きまぐれな日々

この間から頭に引っかかって離れなかった言葉がある。

「市民的勇気」である。

音楽評論家の吉田秀和が、朝日新聞のスター記者だった本多勝一が1990年頃に同紙に連載した旧東独に関するルポルタージュ(のちに「ドイツ民主共和国」として単行本化)を朝日新聞の「音楽展望」で称賛した時、この通りの表現だったかどうかは忘れたが、これを意味する言葉を用いた。そのことに、この間「きまぐれな日々」で軽く触れて以来気になっていたのだ。

そこで、昨日、「市民的勇気」をサーチワードとしてネット検索をかけたら、ある記事を見つけた。

ブログ「憲文録?別冊」の2006年3月21日付の「教育と市民の勇気」である。URLは下記。

http://blogs.dion.ne.jp/kenbunroku/archives/3074913.html

これは、大変印象的な記事だった。詳しくはリンク先を参照いただくとして、そこでも触れられている、ジークムント・バウマンによる「市民的なるもの」を特徴づけした記述を、孫引きになるが以下に紹介する。

「市民的であるということの要点は、見知らぬ者と関係をもつにあたって、変わった点をかれらの欠陥と考えないこと、変わった点をなくすよう、あるいは、見知らぬ者を見知らぬ者たらしめている特徴を強制するよう、圧力をかけないことにある」

ジークムント・バウマン 「リキッド・モダニティ 液状化する社会」より)

さらに、20世紀前半に、アメリカ連邦最高裁判所のブランダイス裁判官が、ホイットニー事件の裁判の時に述べた少数意見も、同じリンク先の記事から孫引きで紹介する。

「私たちの独立を勝ち取った人びとはこう信じていた。すなわち、国の最終的な目標は、人びとが自由に自分たちの能力を発展できるようにすることにある。そして、政府においては、討議の力は恣意を退けるはずである。彼らにとって、自由は、目的としてだけでなく、手段としても価値あるものだった。彼らの考えでは、自由は幸福の秘訣であり、勇気は自由の秘訣である。思うままに考える自由、考えるままに話す自由は、政治的な真理を発見し広めていくのに不可欠な手段である。自由な言論と集会がなければ、議論は不毛である。このような自由が保障されてこそ、議論は、有害な考えの広まりに対する日常十分な程度の防波堤となりうるのである。自由に対する最大の害悪は、怠惰な人間である。公共の議論は、政治的な責務である。そして、このことは、アメリカの統治の基本原理たるべきである。」

「彼らは、あらゆる人間の制度に潜んでいる危険を承知していた。しかし、彼らの理解では、秩序は、その侵害に対する処罰の脅威だけでは保つことはできない。思考と希望と想像力を弱める危険がある。恐怖は抑圧を生む。抑圧は憎しみを生む。憎しみは安定した政府を損なう。安全への道は、抱いた不満と提案された救済について自由に議論する機会を保障することにある。害ある助言に対する適切な救済は、良い助言である。公共の議論を通じて発揮される理性の力を信じ、彼らは、法のよって強いられた沈黙??最悪のかたちの力の議論??を避ける。支配的なマジョリティによる一時的な専制〔の危険〕を認識し、彼らは、憲法を修正して、自由な言論と集会を保障しようとしたのである。」

(Whitney v.California,274 U.S. 357(1927))

これを受けての、ブログの管理人さんのコメントも紹介する。

 この私の大好きな一節に引きつけて、2つの点を書いておきたいと思います。第1は、前回の投稿の繰り返しになりますが、日本国籍を持たないというだけで外国人をおしなべて「リスク」要因として管理しようとする発想は、上で引用したブランダイスの精神からもっとも遠いところにあるということです。自分たちとは違うという理由から、何をしでかすかわからない存在として、そこに「抽象的な危険」を見いだす態度は、けっして「市民的」ではありません。そのような抽象的な危険に怯えて、見知らぬ他者を排除しあるいは囲い込むのではなく、ぎりぎりまで他者と向き合いねばり強く議論する、それが市民にとってふさわしい態度だからです。ぎりぎりまで我慢すること。具体的な危険が差し迫った状況にいたるまで、他者に対して討議のチャンネルを開いておくこと。このような考え方が、「明白かつ現在の危険の法理」の核心にあります。

