きまぐれな日々

 参院選の選挙戦も半分を過ぎ、次の日曜日はもう投票日だ。

 安倍晋三は、なるべく参院選が人々の話題に上らないように腐心しているらしく、公示後の党首討論がないことや、参院選関係の報道番組が激減するらしいことなど、政権及び与党は「有権者が騙されているうちに『改憲派』で参議院の3分の2を占めよう」との悪巧みをしているようだ。そしてそれは功を奏しつつある。

 最近はメディアによって選挙の情勢調査報道を発表する日をずらすようだが、昨日(7/3)の日曜日には時事通信の調査による「中盤の情勢」が報じられた。これを見る限り、相変わらず自公が好調のようだ。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016070300207&g=pol

自民、単独過半数うかがう=改憲勢力3分の2微妙-参院選終盤情勢【16参院選】

 10日投開票の参院選について、時事通信は全国の支社・総支局の取材や世論調査などの情報を基に終盤情勢を探った。自民党は改選50議席から上積みし、公明党と合わせ改選過半数(61)の勢いで、27年ぶりの単独過半数(57)もうかがう。与党におおさか維新の会と日本のこころを大切にする党を加えた「改憲勢力」で、改憲発議に必要な3分の2(162)の確保は微妙だ。改選45議席の民進党は30議席程度に低迷。共産、おおさか両党は改選議席を大幅に増やしそうだ。

 ただ、世論調査で3割程度が態度未定と答えており、投票日に向けて流動的な要素が残る。
 参院定数は242で3年ごとに半数(121)を改選する。安倍晋三首相は勝敗ラインを与党で改選過半数と設定。自公両党の改選議席は59のため、2議席上積みすればこれをクリアする。
 自民党は選挙区に48人、比例代表に25人を擁立。32の「1人区」のうち20選挙区で議席を固め、山梨、愛媛、大分でもやや優勢。また、青森、福島、新潟、長野、三重で野党を僅差で追っている。13ある改選数2~6の「複数区」は1議席ずつ確保し、千葉、東京は2議席目を視野に入れる。比例は前回2013年の18議席に迫る17議席を獲得しそうだ。
 公明党は、選挙区に擁立した7人のうち5人が議席を固め、2人もやや優勢。比例は7議席が見込まれ、改選9議席を上回る勢い。
 一方、民進党は選挙区に33人、比例に22人を擁立したが、苦戦が目立つ。1人区は青森、宮城、福島、山梨、長野、三重、大分を除き、自民党に水をあけられている。複数区では北海道、東京、愛知で2議席目をうかがう。比例は13議席程度の見込み。
 共産党は、東京、神奈川で議席を確保しそうで、比例も6議席と堅調。改選3議席を大幅に増やす見通し。おおさかも改選2議席に対し、大阪と兵庫で計3議席を固め、比例で4議席を獲得する可能性がある。社民党は改選2議席の維持は困難な情勢。生活の党、こころ、新党改革は議席確保のめどが立っていない。野党統一の無所属候補は岩手、山形、沖縄で議席を固め、新潟でも議席をうかがう。 
 世論調査は今月1~3日、全国の18歳以上の男女2000人を対象に電話で実施した。

(時事通信 2016/07/03-19:24)


 基本的には朝日新聞などの「序盤の情勢」調査と大きく変わらないが、朝日が1519議席としていた比例代表での自民党の議席を、時事は17議席と予想している。唯一の救いは、朝日の序盤調査で「やや優位」だったかとされていた東京選挙区のお維公認候補・田中康夫が時事の調査では当選圏に入っていないらしいことだ。田中康夫の落選は是が非でも現実になってほしい。私は田中康夫を落とすために、全幅の信頼を置きがたい候補者に鼻をつまんで投票しようかと思っているくらいだ。

 時事通信の見立てで、32ある1人区で「野党共闘」有利とされているのは9つの選挙区(青森、岩手、山形、宮城、福島、新潟、長野、三重、沖縄)だ。朝日の調査では8選挙区だったからそれよりも1つだけ多い。地域別にいえば、大差がついているらしい沖縄は別格として、東北で「野党共闘」が善戦している一方、西日本(近畿・中国・四国・九州)で与党が強い。これも序盤の調査と変わらないが、長州(山口県)にルールを持つ人間である安倍晋三に対する反感が、かつて「賊軍」とされた東北で強いということなのだろうか。昔は青森などすさまじい自民党王国だったはずなのだが。

 明治維新のほかにもう一つ考えられる要因として「原発」が挙げられる。東電原発事故が起きた福島のほか、六ヶ所村を抱え、今なお新規原発の建設が進む青森で自民が苦戦していることや、東北ではなく西日本だが、四国で唯一波乱が起きる可能性があるのが伊方原発のある愛媛だということから、特に原発の立地県で自民党の苦戦が目立つと言えるかもしれない。とはいえ、福井や島根、鹿児島のような処置なしの原発立地県兼保守王国も存在するのだが。

 その他に東北が自民を忌避する要因としては、TPPもある。だがこれとて西日本や北陸や北関東の農村への影響はあまりないらしい。

 近畿地方でお維と自民が議席を山分けしそうな情勢については先週の記事でぼやいた通りだが、東京でも民進党の都連が「反党行為」「利敵行為」とでもいうべきことをやらかし始めた。

 といっても参院選ではなく、民進党東京都連会長の松原仁が7月31日投票の東京都知事選に長島昭久を担ごうとしたり、かと思えば自民党と相乗りで増田寛也を推そうとしたり、などの不審な動きをしていることだ。これは明らかに岡田克也と枝野幸男の路線に反している。もはや参院選敗北を受けての岡田克也と枝野幸男の民進党代表・幹事長退任を前提として、民進党に「右バネ」を働かせようとしているとしか思えない妄動だ。

 都知事選をめぐっては、現在、小池百合子が党執行部や自民党東京都連などの思惑を無視して勝手に立候補宣言をして執行部や都連を苦り切らせている。松原らの動きは、そんな自民党に塩を送ってやろうとするものであろう。つまり、自民党さん、小池百合子なんか見切ってうちの長島で相乗りしませんか、あるいは増田さんを立てるのならうちも乗りますよ、というノリだ。

 率直に言って、ああ、これが民進党という政党の本性なのだなと私は思うが、参院選での獲得議席が20議席台後半に終わるであろう民進党の岡田・枝野執行部に、同党東京都連の右バネの妄動を止める力があるとは私には期待できない。

