きまぐれな日々

 前回の記事はそのさらに前の記事から3週間、つまり21日ぶりの更新だったが、今回もまた3週間空いてしまい、しかも昨日(19日)は「敬老の日」の祝日だったため、3週間プラス1日、つまり22日ぶりになった。何が言いたいかというと、前回更新したと書いたブログ開設以来最長のブログ更新のインターバルを、さらに1日更新してしまったということだ。もちろんブログの更新頻度が少ないことを威張っているわけではなく、忙しかったり記事を書く気力が起きなかったりすることが増えてしまったとぼやく今日この頃だ。

 今回は民進党代表選で当選した蓮舫が、幹事長に野田佳彦を選んだ言語道断の人事を批判する記事にするつもりだった。しかし、民進党が幹事長人事以前のどうしようもない政党であることがわかってしまい、せっかくの3連休が怒りで埋め尽くされてしまい、折からの悪天候も相俟って疲労の回復にも何にもならなかったので、この記事でそのまとめをすることにした。それは、蓮舫の「『二重国籍』問題」をめぐる民進党やそのシンパたちの反応の件だ。

 この件の言い出しっぺは八幡和郎(やわた・かずお)という元官僚であって、それを池田信夫(ノビー)が取り上げて『アゴラ』で拡散した。さらにそれを『夕刊フジ』や『産経新聞』が取り上げ、フジテレビを筆頭とするテレビのワイドショーでも取り上げられた。但し、ワイドショーにおける政治の話題では、目下なんといっても築地市場の移転延期に絡む「盛り土がなかった」件に集中しており、メインの話題にはなっていなかったようだ。ただ、幸いにして首都圏では視聴できない読売テレビの某極右番組は大きく取り上げたらしい。活字メディアでは極右紙である産経以外の新聞は軽く触れる程度だったし、『週刊文春』や『週刊新潮』でさえ大騒ぎしなかった。国政政党では、先月日本維新の会に名前を戻したらしい極右新自由主義の「ゆ」党が騒ぎ立てたが、自民党は二階俊博や細田博之が問題視しないと明言するなど、取り合う姿勢を見せていない。

 そんなこともあって、マスメディアの世論調査を見ても、共同通信は蓮舫が自身の日本と台湾の「二重国籍」問題で説明が変わったことに対して「問題ではない」が66.5%だったと報じた。また、日本テレビは、設問がやや込み入っているが、「日本国籍を持っており問題ない」の30.4%と「そもそもいわゆる二重国籍自体を問題にすることはない」の31.7%を足すと62.1%であり、一方「国会議員がいわゆる二重国籍であることは問題だ」が14.6%、「当初の発言と食い違っていたことが問題だ」が15.5%だった。つまり、蓮舫の発言がぶれたことはともかく、「『二重国籍』問題」自体を重く見る人間は7人に1人程度だったことがわかる。

 ところが民進党内には、この件を代表選で独走が喧伝される蓮舫を引きずり下ろす材料にしようとした浅はかな人間が少なからずいた。ネット情報を参照する限り、それを首謀した人間は2人いる。極右政治家として悪名高い松原仁と、「小沢一派」の松木謙公である。

 このうち松原仁は論外の人間であり、今さら何を言うこともないが、後述のように周囲を巻き込んだ松木謙公は大問題だ。この男は2011年の菅内閣不信任案に賛成票を投じて当時の民主党を除名されたあと、その後の国政選挙(2012年衆院選)で日本未来の党ではなく新党大地公認で出馬して落選し、2013年参院選でも新党大地から比例代表で出馬して落選した。ところが2014年衆院選で維新の党公認で北海道2区から出馬し、選挙区では負けたが比例で復活しやがった。そして昨年の民主党と維新の党との合併で民進党に所属することになった。

