きまぐれな日々

 ついに安倍内閣支持率が、報道機関によっては30%を切るようになった。前の週末の調査で時事通信が29.9%を出したあと、この週末にはANNが29.2%を出した。一方、共同通信の調査では35.8%だった。ここでは、リンク切れの早い放送局のサイトであるANNの報道を記録しておく。

安倍内閣支持率がついに20%台に ANN世論調査(2017/07/17 10:30)

 ANNの世論調査で、安倍内閣の支持率が29.2%に下落しました。「危険水域」と言われる3割を切ったのは、2012年の第2次安倍政権発足以来、初めてのことです。

 調査は、15日と16日に行われました。それによりますと、内閣支持率は29.2%で、先月の前回調査から8.7ポイント下落しました。一方で、支持しないとした人は54.5%で、前回より12.9ポイントの大幅上昇です。安倍総理大臣は、来月初めに内閣改造を行う考えですが、これに「期待する」と答えた人は38%だったのに対し、「期待しない」とした人は54%に上りました。加計学園を巡る問題については、先週の参考人招致でも、行政がゆがめられた疑いは解消されたと思わないとした人が74%に上り、さらに76%の人が安倍総理が説明する必要があると答えました。

(テレ朝ニュースより)


 マスコミは「危険水域」だと騒ぐのだが、私は「これでやっと勝負になった」程度のとらえ方だ。この先、安倍政権が本当に打倒できるかどうかはなお不透明だと思う。

 特に懸念されるのは野党第一党である民進党の惨状だ。

 党内から「二重国籍問題」とやらを追及されたと伝えられる蓮舫は、今日(18日)行われる記者会見で自らの戸籍謄本を公開するらしいと報じられているが、その報道が流れるとともに、今度は有田芳生ら党内左派や朝日新聞やリベラル層などから国籍の公開に強く反対する意見が続出した。私も『kojitakenの日記』に、「蓮舫は絶対に戸籍謄本を公開するな」(2017年7月13日)と題した記事を書いた。

 このブログ記事を書いている時点では蓮舫はまだ自らの戸籍謄本を公開していないが、今日の記者会見で公開をしないことを強く望む。今ならまだ前言の撤回は許される。

 仮に蓮舫が戸籍謄本を公開してしまえば、民進党はリベラル層からの支持を失い、党勢低下は回復不能になるだろう。

 それでなくても民進党には、党を構成する国会議員と一般の党支持者の思想信条に乖離があり過ぎるという問題点を抱えている。これは民主党時代からの伝統的な体質であって、うっかり民主党の「リベラル」なイメージに乗っかって参議院議員になってしまった大橋巨泉が、党の保守的な体質に驚いて国会議員の座を投げ出してからもう15年になる。巨泉は民主党に半年しか耐えられなかった(2001年7月参院選当選、2002年1月議員辞職)。

 その後政権交代と自民党・安倍政権への政権再交代を経て、民進党は凋落した。政党支持率も、先日「安倍内閣支持率初の3割割れ」で話題を呼んだ時事通信の世論調査を見ると、民進党の政党支持率はわずか3.8%であり、自民党(21.1%)の5分の1にも満たない。他の政党は公明党3.2%、共産党2,1%、日本維新の会1.1%、社民党0.3%、自由党0.0%、日本のこころ0.0%となっており、支持政党なしが実に65.3%を占めている。

 その民進党支持の3.8%で最多を占めるのはいわゆる「リベラル」で、「ノンポリ」がそれに次ぎ、いわゆる「保守層」はほとんどいないと思われる。しかし民進党の国会議員の構成はこれとは全く異なり、「リベラル」はほとんどおらず、大半は新保守主義か新自由主義の信奉者だ。

 だから蓮舫を党内で追及する時にも保守派の声が強い。それは、昨年最初に蓮舫の「国籍」が民進党内で問題になった時に、社民党から民進党に移ってきた阿部知子までもが追及側に加担したことからもうかがわれる。この時には、松原仁や長島昭久らいわゆる「保守派」(実際には極右)と、「小沢一派」の松木謙公や木内孝胤らが手を結んで仕掛けた蓮舫批判に、阿部知子が乗っかった形だった。

