きまぐれな日々

 3連休の2日目にあたる日曜日(17日)未明、突如安倍政権の御用放送局であるNHKが、今月下旬に開会する臨時国会の冒頭に、安倍晋三が衆議院を解散する見通しだと報じた。

 北朝鮮がミサイルの試射を繰り返すばかりか核実験まで行い、金正恩とトランプがお互いに対して挑発しまくる情勢に加え、日本国内では民進党の内紛や、安倍が宿願の改憲のための補完勢力としてあてにしていたであろう小池百合子系の新党が立ち上がりそうで立ち上がらない状況を見て、「衆院の解散総選挙をやるなら今しかない」と判断したものだろう。

 もちろん安倍がもくろんでいる解散は違憲の疑いが強い。これまで、野党4党が憲法53条の

いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

という条文に従って臨時国会の召集を要求してきたのを安倍晋三は無視し続け、3か月も国会を閉じたままにしておいて、やっと臨時国会を開くと思ったらいきなり何の審議もせずに冒頭解散とは、いくらなんでも滅茶苦茶だろう。憲法無視も良いところだ。

 それでなくても、秘密保護法、安保法、「共謀罪」法などの数々の違憲法を成立させてきた安倍政権は、未だ明文改憲はしていないとはいえ憲法を無視し続けてきた「非立憲政権」だ。反自民の野党は「非立憲の安倍政権と立憲野党との選択の選挙」だとして、有権者にアピールすべきだ。

 ところで、事実上10月22日の衆院選が確定したが、現在はその「初動」の時期に当たる。この時期に、反自民の野党が注力しなければならないことの一つは、可能な限り早い段階で「若狭・細野新党=論外の泡沫政党」との印象を有権者に植えつけることだ。

 都議選であれだけ「都民ファーストの会」が圧勝したというのに、何を言うか、とおっしゃる方もおられるかもしれない。しかし、都議選圧勝に増長した小池百合子が、関東大震災の際の朝鮮人虐殺への追悼文送付取り止めを決定したことが東京新聞に暴露された8月下旬から、それまで小池に対して礼賛または迎合一色だったテレビの風向きが変わり、小池は後藤謙次や星浩といった「ぬるいキャスター」からさえ批判をあびるようになった。

 加えて、「都民ファーストの国政政党版」がなかなか立ち上がらない。これは、小池百合子の傀儡・若狭勝の無能によるところが大きく、小池が若狭と民進党を離党した細野豪志とを引き合わせて、ようやく若狭・細野の2人と民進党で細野の配下だった笠浩史・後藤祐一・鈴木義弘を加えた5人で政党立ち上げの目処を立てた。しかし、当初新党参加が予想された長島昭久さえこのところ「若狭・細野新党」と距離を置いているように見える。

 若狭は、立ち上げたばかりの自身の政治塾(入塾に際して希望者の思想調査を行ったというアレ)から立候補者を立てるつもりらしいが、そもそも「若狭・細野新党」は何を目指す政党なのかさっぱりわからない。ただ小池百合子が「しがらみのない政治」と言っているだけで、そんなものは何の意味もない言葉だ。

 若狭は「一院制を新党の一丁目一番地とする」と宣言したが、「何それ?」というのが大方の人の感想だろう。一院制は、かつてみんなの党や日本維新の会が導入を強く主張したいきさつがあるが、当然ながら憲法を変えなければ実現できない。要するに、ただ単に「若狭・細野新党は改憲政党ですよ」とアピールしただけの話だ。そんな政党を「立憲野党」の枠組みに入れてはならないことは当然だ。

 しかも、若狭勝の実力が惨憺たるものであることが、17日投開票の摂津市議会選挙ではっきり示された。小池側近の若狭が応援したことで(ごく一部から)注目されたこの地方選で、「市民ファースト」を掲げた4人のうち、言い出しっぺの元職が落選し、残りの3人に至っては当選に必要な4桁の得票数どころか、100票にも満たない2桁の得票数で、最下位から順番に下位の3つの順位を独占したのだ。

