きまぐれな日々

ブログをやっていると、最新のネット情報ばかり追いかけるようになってしまいがちだ。誰が真っ先にその情報をつかんだか、などとくだらないことが話題になる。やれ、耐震偽装の情報は「きっこの日記」より「2ちゃんねる」の方が早かったのどうの、という類である。

私は、耐震偽装問題については、一昨年11月から「きっこの日記」と「2ちゃんねる」の両方を追いかけていたので知っているのだが、断片的な情報では確かに2ちゃんねるの方が早いことが多かった。しかし、「2ちゃんねる」に出てなくて「きっこの日記」にだけ出ている情報は確かにあったし、それに何より、点をつないで線にしようとしていたのは「きっこの日記」の方だった。両者には、質的な違いがあったのである。

そして、自らブログを始めてみると、時期的には古くなってしまった情報を発掘して新たな光を当てると、出来事を再検証することができることを思い知った。フローだけじゃなくてストックも重視しなければならない。それにそもそも私には一次情報を素早く入手できるルートなど持っていない。

それに気づいて、ある時期から、書籍の紹介や、ちょっと古い雑誌記事の見直しなどを行い、ブログで紹介するようにしてきた。情報の洪水に流されて本質を見失ってはいけないと思う今日この頃だ。

そして、世の中には絶対に忘れてはならないことがある。昨日の阪神大震災メモリアルデーもその一つだが、今日1月18日が、ライブドア事件に絡んで変死を遂げた野口英昭さんの一周忌に当たることも、絶対に思い出さなければならないことの一つだろう。改めて野口さんのご冥福をお祈りしたい。

立花隆さんは、「彼(野口英昭さん)が死んでしまったが故にこの事件の背後に横たわる巨大な闇の世界とのつながりを追求する手だてが永久に失われてしまった」と書いているが(「メディア ソシオ-ポリティクス 第72回 『堀江被告の保釈・幕引きで闇に消えたライブドア事件』より)、私はそうは思わない。野口さん怪死事件の真相究明への努力は、今も続けられていると思うし、何よりライブドア事件には新自由主義の暗部が潜んでいる。すなわち、市場原理で全てが決まるかのように装いながら、その実「勝ち組クラブ」ができていて、彼らだけがオイシイ思いができる裏のシステムがある。「投資事業組合」の実像が暴き始めようとされたまさにその時、民主党の永田と前原が「偽メール事件」という奇怪な事件を起こして、真相究明はウヤムヤになったが、永田も前原も、コイズミ一派以上に過激な新自由主義者であることを見逃してはならないだろう。

今、政権側と反政権側の対立軸は大きく二つあって、一つは政治思想的対立、すなわち安倍内閣が進めようとしている国家主義的(極右的)政策の是非で、もう一つは経済思想的対立、すなわちコイズミ以来の新自由主義路線の是非だ。

前者は、日本の軍国主義化を望む国民は少数だと思うが、憲法問題については、長年にわたる改憲勢力の努力が実を結んできていて、新聞の世論調査でも、改憲を是とする意見の方が非とする意見より多いという結果が出始めている。これを受けて、朝日新聞や毎日新聞には社論を転換しようという動きがあるのではないかと私は思っている。現に、朝日新聞の発行している論壇誌「論座」の編集長は、14日のテレビ朝日の「サンデープロジェクト」で、自らが改憲派であることを公言した。

こういう背景があるから、安倍政権は「改憲」の是非を参院選の争点にしようとしているのだ。もし、この土俵に反政権側が乗ったら、選挙は与党が勝つだろう。

その意味で、民主党が生活の問題を参院選の争点にしようとしているのは、正しい戦略だと私は思う。この間の「ホワイトカラー・エグゼンプション」も、政権は法案の成立を断念せざるを得なかった。つまり、新自由主義路線の是非を争点の中心に据えるなら、選挙で十分与党を敗北に追い込むことができると思うのだ。

とにかく、コイズミの呪縛を一刻も早く断ち切ることが、反政権側の喫緊の課題だと思う。「AbEnd」のブログの中からも、コイズミを持ち出して、「小泉の主張ははっきりしていてわかりやすかった。それに比べて安倍は...」などという論法で安倍を批判をする記事が現れたので、私は危機感を抱いた。新聞などでは、このような形での安倍批判はよく見かけるが、「AbEnd」を標榜するブロガーまでもがそんな路線に乗ってはダメだ。本末転倒とはこのことだろう。そう思った私は、昨年の12月26日、『コイズミへの回帰ではダメだ。コイズミも安倍晋三もともに否定しよう』というタイトルの記事を書いた。

コイズミの「カイカク」は幻想に過ぎず、その実体は国民を不幸にする政策だった。現在、格差社会問題で安倍晋三が叩かれているが、安倍は、国家主義的な政治思想には興味があっても、経済政策には何の興味も持っておらず、周囲に言いなりになっているだけの男だ。経済政策問題で真に批判されるべきなのはコイズミであり、竹中平蔵なのである。

