きまぐれな日々

週末なのでちょっと手抜きして、講談社発行の雑誌記事を紹介した弊ブログ記事のエントリ一覧を示すことにする。

安倍晋三は、講談社の取材を拒否するという、一国の総理にあるまじき挙に出たが、もちろん弊ブログは断然講談社を応援する。

『魚住昭氏の耐震偽装問題追及記事』 (2006年4月16日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-2.html
「現代」2006年5月号掲載の、魚住昭氏の記事の論評だが、ブログ2本目の未熟な記事で、元記事の要約をしていない。当時は読者がほとんどいなかったので、読者のことなど全く考慮していなかった。

『都市再生機構は姉歯以上のデタラメ』 (2006年4月22日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-3.html
ブログ3本目の記事。「週刊現代」2006年4月29日号掲載の、耐震偽装問題に関する記事を紹介した。

『都市再生機構のマンションはやはり「姉歯」よりひどかった』 (2006年6月2日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-43.html
上記記事の続報。

『書きたいことは山ほどあるけど...』 (2006年7月22日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-98.html
「FRIDAY」2006年8月4日号掲載の『安倍晋三「サギ企業の広告塔」に利用されていた醜聞』の紹介。この詐欺の被害にあったという方からコメントもいただいた。

『DNA政治主義者・安倍晋三の危うい知性』 (2006年8月4日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-111.html
『岸より物騒な安倍晋三』 (2006年8月17日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-117.html
以上2本では、「現代」2006年9月号掲載の吉田司『「岸信介」を受け継ぐ安倍晋三の危うい知性』を紹介した。

『安倍晋三は「安倍家の面汚し」』 (2006年9月8日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-132.html
上記吉田司氏の記事をもとに、sonicさんのコメントを得てさらに発展させた記事。安倍家の血脈シリーズは、一時期、弊ブログの最大のウリだった。「週刊現代」に連載されていた安倍の血脈関係の連載記事にも言及した。

『立花隆さんが安倍晋三に「宣戦布告」したぞ!』 (2006年9月10日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-134.html
『「現代」 2006年10月号の記事より(その1)』 (2006年9月12日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-135.html
『「現代」 2006年10月号の記事より(その2)』 (2006年9月13日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-136.html
『「現代」 2006年10月号の記事より(その3)』 (2006年9月14日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-137.html
上記4本は、「現代」2006年10月号掲載の立花隆『安倍晋三への宣戦布告』を紹介した記事。

『「現代」 2006年10月号の記事より(その4)』 (2006年9月20日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-139.html
同じ「現代」2006年10月号に掲載された辺見庸『無恥と忘却の国に生きるということ』を紹介した。

『沖縄の逮捕劇、安倍晋三の体質、それに腰抜けマスメディアのこと』 (2006年9月27日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html
記事の終わりの方で、「週刊現代」2006年10月7日号の安倍血脈連載第7回の記事にちょっとだけ触れた。

『週刊現代の記事「安倍晋三は拉致問題を食いものにしている」』 (2006年10月13日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-155.html
表記の「週刊現代」2006年10月21日号の記事を取り上げたもの。この記事をもとに民主党の森ゆうこ議員が国会で安倍に質問したのに対して、安倍が怒り狂って審議が中断し、「懲罰動議」騒動になったが、この記事では安倍の説明責任を問うた。この記事には大きな反響があった。

『やはり安倍晋三は昨年も統一協会に祝電を送っていた』 (2006年10月14日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-156.html
今年5月に安倍が統一教会系団体の総会に祝電を送っていたことがバレて問題になったが、実は昨年にも安倍が同じ団体に祝電を送っていたことをスクープした「FRIDAY」2006年10月27日号の記事を紹介した。

『教育基本法改悪反対の論理』 (2006年10月30日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-164.html
再び月刊「現代」10月号の立花隆『安倍晋三への宣戦布告』に触れた。

『共同通信が安倍晋三事務所のスキャンダルをもみ消した』 (2006年11月3日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-167.html
月刊「現代」2006年12月号掲載の魚住昭・青木理『共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル』を紹介した。

『安倍晋三の正体』 (2006年11月5日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-169.html
記事の初めの方で、「週刊現代」2006年9月30日号に載った、安倍晋三の統一協会への祝電について書かれた記事に軽く触れた。

『安倍晋三が講談社に「取材拒否」』 (2006年11月7日)
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-170.html
安倍から「取材拒否」を通告されたことを伝える「週刊現代」2006年11月18日号の記事を紹介した。