 彼らの批判になると延々と書き続けたくなってしまうが、そんなものを読みたいと思う読者はほとんどいないだろうとは自覚している。しかしひどいのは国会議員だけではなく、こうした民進党の現実を直視する勇気を持たない党の支持者たちにも私は強い批判を持っている(具体的はつい「あの人」を思い出してしまうわけで、現に当該人物に対する批判を延々と書きそうになってしまったが思い直してそこは削除した)。

 最大の問題は、「安倍政権の受け皿がない」という厳然たる事実だ。都議選では「都民ファーストの会」を都民が受け皿をみなしたから同会が圧勝し、自民党は民進党ともども惨敗した。

 しかし、国政では相変わらず受け皿はない。だからこそ「都民ファーストの会」の国政進出が噂され、渡辺喜美や長島昭久や若狭勝らがその結成を心待ちにしており、政党交付金を受給するためにも年内には間違いなく結成されるだろうが、「国民ファ★ストの会」とも仮称されるこの政党はかつての新進党の再来の「新・新進党」ともいうべき「保守二大政党」の一角をなす政党だ。かつて小沢一郎が実際にやったように、公明党を仲間に引き入れれば第二党になる可能性は十分あるが(それでも小沢が政権交代を狙った1996年の衆院選で新進党は敗れ、翌年の解党につながった歴史しかない)、間違ってもリベラル層のニーズを満たす政党にはならない。

 小池百合子や野田数の極右的思想信条から推測して、この党には民進党の中間派や左派(生き残っているかどうかは別として)は入れてもらえないことは目に見えており、「国ファ」からあぶれた民進党議員たちは社民・自由両党と「弱者連合」を組んで共産党との「野党共闘」を継続するだろうと予想される。「民進党左派+社民党+自由党」となれば、これは松木謙公(右翼)や木内孝胤(すさまじいまでのエスタブリッシュメント一家の人間)といった思想信条的に問題の大ありの人間が含まれるであろうことを棚に上げるなら「昔の社会党の再来」なのかもしれないが、「労働界の右翼的再編」によって発足した連合の支持など得られるはずもないから、零細政党にとどまるほかないだろう。そうなると共産党との「野党共闘」も政権交代を狙える政治勢力になり得るとは到底思われない。

 そんな展望しか私には思い描けないのだが、それでも良いのか、と問いたいのである。

 「小池都知事と公明党と民進党の連携にちょっとワクワク」した某ブロガー氏は、都議選前日にようやく民進党支持を表明した記事に、「『23名のブレない候補予定者を見て欲しい』という言葉に、共感するものがあった」と書いたが、菅野完がTwitterで指摘したところによると、蓮舫の「国籍問題」を民進党内で焚きつけているのはその松原仁だという。
https://twitter.com/noiehoie/status/884916971103338498

菅野完‏
@noiehoie

いま調べたった。
蓮舫の二重国籍問題とやらを騒いどる民進のメンツってのは
今井雅人 .@imai_masato
原口一博 .@kharaguchi

この2人は、ネットでもかいとるから顕在化しとるが、裏でこの話たきつけとるの、なんと、都議選敗戦の最大の戦犯、松原仁やぞ。

16:27 - 2017年7月11日


 菅野完は煽動者の主犯が松原であることの確証を示してはいない。しかし、私は菅野氏の指摘に「確からしさ」を強く感じる。

 というのは、前記の阿部知子が民進党内極右議員と「小沢一派」(松木・木内ら)に蓮舫「国籍問題」追及に加担した時には、松原は堂々と蓮舫追及の急先鋒に立っていたという事実があるからだ。

 現在、松原仁が今井雅人(いったん民主党から維新の党に移籍した経歴を持つ出戻り)や原口一博(昔から悪名高い極右議員で「小沢一派」とも近い)の影に隠れているのは打算からだろう。

