きまぐれな日々

 およそ2週間ぶりの更新になるが、今回はイスラム国(IS)による湯川遥菜・後藤健二両氏の拘束及び身代金要求と、それに続く、同じイスラム国による湯川氏の惨殺に触れないわけにはいかない。残念ながら、湯川氏が殺されたことはほぼ確実とみなければならないだろう。

 これほど陰惨な事件もない。キーボードを打つ指の動きも鈍る。だが気力を振り絞って書く。

 後藤健二氏は拘束以前から知っていた。それは、以前テレビ朝日の「報道ステーション」で彼の報告を見たことがあるし、テレ朝以外の局の報道番組にもしばしば出ていた。その名前を最初に聞いた時、読みが共同通信出身のテレビキャスターと同じなので、まだ名前を知らなかった時、後藤謙次が中東に行ったのかと一瞬勘違いした。その時名前を覚えた。中東を取材するフリージャーナリストとしては有名な人といえるだろう。

 問題は日本政府、とりわけ首相・安倍晋三の対応だ。

 後藤氏の拘束は数日後には外務省は把握していたと言われる。安倍晋三がいつそれを知ったかは不明だが、ほぼ同時と思われる。さらにISISから身代金の要求があった。最初に「政府関係者が明らかにした」として伝えた毎日新聞の報道(1/21)によると、身代金の要求は昨年11月だったという。

 この報道を後追いした各社は、身代金の要求があった時点を後ろ倒しにしていった。朝日は1月22日付で後追いしているが、下記のような記事になっている(無料公開分のあとに出てくる)。

 イスラム国側が身代金を要求したのは、今年1月初めのメールで、20億円超に相当する1千数百億ユーロを指定してきた。

(2015年1月22日付朝日新聞社会面掲載記事より)


 本当に身代金の要求が今年に入ってからだったのか、それとも当初毎日が報じた通り、昨年11月には既に身代金要求が行われていたかは不明だ。だが、意地悪く勘繰れば、昨年11月から外務省、そして安倍晋三が身代金要求を知っていたとすれば、あまりにも安倍晋三に都合が悪いので、情報を提供した政府関係者が身代金要求のあった時期を、最初毎日の記者に話した時よりもあとにずらした可能性がある。私は当初の毎日の報道が正しかったのではないかと憶測している。

 仮にそうでなくても、11月初め、つまり安倍晋三が衆議院の解散を決断する以前から、後藤氏の拘束を把握していたことは間違いない。そして、安倍が解散を急いだ動機として、7〜9月期のGDPがマイナス成長であったことを察知していたことのほか、後藤氏の拘束が明るみに出ないうちに解散総選挙をやってしまえという狙いがあったのではないかと思えるのである。

 しかも、その後の安倍の行いは、まるでテロリストを挑発するかのようなものだった。これには保守派の論客たちも安倍の行き過ぎを諌言したほどだ。たとえば青山繁晴である。青山氏は、1月15日の安倍の中東歴訪前に放送されたニッポン放送の「ザ・ボイス」で次のように述べた。以下、ラジオ放送の内容を文字起こしした右翼系のブログ記事から引用する。私はこの内容を、違法にYouTubeにアップされた音声で確認した。だから下記の文字起こしは正確だといえる。

安倍総理があすから中東歴訪へ

(飯田浩司)
予定されている国々、エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを訪問という事であります。

(青山繁晴)
アメリカの中東外交がずーっとメチャクチャですから、
あっち行ったりこっち行ったりぜんぜん一貫しないので それがまた、イスラエル、パレスチナの悲劇を招いているから、
日本が 「独自外交」 として中東を、歴訪するのは僕は評価しますが(ただし)すでに ずいぶん前ですけど、
安倍総理の側に まぁ、勝手な意見を申したのは、
イスラエルのネタニヤフ首相と “仲がいい” “仲がいい” とやり過ぎですよと。

(飯田浩司)
うーん

(青山繁晴)
“ネタニヤフさん” は安倍さんのことを好きなんですよ。
例えばトルコの “エルドアンさん” とか “プーチンさん” とか、
どっちかと言うと強面(こわおもて)の人が安倍さんのことを好きな人が多いんだけど、
ネタニヤフ首相と安倍さんは気分が合うみたいだけど、日本は、アメリカに出来ないような中東の信頼関係も築いて来たので
イスラエルの意見もちゃんと聞く・・・ネタニヤフさんとも、電話で、すぐ話ができるというのは とっても大事な財産ですけれども、
しかし、「ネタニヤフさんと会った翌日に、パレスチナ自治政府のアッバス議長と会うから それでいい」
・・・ということを官邸の側が僕に、回答して来られましたが そんな生易しいものじゃない
と。
じゃ “アッバスさん” と同じように “ネタニヤフさん” と同じような友だち関係を作れるんですか?
ここは本当に慎重に、謙虚にやるべきだと思います。はい。