「AbEnd」のキャンペーン名を命名するのに一役買った私が書くのもなんだが、今後は「AbEnd」もコイズミ批判に回帰しなければならないと思う。「ポスト安倍」が「コイズミ」だという説も根強くあるからだ。昨日のエントリではないが、安倍が「狗(イヌ)」ならコイズミは本当の猛獣だ(虎やライオンにたとえたら、たとえられた動物が気の毒なので、何にもたとえずにおく)。とにかく国民を不幸にするコイズミ?竹中の新自由主義路線。これは、何が何でも倒さなければならない。何度も書くが、保守の中にだって新自由主義路線に反対する人たちは大勢いるのである。

これを倒した時、新自由主義の暗部ともいえるライブドア事件にも新たな光が当てられ、野口英昭さん怪死事件の真相究明にも進展が生じることになるのではないか。私はそう予想している。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

kojitakenさん、
今日は野口氏の一周忌だったんですね。野口氏の奥さまやお子さんやご両親はどんな気持ちで今日の日を迎えていらっしゃるのだろうかと思うと、胸が熱くなります。

FC2ランキングで1位ですね♪おめでとうございます。このところ、すごくいい記事が目立つので、kojitakenさんが1位になってとても嬉しいです。この調子でがんばってくださいね。

2007.01.18 15:07 URL | 美爾依 #- [ 編集 ]

内需拡大、規制緩和、痛みの伴う構造改革、などと名前だけが一人歩きし、国民はその内容もわからず(10年以上も前に、この10年を予想し、的中させた経済評論家もいますが)、自民党、あるいは自公政権を支持したきた「つけ」がここに現れたのでしょう。

コイズミ―竹中の新自由主義路線を経済界の後押しで継承したアベ政権ですが、「アベに比べたら、コイズミのほうが良かった」などというのは、kijitakenさんが書かれているように、間違いですね。

野口さんの死から1年ですか。この一年で裏のおいしい部分が明らかにされてきましたが、まだまだ真相は隠されているし、本当の悪が罰せられていない、というのが不条理です。司法もマスコミも権力と一体化しているからね。

2007.01.18 19:01 URL | 非戦 #34AJjkhM [ 編集 ]

<民主党の永田と前原が「偽メール事件」という奇怪な事件を起こして、真相究明はウヤムヤになったが、永田も前原も、コイズミ一派以上に過激な新自由主義者であることを見逃してはならないだろう。
この記事から考えると永田と前原は小泉と一緒になって真相を隠蔽したように思えますが、これは暴論でしょうか。自公を愛知県からそして参議院で倒したいのですが。

2007.01.18 20:27 URL | 松本清張 #a7gum4DI [ 編集 ]

美爾依さん、
コメントありがとうございます。
FC2のランキング1位は、「カナダde日本語」が数日間政治記事をお休みしていた一瞬のできごとに過ぎなくて、すぐ2位に戻りますよ。でもウヨには抜かされたくないですね(笑)。
私が「カナダde日本語」を知ったのも、野口さんの事件を熱心に追っているブログとしてでした。今「AbEnd」で協力させていただいているだけでもうれしく思っています。

2007.01.18 22:06 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

非戦さん、
コメントありがとうございます。私のHNは「kojitaken」ですので、間違えないでくださいね♪(笑)
一応、レーガノミクスだとかサッチャリズムなどを日本にも導入しようという動きは昔からあって、中曽根にしても小沢一郎にしても昔はそうでしたよね。だから、10年前どころか20年以上前からネオリベの問題点は指摘されていたと思います。
だから、安倍がだめだからコイズミ復帰なんて論外、論外。
ちょっと前のエントリで紹介した栗本慎一郎さんの本に書かれているように、コイズミなんかが復帰したら、本当にニポン、いや日本は終わってしまいますよ。

2007.01.18 22:16 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

松本清張さん、
コメントありがとうございます。
確たる証拠はありませんけど、永田と前原が人身御供となってコイズミや安倍晋三を守っただろうということについては、私には確信めいたものがあります。
私は、民主党は前原一派をいずれ党から叩き出さなければならないと思っています。ただ、今はまだその時ではありません。

2007.01.18 22:21 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

kojitakenさん、

私は、kojitakenさんって、何十回って書いてきているのに、今日はまたkijitaken(笑)って書いていますね。
これを編集訂正したかったのですが、今日はパスワードまで誤記入して、そのパスワードを覚えていないので、訂正できません。
ごめんなさい!(涙)

美爾依さんもkojitakenさんもウヨクを負かしてくれていて、嬉しいです。

2007.01.18 23:46 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

kojitakenさん

最近ブログをあまり書いていない僕ですが、別に安倍晋三の肩を持つつもりは毛頭ありません(笑)

「AbEnd」もコイズミ批判に回帰しなければならないと思うという点はまさしくそのとおりだと思っています。
安倍晋三の化けの皮は思った以上にあっさりとはがれましたが、小泉政権の行った政策がどれだけひどいものか郵政民営化選挙で小泉支持に回った人たちはいい加減に気づくべきだと思っています。(気づいてない人が多すぎると思ってます)

にもかかわらず、安倍ヨイショ系のメディアは小泉復活みたいなことを言っていて背筋が凍りそうになりました。

今はブログに時間が取れませんが、ここで紹介されている参考文献は一度目を通したいと思います。

2007.01.19 00:31 URL | 風に吹かれて #- [ 編集 ]

 さて、今度のAPA事件では、誰が殺されるだろうか??

2007.01.26 10:14 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/228-312dd8fc