きまぐれな日々

教育基本法の記事を書こうと思って、条文を読んでいたら、TBSテレビ「NEWS23」で、膳場貴子キャスターがその前文を読み上げた。

法律には珍しいこの前文は、教育基本法日本国憲法と緊密にリンクした法律であることをよく表している。この法律が、右派の政治家の目の敵にされたのは、そのせいでもあるだろう。

教育基本法改定の、自民党案民主党案をリンクしておくので参照されたいが、民主党の「日本国教育基本法案」も、ある意味自民党案以上に問題の多い法案で、小泉前首相や安倍晋三首相は、これを高く評価(!)しており、この間安倍は民主党案の丸呑みを言い出した。それに対し、小沢一郎が代表になって、前原時代の迷妄からいくぶん覚めた民主党は、10月26日の読売新聞社説が書くように、法案の採決阻止へと動いている。

ここで注意したいことが2つあって、一つは、この動きは「共謀罪」をめぐるこの春の動きに似ていることだ。民主党の動きはブレまくっており、ここらへんが、右派と左派の両方に色目を使って、結局どちらも取り込めずにいる民主党の姿を象徴している。
もう一つは、読売新聞が教育基本法改定賛成の立場を明確にしていることだ。かねてからナベツネこと渡邉恒雄・読売新聞社会長が安倍晋三と手打ちをしたに違いないと私はにらんでいたが、その確信はますます強まりつつある。両者は、教育基本法改定をステップとして、日本国憲法改定へと歩を進めるという点で完全に一致している。

これに対し、教育基本法改定に反対を唱えている知識人の一人が立花隆氏だ。以前のエントリでも紹介したが、立花さんの記事「安倍晋三への宣戦布告」(「現代」2006年10月号)から、教育基本法改定反対を明記している部分を再び抜粋する。

教育基本法批判の先頭に立ってきた文教族のドン、森喜朗前首相のごとく、日本をまた「天皇中心の神の国」に戻したいという人ならともかく、そうでなければ、日本の教育基本法はグローバル・スタンダードからいって標準的な内容のものである。
教育基本法はあくまで「個を尊ぶ」ことを教育の基本に置いている。それは、先の南原の言にあったように(筆者注・この記事で立花さんは南原繁・元東大総長について論じている)「自由な精神的独立人」をできるだけ沢山作り、その結合体として日本を作っていくことを構想していたからだが、多分、復古主義者たちはそこのところも気に食わないのだろう。もっと権威というか政府に従順な人々が社会に満ちあふれることを望んでいるのだろう。
だが、歴史が教えるところは、そのような権威に従順な(教育勅語に忠実な)人々が作った社会は、結局のところ、弱い社会にしかならず、個の価値がより尊ばれている社会と戦争したらあっさり負けてしまったということである。
真に強大な国家を作ろうと思ったら、やはり南原がいったように、「自由な精神的独立人」の結合体がよいのである。為政者からいったら、それは不従順で、政府のいうことをさっぱりきいてくれない、いつも文句タラタラで、うるさいことばかりいっている連中が多い社会(アメリカは歴史的にいつもそうだった)になってしまうかもしれないが、結局はそのほうが、いざとなると強いのである。

立花隆安倍晋三 [改憲政権] への宣戦布告?月刊「現代」 2006年10月号より)



要するに、自民党案にしても民主党案にしても、教育勅語の時代への回帰志向のあるものだということで、軍国主義大嫌い、靖国神社大嫌いで国家神道を否定するナベツネ(当ブログの過去の記事『ナベツネと靖国と安倍晋三と(その2)』を参照)が、教育基本法改定を推進していること自体、自己矛盾もいいところだと思う。

さらに、真の伝統回帰の立場から「教育勅語の時代への回帰」否定を立論されているのが、梅原猛さんである。
これも、以前の当ブログの記事『梅原猛さんの新刊「神殺しの日本?反時代的密語」』でも紹介したが、以下、梅原さんの著書から引用する。

