きまぐれな日々

「国境なき医師団」というNPOがある。1999年のノーベル平和賞受賞で有名になった。

10月17日付「四国新聞」のコラム「一日一言」を最初に読んだ時、なんで「国境なき医師団」が「報道の自由ランキング」などというものを定めるのかと不思議に思ったのだが、記事をよくよく見ると、「国境なき記者団だった。これは、私にとって初めて見る名前だった。

まず、その「四国新聞」のコラム「一日一言」を引用する。これは、同紙の一面下段に連載されているコラムで、「朝日新聞」でいうと「天声人語」に相当する。

 日本三十七位、最下位は北朝鮮。ロシアは百三十八位で、パレスチナ自治政府やイラク内の米国よりも悪いとされた。「国境なき記者団」による二〇〇五年の報道の自由度ランキングだ。

 ロシアは大国だが、報道に関してはまだ途上国らしい。報道の自由を抑圧する指導者リストでも、プーチン大統領が北朝鮮の金正日総書記らとともに名指しされている。過去十五年間に殺害された記者は二百人以上とも言われる。

 今月初めには著名な女性記者、アンナ・ポリトコフスカヤさんが何者かに銃殺された。チェチェン紛争の際、独立派に対し軍事作戦を決行したプーチン政権の手法や軍の汚職への厳しい批判で知られた人だった。

 大統領は殺害犯を非難する声明を出したが、それを本心だと思う国民は少ないだろう。むしろ政府が命じたとも疑われている。新聞、テレビへのメディア規制は強まり続けており、ロシアは旧ソ連時代に逆戻りしつつある。

 彼女が狙われたのも今回が初めてではなかった。やはり政府が武力でねじ伏せたロシア人学校人質事件では、取材途中の旅客機内で紅茶に毒を盛られた。脅迫も日常茶飯事。それでも彼女は報道をやめなかった。

 いや、母国がそんな状況だからこそ彼女は報道し続けた。権力の監視こそが記者の役割であり、それが民主主義を守り母国を守ると信じていたからだ。国民の怒りと政府批判は高まっている。

 日本では、新聞記者が殺されることはまずない。だけどその役割はロシアより軽いわけではない。チェック機関としての役割は果たせているか、なぜ三十七位なのか、自問している。ただいま新聞週間。

(「四国新聞」 2006年10月17日「一日一言」より)


コラム子は、「日本では、新聞記者が殺されることはまずない」と書いているが、重要な事件を見落としている。1987年5月3日に起きた、「赤報隊事件」である。朝日新聞阪神支局の小尻知博記者が銃殺されたこの事件は、決して忘れてはならないと思う。
なお、この「赤報隊事件」には、統一協会がかかわっていたという説がある。そうではない、という説もあって、定説にはなっていないが、少なくとも朝日新聞社に、「とういつきょうかいのわるくちをいうやつは みなごろしだ」とタイプ打ちされた脅迫状が届いたことは、紛れもない事実だ(下の写真を参照)。そして、今年5月、安倍晋三は統一協会の関連団体の大会に祝電を送っていた

とういつきょうかい
(画像をクリックすると拡大画像が見られます)

さて、話が脱線してしまったので、「国境なき記者団」の発表した「報道の自由度ランキング」の話題に戻ることにする。
「四国新聞」の記事は、赤報隊事件を見逃していたという点を除けば、日本における「報道の自由」の度合いがほめられたものではないことを指摘した良い記事だ。最近起きた、ロシアの女性記者、アンナ・ポリトコフスカヤさんの射殺事件についても触れている。

記事が言及している2005年度の「報道の自由」度のランキングは、「国境なき記者団」についてのWikipediaのページで見ることができる(下記リンク先を参照)。

Wikipedia?「国境なき記者団」

「四国新聞」の記事が書くように、日本は37位で西欧の先進国より下、韓国と同程度と評価されている。面白いのは、アメリカが44位で日本よりさらに下にあることだ。
それはともかく、安倍晋三やその支持者は、すぐに北朝鮮や中国の言論状況を持ち出すが、167か国中最下位の北朝鮮や159位の中国などは、世界でも札付きの「非民主的国家」ではないか。そんなところよりマシだからといって、日本における「報道の自由」が、世界に誇るべきものかというと、決してそんなことはないのだ。

