力に疑問を呈するコメントが寄せられているので、これを紹介したい。いずれも、一昨日のエントリ "危機管理能力ゼロの石破茂、福田康夫、それに自民党" へのコメントである。

まず、観潮楼さんのコメント。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-580.html#comment2846
にもかかわらず、TV・ラジオでは「被害者家族が言ってるから」と
石破をかばう声の意外にしぶといこと。
そんなに国家にへつらって何のメリットがあるかと言いたい。
昨日の『毎日』にあった与良正男の『発信箱』を読んで
考え直したほうがいい。

続いて、ブログ 「Dendrodium」 の管理人・わこさんのコメント。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-580.html#comment2855
kojitaken様の仰る通り、石破防衛相だけでなく、福田総理にも危機管理能力が全く無い事を痛感させられています。
此れが国家間のことであった時のことを想像すると、ぞっとするような無能ぶりですよね。

最後に、JMaEndさんのコメント。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-580.html#comment2856
石破、福田の無能を痛感する人が
多ければいいんですが石破をかばう人
は多いんです。ネットウヨみたいな人
ばかりではない感じです。
この見る目なさの方が深刻かと思いました。

皆さん揃って愛国者だなと思うが、残念ながらこういう声は主流にはなっていないようだ。

こんなことで良いのだろうか。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

いつも興味深く読ませていただいております。産経の立場ですが、どうでしょうね。おなじみの面々にジコセキニン論の類をぶたせているので、もう固まっているとも思われます。ちなみに、私が読んで最初に唖然としたのは、以下の西尾幹二氏の文章です。ご参考までに・・・
【正論】イージス艦事故 評論家・西尾幹二 自衛隊の威信は置き去りに
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080229/plc0802290317000-n1.htm

2008.03.02 23:06 URL | noris #PPucW/LA [ 編集 ]

右派言論や右派マスコミが石破茂をかばうのは当然でしょう。
彼は、徴兵制導入論者であり、自衛隊の積極的な海外派兵を主張している超右派政治家です。
そういう人が防衛大臣てことは、右派言論や右派マスコミにとっては最高ではないでしょうか。
国民にとっては悪夢ですが。

2008.03.03 22:41 URL | フーテン #- [ 編集 ]

>フーテン氏
典型的なサヨク理論ですね。そういう思い込みを垂れ流すから必要以上にバカウヨに突っ込まれるんですよ。
石破は徴兵制には反対してますよ。
だからどうだと言われりゃそれまでですが、kojitakenさんは間違いには厳しい方ですんで。

つーより、純粋まっすぐな左派がトンデモ911陰謀論やら水伝やら信じることは批判できるのに、こういう知性を疑わせるコメントやら、「子猫」という名のニセ医師(詐話師)は最後まで信じようとしたり、kojitakenさんも優しい方なんでフーテンさんみたいなウソも生き残るんでしょうが。

2008.03.06 11:59 URL | 鈴木 #fnyBonMs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/582-21620133