 前身の民主党が除名したこんなやつは、民進党は合流の際に加入を拒否して然るべきだったのではないかと私は思うが、民進党入りした松木は、民進党内小沢グループを取り仕切っていたのではないかと想像する。そして、今回の騒動で松原仁とつるんで「蓮舫代表代行の国籍問題について」なる怪文書を作成したらしい。「らしい」というのは松原と松木の筆になるという確証がつかめていないからだが、ネトウヨの巣窟『2ちゃんねる』を覗いてみたら「松原と松木は漢(おとこ)だ」などとネトウヨに賞賛されていたから、松木が松原とともに首謀者格であろうとの心証を持っている。

 実際、ネットで確認できる怪文書の画像を見ると、石関貴史、木内孝胤、小宮山泰子、鈴木克昌、初鹿明博、それに首謀者と疑われる松木謙公の6人の「小沢系」議員が名を連ねている。このうち木内と初鹿は「維新系」議員とされることもあるようだが、彼らは2014年の衆院選で、生活の党からの出馬では当選が覚束ないとして、小沢一郎の「親心」で維新に引き取ってもらった連中だから、私は「小沢系」とみなしている。つまり、「小沢一派」は極右政治家の松原仁と手を組んだということだ。

 さらに嘆かわしいのは、この怪文書に元社民党の阿部知子が名を連ねたことだ。さらにいえば、「菅直人も小沢一郎も応援する」としていたさる「リベラル」のブログも、この言語道断のレイシズム的妄動の非を鳴らすことすらなく、蓮舫が野田佳彦を幹事長に選んだことのみを批判して「民進党の応援を止めたくなった」と書いたり、蓮舫の発言が二転三転することだけを批判するなどの態度をとった。さらに同ブログは、前原誠司が小沢グループの支援を受けて代表選に出馬したことに関して、前原誠司のみを強く批判して、前原を支援した小沢グループを批判することを避けた。

 私は阿部知子や「リベラル」ブロガー氏自身がレイシストであるとは思わないが、レイシストに加担したも同然だと思った。というよりブロガー氏の場合は「同然」止まりで済むが、阿部知子ははっきりレイシストに加担したと断じ、これを強く非難せざるを得ない。「リベラル」の頽廃はここまできたかと、私は3連休の間中怒り狂っていたのだった。

 それにしても「小沢信者」や彼らに迎合した小沢系国会議員らの罪もどうしようもなく重い。ようやくネットでも、少し前まで小沢一郎を応援していたとする人たち自身が、小沢やその取り巻きや「小沢信者」を批判するTwitterを発信するようになったのを目撃した。ああ、やっと「小沢信者」の「終わりの始まり」を見ることはできたな、と少し安堵したが、その時が来るのがあまりにも遅すぎた。

 蓮舫が幹事長に起用した、私が「経済極右」の人士とみなしている野田佳彦らの問題点については、次回以降に機会があれば書こうと思う。
スポンサーサイト

自民党の対応の方がまっとう、今のところこの騒動に乗っかる自民党議員は目につかないってのを、やっぱり、本当に?どうかな?って引っかかって、気にはしてたんですけど、ようやく見つけました。少し前に、こちらに苦情を言いに来て、連投コメントをした人がいた、そして、甲状腺がんのことで私がこちらのコメント欄で批判した、「リベラル」ブログ『Everyone says I love you !』の、関係するコメント欄で、「青山」という文字を一つだけ見つけたんですね。そうか、その可能性があったか!って思って、「青山繁晴 蓮舫」でググったら、なんか騒いでる形跡があります。動画へのリンクが多いし、あんまり見たくないので、個別のチェックは今のところしたくありませんが…。

2016.09.20 09:58 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

言いたいことについては、はてな日記 http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/ の当該エントリでありったけ書きましたので改めてコメントするまでもありませんけど、でも一つだけ重ねて指摘しておきたいことを。

