きまぐれな日々

防衛大臣がくだらないパフォーマンスを見せているようだが、この品性下劣な女の批判は、多くのブログが書き尽くしてくれているので、当ブログとして付け加えることは何もない。

面白いのは、検索語「小池防衛相」でGoogle検索をかけると、大手マスコミの記事ばかりが検索にかかるが、検索語を「マダム寿司」にすると、「きっこのブログ」が筆頭に引っかかり、「晴天とら日記」が3位、「kimera25」が7位で検索されるなど、「AbEnd」ブログの健闘が目立つことだ。

私は、小池が「『マダム寿司』と呼んでくれ」などと言っているから、逆に意地でも「マダム寿司」となんか呼んでやるものか、と思っており、当エントリを例外として、「マダム寿司」という呼称は用いないつもりだ。単に「小池」と呼び捨てにしようと思っている。小池が防衛大臣を辞めるだのとほざいているのは、落ち目になった元人気歌手が紅白歌合戦の選に漏れる前に「今年の紅白を辞退します」などと宣言することを連想させる。自意識過剰のバカ女の下劣なパフォーマンスはたいがいにしてくれ。言いたいのはそれだけだ。

さて、「Google検索」というと、「カナダde日本語」ではGoogle検索経由のアクセスが半減しているそうだが、当ブログでもざっと4割近く減っている。先月と今月の検索語別のアクセスを調べてみると、先月多かった「参院選」関係の検索語によるアクセスがごっそり減っていて、その影響が大きいようだ。

当ブログでは、昨年9月と比較すると、現在のGoogle検索経由のアクセスは5倍以上に増えているのに対し、Yahoo!検索経由は1.2?1.3倍でしかなく、Google経由のアクセス数がブログへのアクセス数全体の増減と相関が高いのに対し、Yahoo!経由の方は月によって不自然なアクセス数の乱高下が見られる。アクセス数の多かった先月度でさえ、昨年11月の1.3倍に過ぎなかった。その間、全アクセス数は3倍になったにもかかわらずである。「Google八分」とはよく指摘されることだが、Yahoo!検索に関しても、変な操作がなされていると疑った方が良いように思う。

ちなみに、Google検索で当ブログが上位にくる検索語は、「勝谷誠彦」が5位、「大村秀章」が4位、「江島潔」が6位、「アベシンゾー」が7位、「教育三法案」が6位(「教育改革関連三法案」だと1位)などとなっている。但し、教育三法案に関しては、当ブログではなく「サンデー毎日」の功績に帰せられるべきもので、当ブログは同誌の良い記事を紹介したに過ぎない。また、「アベシンゾー」はいうまでもなく「きっこ用語」だが、検索語を「アベシンゾウ」にすると、「kojitakenの日記」が5位にひっかかる。リンク先をご参照いただければわかるが、元ネタは朝日新聞に載った、早野透編集委員の「参院選の争点がカタカナの『アベシンゾウ』になっちゃったな」という言葉である。おそらく、早野氏は「きっこの日記」の愛読者なのだろうと想像する。

Yahoo!検索では、「工藤会」が3位であり、数日前、福岡で暴力団の組長が射殺された事件があった頃、この検索語によるブログ来訪が一時急増した。

なんだかとりとめのない記事になってしまったが、言いたいのは、ブログは検索エンジンに強く、特に政治ブログは層が厚いとはとてもいえないので、ブログを開設してちょっとキャッチーな記事を書けば、すぐにでも検索エンジンでトップページに表示されることが可能だということだ。

参院選で自民党が大敗した現在、より高度なブログ言論が求められる状況になってきたと思う。これまでは、何が何でも政治思想・経済思想双方の右派(前者の代表がアベシンゾーで、後者の代表がコイズミや竹中平蔵)の暴走をがむしゃらに食い止める必要があったが、これからは戦略的思考が求められる。たとえば、ただ単に「護憲」をスローガン的に唱えていれば戦争を食い止め、平和がもたらされるわけではない。軍事力に頼らずして、外交や経済政策によって国力を高めるとともに国際平和に貢献するのは、本来とても高い知力の要ることだ(アメリカに追従するだけなら、コイズミや安倍みたいなバカでもできる)。前にも書いたが、その意味で、改憲派や「タカ派」にまで働きかけようとしている社民党の辻元清美議員などに私は注目している。今後求められるのは、従来的な硬直した「護憲派」ではなく、行動力と戦略を持った「したたかな平和主義者」なのだと思う。そして、その人たちを力づける意味でも、政治思想や経済学に詳しい人たちに、どんどんブログに参入していただいて、いずれについても門外漢である私が運営している当ブログなどあっさり弾き飛ばして、活発な言論を展開してほしいと強く願うものなのである。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

 私も売国女奴、小池が、「マダム寿司と呼んでください」と言うのには従えないので、もっぱら、「マダム虱」と呼んでいます。「なごなぐ雑記」さんでは、「妖怪スシ婆」だそうです。
 「落ち目の歌手の紅白辞退」には、爆笑しました。
 これで安倍は、婆の望みどおり外務大臣にするんでしょうかね?そしたら結局はお友達ですね。

2007.08.25 08:52 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

連続して記事にしたり再論する場合、記事のタイトルを書いてリンクurlを張るだけでなく、自分の元記事へ新記事から、或いは相互にTBを送るという方法もあります。
ネット検索で元記事にたどり着いた方を新記事に誘導することができるし、キーワードが増えることもありSEOアップになります。

2007.08.25 20:52 URL | ゴンベイ #eBcs6aYE [ 編集 ]

>私は、小池が「『マダム寿司』と呼んでくれ」などと言っているから、逆に意地でも「マダム寿司」となんか呼んでやるものか、と思っており、当エントリを例外として、「マダム寿司」という呼称は用いないつもりだ。

わたしもブログを持っていれば、そう書きたいのですが、書けないのが残念です(笑)。しかし、「マダム回転寿司((C)とらちゃん)」というのはなかなかいいんじゃないですか。実態に即していて(笑)。

2007.08.26 04:43 URL | ヤマボウシ #OulKM.Ac [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/431-01ce2a0e

新個人主義政治の不気味
実はここ数日間、ご存じの通りのマダム寿司のご乱行を逐次的に検証したエントリーを延

2007.08.26 06:37 | 黒猫亭日乗