 話言葉独特の、後ろの言葉をのみ込んだような箇所も多く、文章にするとわかりづらいのだが、要するに青山繁晴は、日本が築いてきた「アメリカにできないような中東の信頼関係」を安倍晋三は壊すな、と言いたかったのだろう。

 このネタニヤフに関しては、同じ保守でも青山氏よりもう少し「リベラル」寄りの(私は嫌いだが)寺島実朗(25日放送のTBS「サンデーモーニング」)の言葉を借りると、「ネタニヤフという、アメリカも手を焼いている右傾した政権」に安倍晋三は接近しているということになる。同じ番組で毎日新聞元主筆(現特別編集委員)の岸井成格も、「(最近の自民党政権がやってきた)『価値観外交』というのはアジア外交の話であって、中東は違った。それが急にアジア外交と同じになってきた」と指摘した。これも前記青山繁晴と同様の指摘といえるだろう。もっとも、この路線転換の先鞭をつけたのは、2003年のイラク戦争に加担した小泉純一郎だったと私は思う。もちろん、アジアで行ってきた「価値観外交」にも問題は大ありであることはいうまでもない。

 それでは、なぜ安倍晋三は、よりにもよって「イスラム国」に人質を拘束されている時に、イスラエル(ネタニヤフ)との親密ぶりを改めて見せつけたり、「イスラム国」対策として2億ドルの供与を約束したりと、あたかもテロリストを挑発するような言動を繰り返したのか。

 その結論を出す前に、後者について興味深いブログ記事をみつけたので、以下自由に引用する。

 安倍晋三は、エジプトで下記のように述べた言葉の英訳は下記

We are also going to support Turkey and Lebanon. All that, we shall do to help curb the threat ISIL poses. I will pledge assistance of a total of about 200 million U.S. dollars for those countries contending with ISIL, to help build their human capacities, infrastructure, and so on.


 ブログ主の訳では下記のようになる。

私たち日本はトルコ・レバノンにも支援をいたします。それらすべてのことは「イスラム国」がもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。私は、「イスラム国」と戦っている国々に、人的能力、インフラなどを創るのを助けるために約2億ドルを供与することをお約束いたします。


 そして、ブログ主は下記のようにコメントする。

イスラム国と戦っている国々に創られる「人的能力」となれば、
それは兵員養成と理解されるだろう。

また、そのための「インフラ」となれば、
前線基地の建設などが思い浮かぶだろう。

「イスラム国」の幹部は
映像でもイギリス英語を話しているから、
それがとうぜん
彼らが受け取ったメッセージとなったわけである。

これでは
日本も十字軍にくわわった
などと言われても仕方ないではないか。


 しかるに、外務省が発表した日本語訳は下記の通り。

イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。


 全然ニュアンスが違ってくる。ブログ主は、

安倍首相が、「人道支援」だと流布することで
なんとか乗り切ろうとしていることがうかがえる。

しかし、「人道支援」だということを
「あらゆるメディアを通じて」
日本人向けにいくら強調したところで、
イスラム国に受け取られたメッセージではそうなっていないのだから、
どうしようもないではないか。

と書くが、その通りだと思う。

 そもそも、「地道な」人道支援というが、「地道な」に当たる英単語は安倍晋三のスピーチのどこにも英訳文にはない。従ってブログ主の訳にもない。外務省が勝手に「地道な」という3文字を挿入して、日本国内向けの印象操作を行っているのである。は「地道な」に当たる単語を英訳文に入れなかったのだ。テロリストはそんなものは英訳しか読まないから、国内の安倍晋三に対する批判を緩和するための小細工と外務省は元の日本語の意味をわざわざ自分から曲解させるような好戦的な英訳をしたとしか言いようがない。

 外務省と安倍晋三の狙いはズバリ、日本が「テロとの戦い」に参加することを、昨年政府解釈を変更した集団的自衛権行使第1号にしたい、つまり自らの手でなしとげた政府解釈の変更の「結果」をも自分で出したいということだろう。狂気の沙汰としか思えない。
(注:上記いくつかの段落の文章に一部事実誤認がありましたので訂正します。安倍晋三はエジプトで英語ではなく日本語で話していました。)

