きまぐれな日々

 先週に続いて、重い気分で記事を書かざるを得ない週の初めとなった。まるで、日本の日曜日の朝を暗くすることを狙ったかのような「イスラム国」(IS)によって、湯川遥菜氏に続いて後藤健二氏も殺害された。心からお二方のご冥福をお祈りする。

 このブログと『kojitakenの日記』とを通じて、私は「テロは言語道断だ」とは意識的に書かずにきた。そんな当たり前のことをいちいち断らなければ文章を書けない空気を作る片棒を担ぎたくなかったからだ。だが、事件が大きな区切りを迎えたので、今回はその当たり前のことを断っておく。いかなる理由があれ、テロが許されないことは当然だ。

 ただ、一部に蔓延している下記の主張にははっきり反対しておきたい。その主張とは、「今は政府の対応を見守るべきであって、政府批判はテロリストを助けるだけだ」という主張だ。私が『kojitakenの日記』に書いた一連の記事も、「似非サヨクのなんやらかんやら」などと非難された。とんでもない話である。

 今回はたまたまテロリストに拘束されたのは2人だけだったが、これが何人も、何十人もの人質がテロリストに拘束されていて、人質解放の交渉が五月雨式に行われているとしよう。その場合、上記の理屈に立てば、全員の人質が釈放されるなり全員殺されるなり、あるいはその中間の結果になるなりして事態が最終的に確定するまで、国民は政府批判が何もできなくなってしまう。そんな馬鹿な話があるかと声を大にして言いたい。

 湯川遙菜氏については、24日に既に最悪の結果が出た。このタイミングで、湯川氏を救出するために政府が何をやったか、何をやらなかったのかを総括すべきであるのは当然である。しかし、湯川氏が殺害されたあと後藤氏が脅迫された状態だけが継続した時、湯川氏の死はろくに語られずに放置された観すらあった。果たしてそんなことで良かったのか。

 思い出すことが1つある。それは、4年前の東日本大震災の翌日、日本中を震撼させた東電原発事故のことだ。私は、原発の炉心溶融が懸念される事態になるや否や、直ちに東電批判の声を挙げたが、国民の多くはあれほどのおおごとになるとは思わなかったのか、「今は東電批判を控えて、東電の対応を見守るべきだ」という批判を受けた。私はその時、「何を言うか、今東電を批判せずしていつ批判するのか」と応じた。その後、東電の初動に大きな問題があったことがわかり、原発事故勃発の一報を知るや否や直ちに東電を批判したことは間違いではなかったと思った。

 今回もそれと同じである。湯川遙菜氏については、24日に明白な結果が出たのだから、後藤健二氏の拘束への影響を意識しながらも、最低限の安倍政権批判は必要だったと思う。そして、後藤氏についても最悪の結果が出た今は、後藤氏が拘束された昨年10月末以来、いや、湯川氏が拘束された昨年8月以来、安倍政権は何をやって何をやらなかったのか、厳しく検証される必要がある。

 もっとも、その検証が今回の記事のメインテーマではない。そのような検証であれば、適任者はいくらでもいて、良い記事を書く人が出てくるだろう。私にはその能力はないので、そのような記事の出現に期待したい。

 今回の記事の主題としたいのは、前回の記事の最後に触れた、自己責任論と「村八分」あるいは阿部謹也流の「世間」との関係である。

 前回の記事を書いたあと、ネットを見回してみると、「自己責任論」に対して、私がやったような「『村八分』あるいは阿部謹也の言う『世間』だ」という指摘の他にも、いろいろな「自己責任論」批判が見られた。批判者の中には、新自由主義的主張で知られる人たちも少なからずいた。たとえば、ビッグイシュー・オンライン編集部がまとめた「日本のおかしな『自己責任論』に対するたくさんの反論」の冒頭にある、finalvent氏のTwitterもその例だ。

 2004年のイラク人質事件の時とは状況が違う。あの頃は、読売新聞やその系列のテレビ局が、狂ったように「自己責任論」を連呼していた。適当な検索語でネット検索をかければ、当時の読売(産経も同様だったが読売はよりひどかった)の狂った記事の数々に今も接することができる。当時はナベツネ(渡邉恒雄)が今と違って元気だったから、ナベツネ自らが書いた狂った社説もあったかもしれない。読売系のメディアでは、大阪・読売テレビのニュース番組のキャスター・辛坊治郎がひどかった。その辛坊がのちの2013年に、ヨット太平洋横断中に遭難して救助されたあと、過去のイラク人質事件における「自己責任論」を蒸し返されていたことが思い出される。

 今回も、主にネトウヨが湯川・後藤両氏に浴びせた「自己責任」の罵声はすさまじかったが、読売は、自紙が応援する安倍晋三が抱いているであろう「テロとの戦い」による集団的自衛権行使の野望に配慮してか、10年前のような「自己責任論」は唱えていないようだ。現在の読売の真意がどこにあるかも問題だが、かつてネトウヨの「自己責任論」を、世界最大の発行部数を誇るといわれる読売新聞が大々的に煽ったことは今なお問われるべきだし、そもそもあの時は小泉純一郎が率先して「自己責任論」を唱えていた。その小泉は、イラク戦争に加担した責任を未だに総括していない。そんな小泉が、「脱原発派」に転じたからと言って嬉々として歓迎した一部の「リベラル」ともども、改めて批判されるべきであろう。

 湯川・後藤両氏に浴びせたネトウヨの「自己責任論」について言えば、「イスラム国」が湯川氏を殺害したあと、要求を後藤氏とヨルダンに収監されている死刑囚との交換に切り替えると、ネトウヨは今度は「ヨルダンに迷惑をかけるな」と言い出した。だが、実際にヨルダンに迷惑をかけたのは「イスラム国」であって、後藤氏ではなかった。ああいう言いぐさを見ていると、ネトウヨこそテロリスト集団である「イスラム国」の最大の応援団ではないかと、厭味の一つも言いたくなった。しかも、「人様に迷惑をかけるな」と聞くと、いかにも日本のイエ的あるいはムラ的な物言いと思わせる。おかげで、「自己責任論は『村八分』あるいは阿部謹也流の『世間』の論理」だという私の仮説の確からしさにますます確信を強めてしまった。

 自己責任論はこれくらいにして、テロへの対応の件に移るが、今回の人質事件を通じて改めて思い知らされたことがいろいろあった。たとえば人質の奪回について、米軍がイスラム国に拘束されたヨルダン軍のパイロット、ムアーズ・カサースベ氏の奪回作戦を1月2日に行ったものの失敗したことを知った。手練れであろう米軍を持ってしても、軍事的手段による人質奪回はうまくいかなかったのだ。安倍晋三は自衛隊に実力で人質救出作戦を実行させたくてたまらないようだが、非現実的であると断定せざるを得ない。それに、実力での人質奪還のような、自衛隊員をリスクに晒すことは、「自己責任論」に凝り固まった、安倍晋三最大の応援団であるところのネトウヨが許してくれまい。

 この場合の安倍晋三の「テロとの戦い」とネトウヨの「自己責任論」の齟齬はたまたまで、両方とも間違っているとしか言いようがない。安倍の「テロとの戦い」など、さらなるテロを生み出すだけである。安倍晋三が会見を拒否したと伝えられる後藤健二氏の母親・石堂順子さんも「悲しみが『憎悪の連鎖』となってはならないと信じます」と語った。しかし安倍晋三は石堂さんの気持ちを踏みにじるかのように、テロリストに「罪を償わせる」と吼えた。

 しかしここは、2013年のシリアのアサド政権攻撃、2003年のイラク戦争、1991年の湾岸戦争(第1時イラク戦争とも)やそれに先立つ1990年のイラクによるクウェート占領、さらにはイラン・イラク戦争でアメリカがイランを叩くためにサダム・フセインという怪物を育てた80年代に遡ってそれ以来の歴史を概観し、ここ30年あまりの間にアメリカが中東で何をやってきてどういう結果に終わったかを思い返すべきである。深く考えるまでもなく、アメリカがずっと行ってきた軍事力に頼った方法は成果を挙げるどころか現地に混乱と不幸を招いただけだったことは明らかだ。

 日本にはかつて、特に田中角栄内閣時代に起きた第4次中東戦争が思い出されるが、アメリカとは一線を画した中東外交を行ってきた実績があった。私は孫崎享や「小沢信者」が言うような、「田中角栄はアメリカの虎の尾を踏んで失脚した」という陰謀論は退けるが(図に乗った孫崎は、その後岸信介や佐藤栄作をも賞揚するという言語道断の挙に出た)、当時と比較して、小泉純一郎や安倍晋三が、自ら日本をテロの対象にしてしまう愚かな選択をしているとは確かに思う。

 第二次安倍内閣の最初の頃は、安倍晋三は中国や韓国との関係を悪化させる方向にばかり走って、それがアメリカの不興を買っていた。安倍晋三はその一方で、オバマにシリア空爆の支持を表明するよう要請されたが、首を縦に振らなかったと報じられた。2013年9月のことである。

 当時私は、安倍晋三は中東にかかわるより中韓と喧嘩したいのかと思ったが、安倍晋三というのも結構コロコロ方針を変える人間である。安倍政権の円安誘導政策の影響もあって、昨年(2014年)は中国から日本を観光に訪れる人(主に富裕層と言われる)が急増した。日中関係はまだまだ悪いとはいえ、日中戦争にアメリカを巻き込むという、かつて石原慎太郎が熱望したシナリオは、どうやらアメリカの協力が望み薄のため実現不能として棚上げになっている気配を感じる。

 そういえば、昨年の総選挙について、「リベラル」派のブロガーの中には、安倍晋三のお仲間である次世代の党が惨敗したのは安倍にとって大誤算だったなどと書いている人がいた。しかしそれは間違いである。次世代の党の政党支持率や過去のたちあがれ日本の参院選における得票のデータなどが頭に入っていれば、次世代の党が2議席しか獲得できないことなど容易に予想できるし、現に私は昨年11月21日に『kojitakenの日記』に書いた「石原慎太郎が実は『落選確実』であることに今頃気づいた(恥)」の中で、

