きまぐれな日々

 今年の黄金週間中に、安倍晋三が改憲を仕掛けてきた。今度は2020年施行というタイムリミットも設けてきた。

 正直言って、ただでさえ気の重い連休明けの日に取り上げたくない件なのだが、取り上げないわけにはいかない。

 今回読売新聞などで安倍晋三がブチ上げた改憲構想(以下「安倍改憲構想」と仮称する)の目玉は、なんといってもこれまでさんざん批判に晒されてきた2012年の自民党第2次改憲草案を棚上げして、改憲草案にあった「9条2項を変えて『国防軍』を書き込む」方針を一転させて「9条1項と2項はそのまま維持して、3項に自衛隊を明記する」という策に出てきたことだ。合わせて、教育無償化も憲法に書き入れるという。

 正直言って、今回は手強いと思う。もちろん、憲法遵守義務のある内閣総理大臣の安倍晋三自ら改憲構想を言い出すことは憲法違反の疑いが強いとか(これは5/7のサンデーモーニングで岸井成格が言っていた)とか、よく言われる「立憲主義をないがしろにする安倍政権下での憲法改正には絶対反対」とか、石破茂が言ったらしい「これまでの自民党内の議論とは整合しない」という意見など、いろんな反対論はあるが、いずれも世論に訴えて「安倍改憲構想」反対を国民の多数意見を形成できるかといえば誠に心許ないというのが正直な感想だ。

 憲法学者を見渡しても、たとえば一昨年の「安保法案反対」で共同戦線を張った改憲派の小林節と護憲派の樋口陽一が今回も共闘できるかといえば、どうだろうか。小林節は昨年だったか独自の改憲論を新書で発表していたように記憶するが、今回の安倍改憲構想について何を言っているか、軽くネット検索をかけたがわからなかった。水島朝穂が毎日新聞にコメントした内容は、有料記事(5ページ分は無料で読めるのでそれで読んだ)なので記事の引用はしないが、従来の自民党や安倍自身の主張と整合しないとか教育無償化は維新への配慮だろうとか安倍が言い出したのは森友学園事件から目をそらさせるためではないかなどなど、最後の森友学園云々以外はおっしゃる通りだと私も思うが、広く国民の理解が得られるかといえば誠に心許ない。また毎週更新している水島氏のサイトのコラム「直言」でも本日付の記事ではドイツの話が取り上げられていて、

日本国憲法施行70年や安倍政権の改憲動向については、来週以降の「直言」で書く予定である。

とのことだ。

 何より「やられた」と思うのは、「安倍改憲構想」の9条改憲の、2項はそのままにして3項を書き込むという案は、従来から小林節や矢部宏治や池澤夏樹や想田和弘や加藤典洋やその他多くの人たちが提案してきた「改憲案」よりマイルドだということだ。だから、憲法遵守義務だとか自民党の従来の改憲案と整合しないなどの論法が出てくるのだが、前者はともかく石破茂などが言っている「従来の自民党内でやってきた改憲の議論と整合しない」というのは、「右」からの「安倍改憲構想」への批判に過ぎない。リベラル・左派がこれに頼っているようでは勝機は全く見出せない。

 「野党共闘」を叫ぶ護憲派の間では、民進党さえしっかりしてれば勝てるという意見もある。しかし、その民進党自体の存続が危ぶまれる事態になっている。

 投票日まであと2か月を切った東京都議会選挙では、周知のように民進党の支持層の多くが「都民ファーストの会」に侵食されて民進党が歴史的大敗を喫する可能性が濃厚になっている。これは民進党の崩壊の引き金になる可能性が高い。民進党は既に大阪では国会(衆院選挙区では辻元清美のみ)はおろか府議会でも全88議席のうち1議席しかない政党になっている。東京でも同じような状態になれば、もともと「都市型政党」のはずだったことを考えると、党の大分裂というか雲散霧消が現実味を帯びてくる。

 しかも、今後国政への進出が予想される「都民ファーストの会」代表の野田数が、大日本帝国憲法の復活を求める、安倍晋三どころではないとんでもない極右であることを考えれば、「民進党さえしっかりしていれば安倍の改憲を阻止できる」などというのは、全くあてにならない楽観論だとしか私には思えない。それでなくても、民進党の議員の多くは保守か右翼であって、今は岡田克也代表と枝野幸男幹事長の時代に敷かれた「立憲主義に反する安倍総理の下での壊憲には反対」という基本方針に従っているだけだから、彼らが「都民ファーストの会」の国政版政党に移った時には改憲賛成側に回ることは目に見えている。

 この記事を書く直前に、東洋経済新報オンラインに泉宏氏という人(調べてみると元時事通信の政治部長らしい。当然保守系の人と思われる)が書いた「安倍改憲の本丸『9条改正』に待ち受ける関門」と題した記事を読んだ(下記URL)。
http://toyokeizai.net/articles/-/170745