 最後に今回もネトウヨが炸裂している自己責任論について少しだけ触れておく。この「自己責任論」だが、「村八分」とか、阿部謹也のいう「世間」と同じではないか。これは「昔ながらのムラ社会」の論理にほかならず、それが新自由主義と珍妙な結びつきをしたものだろうと思うのだ。「2ちゃんねる村」とでもいうか。

 ネット検索をかけてみると、まあ当然だろうが、そんなことは4年前の2011年に指摘されていた。刑法を専門とする佐藤直樹・九州工業大学大学院教授が書いた『なぜ日本人はとりあえず謝るのか: 「ゆるし」と「はずし」の世間論』(PHP新書)で、2004年のイラク人質事件に絡めて論じられている。以下引用する。

(前略)当初人質家族に向けられていた同情と共感の感情が、家族が「世間」に謝罪しなかったこともあって、政府の「自己責任論」にもとづく非難によって反転し、人質家族へのひどいバッシングとなった。おきたことは古典的な「世間」による村八分的バッシングだったのだが、「自己責任」という非難に使われた言葉が、「後期近代化」による新自由主義の台頭を象徴していた。

(佐藤直樹『なぜ日本人はとりあえず謝るのか: 「ゆるし」と「はずし」の世間論』(PHP新書,2011)より)


 「自己責任論」なんてそんなものだろう。「個人主義の極北」みたいなイメージのある新自由主義も、デヴィッド・ハーヴェイに言わせれば支配者層の階級支配を固定・強化するためのプロジェクトにほかならず、ネトウヨたちはその忠実な傭兵というわけだ。
関連記事
スポンサーサイト

いやぁ、自己責任論を日本的な共同体の論理="村八分"と関係づけるまとめをTogetterで作ったばかりだったんですよ(汗

http://togetter.com/li/774433

早速、まとめ本文も読まないバカが数人ほど釣れましたがwとは言え、内田樹的な「街場の共同体」的な発想や一部保守が言う様な「助け合いの伝統」ってのが、こういう場合には暴力装置と化して突き放す対応になってしまう、ってのがまとめを作ってて思ったことですね。
数か月前にTwitterでのマイミク同士の会話に自分も加わったんですけど、それにマイミクの一人がブチ切れてこう言い放ったんですよね。

https://twitter.com/syuu_chan/status/508936578375241728
うっせえよ、しかもはや感想がないな… んな話してねぇよ、とか通じるわけないしな。二回くらい注意してそれでも直らない人には俺はもう何も言わないことにしてる。面倒だし、俺が福祉をする義務なんてどこにも無いんだから。福祉して欲しければビジネスとしてやるから俺に金を払えって感じ。

前々からこの方とは、保守や共同体の「助け合いの伝統」などで意見を異にすることが多かったんですけど、ここまで難癖つけられたら頭来たんで抗議してリプしたら一方的にブロック。これで「社会民主主義者」を自称しているんだから、唖然としましたよw
2ちゃんねるは愚か、twitterやmixi・facebookだってこの様な"村八分"的なことになったりするってのを見てると、日本社会ってのか日本人って「助け合いの伝統」の様な美名を纏った閉鎖的で排外的な社会が理想的ってのじゃないか?って思うと気が重くなります。

2015.01.26 10:01 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150124/Litera_814.html?_p=2
安倍首相は、わざわざ「支援はISILの脅威を食い止めるため」「ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します」と、軍事援助であるかのような発言をした。さらに、外務省の英訳では、「we shall do to help curb the threat ISIL poses」とより攻撃的なものになった。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150123/Litera_810.html
政府がイスラム国との秘密交渉に失敗していた!? 後藤氏を雇ったテレビ局も関与か

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150126-00000007-pseven-soci
「総理は『フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている』とうれしそうに語っていた。『世界が安倍を頼りにしているということじゃないか』ともいっていた」

 周囲はその言葉を聞いてさすがに異様に感じたという。

2015.01.26 12:53 URL | #- [ 編集 ]