つまり、次世代の党で衆院選の当選があり得るのは、平沼赳夫と園田博之のたった2人しかいない。現時点における次世代の党の予想獲得議席数は「最大2議席」なのだ。

と断言したのである。

 その後、マスコミの調査で次世代の党に投票すると答える人が増えてきたり、同党が田母神俊雄を担ぎ出したりしたので、少々弱気になって予想議席を「2〜5議席」に後退させたが、蓋を開けてみると「平沼赳夫と園田博之のたった2人だけの当選」という一番最初に書いた予想がもっとも正しかった、というよりドンピシャだった。私にしてみれば、次世代の党の実力(平時の政党支持率)通りの結果が出たという感想である。

 以上に書いた、素人の私にさえ容易に見通して予想を的中させることのできた次世代の党の惨敗は、当然プロの政治集団である自民党も予想していたはずである。私はもともと、総理総裁が平沼赳夫に思想信条の近い安倍晋三だから、次世代の党は自民党に吸収されて、各候補は選挙区は既に埋まっているから無理としても、比例代表の候補として処遇されるのではないかと予想し、これを恐れていた。しかし自民党はそうはしなかった。私が内心ほくそ笑んだことは言うまでもない。

 これはつまり、自民党は次世代の党のような、というより石原慎太郎が持論としていた対中国の冒険主義的路線を受け入れないと決断したのだと私は解釈している。孫崎享の言い方を借りれば、安倍晋三の外交スタンスが、2013年にシリア空爆支持を見送った頃のような「自主独立」路線から、小泉時代のような「対米従属」に回帰したといえるかもしれない。それには、中韓との衝突はアメリカが許さないけれども、中東の「テロとの戦い」への参加には、アメリカは大歓迎であるという事情もあるのではないかと思われる。

 安倍晋三が石原慎太郎をどう思っているかは知らないが、平沼赳夫を極右思想を共有する同志として敬愛していることは間違いないと思う。しかし、総裁の権威を持ってしても、次世代の党を仲間に引き入れることはできなかった。あるいは安倍自身、次世代の党を引き入れるつもりなど最初からなかった可能性がある。どうせ平沼赳夫自身の当選は堅いのだから、その他の有象無象は必要ないと安倍が考えても不思議はない。

 そのいずれの場合にしても、次のことだけは絶対に間違いないと断言できる。それは、安倍晋三は次世代の党の惨敗にショックなど全く受けていない。当然その結果を予想していたはずだということだ。

 そして、安倍は欧米とともに「テロとの戦い」に参加する気満々だ。もっとも、自民党の政治家の多くは、「テロとの戦い」のために自衛隊を中東に送ることには消極的だと聞く。もちろんそれが正常であって、異常なのは安倍晋三の方である。

 今回、湯川遥菜・後藤健二両氏を救出できなかったことを含めて、安倍政権が国民の命を守ることなどできないばかりか、むざむざ自らの手で国民の命をリスクに晒す無能な政権であることがはっきりした。

 この政権は絶対に倒さなければならないと言いたいところだが、残念ながら安全保障問題でこの政権が倒れる期待は薄いように思う。政権が倒れるとすれば、経済政策に行き詰まったあげくということになるのではないか。現在の日本国民に、安全保障問題で安倍政権を倒せる力があるとはあまり思われない。だからといって政権に抗うのをやめるわけにはいかないけれども。
関連記事
スポンサーサイト

テロは許さないというが、中東では、毎日のように米欧の連合軍による爆撃が行われており、 そのせいで、女性や子供を含む多くの民間人が殺されている。 イスラム国からしてみれば、それに対抗しているだけでは?

そもそも、米欧が(主に石油)利権と、軍需産業の利益のために、 中東に自ら火種を作り、それが消えないように油を注ぎ続けている。 現地の人はそれに屈するか、異をとなえて反抗するかのどちらかしかない。 理不尽なことには反抗するのは当たり前なことである。

その理不尽な欧米が、理不尽な空爆を行って、自分の妻子や家族を殺している。 やられている立場からしてみれば武器を取って立ち向かうのは当然のこと。

ブログ主さんご言うように、安倍日本は空爆をおこなっている勢力に金を提供することを世界中に公言し、有志連合の虐殺に参加している。 彼らの怒りの対象となるのは当たり前である。

イスラム国に対してはトルコの態度こそが真に、中立で公平であると思う。
日本もトルコを見習って、イスラム国を攻撃することに手を貸すことをやめるべき。

2015.02.02 19:01 URL | 藤田 #- [ 編集 ]

まず自己責任ですがご丁寧に海外メディアも注目してて、BBCに至っては電波外国人愛国タレントのデヴィ夫人「自決してほしい」とその反応(FBでいいね!11,000オーバー)まで取り上げて記事に書いていて、頭がくらくらしています。
http://www.bbc.com/news/world-asia-31079369

それから案の定というか、安倍の昨日(2/1)の声明が問題となっていますね。
わざわざ「償わせる」などと原案に自ら手を入れ書き加え、それが外務省HPで英訳文UPされる前に、海外メディアが伝えたと。
欧米メディアのみならずトルコのメディアでも
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561804652355022848
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561943475474546688
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561946347335454720
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561948014969765888
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561952119700611072
https://twitter.com/VillaVerde_Ant/status/561953530182111233
「報復を誓った」「代償を払わせるつもり」といった言葉がニュースで流れ、google検索で(現在は)192,000件といった状況になっていると。
最後のツイで「トルコ人は気軽に誓うと言っておいて、後で約束反故にするから」とおっしゃってますが、問題はこれがどれだけトルコ語圏以外で参照されているかってことですね。

で、一方読売は今朝の朝刊3面で「救出かけた首相 検証人質事件 政府 苦渋対応実らず」とヨイショ記事書いてます。
https://twitter.com/asazaiijima/status/562061535623651328
まぁトルコは現在人質抱えておらず、だから人質抱えているヨルダンに対策本部立てたってのが言い訳ですが(呆)、この中で勇ましい安倍ちゃん演出したいのか、上記自ら「償わせる」を書き加えたってのが、書いてあります。

さすがに支援も手薄となる海外で自衛隊による人質奪還作戦なんて、ランボーかゴルゴ13にしかできないことは明白で、昨日は菅ほか火消しに躍起となっていましたが、とにもかくにも安保法制整備、集団的自衛権行使に向けて、「ふとどきで政府に迷惑かけたやつでも救ってくれる安倍ちゃん素敵!」てな論法で政府も御用メディアも押し通すつもりなんでしょう。きっと。

で、読売や産経が自己責任論自粛したのも連中にとってはいらぬ心配だったかと思うほど、国民の多くが忌憚なく言えばバカもしくは考えるのも面倒といったことなんじゃないかと。
06年山本一太と甘利明がテレビの政治バラエティ番組で「イラクの場所は?」と聞かれて山本が地図上でシリアを指したり、甘利も答えられなかったことが、嘲笑を浴びたわけですが、現在は安倍がNHK日曜討論(1/25)でダーイッシュ(IS)がイラク生まれであることすら知らずにテロとの戦いとか吠えてたことが、まるでメディアも問題視してないわけですよ。

あんだけ自己責任論が幅利かせてたツイッターやヤフコメでも今度は日本男児がどーのってな勇ましい連中結構目にしますから、政府にとってはチョロいもんでしょう。
リアルでは考えるの面倒な(経済状況が心配で)それどころではない人がこれからどんどこ増えてきますしね。
不動産、流通小売、とうとう新車販売台数まで悲惨な状況になってきていて、http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL26HNC_W5A120C1000000/
http://www.jada.or.jp/contents/data/hanbai/brand01.html
そこへきて世界経済全体が低迷期に入ってきている中、日銀は1月だけで単月過去最大となる3,443億円ETFに放り込んだと。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/market/post_83427/
官制相場で株価維持したいといっても、黒田総裁が円高容認したかのような発言もあったようですので、思いのほか早く外資に仕掛けられるか、それとも世界同時株安みたいな奈落の底の状況が待っているか、いずれにせよろくなことにはならないでしょう。

2015.02.03 00:03 URL | white noise #- [ 編集 ]

むむう。見事な状況整理であり、冷徹な観察眼の持ち主である。
ネトウヨの他人様論は、横着者の私だが、あべさんの作品を読みたいと
思わせる書きぶりである(笑)。
それはそれとして…。
今回は次世代などについてコメントしたい。
奴らの意義とは、維新ともどもだが
安倍晋三を紳士に見せるための汚れ役であり、民意をよりましな(笑)自民党に落ち着かせようとする誘導弾的なものである(あった)。
思想面での囲い混みとしての次世代であり、経済『改革』面でのそれが維新である。
プロの政治家たちならずとも、日々
の政党支持率などを見ていたら、あの社民党にすら殆どの回数で負けている石原系の政党で、どこをどう押せば数議席も比例で稼げるというのか?橋下なしでは単なる立ち上がれであり(笑)、慎太郎以外TVを使えるキャラはいない。その慎太郎も自爆発言を選挙時にやってしまい、コアな支持者を覚めさせてしまった。
はなから勝つための集団ではないことは本人たちは痛いほど理解しているはずだ。やむなく成り行きで活動している訳あり集団(笑)。
そんな彼らのレゾンデートルとは何か?捨て石である。ちょうど電車の中吊り広告なり、本屋の平積み雑誌と同じく、極右思想を日常化させることで、大衆の抵抗感を弱めることにある。そうして、過激でロマンティックな奴等より、現実的な安倍晋三に安心して投票させようというわけだ。
先の総選挙中の橋下は、これをアベノミクス礼賛で見事にやってのけたと言えよう。
報ステで隣に座る安倍晋三には一度と質問せず、これでもかこれでもかとばかり海江田や志位に悪罵を浴びせかけていた(笑)。
勝ち馬に乗ることで出血を抑えたのみならず、過激、粗暴な維新よりも
とりあえずやっぱり自民党だろと有権者を誘導する役割である。
メリットは何か?
石原には見果てぬ夢というロマンであり、橋下には八方塞がりな大阪都計画の政府支援である。
奴はかの番組で、一度だけ大阪の自民党がと、早口の批判をした。わすが三秒もなかったが(笑)、中央の同好の士に温を売って事態を打開したい魂胆、ありありだった。
次世代が壊滅したと喜べる状況では全くないのだ。
内容には全く違いはないが、見た目で違うというだけ。
自民党をよりましな保守勢力と思わせることには見事な成果を上げたではないか。そしてカジノに例を見るまでもなく、やれ定数削減だの、やることなすこと安倍晋三ウハウハの提案を連打するのは橋下(江田)維新である。
小選挙区で長年勝ち残ってきた議員どもがなんで定数削減などやれようか(笑)?おとしどころは比例削減であろう。
こんな民意をぶち潰す改革に血道をあげるのは、こやつらのみならず!
小沢一郎や民主党…度しがたい小選挙区ジャンキーだ。
あいも変わらずどす黒い現実を直視せず、自共対決と騒ぐ共産党も、いずれは合法的に縮小させられよう。
とりあえず、まとまりなくもここまでで(笑)。