近代日本においては神殺しは二度にわたって行われた。近代日本が最初にとった宗教政策、廃仏毀釈が一度目の神殺しであった。(中略)
そこで殺されたのは仏ばかりではない。神もまた殺されたのである。外来の仏と土着の神を共存させたのは主として修験道であるが、この修験道が廃仏毀釈によって禁止され、何万人といた修験者が職を失った。この従来の日本を支配した神仏を完全に否定することは、近代日本を作るために必要かくべからざることと思われたからである。福沢諭吉のような啓蒙思想家もこの神々の殺害を手助けしていたことは否定できない。
そして明治政府はこのように伝統的な神仏を全て殺した後にただ一種の神々のみを残し、その神々への強い信仰を強要した。それは天皇という現人神と、アマテラスオオミカミをはじめとする現人神のご祖先に対する信仰であった。(中略)
この現人神への信仰にもとづいて作られたのが、教育勅語という新しい道徳であった。(中略)教育勅語にはかつての仏教や神道の道徳はほとんど含まれず、現人神への信仰のもとに、儒教道徳に近代道徳を加えたものが羅列されたにすぎない。このような道徳のもとに日本は西洋諸国に追いつき、その挙げ句、アメリカ、イギリスという世界の強国に対してあえて戦争を仕掛け、手痛い敗戦を経験した。
この敗戦によって新しい神道も否定された。現人神そのものが、実は自分は神ではなく人間であると宣言されたことによって、この神も死んだ。(中略)
このように考えると、日本は西洋よりもっと徹底的に神仏の殺害を行ったことになる。この神仏の殺害の報いは今徐々に表れているが、以後百年、二百年経つと決定的になるであろう。道徳を失っているのは動機なき殺人を行う青少年のみではない。政治家も官僚も学者も芸術家も宗教心をさらさらもたず、道徳さえほとんど失いかけているのである。政治家や官僚が恥ずべき犯罪を行い、学者も、芸術家も日々荒廃していく世の動きに何らの批判も行わず、唯々諾々とその時代の流れに身を任せているのは道徳の崩壊といわねばなるまい。
最近、そのような道徳の崩壊を憂えて、日本の伝統である教育勅語に帰れという声が高まっている。しかし教育勅語はあの第一の神の殺害の後に作られたもので、伝統精神の上ではなくむしろ伝統の破壊の上に立っている。私は、小泉八雲が口をきわめて礼讃した日本人の精神の美しさを取り戻すには、第一の神の殺害以前の日本人の道徳を取り戻さねばならないと思う。

梅原猛「神殺しの日本?反時代的密語」=朝日新聞社、2006年=より)

ところで、梅原さんのこの本の存在を私に教えてくれたのは、星影里沙さんのブログ「憧れの風」である。星影さんのブログで、前記梅原さんの著書から「理性の復讐招く靖国参拝」と題された章を抜粋しているエントリがあるので、ここに紹介する。AbEnd仲間の星影さんが、眠気と闘いながら書いた懸命な訴えかけなので、是非リンク先の記事を参照して頂きたいと思う。

「憧れの風」より 「眠いけどさらに聞いて。」

現在、どういうわけか、教師によるいじめや、「必修逃れ」の問題がマスメディアを騒がせている。教育基本法改定の審議入りの時期に、どうしてこういう事件が集中して起きるのか、ちょっと不思議な気がするが、フジ産経グループに代表される御用メディアは、こうした問題を、安倍内閣の「教育改革」の援護に悪用している。

マスコミの目くらましに騙されないよう、真実を見る目を養っておきたいものだ。


ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

>kojitakenさま
 拙ブログにコメント、励ましありがとうございました。そちらには個別にお応えしておきます。
 昨日の私のブログのアクセス解析では、アクセス数は、434件、それらの人が他のページも見た数(ページビュー)が、1500件弱と言う、過去最高記録でした。
 共産党がらみの記事へのアクセスも多いものの、それを同党支持者に読んでもらえる事は、私の目的に沿います。
 また、おっしゃるとおり、それについで、アクセス数が多かった記事は、どれも、「安倍晋三トラックバックピープル」に載せたものばかりでした。
 アクセス数増が主目的ではありませんが、私の提唱する、幅広い連帯のためには、多くの人に知ってもらう必要があります。
 ご指導、アドバイスありがとうございました。

