きまぐれな日々

参院選前最後の「週刊ポスト」(8月3日号)に、『安倍官邸は「地震発生」を踏み台にした』という記事が出ている。これを紹介したい。

まず、記事の書き出しが強烈である。


 支持率のV字回復へと藁をもつかむ思いの安倍晋三・首相に、新潟県中越沖地震の第一報が入ったのは発生から4分後だった。
「人命救出に全力をあげろ。私も現地に飛ぶ」
 遊説先の長崎市公会堂の来賓控え室で報告を受けた安倍首相は、生き返ったように元気に見えたという。同行筋がこの時の様子をこう語る。
「久間章生・前防衛相の "原爆しょうがない" 発言で市民感情は最悪だけに、元々長居はしたくなかったのだろう。総理は震災震災対策を優先してすぐ戻る決断をした。表情は厳しかったが、足取りは軽かった」
 総理の謝罪の言葉を待っていた長崎市民は肩すかしを食わされた。

(「週刊ポスト」 2007年8月3日号より)


被災地に飛んだのは安倍だけではない。溝手顕正・防災担当相や甘利明・経済産業相も現地入りした。

だが、安倍らは被災者にあまり歓迎されなかったらしい。安倍が大臣をいっぱい連れてきたのを見て、高齢のおじいさんが『被災者の気持ちを考えろ!』と怒鳴り、周りはシーンとなったそうだ。

ところで、この被災地入りで安倍が真っ先に向かったのが柏崎刈羽原発だったということは、ニュースでも報じられた。このことから、安倍が直ちに原発トラブルの隠蔽を指示したのではないかとの観測もあったが、どうやらそうではなかったようだ。

以下再び「週刊ポスト」より引用する。


 (安倍は)駆け足の視察を終え、とんぼ返りで官邸に戻ると、関係閣僚会議で高揚感そのままの面持ちでこう大見得を切った。
「原発は無事だった。放射能漏れもない。直接、この目で見てきたから間違いない。阪神大震災の村山政権のように、初動を遅らせてはならない」
 ところがこの時、安倍首相はとんでもない失態を演じていた。
 東京電力が刈羽原発の放射能漏れを把握したのは安倍首相視察の約1時間後、午後6時20分だった(翌日の塩崎官房長官の会見による)。
 ちょうど、柏崎小学校を慰問中の頃だが、安倍首相や2人の大臣への報告は大幅に遅れた。
「放射能漏れの情報はその後、東電から経済産業省には報告されたが、総理と甘利、溝手両大臣はヘリ機中だったために伝えることができなかった。官邸に到着した後も、総理たちは屋上のヘリポートから直接、閣議室に向かったので、レクチャーする間もなかったようだ」(官邸筋)
 安倍首相が関係閣僚会議で意気揚々と《安全宣言》した時には、政府内部にも情報は伝わっており、知らぬは現地にいた総理と甘利大臣だけだったのである。

(前掲誌より)


こんな間抜けな話があるだろうか。安倍は、閣僚会議で赤っ恥をかいたというのである。安倍は放射能漏れを聞いて激怒したそうだが、安倍の軽挙妄動の方がよっぽど問題だろう。

「週刊ポスト」の記事は、どこまでが事実で、どこからが脚色なのか、それはわからない。だが、安倍ならいかにもやりそうな失態だと思う。

実際、雑誌の記事中でも学者の指摘や自民党内からの声として書かれているように、総理大臣は危険の少ない地域で全体の指揮を執らなければならない立場にあるのだ。TBSラジオで勝谷誠彦も指摘していたが、総理大臣が被曝したり余震に巻き込まれるリスクの大きな現場になど行ってはいけないのである。

雑誌記事によると、自民党反主流派の閣僚経験者は、「総理は官邸対策室で指揮を執るべきだった。あれは選挙運動のために行ったのだから自衛隊や国土交通省のヘリを使うのもおかしい」と、痛烈に安倍を批判したという。

しかし、これを中川秀直・自民党幹事長に言わせると次のようになる。


「現職の首相が地震発生当日に被災地を訪ねるのはきわめて異例だ。余震が続く中、自らの危険も顧みず被災現場に行き、救命・救援・復旧・復興に一瞬の猶予もなく乗り出す。安倍首相の国民を思う心は半端ではない」

(前掲誌より中川秀直・自民党幹事長の発言)


しかし、同誌も指摘するように、安倍の「国民を思う心」は選挙期間中限定らしく、今年3月25日に発生した能登半島地震では、安倍が現地入りしたのは地震発生から19日も経ってからだった。

