きまぐれな日々

ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引事件で、証券取引法違反容疑で起訴された村上ファンド前代表・村上世彰被告の論告求刑公判が11日、東京地裁で開かれ、検察は懲役3年、罰金300万円、追徴金11億4900万円を求刑した。

これを報じる東京新聞記事のURLを以下に示す。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007051102015287.html
(リンクが切れている場合は、ここをクリックして下さい)

いうまでもなく村上は、ライブドアによるニッポン放送株買い占めに関するインサイダー取引容疑で逮捕・起訴された。

そのライブドアについて、現在発売中の「サイゾー」 2007年5月号は、『暴力団と新興企業との闇 ライブドアにも黒い噂が!?』 と題した記事を掲載している。

以下、同誌から少し引用する。


 ライブドア前社長・堀江貴文被告への実刑判決と軌を一にして、"新興企業の闇"に再びメスが入りそうである。キーになるのは、「フロント企業」(暴力団の資金源になっている関連企業)だ。警察当局はここに来て、証券市場で活発な動きを見せているフロント企業に対して、徹底した取り締まりに乗り出したのだ。
 「警察は、これまで検察としか組まなかった証券取引等監視委員会の力も借りて、摘発に動いています。ターゲットは、指定暴力団山口組の拠点がある西日本の株式市場です」(社会部記者)

(中略)

 ヘラクレス上場「ビーマップ」の株価を不正につリ上げていたとして、パチンコ情報会社「梁山泊」の関係者を2月に逮捕したのは大阪府警。
 「こちらも暴力団関係者が逮捕されているが、府警が最も関心を寄せているのが、京都の同和団体とゆかりのあるK。脱税の嫌疑がある元ライブドア幹部の指南役ともいわれ、ライブドアの暗部を知る人物ともいわれている」(府警担当記者)
 ちょうど同じ頃、監視委はヘラクレス上場の沖縄企業「サイバーファーム」にも捜索の手を伸ばしている。
 「同社はライブドア事件の渦中に変死体で見つかった、エイチ・エス証券の野口英昭氏との関係が取りざたされている会社。エイチ・エス証券は、同社の事務幹事証券会社でもある。どうして野口さんが沖縄で変死したのか。その背景を探る狙いもあるようです」と、前出の社会部記者は指摘する。

(「サイゾー」 2007年5月号 『暴力団と新興企業との闇 ライブドアにも黒い噂が!?』 より)


さらに記事は、昨年1月のライブドア強制捜査の前に、東京地検特捜部が大盛工業を舞台にした株価操縦事件を手がけた時、警視庁が特捜部と一緒に山口組の関係先を家宅捜索し、ライブドアと山口組の関係をにおわす重大な証拠をつかんだことを皮切りに、ライブドアと山口組系暴力団・弘道会の事実上のトップとのかかわりまで突き止めたとしている。

『証券市場には、実は北朝鮮や中国の資金も流れ込んでおり、この資金を暴力組織が運用しているのではないかと当局は疑っています』

という、「社会部記者」の見方を紹介しながら、「サイゾー」の記事は、

『闇はどこまでも深い。まずは、新興市場のブラックマネーを追い切れるのか、今後の捜査の行方が見ものだ。』

と締めくくっている。

この記事の信憑性は全く不明であるが、ライブドアをめぐる今後の動きに注目したい。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/339-b92e736a