きまぐれな日々

 昨日(2日)投開票された東京都議選は、都民ファーストの会(以下都ファ)が50人の公認候補中49人が当選する圧勝で、開票後追加公認した無所属の6人と合わせて55議席と圧勝した。

 自民党は23議席で、最後に当確が出た候補が落選していたら、公明党の議席(23議席)をも下回る第3党に転落するところだった。同党は前回(2013年)の都議選で59議席を獲得したが、半分以下に激減した。

 公明党は前回と同じ23人の候補者全員を当選させた。

 共産党は苦戦を予想されていたが、予想を上回る自民党への逆風が幸いし、都ファの候補がトップ当選した選挙区で下位当選を自民党候補と競り合って勝つ選挙区が多くあったため、前回の17議席を2議席上回る19議席を獲得した。

 共産党と対照的に惨敗したのが、昨年いち早く党代表の蓮舫が小池百合子にすり寄りながら小池に「振られた」民進党と、都ファと選挙協力した生活者ネットだった。民進は選挙前の7議席からは2議席減だが、前回の15議席の実に3分の1に過ぎない5議席だった。また生活者ネットも同じく前回(3議席)の3分の1の1議席だった。

 こうなるだろうとは思っていた。それを確信したのは、リテラが投票日前日(7月1日)になって「小池知事と都民ファーストでいいのか? 仕切っているのは国民主権否定を公言する極右、安倍政権に全面協力の密約も」という長いタイトルの記事(下記URL)を公開したのを知った時だ。
http://lite-ra.com/2017/07/post-3286.html

 リテラのライターは素人の市井のブロガーと違って、マスコミ各社の記者たちとも接触があるから、期日前投票の出口調査の結果も漏れ伝わっていたに違いない。そして、それは予想を超える都ファへのバンドワゴン現象を示すものだったであろうことは、選挙結果から間違いない。

 自民党にはすさまじい逆風が吹いているのに、それが「野党共闘」4党(うち自由党は都議選で公認候補を出さなかった)の支持につながっていないことを知ったリテラは、慌てて投票日前日に都ファの右翼性をアピールする記事を公開した。しかし、そのタイミングはあまりにも遅く、完全に「焼け石に水」だった。

 伝え聞くところでは、共産党も「赤旗」も都ファや小池百合子への批判は手ぬるかったとのことだが、それでも選挙戦後半には都ファ批判を強めていた。しかし民進党は、選挙戦終盤戦になってようやく蓮舫が都ファ批判をくりだしたものの遅すぎた。

 最初から小池百合子と手を結んだ生活者ネットは論外だ。この政治団体の主義主張は右派議員の多い民進よりむしろ社民に近いが、小池百合子は生活者ネットなら有権者の忌避感はほとんどあるまいと計算して、ともにすり寄ってきた民進と生活者ネットに対して違う対応をした。私が小池の立場であっても同じ対応をしたに違いないと思う。しかし、自己と民進党を過大評価していた蓮舫は無謀にも小池にすり寄り、予想通り拒絶された。

 選挙結果は民進と生活者ネットに有権者が鉄槌を降す結果となったといえる。たとえば定員6の杉並区では、当選者は得票数順に都ファ、都ファ、共産、公明、自民、自民で、落選者の上位3人がネット、民進、民進だった。

 いわゆる「リベラル」のうち、新自由主義志向の強い者は都ファに流れ、新自由主義を嫌う向きは共産党に流れた。当然の結果であり、私の選挙区は杉並区ではないが、前回(2013年)に続いて共産党候補に投票した。杉並区民であってもそうしたに違いない。小池と手を結んだ政治勢力や、党首が小池にすり寄った政党の候補になんか間違っても投票する気にはならない。

 なお、今回の都議選で民進党に投票した人たちには、新自由主義には容認的であるものの都ファ及び小池百合子の右翼性を敬遠した人たちと、新自由主義も右翼性も嫌いだけれど共産党も嫌いという人たちがいたように思う。前者の代表が私が日頃からウォッチしている某ブログであって、リテラに都ファ批判の記事が公開された同じ日に、民進党支持を表明したブログ記事を公開したが、それ以前には都議選をメインにした記事を公開していなかった。そして選挙後には、予想通り自民の大敗を手放しで喜ぶ記事を公開した。

