きまぐれな日々

参議院選挙の投票日である7月29日に用事ができてしまいそうなので、昨日、台風4号の暴風雨を突いて期日前投票を済ませてきた。

この台風は、各地に被害をもたらしている。被災者の方には心からお見舞い申し上げるとともに、台風の進路に当たる地域の皆さまには、十分に警戒していただきたいと思う。

三連休をとられていて行楽の予定に影響の出た方も多いと思うが、レジャーの予定を参院選投票日の29日に振り替える方や、もともと29日に予定の入っておられる方には、是非期日前投票をおすすめする。

昨日、「安倍晋三TBP」にトラックバックされた「きまぐれ手記」さん(弊ブログとは無関係ですw)に、期日前投票の案内が出ていて、お住まいの市区町村名を入力すると、選挙管理委員会のページに飛んで案内が表示されるようになっているので、期日前投票所を確認するのに利用されてはいかがだろうか(ただ、ためしに私の住む県の自治体名をいくつか入力してみたところ、中には他県の選挙管理委員会のページが表示される例もあった)。多くの場合は市区町村の役所で、土曜・日曜・祝日であっても投票できると思う。

そもそも、29日の投票日は、もともとは22日投票のはずだったのが、参院選で劣勢が予想されている連立与党の都合で国会の会期が12日間延長されたために1週間延ばされたものだ。29日になると夏休みに入っている人も多く、投票率が下がって、組織票の多い公明党を含む連立与党に有利になると計算したものにほかならない。だから、国民の側としても29日を行楽などにあてて、猛暑の時期になる前に早めに期日前投票をする権利があると思うし、当ブログとしてもこれを強くおすすめする次第だ。投票はがきを持って、期日前投票所に行けば、宣誓書に必要事項を記入するだけで簡単に期日前投票ができる。早々と有権者の権利を行使しておけば、気分がスッキリすること請け合いだ。

さて、公示日翌日の13日のエントリで、『「アベシンゾー審判選挙」がスタートした』 と書いたが、「週刊金曜日」 (7月13日号)を読んでいたら、北海道大学教授の山口二郎氏が今回の参院選の真の争点について的確に指摘した文章が掲載されていた。これを紹介したい。


「戦後レジームからの脱却」のねじれた構図

 今回の参議院選挙の最大の争点は、年金問題ではなく、安倍政権の存在であるべきだ。年金問題は一つの政策テーマでしかない。安倍政権が統治能力を持っているならば、具体論はどうあれ、年金問題の解決の道筋をつけることはできるであろう。しかし、この政権が統治能力を持っていないならば、政策をいくら議論してもそれを実行できないのであるから、議論は無意味である。

 政権の統治能力を測るためには、指導者の思想や理念がもっとも重要な尺度になる。安倍晋三首相は憲法改正を軸とする「戦後レジームからの脱却」を自らの最大公約として打ち出している。したがって安倍の言う「戦後レジーム」の意味を問うことこそ、この選挙の最重要争点ということになる。

(中略) 安倍が唱える「戦後レジームからの脱却」は、憲法や戦後民主主義を否定し、戦前に回帰することを目指すものである。

 安倍の側近議員が米『ワシントン・ポスト』紙に「従軍慰安婦」に対する日本政府の公的関与はなかったという国辱的な意見広告を出したことなどもそれを裏書きする。他方、久間の原爆正当化発言は、まさにアメリカの歴史観そのものであり、戦後レジームを日本に押しつけた勝者の見方である。この二つの相容れない要素がなぜ自民党という一つの政党の中で併存しているのか。私には、この矛盾こそ現在の自民党の本質を物語っているように思える。

 安倍政治は、いわば時間軸に沿って、過去にさかのぼる方向と、未来に下る方向で戦後レジームを引き裂こうとしている。過去にさかのぼるとは、戦前の日本の侵略や圧制を正当化するという意味である。歴史問題や教育問題に関する安倍政治の姿勢は、この方向である。未来に下るとは、戦後政治の中で自民党政権自身が築いてきた平和国家としての原則や縛りを取り払い、アメリカの軍事戦略の完全な下請けになるための態勢を整備するという意味である。

(中略) 「戦後レジームからの脱却」の本当の意味は、防衛、安全保障の領域で戦後憲法の下でかろうじて日本が主体性、独自性を確保してきた原則を廃棄する点にある。安倍首相が設置した「有識者懇談会」が進めようとしている集団的自衛権の解禁も、ポスト戦後の軍事戦略の露払いである。安倍自身が高度な戦略を持っているとは思えない。むしろ、あれもこれもと手を広げるうちに、矛盾を抱え込んでしまったと見るべきであろう。

 このように整理すれば、今回の選挙の最大の争点が、戦後的なる価値を肯定するのか、否定するのかの点にあることが見えてくるはずである。まさに、この選挙は1960年の安保闘争以来の歴史的意味を持つ選択の機会である。憲法問題が年金問題の陰に隠れたとはいえ、与党が勝てば必ず戦後レジームの破壊を加速するに違いない。国民の政治的判断力が問われているのである。

(「週刊金曜日」 2007年7月13日号より)