 そもそも「都民ファーストの会」自体、マスコミが風を吹かせたことと安倍政権及び自民党の醜態が相俟ってあんな結果(都議選圧勝)を得てしまっただけで、全く内実が伴っていない。「都民ファーストの会」の都議が自由な発言が封じられていることや、突然の同会代表交代が相次ぎ、その度に代表選出に透明性が全くないことがマスコミに批判されるようになっている。テレビのワイドショーももう「小池劇場」などとは言わなくなったのではないか(ワイドショーなんか見ていないので知らないが)。

 要するに、もうすっかりメッキが剥がれたのが「小池ファースト」であり、しかも「作られたカリスマ」小池百合子自身は間違っても「若狭・細野新党」から衆院選に立候補するはずもない。こんなのは、志位和夫枝野幸男が「自民党の補完勢力だ」として「若狭・細野新党」を一刀両断にする姿勢で良いのだ。

 「若狭・細野新党」に勢いが全くつかなければ、東京都知事であって本来国政選挙に関わること自体筋が通らない小池百合子が、「私は東京都知事なので」とかなんとか言って「逃げ」に走るだろう。野党は早く小池をそういう状態に追い込み、「若狭・細野新党」から奪われる票をゼロに近づけなければならない。これが衆院選の戦略の「基本の基本」だろう。

 しかし、民進党代表の前原誠司は、相変わらず寝ぼけた発言を繰り返している。たとえば、『ホウドウキョク』によると、

共産党や日本維新の会などとの連携や、細野元環境相や若狭衆議院議員らが結成を目指す新党との連携について、前原氏は、「われわれが掲げる理念・政策が共有できるところであれば、どことでも協力していく」と述べた。(9月17日)

とのことだ。こういう「若狭・細野新党」への迎合は、民進党から新党へと票を流出させることにしかならないのだが、前原はそれを理解していないようだ。

 問題は何も前原誠司に限らない。小沢一郎の影響力の強い人たちも同じだ。例えば民進党の右派議員で、以前から小沢との結びつきの強い原口一博は、下記のような馬鹿げたツイートを公開した。
https://twitter.com/kharaguchi/status/909641962386464768

私の無党派の友人が彼の希望として以下のシナリオを提言。
党首会談→国会内統一会派→三顧の礼→党首会談→衆議院統一名簿もしくは一気に統一政党→民主党、民進党離党者等の呼び戻し→党首会談→地域政党との契約→党首会談→立憲共闘。
10日でこれができるか。小異を捨てて大道につく決断をと。

21:55 - 2017年9月17日


 要するに、原口一博の「無党派の友人」(嘘つけ! どう見たって「小沢信者」じゃないか)は、民進・社民・自由3党の国会内統一会派結成にとどまらず、3党が早期に合流してその党首に小沢一郎を「三顧の礼」で迎え入れ、小沢の影響力を小池百合子に及ぼして自由党議員のみならず民進党を離党して新党に流れようとしている細野らの議員までをも「民進・社民・自由」合流新党に参加させよう、などという荒唐無稽なつぶやきをしているのである。

 これが国会議員のツイートかと呆れるばかりだが、問題は、こんな馬鹿げたツイートを、「野党共闘」の理論的指導者の一人であると思われる「こたつぬこ」こと木下ちがや氏がリツイートしていることだ。私はそれによって原口のツイートを知った。

 しかも、木下氏はこんなツイートまで自ら発している。
https://twitter.com/sangituyama/status/909666008843001856

ポピュリスト小池「反安倍」で仕掛けてきますよ。

小池知事「大義、分からない」 早期の衆院解散を批判:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/amp/articles/ASK9L4TGLK9LUTIL00N.html

23:30 - 2017年9月17日


 そりゃ自らが深く関わっている国政新党立ち上げに水を差す安倍晋三の衆院解散に小池百合子が怒り心頭なのは当然だろう。しかし、その小池の動きに期待するかのような木下ちがやのツイートはどうだろうか。私はこれを見て怒り心頭に発した。