2015.02.03 15:27 URL | 社民リベラリスト #8yJualJs [ 編集 ]

安倍は次世代の党より公明党を選んだ。
維新も公明党が頼りなので石原グループと別れた。
ただそれだけのこと。
現状をみていると、他には何もないと思うのだが。
そして安倍は維新よりも公明党を重要視するだろうし、今もそうしている。
何より安定した集票マシンを手に入れられるからね。
構造改革路線にも頭から反対はしない政党でもあるし。

2015.02.04 10:01 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

面白いことに
「テロリストのやった事は許せん」
「例えどんな理由があってもテロは正当化されない」
などという至極“当たり前”の事を一々前置きしている人がリベラルを自称する人々にも結構見受けられるんですよね。
こんな状態になっているのは(あくまで推測の域ですが)、そうでもしなければ、所謂“テロ擁護派”呼ばわりをされるからではないでしょうか?
政権批判どころか、酷いものだとISとの対話を主張したり、政権のミスを指摘しただけで、「親テロリスト」などとレッテル貼りをする奴らを見ていると、十分過ぎるほど有り得ると思います。
そもそも、「政権批判=反日、テロリストを利している」なんてそれこそ9.11直後にブッシュ一味がとった手段とどう違うのでしょう。


2015.02.04 18:08 URL | 辛すぎる #- [ 編集 ]

その原発事故の時、読売や産経は、
「今は政権批判する時ではない。一刻も早く事態を収拾するために一丸となるべきだ」
と書いたでしょうか?

私の記憶では菅政権批判一点張りだったように思うのですが…。

2015.02.07 01:36 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

まあ何をやっても人の命は二度と取り返せないですけれども、これからイスラム国に対してどういくか。
強硬的に行くのか妥協的に行くのかというところですが、妥協的に行くとしても、どのようにイスラム国をなだめていくのか、それが難しい気がしますね。

話がそれますが、安全保障に関しては、アジア重視かアメリカ重視か、強硬的か妥協的か、その選択が難しいと聞いています。
僕はアメリカとの同盟を大事にしつつアジアとも融和的にやっていく
・・・というのが持論ですけど、そういう意味では僕の考えは岡田克也氏に近いかもしれません。

2015.02.07 14:26 URL | SPIRIT(スピリット) #Bcjh3QfU [ 編集 ]

私は、今回の政府対応を全面的に支持します。ダッカハイジャック人質事件以来の 「日本は脅せば金を出す国」(又は人質交換に応じる国)というイメージを完全に払拭しました。要求拒否は、いろいろな国内世論がある中で、そう簡単にできるものではありません。民主党が政権政党だったら、このような対応ができたと思いますか?国会で、細野・枝野、?小池晃、辻元清美などなど、頓珍漢な事を言ってくる議員を説得するのに安倍首相は、多大なエネルギーを費やされました。特に辻元清美の 「イスラム国は人道支援拠出とは思っていない??」などの質問にはあきれました。(事実はイスラム国の声明文の中でも人道支援を認めています。)


検証、検証と声高に叫ぶ。(検証を否定するのか!と言われると一般的には反論できないので)・・・・そして100パーセント適切でなければ大きく取り上げて世論を引き寄せようとする・・・。しかし、ほとんどの国民が合格点を与えているのですから、個人的にはもっと建設的な前向きな議論をして頂きたいです。

それから、原発事故対応の時の政権批判と今回の卑怯な誘拐テロ事件対応とを同列に扱おうとするコメントがありましたが、みなさん、よく考えてみましょう。

原発事故は、地震・津波による自然災害が原因です。管直人首相を困らせてやろう、と自然が考えたわけではないですね。一方、今回のテロ事件は、人道支援をした安倍首相(及び日本国)を困らせてやろうとして実行されたものですね。莫大な金銭、人質交換、それがダメなら安倍政権にダメージを与える、どれか一つでも達成できればいいと考えているのです。左翼の人々は、まんまと罠にかかってしまっています。日本国民一丸となって安倍首相を守っていきましょう。


PS 識者の意見として、池内恵氏の「”日本人の心の内”こそ彼らの標的だ」http://hon.bunshun.jp/articles/-/3260

佐藤優氏の ユーチューブ  「恐怖宣伝に手を貸すな!日本の人道支援は効果的」 http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594


佐藤氏のほうは、you tube動画なのですが、発言のポイントは、「日本の人道支援がなかったら、現地は負のスパイラルに陥る」 という点です。なぜか日本では、「金銭的人道支援がなければあの地域がどうなってしまうのか?」という議論が全くなされていません。一国平和主義なのか?世界から孤立すべきなのか?それはダメですよね。マスコミの論調は、安倍首相の評価を落とすためではないか?と勘繰りたくもなってきます(笑)。世界の国々は安倍政権(安倍日本国)を支持しているのです。

2015.02.07 14:30 URL | zappo #- [ 編集 ]

いや、まさか池内恵のような典型的東大話法の見本とまで安富歩氏に指摘されている右派論壇の常連であり、外務・防衛省御用学者さんを援用されて、安倍を支持する方がいらっしゃるとは・・・すみませんがウケました。
ちなみに池内は日本中東学会会長、栗田禎子氏や臼杵陽氏にボロクソに批判されてますな。もし必要だったら安富歩氏の批判ともども改めてご紹介しますよw

kojitakenさんが日記の『日本人人質殺害事件で嘘に嘘を重ねる安倍政権』
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150206
で援用されているTVディレクター、toriiyoshiki氏のブログ記事『国家が嘘をつくとき』
http://toriiyoshiki.blogspot.jp/2015/02/blog-post_4.html
をご一読ください。

補足しますと

1.昨年9月のシシ・エジプト大統領との会談で「空爆にてISを殲滅することを支持する」と発言して以来、1月20日脅迫ビデオUPされるまで、一体人質救出のため何を政府はしていたのでしょうか?
湯川氏が行方不明となったのは8月、ISが湯川氏の裁判のためイスラム法学者中田考氏、ジャーナリスト常岡浩介氏を招聘したのが9月初旬、有志連合の空爆その他で面会かなわず、帰国後2人は外務省に連絡、しかしその後2人に外務省からの連絡はなかった。

2.政府は11月には後藤氏が拉致されたことを把握、12月3日には妻宛てメールにて20億円の身代金を請求されたことも把握。対策本部をヨルダンのアンマンに立て、しかし1月20日まで増員は無しだった。

3.1月安倍の中東歴訪、問題となった(安倍が自ら推敲したと明言した)2億ドルの資金援助演説については産経あたりが、やれ脅迫ビデオのバックで英語で人道支援~とか言ってますが、
「ISの脅威を食い止めるため、ISと闘う周辺各国に」としており、利敵行為とみなされるわけですよ。もうね、産経とか愛国電波の芸風にはあきれ返りますよ。
なお、安倍はわざわざイスラエル国旗の下でISを非難、「テロには屈しない」と発言、その後岸田や内閣官房参与が「テロリストとは取引しない」を英国で、あるいはアルジャジーラで発言し続ける。

等々がありまして、結果両氏は殺害されたわけですが、なぜ有志連合に加わりながら直接の武力行使(空爆)には参加せず、49人もの人質を解放した実績のあるトルコに本部を立てなかったのか、あるいはいつから情報連絡とっていたのか?
トルコの外相は共同通信単独インタビューで人質の居場所を情報機関が把握した、日本政府に伝えたと答えていますよ。
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020501001964.html
安倍は20日までどこの誰に誘拐されたか把握していなかったと、国会で明言しましたが一体誰がどこで何やってたんでしょうね、20日まで。そしてその後もバカの一つ覚えの「テロには屈しない」だけで。

ちなみに「テロとの戦い」に参加しているフランス、スペインも人質解放されてますし、米英人のみISには殺されてますが、そのアメリカ政府はタリバンとは交渉して人質交換していますよね。
「タリバンは反政府武装勢力、ISはテロ集団」だからというのが、アメリカ政府の言い分でしたが、欧米メディアは失笑してましたね。

それと7日(土)のTBS『報道特集』では中田考氏が23日深夜、ISから「日本政府の音声メッセージを訳してくれ」と連絡が来て、実際にテレビでも流れましたがヨルダンに避難しているシリア特別臨時大使代理が日本語で「日本政府代表。誤解だ、日本は人道支援だ」と言ってましたな。
「イスラム国ですら人道支援だと言ってる」と見事に矛盾しますね。
中田氏は首相や外相ではない、代理大使では誤解されるとして返事をせず、すぐに外務省テロ対策室に連絡したと言ってましたよ。しかし、外務省からはその後も連絡無しと。
ちなみに報道特集が外務省に取材したところ、音声は本物、どう扱ったかは答えられない、だそうですよ。

まったくねぇ。とっとと本気で情報収集し「誤解を招きかねない」中東歴訪など中止して、トルコに対策依頼してれば、2人はむざむざ殺されずに済んだのではないですか?
そして身代金だって20億円を十分ネゴできたのではないですか?
他国同様、払ったと明言しなけりゃ良いだけのことではないのですか?