 しかし、この松原仁こそは、「民進党から離党して都民ファーストの会公認で立候補する候補者にも民進党から推薦を出すべきだ」と喚いていた張本人でもある。結局この推薦が本当に出されたのかは知らないし知りたくもないが、この話に民進党公認で立候補した候補者が激怒していたというのは聞いたことがある。なお、民進党離党の都ファ候補者への推薦については、蓮舫も野田佳彦も積極的だったとの報道が以前あった。それは元民進の都ファ当選者の分を民進党公認の当選者に加算して、「都ファの当選者も加えればこれだけの人数になる」と称して責任逃れをできる、との手前勝手な論理に基づくものらしかったが、そんな滅茶苦茶な議論が通用すると思う方がおかしい。

 このことからもわかるように、保身に走る蓮舫や野田佳彦もひどいが、ある時には蓮舫の足を引っ張りながら(現在も引っ張っている模様)、都議選の選挙戦中には「23名のブレない候補予定者を見て欲しい」などとうそぶく松原仁の信じ難い鉄面皮ぶりには怒りを抑えることができない。

 そして、松原仁や蓮舫や野田佳彦を抱える民進党について、「それでも受け皿は民進党しかない」などと言っている人たちにも強い不満を覚える。

 安倍政権に対する右側からの対抗勢力になろうとしている「新・新進党」も、地方への支持の浸透に大きな課題を抱えることは目に見えているから、それに加えて曲がりなりにも今はまだ「野党第一党」である民進党がこの惨状であっては、最悪の場合安倍政権がずるずると続いて「安倍政権下での改憲」も実現してしまうことになりかねない。

 それを阻止するためにも、リベラル・左派の側からの民進党批判の議論をもっと活発に行う必要があると強く思う今日この頃なのである。
関連記事
スポンサーサイト

民族排外主義や国民国家崇拝では共産党陣営など20世紀型左翼のほとんどもデカい顔は出来ないんですね。
日本共産党は、戦後、スターリン・コミンフォルムの方針を受容して、党員資格に国籍条項を加えそれまで党内に居た朝鮮、中国系党員を党外に放逐しただけでなく、植民地系出身の在日居住者の参政権要求の旗さえ下ろしてしまいましたから。(もともと、マルクス的コミュニズム運動というのはマルクス存命期の第一インター(国際労働者協会)に多様な国籍の人間が混在していたし、戦前戦中期に至っても野坂参三や片山潜のように一時アメリカ共産党やソ連共産党に属していたことからも解るように、民族や国籍の違いなんかを超越した国際主義の党だったのにです)

ま、蓮舫への二重国籍攻撃への批判においても、「国籍上問題はない」という国籍や国民国家の枠内の問題意識に立っての反論しか出来ないのが20世紀左翼です。

2017.07.18 11:13 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #- [ 編集 ]

なお、現憲法中の「国民」は、本来「People」であり、それは①「国民」のような国籍差別を前提しない「人民」であり、②法人を排除した自然人だったことは明白なことでしたが、いつのまにやら「国民主権」や共産党の「国民こそ主人公」路線に矮小化されてしまったということです。

2017.07.18 17:30 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #- [ 編集 ]

はてなの方で既にコメントしたことの繰り返しになりますけど、朝日新聞・高木智子記者の呟き https://twitter.com/mtcedar1972/status/887451482747883520 で改めて考えさせられたのは、蓮舫はマイノリティーとは言えども結局は(さとうしゅういち氏言う処の)“グローバル・エリート”でしかなかったのではってことなんですよね。だからマイノリティーが切実に直面している差別や恐怖感には実感を持てず、ただ自らの批判さえ収まればと利害関係人という法律用語も理解できずに戸籍謄本を開示しちゃったって気もするのです。

マイノリティーに属する者ならば何らかの差別や冷遇を享けそれを克服どころか対応するのさえ精一杯ということが当たり前だった訳で、「成功した実業家の家に生まれた」「裕福で恵まれた教育環境」「容姿にも恵まれ、キャンギャル→タレント→政治家と若くして変遷した華やかな経歴」という背景がある蓮舫はその中でも例外中の例外・マイノリティーとは言えども多くのマイノリティーが直面した問題とは殆ど無縁だった訳です。だから“多様性の象徴”と自称してみたところで多くのマイノリティーにとってみればある意味異世界の住民の戯言としか聞こえず、そればかりかマジョリティーより恵まれた点を逆に(堀茂樹とか座間宮ガレイの様な)大衆受けするショービズムに突かれてしまっているとも思えます。

