きまぐれな日々

福田康夫と麻生太郎が争う自民党総裁選なんて、マトモに取り上げること自体自民党の宣伝になるから、適当に流しておけば良いのだが、いちおう福田と麻生の位置づけをしておきたいと思う。

当ブログは、昨年11月16日のエントリ「安倍晋三につながる極右人脈」で、小泉純一郎を「経済右派」、安倍晋三を「政治思想右派」と位置づけた。現在では、コイズミは「経済極右」、安倍は「政治思想極右」と表現したほうが良いと思っている。というのは、コイズミと安倍の流れのほか、旧来保守である森喜朗の流れがあって、この3つの流れが現在の自民党を支配していると考えられるが(kechackさんのブログ「Munchener Brucke」の記事「誰が安倍内閣を潰したのか?」が興味深い)、旧来保守といっても池田勇人や大平正芳の流れをくむハト派や、三木武夫や宇都宮徳馬などの党内左派はほぼ絶滅状態にあり、森はもともと党内右派で、政治思想的には右派、経済思想的には中道右派あたりに位置づけられるからだ。これとコイズミや安倍を区別しようとすると、この二人の思想を表現するのに「極右」という言葉を使うしかない。

当ブログでは、森らの流れを、宏池会などのハト派と区別する意味でも、「旧来自民党右派」と呼ぶことにしたい。

前振りが長くなったが、今回の「福田対麻生」は「旧来自民党右派」の福田と、「政治思想極右」の麻生の対決ということになる。ともに、経済思想的には「修正構造改革」の立場であり、「コイズミカイカク」すなわち新自由主義を否定するものではなく、せいぜいその行き過ぎを修正する、といった程度のものだ。どちらかというと麻生の方が「構造カイカク」の修正に熱心なように見えるが、その程度でさえコイズミの逆鱗に触れた。自民党において、コイズミは「闇の帝王」として現在もなお君臨しているのである。

以上のことを考えれば、福田と麻生がともに「消費税増税」を打ち出したことは当然だろう。福田は財務省に近い緊縮財政路線と思われるが、これは格差是正の再分配に不熱心ということであり、麻生は企業減税・消費税増税による成長路線と思われるが、これまた企業に甘く家計に厳しい政策である。

「ポスト安倍」候補選びが、一夜にして「福田圧倒的優勢」になったのは、日本テレビの氏家齊一郎や読売新聞の渡邉恒雄(ナベツネ)による政界支配だ、とどこかの下品な極右サイトが叫んで話題になっているらしいが、ナベツネが反安倍4氏と秘密の会合を持ったことは、以前に産経新聞が記事にしていたし、当ブログでも8月30日付エントリ 「ナベツネが「反安倍晋三」の秘密会合を開いたようだが...」 でこれを紹介している。別に大騒ぎするような話ではない。

くだらない安倍の後継者争いにかまけて、たとえばテロ特措法で認められている海上自衛隊の給油の大半が、実はイラク戦争向けであったことなどの重大なニュースが忘れ去られてはならない。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

今回の最初から結果の出ている自民党総裁選の茶番は、テレビと共謀した、国民の自民党に対するガス抜きを目的とする、自民党ロンダリングだというのが私の素直な感想です。

2007.09.23 09:58 URL | scotti #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/453-ce64eacb