 これまで述べてきたように、「野党共闘」の勝利のためには、可及的速やかに「若狭・細野新党」の戦力を殺いでその影響力をゼロにしなければならない時に、原口一博だの木下ちがやだのは一体何をやっているのだろうか。原口の背後にいる小沢一郎や、前述の前原誠司などとともに、原口や木下らに対して腹が立ってならない。

 こうした原口・木下・小沢・前原らの妄言・妄動こそ「野党共闘」の惨敗と安倍自民党の大勝をもたらす元凶になりかねないのではないか。そう強く危惧する今日この頃なのである。
関連記事
スポンサーサイト

記事の内容に強く共感します。最近のメディアやリベラルの都民ファーストに対する甘さに恐怖を感じています。安倍政権以上に恐ろしい小泉原理主義集団に何か大きな期待をしてるリベラルが沢山いる現実。もっと馬鹿なのは蓮舫のように都民ファーストに共闘を呼びかけるリベラル支持者。この人たちが結構多いのにも驚きます。その影響で野党全てが都民ファーストに強い批判せず放置しています。メディアも都民ファーストには甘く小池待望論のように誘導する局もあり非常に危険です。だらしないのは民進党で前原は独自の改憲論を急ぐと指示し安倍政権の対立軸にも野党共闘にも踏み切れないだらしなさ。都民ファーストは東京で全選挙区に立候補を立てる戦略。都民ファーストが躍進すれば安倍政権の公明、維新に続く第三勢力にしかならない。この事実を一番わかってないのが馬鹿ばかりの旧野党陣営です。政策も決まってない、戦略なし、野党共闘も事実上不可能。批判されない都民ファーストは最大の応援を受けたのと同じです。細野やがゆうように旧野党総崩れ選挙です。

2017.09.21 23:03 URL | ブルー #- [ 編集 ]

民進党、前原ついに都民ファーストとの連絡を発表。改憲を選挙公約に!共産党との連帯は政権選択の選挙では理解を得られないと否定。NHKの小池を持ち上げ方が異常。情け無いのは民進党偽物リベラル、岡田、枝野、菅、蓮舫らは批判全く無し。改憲で協力って大丈夫か?民進党。偽物リベラルこそ自民党の応援団では?他の野党のだらしなさも呆れるばかり!不倫山尾の会見の直後に前原が改憲発表、共産党否定って。前原も馬鹿だが民進党偽物リベラルが一番の癌。

2017.09.23 19:34 URL | スルメ #- [ 編集 ]

今日も恐ろしいニュースがあります。
極右政党「日本のこころ」が小池新党と合流を発表。時を同じくし小池自ら憲法9条信者は思考停止と発言。憲法改正を衆院選の政策に掲げると宣言しました。
一番馬鹿なのが民進党の前原。小池新党に協力を要請しツイッターでは自分の考えに共感するなら安倍首相を歓迎するとエールを送る始末。
馬鹿ばかりの民進党は大惨敗でしょうが小池新党をやたら持ち上げるメディアが不気味です。リベラルも小池への批判が全くないです。
リベラル議員の不甲斐なさには絶望します。リベラルのだらしないから改憲勢力が大きな勢力になってるのです。

2017.09.24 16:48 URL | FUJITA #- [ 編集 ]

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB25H60_V20C17A9000000/
都議会公明、都民フとの連携解消検討
小池与党は過半数割れへ

都議会公明党は25日、小池百合子都知事が実質的に率いる「都民ファーストの会」との連携を解消する検討に入った。小池知事側近の若狭勝衆院議員らが旗揚げする新党の役職に小池氏自身が就任した場合、都議会での都民フとの連携を解消する。都民フは単独では都議会の過半数を確保していないため、知事与党は過半数割れが避けられず、都政運営が混乱するのは必至だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00012194-nksports-soci
小池百合子氏「希望の党」結党宣言、国政にも関わる

都知事職との兼任で自らが党首となって新党に関わっていく考えを明らかにした。

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201709250000093.html
ヒロミ指摘「強いバック見つけて騒ぐ」政府