 一方、後者の人たちの行動はどうしても私には解せないところだ。彼らの多くは、本心では小池百合子や都ファを快く思っていないことは明らかなのに、他の反自民野党の支持者や私のような反自民の支持政党なしの人間による蓮舫批判を激しく忌み嫌って、強烈な蓮舫擁護の論陣を張るのである。本当は彼らこそ率先して蓮舫を批判しなければならないはずだし、小沢一郎が代表になって党内の締めつけを強めて(たとえば2008年の民主党代表選には、小沢一郎が対立候補の立候補潰し工作を執拗に行って=同じ行動を安倍晋三も2015年の自民党総裁選でとった)、党内に「執行部独裁」体質を定着させる以前には、党内で活発な意見交換が行われる党風を持った政党だった。当時の民主党の主義主張はよく言われるように新自由主義的だったが、百家争鳴とか多事争論などの言葉で表されるような気風は確かにあったのだ。

 しかし、今では自由党に分かれた小沢一郎の支持者、いわゆる「小沢信者」だけではなく、「反小沢」側に立っていた者も、自分たちへの批判を許さない「民進党信者」と化している。そんな支持者が目立つような政党から民進ならぬ民心が離反していくのは当然のことだ。

 今回の都議選の結果は、直ちに政界再編に結びつくだろう。既に若狭勝、長島昭久、渡辺喜美といった暑苦しい面々が騒ぎ始めている一方、都議選で都ファと結んだ公明党は、国政では安倍政権との緊密な連携を表明している。しかしそうは問屋が卸さない。

 ほんの少し前まで「安倍一強」と言われていたのが、突如として民意のすさまじい鉄槌を受け、内閣支持率はJNNの調査(下記URL)で2か月連続の暴落を記録した。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3094937.html

 都議選のあった週に世論調査をしていたとは意表を突かれたが、この調査によると安倍内閣の支持率は2か月で実に20ポイント落ちた。ついこの間まで、安倍晋三は国会答弁で「民進党の政党支持率は何パーセントなんだ。安倍内閣の支持率は50%ある」と豪語していたが、あっという間の急落だ。「レギュラー8本をなめんなよ」と豪語した長谷川豊があっという間にレギュラー番組を全て失ったことを思い出させる。安倍晋三は昨夜は記者会見もせずに逃亡した。

 こんな情勢下では、小池百合子も当然これまでの戦略を変更するほかない。仮に今回の都議選で都ファと自民が拮抗する結果だったら、小池は安倍からの政権禅譲を狙って駆け引きを行っただろうが、ここまで安倍政権の人気が暴落すると、安倍と手を組むことは小池百合子自身の人気の暴落に直結する。都議選の戦略において民進党を忌避したのと同じ理由が安倍政権に対しても適用される。なぜなら、今回都ファの得票を押し上げたのは、安倍政権に対する批判票だから、安倍と組むことは次期総理を狙う小池には絶対にできない選択肢になってしまったのだ。

 それならどうするか。いうまでもなく「新・新進党」の立ち上げだ。既に若狭だの長島だの渡辺だのの魑魅魍魎が蠢いているのは前述の通りだが、都議選後直ちに読売系のスポーツ報知は

民進党の国会議員5人以上が小池氏支持のため離党する方針を固めたことも判明。今後、都民Fの国政進出も現実味を帯びてきた。

と書いた(下記URL)。
http://www.hochi.co.jp/topics/20170703-OHT1T50083.html

 こうなっては、野党の右翼的再編はもはや避けがたいだろう。簡単に言えば、民進党から出るであろう大量の離党者は、次の選挙では「新・新進党」(おそらく党名は「国民ファーストの会」にでもなるに違いない)から出馬する。維新から少し距離を置いている名古屋の「減税日本」もこれに合流する。仮に小沢一郎が政界引退を決意するのであれば、自由党も加わる可能性がある(但し自由党には、社民党及び民進党リベラル派と合流する選択肢もある。小沢が政界を引退しない場合はこちらになるだろう)。

 何しろ若狭だの長島だの渡辺だの民進党離党者だのには新党結成を求める理由がある。それは、東京都議選の結果から明らかなように、安倍政権は人心を失っているのに、民進党や共産党では政権の受け皿にはなれないため、「死に体」の安倍政権が続くのだ、だから人心を失った安倍政権に代わる政権の受け皿が必要だ、というロジックだ。