 そもそも今の民意は、参院選そっちのけで舛添騒動にかまけるものだったりするし、イギリスのEU離脱やバングラデシュで起きたテロなども、自民党に投票する行動への追い風になるとしか思えない。なお、以下は蛇足だが、選挙のあと自衛隊が海外に派遣されて戦死者が出たりするなら、「愛国心」に目覚める国民が増え、マスコミもそれを煽ることによって、現在でも十分蔓延していると思われるファシズムが、さらにその勢いを強めることは確実だろう。

 明るい展望など何一つ持てない2016年の後半のスタートとなった。「崩壊の時代」はまだまだ続く。
関連記事
スポンサーサイト

選挙前にkojitaken様が危惧していた「政策よりもスローガンで勝負するか、有権者のプロテスト心理にアピール」(by zenzaburo=野次馬氏)ってのが空回りしちゃってるってとこがあるんですよね。「投票へ行こう」とかの呼びかけはあっても、じゃぁ福祉は?経済は?といった政策の問題となると月並みの"政権批判"が並ぶだけ。安倍政権に(金融緩和など見るべきものがあったとしても)社会政策や分配政策が等閑にされてるって攻め方は出来るのに"アベノミクスは失敗"ってキャッチーな言葉で単純化され反って(少なからずながら恩恵を受けた面もある)低所得者層や貧困層の支持を躊躇わせているって気もします。

あと、鍋パーティーでの直近のエントリ http://nabe-party.hatenablog.com/entry/2016/07/03/123757 http://d.hatena.ne.jp/suterakuso/20160703/1467509192 でもコメントしたことなのですが、政治参加が"意識高い系"にとっての玩具になっててそこへ"愚民""民度"などの俗論が加わったりすると酷い「自己責任論」になってしまうってのも見過ごせませんね。吉田徹・北大教授 http://politas.jp/features/10/article/489 も指摘し、それを受けて後藤和智氏も呟いてます https://twitter.com/kazugoto/status/749340032113135617 https://twitter.com/kazugoto/status/749552390940991488 けど、「選挙に行こう!」と言って"主権者"の権利を行使云々って物言いは往々にして棄権や白票を無責任で権利を放棄した行為ということになってしまい、更に選挙で自分が望まない結果になれば(投票しても棄権しても)手前の責任・逆に自分が望んだ結果になれば我こそが絶対の民意って、どうしても俗流の「自己責任論」ともするとトクヴィル辺りが指摘した様な多数派専制へと通じる危うさしか無いんですよ。実際、直近の大型選挙では投票率の高低にも関わらず勝った側が絶対の民意であるかの様に独善的になり実際の政治では壟断とも言うべき問題を起こすのが目立つ訳でしょう。郵政選挙しかり政権交代選挙しかり"おおさか維新"しかり・・・・・

吉田教授は「参政権(=投票する/立候補する権利)だけが、その社会を代表したり、改革しようとしたりする資格ではない」と前向きなことを仰ってますけど、今の様にちょっとした市民運動やNPOさえも体制側と協調下手すれば癒着みたいなことが目立ち、それこそ「批判勢力が絶え果てた"崩壊の時代"」では其処まで前向きになれるか心許ないのが本音です。

2016.07.04 09:20 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

鹿児島県では、参議院と同じ日に県知事の選挙も行われますが、4選目指す現職の伊藤祐一郎氏(ラサール・東大・自治省と絵に描いたような経歴)と元テレビ朝日の三反園訓氏の一騎打ちになっています。

目を引いたのは、情勢調査が「接戦」と言いつつ三反園氏の名を先に出していることです。
旧薩摩藩でかつ原発立地でもある地で波乱が起きる可能性あり、というのは、少しだけこの国に希望を残せるかも知れません。

2016.07.04 14:31 URL | ヴォロージャ #mQop/nM. [ 編集 ]

コジタサンのファシズムという書き込みに対して、オリンピックのことから記したい。

森の戯言、独唱なのに君が代を歌わなかったとブチキレていたのを見たが、全く笑えない話だった。
深く考えない人々は、あの男は自爆したのか?ボケたのか
でお仕舞いだろう。
しかし、森は本気で信念をぶちまけたのだ。とんでもない
勘違い、バカな森らしい振るまいなのだが、あの男ん心底
、歌えゴルアなのである。
奴の姿は戦前のファシストさらがななのである。
君が代を強要する手口は数を頼りに価値観を絶対視し、自由を剥奪するファシストのお気に入りな分野である。
間違えた森はこっぱずかしいなんて微塵も思ってもいないだろう。
おそらく、独唱なのに間違えてあそこの誰かが歌ってしまったなんてハプニングが起こっていたら、顔をくしゃしゃにして喜び、大いに擁護でもしたことだろう。
あの目の座ったヤバすぎな形相、戦前のファシストの亡霊みたいで怖かった。
ところが事実だけを流してスルーしているのがマスコミで
ある。かつてならもう少し突っ込みがあったはず。
森がとんちんかんなことをしたということより、そこまでして君が代斉唱をヤレヤレと
強要するのはいかがなものかとか、まるで歌わないと非国民と叫んでいるみたいで(いやその通りと奴は吠えているだけだが)不穏ですよねとか
、なんか批判のひとつもあったものだが。久米さんならこんなもんじゃない皮肉を述べていたものだ。
スルーしている。マスコミはあの森の形相に萎縮しているように思える。
なにやっているの、とんちんかんな人ですね(笑)と茶化すような次元でのアプローチもなかったのでは?まあ、ずっとテレビやネットにへばりついているわけにもいかんし、そうした批判が実はテレビで連発されていたのかもしれないが?朝刊見ても片隅にさらりと流しているだけ。
この程度のことでもこれだから、自衛隊員が件の安保法制のおかげで怪我でもしようものならどうなるか?
もしも国内でテロでも起きたらどうなるか?
『花は咲く』から『日本はひとつ』と、新しい束ねの歌が
作られそう。
気持ち悪い!
そんでもって稲田朋美辺りが
靖国をアーリントンにしようと声が上がりそう。
ファシズムでもいじめでも無視無関心こそが最も危険な問題なのである。
マスコミの責任は重い。

自民党のCMしか、正直見かけないのが今回の参議院選挙。
他の政党にはCMを流せるだけのお金もないのか?
それとも湯水のように自民党がCM代金を払いまくりなだけなのか?
CM戦でも大敗している。
前進か、後退かというあれを見ても、なんちゅうか、気合いと根性が勝るのか?という
ことなのか。