★安倍政権は拉致問題に積極的に取り組んだ政権とは言い難いが、同時に北朝鮮政治について真剣に対峙(たいじ)したことがない政権だということもわかる。秘密接触ばかり水面下で行い、正面から外交という手段をとったことがないのではないだろうか。数十年前に拉致問題が発覚したころから外務省は国交がないという理由で問題解決に消極的だった。加えて中国や韓国、米国からの情報も拉致被害者のために必死でつかんできたわけではない。

 ★一連の北朝鮮クライシスの中、首相・安倍晋三、副総理兼財務相・麻生太郎、外相・河野太郎の3人は、安倍と河野は父親が外相経験者、麻生は祖父の吉田茂が外相を経験していることを考えれば、もう少し外交を理解していると思ったが外交音痴も甚だしい。首相は好戦的で前のめりに「対話ではなく圧力しかない」と言い、副総理は「武装難民の可能性もあるので」朝鮮半島の難民を「射殺する」と言い、外相が「全世界160カ国に北朝鮮との国交断絶を要求」した。これが日本の北朝鮮外交政策だ。

 ★タレントのヒロミはテレビで政府の態度を「特に今、アメリカがこう言ったから強めに言うってのは」「後ろに強いバック見つけて、前で騒いでいる兄ちゃんみたいなのがよくいるんだよ。街でもね」と皮肉ってみせた。米朝間の対立に乗じて首相が挑発し、副総理が難民の警戒を叫び、外相が国交断絶して北朝鮮の孤立を各国に要請する。本来は米国に冷静さを保たせ、国会で朝鮮半島有事の際の対策を議論し、国交がある国々に北朝鮮との外交チャンネルで呼びかけ、戦争を回避させることが、今の3人の役目なのではないか。3人の発言で日本外交の程度の低さが際立った。(K)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000531-san-pol
堺市長選 連敗維新、広がる動揺 都構想封印、関心低下招く

 選挙は候補者選びから後手に回った。松井氏らは約1年半を費やし元民放アナウンサーと水面下で交渉したが6月に破談になった。

 党内では不満が噴出。7月に開かれた府議団の会合では、候補者選定を担った堺市内選出の馬場伸幸衆院議員(日本維新の会幹事長)を名指しして責任を追及する声も上がった。

 難航する候補者選びに党内からは「不戦敗でいいのでは」との声もあった。党法律顧問の橋下氏も「候補者擁立に消極的な方向に傾いていた」(維新幹部)というが、松井氏は反維新勢力との全面対決にこだわった。

 「戦いたい。維新は前のめりに死にたい」

 不安を抱えての選挙戦は、「精神的支柱」(松井氏)の橋下氏を欠いた初めての政令市の首長選でもあった。発信力不足を総力戦で補おうと、所属議員を市内7区にチーム分け。選挙前に市内ほぼ全戸を回り、ポスターを2千枚貼った。1人ずつに街頭活動の回数をノルマとして課すなど、「住民投票並みの力の入れよう」(府議)で臨んだ。

今秋からは都構想の制度設計を行う法定協議会での議論が本格化する。維新は府と大阪市の両議会で過半数を満たしておらず、来秋の住民投票実現に向け、公明党の協力が欠かせない。

 「都構想に向けた協議をしている中で、真っ正面から公明党さんとけんかはできない」。報道各紙が堺市長選での維新の苦戦を伝えた今月18日、松井氏は衆院選で公明が議席を持つ府内4選挙区に対抗馬を立てない方針を明言し、自主投票の公明に秋波を送った。

 維新にとって公明選挙区への候補擁立は「最終最後のカード」(幹部)。にもかかわらず、早々にそのカードを切った背景には、公明を刺激したくない思惑があったとみられる。

 堺市長選の手痛い敗北の中でも救いは票差だ。「負けるにしても大差はだめだ」。維新が候補者擁立を決めた後、公明府本部幹部は松井氏にくぎを刺した。挙党態勢で惨敗すれば、公明内で維新との協力関係を疑問視する声が上がることを示唆した。

 結果は現職が3万票以上落とす一方、維新候補は前回並みの得票を維持した。維新府議は自らに言い聞かすようにこうつぶやいた。

 「ほぼ無名の候補でここまでできたことで、衆院選にも『やればできる』という自信を持って臨める」

2017.09.25 14:55 URL | #- [ 編集 ]