民主党の野党転落→民進党の結党という流れの中で、リベラルというものに対して何というのか不信感や嫌悪感が抱かれているとこがある様に思えるんですよね。10年くらい前なら、リベラルというと平和憲法を守り社会政策や格差是正にも熱心で尚且つ自由で多様性を認め「右派的」な価値観とは一線を画していたってのが多くの人間の期待するところだった筈なんだけど、実際に民主党政権になってリベラルも政権入りしたものの社会政策は今一つでそればかりか事業仕分けとか財政再建とかで寧ろ後退したとこもあったり非正規雇用の規制が強くはなっても正規雇用が増えたわけでもなし況や辺野古や尖閣では右往左往で挙句の果てに三党合意で自公両党(!)から逆に所得税や相続税の増税を呑む格好に、これで取って代わった安倍政権が金融緩和と雇用増という目の見える成果 http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__160807.html を見せてしまえば、リベラルって結局のところネオリベと殆ど変わりが無いんじゃね?幾ら自由だ多様性だと言われても生活できないんじゃ"助け合い"をする"保守"の方がマシじゃね?って見られている気がします。

当該エントリで非難の俎上に上げられていた阿部知子に典型だったりしますけど、民進党の所謂リベラル系の議員には社会政策の重要性を訴える一方で保守リベラルとワザワザ保守であることを強調するのが最近目立っているんですよね。リベラル層だけの支持では選挙に勝てない・保守層を惹きつけないとって小選挙区制の悪弊の一環とも言えますけど、しかし保守層にとっての社会政策って昔の五人組や隣組・今の町内会や区会がそうだったりする様に身内だけの身贔屓で閉鎖的な上に暴力装置的な要素を持つ"助け合い"だったりする訳です。つまりそこから排除される層がどうしても存在する訳で、そうした保守へ媚びたリベラルが保守の暴力性にも乗ってしまってなし崩し的にネトウヨの煽りみたいなのにすら乗ってしまう悪弊が今回の代表選で出てしまったなって感があるかと思います。

2016.09.20 10:10 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

連投すみません。まとめて書いて投稿すればよかったのですが…。

っで、二階氏や細田氏が何を言おうが、たとえ他の絶対多数の議員が今静観していようが、そもそも、地道にレイシズム発言を積み上げてきた青山繁晴なんかを、その功績を評価するかのように全国区の候補者に担ぐような自民党は、やはりレイシストに媚びを売る政党だという、この問題からふと距離をとって考えれば、ごく当たり前のことは、この時期でも、しっかり確認しておくべきですね。

もちろん、踊らされる、いや、自ら踊る民進党が救いようがなく、断罪されなければならにというブログ主様の主張はその通りだし、これもしっかりと確認しておくべきですけどね。

2016.09.20 10:14 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

次回以降の話題になるでしょうが人事の話。野田が蓮舫の師匠格で何事も相談しており、彼女が都知事選に出なかったのも野田の慎重論の影響が大きかったとかいった話は色々出ていたので、代表選で蓮舫を応援していた連中が野田を幹事長にした途端に批判するのもおかしく、もともと蓮舫はこういう政治家なのだろうとしか言いようがないです。

とはいえ、幹事長、政調会長までも同じグループから出すというのはちょっと異常で、自民党の「総幹分離」ではないですが、普通は見かけだけでも党内バランスに配慮したりするものだと思うのですが、それを全くやらないというのはちょっと不思議な気はしますが。政調の大串という人が財務省出身という点も色々つっこまれそう。

この人事の背景は良くわかりませんが、確固たる党内基盤があるわけでもない蓮舫にとって、何があっても守ってくれるような存在を身近に置いておかないとやはり不安ということでしょうかね。

2016.09.25 18:26 URL | Naota #kwzMfkEo [ 編集 ]

蓮舫が二重国籍であったことは既に事実として確定しました。問題は、蓮舫がそのことを知っていたかどうかですが、様々な証拠から推察すると、知っていたと考えるのが自然です。幸か不幸か、数々の雑誌・新聞のインタビューを受けているので、証拠は山のようにあります。