 上記リンク先の記事によると、

首相が着目したのは施行70年の節目となる憲法記念日だった。4月24日夜には、数年前に独自の改憲試案を紙上で発表した読売新聞の渡辺恒雄・グループ本社主筆と会食。同26日には同紙の単独インタビュー応じ、その内容が同紙の5月3日朝刊の一面トップに掲載された。

とのことだ。

 やっぱりナベツネの入れ知恵だったのか。道理で手強いはずだ。ナベツネはもうヨボヨボで、現場の記者たちが取り仕切るようになったと思い込んでいたが違ったようだ。

 今回の「安倍改憲構想」は安倍のもともとのイデオロギーとは整合しないが、安倍や自民党が多くの「顔」を持っているとは、従来から坂野潤治が指摘していたことだ。

 4年前の「96条改憲」の時と違って、今度は安倍晋三は本気だ。多くの人があらゆる知恵を振り絞って全身全霊で対抗言論を紡ぎ出して世の人々を説得できなければ勝てない(この記事で具体的なことを書けないのは私の無能による)。いくら世論調査で「9条維持」が多数派だとはいっても、「いや、2項はそのままにして3項に自衛隊を明記するだけだから」と言われれば9条改憲賛成に転向する人間が続出するのは目に見えている。なにしろ、NHKは岩田明子を頻繁に登場させて視聴者の洗脳に余念がないし、読売は完全に安倍自民党の機関紙と化している。

 次の世論調査では、「安倍流の9条改憲」に賛成する人が一気に増えるのではないか。それはほぼ間違いないように私には思われる。
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。度々投稿させてもらっています。

私は世に言う「護憲リベラル」でブログ主様と多くの点で意見が一致しますが、今回は非難されることを覚悟で発言します。というのは、私は「9条1項と2項はそのまま維持して、3項に自衛隊を明記する」いわゆる加憲論にはオープンで、むしろこのような案はリベラルの側から提示されるべきだと思っているからです。そして、改憲のみならず、高等教育無償化、消費税増税延期、長時間労働の是正、同一労働同一賃金、その他もろもろで、ことごとくリベラルは安倍晋三にお株を奪われていることに危機感を感じています。

安倍晋三の恐ろしいのは、権力を維持するためには、自分の主義主張を曲げてまで何でもやるというヌエのようなところです。一言で表現すると「狡猾」なんですが、加えてメディアコントロールも巧みとくれば、昭和にどっぷりとつかったままのリベラルを抑えるなど、赤子の手をひねるようなものでしょう。実際、安倍政権の支持率が高いのは不思議でも何でもありません。思想的には極右でも、政策的にはリベラルなものを随所に散りばめて、両方からの支持を取り付けているからです。

ただ、私はそれほど悲観的にはなっていません。もちろん、今が「崩壊の時代」であることに異論はないですが、日本人が以前に比べて(全てにおいてではないですが)リベラル化しているからです。こう言うと、昭和のリベラルの方々からは怪訝な顔をされそうですが、落ち着いて考えてみれば昔に比べ様々な面で社会がリベラルになっているのがわかります。事実、安倍晋三が自分の主義を曲げてまでリベラルに迎合しているのが何よりの証左ではないでしょうか。もちろん、冷戦中の昭和的なリベラルの価値観はどんどん衰退しているのは事実で、旧社会党や社民党の退潮がそれを如実に物語っています。このトレンドはこの先も続くでしょうし、それをもって「右傾化」というのであればそのとおりでしょう。

話を改憲に戻すと、自衛隊を明記といっても簡単にはいきませんよ。明記するにはまず「自衛隊とは何か」というところから始める必要があり、これは相当紛糾するでしょう。明記するとなれば制限されてしまうので、保守派の側も相当慎重になるでしょうし、たった数年で合意形成など不可能です。だから、ブレインストーミングよろしくどんどんいろんな意見を出して議論したほうが得策ではないでしょうか。まあ、変えるなら何でもいいとばかりにメディアを駆使して大衆を洗脳し、どさくさに紛れてわーっと一気にやってしまう可能性はゼロではないでしょうし、リベラルの方々はまさにそれを恐れているのでしょうが、それを恐れるあまり硬直化してしまっては、安倍晋三の思うつぼでしょう。

余談ですが、1980年代に自衛隊の違憲合法論というのが一時的に流行りましたが、これはまさに昭和リベラルの苦肉の策です。(自衛隊が合憲とか違憲とかいう言い方は厳密には正しくないのですが、ここではそれに深入りしません。)確かにここまで無理をしないと理論破綻してしまうのであれば、議論すること自体がリスクでしょう。現代のリベラルには同じ轍を踏まないように願わずにはいられません。