 TBS以外の内閣支持率の世論調査がどうなるかにもよるが、「政界の右翼的再編」はもはや不可避だろう。安倍晋三に冷や飯を食わされ続けた石破茂あたりも、かつての盟友・小池百合子一派との合流に走る可能性がある。

 ようやく安倍晋三の邪悪極まりない政権の終わりが見えてきたが、その代わりにもう一人の極右にして新自由主義者、しかも1年前の都知事選前に「身体検査の結果は真っ黒」と週刊誌に書かれたモンスター・小池百合子の脅威がますます強まった。

 一難去ってまた一難。「崩壊の時代」は崩壊の度合いを強めながらまだまだ続く。
関連記事
スポンサーサイト

朝日新聞も世論調査をやっていますよ。
http://digital.asahi.com/articles/ASK727TS4K72UZPS005.html?iref=comtop_8_03

「内閣支持38%、不支持42%下回る」とあります。
私に言わせれば、支持率10%を上回るのも不思議に思いますが。

2017.07.03 09:31 URL | 負け組の矜持 #- [ 編集 ]

今回の選挙で露呈してしまったことが1つあります。それは公明党の存在です。自民党は公明党という組織票を持つ宗教政党がないと途端に足元が崩壊するということです。

国政で自民党は腹立たしさを内心に秘めながら公明党に対して従わなければならないのではないかと思いますね。権力にしがみつく公明党は本当に平和の党なのかを試されているとも言えるでしょう。公明党が反対したら、たちどころに憲法改正はできなくなります。

2017.07.03 10:23 URL | 負け組の矜持 #- [ 編集 ]

こんにちは。

まず最初に断っておきます。私は小池百合子を容認しているわけでも何でもないですが、特定の政党やイデオロギーに執着しないので、まあ今回の結果はよしとすべしではと思います。少なくとも、安倍晋三の求心力はガタ落ちで、ブログ主様の指摘されているように、短期的には小池百合子と連携などと呑気なことは言っていられませんし、小池百合子も安倍晋三にすり寄るという選択肢はなくなりました。

さて、その小池百合子ですが、積極的に支持されたのではなく、まさに「反自民の受け皿」となったための大勝で、賞味期限はそれほど長くはないでしょう。ただ、あまり早く賞味期限が切れられてもまたぞろ自民が盛り返すことになるし、あまり人気が続かれてしまっても、小池支持が盤石になってしまうのが悩ましいところです。

ところで、少し明るい兆しが見えるのは、受け皿さえしっかりしていればある程度の支持を集められることと、小池百合子が掲げたリベラル的な政策(選挙用の方便である可能性は高いですが)がある程度支持されていたことです。逆に暗い見通しは、今時点で国政でそのような受け皿になれる政党はないということです。正直言って、民進党はもう死んでいますし、共産党ではある程度躍進しても十分な支持はまず得られません。

なので、ベストシナリオとしては、今回の件に懲りて、自民党の穏健派の誰かが首相になり、もう少しマシな政治を行ってくれるというものでしょう。新しい政党が国民の間に浸透するには時間がかかりますが、もしかしたら5年後、10年後にはそのような政党ができているかもしれません。(もちろん、新・新進党ではなく!)

2017.07.03 12:01 URL | D.J. #- [ 編集 ]

安倍は都議選での街頭演説で安倍を批判した人を「こんな人達に負けるわけにいかない!」と大絶叫しました。
何度か書きましたが、安倍は自分の批判勢力に言論の自由があるとは微塵も考えてないのです。
街頭演説となれば、支援者の集会じゃありません。
批判的な野次も飛ぶ事くらい政治家なら覚悟すべきでしょう。
でも安倍には批判を許す事ができない。
政治家失格で安倍は今すぐ議員を辞めるべきです。
もちろん安倍には「反省」「謙虚に受け止める」なんて気持ちは皆無で口から出任せです。
「こんな人達に負けるわけにはいかない!」なんて言葉はテロリストに使うものでしょう。
つまり安倍にとって批判者=テロリストなのです。
少なくても言論に対する考え方の部分については、報道機関という自負があるなら読売、産経、NHKなどは太鼓持ちをやめるべきです。
政府を批判する権利を認めずテロリスト扱いするような事を肯定するのは報道機関としての自殺です。

2017.07.04 06:12 URL | 一般的ウロタ #- [ 編集 ]