鼻をつまんでというくだりには笑わされた。
あ、コジタサンもどうやらムカつく野党のあいつに入れざるを得ないようかなと(笑)。
よほどの反共の論客でもないかぎり、山添君に鼻をつまんでとはならないだろうから。
しかし、あれですね。
矛盾とムカつきの混沌を耐えながらでも、微かな可能性を
探らればならんって辛い。
増田を支援したがる奴等が困るような候補者が一人でも自民党に競り勝ち、選挙後の壊憲活動に齟齬をきたす結果に持ち込みたいものだ。
松原仁め、長島昭久め、
てめえらが支援した候補者が
後でグダグダ言って壊憲活動に躊躇うようにしてやるかってのが、現在の私の考えですな。終盤情勢点検したいから投票には出掛けないけど。

2016.07.05 09:25 URL | axfxzo #ePfhgX1o [ 編集 ]

あと一つ、気になったこと。

>>東北で「野党共闘」が善戦している一方、西日本(近畿・中国・四国・九州)で与党が強い。これも序盤の調査と変わらないが、長州(山口県)にルールを持つ人間である安倍晋三に対する反感が、かつて「賊軍」とされた東北で強いということなのだろうか。昔は青森などすさまじい自民党王国だったはずなのだが。

>>明治維新のほかにもう一つ考えられる要因として「原発」が挙げられる。東電原発事故が起きた福島のほか、六ヶ所村を抱え、今なお新規原発の建設が進む青森で自民が苦戦していることや、東北ではなく西日本だが、四国で唯一波乱が起きる可能性があるのが伊方原発のある愛媛だということから、特に原発の立地県で自民党の苦戦が目立つと言えるかもしれない。

これって賊軍だの官軍だのの問題以上に、「攻めの農業」ができる地域なのかが大きな要因だとも思えますね。現時点での農産物の輸出などに関する規制措置を農林水産省が公開
http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kisei_all_160630.pdf してますけど、北関東や甲信越にまで及んでいるのも少なくないけど概して東北部が輸出停止措置を受けてしまっている面が見て取れます。政府もTPPが通っても「攻めの農業」で巧くいくって言い、"政権批判"側でも藻谷某の『里山資本主義』 http://amzn.to/29lfZmZ の様な「攻めの農業」の変奏が横行する中で、国内市場でしか結果的に相手にせざるを得ず尚且つ(下手すれば国内産より安全とも言われる)外国産とも競争に直面してるとこから見れば、こうした("里山資本主義"の物言いをも含めた)「攻めの農業」ってのは絵空事にしか聞こえないのですよ。外国が行っている規制が科学的なものかはさて措くとしても(そういえば反原発界隈にもそうした非科学的な"放射脳"で東北の農家を苦しめるのが結構目立ってましたが)、こうした「攻めの農業」が出来るか・出来ないかってのと原発立地の問題が相まって東北部と西南部での"差"になってしまっている感があるかと思っています。

2016.07.05 20:48 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

細かいことですが、朝日の序盤情勢では自民の比例は20に迫るという調査だったはず。他にも幾つかの調査で自民比例を強く出してるものがあって、選挙ウォッチャーの間では色々話題になってました。3年前は18ですから、時事の17あたりが穏当にも思えますが、自民が伸ばすとしたら、投票率とか、支持団体の与党回帰、3年前の第三極票が流入してる、とかいった要素があるのでしょうか。

ただ朝日は選挙区でやや野党を強く見ているので、合計ではだいたい他社と似た感じに落ち着いています。終盤情勢ではどうなっているやら。

2016.07.05 22:53 URL | Pogemta #IjUZIPhA [ 編集 ]

杉山氏の農業分析、見事!
銭金の問題、東北で接戦になるのは氏の御指摘の通り。維新の昔の因縁は床屋政談のイントロ程度のわかりやすさで
あり、どうして商売人(農民)が損得で判断しないことがあり得ようか?
ましてや長年、自民党にべたべただった層である。それだけ追い込まれているから左翼を含めた野党に頼らざるを得ないのだ。
攻めの農業がこれからの日本で流行るとも思えないし、逆に廃れるのではとも思っているが、憲法改悪阻止という本丸以外にも、人々の生活破壊に直結するアベノミクス、絶対にへし折らねばならない。

さっき報ステで山口が演説するのを見て、怒りが爆発してしまった(笑)。
帰りの電車で『サンデー毎日』を読んでいた、正にドンピシャリな数字をこのカルト政党党首は得意気に語っていたからだ。
13兆の税収増こそ、アベノミクスの業績だと誇らし気に語る山口、ぺてんもほどがあるぞ(怒)。
同誌のP36中段から二段余りの
スペースだが、伊藤光晴さんがこのカラクリを解説している。
バブル崩壊による金融機関への制度上のサポートの期限切れやリーマショックによる自動車会社などが負債への償却を終えた頃と安倍内閣が発足したのが重なったこと、株や債券などの金融所得課税の軽減措置が終わった(10%⇒20%
へ『戻った』)ことが税収増加の原因に過ぎず、アベノミクスなるものは税収増加に寄与などしてもないと一蹴してあった(笑)。
伊東さん
『安倍氏は自分でやっていないことを自分の功績にしてしまう。株高、円安を自分の功績にしたのと同じ。』
これは私も以前述べたので今さらだが、野田の時から日本の政策は半ばそっちのけ状態で、外国のギャンブラー(投機家ども)が株高に持っていっていったことなどの再確認的な記述であったが…。

産経新聞論説委員などを系列誌に登場させて共産党の悪口三昧書かせている暇があれば
伊東さんの話のひとつでも読んでみろ、このぺてん師カルトめと、ほんとムカつかされた映像であった。
しかし、一番ムカつくことは
どうしてこうした生々しくも具体的な解説をテレビではやらないのだろうか(怒)!!
官邸の圧力?
そのレベルではないだろう。
池上なんとかとか、巷ではやたら優しくためになる?解説などが持て囃されている。
だったらやれよ!こうした本質論をより視聴者にわかりやすくパネルやコメンテーターを駆使してやってくれよ!
ま、やるわけ、ないけどな。
やったら『不都合な真実』に
有権者が気づき始める。
毎日新聞グループもこんな雑誌で言い訳作りをやるなよ!
それこそサンデーモーニング
などで時間を作ればよい。
星には無理だろうから23はあてにならないが、岸井さんの時にもやらなかったのだから、よほど困る話ってことだろう。
竹中平蔵あたりを座らせてなぶりものにしてやりたい(怒)!

