きまぐれな日々

 2週間ぶりの更新になるが、その間、集団的自衛権をめぐって国論が二分された状況になっているようだ。

 私は普段読売だの産経だのといった新聞をほとんど読まない。産経は、ネットでくだらない記事をたくさん読まされるが、読売にはその機会すらないので、たまに読売新聞の実物を手に取って眺めてみると、集団的自衛権の政府解釈変更のイケイケドンドンの主張には驚かされる。しかし、文化面や日曜日の読書面では、そのような偏りはあまり見られない。最近は、朝日の文化面も、高橋源一郎に論壇時評をやらせて好評とやらで悦に入っているていたらくである。

 読売とは対照的なのが東京新聞で、朝日でもやらない思い切った記事が並ぶ。一時期、隣の芝生が青く見えた時期があったが、日本未来の党を強烈に推した時の印象があまりにも悪く、それ以来、購読紙を東京新聞に代えようとは思わなくなった。

 岩波新書の新刊『日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊』の著者・半田滋氏は、中日新聞の編集委員兼論説委員である。栃木出身の半田氏は、最初地元の下野新聞記者としてスタートし、1991年に中日新聞社に転職した。1993年に防衛庁防衛研究所特別課程を修了した防衛問題を専門とする記者のようだ。

 和歌山市在住の弁護士・金原徹雄さんのブログ経由で、本書の冒頭に置かれた「はじめに」から抜粋する。

 本書は、安倍政権が憲法九条を空文化して「戦争ができる国づくり」を進める様子を具体的に分析している。法律の素人を集めて懇談会を立ち上げ、提出される報告書をもとに内閣が憲法解釈を変えるという「立憲主義の破壊」も分かりやすく解説した。
 憲法解釈が変更され、集団的自衛権が行使容認となれば、将来、起こるかもしれない「第二次朝鮮戦争」で何が起こるのかを自衛隊の極秘文書を基に詳細に記した。米国から「強固な国粋主義者」と呼ばれる首相の驕り、勘違いの数々と、憲法の枠内で頑張る自衛隊の活動との落差も知ってほしい。自衛隊の中に潜む、首相と共通する心情が目覚めかねない危険も書き込んでいる。


 実を言うと、私はまだこの本を半分くらいまでしか読んでいない。200頁そこそこの本だからすぐに読めるのだが、一昨日は土曜日に運動して疲れたあと、昨日、少しばかり今週の仕事の準備をしたあとに読み終えようとしたが、ブログの記事を書き始める時間に間に合わなかったのである。それで、本をほぼ半分くらい読んだ時点での感想を少し記すにとどめる。

 これまで、集団的自衛権について書かれた新書本として、浅井基文(集英社新書,2002)、豊下楢彦(岩波新書,2007)、松竹伸幸(平凡社新書,2013)の3冊を読んだ。浅井氏は第1次小泉内閣、豊下氏は第1次安倍内閣、松竹氏と半田氏は第2次安倍内閣時代にそれぞれ本を書いた。つまりそれらの時期に「集団的自衛権の政府解釈変更」をめぐる議論がなされたことを示す。小泉純一郎と安倍晋三、さらにさかのぼって小沢一郎の3人を「集団的自衛権3人衆」と呼んでも過言ではあるまい。それらのうち2人までをも持ち上げるのが、いまどきの「リベラル」である。

 それはともかく、半田氏の本の大きな特徴として、安倍晋三の異常さをこれでもかこれでもかと描写し続けていることが挙げられる。これは私の心の琴線に触れた。というのは、私は小泉内閣時代に安倍晋三が内閣官房副長官として頭角を現してきた頃から安倍晋三を嫌悪してやまず、2006年にブログを開設するきっかけになったのも、安倍晋三の総理大臣就任を阻止したいと思ったからという人間だからである。他に嫌いな政治家として安倍晋三に肩を並べるのは石原慎太郎と橋下徹くらいのものであり、小泉純一郎や小沢一郎にさえ、安倍晋三に対するほどの嫌悪感は催さない。

 たとえば岸信介に言及する時、著者は「安倍首相の母方の祖父」との枕詞を一度ならずつけているが、私も岸について書く時は必ず「安倍晋三の母方の祖父」と書く。これは単なる表層的な例だが、節のタイトルから一部を引用すると、「オバマに嫌われている」/フェイスブックで元官僚を批判/「こういう憲法でなければ、横田めぐみさんを守れた……」/解釈改憲狙った内閣法制局人事/首相による「クーデター」などなど。そもそも第1章のタイトルが「不安定要素になった安倍首相」である。

