きまぐれな日々

 今年は括弧付きの「リベラル・左派」が7月の東京都知事選で小池百合子に肩入れしたかと思うと、11月のアメリカ大統領選では「小沢信者」及びその流れを汲む人たちを中心とする「リベラル」どもが「クリントンよりトランプがマシ」と合唱するなど、「『リベラル』の劣化もここまできたか」と心の底からうんざりさせられる年だった。

 それは何も支持者に限った話ではなく、財政再建原理主義者の岡田克也のあとを受けた民進党代表の蓮舫が、党幹事長に岡田以上の財政再建原理主義者にして、政治思想的にも中道に近かった岡田よりもずっと右寄りの野田佳彦を指名したことで、ただでさえ衰勢のこの党の前途をさらに暗くしたのだった。

 野党第一党のふがいなさが与党の弛みを引き起こすのは世の常である。このところの安倍政権のダメっぷりにも本当に呆れるばかりだ。トランプが当選してTPPの発効が絶望的になってもTPP批准案を強行採決し、さらに関連法案をすべて成立させようとしている。その一方でまだ大統領にもなっていないトランプに会いに行って、おそらくTPP参加への心変わりをおねだりしたと思われるが、トランプはあっさり大統領就任初日にTPPを脱退することをビデオメッセージで明らかにした。

 その一方で、気候変動抑制に関するパリ協定の批准が遅れて発効に間に合わない醜態も晒した。パリ協定も、地球温暖化陰謀論という、世界ではアメリカの共和党と日本の括弧付き「リベラル」とノビー(池田信夫)ら一部のトンデモ人士にしか信じられていない妄論(それは重厚長大産業に大量の塩を送るものでもある)を信奉するトランプの当選によって先行きが怪しくなったが、それはともかく、なぜパリ協定を先送りしてTPPにかまけたかというと、マスコミ情報で漏れ伝えられるところによると、自民党の政治家たちが安倍晋三の意向を忖度したものらしい。これには開いた口が塞がらなかった。

 さらに、しばらく前から12月にプーチンを呼んで下関だかで行われるという日露首脳会談の成果を引っ提げて、衆院を解散して総選挙を行い、その結果が自民党の対象になることは目に見えているから、自民党総裁の任期の限度が3期9年に延長されたことと合わせて、いよいよ改憲に本腰を入れようと安倍が企んでいるなどという話もあった。

 しかし、日露首脳会談で安倍の思い通りの成果が出るはずなど最初からなかった。数日前に、ロシア国防省が択捉島と国後島に新型の地対艦ミサイルシステムをそれぞれ配備したことを発表したが、これなどもロシアが領土問題で譲る気など一切ないことを示している。

 マスコミは、ロシアの強硬姿勢をトランプの大統領選当選と結びつけているが、アホかと思う。ロシアは、仮にクリントンが大統領選に勝ったとしても、領土問題で譲るつもりなどあろうはずもなかった。私は、まだ大統領選の結果が出る前の10月19日付の『kojitakenの日記』に下記のように書いた。

 周知のように、永田町では安倍晋三が来年の党大会を1月から3月に先送りしたことから「年初解散説」が流れている。これは特に公明党と創価学会が積極的に流している話らしいが、日露交渉で挙げた成果を引っ提げての「北方領土解散」になるなどの話が取り沙汰されている。だが、安倍政権は日朝交渉の打開をもくろみながら全く糸口さえつかめなかったことがあることからもわかるように、外交には全く期待できない政権であると私は考えているから、次の衆院解散が「北方領土解散」になることはあるまいと確信している。

 もっとも、「野党共闘」が先の新潟県知事選で、右翼にしてネオリベの保守系候補を担いでやっとこさ自公の原発推進派候補に勝てる程度の力しかない現状では、いかなる口実で安倍晋三が解散に踏み切ったところで、毎度おなじみの自公の圧勝にお悪、もとい終わるであるだろうことだけは確実だ。


 案の定、という展開になりつつある。

 安倍晋三のトランプに対するTPP参加へのおねだりをトランプが一蹴することや、ロシアが領土問題で譲るはずなど全くないことなどは、素人の私にだって確実に予想できる程度のあまりにも当たり前のことなのだが、マスメディアはあたかもそれらが安倍晋三の思惑通りになるかのような「忖度報道」をしている。「権力批判が絶え果てた『崩壊の時代』」(by 坂野潤治)がここまで進むとは、と嘆かずにはいられない。

 トランプが「現実路線」をとるなどというマスメディアの「希望的観測」もまた、安倍晋三の願望に添ったものといえるだろう。だがこれもまたトランプを「反グローバリズムの星」と期待する「小沢信者」と同様の愚かしい手前勝手な願望に過ぎない。