人種差別的な動機で蓮舫を罵倒する人々は批判されて当然ですが、蓮舫問題を専ら人種差別としか考えられないリベラル派の人もまた問題です。公職選挙法235条の5違反を理由とした告発状が既に検察庁に提出されていますので、既に刑事事件になる可能性が出ています。少なくとも国籍法上の努力義務云々という問題ではないですよ。告発状はネットにアップされていますが、条文番号が間違っており、法律家が書いたものではなさそうです。

蓮舫問題は、民進党にとって、大きなリーガルリスクになっています。

2016.09.28 07:39 URL | PALCOM #- [ 編集 ]

それって、高市早苗の名前はどうなの?とか、アントニオ猪木は?とか、もうとっくに終わったのとは別の話なの?

2016.09.28 20:04 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.10.03 04:48  | # [ 編集 ]

10/3付の「日記」

きっこの有料メルマガ発行に「前言を翻した」とお怒りだが、人間もネット環境も10年すれば変わるでしょ。
有料メルマガ自体が許せないのかな?
では、御学友のM・R氏の下記エントリはいかがであろうか?

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/e234b9c09458ac3115b883621038c96c/?cid=ec9febd3fe5c4aa69007f3aa9661a189&st=0
「メールマガジンはじめます!」

メッチャはしゃいではりましたけど w

2016.10.04 13:09 URL | #up5MtWps [ 編集 ]

名前書くの忘れました。
バードで〜〜す♡
(pc版は書いたコメントの確認のページが出ないのですかね? 一発で送れてしまいました。誤字・誤記があったら恥ずかしい w)

2016.10.04 13:13 URL | #up5MtWps [ 編集 ]

10/7付 「日記」
うへぇ・・・
またまた長谷川豊ですかぁ?
これで6本目ぐらいですよね。もう「お腹いっぱい」です w
小爺駄犬様、もとい、変換ミスしてしまいました w kojitaken様は、長谷川を偏愛していらっしゃるのですね。長谷川はたしかにイヤな奴ですけど、こんなのスピンじゃないですか? 閣僚でもブレーンでも自民党の議員でもない、単なるゲスいタレントです。
叩く相手を間違えています。
稲田菅高市の白紙領収書問題、福島原発事故に拘る費用を送電線使用料に上乗せして国民負担にしようと画策していること、社会保障の切り捨て(要介護1、2の者の生活援助・福祉用具レンタルを除外→一応選挙を考えて今回は見送り、高齢者の医療費自己負担額を上げる、年金支給額切り下げと開始年齢の引き上げ画策)、残業代ゼロ法案、TPP、日銀と金融緩和の行く末etc書くべきこと、ブログ読者に知らしめ、議論し合うテーマはたくさんあります。まず安倍政権の力を削ぐことに全力を上げるべきなのに、個人的ルサンチマンを晴らすほうが優先では悲しくなりますね w
他にも申し上げたいことがありますが、眠くなってきたのでまた後日。
どうも失礼。

2016.10.07 23:58 URL | バードストライク #up5MtWps [ 編集 ]

おや、その論理でいけば、ずいぶん、kojitakenさんを偏愛してらっしゃいますね☆

なんか、軽口たたいてよさそうな雰囲気なので、興味本位だけで聞きますけど、なんであちらで書き込まなくなったのですか?

2016.10.08 18:06 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

→ ステラ氏へ

私が古爺駄犬さん、もとい、kojitakenさんに執着しているんじゃなくて、コジさんから私に喧嘩を売ってきたんでしょ!

「日記」「気まぐれ」と、2つもブログを運営し、自分の意見の発信の場を持っている人が、ネタに困ったのか何なのか理由は不明だが、一般人で大した教養もないバードのコメントを引用のみならず、中身を改ざんして自分のとこのブログに引っ張ってきて、我が輩の名前入りでまな板に乗せて叩く、そんなの言論人のやることか!!
ってんで、抗議のコメントを送りました。
あなたはそれを読んでいるはずです。
非は100%、コジ氏にあるんですよ。

でもその後も山本太郎をdisったり、「日本がアブナイ」のミュウ氏を当てこすったり、なんか見苦しいな、とずっと思っておりました。
なので、ちとチョッカイを出して見たわけです w

ちなみに、モンダイのコメですが、


> あ〜あ、レイ様ともあろうお方が・・・

何でもいい、勝つために、鳥越に投票せよ、と?