 第2は、市民的勇気を涵養し、市民的能力を鍛錬するには、子どもたちに対する政治教育が重要だということです。冒頭掲げた『教育』の著者広田先生は、『「愛国心」のゆくえ―教育基本法改正という問題』(世織書房・2005年)においてその点を強調しています。教育基本法8条1項は次のように規定しています。「良識ある公民たるに必要な政治的教養は、教育上これを尊重しなければならない」。これを受けて、学校教育法は、高校の教育の目標つとして次の点を掲げています。「社会について、広く深い理解と健全な批判力を養い、個性の確立に努めること」(42条)。とりわけ、バウマンがいう市民性の涵養こそが、大切です。

「憲文録?別冊: 教育と市民の勇気」より)

大変素晴らしい記事だ。

教育基本法の「改正」は、決して足早に通り過ぎて良い問題などではなかった。

このブログを運営しておられるのは、北海道にある北星学園大学の岩本一郎教授だが、同じブログの記事「朝日と人間の証明」によると、岩本先生の家では「北海道新聞」と「朝日新聞」の二紙をとっていたが、教育基本法改正に関する、朝日のあまりに腰が引けた姿勢に頭にきて、ついに朝日の購読を止めてしまったそうだ。

朝日新聞は、ジャーナリズムの誇りも勇気も失った三流紙になり下がったというしかないだろう。

そもそも、「ジャーナリズム宣言」などというCMを流すこと自体、朝日新聞がジャーナリズム魂を失った証拠だと、私は思っている。

「美しい国へ」を掲げる総理大臣が、日本を、戦争のできる「醜い国」にしようとしているように。

#この記事は、「kojitakenの日記」に公開した記事とほぼ同一内容です。同ブログのコメント欄にいただいた非戦さんのリクエストにより、「きまぐれな日々」に掲載することにしました。

以下に「kojitakenの日記」への非戦さんのコメントを紹介します。

# 非戦 『この日記、とってもいいから,「きまぐれな日々」に取り上げてくださいね。北海道の大学の先生のブログの最新のところに、改正の翌日の苅谷剛彦先生の論説を批判するところは,同感!です。どうして改正反対の先生がこんなことしか書けないのか、内容を朝日が捏造したのか,と思ったくらいびっくりしました。反対の声をこの程度にしか見ていないのか,国民がチェックだって!そんなこと無駄とは言わないけれど,どんな法律でもそれ自体ひどいものなのにさらに政府が暴走するから、法律が成立しないように、市民は必死だったのに。と悔しい思いで読んだ論調だったので,同じことをこの夫婦は考えていらっしゃたんだなと心強く思いました。』 (2006/12/28 09:07)


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。kojikitakenさん。
今の日本は、私の好きな日本ではなくなりつつあります。
堅苦しい国になったな、嫌な国になったなと思わず言いたくなります。
何も知らない子どもたちに愛国心や、国旗掲揚や国歌を強要する、教師が国旗や国歌のことで学校や父兄の方針と板挟みになり、命を自らの手で絶ってしまうような痛ましい事件が卒業式間際になるとおきていることを考えると愛国心とは何か?と問わずにいられません。
この国が目指す愛国心は昔の子供たちに植え付けた偽りの愛国心と同じに見えます。
学校にお宮を作り生徒たちに拝礼させたり、いもたこなんきんの話ではないけれど教師が教育勅語の暗唱を間違えただけで命を絶つような悪夢はもうたくさんです。
敗戦後、一応、日本は民主主義の国になり、身の安全と信教の自由は保障される国となりましたが、最近になり愛国心、愛国心という言葉が出てくることに不安を隠せません。
今、必要なのは、相手との違いを認める教育、歴史の真実を語る授業、隣国との友情を育む教育ではないでしょうか?
隣国の彼らから学ぶことは沢山あると思います。
愛国心の強要を子供たちにするより何倍も有益ではないでしょうか?
愛国心を強要したりこれを試験や面接、成績として評価すれば、必ず反発だけでなく、憎悪も生まれるし、口先だけの卑怯な人間をつくりだすことになります。
教師はそのようなことに手を借してはいけなません。
子供たちには愛国心よりも未来を信じている明るい笑顔が似合います。