 この土日に、故・森嶋通夫(1923-2004)が1988年に書いた岩波新書『サッチャー時代のイギリス』を読んだ。28年前の本だから当然ながら歴史的限界はあるが、森嶋氏の本はいつも刺激的で面白い。氏の生前からもっと読んでおけば良かったと思った。

 この本には、小選挙区制によってイギリスの首相の権力はアメリカ大統領をも上回るほど強大であり、その権力をもって「歴史の車輪を逆回転させる女」サッチャーが独裁政治を行っていること、それを可能にした小選挙区制の反民主主義的な性質などが指摘されている。しかし、本の書かれた6年後には、小沢一郎の「剛腕」などによって衆議院に小選挙区制が導入され、それは2005年の小泉郵政選挙、2009年の政権交代選挙を経て、2012年にサッチャーにひけをとらない極右政治家・安倍晋三の独裁政権を生み出した。

 トランプは「反エスタブリッシュメント」として「小沢信者」らの期待を集めているが、サッチャーもまた「反エスタブリッシュメント」であった。サッチャーは富裕層の出身ではなく、田舎町の食糧雑貨商の家に生まれた。父は市長を経験した地元の名士だったとはいえ、イギリスのエスタブリッシュメントからはほど遠い。英保守党内の旧保守の政治家たちはサッチャーに「ウェット」のレッテルを貼られて干され、代わりに新保守の極右政治家が重用された。

 最初は「労働党政権ガー」で支持を浮揚させたサッチャーだが、徐々に人気が落ちると、1982年にフォークランド戦争を引き起こして政権の人気を浮揚させ、1983年の総選挙での圧勝につなげた。さらに1987年の選挙の前には、持ち前の新自由主義政策である緊縮財政とは真逆(まぎゃく)の、日本のメディアなら「バラマキ」と称するであろう大判振る舞いを行ったあとに議会を解散してやはり総選挙の圧勝につなげた。なお、当時のイギリスでは現在の日本と同じように総理大臣が勝手なタイミングで議会を解散することができた。2011年に議会期固定法が制定されてこの悪弊が改められた。この点は日本も早くイギリスに倣うべきだろう。

 以後は1988年に書かれた森嶋通夫の本には出てこないが、その後サッチャーは1989年に究極の悪税である人頭税を導入して総スカンを食い、1990年に退陣に追い込まれたが、11年の長きにわたってイギリスに害毒を垂れ流した。その間にイギリスはたいした経済成長もできず(経済成長率は労働党政権より低かった)、その一方でイギリス社会の格差は拡大したのだった。

 このサッチャー政権の歴史は、今後安倍晋三やトランプがいかなる道を歩むかを予想させるものでもある。トランプは、かつてブッシュ親子やビル・クリントンがやったように、内政が行き詰まると外国との戦争を引き起こしたり空爆をやったりするのではないか。また、自衛隊の海外派遣で戦死者が出て、それを機に安倍晋三が自衛隊の軍事活動をエスカレートさせたら、日本国民はそれを熱狂的に支持するのではないか。後者については、ブッシュ親子やサッチャーの戦争をアメリカ人やイギリス人が歓呼で応えたのに、日本国民は自衛隊員を死に追いやった安倍晋三を責めてその支持率を落とすとは、私にはどうしても思えない。

 これ以降はいつもの最後っ屁だが、「都議会自民のドン」と「戦っている」らしい小池百合子を応援して、このところテレビ(のワイドショー)の応援がやや不活発だとぼやく「リベラル」や、「トランプばかりを悪人呼ばわりするな、もっと安倍晋三を批判しろ」などとキーキー言っている現・元を問わない「小沢信者」たちには、「反既得権益・反エスタブリッシュメント」なら小池百合子やトランプはどこが橋下徹やサッチャーと違うのか、説明してもらいたいものだ。

 もっとも、彼らは2012年に小沢一郎が「私の考えは橋下市長と同じだ」と言った時に小沢一郎を批判することが全くできなかった。「リベラル」や「小沢信者」のみならず、紙面を挙げて総力で「日本未来の党」を応援した東京新聞も同罪だ。2012年の衆院選で日本未来の党が惨敗したことは本当に良かったと思うが、同時に最悪の安倍晋三独裁政権(第2次安倍晋三内閣)が発足してしまった。