鳥越候補のリベラル性を、これでもか、これでもかと出してますけど、そんなことをしても共産党の3割に反発を買うだけですよ。

だって、あの候補者の決め方は、全然リベラルじゃないもん。

おまけに、宇都宮氏の政策を骨抜きみたいにして、ガン検診受診100%目指すなんていう余計なスローガンを第一に掲げちゃってさ w まあこれが子供の甲状腺ガン検診なら、おおいに評価しますけど。


* * * * *

慧眼の玲奈姐さんのブログから


> 自公政治に問題を感じて立候補しようとする者たちの中から候補者を一本化するなら、次のようなことが行なわれる必要があったと私は考えます。
▼現在の自公政治を批判する候補者が全員集まって、誰に一本化するかという論議をするのではなくて、市民や報道機関から直接見えるところでまず政策調整、各候補のアイデアの取り入れの論議を行なう。つまり、候補者を一本化することを先にするのではなく、候補者候補全員の政策を一本化する努力から始める。

▼どの候補者に一本化するにしても、残りの者たちも希望するなら一本化された候補者の陣営で応援に回ることを候補者候補と支持者、スタッフ、市民の間で合意する。(どうしても他人の応援ができないという人がいれば、それは仕方ありませんが。)

▼公開の場で政策を一本化することがある程度できたところで、できるだけ多くの人たちの参加のもと、アメリカの大統領選で民主・共和両派で行われている予備選や、2012年のフランス大統領選の社会党内で行なわれ、2017年現在は保守のフランス共和党でも行なわれはじめている予備選のようなこと、もしくは簡単な世論調査などを行なって、候補者を一人にしぼる。そして、その結果については恨みっこなしとあらかじめ合意しておく。

▼選挙戦では、最終候補になれなかった人々もできるだけ参加する。

政策を重視し、多くの人の思いを政策に反映させ、誰が最終候補者になるにしても候補者候補やそれぞれの支持者・スタッフやバックにいる市民たちの間にしこりを残さず、最終候補者にならなかった人も引き続き選挙戦に参加でき、「勝てる候補」と「支持できる政策」を形にするための方法としては、このようなステップが絶対に必要だったと思います。それができなかった責任が誰にあるかは問いませんが。

その意味で、今回の野党系候補者選びのプロセスは残念でした。国政で我が物顔に振る舞う無責任な暴政の自公系候補を当選させてはならないという一点で鳥越氏の健闘は祈りますが、それは、鳥越氏が他候補の政策を真剣に取り入れて咀嚼し、今からでもしこりを解消する努力をするならという条件付きです。 //



そういう丁寧な対応が必要です。
海渡弁護士も、今後の鳥越候補の政策を見て、支援するかどうか決めるとツイートしています(猪野亨ブログから、ただし猪野弁護士はこれに批判的)。

なお、宇都宮事務局に尋ねたところ、選挙準備に使った費用の弁済みたいなものは、一銭もないそうです。
なので郵便局からカンパを送りました。
デパートのセールのスカーフ一枚分 w
少ない。でも連帯の気持ちを込めて。
(以下、略)//

ええっと、これのどこが保守でリベラルを馬鹿にした者の投稿と読めるんですかね?
むしろそう読めちゃう人の脳内変換作用に、私は『ああ、こういう人に何を言っても届かないんだなあ』
と絶望し、自分の小さな世界にこもって仲間との床屋政談に安住する教養ある(多分ね)言論人の湿った精神に絶望してしまいますね。


どちらかのブログの過去ログで「福島原発」を検索し、コメントが50くらいあった記事を読んでみました。ネトサポがいろいろ妨害コメを書き込んでいましたが、ステラ氏のも見つけました。

たしか、「福島にボランティアに行きたいが、ニョーボ殿に『自分の足下にもっと困っている人がいるんだから、それをまずどうにかせい!』と怒られ、行くに行けない、という愚痴を2回ぐらい書いておられましたな w

ほう、行けないのはニョーボ殿のせいですか?
ニョーボ殿がいかに反対しても、どうしても行く必要があると思うなら、説得して行くべきでしょう。結局思いつきか何かだったから、説得しきれない、あるいはふだんの行状が悪すぎて、許して貰えない、そんなところでしょうか?

