きまぐれな日々

今日こそは防衛利権の闇について取り上げようと思っていたら、いきなり山田洋行元専務の宮崎元伸容疑者(69)が東京地検特捜部に業務上横領容疑で逮捕されてしまった。

新聞も一面トップで報じていることでもあり、雑誌記者が先週行った取材に基づく雑誌記事を紹介するのは今日は見送ることにする。この件は当然守屋武昌の逮捕に進展するだろうし、検察はその先にいる久間章生や額賀福志郎も射程にとらえているかもしれない。ただ一つだけ指摘しておきたいのは、防衛利権は従来旧竹下派の利権だったのを、コイズミが守屋武昌を使って防衛利権から竹下派をシャットアウトしようとしていたことだ。だから津島派の石破茂は守屋をかくも敵視するし、守屋がコイズミ人脈だからこそ福田康夫も守屋を切り捨てようとしているのではないかと思う。そして、ほとんどあり得ないとは思うが、この件が大疑獄事件に発展してコイズミの逮捕にまで至れば、日本の政治は大きく変わるだろう。残念ながら、安倍晋三にはあまりつながらないと思う。また、コイズミと親密なはずの小池百合子が守屋とドンパチやったのは、たぶん石破茂あたりにそそのかされたもので、小池としては得点をあげるつもりがとんだ藪蛇だったのではなかったか。

ロッキード事件での田中角栄逮捕は、三木武夫が首相だったからこそ実現した。田中の逮捕や起訴がアメリカの陰謀だったという俗説は立花隆に否定されているが、三木らの政治的思惑なくしては実現しなかったことも確かだ。今回も、福田康夫の腹一つで捜査の展開は大きく変わってくると思う。

それにしても、宮崎元伸の逮捕によって、宮崎を証人喚問することができなくなってしまったなあと思っていたところに、「きっこの日記」 が、「強欲ジジイの茶番劇」と題する記事の末尾で、
つまり、今回の茶番劇は、ナベツネっていう、たった1人の強欲ジジイの書いたシナリオに与党と野党が振り回されてたってことで、あたし的には、今すぐに、ナベツネを国会で証人喚問して欲しいと思う今日この頃なのだ。
と書いた。また、ナベツネらの「大連立」の策謀がどうしても腹に据えかねる当ブログ管理人は、裏ブログ 「kojitakenの日記」 に、
日本をダメにしようとしているのが中曽根康弘、渡邉恒雄、森喜朗の「老害三兄弟」であることなど、いまや誰でも知っている。
と書いた。

すると、宮城ヤスヒロさんのブログ 「なごなぐ雑記」 に、ありがたくもこのフレーズに反応していただき、「老害3兄弟」 という傑作なエントリが掲載された。

老害三兄弟

これは、宮城さん作成の画像だが、爆笑してしまった。私も誰かに替え歌を作ってほしいと思う。菅直人はシブ?イ顔をするだろうけど(笑)。

それはともかく、きっこさんや宮城さん同様、私も宮崎元伸の代わりにナベツネを国会で証人喚問して欲しいと思う今日この頃なのだ。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/496-5a1f7333

旗幟
ところで、これまで他人事のように書いてきたが、オレ個人としては自公民大連立には基

2007.11.09 14:09 | 黒猫亭日乗