杉山真大さん、トゥゲまとめ多謝です。TWロム専の私としては非常に助かります。
で、このまとめにも関するのですが二つほどありまして。

一つは、今回の件である程度フォロワー数のあるアカウントが安倍の姿勢を批判すると、必ずといってよいほど「テロリスト擁護か」的な短絡的反応が返ってくること。

二つ目は従来の「自己責任論」に加えて、例えば日本外国特派員協会で記者会見開いた中田考氏や後藤健二氏の母、石堂氏の言葉尻を捕らえての嘲笑、悪罵の類が半端ないこと。
もっと言うと例の#ISISクソコラグランプリみたいな、面白きゃ何でもよい的な反応が見られること。
ネット上だけではなく、中田氏、常岡浩介氏、石堂氏の記者会見の模様はそれなりに報道されてますから、結構リアルに知っている人多いのですが、嘲笑悪罵の類ってのがネット上だけであってほしいのですがねぇ。

ともかくも「自己責任論」だけが要因ではないでしょうが、反知主義的なものと権力勾配スルーなものいいと、さらにはオタク的なものとが絡み合って、もう末期症状というかえらいことになっているなってのが、個人的には怖いんですよね。

オタク的なものってのは、全てのオタクがそうではないことは自明なんですが、最初は「どうせアニメアイコンだし、クソコラで炎上したやつも未成年だったし、どうせ若いやつらだろ」と独断と偏見で思ってたんですが、最近オタキングこと岡田斗司夫がそれこそろくでもないことしでかして炎上してますが、あんなの見てるとひょっとして結構年齢高いやつも嬉々として後先考えずにクソコラ画像作ってんじゃねえのってなこと想像しちゃいまして、やっかいだなぁと。

まぁあくまで個人的な戯言ですが、事実として言えば”人質事件の対応評価60% 世論調査、内閣支持率横ばい”だそうでして。
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012501001745.htm

また昨日(25日)NHK日曜討論で安倍が集団的自衛権行使に踏み込んだり、現状認識がハチャメチャだったりしていますが、
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6252.html
おそらく世論的には無問題で、このまま粛々と「テロとの戦い」が進むんだろうなと思うと非常に憂鬱です。

2015.01.26 20:44 URL | white noise #- [ 編集 ]

相手側と連絡が取れない、確認できないから交渉に応じずっという言いわけみたいだが、正直、安倍は去年11月時点で拘束を確認しておきながら見捨てていた。事態を予め想定し怒りを炊きつけ軍事化の布石とする計略だったんだろう。

さらに言えば、二人が拘束されている事を知りながら中東を歴訪し「イスラム国の脅威を食い止める為2億ドルを支援」と表明とは、憲法を蔑にし戦争への歩みを晋めんとする安倍こそテロ誘因を策謀し是を利用して暴力の正当化を謀る破壊者。安倍を殺人罪で刑事告発できないものか?

2015.01.27 19:08 URL | 藤田 #- [ 編集 ]

湯川さんに続き後藤さんも殺されてしまいました。
胸が痛みます。
安部晋三は当初から2人の見殺しを決定していました。
テロリスト、侵略者のネタニアフと親密関係を演じたり、訪問する国々で反イスラム国キャンペーンをふりまいたりと安部晋三の挑発的な中東訪問が事件の引き金になりました。
そして今回の事件は彼にとって願ってもない好機の到来です。
アメリカとアメリカの金魚のフンが行っているイスラム国侵略に参加、侵略を支援するための口実が作れます。
(集団的自衛権行使の名のもとに)
憲法違反の自衛隊派兵恒久法の成立の口実にも出来ます。
早々に事件を悪用して、明らかに憲法違反である邦人救出のために自衛隊の派兵を可能にするなどととんでもないことを言い出しました。
こんな人が首相なのですから、狂気の沙汰です。

2015.02.01 22:26 URL | 風てん #- [ 編集 ]

昨日のコメント
ネタニアフではなく「ネタニヤフ」でしたね。
訂正します。

2015.02.02 23:20 URL | 風てん #- [ 編集 ]

「自己責任論」なんて無意味ですよね。とりきれる「自己責任」なんて無いですよ。

2015.02.18 20:54 URL | 一ちゃん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1375-5d30fda8

[安倍晋三][これはひどい]どう考えても安倍晋三の失言がイスラム国の湯川遙菜氏殺害を招いた
昨日(1/26)公開した きまぐれな日々 集団的自衛権行使のために中東外交路線を変更した安倍晋三 で、下記ブログ記事を引用した。 イスラム国人質事件は首相の舌禍 ( メンタルヘルス ) - ぼそっとVOSOTプロジェクト - Yahoo!ブログ(2015年1月22日) エジプトで行った安倍晋

2015.01.27 08:24 | kojitakenの日記