文面から察して小さなお子さんがいるようですが、そしてあなたがどこに住んでいるのか知らないが、東北や関東圏なら一定の被曝をしているのは間違いないです。親の気をつけ方次第で、特に最初の1年は内部被曝量は高い子と低い子の差が大きいでしょうね。

うちでは被曝を恐れて、また原発の動向も不安定で破局的事態に陥ることも考え、子どもを3週間ほど九州にやりました。私は仕事もあって、ついて行けなかったけど、普通預金は全部下ろして手元に持っていました。いざとなればとにかく九州に行こうと思っていたのよね。あのころ、パスポートも失効していたし・・・
そういうこと、考えていなかったのですか?
奥様の「足下の困っている人」の意味が今ひとつ不明ですが、怒りを買っても止むを得ないでしょうね。

> 興味本位で聞くのだが、あちらに投稿していないのか?

興味本位なら聞くな!
関係ないだろ!!
あっちのコメ欄に「日記」の引用を投稿したのはあなたか?
あちらでは「1人ひとつ、素敵なハンドルネームをつけて下さい」というルールになっているのに、匿名なんて卑怯である。あなたでなくても、ここの関係者であることは間違いない。

以上、長文を投稿して無駄なエネルギーを消費してしまったバードなのであった @@
読んでくれてTHANKS.

2016.10.09 23:04 URL | バードストライク #up5MtWps [ 編集 ]

山本太郎については、本人が保守を自認してるって、kojitakenさんが言っているのに、そんなん言われても知らんがなって話でしょ。実際、保守ど真ん中って言ったんでしょ? 認識が問われてるのは、どっちだか。

っで、まだ、根にもってて、ケチつけにきただけってことなの? ふーん。じゃ、考え違いしてた。実はさ、kojitakenさんに、アニキ、そっちじゃなくて、あっち、やってくんなせえ、って言っているのかと勘ぐってた。そういう人、けっこういるからさ。それに、kojitakenさんのことを、言論人とかなんとか、ずいぶんと特別な人として評価してるからね。職業言論人でも、人になにか教えてお金もらっている人でもないでしょ。政治や経済の専攻ですらないんじゃない? 本人が自主的に、精力的にこれだけ日記やブログを書いている。それだけのこと。そこに自分との非対称性を感じるんなら、自分もすればいいじゃん。kojitakenさんだって、もとは一介のコメント投稿者ですよ。ちなみに、私も閑古鳥ブログ運営してるけど、もちろん、コメンターが先ですよ。っで、kojitakenさんから、コメント欄でぐだぐだやっているより、とか、終いには、エントリータイトルにHN名指しで非難されたりして、ブログを書くようになったんですよ。…タイトルで名指しは、書き始めるよりは後だったけど、反論みたいなものを自ブログで書いたりさ。バードさんもどうですか? 皮肉でもなんでもなくて、おすすめします。たくさん見に来てくれる人もいるかもしれないし、私みたいに閑古鳥ブログでも、私は、そんなにむなしく感じたりしてないですし。

あと、あちらの投稿のことは知りません。そんなんしません。

あ、あと、わかりもしない人の家庭事情に、えらそうに首をつっこまないで。

2016.10.10 16:45 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

あ、でも、いちおう、東海アマとか、デマリンとか、院長とか、デマイエローとか収集したりするブログならやめてね。そんなブログの誕生に微塵も関与したくないから。

2016.10.10 16:51 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>取って代わった安倍政権が金融緩和と雇用増という目の見える成果を見せてしまえば