以上、乱文にて失礼致しました。

2017.05.10 10:54 URL | D.J. #- [ 編集 ]

上記コメントのD.J.様

>まず「自衛隊とは何か」というところから始める必要があり、これは相当紛糾するでしょう。

 もはや「紛糾」を担う政治勢力も、「紛糾」を大衆の面前に展開する場もなくなってしまった、と感じています。

 あるのは恐ろしい権力だけ。
 人の肉を食うところまではいかないとは思いますが、この末世を生き延びるだけでせいいっぱいとなるでしょう。悲観的ですが。
 

2017.05.11 22:38 URL | redkitty #- [ 編集 ]

安倍晋三としてはいいアイデアだと思って3項追加案を出してきたのでしょうが、3項追加案など、立憲主義をキーワードにすれば、簡単に撃退できます。

3項を追加するということは、2項に「戦力」、3項に「実力」という文言が入るわけです。「戦力」に当れば違憲、「実力」に留まれば合憲ですから、その区別は重大です。

憲法に紛らわしい文言を加える以上、その文言の定義ないし区別の基準が(法律ではなく)憲法に書き込まれていなければならないでしょう。実力組織というのは濫用の恐れが大きく、濫用されたときの被害が途方もないのですから、立憲主義的見地からは当然です。

その区別の基準は、①広く国民に理解可能であり、かつ納得できること、②安全保障の観点から妥当であること、③外国語に訳せること、④裁判規範として使える程度に具体的であること(統治行為論の排除)、⑤国際情勢の変化に柔軟に対応できる程度に抽象的であることなどが求められます。

論点は多岐にわたりますが、自民党にとって最も痛いのは、「戦力」と「実力」の区別として、核兵器保有の有無を持ち出されることだと思います。天木直人が指摘していますが、護憲派としては、自民党に3項の改正案(条文)を出させるべきです。その上で、「戦力」と「実力」の区別が条文から読み取れないので立憲主義的見地から極めて問題があると指摘するべきでしょう。安倍が対案を出せと言って来たら、核兵器保有の有無や集団的自衛権を行使するかどうかを区別基準としたらどうかという示唆をすることができます。

なお、新3項が立憲主義的見地から問題があるという反論は、絶対的な自衛隊違憲説に立つ政党でもすることができます。新3項に「戦力」と「実力」の区別基準がないという指摘は、立法技術的な観点からの批判であって、自衛隊の合憲性という論点とは無関係にできるからです。

D.J.さんが正しく指摘されているように、2項を残した上での自衛隊の明記というのはとてつもない難題です。もともと「戦力」と区別された「実力」が存在するという考え方自体に無理があるのですから。



2017.05.12 09:03 URL | PALCOM #- [ 編集 ]

まあ、安倍には文言なんてどうでもいいんでしょうね(っていうか彼には法律や政治の用語を理解し適正に使う能力がないんでしょうけど)。
安倍にとっては、憲法もウソの方便、なんでしょう。

安倍は「そもそも」の語義まで閣議決定してしまいましたね。
さとうしゅういちさんがエイプリールフールネタにしていた「安倍晋三のいうことはすべて真実、が閣議決定」が、もはや「ウソ」ではなくなった…

こうなると、「ボクちんは絶対だから閣議決定はなんでもかんでも絶対でつ!」、そして「きちおぢいちゃんの孫のボク朕は神聖不可侵でつ!」になってしまうんでしょうか…

以後はほんの冗談です…が…こうなると本当にそうなってしまいそうで怖いです
N○Kニュース「文部科学省が国会での安倍首相の答弁を忖度し、学校で「云々」を「でんでん」と読ませるよう指導するように学習指導要領に盛り込むことを決定しました。関係者によると「そもそも」の語義についてもなんらかの変更もありうる、とのことです。」

○H○ニュース「今日、政府は「云々」という語に「でんでん」という読みをあてることを閣議決定しました。閣議決定後、菅官房長官は記者団に対して「云々」を「うんぬん」と読んだものは共謀罪の取り締まりの対象になる、と発言しました。」

家柄しかとりえのない、「軽くてパー」なのに勘違い単純無能バカに権力を握らせてしまった悪夢…っていうかこれが現実になってしまったんですよね…
でもきちんと現実を見据えないと…

くだらない書き込み、すみませんでした

2017.05.14 02:58 URL | 蛇にペディキュア #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2017.05.17 19:35  | # [ 編集 ]

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495144928/

安倍晋三の改憲なんて眼中になく、経済成長がなによりも大事なkojitaken、実質GDPが5四半期連続でプラスになったそうですね。
アベノミクスは素晴らしいというエントリーを楽しみにしています。
名目GDPはマイナス成長ですがw

2017.05.20 11:04 URL | aaa #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1475-028039d2