きまぐれな日々

今日はブログの更新をお休みしようと思っていたのだが、「御用学者にだまされるな」のコメント特集として企画した「御用学者にだまされないために」のコメント欄が、さらに面白いコメントツリーになっているのに今頃気づいて驚いたので、急遽記事を書くことにした。

その前に、このコメント欄で、ブログ「billabong」の管理人・あずーるさんに私が「だっくくろっくさん」と呼ばれているのにビックリしたことをお伝えしたい。
「だっくくろっく」というのは、ブログの右上にある時計の愛称であって、私のHNは「kojitaken」である。時計の名前をHNと間違われるとはと、自分のことながら笑ってしまった。
ブログのデザインで、「AbEnd」その他のバナーや、「安倍晋三リンクリスト」を目立たせるために、プロフィール欄を下の方に置いた私が悪いのだが、「だっくくろっくさん」には、当ブログだけではなく、「カナダde日本語」のコメント欄でも、同ブログ管理人の美爾依さんにウケていたようだ。思わず「だっくくろっく」に改名しようかとも思ったが、著作権侵害のおそれがあるから、やめておくことにする(笑)。

ところで、そのコメント欄で展開されているのは、「慶応大学に御用学者が多い」という話から派生した福沢諭吉丸山真男に関する議論で、論争になりかかっているが、私にはこの件に関する知識が不足しているので、ただ興味深くコメントの記事を読むばかりだ。

とりあえず、とむ丸さん、朝空さん、建つ三介さんをはじめ、コメントを寄せていただいた方々にはお礼を申し上げたい。

さて、コメントの議論とは直接関係ないのだが、もともと私が最初の記事で取り上げた辺見庸さんについて少し述べたい。

辺見庸は、みんなが声をあげるのに唱和することを潔しとしない人だ。一人で考え、一人で行動する。それが辺見庸だ。
教育基本法の「改正」が成立した12月15日の今になって、従来風見鶏的態度をとってきた古舘伊知郎までもが、安倍政権が強行した教育基本法「改正」案の成立を批判するようになって初めて、毒々しい表現で「改正」を推進した議員たちをなじるようになったブログを一部に見かけるが、こういう付和雷同的な態度は、およそ辺見庸の態度とはかけ離れたものだろう。

私は、辺見さんの著書「自分自身への審問」を通して読み、辺見さんが内面から突き動かされる衝動によって行動し、発言していることを痛感した。こと教育基本法の問題に関しては、付和雷同的なブログには私は全く共感しない。安倍政権の人気は低下しており、今だったら誰でも安倍を批判できるからだ。

真に自分の力でものを考えたり行動したりするのは難しいものだ。辺見さんは、自著にサインする時、よく「独考独航」と書かれるそうだ。人間にとって一番大事なのは、自由なものの考え方を身につけることだ。大学というのは、本来そういう場であるべきだと私は思っている。

「独考独航」なんて簡単にできるものではないが、少なくともそれを目指す者が増えた時、「安倍晋三的なるもの」を克服することができるのではないだろうか。周りを見渡して、みんなが安倍を批判しているから私も批判しよう、というような態度では、「安倍晋三的なるもの」を真に克服することなどできないと思う。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

だっくくろっくさん、今晩は。
ナンちゃって。今年のああ勘違い大賞決定ですね。

諭吉についてのみならず、日本史全般論争がありますから、ここで議論するのはまずいかなと思いつつ、でしゃばってしまい、すみません。とむ丸さん、朝空さんにメール書こうかなとも思ったんですが、或いはうちで記事アップする、ナカナカ手が廻らなくて・・。

でもこうして改めて記事にして頂くと、探す時に便利でいいですね。こういう情勢ですから、どれもこれも埋もれていってネ、大変ですよ。どこに何書いたか、パニックです。
某委員長のように固まってしまいそう、
へへへ・・。

では。

2006.12.16 02:39 URL | 建つ三介 #- [ 編集 ]

kojitanさん、ほんと勘違い大賞おはずかしい;;だっくくろっく、よくみると時計になってますね。今、プロフが下にあるの気づきました。讃岐うどんのおいしいところに住んでおられるのですね。映画「UDON」のロケ地、よさそうな所でした。

教育基本法改正阻止、これだけブロガーたちも、ヒューマンチェーンに参加した人たちもかなりのものだったと思いますが、なぜ大手マスコミにこれがとりあげられないのか。
そして、与党だけで強行採決してしまった安部政権。教育問題の裏金問題もでているし、小泉は郵政選挙シングルイシューといい続け当選した議員だけで、こんなに阻止運動があるのに、こんな大事な問題をとおすというのは国民をあまりにもナメすぎ!!
愛国心教育がいるのは、政治家、官僚だと思います。

2006.12.17 02:07 URL | あずーる #- [ 編集 ]

あずーるさん、はじめまして。
kojitakenさんのことを、「だっくくろっく」さんと間違えたそうで、おかしいですね。ハハハ。
いかにも、私もやりそうな勘違いです。わたしなど、初めてお邪魔するブログで、その管理人さんをなんてお呼びしていいかわらかなくて、「管理人さん」と書いたこともあるし、自分で呼び名を決めてしまって、管理人さんがそれを自分の名前に採用してくださったこともあります。
kojitakenさんは、理数の頭脳のほかに、文学的にも「カラマーゾフの兄弟」を読破されるくらいすごくて、圧倒されます。(私は、「罪と罰」しかドストエフスキー作品は読んでいません)
さて辺見庸さんは、私も文学的にも人間としても最高に尊敬する人です。「美しい国という言葉に恐怖を感じてほしい。殺意を感じてほしい。」と講演でおっしゃったそうです。それがどんな意味なのか、基本法改正案に賛成した政府与党の議員たちは考えるべきです。

2006.12.17 09:15 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

非戦さん&kojitakenさん。今晩は。

>「美しい国という言葉に恐怖を感じてほしい。殺意を感じてほしい。」と講演でおっしゃったそう

ああ、そう言う意味だったのですか?

分かりました、辺見さんの必死さが。

辺見さんの感じ取った「美しい」に込められた「怖ろしさ」とは、つまり「ガス室」や「原爆」や「731部隊」のことだったんですね。「邪魔者」を綺麗に「処分」することだと、警鐘を鳴らしておられる。

でも、上手く伝えれてない気がします。
必死さが目に付きすぎて、「内容」が届きにくかったです、僕には・・。とっつきにくかっただけ、かもしれませんが・・。

2006.12.17 21:55 URL | 建つ三介 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/200-a3065f8e

宙を見て何想う、アベ総理
今日12月16日の朝刊。  改悪教育基本法が成立したことを伝えています。   下方には来年1月9日の「防衛省」発足の記事も。

2006.12.16 22:48 | とむ丸の夢