あのですね・・・それ、本気で言ってますか?
私は選挙の時も演説でずいぶん聞きましたけど、安倍政権がスタートしてから増えた雇用って結局、高齢者や女性などの非正規雇用ばかり、というデータはもうあちこちで示されているわけですが。
https://twitter.com/croftsnemoto/status/793134339655553024
金融緩和にしてもそうでしょう。「2年で2%」と言ってからもう何年たちましたか。日銀総裁の任期すら超えそうな勢いですよね。これを「成果を見せてる」って言うのでしょうか。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102800648&g=eco
そして(もういちいちURLは張りませんけれど)実質賃金は4年連続下がりっぱなし、個人消費は2年連続の減少。
あまり言いたくなかったから控えてきましたけど、ちょっとポジショントークが度を過ぎてやしませんかね、この方。

2016.11.16 13:53 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

>タブクリア氏
せめて松尾匡のこのコラムを見てからモノを言いましょうね。
http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__160807.html

2016.11.18 20:23 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

「アベノミクスで雇用が増えた!やっぱり安倍さんは雇用で結果を出したよね!」
→「増えた雇用は低賃金の非正規ばかりですけど?」
→「非正規が増えてたのは民主党時代からずっとそうだから!ブーメランw」
→「じゃあ雇用増は安倍の手柄じゃないってことになるし(民主党の手柄だとも言わんけど)、安倍自身は何ら結果出せてないじゃないか」

「未だに消費増税を唱えやがって!この民進党のネオリベどもめ!」
→「消費税がネオリベ?ヨーロッパでは左派こそ消費増税を唱えてやってきたし、ネオリベの極致だった小泉政権は消費税を上げなかったけど?」
「ついでに最初に消費税を導入した竹下政権も別にネオリベじゃなかったですね」

「断言しましょう。大変な好景気がやってきます。バブルを知らない若い世代は、これを見てビビって目を回すでしょう。次の総選挙は、消費税引き上げ後の多少の混乱を乗り越えたあとの、絶好調の好景気の中で迎えることになります。世の中の一層の右傾化を防ぎたいと願う者は、これを前提して対策を組み立てなければなりません。「ただのバブル」とか「ハイパーインフレ」とか「すぐ挫折する」とか、裏から期待が透けて見えることを言って、金融緩和に反対していたならば、一議席も残らず消滅する結果になっても不思議ではありません。」
→「大変な好景気…。バブル…ハイパーインフレ…起きましたっけそんなの…」
「1議席残らず消滅…。民進党は今なお最大野党だし共産党も躍進してるし、1議席残らず消滅しかけてるのは…一層の右傾化を唱えてた日本のこころ党とかですかねぇ…」
「ところで結局、『2年で2%』と言った金融緩和はどうなったんですかね…」

「断言しましょう。とんでもない好景気がやって来ます」と言い切って見事に大外しした人の言説をなぜそこまで有難がるのか理解しかねる部分がありますが。
取りあえず、私の反論に対する「返事」のところだけコメントして、再反論に代えさせて頂きます。

2016.11.19 17:52 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

上のコメントを見て、ちょうどよい機会なので、書きますけど、日本的雇用的な「正規雇用」は、今後どんな政権が誕生しても、増えることはないでしょう。それは、盛衰の激しく、機動性が求められる経済情勢のなかでは不可能なことです。よって、企業に生活の保障を求めるという発想にも限界が来ています。生活の保障は政府がすべきなのです。しかし、自民党も民進党もそれに積極的に対処しようとしているとはいえません。民進党の給付付き税額控除は評価できますが、しかし、それも、現状でのさらなる消費増税とのセット、消費税の逆進性対策でしかないということでしたら、手放しに評価できるものではありません。もちろん、消費税の逆進性への対策としては、自公の軽減税率より優れていますが。