重要な国政選挙直前で党内から解党論がでている民進党は滅亡するでしょう。しかも森友で有名な玉木議員が直接メディアで解党を強く支持するありさま。
キラキラと輝き颯爽と現れた小池新党の脅威の支持率で野党共闘は泥舟でしかない。利権政治の王様、破壊王、小沢との共闘に多くの民進党議員から不満爆発。
自由党も民進党も選挙で戦える顔すら見えてこない。全く期待されていない民進党リベラルの岡田、蓮舫、枝野、菅は沈黙。小池に逆らったら潰されるので自分の選挙しか考えてないでしょう。
菅など小池を日本のメルケルとべた褒めする馬鹿コメントを発表。有権者からは笑いもでしょう。リベラル支持者にも大きな変化が出始め小池新党を推す勢力が急増しています。脱原発系リベラル支持者はには小池待望論まで出る始末。主要な脱原発系団体も小池批判は全くない。元々、旧左翼と仲の悪い脱原発系のリベラルの多くは小池新党を支持し小池の術中に見事にハマる不甲斐なさ。最も恐ろしいのは連日、各主要メディアの小池の持ち上げ報道が異常すぎる。
政治ニュースのほとんどの時間が小池新党待望論で終わり野党はスルーされ映像も出ない扱い。
この報道では無党派層の多くは小池に流れるでしょう。事実、小池新党の支持率はうなぎ登り。すでに民進党を大きく引きはなしています。小池を甘く見ると都知事選と同じ結果になります。小池は希望の党は新たな保守勢力と公言し改憲を主張している。しかし小池を批判するのリベラルは共産党以外誰もいないのが腐敗した左翼の現実です。

2017.09.27 13:24 URL | ボイス #- [ 編集 ]

2chだけでなく、Twitter上でも、左右分け隔てなく小池新党批判しか集まってないのに、それでもこの党が一定数の議席は確保してしまうだろう絶望感だけは皆共有しています。

2017.09.27 17:58 URL | #- [ 編集 ]

民進党、希望の党と合流……「大義が~大義が~」と自民を批判して騒ぐけど、そもそも野党にも大義がないのがわかっただろう。日本共産党だけは大した物です( ´∀`)

2017.09.27 21:20 URL | #- [ 編集 ]

エセリベラル菅直人がツイッターでブログを更新し熱烈な小池信者になっています。小池と組んで脱原発と政権交替をと言っています。民進党崩壊は確実。民進党リベラル正体は理念や信念は全くないでしょう。菅直人が原発ゼロを閣議決定していればここまでこじれてなかった。小池台風はどんどん大きくなっている。NHK、報道ステーションも小池応援をトップニュースに!小池は超強気で3桁の候補者の擁立を豪語。支持率は20%をこえて自民党を射程距離にとらえてきた。御用メディアは市民の敵。フェイクニュース煽られ小池圧勝です。小池を菅直人のようなリベラル支¥が持ち上げ出している。とても危険です。岡田、蓮舫、枝野は確実に小池応援団に加わるでしょう。

2017.09.27 22:59 URL | ウサギ #- [ 編集 ]

初めまして。
どんな投票行動がおすすめですか?

2017.09.28 16:27 URL | まめ #- [ 編集 ]

正確には今回の総選挙から「岩手“新3区”住民」ですが(^^;
新3区に共産・社民が候補者を立てるのかどうかまだわかりませんが、
どちらも候補者を立てないのなら、こちらの読者の皆さんに叱られそうですが
小沢一郎にトドメを刺す意味で選挙区はあえて自民に投票します。
(比例は社民-他はどうなのか知りませんが旧4区の社民は明確な反小沢なので)
岩手の共産は小沢真理教に片足突っ込んでいる状態だけど、少しは目が覚めるかなぁ・・・

2017.09.28 20:21 URL | 岩手4区住民 #Ujd6MtBI [ 編集 ]