池内恵が日本は歴然として西側だとか言っても、先に述べたようにその西側だって対応はまちまち。
「神の法に支配される社会」と「人間の法に支配される近代社会」が殺し合いやって「人間の法に支配される近代社会」とやらが、絶対勝利を収められるんですか?一般市民巻き添えにして。アサドやネタニヤフの残虐非道には目を瞑り、ISを殲滅すればテロはなくなるんですか?
しかも池内本人も認識しているように、現在のテロは離合集散とネットを介しての増幅・拡散。どこでいつ何が起きるかわからないわけですよ。
だからこそ、リスクを最小限にとどめるためにも(中東ではイスラエルにもパレスチナ、あるいは湾岸諸国にもイランにも良い顔できる等の)全方位外交、軍を持たない平和国家のイメージが大事なんでしょうが。
それを一国平和主義とか愛国電波そのものの言い草ですな。
まったく西側はいつも同じで一塊なんて、どんな冷戦思考なんだよって本当にアホクサ。

「日本は変わった」とか自分で勝手にリスク大国に変えようとしている安倍なんぞに同調して支持するいわれはまったくありませんな。

最後に元ミサイル防衛隊の自衛官による池内恵批判をプレゼントしておきます。
https://www.facebook.com/norikadzu.doro/posts/430217410462429

2015.02.08 00:47 URL | white noise #- [ 編集 ]

一つ忘れてました。

>原発事故は、地震・津波による自然災害が原因です。管直人首相を困らせてやろう、と自然が考えたわけではないですね。一方、今回のテロ事件は、人道支援をした安倍首相(及び日本国)を困らせてやろうとして実行されたものですね。莫大な金銭、人質交換、それがダメなら安倍政権にダメージを与える、どれか一つでも達成できればいいと考えているのです。

いやぁ、爆笑させていただきました。さすが池内信者さん、「津波による全電源喪失なんてない(キリッ)」を安倍が言ったことを忘れさせようとして、きちんと対策していれば防げたはずのイチエフ事故と菅直人を持ってくるなんて、芸が細かいw

ウケたので『福島第一原発事故 津波評価と吉田昌郎元所長』
http://togetter.com/li/713577
というまとめをご紹介しましょう。
かの吉田所長は菅直人に「発言する権利があるんですか」とか何やら安倍が海水注入の件でデマ飛ばしやったのと同様なことを言ってたわけですが、果たして彼は英雄だったのか?
非常に興味深いのでご一読を。

なおこのまとめに登場する添田孝史氏は科学ジャーナリストで国会事故調調査員も勤められましたが、岩波新書『原発と大津波』を昨年上梓されてますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004315158/togetter06-22/ref=nosim/
アマゾンのレビューも興味深いのですが、
http://togetter.com/li/747557?page=1
こちらの読後関連まとめでは、最後のほうに内部溢水問題にもさりげに触れられています。
彼は内部溢水問題も取材しているようなので、いずれ日の目を見ると良いけどな、と思っています。

2015.02.08 01:50 URL | white noise #- [ 編集 ]

white noise様へ
貴方のコメントの真意が、よくわかりません。「安倍首相と日本の外務省に対する不満をぶちまけたい。」といったところでしょうか?私のコメントに対する直接的な批判は、あるような無いような・・・(一部、私のコメントの引用部分がありましたので、それはまた後ほど)。もし批判があるのであれば、私の述べた文章に基づいて批判や反論をお願いします。

池内恵氏に嫌悪感を持たれているのは、理解しました。「”日本人の心の内”こそ彼らの標的だ」という意見は、何も池内恵氏の専売特許ではありません。日本国を愛する人たちは、かなりの人がこの意見です。私も自分の意見が、たまたま池内氏のURLのものと一致したから紹介しただけで、私を池内恵信者だ!と決め付けるのは滑稽なことです。(池内氏がどのような人物かは、ほとんど関心がないので、URL全ては見る気がしませんでした。)

まあ私が自分の言葉のみで語ればよかったのかもしれませんが、一方の佐藤優氏の意見はどうですか?こちらは、もともとは自分で意識していなかったことが佐藤氏によって気づかされました。貴方も日本国の人道的支援が無かったならば、あの地域がもっと悲惨なことになってしまう・・と、そう思いませんか?それともそれを考えると安倍首相の評価を高めることになるから目を瞑りますか?


>補足しますと・・・・・・以下3項目など

これらは、貴方の言葉でもって、安倍首相と外務省の対応に問題があった、と主張するための部分ですね。基本的には無視するつもりでしたが、少しだけ反論しておきます。

2015.02.08 23:37 URL | zappo #- [ 編集 ]

あの人がすっかり安倍信者の正体を現してきました。

私は「俺にネトウヨのレッテルを貼るな!」と叫ぶ人と何度も論争したのですが、議論が続けば続くほどその相手のネトウヨ本性が顕わになっていくのです。私の知っている限りでは例外はありませんでした。

>世界の国々は安倍政権(安倍日本国)を支持しているのです。

笑いました。
それは「イスラム国には与しない」という意味でしょう。そんなのどこの国だってイスラム国なんて擁護しませんよ。普段は日本にきついことを言ってくる韓国だって日本人人質が殺害された時など激しい口調で非難していましたからね。
問題は「他の国は人質解放にこぎ着けている例も多いのに、なぜ日本はそれができなかったか?」ですよ。これについて海外の論調なんて関係ない。当事国でもないのに、交渉事の内容に支持するだの支持しないだの、口を挟むわけがないじゃないですか。

2015.02.08 23:37 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

>1月20日脅迫ビデオUPされるまで、一体人質救出のため何を政府はしていたのでしょうか?

憲法9条、貧相な情報機関、野党に考慮して不十分な完成度の特定秘密保護法・集団的自衛権等々・・・。難しい問題がありますね。安倍政権が左派的性格の政権ならば、貴方のような言い方もされてしまうでしょう。しかし左派勢力に遠慮して戦後レジームからの脱却をさせてもらえていない、という現状では本当によくやっている(又は仕方がない)と思います。

>政府は11月には後藤氏が拉致されたことを把握、12月3日には妻宛てメールにて20億円の身代金を請求されたことも把握。

早い段階でわかっていたら、政府の責任となるのでしょうか?民主党が政権だったら、このようにやったのではないか?ということを述べてみてください。私は、わかっていても誰もどうすることもできなかったと思います。

>1月安倍の中東歴訪、問題となった(安倍が自ら推敲したと明言した)2億ドルの資金援助演説については産経あたりが、やれ脅迫ビデオのバックで英語で人道支援~とか言ってますが、

産経だけが人道支援だと言っているのだ、と言いたいのでしょうか?朝日新聞は、2億ドルの援助をいったい何目的だと報道しているのでしょうか?まさか、また捏造報道をしているのですか?

>ちなみに「テロとの戦い」に参加しているフランス、スペインも人質解放されてますし、

裏交渉でお金が払われているからですよ。わからないようにして払え!と貴方は仰るのですか?

>「日本政府代表。誤解だ、日本は人道支援だ」と言ってましたな。 「イスラム国ですら人道支援だと言ってる」と見事に矛盾しますね。

改めて、「日本は人道支援だ」いうことを強調するのは当たり前のことではないでしょうか?これを矛盾と考える人がいたとは驚きです。

>とっとと本気で情報収集し「誤解を招きかねない」中東歴訪など中止して、トルコに対策依頼してれば、2人はむざむざ殺されずに済んだのではないですか?

中東歴訪を中止する、ということの意味をよく考えてくださいね。欧米諸国は日本よりも情報では進んでいます。日本国が日本人人質を取られた状態で、テロに屈するかどうかは欧米から注視されていた、ということを理解してください。トルコに対策依頼(本部を置く)は飯島参与も主張していましたね。いろんな選択肢を検討はしています。”たられば”論で全く無責任な発言はダメですよ。

2015.02.08 23:44 URL | zappo #- [ 編集 ]

>「神の法に支配される社会」と「人間の法に支配される近代社会」が殺し合いやって「人間の法に支配される近代社会」とやらが、絶対勝利を収められるんですか?

ここは私と少し共通の感覚があるのかな?と思いましたが、それは、「欧米諸国とイスラム諸国」 という事においてです。今回はイスラム諸国ではなく狂気の暴力集団でイスラムと名乗ることすらおかしな団体なのですよ。


最後に、唯一、私の言葉を引用して発言されていた部分について述べます。


>>原発事故は、地震・津波による自然災害が原因です。管直人首相を困らせてやろう、と自然が考えたわけではないですね。一方、今回のテロ事件は、人道支援をした安倍首相(及び日本国)を困らせてやろうとして実行されたものですね。莫大な金銭、人質交換、それがダメなら安倍政権にダメージを与える、どれか一つでも達成できればいいと考えているのです。
>いやぁ、爆笑させていただきました。さすが池内信者さん、「津波による全電源喪失なんてない(キリッ)」を安倍が言ったことを忘れさせようとして、きちんと対策していれば防げたはずのイチエフ事故と菅直人を持ってくるなんて、芸が細かいw


さっぱり意味がわかりません。あなたの反論が、飛び入りの凡人さんの助けになったかどうか、飛び入りの凡人さんによって私の説明に対して反論してもらったらいいのではないでしょうか?(おそらく何の援護にもなっていないでしょう。) 飛び入りさんご本人も失言だったと今では感じられているのではないでしょうか?原発問題の詳細な話に焦点を持って行って、「自然が犯人・テロ集団が犯人」という問題の本質を隠そうとしているのがはっきり感じ取れました。


それともう一つだけ・・・・・、貴方の意見は、安倍首相・外務省批判ということは分かりました。私は安倍首相支持ですが、貴方は、具体的に野党のどの議員の意見が一番しっくりくるのですか?共産党の池内さおり議員(或いは小池晃)ですか?それとも山本太郎議員ですか?なんとなく辻元清美?のように感じますが、どうなのでしょうか?

2015.02.08 23:49 URL | zappo #- [ 編集 ]

>zappoさん

まずは必要に応じて金を払って人質解放することは、当然ありですよ。
ご質問でしたので改めてお答えしますが。

そらそうと戦後レジームからの脱却ですって?
全面的に安倍を支持するとした人の正体ばれましたな。
1/20まで日本政府さえ何の対処もしていないと評されても仕方のない状況の中で、ましてや海外でも日本人人質の存在などほとんど報じられていない中、緊急性もない中東歴訪を欧米が注視してたですって?
いや米国政府だけはさらにテロとの戦い強調するよう、安倍に命令してたかもですがねw
本当に電波な右翼の方って面白いですねw

ちなみに、湾岸戦争時、在イラン日本大使館はイラン国内に避難してきたイラク空軍機が参戦するかどうか、戦略的に重要な情報をキャッチし、それが当時の国連安保理決議に基づく戦争にも大きく貢献したわけですが、「戦後レジームからの脱却」とやらで「以前のような情報収集能力」を「とりもろす」ことができるんですか?
ついでですが、私は池内を嫌っているのではなく、「危険視」しているのですよ。
国連決議もなくイラク戦争を全面的に支持した過去を持ち、外務・防衛両省に深く食い込んで政策決定にも関与できる立場の池内をね。
ハッキリ言って政策決定に関与できない佐藤優なんぞと比べ物にならないほど危険な人物なんでよ。