それから、給与だけを「中間層」の収入の多寡の判断材料にできない面が強まっているのではないでしょうか。どうも、「中間層」でありながら、ある程度の財産所得を得ている人も、案外、多くいるように感じるのですが。


あとは、上のコメントへの直接のつっこみですが、杉山さんが示したリンク先、読んでないでしょ? あるいは、読めてないでしょ? 就業者や雇用者や正規雇用者のところを読んでくださいね。それから、ネオリベ?…論点かえないでくださいね。今、消費増税に積極的だと映るのは民進党。それだけのことでしょ。あと、バブル…ハイパーインフレ…起きましたっけそんなの?…それ、松尾氏は、そういう人たちを狼少年扱いしているだけでしょ。

ま、断言は外れてるけど、それ、半分煽りでしょ。

2016.11.19 22:09 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>ハイパーインフレ

ハイパーインフレが起きる、起きるとさんざん煽り立ててきた「狼少年」たちとは「財政再建派」、つまり野田佳彦に代表される経済極右の言説を抵抗なく受け入れる人たちです。彼らは松尾氏に批判される対象の人たちであると同時に、むしろタブクリア氏に立場の近い人たちですよ。そんなの当たり前ですよね。

そんなこともわからないでコメントしてたのかと、絶句してしまいました(呆)。ここまでレベルが低いとは。

2016.11.19 23:09 URL | 古寺多見(kojitaken) #e51DOZcs [ 編集 ]

しかしまあ…

>1議席残らず消滅…。民進党は今なお最大野党だし共産党も躍進してるし、1議席残らず消滅しかけてるのは…一層の右傾化を唱えてた日本のこころ党とかですかねぇ…

仮にもわずか4年前には政権をとった党の支持者が、たかだか煽りに反論するために、どや顔でこんなこと言うなんて、どんだけ、現実を見たくないのかと。

>ところで結局、『2年で2%』と言った金融緩和はどうなったんですかね…

もう、それ、自分たちの政策を総括せずに突っ込めることなの?とか、言うだけ無駄なんでしょうね。

2016.11.20 11:09 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>ハイパーインフレ
2人とも無意味な揚げ足取りは辞めて下さい。
こんなところで片言隻句を捉えて「オーイみんな見ろ!あいつうっかりミスしてらあ!」と指差して笑っても、「大変な好景気はやって来なかった」「大変な好景気がやってくると断言して大はずれした」という事実は何一つ揺るぎない。
で、その事実を指摘すれば「半分煽り」ですか。
ついこの前、「自民党の憲法案は釣り」と言って叩かれた学者がいましたけど、それと同レベルですな。

>たかだか煽りに反論するために、どや顔でこんなこと言うなんて、どんだけ、現実を見たくないのかと。
断言しておいて外れた以上それを指摘するのは当然でしょう。私の議席数に関するコメントの中に事実に反する物はありましたかね。
「現実を見たくない」って、この方たちの脳内では民進党も共産党も0議席になってるんでしょうか。

2016.11.20 13:28 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

そうですね。無意味なことはやめます。

2016.11.20 14:45 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

ttp://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__160807.html

ここのウェブサイト、自分も読ませてもらいましたけど、ここのグラフによれば雇用は民主党政権時代の末期から既に増えてますね。
松尾匡氏は「震災の前に既に経済の落ち込みは始まっていた」と書いてますが、大震災の後に再びGDPが上昇していることについては、彼は無視しています。
また、「実質賃金低下の主たる原因は消費税引き上げのせいだ」(だから増税法案を通した民主党政権が悪い、安倍政権は間違ってない)と言いたいようですが、実際に増税を行ったのは安倍政権なわけですから、じゃあどうして安倍政権は増税を中止しなかったのか?ということになりますね。
そもそも少子化で労働人口が少なくなって行くのにどうして経済成長するのか、松尾氏にはちゃんとした説明ができてないように思います。

2017.01.12 23:05 URL | 地球防衛組 #CsESbU9s [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1451-b490231f