「フェイスブックで元官僚を批判」の節の「元官僚」とは田中均だが、著者は安倍晋三が発したフェイスブックの文章を引用して、

 日本の首相がこれほど感情的な文章を公表した例はほかに知らない。秘密にすべき外交にかかわる政府内部のやり取りを、だれでも読むことができるフェイスブックで公にした点も注目に値する。(本書20頁)

(前略)身内同然だった官僚から批判されたことに我慢がならなかったのだろう。子どものように筋違いの過去の因縁話を暴露して、うっぷん晴らしをしている様は首相の品格を疑わせる。(同21頁)

などと書いている。

 さらに、第2章「法治国家から人治国家へ」の冒頭部分を引用する。「人治」の「人」とは安倍晋三のことである。

 「最高の責任者は私だ」

 為政者が「法の支配」を無視して、やりたい放題にやるのだとすれば、その国はもはや「法治国家」ではない。「人治国家」ということになる。ならず者が街を支配して、「俺が法律だ」と言い放つのと何ら変わりない。

 安倍晋三首相は、憲法改正ではなく解釈変更により集団的自衛権の行使を容認できるか問われ、こう答弁した。

 「先ほど来、法制局の答弁を求めていますが、最高の責任者は私です。政府答弁に私が責任を持って、その上で私たちは選挙で国民の審判を受けるんですよ、審判を受けるのは法制局ではないんです。私なんですよ」(二月十二日衆院予算委員会)

 意味するところは、「国会で憲法解釈を示すのは内閣法制局長官ではなく、首相である私だ。自民党が選挙で勝てば、その憲法解釈は受け入れられたことになる」ということだろう。

 第二次安倍政権は特定秘密保護法を強行採決したり、首相本人が靖国神社へ参拝したりとやりたい放題である。自民党と公明党の与党は衆参両院で過半数を占め、安倍内閣の支持率は高い。思い通りにやってどこが悪い、というのが本音ではないだろうか。

 この日。安倍首相は野党議員が内閣法制局次長に繰り返し、答弁を求めたのにいらだち、席に座ったまま「おれ総理大臣だから」「法制局の方が偉いのか」と答弁を求め、この「最高責任者は私だ」発言に至った。中世のフランスで絶対君主制を謳歌したルイ十四世の「朕は国家なり」を彷彿とさせる。

(半田滋『日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊』(岩波新書,2014)35-36頁)


 しかし、そんな安倍晋三を持ち上げるのは何も自民党の政治家に限らない。たとえば日本維新の会(怪)の参院議員・中野正志は安倍晋三の答弁を受けて「さすがでございます」などと持ち上げたという(本書45頁)。そしてそんな政党の共同代表を「私と考えは同じ」と持ち上げた泡沫政党の党首・小沢一郎にいまだにすがるのが日本の「リベラル」というものらしい。

 著者が力説する安倍晋三の異常さについては、著者の書く通りだと思うけれども、そんな安倍晋三に約半数が支持を与えてしまっている現状を思うと、空しさは募るばかりである。

 日本国民は、つい7年前には、参議院選挙で安倍晋三に「ノー」を突きつけ、ついに安倍晋三を政権の座を投げ出させたことがある。そのあとに政権を担った民主党のぶざまさがあったとはいえ、他の政治家ではなく安倍晋三をわざわざ党の総裁に選んだ自民党を容認できる忍耐強さは、短気な私には到底理解できない今日この頃なのである。
関連記事
スポンサーサイト

>つい7年前には、参議院選挙で安倍晋三に「ノー」を突きつけ

多くは小泉と安倍をくらべて、安倍に不満を感じた人たちでしたよね。

2014.05.26 12:17 URL | nessko #aIcUnOeo [ 編集 ]

半田さんが衝撃的発言
「実は個別的自衛権の行使は戦争だった」

「半田滋編集委員のまるわかり集団的自衛権(4)米艦艇防護」2014/05/20(東京新聞)
ttp://amba.to/1jybLK6

Q:個別的自衛権で対処可能とも言われています。※米艦艇防護については

A:「米艦艇の防護」について考えてみましょう。米艦艇を攻撃するため艦艇や航空機が差し向けられる事態は、もはや戦争でしょう。
日本が侵攻を受ける日本有事の際、来援した米艦隊を防護することについて、政府は「個別的自衛権に入り、合憲」(一九八三年三月八日衆院予算委)との見解を示しています。