蓮舫の一件は悪しき前例として今後にも悪影響を与えるのは間違いないのでしょうけど、こういう“グローバル・エリート”の”綺麗事”が大衆から見れば異世界の“恵まれた”戯言にしか聞こえず実際に問題を抱えている当事者にとっては寧ろ彼らに矛先を向けさせるがための要因にすらなっている構造って、国籍をはじめとした性的志向などの多様性や障碍者をめぐる彼是・更には貧富の格差や再分配・社会政策など様々なとこで見られるんじゃないでしょうか?社会政策など煽情的な分断やヘイト言説が横行しては、一方で“グローバル・エリート”が理想論めいたことを口にしつつこれまた非現実的でその実自分たちは“エリート”さながらのライフスタイルを披歴している・・・・・北田暁大が上野千鶴子や内田樹の言説を批判 http://synodos.jp/politics/19136 していましたけど、自分には蓮舫の立ち位置が内田や上野のそれとダブって見えます。

2017.07.19 18:30 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

今回の事はレンホー氏への差別問題では無く、レンホー氏が国籍法違反及び選挙法違反をしているという事実について問題になってます。レンホー氏本人も記者会見でしっかり自分が本当は選挙法違反をしていた事を事実だとハッキリ認めています。

2017.07.19 23:13 URL | りか #.Cl3whTg [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.07.20 10:51  | # [ 編集 ]

こんにちは。

戸籍の公開が望ましくないのは全く異論がないところで、個人的には国会議員の二重国籍も容認できるような寛容な社会であってほしいですが、現状の法律では問題があるのは事実。なので、蓮舫議員は(たとえことの起こりの動機は不純でも)初動から適切な対応を取り、戸籍の公開にまで追い込まれることがないようにするべきだったような気がします。

というのは、今回の二重国籍問題は徹頭徹尾法律問題であり、差別だとか人権の問題にするべきことではないからです。巷では、オバマ前大統領に対して行われた「バーサー運動」がよく引き合いに出されますが、差別と偏見に基づいた単なるデマである「バーサー運動」と蓮舫議員の二重国籍問題は全く次元の違う話です。

ちなみに、同じような事例は移民の国アメリカでもしばし起こります。一番近しい例は共和党のテッドクルーズ上院議員ですが(彼はアメリカとカナダの二重国籍)、結局カナダ国籍の離脱の手続きを取ることで決着しました。詳細は省きますが、これは徹頭徹尾憲法問題で差別とか人権の問題にはなっていません。

うまく言えませんが、このような単なる法律問題を差別や人権の問題として騒ぎ立てれば立てるほど、「純正(ピュア」な日本人であるべき」というような「何となくつかみどころのない気持ち悪い感情」をかえって呼び起こしてしまう事態になりかねかいかと危惧するところもあります。これは、護憲派が「自衛隊は憲法違反だ」と騒げば騒ぐほど、憲法に自衛隊を明記する必要性を高めてしまうという皮肉な構図とよく似ています。

話は変わりますが、時代に合わない戸籍制度を廃止すべきだというのも、これまた異論がないところです。特に現在はマイナンバー制度があるので、戸籍の必要性は全くないはずです。単なる惰性と制度への(非合理的な)愛着だけが戸籍制度を支えているだけですから。

2017.07.21 11:47 URL | D.J. #- [ 編集 ]

D.J.様

単なる法律問題とのことですが、その法律問題についても述べられている、シノドスの以下の記事の妥当性について、どのようにお考えでしょうか。

蓮舫氏の『二重国籍』は問題なし。説明責任は法務省にあり
奥田安弘×荻上チキ
http://synodos.jp/politics/20135/2

私は、

>現在の法律では日本国籍以外に外国国籍を持っていても、それは政治家や国家公務員の欠格事由にはならない

ということが事実であるならば、資格としては法律問題なし、また、ここで書かれているような台湾籍の離脱についての複雑な事情があるのなら、公職選挙法の詐称罪としての法律問題もなし、と考えますが。