おまけ
『祖父を神様のように思っている。思い込みが激しい。改憲をやりたがっている…』
これは伊東さんのお友達の証言である。知っていたネタだが、知らしめるためにも記しておくが、伊藤の友人が安倍晋三の指導教官だった。その
指導教官の安倍晋三評を『私は聞きすぎている』から、安倍氏に対してフェアではないと語る伊東さん、本当にこの先生、フェアな人だよ!!
またあの下劣で低能な男が快勝するざまを見せつけられるのかと、新聞を買う度に暗い気持ちにさせられるが、いつ死んでもおかしくない老人が
若い世代に対抗策を必死に語る姿を見る(読む)と、恥ずかしながら諦めてはならんと
思い止まるところである。

2016.07.05 23:16 URL | axfxzo #ePfhgX1o [ 編集 ]

サンデー毎日にも中盤の情勢として平和憲法改悪勢力が2/3議席獲得への記事が掲載されていました。
政権与党の自公と極右ならず者集団おおさか維新が絶好調。
とりわけ自民とおおさか維新の極右同志が議席を分け合う極右全体主義化した関西圏。
極右都市大阪。
日本の暗い近未来を暗示させられます。
今回の参院選は安倍政権の争点隠しの影響で関心が低く低得票率が予想されるとのこと、
組織票を持つ自公にさらに有利に働きます。
英のEU離脱、ダッカのテロ事件も自公に追い風となります。
ダッカのテロ事件は、戦前レジームの安倍晋三がもくろむ緊急事態条項の追加にも悪用できるでしょう。
また、本丸である憲法九条改悪にも「テロとの戦い」「ダッカの事件はまさに戦闘行為だ、日本人は平和ボケだ」などといった妄言を叫ぶことにより悪用できるでしょう。
参院選の結果待っているのは、争点を隠しておきながら、国民の信を得たと称して、平和憲法改悪の着手が行われることが必至です。
大日本帝国憲法のコピーである自民党の改憲草案への改正。
それは、安倍晋三の悲願である戦前の日本への回帰、即ち、日本軍国主義、日本帝国主義の復活を意味します。
「民主主義崩壊の時代」へ突入した日本。
開国、民主主義も外圧によってもたらされた日本。
自浄は困難です。

2016.07.05 23:45 URL | 風てん #- [ 編集 ]

サンデー毎日の選挙プランナーの分析を紹介されていた人がいるのでまずここから。

あのプランナーはいまいちあてにならないので、鵜呑みなんて剣呑(笑)。
それに東京選挙区の解説に至っては噴飯ものだった。
なぜ、なんでまた伏兵があの
横粂なのよ(笑)(笑)(笑)?
横粂からなにか貰っているのかよ、このオッサン。
選挙で飯を食べているプロなのだろうから、私なんぞ鼻くそみたいなものだろうが、さ
すがにそりゃ、ないよ旦那と
突っ込みたくもなる。
ああいうのを見ると、もう少しは番狂わせもあるかもと変な期待もしたくなる。
以前、AERAでこれまた胡散臭い分析屋がご立派なものを出していたが、ど素人の私が読んでも、はあ?な見立てがいくらもあって、案の定予測外しの連打だったのを思い出した。ああ、竿竹屋だっけ?
私はよく『予想とか予測とかに信じ混むな』と話すことがあるが、その時に必ず『心の中で逆に読んでみろ』とも言葉を添える(笑)。すると程なく相手は笑い始めるものだ。
傾向を読むことと、それを盲信することは別物すぎ。
だから新聞も複数は目を通せというのも頷ける話なのだ。

サンデー毎日の三浦を記して今朝の東京新聞『こちら特報部』を触れぬわけにはいかないと思うので書き込む。
私はこのコーナーのファンである。だが、今朝のこれは頂けなかった。
コジタサンがこき下ろす鈴木哲夫の話に無批判に乗る甘さが鼻についたので。
このコーナーの内容そのものは間違ってはいない。テレビの糞ぶり、小泉と増田という
自民党対立ショー、いやもうこれは参議院選挙報道シャットアウトそのものにすぎないのだが(怒)、そんなものへのアンチテーゼにはなっている。
しかし、東京新聞も読売もみんな揃いで与党が改憲要件を満たそうという勢いと報じる中で、なぜなぜ期日前投票率が上がっているから?上がっている要因のひとつが改憲だから?改憲より護憲の方が上回っているから?そんなことがさも希望のなにかのような
臭いを醸し出すかのような書き方をやるかなあという呆れである。
ペラいのだ、薄っぺらい。
期日前投票率UPと護憲の方が改憲より上回ることがシンクロしているなら、いくらなんでも与党が圧勝するという情勢分析になるわけがない。言葉を選んだ報じかたにするものだ。
馬鹿馬鹿しい。
こうした私のあくたいが、ことごとく外れたら嬉しいこと限りなしだが、そうは問屋は卸さない。
期日前投票にいく人は政治意識の高い層、またはどこかの党のフレンド票などで、こんな仕組みがあろうが無かろうがまず間違いなく投票する人だ。この仕組みが馴染み、便利になっているからこそ行く人たちはますます行くってことだろう。行かない奴は深夜まで投票所を開けてもまず行かないのだ。
期日前投票率が高くて憲法擁護を意識して投票しまくっていれば、どんなに妥協してやっても東京新聞の調査報道は自民党、予想外の苦戦などとなるのではなかろうか?
現実はこの特報記事にある、
あの振り子の学者のコメントの方だ。
過去の政権公約違反と比べても悪辣だと、争点隠しぶりを
断罪しているが、実際は安倍晋三と山口の連携プレーが見事にはまっているのである。
馬鹿馬鹿しいが、一般大衆にはってことだ(笑)。
こちら特報部よ…。
なにが
有権者はしっかりと意識
投票率 意外にも上昇も だよ
東京新聞こちら特報部を四半世紀愛してきた読者にすら呆れさせる言葉を言わせるな。