まさに論旨明快、読んですっきり腑に落ちる文章だ。

今回、私が「戦略的投票行動」を提唱したのも、この選挙の持つ意味がきわめて重大であると考えたからである。

「戦略的投票行動」を否定するのであれば、それによらず安倍らが狙う「戦後レジームからの脱却」を阻止する戦略を示すべきだろう。それができないのであれば、どんなに理念が崇高であっても、結果として安倍らを助けることにしかならないと思う今日この頃なのである。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

K(空気)Y(読めない)アベシンゾー

>女子高生にまで安倍晋三がバカにされる今日この頃なのであった。

立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 - nikkei BPnet
女子高生も「経験不足」と嘆く 未熟な安倍首相よ、政権を去れ!
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070629_abe/


>「KY」というと、産業界では「危険予知活動」を意味する。

K(キレる)Y(ヤバイ)アベシンゾー

2007.07.15 05:10 URL | K(キレる)Y(ヤバイ)アベシンゾー #eBcs6aYE [ 編集 ]

 その週刊金曜日の記事に類似したエントリーを今日書く予定でした。これでは真似と思われてしまうなぁ。でも書こう。
 ついに、私のブログからTBが通らないのは、こちらだけになりました。

2007.07.15 07:16 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

今日のテレビ報道(報道2001、サンプロ)も憲法の問題を一切取り上げていません。
「戦後レジーム」の意味を問う事こそ選挙の争点であるべきなのに、キャスター、コメンティターは意図的に口を閉ざしているように思えます。
マスコミは真実を報道するという使命を自ら放棄しているか、又は真実さえも分からないような存在に成り下っているのであろか?。
自公政権と同様に、国民を騙す事に加担しているならばこの国のテレビ報道はジャーナリズムを口にするな。

共産、社民、9条ネットには頑張ってもらいたいと思います。

2007.07.15 12:48 URL | ZGP #- [ 編集 ]

AbEndフォーラム
中川自民幹事長の重点攻撃目標は「社保庁」
http://atbb.jp/abend/viewtopic.php?p=1301&highlight=#1301

   ☆   ☆   ☆

Yahoo!掲示板 > 国内 > 政治 > 安倍晋三内閣
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=552019556&tid=0bgdcbf8bb0fb3u&sid=552019556&mid=1&type=date&first=1
中川蛙の指示通りに、社保庁職員>民主党攻撃の投稿で埋め尽くされています(笑)

2007.07.15 13:21 URL | 自民コミ戦は中川蛙が司令部 #eBcs6aYE [ 編集 ]

簡単に言おう。
アベ政権を終わらせるか、
この国を終わらせるか。
そのどちらかだ。

2007.07.15 22:41 URL | 大熊猫 #- [ 編集 ]

初コメントです。
仮に民主が比例で大勝しても、
ネオコン候補が浮上するわけで痛し痒しですね。
過日の『日経』政治面では前原グループが『選挙区の応援』と称して、
全国でメンバー集めをしていると伝えられましたし、
「ネオコン度」を見極めないと「戦略的投票」が霞んでしまいますね。

2007.07.17 21:19 URL | 望潮楼 #- [ 編集 ]

【参院選】投票所の3割で投票終了時間を繰り上げ【要注意】
参院選で全国の投票所の約3割が午後8時の投票締め切り時刻を最大4時間繰り上げる。

投票時間を短縮し投票率を下げれば与党が有利に ― これが自民党・公明党と【深い関係】にある自治体の本音では!?
★★★ 投票終了時間をよく確認する、または期日前投票で確実に投票すること ★★★

asahi.com:参院選投票所の3割、終了早める 市町村合併が影響 - 朝日新聞 2007参院選:ニュース
「若い人ほど遅くに投票する傾向があり、投票時間の安易な繰り上げは若者らの投票機会を奪う可能性がある」
http://www2.asahi.com/senkyo2007/news/TKY200707190556.html
asahi.com:投票終了、繰り上げ半数 津は合併で一律1時間 - 朝日新聞 2007参院選:三重
安易な投票時間の繰り上げは、有権者が不都合なく投票できる機会を確保すべきだという憲法学上の定説にも反する。
http://www2.asahi.com/senkyo2007/localnews/mie/TKY200706290336.html
asahi.com:投票時間、工夫の差? 繰上げ急増、理由強弁さまざま - 朝日新聞 2007参院選:三重
戦後60年の大選択をするのに、1~2時間あせる必要はない。有権者にできるだけ投票の機会を与えるのが選挙の大前提
http://www2.asahi.com/senkyo2007/localnews/mie/NGY200706200009.html
asahi.com:投票時間、「時短」加速 「駆け込み派」ご注意を - 朝日新聞 2007参院選:福島
夜の駆け込み投票派は注意が必要だ。
http://www2.asahi.com/senkyo2007/localnews/fukushima/TKY200707220113.html

2007.07.28 11:25 URL | No More Tax #0qO4p4sk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/400-49710ceb

選挙中HP更新も野党がやれば違反だが、テメエがすれば「法律に則っている」ってかアベ嘘800円内閣は。どんどん期日前投票だ
読売新聞が選挙中のサイト更新を自民党が率先してしているとのヒット 記事を書いてく

2007.07.15 09:14 | 株で儲けて温泉だ