きまぐれな日々

今日、5月13日は、「AbEnd」にとってとても重要な日だ。

5年前の2002年5月13日、当時内閣官房副長官だった安倍晋三は、早稲田大学で行われた講演会で、「戦術核の保有や使用は憲法違反ではない」という、驚くべき発言をした。

これは、「サンデー毎日」の2002年6月2日号で、「政界激震 安倍晋三官房副長官が語ったものすごい中身?核兵器の使用は違憲ではない」 というタイトルの記事でスクープされ、世に知られるところとなった。

当ブログでもこの件については何度も取り上げている。1月17日の記事でも取り上げた、宮崎学さんの著書 『安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介』 (同時代社、2006年) から再度引用する。


(サンデー毎日の)特集記事は、安倍がこの年の5月、早稲田大学で行った講演内容を報道したものである。そこで安倍は「ものすごい」ことを語っていた。田原総一朗が「有事法制ができても北朝鮮のミサイル基地は攻撃できないでしょう? 先制攻撃だから」というのに対して、こう答えた。
 「いやいや、違うんです。先制攻撃はしませんよ。しかし、先制攻撃を完全に否定はしていないのですけれども、要するに『攻撃に着手したのは攻撃』とみなすんです。……この基地をたたくことはできるんです」
 つづけてこんなことも言っている。
 「大陸間弾道弾、戦略ミサイルで都市を狙うというのはダメですよ。(しかし)日本に撃ってくるミサイルを撃つということは、これはできます。その時に、例えばこれは非核三原則があるからやりませんけれども、戦術核を使うということは昭和35年の岸総理答弁で『違憲ではない』という答弁がなされています」
 要するにここで安倍晋三は、ミサイル燃料注入段階で攻撃しても専守防衛であり、攻撃は兵士が行くと派兵になるが、ミサイルを撃ち込むのは問題ない、日本はそのためにICBMを持てるし、憲法上問題はない、小型核兵器なら核保有はもちろん核使用も憲法上認められている、とぶち上げたのだった。「ICBMは攻撃兵器だから持てない」という政府見解にも反する意見だった。

(宮崎学&近代の真相研究会編 『安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介』=同時代社、2006年=より)


この早稲田大学の講演会から4年後の2006年5月13日、安倍晋三官房長官は、統一協会系の「天宙平和連合」(UPF)に祝電を送った。これは、昨年5月14日の韓国版「世界日報」の電子版によって報道された。

日本ではしばらく知られていなかったが、6月3日に「2ちゃんねる」にこのことを知らせる書き込みがなされ、それを6月5日に 『カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記』 が取り上げ、さらに「在韓広島人」・ハムニダ薫さんのブログ 『薫のハムニダ日記』 が「世界日報」の記事を日本語訳した。さらに、翌6月6日に「きっこの日記」が取り上げた(ソースは示していない)ところからネットで広く知られることになった。

「カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記」より
『安倍晋三内閣官房長官、統一協会主催合同結婚式に祝電』
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060605#1149446431

「薫のハムニダ日記」より
『今も最低だけどポストも最悪』
http://hamnidak.exblog.jp/d2006-06-05

「きっこの日記」より
『80分の爆笑独演会』
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060606


当ブログも、昨年6月6日の記事(この時点ではソースを突き止めていなかった)および同6月7日の記事で取り上げ、これが6月18日にスタートした 「AbEndキャンペーン」 に参加するきっかけになった。

しかし、腰の引けたマスコミがなかなかこの件を取り上げようとしなかったことは、昨年6月23日の記事で指摘した通りである。

その後、安倍は念願の総理大臣になり、やりたい放題の独裁政治を推し進めているが、統一協会との癒着の疑惑や、耐震強度偽装事件やライブドア事件でも名前の出た、非公然後援会の「安晋会」をめぐる疑惑が消えたわけでもなんでもない。

そこで、1年前の「祝電事件」を読者の方々に思い出していただきたいと思う次第である。


 「この壺がいいね」と君が言ったから
    5月13日は祝電記念日♪

               詠み人知らず


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

>祝電記念日

おお、そういえばそうでしたね。
(6月5日が記念日という印象が、なんとなくある。
発覚して騒ぎになったのが、6月だからだけど。)

