きまぐれな日々

プロ野球の交流戦速報を見ていたら、広島対西武戦で、広島の先発がダグラス、西武の先発がグラマンとなっていました。

これを見て、航空機メーカーの名前、そしてかつての「ダグラス・グラマン事件」を思い出された方も多いかと思います。

米ダグラス社、グラマン社から航空機発注をめぐって、不正な金銭授受があったとされる事件。当時、ロッキード事件を上回る大疑獄事件になるのではと言われ、先日亡くなった松野頼三氏が5億円を受領したことを認めたものの、時効が成立していて罪に問えず、また、岸信介元首相の関与が「海部メモ」で明らかになりながら、岸氏の証人喚問さえなされず、結局日商岩井から逮捕者を出しただけで、政治家の逮捕には至りませんでした。
この事件では、キーマンと言われた日商岩井の島田常務がビルから飛び降り自殺をしたため、捜査が難航しました。

今年のライブドア事件でも、キーマンと言われた野口英昭氏が「自殺」する一方、松野頼三氏は小泉内閣の「指南役」と言われて最晩年まで活躍し、巨悪中の巨悪と言われた岸元首相の孫である安倍晋三氏が、次期総理大臣の座をうかがっています。

30年近く経っても、何も変わらないのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト
2006.05.16 20:30 | 疑獄事件 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク