きまぐれな日々

消費税増税前日だった先週月曜日(3/31)から何日か続けて、同じ時間帯に同じスーパーでレジの前に並ぶ買い物客の列を観察してみた。3月31日には見たこともないほど長蛇の列だったが、翌4月1日にはほとんど人がおらず、その後も客がなかなか戻っていない。

今後しばらく経って、1〜3月度の駆け込み需要が反映された経済指標が発表される。4〜6月にどのくらい落ち込むか、そしてその後どうなるかはさらに時間が経たなければわからない。安倍政権の経済政策について、はっきり結果を云々できるのは、ようやく年末あたりになってのことかもしれない。

その間、あの憂鬱な安倍政権の支持率が高止まりしたまま推移するかと思うとうんざりするが、新年度最初の記事でもこうしてぼやくくらいしか能がないのが現実だ。

今日はとりわけ記事を書く気力が減退していて、短く終えたいと思うのだが、現在目立つのは、民主党で支持基盤を安定させたと見たのかどうか、海江田万里が本性を発揮して、民主党が東電原発事故前の2007〜2011年にそうであったような、本格的な原発推進政党へと回帰しつつあることと、みんなの党の渡辺喜美の党首辞任が確実視されるようになったことだ。

なにしろ海江田万里とは、経産相を務めていた2011年8月に、九州電力の玄海原発再稼働を当時の首相・菅直人に阻まれて国会で悔し涙を流した御仁だから、あまりにも明々白々な原発推進派なのだが、それでもつい最近まではその本性を隠して、自民党との対決姿勢を打ち出していた。しかし、ついに本性を現し、「ゆ党」と揶揄されるみんなの党や日本維新の会でさえ反対したトルコやアラブ首長国連邦(UAE)への原発輸出を可能にする原子力協定の承認案に賛成した。

民主党内からは承認案に反対した議員は現れず、菅直人や辻元清美、生方幸夫らの抵抗も、「欠席」や「退席」が精一杯だった。

このていたらくは、民主党のさらなる党勢後退と、その末路としての党消滅を約束するものであろう。

また渡辺喜美は、8億円融資問題で雲隠れしてしまった。7年前に総理大臣の座を自ら投げ出した安倍晋三や、全く政権交代の意義を自覚せず、4年前に短期間でやはり総理大臣の座を投げ出した鳩山由紀夫などと同様、世襲政治家の「打たれ弱さ」には呆れるほかない。

こうして民主党やみんなの党が流動化を始めると、それらを束ねようとする人間が必ず現れるが、橋下徹がそれを狙ってかどうか、結いの党との合併を前倒しする動きを見せた。

しかし、安倍晋三と橋下徹の二大政党制など、仮に実現すれば日本を地獄の底に突き落とすもの以外の何物でもあるまい。

仮に保守系野党を束ねる政治家が橋下徹でなかったとしても、保守政治家たちを束ねていつか作られるであろう野党第一党は、安倍自民党の補完勢力以外の位置づけには絶対にならない。

なるほど、これが坂野潤治氏が言うところの「批判勢力の絶え果てた『崩壊の時代』」の政局というものなのかと、無力感に襲われる。

問題は、こうした現況が、安倍晋三を筆頭とする「歴史修正主義政権」が引き起こした日本を国際的孤立をますます深めていくだけだということだ。現在の政局は無風の安定的な状態にあるように見えるが、国際関係を考えた場合、大きな歪みエネルギーが蓄積されつつある状態と思える。

そのエネルギーがあまりに大きくなると、大地震と同じで、それが一度に解放された時に日本社会に与えるダメージも巨大なものになる。いうまでもなく私は、1945年8月15日の敗戦をイメージしている。

そうならないうちに、まずは早期に安倍晋三を引きずり下ろさなければならないと思うが、そのきっかけは全く見えない今日この頃なのである。
関連記事
スポンサーサイト

「敗戦」程度なら未だマシって気もするんですよね。

自分は、(周辺諸国黙認の中で)日本が独立ばかりか主権すら取り上げられる=アメリカ辺りに併合されるって未来図を想像しちゃうんですよ。民主主義と平和憲法があっても、ヘイトスピーチが幅を利かし矢鱈周辺諸国と摩擦を起こす様な国民に独立や主権を認めようなんて奇特な方は先ず考えられませんから。

例えば、沖縄が基地問題でこじれた挙句独立なんか宣言した場合、それに乗じて中国とアメリカが同時に独立を承認して(もちろんアメリカは多額の援助と米軍の駐留を多少なりとも認めさせるのでしょうけど)、これを日本が反乱行為として自衛隊の治安出動をかけたら「平和憲法を自ら破って他国を侵略しようとした!」って大義名分が出来て、在日米軍の一斉出動で日本を一挙に占領してしまうって可能性は無きにしも非ずですし。クリミアをめぐる一件で自分は、こういう「未来図」を想像したくらいですから。

勿論、周辺諸国だって(アメリカが残るとは言え)体の好い厄介払いが出来て歓迎するでしょうし、何よりアジア諸国が日本抜きでも欧米と渡り合っている中で日本が矢鱈出しゃ張っては問題を起こすのには辟易しているのではないかと。中国の牽制役としては期待しても、物騒な「自主路線」なんてのは真っ平御免→まだアメリカが直接出てくれた方がマシって考えるでしょうし。

2014.04.07 09:39 URL | 杉山真大 #- [ 編集 ]

バブル経済が崩壊した頃、自らのバブル加担に頬被りしたままで「バブル崩壊は敗戦時に匹敵する日本経済の崩壊だ」「国民は今後は忍耐の時代を覚悟しなければならない」などとかたちを変えた更なる悪政の押し付け脅迫をしていた体制派の連中がいたけど、我々はああいう一面的なペシミズム宣伝とは一線を画さなければいけないんですよね。そうじゃないと都知事選でのおバカ文化人と同水準の絶望型幻想に落ち込んじゃうです。
オレはそういう議論を「かつての敗戦は使用価値、(貨幣的)価値両ベースの崩壊だったけれど、バブル崩壊は単なる価値棄損でしかなく、日本の実体経済の再生産能力はいささかも破損していない」と批判していました。そう、ペシミズムは、変革や社会進歩の可能性を見失う戦意喪失にしかならないんです。

たしかに、日本の民意状況は混迷していると思います。それは、安倍の靖国参拝についての世論調査などでも検証されている。
しかし、それでも有権者の多数派は、もう安倍的自民に投票はしていません。橋下からも卒業しつつある。
局面は、昨日の京都の府知事選・府議補選結果のような事態で膠着しているのでしょう。

ここに、自公政権にも民主党的代替勢力にも橋下渡辺的ニセ第3極にも幻滅した、さりとて共産の「自共対決」論にも簡単には乗れない日本社会の現状がある。膨大な棄権層を産み出す日本社会の混迷と模索(それは、程度の差こそあれ、欧米でも同様)がある。

ま、それでも、安倍的なものにも確実に寿命はありますよ。日本では北朝鮮のような世襲による体制継続は出来ないし、集団指導体制をもつ極右勢力などというのも存在不可能な背理ですからね。

バブル崩壊時ぐらいの犠牲はまた覚悟しなければならないでしょうが・・・・

2014.04.07 20:44 URL | バッジ@ネオ・トロツキスト #CrLMSZ1k [ 編集 ]

あらためてコメントします。

ブログ主さんの予想が的中しています。しかしブログ主さんが肩を落とす必要はなく全ては腐敗した左翼政治家の責任です。今日も政界は活発に動き出した。世間はみんなの党の渡辺辞任一色だが我々は河村たかしが減税日本を解党し維新の会と結婚するニュースに着目している。勿論、統一地方選挙を睨んだ双方が利する為の戦略だ。しかも安倍総理の靖国参拝は当然だ!とのコメントをあからさまに発表し極右色を全面に出しての結婚だ。名古屋はリベラル色が強く民主党大国といわれ脱原発に力を入れてきた中日新聞本社もある日本三番目の大都市だ。前回の参議院選でみんなの党に敗れたが共産党も強い地域でもある。みんなの党の献金問題があれば間違いなく共産党が勝っていた。そんなリベラルの牙城に全国区の無敗の帝王、庶民派の名物市長が維新の会と結婚するのだから左翼陣営に激震が走っていると推測する。政治家として優れた嗅覚をもつ河村たかしは左翼に勝ち目無しと決断したに違いない。しかもこの結婚は都知事選でファッション反原発文化人芸能人が必死で持ち上げた結いの党が仲人役とゆう情けない状態である。ブログ主さんの予想されるように民主党の主流派も右に動かざるおえない状態ではなかろうか。細野豪志や前原誠司などはこれが好機とばかりに尻尾をふって維新の会にすり寄ると予想できる。いずれにしても統一地方選の左翼の大敗は確実である。一刻も早い左翼による左翼革命が急務だと確信する。

2014.04.07 22:04 URL | トルストイ #- [ 編集 ]

kojitaken様

> しかし、安倍晋三と橋下徹の二大政党制など、仮に実現すれば日本を地獄の底に突き落とすもの以外の何物でもあるまい。
>
> 仮に保守系野党を束ねる政治家が橋下徹でなかったとしても、保守政治家たちを束ねていつか作られるであろう野党第一党は、安倍自民党の補完勢力以外の位置づけには絶対にならない。


橋下徹が徐々に経済左傾化しつつある点に気付いている?