2006.10.31 07:41 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

週刊アサヒ芸能最新号の勝谷のコラムで耐震偽装に触れてます。

2006.10.31 10:47 URL | どーも #a2H6GHBU [ 編集 ]

教育基本法の文面に、「法律の定めるところにより、、、、、」を入れることで、政府の思いどうりに、どうにでも今後も変えられる危険性があります。まずは、改正ありき、なのでしょう。民主党案をこちらのほうがよい、と経団連が喜んだそうですから、これは、共謀罪のときと同じで、どちらの案も危険です。廃案しかないのですが、国民は、またまただまされています。というより、もう、なんにも考えていないんです。「自分に子供がいないから関係ない。」「先生に教育基本法改正の内容を聞いたよ。賛成よ。」?「少人数制に賛成だから、改正案に賛成」?など、とんでもないことをごく普通の人が言っています。
郵政民営化の様に、何でも良いから変われば今よりよくなると容易に考えれる人が多いんです。

2006.10.31 17:28 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

眠り猫さん
コメントありがとうございます。
弊ブログの10月30日のアクセスは、FC2カウンタが示すトータルアクセス数で1215件ですので、眠り猫さんのブログの方が多くのページビューがあったことになります。
眠り猫さんのブログは、何よりコメント数がすごくて、コメント欄で議論が白熱するというのは、それだけ問題提起をしている記事であることの証明だと思います。
今後ともご活躍を期待します。

2006.11.01 22:00 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

どーもさん
勝谷もたまにはましな活動をするんですね。一方で、大阪の朝日放送テレビ(ABC)で大谷昭宏がまた腰の引けた発言をしたらしくて、失望しています。
思想信条は大谷さんの方が勝谷より信頼できるんですけど、かつてナベツネに弾圧されても誇りを失わなかった大谷氏も老いたというべきなんでしょうか。
それはそうと、やっと朝日新聞が重い腰を上げてアパの物件について報道したみたいですね。

2006.11.01 22:04 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

非戦さん
教育基本法に関しては、毎日新聞も東京新聞も腰の引けた社説で、この件に関しては朝日が一番マシだったかもしれません。
明らかに憲法と強くリンクしている現行の教育基本法改定の危険性を指摘するどころか、ズルズル流されて改定を追認してしまいそうなマスメディアは本当に情けないと思いますが、政府・与党側も改定に向けて意外と手こずっているようで、まだつけ入る隙は残っていると思います。

2006.11.01 22:12 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

こんにちは!
教育基本法案のタウンミーティングでは政府のやらせが明らかになりました。世論操作まで行ってめざすは、改悪憲法の理念なのでしょう。
ぜったい教育基本法をかえさせるわけにはいきません!
私たち国民一人ひとりの問題です!

「こどもたちは見ている」全国アクション見にいこう♪
ホントにホントにおすすめです!
http://www.kyokiren.net/_miteiru/

教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会
http://www.kyokiren.net/

2006.11.03 13:07 URL | ひろ #qyXIsP1c [ 編集 ]

10日に教育基本法改悪案を採決か、という情報があるのに、やっぱり改悪案隠蔽に新聞社も加担しているとしか思えません。
3日に、こちらの朝日の総局の目の前の市民会館で、高橋哲哉先生が、「教育基本法改正案は、軍事、国防をささえる国民の意識つくりをするものだ」と靖国を共に、「新日本軍をささえ、軍国の母(戦死を名誉、喜びととる)をつくるものだ」と警告したのに、新聞では1行も報ぜずです。どうでもいい話題が写真入で載っています。そして、相変わらず、先生の自殺などを記事にしていますが、その原因まで書いていません。ただ、自殺やいじめの記事だけだせば、「教育基本法や日教組をつぶせば教育は良くなる」という与党のうそつき発言を信用する国民が増える、ってことですね。
それにしても、「オーマイニュース」のイジメられて自殺しようとしていた友達の命を救った実話には感動しました。勇気が出る、そして子供たちにも読んでもらいたいお話しでした。