国民は極右が好きなんですよ。自民、維新、都ファ、それを支援する「平和の党」公明が躍進し続けているのは、そのまま国民が極右だからです。極右が字面の通り危険な存在、与党にしてはならない存在だと認識されているとするなら、国民が繰り返し極右を選挙で当選させ、極右法案通過や憲法無視の横暴を容認していることの説明がつきません。日本共産党はともかく、民進党が極右でも極左でもないことは少なくとも明らかなのですから、極右が本当に危険だと認識されているなら、いくら民進党が頼りないだとかダメダメだと思われていても民進党に自然と消極的に票が集まるはずです。

少数派の保守もリベラルも、自分達の正しさを主張しながら、多数派の極右国民に圧死させられていくんだと思います。

個人的に民進党にはアベノミクスの未達の批判、財政拡大を主張して戦ってほしいですが、人権を制限されたがっている国民が自民、公明、都ファ、維新という魅惑的な極右政党から剥がれてくれるかどうかは疑問です。

2017.07.04 09:31 URL | もっしー #- [ 編集 ]

確かに国民、多くの有権者は近視眼的な政治・政局しか見えない、二手三手先が想像できない、聞いてもピンと来ない、かつ熱しやすく冷めやすい傾向がある。
そのために嘘も方便と割りきる極右や小沢一郎等の選挙・政局テクニックに惑わされて、一歩も先に進まない日本の政治風景に見えるかもしれない。
ただ、今回の選挙でいえば、たとえ極右に惑わされ、先の政治では右よりの社会政治に困ることになるとはいえ、安倍自民党に亀裂を生むカウンターを入れることが出来た。
この民主主義の成果に、まずは小さく喜んでいいんだと思う。
こういう民意がダイレクトに政治を動かした、という選挙の実感が国民に積み重なることが、この国の「お上におまかせでない」民主主義を育てることに繋がるのではないか?
(この結果をガス抜きに終わらせないことが大事)
その兆しが今回の都議選における市民活動に見られなかったか?

崩壊の時代ではありましょう。
けれど下ばかり見ていては、上から差す光に気づけないこともある。
蜘蛛の糸のような細く頼りない活路さえ見失ってしまっては、あらゆる智恵も崩壊の絶望に飲み込まれるばかりではないでしょうか。

2017.07.04 17:04 URL | 朱の盤 #epoDbB82 [ 編集 ]

地方にいると今一つ分からないのですが、結局、ウケのよいネタにばかり注目が集まる、進歩のないマスコミ選挙だったのでは?と感じるのですが、いかがなのでしょうか? 女性イメージ、都議会のドン、築地と豊洲、聖域を暴き出す、(風が吹いて)我が物顔の自民、ワイドショー政治番組を見ないので、ほんと、イメージだけで話をしていますが、実際のところ、「多くの都民」が触れるのは、そんなイメージばかりだったのではないかな、と思うのですが。だって、築地こそが食の安全を守るとか、ちゃんと知れば、それで小池に乗ってもらって、最後にそれで小池を批判した、共産党を馬鹿にしたくなるような、イメージだけのテキトーな話でしかないじゃないですか。小池がよって立つ人脈とかもぜんぜんどうでもよいみたいですし。

困ったものだなと思うのが、政治家育成のシステムが一向に育ってくる様子がないというところで、野心と人脈か、有名人の利用という形以外での政治家への門戸が以上に狭いということだと思います。これは、機会的には決して狭くないのですが、じゃあ、実際、それ以外の経路からの人が支持を得られるかというと、それが極めて難しいということがあると思います。もちろん、そもそもそういう人がいないということが何よりなのですが。そういう意味では、管理人様が度々紹介するさとうしゅういちさんは、まさしく管理人様が評した通り「鬼才」だとは思いますが、その成果は…ということになってしまうわけで。これ、私ふくめてすべての人に、だから、お前はどうするのかということが問われているのだと思いますし、さとうさんのような人が立ったり立とうとしていたりする時にどうするのかが問われているのだとは、もちろん思います。そして、このあるかないかよく分からない壁のようなものが、ほらやっぱり、そんなものほんとはないじゃん、と認識されることもあるのではないか、だから、積極的にまず自らがそういう動きをしてアンガージェしなければ…なんてことも。…私じゃいろいろ無理ってことは、突っ込まないでください。

なんか思うんですが、ばかりですが、労組や運動に悪いイメージがついたりとか、生徒会は教員の傀儡イメージだったりだとか、そして、政権交代ブームでとくに民主党がポコポコ生み出したポンコツだったぽっと出がよって立つところがない人のイメージを悪くしたりとかで、なおさら、よいシステムが育つ明るい期待が持てない状況だと思うのですが。