山口定さんの『ヒトラーの台頭』という本だったか?
『この決定的な瞬間』だったかな?度忘れしたが、そんな
小見出しがあったと思う。
テレビから参議院選挙の報道がまるで脇にやられている。
党首討論会なども安倍晋三のワガママ、ただそれだけで行われない。これだと小正力を
無視してドラフトを断行した奴らの方がマトモである。奴らは後が邪道だが(笑)、これにも劣るのがマスコミじゃないか?金子を諌める三原脩さん
みたいな人もいないテレビの世界?ネタ古すぎだな。

2016.07.06 09:02 URL | axfxzo #ePfhgX1o [ 編集 ]

護憲派政党は、自分勝手なイデオロギーを押し付けるだけでなく、もっと無党派層の意見を聞きにいく必要があると思います。

参議院でも2/3以上を押さえられる可能性が高いですが、そうであるなら、いずれ憲法改正の発議は避けられないわけですから、護憲派の側も、反対一辺倒だけでなく、立憲主義強化的な改憲案を考えておくべきでしょう。復古主義的な憲法改正に関して言えば、自民党は少数派なので、護憲派は極度に悲観的になる必要はないはずです。

護憲派のブログで憲法について議論しようとしても、憲法9条以外は知らない方が多く、それでは話になりません。

ところで、長谷部恭男は、絶対的平和主義は立憲主義と整合しないのではないかと指摘していますが、この点について、護憲派の皆さんはどのように考えているのでしょうか?

2016.07.07 06:38 URL | PALCOM #- [ 編集 ]

改憲論議代案、結論から言えば(特に政局的には)不要かつ却って有害!!です。

三分の二以上の勢いで与党が圧倒的な現況下で、下手に能力有りを誇示したいばかりに、拙速で対案なんかを出して見た所で、
消費税引き上げや安保法の成立前後の二の舞三の舞で、向こう側の極右的な圧倒的ペースに流されて良い様に利用されて、挙句の果てにポイされてハイッオシマイでしょうよ。

千歩万歩譲って!?中長期的におおまかないわゆる骨子案・素案レベルを政策立案能力の維持を兼ねて、党外非公式でひっそりとごくごく一部有志でやればいいのでは。
かつての旧社会党左派的なただ反対だけ路線の克服的な所を、今更意識してみても今はしょうがないと思いますね。

2016.07.08 02:17 URL | ROM者です。 #WwJZAUYQ [ 編集 ]

はじめまして。こちらのブログは以前から見ておりましたが、前々から気になっていたことがありましたのでいくつか。

>じゃぁ福祉は?経済は?といった政策の問題となると月並みの"政権批判"が並ぶだけ。
>安倍政権に(金融緩和など見るべきものがあったとしても)社会政策や分配政策が等閑にされてるって攻め方は出来るのに、
>"アベノミクスは失敗"ってキャッチーな言葉で単純化され反って(少なからずながら恩恵を受けた面もある)低所得者層や貧困層の支持を躊躇わせているって気もします。
この方は毎回の様にコメントを付けてはいつも「野党は批判一辺倒でアベノミクスを上回る政策を提示できてない」「経済や社会保障はそこそこに憲法や安保の話ばかり」と壊れたレコードのように連呼してますが、あれほど話題になった「保育園落ちた」問題や給付型奨学金、他にも最低賃金アップや悪名高い残業代ゼロ法案への反対など、野党がこれだけ経済や福祉を前面に出して訴えていることについては、この人たちは無視なのでしょうか。
更には先日の朝日新聞の記事にもあった通り、最近では野党の与党批判よりも与党の野党批判の方がずっと割合が高くなっているわけですが、これでもまだ「野党は批判一辺倒、政策を出せてない」と仰るのでしょうかね。

ブログ主さんをはじめ、他の人たちもそうですが、この辺りの野党批判を見てますと、野党が何をやっても袋叩き、初めから「経済や福祉もそこそこに憲法や安保の話ばかり」「アベノミクスに代わる政策がない」という結論ありきで、そのための粗を必死になって探しているようにしか私には思えません。
言葉は悪いですが、何も買わずに店にあれこれ因縁をつけては周囲に悪評を垂れ流すモン○タークレー○ーとたいして変わらないと思いますよ。
1年程度ならともかく3年たってもこの体たらくでは、この間に大きく変わり続けた野党と比べて、その進歩のなさに閉口します。
ここの人たちには評判が悪いようですが、実際に野党をまとめ政治を動かしたシールズの諸君の方がよほど立派ですよ。

2016.07.09 01:04 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

>改憲論議代案、結論から言えば(特に政局
>的には)不要かつ却って有害!!です。
>三分の二以上の勢いで与党が圧倒的な現況
>下で、下手に能力有りを誇示したいばかり
>に、拙速で対案なんかを出して見た所で
>  ・・・・

付け加えれば、メディアを政権側が抑えている以上まともな報道は期待できないですね。
おそらくどうでもよいところないし多少まともな方向の変更部分をだしに重要な部分は穏oされるでしょう。

政治の世界で対案って状況を左右できる力量がない場合は危険なんですよ。「意識高い系」の人はそこが理解できていない。

2016.07.09 14:23 URL | Executor #- [ 編集 ]

はてなのIDを持ってないのでこちらへ。
戦前回帰の密告フォームですが、姑息にも文言を変えて復活したとのことです。

http://lite-ra.com/2016/07/post-2403.html

2016.07.09 18:50 URL | 2割しかいない少数派の府民 #- [ 編集 ]

>参議院でも2/3以上を押さえられる可能性が高いですが、そうであるなら、いずれ憲法改正の発議は避けられないわけですから、護憲派の側も、反対一辺倒だけでなく、立憲主義強化的な改憲案を考えておくべきでしょう。

「避けられないから」の前後の理路が全くつながってなくて意味把握できないんですけど、これって意識高いとかそういう次元なのかなぁ。改憲の話題で(それ以外でも最近)良く見る理路だけど、ちょっと普通じゃない。

2016.07.10 04:28 URL | settering #- [ 編集 ]

>ブログ主さんをはじめ、他の人たちもそうですが、この辺りの野党批判を見てますと、野党が何をやっても袋叩き、初めから「経済や福祉もそこそこに憲法や安保の話ばかり」「アベノミクスに代わる政策がない」という結論ありきで、そのための粗を必死になって探しているようにしか私には思えません。

そうにしか思えないのでしたら、それは原因はなんでしょうかね? とりあえず、ブログ主さんや杉山さんが「アベノミクスに代わる政策がない」と言っていることを例示して、証明してくださいね。できなければ、「結論ありき」は誰なのでしょうかね?