きまぐれな日々さんが以前からナチス小池を批判していたので騙されずにない有権者も多いです。今日、地元の民進党県連に猛抗議しました。バカ前原筆頭に民進党の国民騙しを許すしてはならない。ナチス小池はいつのまにか改憲安全保証日米同盟が一番の政策にすりかわりリベラルや護憲派は入党させないって公然とテレビで喋りまくっています。情け無いのがバカ民進党リベラルでそれでも小池新党に入れてもらう事で全員一致って。この詐欺師リベラル議員にプライドはないのか?もしナチス小池が政権を取れば確実に改憲します。腐敗したメディアは独裁者ナチス小池を連日ヒーロー扱い。全く批判せず小池正義の報道に恐怖を感じます。フェイクニュースを許すな!トランプ大統領に賛成です。小泉、小沢、細川の極悪同盟も日本のガンです。自民党候補者の方がマシに見えてきているのは私だけでしょうか?みなさんの選挙区はどうですか?

2017.09.29 20:25 URL | マグナ #- [ 編集 ]

皆さん選挙区の事しか頭にないようですが、比例区も惨憺たる結果が予想されます。本来民進党がとるべき議席数をドント式ですから強いもの順にぶんどっていくと思います。共産党は微増かもしれないが、ほとんど改憲勢力となる悪夢が待っていることでしょう。
民進党のリベラルは本当にしょうもない。希望の党の公認で自分が当選することしか考えていないのか。どうせ公示の前日までじらされて公認されないのは目に見えているだろうに。無所属で出たって比例復活当選なんかないのに。何で早くリベラル政党を作って比例区の有権者の受け皿を作らないのか。

2017.09.30 00:18 URL | 残念無念 #- [ 編集 ]

民進党はクズ。
小沢自由党も同罪。
希望の党の入党基準は改憲と安全保証。自民党の改憲案は小池が会長だった。
小池は防衛大臣だから安倍より右翼だ。
モリカケ疑惑も民進党がうやむやにしたのと同じです。
民進党リベラルもここまでダラダラでたよりないとは。小池に鞍替えする神経が理解出来ない。安保反対で支持してきた国民への裏切り行為でしかない!

2017.09.30 01:16 URL | 鷹 #- [ 編集 ]

最近の政治情勢はもうめちゃくちゃです。
常識を遙かに超えて、不感症になっている自分があります。

国会議員のうまみは我々では想像を遙かに超えているのでしょう。

さて、ブログ主様の主張は基本的に同意ですが、あえてこの酷い政治情勢に併せて異論を述べたいと思います。

今、一番大切なのは憲法改正をストップさせることでしょう。
そのためには、まず、安部が退陣することが第一です。
その意味では希望の党が勝つ方が良いことになります。少なくとも時間稼ぎにはなるでしょう。

その間に護憲リベラル新党が構築できないかと思います。
ただ、希望の党も改憲を目指すでしょうから、時間はそれほどないでしょう
それにもっと悪い改憲案が出てくると予想されます。

時間はあまりないと思いますが、今大切なのは「護憲」一本で一丸となるときだと思います。
その意味では批判にエネルギーを費やすより、護憲勢力を構築するときだと思います。

このままだと、近いうちに戦争になって日本は破壊されます。
共産党の変節はこれを感じてのことでしょう。

しかしその共産党ですら下部組織やシンパに9条改正を唱えさているようでは期待できません。

とにかく護憲が第一です。

2017.09.30 11:21 URL | バク #- [ 編集 ]

追記です。

小池の目標は首相になることですから、想定通り希望が勝てば、自民との連立になって、大幅に2/3を超えるでしょう。
そして、安部は退陣し、小池首相が誕生することになるでしょう。その代わりに「もりかけ」は不問になります。

さて、改憲ですがやり直しが迫られます。また、小池も人気取りの政策を進める必要もあります。
たぶん1,2年を要するでしょう。

その場合、注意すべき事は北朝鮮か中国との戦争だと思います。おそらく解釈改憲で行うでしょう。

リベラル新党のキャッチフレーズは
「戦争になっても良いのですか?」
でよいのではと思います。

2017.09.30 12:08 URL | バク #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1487-f7bf8bb7