 坂野潤治氏によると、この時に現在の日本の「崩壊の時代」の幕が開けたのだった。
関連記事
スポンサーサイト

これはまた懐かしいご本を。
森嶋さんは私が学生時代に教育テレビで特集に出てきた人だったと記憶する。
私はこの本から逆に読んだ。
この岩波新書はかの店がそうは呼んでいないにせよ、三部作だろう。で、これはおしまいのやつ。
私が学生時代はロンやヤスに
マーガレットの手口こそが批判される、少なくとも講義の
批判対象として俎上にっての
がたいていであったと思う。
新保守主義の敗退、じり貧的な風潮が『それなりに』ある
にはあった。問題は欧州も対象になろうが、センターから左側の振る舞いにあったと思う。そうした意味でも鉄の女の影響は相当のもんだった。
鉄の女にnoを突きつける側が
だからといってハードに左翼
的になれなかったこととも呼べるのか。私は別にインターを唱和して赤旗を林立させろ
などと述べたいのではない。
大河を辿ればいずれなんとやらではないが、崩壊の時代を
検証していけば、次第次第に
私たちの側の弱点や及ばぬ点なども検証することにもなるだろう。
それにしても懐かしいご本。
鉄の女がいかに愚か者なのかは教育分野での政策なんか読んでもよく分かるだろう。

因みに、サッチャーが上流階級でなかったこと自体はフォークランド紛争時代に知った。朝日にドデカク船が
モクモクと煙を上げていたのを記憶する。あの下らない木曜スペシャルなんかでもこの
紛争をやったはず!映画『遠すぎた橋』のテーマが流れて
ハリヤーだのミラージュだのといったジェット戦闘機を解説していたなあ。遠すぎた橋を正確に知ったのは、この番組のおかげたっけか?
この頃、私は鉄の女の存在を認識したのだが、彼女のしゃべり方を議会が小バカにするというのをニュースなどで知って、ロクデモナイババアだけどしゃべり方をバカにするのは筋違い、差別だろ?と
怒ったことも覚えている。
うんと後年、何かの対談か雑誌かで藤田省三さんが昔話としてかの国の階級社会ぶり、
たとえ一流学校に入れても訛りなどでもバカにされて疎外されていくなんてことを述べられていたのをみて、やっぱり差別許すまじ!と憤ったものだった。
果たしてサッチャーが訛りなどをネタにして(名古屋のバカ市長みたいに?)庶民受けを狙ったのか、結果的にそうなったのかは分からない。
が、何はともあれこいつを美化するなんて犯罪的行為だと言いたい。
淀川チョーさん的にあえてどんなに酷い作品でも褒める所を探すとしたら(笑)、話し方がゆっくりなのでギリギリ英語を聞き取れるくらいかな?



2016.11.28 13:53 URL | axfxzo #ePfhgX1o [ 編集 ]

>axfxzo氏
自分も森嶋通夫の著作で初めて読んだのが『サッチャー時代のイギリス』で、それまで中曽根・レーガンと同様の新保守主義・タカ派の政治家って漠然とした印象しかなかった自分も単に新保守主義の一言で語れるほどの方だと認識を改めさせられ、それ以降森嶋の著作を機会あるごとに読んでみたり新保守やネオリベに対する批判的な目を持つ原点になったんだよね。

ただ、今日的な視点からしてみると森嶋の主張には肯けないところも少なからずあるなぁとさえ思うのよ。確かに森嶋は、小選挙区制(と野党の分裂状態)が不人気のサッチャーを長期政権にさせたと指摘しているけど、『サッチャー時代のイギリス』やそれに続く『政治家の条件』 http://amzn.to/2fHU127 などで小選挙区自体には寧ろ肯定的(で尚且つ比例代表制に否定的)だったりして連立政権にも否定的な見方をしていた訳だし。あと、欧州統合についてもあまりに無邪気で楽観主義的に過ぎたのではって気もする。人やモノの行き来が自由に出来ることで得るところが多いことを著作で何度も具体例を挙げてたけど、一方で今日のEUの杓子定規的な緊縮財政やそれへの「反エスタブリッシュメント」的な反発・そこから出てきて現実のものとなった"Brexit"を、今森嶋氏が生きていたらどう考えていたのだろうと思わざるを得ない。

2016.11.28 19:37 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

そういえば人頭税で思い出しましたけど、日本で人頭税に相当すると言ってもいい(?)住民税も更に付言するなら国保税など均一税は数多くあるのに、消費税に関して逆進性云々と騒がれる割に住民税などにも同様の逆進性があることについては政治でもマスコミでもあまり糾弾されない(?)んですよね。

2016.11.28 19:57 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

括弧付きの「リベラル・左派」を批判だけしかしないのに安倍チョンやその他を批判しているんてww
kojitakenにしては珍しいじゃないか。

2016.11.29 23:54 URL | #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1455-a641019c