きまぐれな日々

溝口敦著 『パチンコ「30兆円の闇」』 (小学館, 2005年)を読みました。

小生、パチンコはやりません。
パチンコの換金システムや、在日韓国・朝鮮人とのかかわりは、野村進著「コリアン世界の旅」(1996年、講談社)で初めて知ったくらいのものです。
パチンコ業界と警察の癒着については、以前から聞き及んでいますが、よくやるなあと呆れるばかりです。
事実上ギャンブルでありながら、警察が「3店方式」(パチンコ店、景品交換所、景品問屋を組み合わせた仕組)を黙認することによる脱法行為がまかり通る。
1992年の暴対法改正で、パチンコから暴力団を締め出したと思ったら、その代わりに警察がパチンコ業界と深く癒着するのだから、どうしようもありません。
裏ROM、遠隔操作などによるホールのインチキ、攻略法情報を提供すると騙った詐欺、高周波の電波を発振してマシンを誤動作させ、違法に金を稼ぐ「ゴト師」(巨万の金を稼いで本国に送金している中国人が紹介されていた)、北朝鮮への金の流れ、政治家との癒着。政治家では、平沢勝栄氏、亀井静香氏、額賀福志郎氏の実名があげられていますが、私など「パチンコ」というと、前期の平沢勝栄氏とともに、本には実名の挙がってなかった安倍晋三氏を反射的に想起します。
とにかくパチンコというのはぼろ儲けのできる業界のようです。「海物語」のメガヒットを当てた三洋販売の出張所長氏の思い上がった言動が、この本に紹介されていますが(なんでも、「俺を誰だと思ってるんだ、俺の冬のボーナスは2000万円だぞ、俺を怒らせたらホールに「海物語」を入れさせてやらないぞ」などと吠えていたそうです)、三洋グループというのは金沢一族の同族会社のようです(もちろん、当然ながら三洋電機とは無関係です)。三洋物産の社長さんの名前は、金沢要求氏というのだそうですが、同社の常務取締役に金沢全求氏、金沢信求氏の名前があります。容易に想像がつくように、「金沢」は通名で、本名を調べてみたら、社長さんの名前は「金要求」氏でした。
金要求社長の名前に象徴されるように、金を巻き上げられて、業者や犯罪者、中国や南北朝鮮、それに日本の国家権力に食いものにされているのは、一般のパチンコファンです。そして、日本の国富が理不尽にむしり取られていく。
私自身は最初に書いたようにパチンコはやりません。もう17年も前に一度パチンコ屋に入ったことがありますが、数千円をすっただけで、全く面白くなかったため、二度とやる気が起こらず、今に至っています。そのため、パチンコの問題にはこれまで興味がなかったのですが、今後はパチンコをめぐる諸問題にも注意していこう、この本を読んで、そんな気になりました。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
2006.04.23 08:31 | 読んだ本 | トラックバック(-) | コメント(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク

はじめまして。古いエントリーにコメントしてしまいすいません。僕もパチンコはやったことはありません、というか全然面白くないですよね。パチンコ業界と警察が癒着しているということは初めて聞きました。知り合いにパチンコばかりするどうしようもない奴がいるのですが、そいつにこのエントリーを読ませてやりたいです。

2007.10.20 23:29 URL | ふうらいにん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示