きまぐれな日々

cynthiaさんに、下記の古い当ブログの記事を発掘され、コメントをいただきました。
『「カラマーゾフの兄弟」=一番面白かった小説』

cynthiaさん、はじめまして。コメントどうもありがとうございました。建つ三介さんもコメントありがとうございました。

上記のエントリは、私がブログを開設したてで、読者がほとんどいなかった頃のものですが、確かFC2のトラックバック特集(テーマを決めてブロガーにトラックバックしてもらう企画)に応募した記事だったと記憶しています。

カラマーゾフの兄弟」を私が読んだのは1989年です。もう17年にもなりますから、ストーリーの細部どころかあらすじも忘れかかっています。ただ、圧倒的に面白かったという記憶だけは残っているので、乏しい記憶を元にブログの記事を書きました。

最近、光文社の「古典新訳文庫」から「カラマーゾフの兄弟」の新訳が出ているようです(全4巻のうち、2巻しか発売されていないようですけど)。ちょっと前、第1巻が書店に並んでいるのを見て、買って読み返そうかと思ったのですが、「AbEnd」のために読もうと思って買い込みながら読めずにいる本がたくさんあったので、買うのを見送りました。

でも、cynthiaさんや建つ三介さんからコメントをいただき、年末年始休みから来年にかけて、「カラマーゾフの兄弟」を少しずつでも読み直そうかと思い直した次第です。

「きまぐれな日々」にも、たまには安倍晋三に無関係な記事を載せた方が良いかもしれませんしね。

ついでに書くと、「罪と罰」は1988年に新潮文庫の工藤精一郎訳、2002年に岩波文庫の江川卓訳で、二度読んでいます。五大長編の中でも、緊張感の高さでは「罪と罰」が一番だと思います。

最近はドストエフスキーから離れてしまっているので、すぐには記事を書けませんが、そのうち記事を書いて公開したいと思います。いつになるかはわかりませんけど(笑)。
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/202-65d0b482