「米艦艇を攻撃するため艦艇や航空機が差し向けられる事態は、もはや戦争でしょう。」

まあ知ってましたが(笑)
護憲派の重鎮がコレ言っちゃうのはいかがな物かと

2014.05.26 15:54 URL | 納豆 #- [ 編集 ]

>日本が侵攻を受ける日本有事の際

その場合は、今までの憲法解釈でも可能な日本への侵略に対する個別自衛権が発動されるわけですから、直接日本を守るための防衛行動の一環に他なりませんけどね。
遠くアフガニスタンのようなところで戦争するのとは全く違うことです。

2014.05.27 07:47 URL | ミリシヤ #- [ 編集 ]

ちょっと関係ないですが…

陰謀論という妖怪(魚住昭)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39326

↑ご存知かもしれませんが、こういう記事は、もっと早い時期に出して欲しかったですね…。

メディア的に名のある(?)論客による、初めてのまともな批判かもしれない。そりゃ検察関連については、魚住ならいくらでも間違いを指摘できるだろう。遠慮してたのかなと思ったが、「読んでなかった」のか・・・?

しかし、この本については、こちらのブログ含めネット上ででもなされた通り、同じような指摘が無数にできると思います。

2014.05.27 10:39 URL | ヨッシー #oh4NkpYI [ 編集 ]

TPP反対のデモをやっていた人達を左翼呼ばわりした時は本当に救いようが無いと思いましたね
ネトウヨや自称中道の在日認定と同レベルです

2014.05.27 20:17 URL | with #- [ 編集 ]

古寺多見氏の意見には、私は、賛同出来る物が多い。

殆どと言っても良い。

だが、一つだけ、どうしても賛同出来ない物が有る。

陰謀論を”トンデモ”と頭から決めつけている事だ。

だって、その”陰謀”を普通に”仕事として”年中やっているのが、CIAな訳で。

<a href="http://www.47news.jp/CN/200607/CN2006071901000837.html" target="_blank" title="そのCIAが、ずっと支援してきたのが、自民党な訳で。">そのCIAが、ずっと支援してきたのが、自民党な訳で。</a>


「陰謀なんか無い!」

という方が無理が、ありません?

<a href="http://www.youtube.com/watch?v=aRJ02-2Vw9c" target="_blank" title="リンクの動画">リンクの動画</a>は、元日経記者の物だが、私には、この人が言ってる事が、インチキ話やトンデモとは思えなかった。

そして、陰謀論として片付ける事により、喜ぶ人はCIAを始め、確実に居るだろうと思う。

2014.05.28 06:24 URL | とある一般人 #- [ 編集 ]

陰謀の類がないとは誰も言ってないでしょ。CIAであれなんであれ、米国は世界中で色々怪しげな試みはやってきただろう。

問題は米国の陰謀や不適切な介入が日本の政治にどれだけ具体的な影響を与えてきたかということ。占領期であれば鳩山追放みたいにはっきりしてるものもあるが、孫崎は占領期から今日に至るまで、米国が自らの意に沿わない日本の政治家を、検察等官僚機構を通じてほとんど意のままに失脚させてきたかのごとく書いている。しかしまともな証拠や論拠を上げたことなどまったくない。その点をトンデモだと言っているのだろう。

2014.05.28 14:03 URL | 小鷹 #- [ 編集 ]

 そうですね。kojitakenさんは、陰謀があるからと言って信じたいものを信じる人たちを批判しているだけで、陰謀がないとは言っていないですよね。

2014.05.28 21:44 URL | suterakuso #- [ 編集 ]

自分は、孫崎氏には触れてないので、彼の著書をどうこう言いたいのではなく。

この世は、陰謀が有って当たり前。

そして、本当の敵って誰?

って事を言いたいだけです。

古寺多見氏が、そういうお立場なら、自分がこれ以上言いたい事は、有りません。

なんか、早速?