2007.05.13 16:42 URL | たんぽぽ #ZiqE0vWU [ 編集 ]

たんぽぽさん、

6月5日の方が字あまりが1字で済んで良いんですけどね(元歌も7月6日だし)。

個人的には、「666の獣」の日である6月6日の印象が強いです(私が知ったのはこの日だったし、安倍晋三にふさわしい日だからw)。

2007.05.13 16:51 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ドレミファソラシドのソは太陽、ラが宇宙を意味するらしいのにちなんでソラと名乗りますが

古寺多見さんはご存知かもしれませんが畑田重夫さんという平和運動家のかたの活動とその先見性は今年2007年のこととその先を見抜いておられるようです。

実は2004年の9月に和歌山で次のような講演があったのです
畑田重夫氏講演
http://www.eonet.ne.jp/~waheiwa/katsudo/sokai040924/hatadashikoen.html
朝鮮戦争と日本
http://www.oct.zaq.ne.jp/afalv507/heiwa1.htm

結局、アメリカの背後の裏権力が狙っているのが戦争による世界覇権ということの実行部隊にこれからの日本の青年たちの尊い命が失われる可能性が日増しに高まっているのが現状のようです。

「こころのノート」なるものを小さいうちから配布して国民投票で憲法改正とマインドコントロールさながらの所業だけにとどまらずですかね?

本日発売の週刊ポスト5月25日号のP30~33に書いてあるもしかしての6・23解散&衆参同日選の可能性なども含めてキナ臭い動きがいよいよ本格化してきてるようです。

畑田氏もご高齢にもかかわらず必死の覚悟で平和のための啓蒙活動に邁進されているようです。

草の根でも微少でも継続していくことが重要だと再認識されました。

余談ですが自公政権が崩壊しても新たな保守合同政権の可能性も潜んでいると感じるんですが、いろんな情報を調べてまたなにか分かれば投稿させてくださいね。

2007.05.14 11:51 URL | ソラ #- [ 編集 ]

この朝鮮戦争と日本の元のHOMEをbackをクリックして読んでみると、いろんな情報がありますが過去のどの戦争もアメリカ製作でビックルがびっくりして鼻から溢れでてきそうなくらいです。

ということは、またもやアメリカ製作の局地戦が心配=どこを狙ってるのかも悪べーはある程度知ってるのかな?

アメリカの手のひらを返したような朝鮮に対する政策の変化と対中問題など

いろんな仕掛けが見え隠れするのですが、緩衝作戦、当て馬作戦、なんでもありの日米合同防衛網の傍ら韓国にも両天秤だったりして

とにかく日本の一般人の受難はこれからもまだ多いと思われます。

そして情報をみんなに伝えることも大事な平和運動ですよね!

2007.05.14 12:15 URL | ソラ #- [ 編集 ]

連続投稿をすみませんが、「こころのノート」の問題も注意しておくことだと思います。

次のサイトに詳しい批評がありますが、要するに徴兵制や思想統制につながるのを子供のうちから叩き込むの術だと感じます。
「心のノート」の教育法・教育行政上の問題点
http://osaka.cool.ne.jp/kohoken/lib/khk210a1.htm

悪べーはやっぱり既成事実をなし崩し的に隙を見ながらやっているのとその背後の勢力図も黒い影や黒いカルト、黒い外資などに操られ、援護されているみたいですね?

手遅れにならないように平和のための情報伝達だけでもお役にたてるようにソラはがんばります。

過去に学んで未来の危険を防ぐには、多くの一般人が真の平和のためにコミュニケーションしていくべきではないでしょうか?

2007.05.14 12:31 URL | ソラ #- [ 編集 ]

心のノートの別の批評サイトもありました
心のノートガラガラポン
http://homepage3.nifty.com/gakuronet-takatsuki

悪ベーは、ヒトラーみたいにこれからの若者を洗脳していくのがありそうで怖いです。

2007.05.14 12:37 URL | ソラ #- [ 編集 ]

ソラさん、
はじめまして。興味深いコメントどうもありがとうございました。じっくり読ませていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

2007.05.16 01:47 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/340-34d1162a