以上、実に19本のエントリで講談社発行の雑誌記事に言及していた。こんなにあるとは自分でも思わなかった。
講談社には、今後も安倍晋三による言論封殺と正面から闘う記事の掲載を期待する。


ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

お疲れさまでした(笑)
私もたまにこうやって、手抜きのつもりで、まとめ記事や過去のを引っ張り出したりして
エントリするのですが、手抜きなようで手抜きでない、ベンベン!
みたいになって結構時間も労力も使いますよね^^ リンク貼りも大変だし(笑)

でも今日のエントリはAbEndフォーラムに使えるのでは?
と、さりげなく広報隊長になってしまいました(笑)
私も週刊誌くらいは読まなくちゃいかんなぁ~。e-102
あれ?ランキングボタンが・・・?あ、上にあるのか。
記事の下にもあると読んだ後にすぐ押しやすいのになぁ~(笑) v-7

2006.11.11 00:34 URL | ぶいっちゃん #GUniAnuw [ 編集 ]

ぶいっちゃん
コメントありがとうございます。
記事を書き始めた時は手抜き記事のつもりだったのに、繰り返しの作業にイライラしてきて、途中で「前後編」にしようかなどと思いつつ、こんなまとめ記事を2つに分けたって読者の方が怒るだけだろうなと思い直してガマンして、やっとこさ出来上がったって感じでした。
AbEndフォーラムにはコピペして投稿しておきます。
ランキングボタンですが、この記事を書き上げてから「らんきーブログ」にコメントしたので、記事の末尾に入れるのは未対応です(笑)。
次の記事からは末尾に入れますので、カンベンしてください。

2006.11.11 00:42 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

お久しぶりです。
最近の安倍を見ていると、できの悪いガキがまわりからうまく利用されているとも知らず、ますます鼻の下を伸ばしているようで、なんとも気色の悪さを感じています。ただただ一日も早いABE-ENDを願うばかりです。
ところで、今回の記事ですが、私のような者にとって、大変参考になるものと、早速すべてを保存させていただきました。すべて目を通すだけでも大変そうですが、下手な小説を読むよりもぞくぞくしそうで楽しみにしております。ありがとうございました。
私のほう、URLを引越ししました。今後ともよろしくお願いします

2006.11.11 03:53 URL | y.-Danura #- [ 編集 ]

 おはようございます、眠り猫です。
 手前味噌になりますが、私が数日前に書いた、「空虚であるがゆえに危険な安部晋三」と言う、これも「現代」の記事を基にして書いた、安倍の正体を暴く記事です。
 トラックバックしておきましたので、あわせてご覧ください。
 ではでは。

2006.11.11 07:49 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

こんにちは。

kojitakenさんの日記に書き込めなかったのでここに書かせていただきます。

安倍晋三という存在は「戦後の闇の集大成」だと思います。
戦前戦中の前期「岸信介」のエッセンス。
戦前戦中の前期「金満右翼」のエッセンス。
そして戦後変節した前述のエッセンスを煮詰めに煮詰めて抽出された残骸が安倍晋三だと思うのです。
闇の利権と闇の宗教、そして無数の日本暗黒社会の「触れてはならないモノ」…
本来は表舞台に出てはならない「モノ」である安倍晋三です。
となれば自動的に「タブー」になるのでしょうね。

2006.11.11 10:58 URL | どーも #a2H6GHBU [ 編集 ]

y-.Danuraさん
コメントありがとうございます。
19件の記事のうち最初の方は、読者を全然意識していなかったり、雑誌記事の引用部分と私のコメント部分の区別が明瞭でなかったりしますが、ご容赦ください。
なお、最初にとりあげた「現代」5月号掲載の、耐震偽装問題に関する魚住昭さんの記事については、そのうち再度レビューしたいと思っています。

2006.11.12 21:19 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

どーもさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
私がどうしても納得いかないのは、どのマスメディアも安倍批判に腰が引けていることです。
岸信介は首相在任中にはめちゃくちゃに批判されていたはずだし、田中角栄から、つい最近の森喜朗に至るまで、政権はマスコミから厳しく批判されると相場が決まっていました。唯一、細川政権だけはあまり批判されませんでしたが、これは非自民連立政権でした。
安倍のように、自民党の中でも極端に右に偏った政治家が政権をとって、全然批判されないのはおかし過ぎます。
このおかしなタブーを打破しない限り、日本に未来はないでしょう。

2006.11.12 21:25 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/173-16a2aadb

「命令してでも、、、創りあげたい日本がある」AbEndバナー、取りあえずのアップ。
 これから寝ます。今の政治状況を見ているといてもたってもいられない感じですね。

2006.11.11 09:23 | 雑談日記(徒然なるままに、。)