さて、「安倍が人命を軽視し」強行した中東歴訪ですが、「人道的支援」なるものを、いくら政府や国内メディアが「日本語で」主張したところで、欧米のみならずアラビア語圏、トルコ語圏でそうだと解釈してくれる有名メディアはどこでしたっけ?
ましてや1/20安倍のrevenge声明については、どうなんですか?
「信じるものは救われる」って最強ですねw
相手がどう捉えているかは全く無問題。

しかもですよ、昨年9月に軍事独裁政権のシシ・エイジプト大統領との会談で「ダーイシュを殲滅するための空爆を全面的に支持する」と表明して、今度の中東歴訪ではまたもやエジプト訪問と例の演説があった後、イスラエル訪問ではなんとマケインとの会談まで行っている。
オバマやキャメロンでさえ一線を画すネタニヤフとそれを支持するマケインと仲良くした結果がいかなるものか?
それが海外でどう受け止められてるかってことですよ。

もう中東でのバランサーとして機能していた日本外交は無くなってしまった。
それでも「人道支援」はもちろん良いことですよ。正しく使われているならば。
しかし、日本にかかわらずODA予算というのはどう使われているのか、チェックすることが難しい。
ましてや今の政府はODA予算を米国での慰安婦裁判における弁護費用に6,000万円も支出している。
こんな政府の「人道支援」って何なんですかね?非常に興味深いですな。
そもそも13年度受け入れ申請者3,260名に対して難民申請受理たったの6名の政府の言う「人道支援」を丸ごと信用する趣味は私にはありませんがね。

ガザの虐殺者ネタニヤフと仲良しになりパレスチナのICC加盟を遠慮するようアッバスに要請する旨表明、そしてダーイシュを殲滅すると言う。
しかし、そもそもダーイシュ勢力拡張の大きな要因となっているダーイシュ以前に「人を面白半分に焼き殺し」さらに「樽爆弾や化学兵器を使用している」アサドや、シーア派イラク政府の無差別砲撃や残虐な行為については、完全にスルーしている。
そして日本人殺害という状況を政治利用していると評価されても仕方がない勢いで、「地理的制約を受けない」もはやなんでもありの集団的自衛権行使にどんどん前のめりになっている。
砂漠で米軍と仲良く演習行った自衛隊は、将来どんな使われ方するんですかね?
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/143904

テロで殺されたという例外的状況を利用して、どんどん集団的自衛権行使の要件を拡大していく。
武器輸出三原則をなし崩し的に緩和し、とうとう政府がメーカーから買い取り、その兵器をODAで他国へ供与するとまで言っている。

一方で、テロ集団はダーイシュだけではない。彼らのコアなメンバーが仮に死んでも、彼らにとってはどうでも良いことなのですよ。
なんたって自称ジハーディストなのですから。日本の特攻賛美野郎どもととはわけが違うのですよ。
死んでもサイクス・ピコ協定体制を打破し、カリフ制国家体制を確立するっていう思想さえ残ればよいのですよ。
そして親ダーイシュ、反ダーイシュのムスリム・テロ組織なんざシリア、イラク国内だけではなくアフリカ、中東からアジア諸国、ロシア周辺地域に至るまでそこら中に存在している。
彼らを「狂気のテロ集団」だというなら、例えば現在リビアで暴れまくっている親ダーイシュのテロ組織も空爆でぶっ殺しますか?
昨年まで「アラビア半島のアルカイダ」に対する重要な対テロ対策拠点と目されてきたイエメン政府が倒れましたが、さてどうします?
エジプトではムスリム同胞団や一般市民に対する流血の弾圧が続いてますが、ここから新たな「狂気のテロ集団」が生まれたらどうしますか?
将来クルド自治政府がイラク政府やイラン、トルコとドンパチ始め、そこから新たな「狂気のテロ集団」が生まれたらどうします?

「ダーイシュに対する空爆のみ支持だ」と言いつつ「将来の自衛隊の参加を検討し」実際に参加した場合、離合集散、拡大増幅を続けるテロ集団に対するメッセージは今以上に明確なものになります。
今でさえ、「日本人すべてがテロの対象」とダーイシュに言われているのが、さらにどうなるのか?
対テロ対策というのは、社会コストが膨大なものとなります。特に日本はテロを想定していない社会構造なんですから。
もちろん在外邦人保護や民間企業のテロ対策もえらいことになるでしょうね。
なんたってテロというのは時も場所も選ばないのですから。

私はどの政党が、とかどの議員がこう言ったから、こう思うという思考をしませんが、安倍と自民党だけは全面的に拒否しますよ。
なんたって超絶格差社会や超絶管理社会を招く政策を進め、社蓄養成教育を進め、立憲主義憲法を破壊しようとし、排外差別主義をそこらじゅうにばら撒き、さらにテロリスク大国としようとしている。

最後ですが、前回イチエフに触れたのは、飛び入りの凡人さんのコメ全く関係ありません。
あなたが、原発事故は自然のせいと、無知によるものか、それとも知っててかは知りませんが、結果的に第一時政権時に「津波による全電源喪失なんてありえない。対策は万全だ」と言い放った安倍擁護になっていることを皮肉っただけですよ。
紹介させていただいたまとめを読めば、そうではないことが十分に理解してもらえると思いますが。
そして、安倍は再稼動(あわよくば新規も)や原発輸出にご熱心だ。
「日本の原発技術は世界一」みたいなことを再三発言してますが、バカでしょ。
深刻な汚染水対策、廃炉作業従事者の人員不足や安全対策、他のサイトの再稼動言うなら避難計画の策定や、使用済み燃料の乾式キャスクへの移行。
廃炉作業についてもっと言えばGTCCLLRWとHLRWの暫定処分法、暫定管理所の確保もままならずにいるのに、いったい何をどうしたいんだか、どうして「世界一」だなんてうそをどうどうと言えるのか?
ぜひ解説お願いしますよ。

2015.02.09 23:53 URL | white noise #- [ 編集 ]

見逃してましたが、「防衛相 イスラエルと対テロで連携」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150209/k10015329171000.html
ですって。
”「イスラム国」による日本人殺害事件を踏まえ、国際的なテロとの闘いに両国が緊密に連携して取り組んでいくことで一致”
したんだそうですよ。
いやぁ、ますます自らテロの標的になるって、やっぱネトウヨ内閣ってすごいですね。

で、そのネトウヨ内閣は新聞は読売だけでよいそうですが、”「ここ最近の読売は、いうなれば『日本版人民日報』と化している。政府の公式見解を知りたければ読売を読めばいい、というのが各国情報関係者の一致した見方となっている」”だそうです。
http://biz-journal.jp/2014/09/post_6095.html
本当にわかりやすい連中ですねw

まぁ世界のメディアがどう伝えているかには無関心で、「偏向報道」だと報道ステーションや報道特集に凸している皆さんは、「一国破壊主義」に進んで協力しているということでよろしいですね。

さらにそんな愛国電波な皆さんに朗報です。
どうやら日本版NSCだけではなく日本版CIA創設に向けて、安倍は意欲的だそうですよ。
http://japanese.joins.com/article/404/196404.html?servcode=A00§code=A10
CIAは年間予算440億ドルだそうですが、一体いくら出すのか、そしてその予算はどこから捻出するのか?

さらに対ダーイシュの空爆にアメリカは年間換算約4,000億ドルも使っていると。
http://www.cnn.co.jp/usa/35054619.html
ウクライナ情勢も兵器供与問題めぐってアメリカとドイツ、フランスの意見が割れているようですが、アメリカにとっては無問題ですね。
何でも言うこと聴いてくれるお財布国家が、どこぞに存在しますから。

2015.02.10 00:53 URL | white noise #- [ 編集 ]

>まずは必要に応じて金を払って人質解放することは、当然ありですよ。
ご質問でしたので改めてお答えしますが。

初めてこのような意見の方と出会いました。その資金でさらに次の大きなテロで多大の犠牲者が出ても良いのですか?一般的左翼人でも、ここまで大胆な意見の人は殆どいないでしょう。大胆な意見を言うなら、それなりの納得できる説明をもっとするべきではないですか?

>1/20まで日本政府さえ何の対処もしていないと評されても仕方のない状況の中で、ましてや海外でも日本人人質の存在などほとんど報じられていない中、緊急性もない中東歴訪を欧米が注視してたですって?

貴方は報道がすべてだと思っているのですか?欧米首脳は当然、知っていましたよ。日本が欧米より情報面で後進国だというのは当たり前です。

>私はどの政党が、とかどの議員がこう言ったから、こう思うという思考をしませんが、安倍と自民党だけは全面的に拒否しますよ。
なんたって超絶格差社会や超絶管理社会を招く政策を進め、社蓄養成教育を進め、立憲主義憲法を破壊しようとし、排外差別主義をそこらじゅうにばら撒き、さらにテロリスク大国としようとしている。

この部分、ご自分で書いていて恥ずかしくないですか?一般国民全員にに是非見てもらいたいですね。

「安倍晋三氏を警戒して内政を憂う事と、今回のテロでの対応とはわけて考えなければならない。」というように一般的に言われています。
これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?

2015.02.10 09:00 URL | zappo #- [ 編集 ]

>zappoさん

あーはっはっは。ますます奇妙奇天烈なことになりましたね。

>初めてこのような意見の方と出会いました。その資金でさらに次の大きなテロで多大の犠牲者が出ても良いのですか?一般的左翼人でも、ここまで大胆な意見の人は殆どいないでしょう。大胆な意見を言うなら、それなりの納得できる説明をもっとするべきではないですか?

