きまぐれな日々

昨日トラックバックいただいた、kechackさんのブログ「Munchener Brucke」「いんちきネオリベラリスト注意報 企業に甘いだけ」は、とても良い記事だ。既に13件の「はてなブックマーク」がついている。

だらだらと長い文章を書くことが特徴になっている私のブログと違って、簡潔にまとめられているので、ここに記事の全文を紹介する。

■いんちきネオリベラリスト注意報 企業に甘いだけ

 最近の経団連の御手洗会長の発言といい安倍内閣の経済財政諮問会議の八代尚宏氏の発言といい、かなりおかしな発言が目立つ。これらは既にネオリベラリズムとは言えない、単に「企業に甘い」だけのまともな発言ではない。

 ネオリベラリズムの処方箋は確かに公的所得配分機能を低下させるものだ。最高税率を下げ、法人税を下げるのがセオリーである。私は対処療法的特効薬としてのネオリベラリズムは否定しないが、持続的な国の繁栄はネオリベラリズムではできないことは多くの事例で証明されている。

 今の日本はネオリベラリズムを常備薬として金科玉条とするどころか、ネオリベラリズムを曲解し、企業に都合のいい国家運営に導く道具にしようとしている。ネオリベラリズムにおいて自由と責任は表裏一体もののであるが、個人に対しやたらと自己責任を唱えるネオリベラリストも、企業に対する社会的責任には至って無関心であるペテン師が多い。社会的責任感の欠如した経営者が相変わらず散漫な経営を行っているが、いんちきネオリベラリストがダメな経営者をはびこらせて日本をダメにしているのである。

 個人に対して愛国心を強要し国土に縛り付けようとするが、法人税を下げないと企業が海外に流出するとか、最高税率を下げないと高額所得者が海外に移住する(注1)とかいう煽りを平気でする。企業に対しては本社所在国や創業国への貢献を求めない。低所得者のみに愛国心を強要し高額所得者には愛国心を求めないというダブルスタンダードを平気で行う(注2)のがペテンネオリベラリストである。

 80年代以前を知る中年以上の保守系の方には、未だに庶民寄り弱者救済的な政策を左翼的だと躊躇する人が多い(注3)が、そろそろ目を覚ました方がいいのではないか。あなたが高額所得者で、現政権にもっと高額所得者に有利な税制を行ってもらいたいならそれで構わないが、自分が保守だからやせ我慢して企業優位、高額所得者優位の政治を支持する必要などないのである。

八代尚宏の発言

* 12/18 毎日新聞「労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ」
* 痛いニュース(ノ∀`):「格差是正のため正社員の待遇をパート並に」…

注1:実際に移住する日本人なんてごくわずかで本当に煽りに過ぎない

注2:具体的に言うと高市早苗大臣がこのダブルスタンダードを良く使う。真の愛国者であれば税金逃れで海外に移住する人間を徹底糾弾すべきであろう。

注3:若い保守の人は、既に社会主義を知らないので庶民寄り、弱者救済=左翼というバイアスは余りない

「いんちきネオリベラリスト注意報 企業に甘いだけ」より転載)

以前、小泉純一郎の支持層には新自由主義の経済右派が多く、安倍晋三の支持層には政治思想的右派が多いと指摘したが(『安倍晋三につながる極右人脈』)、安倍はそもそも経済政策に関心がなく、そこにつけこまれて「ホワイトカラー・エグゼンプション」に代表される、大企業経営者にとってだけ都合の良い政策を発表させられている。「エグゼンプション」(exemption)などという言葉を、どれほどの日本人が知っているだろうかと疑問に思うのだが、ひとことで言えば、これは企業の経営者が従業員をいかようにも使い倒せる殺人政策にほかならない。キヤノンの御手洗らは、安倍政権の無知につけ込んでやりたい放題ができそうだと、舌なめずりしていることだろう。

八代尚宏(国際基督教大学教授・経済学)は、典型的な「御用学者」だが、彼の発言を読んでいると、御用学者の質も落ちるところまで落ちたと言うしかない。

それにしても、大新聞やテレビは、安倍内閣の支持率低下を「郵政造反組」の復党問題のせいにしているが、バカじゃなかろうか?
国民が真に怒っているのは、この「ホワイトカラー・エグゼンプション」などに代表される「国民皆殺し政策」なのだ。少なくとも、私の周りの人間から、郵政造反組への扱いが甘いから安倍さんに失望した、などという声は聞いたことがない一方、「ホワイトカラー・エグゼンプション」が許せないという声はしょっちゅう聞く。

このピントのずれたマスメディアの報道は、大新聞や在京キー局の社員の給料が高すぎて、一般国民の心情が理解できないせいだろうと思っている。これについては、以前「kojitakenの日記」の記事に書いた(『大新聞社や在京キー局社員の給料が高すぎるせいだろう』)。

最後に、前記「いんちきネオリベラリスト注意報 企業に甘いだけ」から、非常に印象的な記事の結びの言葉を再び引用して、記事を締めくくりたい。

 あなたが高額所得者で、現政権にもっと高額所得者に有利な税制を行ってもらいたいならそれで構わないが、自分が保守だからやせ我慢して企業優位、高額所得者優位の政治を支持する必要などないのである。

「いんちきネオリベラリスト注意報 企業に甘いだけ」より)


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。
ホワイトカラーエグゼンプション問題。今日(12/21)が1つの山場だったんですね。遅まきながら、役所に労働者をこれ以上過酷にしないで欲しいとメールしました。

厚生労働省の意見窓口はこちら。
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士さんの問題提起のエントリーです。ほかにも何本かエントリーされてます。(既読の方多いと思いますが。)
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/4a6e55a6bf05da76be46cc4cd4c7ad09

パート労働法(正社員無関心)とホワイトカラーエグゼンプション(派遣、パート社員無関心)ということで、国民が分断して統治されていくようで怖いです。江戸時代の身分制度を手本にして、統治側に批判の声が集中しないようにしている気がします。

2006.12.21 12:45 URL | hatakejin #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/206-fefbfbe3