きまぐれな日々

今日はあまり時間がとれなかったので、馬鹿馬鹿しい記事でお茶を濁す。

16日、元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代が、参議院選挙の東京選挙区に自民党公認で出馬する見通しと報じられた。また、同じ日、プロサッカー選手の三浦知良選手(カズ)が、参院選出馬のオファーを自民党から受け、これを断ったことを明らかにした。

丸川は、同日付でテレビ朝日を依願退職したから、自民党からの出馬はほぼ間違いないだろう。

以上は、裏ブログ 『kojitakenの日記』 でも簡単な記事にしたので、こちらで取り上げるつもりはなかったのだが、今日、「サンデー毎日」の最新号(5月27日号)に 『自民・民主の女子アナ争奪戦 安倍首相の一押しはテレ朝・丸川珠代?』という記事が出ているのを見つけ、これがなかなか面白い記事だったので、ストレス解消がてらにこちらでも取り上げることにした。雑誌は5月15日発売で、その翌日に丸川がテレ朝を依願退職し、参院選出馬か、と報じられた。図星の週刊誌記事だった、ということだろう。

記事によると、自民党は当初、テレビ東京でキャスターを務めている小谷真生子さんに声をかけたが、色よい返事が得られなかった、小谷さんは民主党の誘いも断り、先日会社社長との再婚を明らかにして、政界入りの噂は立ち消えになったとのことだ。自民党は、宮崎緑にも声をかけたが断られ、現在本命視されているのが丸川だ、と書かれている。

宮崎緑といえば、1986年に朝日新聞文化面のコラムに、当時首相だった中曽根に気に入られていることを誇示するような文章を掲載し、こいつ何者だ、と思ったものだが、その宮崎にさえ断られた自民党が、しかたなく丸川に声をかけたところ、丸川がホイホイと乗っていったというのが真相だろう。

雑誌記事に紹介されている「政治ジャーナリスト」によると、「(丸川は)4月初め、ワンセグ1周年の紹介で官邸を訪問しました。丸川さんは安倍首相の隣に席を占め、司会役として地デジ大使の役割やワンセグの普及状況を解説しました。その間、首相の顔は緩みっぱなしでしたね」とのことだ。
実際、雑誌には安倍晋三と丸川珠代が、ともにヘラヘラとだらしない表情をしている写真が掲載されており、これを見てあまりの馬鹿馬鹿しさに言葉を失った(笑)。

雑誌によると、強力なライバルが出馬すれば丸川も危ういとのことだから、ここは丸川の落選を強く期待しておこう。

なお、「サンデー毎日」の同じ号には、「改正教育三法で教師は大量リストラ死する」というタイトルの、前記丸川出馬の観測記事などよりよほど充実した記事も掲載されていることを付言しておく。

また、同じ日に発売された「週刊朝日」は、先日安倍に脅されてびびったのか、政権批判の記事が影を潜め、死んだような誌面になっていたことも指摘しておかねばなるまい。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/344-b5ea4dad