何言ってるんですか?あなたがフランスなどと同様に、裏で金を払うことありか?とお尋ねでしたので、(ケースによって)ありですよと言ったまでですが。
テロで大きな犠牲が出るというなら、そのテロ集団に参加していく人を増やしている「空爆で殲滅すること」を支持することはどう考えるのですか?今まで散々言ってきたことですが、またもやスルーですか?
一般的な左翼人とは何を意味しているか知りませんが、有志連合の空爆やイラク政府軍の無差別砲撃、もっとひどいアサドの残虐非道な振る舞いが、絶望を呼びダーイシュその他のテロ集団の拡張に大いに役立っているのですが?
ちなみに「テロとの戦い」に賛同しているアサドの空爆その他で累積20万人超える死者が出てるそうですよ。シリアでは。
これほど言ってもスルーのあなたはバカなんですか?
そして繰り返しになりますが、今回2億ドルに掛け金吊り上げたのは、もちろん人命軽視の無能でクズな安倍のせいですね。

>貴方は報道がすべてだと思っているのですか?欧米首脳は当然、知っていましたよ。日本が欧米より情報面で後進国だというのは当たり前です。

これまた笑えるw欧米首脳が知ってるからって、それが何なんですか?
国内で「日本語で」人道支援訴えたからといって、ダーイシュが「よくわかりました」と言ったんですか?「日本人全員がテロの対象」ってのはうそなんですか?
英語で、アラビア語、トルコ語で拡散している情報が誰の目に留まり、耳に入ってるんですか?
ダーイシュはじめテロ集団、一般市民、もちろんガザの虐殺者ネタノイヤフやアサドに苦しめられている人たちにも伝わってるんですが。
そして、彼らが今回の中東歴訪をどう評価しているかが問題なんですが?
今まで散々言ってきましたよね。あなた今頃何言ってるんですか?
しかも、「欧米より情報面が劣って当たり前」だなんて、何開き直ってんですか?
もしや情報後進国だから、安倍の大本営発表と御用メディアだけを信じるアレな人ですか?
なるほど読売だけを信じる安倍と読売だけ読んどきゃ、政権が何やろうとしているか丸わかりだとする、各国の情報機関の皆さんの言うとおりですなw
http://biz-journal.jp/2014/09/post_6095.html

>この部分、ご自分で書いていて恥ずかしくないですか?一般国民全員にに是非見てもらいたいですね。

「安倍晋三氏を警戒して内政を憂う事と、今回のテロでの対応とはわけて考えなければならない。」というように一般的に言われています。
これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?

これこそまさに爆笑もの。誰が「一般的に言われてる」と言ってるんですか?どこかの愛国電波ですか?それとも産経辺りですか?
そもそも内政に直結する戦後レジームがどうたらで「日本をとりもろす」ことに大賛成の人が何言ってるのってことですな。
もちろん、内政と外交は直結しますし、すでに影響出ていますが。
直接的な影響では、国外への出国者が減り観光業界大慌てですな。

ちなみに20年度までに年間「2,000万人」来日してもらう目標のため、インドネシアやタイ、フィリピンあたりのムスリムを意識してのハラル食キャンペーン。
これ各自治体と関連企業一生懸命やってましたが、みなさん今回の安倍の対応について激怒してるそうですよ。
あっ。もちろんこれ某広告業の方の話ですから信じるも信じないもおまかせしますがw
そもそもこれだけ中韓ヘイトやってて2,000万人も何もありゃせんわって話ですけどねw

それと私国内外の対テロ対策にコストかかるよって、言いましたよね。
あなたスルーしてますが、私の別コメント読んでます?それともみないふり?

「防衛相 イスラエルと対テロで連携」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150209/k10015329171000.html

どうやら日本版NSCだけではなく日本版CIA創設に向けて、安倍は意欲的だそうですよ。
http://japanese.joins.com/article/404/196404.html?servcode=A00§code=A10

あーあ。またもやイスラエル。キャメロンやオバマでさえ一線を画しているというのに。
これでさらにテロの標的になること推進しようってんだからお笑いですな。
散々言ってきたように海外の在留邦人、企業にも影響が出ますし、このように何やらコストがかかることを、始めようとしている。
そもそも日本版NSCは何だったのかって話ですが、日本版CIAとやらを創設するんであれば、またもや金がかかることやろうとしてますな。
その金はどうやって捻出するんですかね?
それともこれには反対なんですか?戦後レジーム先生。

今回、公表されてしまったヨルダン訪問の同行企業の皆様はどうするんですかね。
日揮や千代田化工のような経験を持ったところは、もちろんPMC(民間軍事会社)と契約して、危険があると判断された地域でのプラント建設などを行ってきたわけですが、それでも13年アルジェリアのような悲劇は起こる。
はてさて、イスラエルと仲良くってのが中東アフリカ地域でどう見られるかってのは、バカでもわかること。
某食品会社さんなど何のノウハウもお持ちではないでしょうから、撤退ですかね。
しかもこれまた説明したように中東、アフリカ以外でもムスリム系テロ集団なんて、そこらじゅうにある。例えばインドネシアにもね。
これから大変ですな。

で、こちらにNYTが掲載した風刺画について述べた記事です。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6282.html
まさにこの絵のとおり、ダーイシュのテロという例外状況を利用しながら、壊憲にひた走る安倍の姿と、それにまんまと乗っかるあなたのような臣民の姿。
現実、とうとうODA予算、他国の軍事支援、しかも途上国以外でも使うってことになりそうですな。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416369.html
この記事にあるように、「非軍事目的」の他国軍支援って何なんですかね。
私、前回ODAはただでさえ使途が不明瞭になるって言いましたが、安倍の忠良なる臣民のあなたにとっちゃ、どうでもよいことですね。
もちろん消費税増税分を帳消しにした安倍の外遊バラマキについても臣民の皆様は無問題と。

そもそも非軍事を意識しているなら、自衛隊が米軍と砂漠で演習する必要ないわけですし、地理的制約なしの集団的自衛権行使なんて発想出てくるわけないですし。

そうそう、質問ばかりされているのでこちらからも。
ぜひ前回質問させていただいた安倍が「日本の原発技術は世界一」ってのを「ウリ」に原発輸出に熱心なのか、解説お願いしますね。
なんたってあなたは少なくとも安倍の外交については丸ごと信用していることを表明しているのだから、このくらい簡単に答えていただけますよね。
それとなぜイスラエルは、技術的にじゅうぶん建設可能なのに、原発を持っていないのか?
ソフトディフェンスが「ウリ」の六ヶ所村や東海の再処理施設関連、もんじゅ、他の原発のセキュリティは万全なのか?もお願いします。
だって「日本の原発技術は世界一」で輸出なんだから、内政と外交は違うとかって言わないですよね?
地続きで相互関連あるよって私言いましたし。
それではヨロシクです。

2015.02.10 21:25 URL | white noise #- [ 編集 ]

>>この部分、ご自分で書いていて恥ずかしくないですか?一般国民全員にに是非見てもらいたいですね。
「安倍晋三氏を警戒して内政を憂う事と、今回のテロでの対応とはわけて考えなければならない。」というように一般的に言われています。
これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?

>これこそまさに爆笑もの。誰が「一般的に言われてる」と言ってるんですか?どこかの愛国電波ですか?それとも産経辺りですか?
そもそも内政に直結する戦後レジームがどうたらで「日本をとりもろす」ことに大賛成の人が何言ってるのってことですな。



どうやら貴方は愉快犯のようですね。楽しくて仕方がないようです。


私は、前コメントの後に、その一部を、下記のように訂正をしようかと迷いましたが、貴方をあまり追い込んでしまってはいけない、という情けが入ってしまい、そのまま緩い表現のままで放置しました。正しくは次のとおりです。



「安倍晋三氏を警戒して内政を憂う事と、今回のテロでの対応とはわけて考えなければならない。」というのは小学生でも理解するところです。言い換えれば”普遍の真理”です。
これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?
(訂正文、ここまで)



貴方の文章を読む限り、ノーと感じられますが、一度、ブログ内の他の人々にも聞いてみれば良いのではないでしょうか?
「リベラル、左派の劣化」が叫ばれている今日ではありますが、貴方以外の大多数のこのブログの読者の方々は”イエス”だと私は信じています。

2015.02.11 14:47 URL | zappo #- [ 編集 ]

 まったく縁がない人でもないので横やりをさせていただきますが…

>これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?

って、答えてもらってるのに↓

>もちろん、内政と外交は直結しますし、すでに影響出ていますが。


 それとも、こんなにていねいに相手してもらっているのに、本当に「 イ エ ス 」か「 ノ ー 」、つまり3文字か2文字 だ け のコメントじゃないと理解できないから、認めないのかしらん。

 おおっと! 昔、無敵の人にはかなわんと思ってくわばら、くわばらしたんだった…

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1360.html

2015.02.11 18:23 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

>suterakusoさん、的確なコメントありがとうございます。どうせ無駄だとは思いますが、一応以下で答えてやるつもりです。

>zappoさん

そのネトウヨみたいな、まともに答えないで(ヘタクソな)印象操作で逃げるのやめましょうよ。

>「安倍晋三氏を警戒して内政を憂う事と、今回のテロでの対応とはわけて考えなければならない。」というのは小学生でも理解するところです。言い換えれば”普遍の真理”です。
これに対して、貴方は、イエスかノーかどちらなのですか?
(訂正文、ここまで)

この記事において、あなたの最初のコメントでは、人質事件に対する安倍の姿勢を全面的に支持する、という内容でしたね。
で、私はそれは違うよね、と例示もしながら反論してきたわけですが、あなたはそれにまともに答えていませんよね。
このコメントもまったく同じ。
内政と外交は分けて考えられない、「子供でもわかるように」説明してきましたが、まともにお答えいただいてないのですが。
テロでの対応について、私全面的に否定してますが具体的にどうして安倍が正しいのか、ぜひともお教えください。

・身代金は裏で払ってるであろう国はいくらでもある。あなたの論法では、これらの国々は「特殊な左翼人」が支配する国ということになる。
また、私と違って安倍の人質対応について「評価する」が57%だが、少なくとも55%の人がこのタイミングでの中東歴訪について「評価しない」という調査結果がJNN調べで出ている。
なお当然のことながら、この調査で「2億ドルの資金援助」演説が、ダーイシュを刺激したかどうか62%の人がYESと答えている。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2415025.html

・ちなみにトルコのエルドゥアンは、ダーイシュに対する「有志連合」に参加しながら、空爆という直接武力攻撃には参加せず、他方、シリアのアサド、エジプトのシシ、イスラエルのネタニヤフを激しく糾弾している。「戦後レジームからの脱却」と言いながら、「地理的制約なしの」集団的自衛権行使、砂漠での米軍と自衛隊の演習など、どう見てもアメリカ追従の姿勢を貫いているとしか思えない、どこぞの国の首相とは大違いである。
もちろん、このネトウヨ脳の首相の支持者は、先に示したNYTの風刺画にあったように、壊憲をダーイシュの脅威を餌に進めることに、まったく同意なのであろう奴隷根性の忠良なる臣民であることを再度強調しておきたい。

・またこれは一般論だが、身代金を払うことがテロリストに利するかどうか、オーストラリアの研究者が、実例を引きながら否定している。
これに全面的に賛成するかどうかはともかくも、全否定するだけの論拠はあなたから示されていない。
http://blogos.com/outline/105161/