2006.11.04 14:50 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

非戦さん
コメントありがとうございます。
「オーマイニュース」の記事の件ですが、たぶん「kojitakenの日記」からたどられたのだと思います(あちらにコメントいただいてましたので)。
もしかしたらお気づきかもしれませんが、この記事は、「カナダde日本語」の管理人・美爾依さんが書かれたものです(コメント欄をご覧になったらすぐわかります)。
わざと素知らぬ振りして「オススメの記事」として挙げたんですが、まあいろいろ意図がありまして。なお、意図は狙い通り達成されました。
いずれにしても、感動していただいてうれしいです。美爾依さんもきっと喜んでくれるでしょう。非戦さんのML仲間にも大いにPRしてください。
なお、美爾依さんはもともとこのエピソードに続いて、教育基本法改悪反対の主張も書かれていたのに、削られてしまったそうです。
下記URLをご参照ください。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-298.html

2006.11.04 22:13 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ひろさん
コメントありがとうございます。返信の順序が逆になってしまって申し訳ありません。
教育基本法改悪は、論議がされればされるほど、安倍の「よこしまな」(注)意図がバレるから、早期の採決を狙っているとの情報があって、10日にも強行採決されるとも言われています。
この間の「ヤラセ」事件発覚で、いくらなんでもそんなに早期にやったら、その後に控える数々の選挙に影響必至だと思うのですが、マスコミ支配に自信を持っている安倍のことだから、何をやるかわからないと覚悟しておかなければならないでしょう。
弊ブログでは、この三連休の記事は安倍スキャンダルとマスコミ批判のシリーズになっていますが(5日も続編を掲載する予定)、それが終わったらまた教育基本法改悪反対の記事を書きたいと思っています。
(注) 安倍は、自らの靖国神社参拝の有無を明らかにしない理由について「外交、政治問題に発展させようという、よこしまな人たちがいるのであれば、何も今宣言する必要はない」と発言しました(総理・総裁就任前の今年9月)。このような下品で尊大な発言こそ、私が安倍を心の底から嫌う最大の理由です。この発言は、安倍自身がよこしまな人間であることを示すものだと思っています。

2006.11.05 03:39 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

オーマイニュースの編集部によって、

>美爾依さんはもともとこのエピソードに続いて、教育基本法改悪反対の主張も書かれていたのに、削られてしまったそうです。

なんて、ひどいではありませんか!
肝心なことをけずって、オーマイニュースまで、報道の自己規制したら、だめじゃない!!

2006.11.05 09:56 URL | 非戦 #tRWV4pAU [ 編集 ]

非戦さん
オーマイニュースは、編集の圧力は強いわ、記事の報酬は少ないわで、記者にとってずいぶんストレスがたまるみたいですね。
それに、コメント欄が...。なんであんなに、ネットウヨのひどいコメントがたくさんつくんでしょうか。美爾依さんの記事もそうだし、今日「kojitakenの日記」で紹介した、音楽評論家・吉田秀和さんに関する記事もそうでした(こちらの記事の筆者は、存じ上げない方です)。
それにしても、ネットウヨって本当にネチネチとしつこい。心から嫌悪感を抱きます。

2006.11.05 19:01 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/164-6065b28b

教育基本法審議 必修漏れと山谷えり子が鍵?
教育基本法審議が始まりました。DANZOさんからは、Xデーは10日という情報が、また、さきさんは、国会中継のメモを取られています。

2006.10.31 09:59 | あんち・アンチエイジング・メロディ