私の認識では、「アベノミクスに代わる政策がない」と言ったのは、SEALDsを強力に支持していた「野次馬」さんくらいですけどね。

こちらの方々が野党の経済政策を批判するのは、日本の反国家主義・独裁主義的な人たちが、日本政府のそれらを批判するようなものだと思うんですけど。そして、あなたの意見は、それに対して、「なぜ中国に言わない」「北朝鮮に言わない」と言っているようなものなのではないでしょうか。

2016.07.11 08:45 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>suterakuso様
すみません、あなたの仰りたい意味がさっぱり分かりません。

>こちらの方々が野党の経済政策を批判するのは、日本の反国家主義・独裁主義的な人たちが、日本政府のそれらを批判するようなものだと思うんですけど。
>そして、あなたの意見は、それに対して、「なぜ中国に言わない」「北朝鮮に言わない」と言っているようなものなのではないでしょうか。

どうにかして私を罵倒したい、ということだけは伝わってきましたが、論旨が支離滅裂すぎて、これでは反論のしようがありません。

2016.08.13 01:11 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

例えば、わりと最近に、8月3日のkojitakenの日記で、次の段落のようにkojitakenさんが言ったようなことなんですけど…。

>「きまぐれな日々」に、かつて2005年の郵政総選挙の結果に危機感を抱いてブログを始めたはずなのに、今ではその小泉郵政選挙を再現したとしか言いようがない小池百合子に対して「大甘」としか思われない記事を書くようになったブログ『日本がアブナイ!』や、今や政治への影響力をほとんど失った小沢一郎なんかを叩くのは止めて、巨悪を叩けなどと書いてきたコメントがあったが、安倍晋三への悪口などネットでもう10年以上書き続けている(安倍晋三が初めて総理大臣になる直前の10年前に、私は「AbEnd」なる造語を編み出し、「安倍晋三を終わりにする」などというスローガンを掲げていた)。その経験から、「下々」の人間の一人一人がいくら安倍晋三や橋下徹や石原慎太郎らの悪口を書いたところで、リーダーたちがしっかりしていなければどうしようもないことを痛感している。その観点からいえば、自陣営から29%もの人間が小池百合子に投票したことに何の問題も感じず、自己批判も政治勢力内での相互批判もできないような政治勢力には、その体質が改められない限り何も期待できないし、その体質に対して「下々」の人間は強い批判の矢を放たなければならないと私は確信している。もっともしっかりしてもらわなければ困る人たちが全くしっかりしていないから私は激怒しているのだ。民進右派だの連合だの、前回細川護煕に投票した人たちだの、ましてや自公支持者やネトウヨどもなどには期待するところなど何もないから、彼らに対する批判が宇都宮支持者や宇都宮選対の責任者たちへの批判よりもトーンが弱くなるだけの話である。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20160803/1470180667

2016.08.15 23:29 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

少し分かりにくいというか、指示語の使い方が悪いなと思ったので補足しますが、以前の

>こちらの方々が野党の経済政策を批判するのは、日本の反国家主義・独裁主義的な人たちが、日本政府のそれらを批判するようなものだと思うんですけど。そして、あなたの意見は、それに対して、「なぜ中国に言わない」「北朝鮮に言わない」と言っているようなものなのではないでしょうか。

という文の、「日本政府のそれら」の「それら」というのは、「国家主義・独裁主義」のことを指しているつもりでした。

2016.08.15 23:44 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>民進右派だの連合だの・・・などには期待するところなど何もないから、
>彼らに対する批判が宇都宮支持者や宇都宮選対の責任者たちへの批判よりもトーンが弱くなるだけの話である。

私はブログ主さん自身は前にコメントしたような「逆張り冷笑系」そのものとは違う、と考えていますが、この論理は正に「逆張り冷笑系のレトリック」そのものですね。
実際、冷笑系連中はいつも「我々が野党やリベラルにばかりきついことを言うのは、彼らにしっかりしてもらわないと自民党が圧勝し安倍が更に暴走してしまうからである。自民党や右派に何も言わないのは、初めから何も期待してないからである」と言うわけですよ。
(別に私は相互批判さえ許さない、負けても自己反省など必要ない、と言ってるわけではないので念のため)
あとブログ主さんについては以前、日記の方で確か「『お前はどの政党・政治家を支持しているのか答えろ』と言われたが、私はどの政党も政治家も支持しないのだ」といったことを書いておられた記憶がありますが、これなども私は、冷笑とは言わないまでも当事者意識の欠如だなあと思うわけです。
逆張り冷笑系の特徴の1つとして、野党・リベラル叩きなど「誰を支持しないか」を語る時はひどく饒舌な割に、「じゃ、あなたは誰を支持するの?」と聞かれてもまともに答えない。
(「民進党は期待できないから鼻をつまんで共産党に入れる」と答えた人がいましたが、民共共闘が進展すると一転して「民進党なんかと組みやがって!」と叩きはじめましたからね)
この辺が自民党支持を明確に打ち出しているネトウヨとの違いですし、同じように野党支持者はそれぞれの野党を支持してるわけです。

「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」という言葉がありましたが、一時期Twitterで盛んに言われていた、「何を支持しないかより何を支持するかで自分を語れよ」というのが自分の考えです。

2016.08.18 02:32 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

どういう訳か「不正な投稿」とされるので、「日記」の方の次のコメント欄に投稿しました。

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20160808/1470611582#c

2016.08.18 07:08 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>タブクリア氏
ちょうど松尾匡氏が、自サイトで民進党の政策パンフ https://www.minshin.or.jp/election2016/file/yakusoku.pdf を俎上に上げ特にその経済政策について徹底的に批判していた http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__160807.html んだけど、おそらくタブクリア氏なら“逆張り冷笑系”・某野次馬辺りなら“分配ファシズム”と軽侮する様な内容なんだよね。もっとも松尾氏の指摘自体はデータに基づいた真っ当なものではあるし、「この敗北のせいで、ますます戦後民主主義体制の破壊が進んでいくというのに!」って“リベラル”・“左派”に対し歯痒さを顕わにしている訳だけど。