2006.12.29 10:54 URL | 奈央 #TOLtnsXs [ 編集 ]

kojitakenさん、「市民的勇気」の記事をこちらにも掲載していただき、ありがとうございます。

「思うままに考える自由、考えるままに話す自由は、政治的な真理を発見し広めていくのに不可欠な手段である。自由な言論と集会・・・このような自由が保障されてこそ、議論は、有害な考えの・・・防波堤となりうるのである。自由に対する最大の害悪は、怠惰な人間である。」

重要な指摘です。一市民も怠惰になってはいけないのです。この点に強く同感します。

記事とともに、どんな意見や論調をいつ掲載するかで、マスコミの姿勢、そのメディアの立ち位置がわかりますね。

2006.12.29 10:59 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

奈央さんのご意見にも同感です。

朝から晩まで、教師も生徒も「愛国心」で頭がいっぱいなんていう学校になったら、ちっとも楽しくないです。怖いところになってしまいそうです。
今、学校に縁のない私ですが、学校に行ったら、いつも日の丸が掲げられていて、そこに敬礼しなければならなくなるのでしょうか。内村鑑三が、教育勅語が奉納されている奉安殿への敬礼の角度が足りなくて、教師をやめたか処分されたんですよね?
今でも、君が代の声の大きさを測るなどということをしているそうなので、いろんなばかげたことを「愛国心」の評価にするんでしょう。
のびのびとしたおおらかな学校生活や別れを惜しむ卒業式が儀礼的な冷たいものになってしまうようで、寒寒とした気持ちになります。

2006.12.29 11:10 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

kojitakenさん、お久しぶりです。
チョッと間があくと、サーと色んな事件の中で、サッキ迄何を考えていたのか、ドコにどの意見を書いたか? 喪失してしまいます。
ぱっと、記事内容なりコメンターの名前なりを見て、あ、ここか、とか・・。毎度同じだと飽きられるので、気分で幾つかHNを使い分けたりして、「らくちんランプ」さんところでは5つも名前が並びそうだったのでカイメイしたり・・。余計探しにくく、自分でしていて・・。

>「市民的勇気」
僕が体験したそれは「世界市民的」でした。
鶴見俊輔さんがおっしゃていたのもそうでしょう。けちな「愛国」は「亡国」に過ぎない。
ひとりで他(国)に曝されると、ずっしり実感できますね。あ、自分はへたれナンヤ、と。
それ(=ヘタレ)をどっちに向けるかでショウね。力学の方向だけ。
ちっぽけですから、何するにしても・・。
しょせんヘタレはヘタレ、されど「ヘタレ」。
へへへ。
ガス状星雲から、銀河は生まれるんですよ。
風から「カマイタチ」ナンテけちな話はもう卒業し、次は「銀河」創世です。
2007年は、ブロガー主導「世界市民的」銀河伝説・創世記の開幕の年と、勝手にしときます、です。
今年はその序曲の年でした。もう聴こえていますね。あちこちのブログで。

では、よい御年を。
来年も宜しくお願い致します。

2006.12.30 21:09 URL | 三介 #CRE.7pXc [ 編集 ]

はじめまして。「憲文録」の管理人の岩本です。私の大好きなブランダイス裁判官の言葉を多くの人に読んでもらえる、そんな機会を作っていただいたこと、たいへん感謝しております。今後とも拙ブログともどもよろしくお願いいたします。

2006.12.30 22:28 URL | kenbunroku #- [ 編集 ]

コメントをお寄せ下さった皆さま、どうもありがとうございました。
引用元の記事を書かれた岩本先生にお越しいただけるとは、光栄の限りです。
ブランダイス裁判官の言葉には、私も深い共感を覚えました。これからも、ことあるたびにこの言葉を引用するかもしれません。

奈央さん、非戦さん、三介さん、いつもコメントありがとうございます。
この国が目指す愛国は偽りの愛国心、けちな「愛国」は「亡国」に過ぎない、私も皆さんに同感です。

2006.12.31 11:50 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/213-159b66e2

行雲流水 「ぼやき納め」
行く年来る年。今年もいろいろありました。明年はどうなるのでしょう。

2006.12.30 07:58 | 酔語酔吟 夢がたり