ていう、CIAが自民党を支援してきてた、共同通信社の記事が削除されていた?のかな。

そうじゃないかもしれないけど、参照出来ない様子の。

ウエブ魚拓取って、貼っときます。

http://megalodon.jp/2014-0529-0405-28/www.47news.jp/CN/200607/CN2006071901000837.html

そして。

勿論、今の首相を筆頭に、操り人形を批判するのは、私も同意だし。

意味有る事だとは、思いますが。

本丸に切り込んで欲しいという思いは、一読者として有ります。

2014.05.29 05:03 URL | とある一般人 #- [ 編集 ]

集団的自衛権については、アメリカの行う戦争に日本を巻き込むと同時に日本の始めた戦争にアメリカを巻き込む意図を指摘するむきもありますが、アメリカ側の意図はやはり、「思いやり予算」同様の肩代わり押し付け戦略が中心にあるように思いますね。
オバマも28日の陸軍士官学校の卒業式訓示でキッシンジャーの21世紀認識にも似たことを言っているようですよ。曰く、「最高の金づちを持っていても、解決すべき問題が全て釘だとは限らない」(訳文30日付け「しんぶん赤旗」)と。
この言及は、21世紀国際社会における非対称戦の主要脅威化や平和外交の重要化を指摘しているだけでもないようですね。自国軍事力だけではなく、「同盟国や友好国を動員して共同で対処する」必要(同前)や国際基金の創設、つまり、肩代わり戦略のいっそうの促進の必要性を強調しているということでしょう。
やはり、アメリカの意図は外せないですね。
安倍の悪しき意図を過大評価することは、かつての自立帝国主義論の再販に通ずる。

2014.05.30 09:58 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #CrLMSZ1k [ 編集 ]

今後の政局を推測。

安倍晋三は(石原新党と比較して)橋下新党と連携する確率が高い。

・維新幹事長、分党後も政権へ是々非々(日本経済新聞)
> 菅義偉官房長官と日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が5月31日夜、都内のホテルで会談していたことがわかった。松井氏は維新の分党後も安倍政権には政策ごとに是々非々の対応で臨む姿勢を強調。菅氏は賛同できる政策での協力を求めた。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS01018_R00C14A6PE8000/

・第47回衆議院総選挙総合スレ 136(2ch)
> 橋下と石原の分裂は裏で小泉父の仕掛けの臭いがプンプンするな。
> 橋下とみんなの党と自民の小泉一派全てに通じているやつって、竹中と高橋洋一だろ。
> 竹中は産業競争力会議やら小泉父の例の組織入りですごく活発。
> 小泉父と竹中の目的は脱原発の名を借りたリフレ派の集結で、谷垣や石破潰しかと。
> 維新の動きをよく見ると、そうしたリフレ派集結の動きに通じたものがある。
> まずは橋下のBI。
> BIはみんなの党方面のイメージがある。
> 原田泰や飯田泰之や山崎元はみんなの党と通じているイメージがあるが、維新と通じているイメージは全く湧かない。
> 数日前の福島県知事選の独自候補擁立宣言。
> 福島県の維新は元みんなの党のイメージしかなく、しかも県議に至っては個人票軍団。
> そんなんで独自候補擁立はあり得ないレベル。
> 小泉父は福島県知事選で仕掛けることを示唆していて、増子に拒否られたから維新に話を持ち込んだとみる。
> 元々小泉父はリフレ派を集結したがっているし。
> 最近の黒田は与謝野と変わらんから小泉父は唖然としていそうだし。
> 小泉父は小泉父、安倍、橋下、喜美、江田、小沢一郎らでやりたいのが本音かと。
> 小沢一郎は日銀法改正を明言しているし。
> 最近は経済学者が竹中化していて竹中擁護も目立つ。
> 長々と書いたが、維新の動きは小泉父が裏で橋下に働きかけたとみる。
> 小泉父と竹中信者が暴れすぎ。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/giin/1401266182/62/

安倍晋三が、小泉純一郎、または、小沢一郎と裏で繋がっている場合 ⇒ 石原新党と連携する確率が一層下がる。

<理由>
・小泉純一郎(対立)石原慎太郎
・小沢一郎 (対立)石原慎太郎
のため

安倍晋三が、小沢一郎と裏で繋がっている場合 ⇒ 中田宏・山田宏と連携する確率、および、民主党(前原グループ・野田グループ・民社グループ)と連携する確率も下がる。

<理由>
・小沢一郎 (対立)中田宏・山田宏
・小沢一郎 (対立)民主党(前原グループ・野田グループ・民社グループ)
のため

2014.06.01 23:03 URL | shinoshi #CSJ8FyD2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1346-4a868123