・内政に直結する影響といえば、ダーイシュの「日本人全員がテロの対象」→在外邦人・在外企業への影響、観光業の打撃、国内テロ対策によるコストアップ要因とそれはどこから捻出するのかについての懸念も示してきた(現に行われているように極度な情報統制が今後一層進むことも追加しておく)。
・もちろん、ダーイシュのみならず他のテロ組織からも今後は狙われるだろうことは容易に推定される。その論拠も示してきた。
特にイスラエルへの傾斜姿勢は深刻な問題である。

・シリア・イラクに向かう外国人戦闘員、未曾有の2万人に
http://jp.wsj.com/articles/SB11815783148186973545804580454861674723780
要するに海外から、非ムスリムだった白人含めて多数の外国人が終結し、ダーイシュその他のテロ集団の戦闘員として戦っている。
この地で得た経験を元にまた世界各地に拡散していくテロ要員が育っていることを米国は懸念している。
私が、何度も指摘してきたことを補強する記事だということ。

・ついでに言えアサドがBBCの単独インタビューで、有志連合の空爆情報を第三国経由で入手している、と発言している。
当然、シリア軍の反対派及び一般市民への残虐な空爆に利用されうる情報だ。
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-31312414

ということで、追加情報も含めこちらの論点整理しました。是非お答えくださいねw

>「リベラル、左派の劣化」が叫ばれている今日ではありますが、貴方以外の大多数のこのブログの読者の方々は”イエス”だと私は信じています。

さすが、左派の劣化について触れられるとは!
確かにあまりに右傾化したこの国ですから、90年代からはやってきたポスモの影響もあって、相対的に左派が右寄りになって、まるで昔の「保守」がリベラルだみたいな感はありますね。
しかし、もっと深刻なのはこの国がネット上だけではなくリアルでもネトウヨ並みの勢力が幅を利かせていることですよ。

なんたって、安倍は保守速報をFB公式アカウントでシェアし、閣僚や自民党の要職にあるものが、平気で在特会やネオナチ団体とお付き合いがあるんですから。
もちろん、これらは欧米中心に海外の有力メディアが喜んで報道してくれています。
http://matome.naver.jp/odai/2141758252622789601

ちなみに本日話題なのが、産経コラムでの曽野綾子大先生の移民政策w
なんと少子化対策、労働力確保のため移民を受け入れよう、ただし、居住区を人種で別にしましょうってね。
アパルトヘイト推奨だってんだから、「保守」の論客って凄いんですねw
これも海外メディアが報じるかもしれませんね。
ttp://matome.naver.jp/odai/2142362219511844501?&page=1
(リンク過多ゆえh足して参照してくださいねw)

というわけで、人様の心配よりネトウヨ脳に支配されているこの国を憂慮されてはいかがですか?戦後レジーム先生。
そうそうあなたの最初のコメントで引用されてた「ダッカ事件」。福田赳夫の「人命は地球より重い」。
あなたは全力で否定されてますが、福田赳夫がもし存命だったら、あなたは「左翼」呼ばわりするんでしょうな。
なんたって、かつて安倍の父親、晋太郎が晋三を評して「おまえには情がない。政治家として最も大事な」とボロクソに言われたネトウヨ首相の大ファンですからねw
結局情がないってのは何も大甘な性格にならなきゃダメってことではなく、情がなけりゃ他者が何考えてるのか理解できないってことですよ。
もっと言えば、己さえよけりゃ良いってやつですな。
そんな奴をどうして無批判で担ぎ上げることができるのか?中々興味深いですなw

2015.02.11 21:28 URL | white noise #- [ 編集 ]

suterakuso様へ
>って、答えてもらってるのに↓
>>もちろん、内政と外交は直結しますし、すでに影響出ていますが。


はあ???「内政と外交は直結します。関係します。お互いに影響し合います。」

こういう趣旨の回答ですね。


私は、「安倍首相の国内におけるいろいろな政策に対する警戒感、憂鬱感、不満を根拠に、あるいはその捌け口として、今回のテロ事件を批判するのは良くないと思うが、どうでしょうか?」  と言っているのです。


「内政と外交が直結する」 というのは、日本国民ならば、お隣の韓国の外交をイヤというほど見せられているので、そんなことは常識のようにわかっているでしょう。こんなことはわざわざ書かなくてもわかっていることですね。(韓国は、政権の求心力がなくなると、反日外交をより強める、こういう現象を我々は、見てきましたね。)

2015.02.11 23:45 URL | zappo #- [ 編集 ]

一部、脱字がありました。「の対応」が抜けていました。下記のとおり訂正します。


私は、「安倍首相の国内におけるいろいろな政策に対する警戒感、憂鬱感、不満を根拠に、あるいはその捌け口として、今回のテロ事件の対応を批判するのは良くないと思うが、どうでしょうか?」  と言っているのです。

2015.02.11 23:51 URL | zappo #- [ 編集 ]

White noise様へ
>この記事において、あなたの最初のコメントでは、人質事件に対する安倍の姿勢を全面的に支持する、という内容でしたね。
で、私はそれは違うよね、と例示もしながら反論してきたわけですが、あなたはそれにまともに答えていませんよね。

貴方は原発を持ち出したり、その他、どんどん論点を拡げてきましたね。また、私の最大の目的は、貴方の論理のおかしな点を指摘することです。(それに加えて、「人々に誤解を与える事を目的としたアンフェアな巧妙な文章」にも問題があると感じていました。) 貴方も私の反論に答えていないですね。貴方が私の安倍首相支持の説明が少なく不満であるのであれば、論点を狭めて進めていくほうが良いでしょう。


私が安倍政権の対応を支持した理由

その1、ダッカハイジャック人質事件以来の 「日本は脅せば金を出す国」(又は人質交換に応じる国)というイメージを完全に払拭しました。要求拒否は、いろいろな国内世論がある中で、そう簡単にできるものではありません。これが最大の理由ですよ。今、ISILは資金が細ってきています。しかし、壊滅してすぐに平和が来るわけではない、その前に分裂、そして、ますます凶暴化、という道をたどる可能性があります。もしも値切ってでも裏交渉でもしていたら、ISILは、ますますテロ要員(戦闘員と言わない方がいいのかも・・)を雇って、余裕を持った活動が可能となります。そんなことをさせていいのですか?貴方は、「それも当然ありでしょう。」と発言されましたね。ISILの資金が潤沢になって組織の活動が活発になり地球上に長期間存在し続けることになる、この事を容認してでも2人の日本人の命を救うべきだったのか??私は決してそうは思わない!!。あの2人は、そのようなことを望んでいなかったでしょう。

だいいち、お金で解決すれば、憲法9条で雁字搦めになっている日本国(日本人)は、人質ビジネスの絶好のカモにされてしまう!それだけは、何としても防がねばならない、・・・・・そうして総理は、苦渋の決断をされたわけですよ。日本の「お金を払って許してもらう」という外交が180度変わったのですよ。今までのような、無能な国連や、湾岸戦争や、テロ組織などなどに、ホイホイお金を出していた日本政府・・・・・こういう日本国からようやく脱却したのです。

貴方は不満を表明しましたが、そうであれば、裏交渉で金を払うのも当然あり??かどうか、まずこの論点に絞ったらどうですか?まだまだ書きたいことはありますが、湯冷めするので、この辺でやめておきます。

2015.02.12 00:47 URL | zappo #- [ 編集 ]

>その1、ダッカハイジャック人質事件以来の 「日本は脅せば金を出す国」(又は人質交換に応じる国)というイメージを完全に払拭しました(以下、略)

払拭、したんですか!? 初耳です(笑)
ダッカハイジャック事件→ロッド空港乱射事件、の流れですが、その舞台になったイスラエルでは捕虜となった自軍兵士を取り戻す為に、PLO(当時)やハマスの捕虜を交換釈放してます。また身代金に関しては米英はじめ、西欧では「粘った挙句」支払ったケースなど多々ありますよ。過去に支払わなかったケースでは殺害が殆どですからね。稀に「第三者」仲介で釈放された例もありますが。
実例を述べろって? 御自身でググってどうぞ。面倒なので。

>だいいち、お金で解決すれば、憲法9条で雁字搦めになっている日本国(日本人)

今でも国民の多数は改憲反対ないし慎重派ですが・・まるで誰かに強要されているみたいな物言いですね(笑)。
お金て解決してはならない、からこそ懸命に他の方法を模索(安倍が本気だったかは取り敢えず置いといて・・)していたのではありませんか? 話に辻褄が合いませんよ。

>人質ビジネスの絶好のカモにされてしまう!それだけは、何としても防がねばならない

それ、86年のフィリピン・三井物産・若王子氏誘拐事件の頃にも言われましたよね。
私は自民ならず民主、いや共産が政権党だったとしても同じ様な結果だったと思います。また、有志国ヨルダンであったのは単にISの勢力範囲たるシリアにあった在外公館が首都アンマンに避難していたから、ってだけの理由で他意は無いと考えてます。
が、トルコ期待論は「後の祭り」どころかかなりの無理筋だったと思いますし、ISから自国民人質を取り戻した後、一定以上の距離を置いております。シリア(IS領域)との国境は自発的に閉じる事は無かった様なので、まあ「出入りしたけりゃ武器なしなら御自由に」位の様子だと。
まあ、蛇足ながら。

>そうして総理は、苦渋の決断をされたわけですよ。日本の「お金を払って許してもらう」という外交が180度変わったのですよ。今までのような、無能な国連や、湾岸戦争や、テロ組織などなどに、ホイホイお金を出していた日本政府・・・・・こういう日本国からようやく脱却したのです。

苦渋の選択・・そう思われておいでならば、ここのコメンテーター各位と話ご合う筈もありませんよね(笑)。
安倍が「(昨年末の)人質発覚の時点での初動」を誤らねば(参院選を控えて意図的に、の説もありますね・・)・小泉時代の自己責任論を口にせずとも信奉していたら・集団的自衛権行使に都合のいい前例とする為等が思い付きますが、いずれも検証は困難でしょうし、それどころか菅官房長官は「総理をはじめ政治家は事件の検証対象除外」だと述べてますね。もう何だか、事件後の政権支持率アップを追い風に逃げる気満々、の印象ですが。
話を戻すと、今後も日本政府の「バラ撒き(≒金で解決)」外交は続くでしょう。
これを否定される向きは、現在評価が高いJICAやNGO、それに「手弁当の」個人ボランティア等でなく自衛隊を「金に替わる」手段として差し向ける、つまりより大きな事態を招く可能性が高いと客観的に見ても思われるのですが、これを望むのですね?
自己責任論者もそうですが、何れも「人道的見地で出かけなくてはならない」人員の危険を想像出来ず、また彼等の安全を蔑ろにした意見でしかありません。
人質や殺傷事件発生前からこれらを想定出来るが、何もせずにてを拱いてはいられない。これは軍民を問わず、ある種の宿痾なので、せめて人質事件発生の際には彼等の生還を最優先に考えるべきでしょう。
zappoさん、貴方にはその観点が抜け落ちているのです。