というのか、「何を支持しないかより何を支持するかで自分を語れよ」なんてそれこそ党派や特定の人物に身を預けている態度にも通じていて(“○×信者”とか!)、そうした態度って当事者としての切実な問題より人や党派への好悪を優先する態度にしか思えないんだが。逆に言えばいわゆる“政権批判”側や“リベラル”・“左派”が当事者意識を持っていないことこそが問題で、それが皮相的にも政権側に塩を送っていることを直視すべきなんだよ。選ばれる側に当事者意識が無いが故に、「じゃ、あなたは誰を支持するの?」ってのに答えられる筈も無いのだし、寧ろ「何を支持しないかより何を支持するかで自分を語れよ」なんて態度が、政策や政治的立場は何処へやら個人的な好悪で左翼を支持したり新右翼へ票を投じたりって結果になることは理解すべきなんだよ。

2016.08.18 18:55 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

>どういう訳か「不正な投稿」とされるので
恐らく、「保育園落ちた日本××」の××の部分が引っかかったのでしょう。私も同じ語句で何度も弾かれましたから。

>というのか、「何を支持しないかより何を支持するかで自分を語れよ」なんてそれこそ党派や特定の人物に身を預けている態度にも通じていて・・・
>そうした態度って当事者としての切実な問題より人や党派への好悪を優先する態度にしか思えないんだが。
「何かを支持すること」と、「それに身を預けて信者となること」「当事者としての切実な問題より人や党派への好悪を優先すること」は全く違います。
私は民進党支持者ですが、批判すべき点があれば今までかなり批判してきましたし、決して無批判な信者になった覚えはありません。
私の周囲で民進党を支持してる人たちも、盲目的信者のような人がいないとは申しませんが、支持すべきは支持し批判すべきは批判する、というスタンスの人の方が圧倒的に多い。
まぁあまり「俺の周りはそんなことないやい」という話をしてもしようがないのでこれ以上はやめますが、何かを支持することと、それに身を預けることが同一に見えるのでしたら、そうやって一緒にできないものを強引に一緒にする、その0か1かのような白黒思考をこそ疑った方がいいと思うのですが。
私に言わせれば、事ある毎に「自民党を倒したけりゃ松尾匡を読めー松尾匡を読めー」と馬鹿の一つ覚えみたいに連呼してるあなたの方こそ「松尾信者」に見えますがね。

2016.08.19 01:52 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

だから、どの点を批判していて、それが有効かどうかでしょうに。私が「日記」の方にコメントしたように、ブログ主様や杉山さんの批判の射程は、金融政策とか財政政策(財政出動・再分配)とかを主としたものでしょう。杉山さんが紹介した松尾氏のブログは、民進党のアベノミクス批判がなぜ人々の心を打たないかを、データを通して、人々の実感しているであろうことを説明したものです。でも、あなたは、そのあたりには全然、反論せずに、

>私は民進党支持者ですが、批判すべき点があれば今までかなり批判してきましたし、決して無批判な信者になった覚えはありません。
>私の周囲で民進党を支持してる人たちも、盲目的信者のような人がいないとは申しませんが、支持すべきは支持し批判すべきは批判する、というスタンスの人の方が圧倒的に多い。
>まぁあまり「俺の周りはそんなことないやい」という話をしてもしようがないのでこれ以上はやめますが、

なんて、言いますが、いや、だから、こういう批判は妥当なのかどうか、それこそ、それについての、あなたやあなた方の見解はどうなのかという話でしょう。そして、それが妥当ならば、

>ブログ主さんをはじめ、他の人たちもそうですが、この辺りの野党批判を見てますと、野党が何をやっても袋叩き、初めから「経済や福祉もそこそこに憲法や安保の話ばかり」「アベノミクスに代わる政策がない」という結論ありきで、そのための粗を必死になって探しているようにしか私には思えません。
>言葉は悪いですが、何も買わずに店にあれこれ因縁をつけては周囲に悪評を垂れ流すモン○タークレー○ーとたいして変わらないと思いますよ。

だとか、

>で、更には、こちらのブログもその「逆張り冷笑系」の影響にジワジワと浸食されてきてはいないか・・・?と、そういう疑念を抱いておるのです。
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1449.html#comment19819

だとか、

>この論理は正に「逆張り冷笑系のレトリック」そのものですね。

だとか、(そういや、そもそも、具体的な「冷笑系」として誰を想定しているのか?って疑問もありますけどね…。例えば、やまもといちろうとか、ジョン姉とか、冷やしカレーマンとか、dadaとか、はたまた田山たかしとか? つっこみをする側はたしかに楽ですけど、あんなつっこみのネタを提供する、福島みずほとか、吉良よし子とか、池内さおりとか、鳥越とか、も、やっぱり、いい加減にしてくれでしょ。イオン岡田の駅前商店街を誰がこんな風にした!ってのもあったっけ…。…ああ、でも、ジョン姉の「就職できないけど大丈夫?」は最低だったね。人権感覚なし。)

>何かを支持することと、それに身を預けることが同一に見えるのでしたら、そうやって一緒にできないものを強引に一緒にする、その0か1かのような白黒思考をこそ疑った方がいいと思うのですが。
>私に言わせれば、事ある毎に「自民党を倒したけりゃ松尾匡を読めー松尾匡を読めー」と馬鹿の一つ覚えみたいに連呼してるあなたの方こそ「松尾信者」に見えますがね。

なんていう、あなたの吐き続けている言葉が、いかに失礼なものか、直視してほしいと思いますがね。結局、あなたの客観的印象は、「あーあーあー、聞こえない~」ってものになるのが、ふつうですよね。…おおっと、冷笑系!?…って、そういうのが、やっぱり冷笑系の栄養になっているんじゃないですか。

そういや、たいして分かりにくくもない私の言葉に、

>すみません、あなたの仰りたい意味がさっぱり分かりません。
>どうにかして私を罵倒したい、ということだけは伝わってきましたが、論旨が支離滅裂すぎて、これでは反論のしようがありません。

ってのなんかも、ほんと、「あーあーあー、聞こえないー」ですよね。前々回のコメントは意図的に慇懃無礼に説明してみたんですけどね。

2016.08.19 08:10 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>タブクリア氏
>>「何かを支持すること」と、「それに身を預けて信者となること」「当事者としての切実な問題より人や党派への好悪を優先すること」は全く違います。