37位という順位だけでも十分恥ずかしいと私には思えたのだが、24日、2006年度の「報道の自由度」ランキングが発表された。
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=19388

これによると、日本の「報道の自由」は世界で51位と、さらに後退している。しかも今年は、日本がアメリカやフランスと並んで、冒頭で非難されているのだ。下記の記事は、とてもよくまとめられているので、是非よくお読みいただきたいと思う。

「日本マスコミ報道テレビは腐ってる - 日本マスコミの怠慢」

日経新聞や加藤紘一氏の実家へのテロに鈍感な日本のメディア。排他的な記者クラブがはびこっている日本のメディア。政権が国民のナショナリズムを不必要に煽っているのに、それを全然批判しない日本のメディア。そして、命がけの告発者の訴えを黙殺する日本のメディア。

日本のマスメディアはとことん腐り切っていると感じる今日この頃だ。
関連記事
スポンサーサイト

こんにちわ
 ランキングの信頼度はともかくとして、韓国が31位と、日本を引き離し、日本は戦時下のイスラエルより下、というのが目をひきました。
 韓国の大手3社は、政府から圧力を加えられなが権力批判しつづけているところが評価されたのでしょうか(ハムニダさんはお嫌いのようですけど)。日本の大手とくらべてうらやましく感じます。

2006.10.26 12:49 URL | ましま #- [ 編集 ]

「言論の自由ランキング」は、去年始めて韓国に逆転されて、
今年は、どこまで下がるかと、思っていたんだけれど、
予想通りの下落ぶりを、見せてくれったって感じです...

2006.10.27 00:52 URL | たんぽぽ #ZiqE0vWU [ 編集 ]

 こんにちは。
 1年間で、20位以上もランキングが下がったということは、その間にあった、言論抑圧事件が影響しているのは間違いないところでしょう。
 一番は、やはり、安倍、中川による、NHKの慰安婦報道への干渉と、その手法でしょう。全く合法的手段ではなく、政治家による恫喝で言論を抑圧するというのは、民主主義・法治国家ではあってはならないことです。それが行われ、さらにNHK自身による正当化(言論機関の自殺行為)があったことも、ランキング下落に影響しているでしょうね。その安倍が今は首相です。危険水位を超えていることを肝に銘じるべきでしょうね。

2006.10.27 17:25 URL | 眠り猫 #2eH89A.o [ 編集 ]

ましまさん、たんぽぽさん
コメントありがとうございます。
ブログを始めて特に強く感じるのですが、沖縄の基地問題などに関して、日本のマスメディアは極端に冷淡ですね。たとえば朝日新聞やTBSなどが反政府的とか左寄りだなどと言われていますが、それが当てはまっていたのは昔の話で、いつの間にか体制べったりになっています。
テレビによく出てくる言論人は、電波媒体と活字媒体で主張を使い分けていて、同じ人間の発言に注意していると、テレビ>新聞>雑誌の順に締めつけがきついことがよくわかります。それも年々ひどくなってきているので、相対的に韓国にも抜かれていると評価されてしまうのは、やむを得ないと思います。

2006.10.27 21:37 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

眠り猫さん
コメントありがとうございます。ランキングは、一昨年が44位、昨年が37位ということなので、一昨年と比べて7ポイント、昨年と比べて14ポイント下落しています。
先進国で唯一閉鎖的な記者クラブ制度をとっていることと、ナショナリズムが高まってきたいることが順位を下げている理由だそうです。
安倍内閣のような極右政権が発足しても、マスメディアは全然批判せず、政権がナショナリズムを煽っているのを放置する、無責任な態度をとっています。
安倍と中川がNHKに圧力を加えた一件については、月刊「現代」2005年9月号で魚住昭氏が「安倍の圧力があった」ことを明らかにしたのに、朝日新聞は腰が砕けてしまい、最近では、対安倍隷属報道をするまでに堕落してしまいました。これでは、言論の自由も何もあったものではありません。