2015.02.12 19:10 URL | tunafishermann #0rktOB02 [ 編集 ]

私は当ブログの新参者なので、最初からくせぇな、と思っていたが徐々に本性現し、suterakusoさんにご紹介いただいた当ブログ過去記事コメントを読んで、「なんだやっぱただの歴史改ざん主義のネトウヨじゃん」と思っていたが、思った以上にzappoってのが最低のクズ野郎だということがわかったので、もう対話をする気はない。
後は好きなだけ吼えてればよい。

何が原発持ち出してだよな。お前が先に印象操作してたんじゃないのってのを指摘してもだんまり。
しかもzappoの最初のコメントで、やれ辻元がどうたら安倍の対応批判するやつはおかしいだの、吹きまくって、最後は結局「人質に死んでほしい。死んだほうがよかった」だもんな。
まぁこういうやつは、私が最初のコメントで紹介したデヴィ・スカルノの「自決してほしい」とそれに同調する11,000人以上のクズ「自己責任野郎」と同類なので驚きはしないが、深刻な問題だ。

こいつらはいざ自分がその立場に立ったら絶対泣き叫び助けを請うことは目に見えてるわけだが、それにしてもzappoってのはバカだな。
すぐにダッカ事件を持ち出し、「日本は脅せば金を出す国だ」とか言ってるが、散々指摘したようにフランスやらトルコやらはどうなんだってのは、またもやスルー。
また、こいつは都合よく04年のイラク人質事件と人質に対するバッシング、あまりにひどいので、当時米国務長官だったパウエルが人質を賛辞したことを忘れているらしい。
ちょうどkojitakenさんが日記で紹介されているので、リンク張っておく。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150210
このときも「金を払うとは何事だ」という大ブーイングが起きたので、わざわざダッカを持ち出さずとも、日本人の異常な冷たさは少なくとも米政府には伝わっていたということだ。
今回違うのは、安倍の失態はもとより、日本人の「自己責任論」がより世界に伝わったこと。それをzappoは嬉々として歓迎しているわけだ。
ついでにいえば、身代金がテロリストに利するってのは違うんじゃねってことを説明したリンクも前回提示したが、もちろんこのバカはスルーだ。
しかもこれからテロの標的になる機会が増えたことも嬉々として喜んでいるわけだ。
つまり、最低のクズ野郎であるばかりか、バカであることも証明してくれた。
日の丸アイコンのバカッターならいざ知らず、リベラル系ブログコメントでここまでアホ晒しているやつも珍しい。

で、この手のクズは昔っから海外からのネガティブな評価や報道については「あ~あ、聞こえません」で押し通すのがテンプレ対応なのだが、問題は安倍。
第一次安倍政権時は、まだ海外特にアメリカには遠慮があった。
しかし、二次政権発足以降、特に12月の選挙前あたりから様相が変わってきていると思う。
私が特に気になるのは、イスラエルでわざわざマケインら親ユダヤ米議員団とも会っていること。
米議会は、オバマの頭越しに3月ネタニヤフを招待、オバマはネタニヤフとの面会を拒否する意向だ。
ご存知のように、オバマは安倍にとことん冷たかった。歴史改ざん主義で差別主義者なので当たり前だが。
安倍は小心者のくせに、プライドだけはえらく肥大している。
よいしょされればすぐ図に乗る。
次の訪米時には習近平なみの「国賓待遇」として出迎えてもらえるそうだが、安倍としては弱り目に祟り目のオバマに対してしてやったりと思っているんだろうと想像している。

結局は最初は中東でのお財布国家として、次はという具合にアメリカのよいように踊らされ、そのつけを我々が払うことは必然だが、図に乗っている安倍の、いや政権の姿勢はあまりにひどい。
経済、財政、社会保障政策もいくら金持ちのための政府とはいえ、あまりにもむちゃくちゃだ。
そして、沖縄。
ちょっと想像できないほど海保の横暴はひどい。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=101426
カヌー転覆させ拘束、沖合に連行…反発強まる辺野古沖
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238781-storytopic-3.html
海保、船長の胸ぐらつかむ 市議視察船を一時拘束

へたすりゃ死ぬかもしれないことを非暴力の丸腰の相手に行ったり、議員団乗船の船での暴力。
これは、ある意味かつての安保闘争時よりひどいのではないか?
まさに開発独裁国家の様相を呈している。

そして副次的に在沖米軍の態度が横暴になってきている。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238769-storytopic-11.html
海兵隊報道部次長が抗議活動におけるけが人続出を「ばかばかしい」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238656-storytopic-3.html
抗議活動中の市民の前でシュワブ米兵が拳銃抜いて歩く。

まさしく植民地と化している沖縄。

さらには前回zappoのクズへの返信コメントで紹介した曽野綾子の産経コラムの件。
「介護は誰でもできる、3日研修すれば、日本語も必要ない」「だから移民を。ただし居住区分けろ」
これはまさにアパルトヘイト推奨なのだが、こいつが教育再生会議の委員であったこと、さらに『わたしたちの道徳』中学生版に「誠実の手本」として掲載されていること。
まさにzappoのような奴隷をこれからさらに増やしていこうというわけだ。
ついでに言えば、曽野のような考え方している人は、ネトウヨでなくとも案外多いのではないか?

さらに深刻なのが、オカルト脳で親学だの江戸しぐさだのが大好きな安倍や下村(文科相)が好き放題しているだけではなく、自治体の教育指針にも影響が出ている。

”第2期千葉県教育振興基本計画素案は「愛国心」「道徳教育」を強調。計画作成にむけた有識者会議では「戦後教育の基本的人権の尊重、平等、自由などの考え方は、日本人には合わない」との意見が公然と出た。憲法否定の道徳教育でよいはずがないと思う。 ”

これは共産党千葉県議団事務局長のツイートだが、まさに下からのファッショ。
一方で「グローバル人材」とかほざいていることと、この教育方針は当然矛盾が生じるわけだが、先の曽野の移民政策=奴隷労働制も含めて、矛盾ばかりでいずれは瓦解することは必然だとは思うが、はてさてそれがいつのことになるやら。
本記事とは直接関係ない話で申し訳ないが、極めて憂慮されるステージに突入していると思う。

2015.02.12 21:21 URL | white noise #- [ 編集 ]

white noise様・tunafishermann様へ
私事で恐縮ですが、仕事に集中せざるを得ない状況になってきました。tunafishermann様の議論参加を歓迎いたします。あなたの文章をざっと読みました。感情的にならずに議論ができるタイプの方ではないか?と感じております。今すぐにでも、始めたいのですが(特にテロリストにお金を払うべきかどうか?)、まあこの1週間を見て頂ければわかるように、湯冷めしたり等いろいろ良くないこともあります。あと3週間後くらいであれば、しっかりと意見を戦わせることができるでしょう。申し訳ありませんが、3月までお待ちください。


それからこの1週間で感じた事を少し述べます。

>本当に電波な右翼の方って面白いですねw
>「信じるものは救われる」って最強ですねw
>これほど言ってもスルーのあなたはバカなんですか?
>そのネトウヨみたいな、まともに答えないで(ヘタクソな)印象操作で逃げるのやめましょうよ。
>もちろん、このネトウヨ脳の首相の支持者は、先に示したNYTの風刺画にあったように、壊憲をダーイシュの脅威を餌に進めることに、まったく同意なのであろう奴隷根性の忠良なる臣民であることを再度強調しておきたい。
>というわけで、人様の心配よりネトウヨ脳に支配されているこの国を憂慮されてはいかがですか?戦後レジーム先生。
>政治家として最も大事な」とボロクソに言われたネトウヨ首相の大ファンですからねw
>そんな奴をどうして無批判で担ぎ上げることができるのか?中々興味深いですなw
>なんだやっぱただの歴史改ざん主義のネトウヨじゃん」と思っていたが、思った以上にzappoってのが最低のクズ野郎だということがわかったので、
>お前が先に印象操作してたんじゃないのってのを指摘してもだんまり。
>最後は結局「人質に死んでほしい。死んだほうがよかった」だもんな。
>ついでにいえば、身代金がテロリストに利するってのは違うんじゃねってことを説明したリンクも前回提示したが、もちろんこのバカはスルーだ。
>つまり、最低のクズ野郎であるばかりか、バカであることも証明してくれた。
>安倍は小心者のくせに、プライドだけはえらく肥大している。 よいしょされればすぐ図に乗る。
>まさにzappoのような奴隷をこれからさらに増やしていこうというわけだ。



”リベラル・左派の劣化”を正に証明してしまったようなコメントが続きましたね。これでは無党派層や無関心市民でもドン引きです。一般市民に支持されるような過激派でない、偽善的でない、相手の意見を曲解しない、対話のできるリベラル・左派の復活を頑張ってみてください。

話を戻しますが、文章の5割以上は「安倍首相憎し」の攻撃、空爆大好き首相であるかのような前提でのアメリカ軍事力行使批判、ちょっとうんざりしました。
そもそも「ネトウヨ」というのは差別用語では無いのでしょうか?「学歴が低くて正職に着かず、ネットの世界に閉じこもっている極右の若者?」という意味で使われ始めたのではないですか?昔のリベラル左派は差別を嫌い、相手の意見を曲解する事も少なかったのではないでしょうか?それで私は、無関心層に近い中道左派という立ち位置を卒業した(今から3年前)のです。左派から右派になった人は結構いますが、その逆は聞いたことがありません。原因を考えて欲しいと思います。

tunafishermann様の最後のコメントは、完全に、曲解されて出来上がった”zappo像”によるものだと思います。リベラル・左派のネトウヨとの戦い、、、という仮想の作り上げられた像との戦いは、一体何だったのだろうか?という日がいつか来る事を願っております。では、3月に、またお会いしましょう。

2015.02.13 22:34 URL | zappo #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1376-cd25cc05