その支持をする「何か」ってのが曲者だったりして、こと日本ではその「何か」が政策とか政治的立場とかじゃなくて特定の政治家や政治集団など属人的・集団主義的になものに過ぎるきらいがあるんだよ。タブクリア氏はそうじゃないと否定したがるけど、「支持すべきは支持し批判すべきは批判する」と言えるほどの支持者が現にそんなにいたのかっていうのには自分は懐疑的なんだよね。Twitterなどネット上でのやり取りでもリアルでの活動でも(kojitaken様が指摘していた様に)同調圧力に押されて是々非々も民主主義の欠片すらも無かった・黒川滋氏が指摘している https://twitter.com/kurokawashigeru/status/765433019612049408 様に「運動家や文化人の思い入れが強すぎて、勝てる選挙が構築できないし、担う政治家たちはついてこないし、ネット社会で、きれいな演出をしてもきれいじゃない部分がすぐ露呈しちゃう」現実が先の都知事選辺りでも表面化した訳だし。

「何かを支持することと、それに身を預けることが同一に見える」ってのを白黒思考とか言って否定したがってるけど、現実問題として「何かを支持すること」が「それに身を預けること」に繋がる白黒思考に陥っているとこが大きいのは直視すべきでは。そうした白黒思考に陥りがちな面々に対し、先ずは松尾匡の本 http://amzn.to/2bjCCtI でも読んでみろって予てから自分は言っているんだけど、それは松尾の指摘が“政権批判”側や“左派”・“リベラル”に往々にして抜け落ちているとこを巧く突いているからであって、少なくとも貴方に信者呼ばわりされる様な筋合いはないのだが。

2016.08.19 08:15 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

>あと、「残業代ゼロ法案」にしても「保育園落ちた・・・」にしても、野党の追及というより、世論とか参院選とかの要素が強いと考えます。
>そもそも、これを追及することは、野党として最低限のことでしょう。そして、与党も圧倒的多数でありながら、世論に対応するポーズをみせたとも言えるわけですし。
つまり、これらを追及することは野党として最低限のことであるから、およそ支持し票を入れるだけの評価に値しないと、そう考えているわけですね。
そして、圧倒的多数でありながら世論に対応するポーズを見せた安倍政権や与党のほうこそ評価に値すると。見上げた御用根性ですね。
07年に第1次安倍政権を吹っ飛ばした、消えた年金問題やなんとか還元水問題、私は保育園問題や甘利事件などは、これに匹敵する大問題であったと考えておるわけですが、せっかく野党がこれらの問題に火を付けて安倍首相を追い回そうとしても、あなたたちはそれに水をかけて消すような真似しかしてこなかったじゃないですか。
そんな中であれだけ追及しても、全てこうやって政権や与党の手柄にされ、選挙も負けた挙句にこんなことを言われるんじゃ、野党もまったく報われないにも程がある。

>そもそも、具体的な「冷笑系」として誰を想定しているのか?って疑問もありますけどね…。
>例えば、やまもといちろうとか、ジョン姉とか、冷やしカレーマンとか、dadaとか、はたまた田山たかしとか?
>つっこみをする側はたしかに楽ですけど・・・
なんだ、あなたも結局「冷笑系」がどういう人たちのことかよくわかってるんじゃん。
で、福島や鳥越みたいに冷笑される方が悪い、と言ってるんじゃん。語るに落ちましたね。

2016.08.24 23:42 URL | タブクリア #HxJKgRuo [ 編集 ]

>つまり、これらを追及することは野党として最低限のことであるから、およそ支持し票を入れるだけの評価に値しないと、そう考えているわけですね。

言葉が適当すぎです。政党の個別の行動への支持と、いわゆる政党支持とは違う。個別の行動を「支持」するというのも、いろいろなニュアンスがある。さらには、あなたがかみついている人の誰も、先の参院選や都知事選で、民進は自民より投票するに値しないなどまったく言っていない。


>そして、圧倒的多数でありながら世論に対応するポーズを見せた安倍政権や与党のほうこそ評価に値すると。見上げた御用根性ですね。

文脈から主語を推測する能力が低いと言わざるを得ませんね。そして、それは日本語を読む上で、かなりのネックになるのですが。当然、そのように評価する人が多くても不思議ではないということを書いたわけですし、それは、そのようなポーズが目を引きやすいからなのですが。もう、このレベルなら面倒なので説明しませんが。


>水をかけて消すような真似しかしてこなかった

違いますよ。たとえは嫌いですけど、そのたとえにのるなら、どうすればよく火が燃えるか、建設的に話をしているだけです。そして、あなたのようにいたずらに野党を甘やかす人こそ、火が燃えにくい状況を放置しようとしているのです。


>で、福島や鳥越みたいに冷笑される方が悪い、と言ってるんじゃん。

例えば、都知事選の鳥越の街頭演説の森進一の件とか、鳥越が悪いに決まっているじゃん。それを甘やかしてどうするの? それと、「方が」って、また言葉がで適当ですよね。誰が悪質度の「比較」をしましたか? ま、悪質度の比較をしても、立場を考えると、たしかに、福島とか鳥越とかがあの立場にあることの方が悪質ですけどね。

2016.08.25 07:39 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

…しかし、「マスゴミガー」ならまだしも、「冷笑系ガー」とか、どんんだけ「野党」を甘やかしてやれば気がすむのかと…。いったい、ここにあげた「冷笑系」が世間でどんだけのものかってんだよ。

2016.08.25 09:03 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

はてなにログインできないから、こちらに書きますね。

タブクリア氏へ

suterakuso氏から反論されたら「揚げ足取り」云々言いますが、
「何を支持しないかより何を支持するか」「」「あなたが民進のために何ができるか」なんて、それこそクレーマーですね。
自民党が嫌いでも民進(や他の野党)が信頼できるかは全く別の話です。
与野党含め、政治家が国民の事を考え、説明するのは当然だと思いますが、
タブクリア氏の考え方では政治家と国民の立場が逆です。
政治家=上、国民=下というピラミッドが頭にないとできない考え方です。
他人を批判はするが自分への批判は揚げ足取りというのも、選民意識が強いとしか思えませんね。

2016.09.19 10:56 URL | 一般的ウロタ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1445-d1a340b5

[地方選][鹿児島]三反園氏・伊藤氏が接戦 鹿児島知事選情勢調査(朝日)
2011年に東日本大震災が起きた時、「第二の敗戦」と位置づけて復興を叫ぶ声が盛んだったが、その翌年に出版された『日本近代史』(ちくま新書,2012)で、今(2012年)は1945年よりも盧溝橋の起きた1937年7月7日によほど近いと位置づけたのが坂野潤治だった。坂野氏の慧眼は

2016.07.05 08:40 | kojitakenの日記