2006.10.27 21:54 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

初めてコメントいたします。
私が感じている日本の報道の不自由さは、
・創価学会批判をマスコミが出来ないこと。
・日教組批判が出来なかったこと。
・部落開放同盟などの差別利権団体への批判が出来なかったことが大きいと思います。
体制への批判はどのマスコミも個人も自由にしていると思いますが・・・

2006.10.28 00:57 URL | 緑亀 #- [ 編集 ]

緑亀さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
仰るように、日本の報道にはタブーが多いですね。
挙げられたタブーの他で、かつて最大のタブーだったのが天皇および天皇制だったと思います。現在は、そのタブーは解けつつありますが。
部落解放同盟のタブーは確かにあって、これには旧社会党だけではなく、自民党も同和利権にどっぷり漬かっていたことが大きかったと思います。
今一番問題だと思うのは、安倍晋三に対する批判がマスコミのタブーになっていることです。
イーホームズ・藤田社長の告発をマスコミが全然取り上げないのが、その証左でしょう。

2006.10.28 01:12 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

kojitakenさん こんばんは

>>安倍晋三やその支持者は、すぐに北朝鮮や中国の言論状況を持ち出すが、167か国中最下位の北朝鮮や159位の中国などは、世界での札付きの「非民主的国家」ではないか。そんなところよりマシだからといって、日本における「言論の自由」が、世界に誇るべきものかというと、決してそんなことはないのだ。

 おそらく彼らは日本の言論の自由を誇っているわけではなく、普段中国の主張を後ろ盾にしているようだが中国にそもそも言論の自由や世論なんてあるのか、だいたい選挙すらまともにやったことがないではないか、という゛親中派に対する反批判´ではないかと思います。 民主主義に価値を置くなら、中国政権を批判しないのは不当でないか、と。

>>政権が国民のナショナリズムを不必要に煽っているのに、それを全然批判しない日本のメディア

 政権が煽っている面もあるかもしれませんが、政権や世論が右傾化してるのは、中・韓・朝のナショナリズムや不当行為に対抗して出てきている面が強いのではないですか。中・韓ともに日本批判を政権存立の中心として明確に打ち出しているようですし。また拉致問題・核問題等を受けて他国を非難・警戒するのは煽っているとまではいえないと思います。日本のメディアも日本政権が不当な排外政策を打ち出したりすれば流石に批判すると思います。

2006.10.28 02:01 URL | しょう #Uh60rX9Y [ 編集 ]

しょうさん
中国政権を批判しないのは確かに不当だと思います。朝日新聞なんて特にひどくて、安倍晋三政権に対しても中国政権にも対しても、ともに卑屈な報道ぶりです。
北朝鮮は論外として、中国や韓国の政権が国内のナショナリズムを煽っている面は確かにあります。しかし、それに対して日本の政権やマスコミが対抗するかのようにナショナリズムを煽るのでは、お互いにとって悲惨な結果しか待ち構えていないことでしょう。
「国境なき記者団」が発表した順位で、韓国より日本の方が下になっているのは、そのような悪弊が、韓国のジャーナリズム以上に日本のジャーナリズムがひどいという不名誉な評価を下されたということではないかと思います。

2006.10.28 02:11 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

すいません、過去のスレに投稿してしまったのですが

とにもかくにも、耐震偽装問題と野口氏事件と(闇)暗晋会のことは後々まで残る資料として独裁権力の見えざる圧力を排して語り継いでいくべきだと考える今日この頃です

たとえば、なるべく大容量のフラッシュメモリーなどに全関連資料を保存して一般に広く口コミ形式でよいので安価で販売してもいいかとも感じますが

かの暗倍?政権がやろうとしているだろう言論抑圧、ネット規制などの官邸独裁ファッショ的手法はかかるサイトやブログ、スレ(あるいはその関係者)を削除、消滅せしめるような懸念を強く感じます