ちなみに、この記事は、「日記」の方の次のコメント欄の負け組矜持さんのコメントで知ったものですが。

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20170722/1500687921#c

また、すでにD.J.さんがべつに法律問題としても問題がないと考えているとして、では、なぜ単に法律問題として扱わないことを問題にしているかといえば、「左派」が単に「法律上問題ない」と だ け 言わないからだとおっしゃるのでしたら、はじめから実際に起こっている差別的・ゼノフォビア的非難にどのように対処すべきだったとおっしゃるのでしょうか。台湾籍を持っていたということは、日本のために働こうとしているのではない、中韓のために働いているなどという、汚らわしい難癖が大手を振って歩いている現状をご存知なのですよね。

不躾な質問で、失礼いたしました。日にちがあいたので、見ていただけないかもしれませんが。

2017.07.23 22:53 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

人種差別や民族差別が厳存・横行する日本社会において、蓮舫は間違いなく差別されるマイノリティーですよ! 
そこをお間違いなく!!!

2017.07.24 13:09 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #- [ 編集 ]

suterakuso様

他人様のブログではありますが、直々にご指名を受けたのと、もしかしたらブログ主様もsuterakuso様と同じ考えであるかもしれないので、僭越ながらお答えします。

suterakuso様のような反応は典型的なリベラルの条件反射だと思いますが、私が言いたいことはシンプルです。国会議員(一般人の話はしていませんので、念のため)の二重国籍は法的にはグレーです。なぜなら、国会議員の要件として、日本国籍が必要とされており、国籍法は二重国籍を原則禁止しているので、国会議員の要件としての「日本国籍」は、二重国籍者を含まないと解釈される余地があるからです。繰り返します、「余地がある」からです。

そして、法的にグレーであれば、政治家としておのずと適切な対処法があるというものですが、そもそも蓮舫氏が右派のみならず一般世論からも非難されたのは、差別されたからではなく、言っていることが二転三転したり、変な開き直りをしたりと、不適切な対応をしたのが主な原因です。

もちろん、差別的な要素があったことは否めませんが、国籍と民族的・文化的アイデンティティは全く別物で、差別が行われているのは後者に対してです。(早とちりをしがちなリベラル様へ。私が差別を容認しているわけではないので、念のため。)そこのところを切り分けていかないと、収集がつかなくなってしまいますよ。

そもそも、国会議員の国籍要件という限られた法領域の話を、差別の問題として一般化して騒ぎ立てるのは得策でしょうか。否。むしろ、こういったことを差別問題にすることで、とりたてて保守的でない穏健派の一般人の反発までも買うということを「純正リベラル」の方々は認識すべきでしょう。蓮舫氏の二重国籍問題の顛末と結果を見てみればそれは明白なはすです。現に戸籍の公表という別の問題をはらむ結果を招いてしまったわけですから。

なお、ご指摘の記事ですが、賛同できるというか正しいと思える部分は多々あります。ただ、これで納得するかと言われれば否ですね。逆に質問したいのは、本当にご自身で全て読んで理解した上で納得しているのでしょうか?(そもそも、このリンクは記事の途中からですよ。)とにかく、私なりに以下、簡単に指摘したいと思います。

① 国会議員の二重国籍について何ら問題がないと言い切っていますが、法的根拠が示されていませんし、法的な論点も示されていません。欠格事由として明示されていないからとか、実務上禁止の措置をとっていないからというのは、グレーだから問題ないと言っているのと同じことです。

② さらに、台湾の特殊性と法務省の対応の不手際(違法な行政処分の可能性を含め)を挙げて、蓮舫氏は二重国籍ではない、従って二重国籍の問題は生じないということを暗にほのめかしていますが、結局「二重国籍で問題ない」のか「二重国籍でないから問題ない」のかどちらを主張したいのか?

はっきり言って、論点が拡散しすぎて一般人が読んだら何がいいたいのかわからないですよ。まあ、好意的に見れば、本記事はラジオのトークを文字起こししたもので、もともと読んで理解してもらうようにはできていないと考えることもできますが・・・

なお、あまりに長くなってしまうので、別の論点である公職選挙法違反云々は割愛させていただきますが、私見として公職選挙法違反の問題はないということは申し添えておきます。

以上

2017.07.25 10:59 URL | D.J. #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.07.25 17:29  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1483-fae5d548