安倍は、7月17日に中越沖地震を『激甚災害』に指定すると表明し、翌18日には台風4号の被害を受けた大分を訪れ、「激甚災害の指定もスピード感を持って検討していくことを約束する」とぶち上げたとのことだ。ポスト誌は、安倍が『選挙向けに総理の権限で「復旧事業」のばら撒きを強調しているわけだ』と、皮肉たっぷりに書いている。

年金問題でも、安倍は『総務省に「年金記録確認中央第三者委員会」を設置し、民主党の参考人として国会で社会保険庁の対応を厳しく批判した年金被害者の中村夫妻ら15人を、簡単な審査で「救済」してみせた』(「週刊ポスト」より)。

だが、この第三者委員会も、選挙対策として安倍内閣が急ごしらえしたもので、ごく一部の被害者たちを救済して、批判の矛先をかわそうとしているに過ぎない。

最後に、記事の末尾近くにある北大の山口二郎教授の指摘を紹介する。


「復旧費がいくらかかるか確定していない段階で激甚災害を指示するのはおかしいし、年金の第三者委員会も問題の根本は同じ。選挙で劣勢と見るや、本来の手続きを無視して、政府の権限で何でも片付けようとしている」

(前掲誌より山口二郎氏の指摘)


こんな見え透いた安倍のパフォーマンスに騙される人は、いったいどのくらいいるのだろうか。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

本当に、全くのスタンドプレーですね。
これがB級対策というやつでしょう。
国民は全くバカにされています。

東京電力への叱責
中越沖地震の『激甚災害』指定
年金記録確認中央第三者委員会による年金支払い決定

こうしたスタンドプレーは、数限りなく指摘できます。

天下り規正法案
政治資金規正法改正
年金時効撤廃法案

障害者自立支援法という、内容を隠蔽し、美しいイメージを抱かせる法案名、つまり偽りの看板を掲げる行為は、小泉・竹中・安倍政権の大きな特徴ですよね・・・

こんな偽りの看板に騙されないように、周りに声をかけたいと思います。

2007.07.25 13:40 URL | ossann #XN01D24I [ 編集 ]

新潟県知事、いい動きしてますね。
官邸に呼び出されたのか、これ幸いに押しかけたのか
どっちにしても安倍のほうが挙動不振ではあった。

2007.07.25 15:48 URL | あべこべ #- [ 編集 ]

安倍のスタンドプレーも今ではB層以上の国民に見透かされていますが、B層以下の国民の中にはまだまだ騙される人も多いようです。

やはり、ネットしないテレビだけを見てすごす人たちは騙されやすいようですね。

このところ、『きまぐれな日々』からの訪問客が普通の3倍くらいに増えています。嬉しいことです。

2007.07.25 22:13 URL | 美爾依 #HfMzn2gY [ 編集 ]

 安倍のアフォーマンスは、ブログ言論で早期から批判されてきましたが、メジャーな雑誌で大きく取り上げられたのは、朗報です。
 それだけ、安倍に対する国民の信頼感が無く、何をしても、利己主義なアフォーマンスと捉えられる状況で、選挙戦終盤になってもますます自民党人気が落ちています。
 それなのに、安倍続投論には理解に苦しみます。

2007.07.26 03:49 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

こんにちは。
安倍の行動は、軍事アナリストの神浦元彰氏にも厳しく指摘されてますね。
そのパフォーマンスだけでなく、帰京する際に専用の通信設備のない民間機に搭乗してしまった「愚かさ」と厳しく批判されてます。
http://www.kamiura.com/new.html

2007.07.26 12:26 URL | うがんざき #1GUCpN1. [ 編集 ]

週末に向けて週刊誌が安倍内閣のスキャンダル記事を連発しています。

週刊誌情報では一頭地を抜くkojitaken氏の出番でしょう!


*****

【週刊現代】8月11日号(最新号)
http://www.zasshi.com/zasshiheadline/syuukangendai.html

参院選/小池防衛相、家賃光熱費ナシ議員会館に事務所費4542万円
小池百合子防衛相、自民党、光熱水費/ 週刊現代(2007/08/11)/頁:28

参院選/赤城農水相これが証拠の<ニセ領収書>だ
松田賢弥/赤城徳彦農水相、自民党/ 週刊現代(2007/08/11)/頁:24

★【週刊新潮】8月2日号(最新号)
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

あとの祭り/弟夫婦が「豪華議員宿舎」に住む高市大臣の珍妙な弁明
高市早苗・沖縄北方技術革新等大臣/ 週刊新潮(2007/08/02)/頁:44

2007.07.26 18:35 URL | ゴンベイ #eBcs6aYE [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/410-7838fcf8

自民党はナマズを飼っていたのか
 新潟件中越沖地震で亡くなられた方、お悔やみ申し上げます。被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

2007.07.26 00:08 | 飯大蔵の言いたい事