たとえば次の1連のスレ
【小泉安倍】新聞テレビの世論操作を監視するスレ【26】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1160018356

1.子供への方策
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

【壷三】アパ壷三の耐震偽装隠蔽問題【壷三】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1161233593

【要保存】沖縄の闇ー野口氏変死事案ー2ちゃんねるの探偵達(相関図あり)へなちょこ
http://www.asyura2.com/0510/nihon18/msg/822.html

ライブドアショック、野口氏他殺でマスコミが死ぬ日
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1139049823/l50
などなど、真実を暗晋会の闇に葬られてしまっていいのだろうか?

ネットの力と知恵とほんの少しの勇気を使って草の根でも活動していく所存です

この暗(安心)倍?政権ではまさに言論の自由などは風前の灯火なのかも

2006.10.28 08:16 URL | 真実 #- [ 編集 ]

真実さん、
コメントありがとうございます。
以下、前の記事にいただいたコメントへの返信と同じ文面です。

野口英昭氏の怪死事件は、「きっこの日記」や、某有名ブログ(AbEndとトラブルがあったので、いまいましくて名前を書く気になりませんが、「安晋会」でググったら最初に出てくるところ)で取り上げられましたね。
きっこさんは、おそらく耐震偽装の藤田社長の件同様、裁判の進行の都合上、新しい記事を書いていないものと想像しますので、いずれ記事が載る日を楽しみに待ちましょう。また、某有名ブログの方も、新しい材料を持っていて、いずれ書くと予告しています。
いずれにしても、一次情報を持っていないわれわれにできるのは、できるだけ騒いで騒いで、安倍が言論封殺しきれないような状態に持っていくことだと思いますので、お互い頑張りましょう。v-218

2006.10.28 09:17 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

二重に投稿してしまいすみませんでした
とにかく、言論の自由の抑圧の背景の参考になる情報をいくつか挙げさせてください

中には、正視できないイラク戦争犠牲者の写真などのものがあるけど・・・・これが真実としたら知っておくことの1部かもしれないと私は認識させられましたが
暗いニュースリンク:アメリカ市民の生活に忍び寄る軍事社会の影
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/03/post_11.html

アメリカ国防総省
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%98%B2%E7%B7%8F%E7%9C%81

アメリカ国家安全保障局
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80

2006.10.28 10:10 URL | 真実 #- [ 編集 ]

衆議院会議録情報 第151回国会 総務委員会 第10号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/151/0094/15104030094010a.html

アジア・ジャーナル:国際盗聴法網があなたを狙っている(3)
http://asia-journal.seesaa.net/article/7606466.html

愚民党BBS
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/8479/index15.html

Library
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/skidmore/LIBRARY.htm
などほんの1例ですが、この米NSAと暗(安晋)倍政権の将来構想のシナリオも点と線で幾筋で繋がっているようです(まだ未確認ですが、そのような記事を某経済誌で少し読んだ記憶がありました)

確か韓国なんかでは、そういったNSA法案ってどうなっていたでしょうか?(つたない記憶ではそのような言論統制法案が存在してる国が最近増加していると認識していますが、事実はいったいどうなのだろうか?)