2017.07.04 21:58 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

都民ファーストは東京の維新でしかないですし、小池の経歴、過去の言動などを見ても、控え目に言って保守強硬派。はっきり言えば右翼でしょう。
しかし、小池側近の野田はさらに危ない。あんな極右ど真ん中な異常者が首都の議会を占領した政党の代表というのが末期的。崩壊途上の国というより、もはや「崩壊した」と言ってもいいんじゃないでしょうか…
まあ、何か明るい未来を夢想するなら、野田数のイカれた極右ぶりが大衆にバレて都民ファッショが壊滅するとか、プロレスのつもりが本気の喧嘩になって、自民党からのリークで小池のスキャンダルが文春あたりからでるか。
そういう未来が来て、一年くらいで小池支配が終わればいいのかも。

2017.07.05 00:28 URL | 竹下 #- [ 編集 ]

D.J. #-

私はヤジなら許可なく言うくらいなら別にあっても良いと思います。

あと、安倍の「こんな人たちに」を私は「自身を批判する人」ではなくて「旗や拡声器で叫び続ける人たち」と思いました。安倍が出ると言うので行ったのですが、現地で見たら無党派層もヒくような集団に見えました。テレビだと聴衆が騒いでただけなのに安倍が聴衆を非難したように見えますが、演説が彼らの近くだと完全に演説中聞こえなくなっていたのでヤジではありません。ヤジは演説中に間の手くらいの批判の声を言うのであって大声で叫び続けたら無許可のデモや街宣車と同じとしか思えませんでした。 あの路線は過去の運動が過激になって国民の支持を失った日本の過去の学生運動やストライキと同じ路線だから終点も同じになりますよ。少しヤジでもいれようと見に行ったが、集団が余りにも騒がしくて恥ずかしくなった。あれが受けると思うなら、安倍か小池など有権者がさらに勝たせることになりますよ。あのゴミのような都議会自民党でも小池政党の3分の2の票数をとったのですから。

2017.07.05 21:02 URL | 穏健右派 #- [ 編集 ]

穏健右派氏

〉ヤジは演説中に間の手くらいの批判の声を言うのであって

はっきり言って野次に対する考え方が甘すぎます、
そういうものもたまにありますが、基本的に野次は叫ぶものです。
また野次は与党だけが浴びるものではありません、野党も浴びる時もあるし、
スポーツ選手や芸能人なども野次の対象によくなります。
野球場とかは激しい野次と一緒にメガホンが飛ぶのも珍しくありません。
国民の野次に対して感情的になりレッテルを貼る安倍は、政治家失格なんですよ。

2017.07.06 12:25 URL | 一般的ウロタ #- [ 編集 ]

「穏健右派」氏は以下のような実態を知っていて言っているんでしょうね。

在特会(在日特権を許さない市民の会)の政治団体である「日本第一党」が真横で演説を開始。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-17374.html

なお、安倍晋三は選挙演説に際して、「内閣総理大臣」という看板だか幟の下で演説していた。普通、「自由民主党総裁」とすべきであったはずなのに。これなど重篤な選挙違反のように思えるが。仮にこれが認められるとしたら、日本国の内閣総理大臣としてその政治にヤジが飛んでも仕方がないのではないですかね。

2017.07.06 16:47 URL | 負け組の矜持 #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.07.06 18:24  | # [ 編集 ]

共謀罪で逮捕「いいね!」

自民党の工藤彰三衆院議員(愛知4区、当選2回)が「いいね!」ボタンを押していたことが6日、関係者への取材で分かった
http://jp.reuters.com/article/idJP2017070601001693

共謀罪法が「国民弾圧法」ということがよくわかる。

2017.07.06 22:55 URL | 負け組の矜持 #- [ 編集 ]



演説がずっと全く聞こえなかったら、ヤジじゃないだろ

突撃隊も容認しそうだな、愚か者

あんたらみたいな連中が増えたから、負けるんだ

有権者は中道右派が圧倒的多数であって、自民党批判票の多さで選挙が決まってきたことも知らない

野党第一党じゃなくなった社会党が消滅したのは、野党第一党じゃなくなって自民党批判票を貰えなくなったからだ、無知め



2017.10.10 11:24 URL | 「リベラル」 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1481-e89a0de7