以上、とりとめもない投稿ですみませんでしたがさらに詳しく調査してみたいと思います

2006.10.28 10:12 URL | 真実 #- [ 編集 ]

余談ですが、前出のLibraryの中に
NSAのマインドコントロールの研究記事がありました(その他も参考まで)
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/skidmore/NSA_COVERT_MIND_CONTROL_OPERATIONS.htm

enjoy korea
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pmilitary&nid=30656&st=writer_id&sw=ito_san3

共謀罪と社会ネットワーク分析への危惧
http://www.labornetjp.org/labornet/news/2006/1147871105207staff01
それと、私のコメントでkojitakenさまが不都合、不適切等と感じた場合など鋭意削除をご随意にされてくださいませね

特に愚民等BBSの画像は、私も見るにつらいものがありましたし、あるいは当局からのもしものマークなどがあるのも危惧されますし

2006.10.28 10:35 URL | 真実 #- [ 編集 ]

kojitakenさん こんにちは。いつもTBありがとうございます。眠り猫さんのところのkojitakenさんのコメントを拝見し、私もアクセス解析を取り入れました。とにかく、広めるしかない、というのが今の思いです。らんきーさんの仰る、敷居は低く志は高くでいきたいですね。すいません。エントリーに関係ないコメントで。

2006.10.28 13:50 URL | メロディ #- [ 編集 ]

メロディさん
コメントありがとうございます。
眠り猫さんのところでは結構力説してしまいました。このブログだって、日に千件程度のアクセスしかないのに偉そうなことを言えた筋合いではないんですけどね(笑)。
アクセス解析をしていると公言すると、読者が引いてしまうなどと言う人もいますが(かつて「きっこの日記」でアクセス解析のことが書いてあった時など)、個々のアクセスデータを細かく見たりしてるヒマなんて実際にはないから、主に統計データを見るしかないですよね。でも、確実に悪質なコメントやTBを防止する効果はありますし、是非アクセス解析をご活用ください。
とにかく、本当に広めるしかありませんよね。

2006.10.28 14:25 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

お初お目にかかります。

ネット内をぶらぶらしていたらこのブログにたどり着きました。

私もこの記事については知っています。
改めて日本のマスコミが大して本来の機能を果てしていないのが分かりましたよ。

ただ、リンク先のウィキペディアを見て少し疑問に思ったことがあります。

ドイツが結構な高順位に位置していることです。

ドイツと言えば彼の有名な「反ナチ法」が制定されている国です。

この法律はナチスを賛美することはもちろんそのシンボルマークを出版物などにのせることもナチスが戦時中に行ったとされている事柄を検証する番組を放送することも一切禁止されています。

これは著しく報道(と言論)の自由を侵害していると思いますね。

そんな状況のドイツが日本より高順位とは・・・

それにナショナリズムの高まりが指摘されていますが、それなら韓国があんな高順位に位置してるのが理解できません。

韓国は末期的な「反日民族ナショナリズム」です。日本の植民地支配を評価しようものなら「親日派」と言われて叩かれます。

それと、これは記憶に新しいですがソウル大の黄教授のヒトES細胞の捏造研究を暴露したテレビ局の番組は「国家に恥をさらした」と批難されました。

こんなことは日本ではまずありえません。

なのに韓国の方が順位が上なんて・・・

私はどうもこの「国境無き記者団」が真実を言っているとは思えません。

少なくとも疑問を感じます。

彼らが本当に中立的な立場から評価してるのでしょうかね?「人権」とか「平和」とか綺麗な言葉を掲げる国際組織のなかには独善的な価値観に捕らわれたおかしな団体もありますから。

それと、日本の「報道」において心配すべきは「マスコミの堕落と腐敗」でありナショナリズムではないと思いますね。

記者会見での国務大臣にたいする質問でも、まるで小学生のようなものまであります。

政府を批難するにしても卑劣極まりないやり方をする連中までいます。

ナショナリズムの高まりを批難するマスコミもいますが、私からすれば自分達の無能ぶりを繕うために彼らが「ナショナリズムの脅威」を「不必要に煽っている」ように見えます。

2006.10.28 19:03 URL | こだん #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.06.03 17:15  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/161-61a501d5

朝令暮改政策
安倍政権の朝令暮改の消費者金融政策。喜ぶものは実は誰もいない。

2006.10.28 04:06 | thethe