橋下徹本人が本能的にBI等の経済左志向を持っているからなのか、太陽の党による影響なのか知らないが、今の安倍晋三と橋下徹を比べたら明らかに橋下徹の方が経済左。

また、結いの党と合併することにより、政治軸も多少左傾化する余地がある。

本会議代表質問(1/29)(江田憲司HPより転載)
> 一方で、市場主義社会は、基本的に優勝劣敗の世界でもあります。そのまま放置しては当然、非効率な衰退産業は市場から退場を迫られ、失業者は生まれ、格差も広がってしまう。そういう人たちのために、手厚いセーフティネットを構築しなければいけません。「政治は社会的弱者のためにある」のです。
>
> こうした考え方、「小さな政府で大きなサービス」の良い例がスウェーデンです。スウェーデンは社会福祉大国だと言われますが、衰退する産業を潰すことも厭いません。リーマンショックで経営危機に陥った自動車メーカー、ボルボやサーヴでさえ救済しなかった。もちろん、大量の失業者も出てきます。そこで、政府は三年ほどの時をかけ、職業訓練などを行って再就職先まで面倒を見る。そういうシステムが構築されているのです。この手厚いセーフティネットの構築についての安倍政権の政策は何ですか?具体的にお答えください。

http://www.eda-k.net/activity/kokkai/201401/20140129a.html

これは橋下徹ではなく江田憲司の言葉だが、江田憲司や橋下徹が言う「小さな政府」の意味は行政機構や行政コストの意味であって、福祉やセーフティネット、再分配等はある程度「大きな政府」を目指している。



> そうならないうちに、まずは早期に安倍晋三を引きずり下ろさなければならないと思うが、そのきっかけは全く見えない今日この頃なのである。

安倍晋三を引きずり下ろすには、維新でも自民の非安倍勢力でも良いから、他の保守勢力(小選挙区制志向が極めて高い生活を除く)を(消極的でも良いから)支持する必要がある。

2014.04.08 21:30 URL | shinoshi #CSJ8FyD2 [ 編集 ]

BIは経済右派の論ですよ(ってこんなこと誰でも知っているかと思ったけど)。新自由主義と親和性が高く、いわば社会保障の手切れ金とも言っていい存在がBI。

江田のHP、スウェーデンが小さな政府って、何を基準にものを言っているのかしら? 国民負担率は日本より高いし、みん党が大嫌いな(笑)公務員の人件費だって日本よりはるかに大きい。

小さな政府で大きな福祉なんて絵に描いた餅なんですよ。小さな福祉というと反発を食うから言わないだけで。
消費税増税分は価格に転嫁しません、その代わりに従業員の給料を減らします、などと言えば、そりゃ無責任な客には受けるかも知れないが、そんなのブラックでしかないわけで。
みん党や橋下が言っているのはそういうこと。そんなのは経済右派左派以前の問題。

2014.04.09 23:26 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

正直な所、良い意味でも悪い意味でも日本にできる余地なんてたかが知れてる気がするんだよね。日本だけで横行してる議論が多すぎ。戦略対話とか見てればわかる通り、むしろ昨年あたりから潮目変わってきてる。米国の論調を注意深く見てればわかること。WaPoなんか盛んに書いてるけどさ。

2014.04.10 20:12 URL | 仁科 #MF8IyTP2 [ 編集 ]

日中関係が改善したら、民主党は完全に終わってしまうだろうね。その周辺勢力も大打撃

2014.04.10 21:48 URL | BOGENTA #8jjQQGkw [ 編集 ]

>日中関係が改善したら、民主党は完全に終わってしまうだろうね
>その周辺勢力も大打撃

意味が分かりませんね。
周近平政権の対日強硬政策と安倍政権の「歴史修正主義」的な姿勢との相互作用で悪化を続けている日中関係がそい簡単に改善されるものでしょうかね。
で、もし改善されたとしてそれで民主党が完全に終わってしまうという根拠は何でしょうか?
民主党が凋落した主な原因は、政党としての纏まりの無さや支持層に消費増税の必要性などの政策を充分に説明しきれなかったことなどであって外交問題ではないと思いますけどね。
日中関係がどうなるかに全く関係無く、民主党が政党としての組織力の充実と信頼される方向性が出せるかどうかの問題だと思います。

あと、民主党の周辺勢力とは何でしょう?
政策のベクトルが大きく異なる共産党や社民党とは考えられませんので、生活党や結の党などでしょうか。
あるいは、政党のことではなくて連合などのことでしょうか。
いずれにせよ、「周辺勢力」とは何を指すか想像がつかないのですが?

2014.04.11 13:58 URL | ミリシヤ #- [ 編集 ]

飛び入りの凡人様

江田や橋下が目指しているのは、理不尽な利権や不公平が少なく、努力が報われ、かつ弱者に優しい社会らしい。

経済はできるだけ市場経済や民間活力をいかして北欧のような競争原理を導入し、一方でセーフティネットは完備する事で弱者対策をして、国際競争力を高めつつ国民が豊かになるのを目指している模様。

要するに、
・利権、行政機構、行政コストが「小さな政府」
・福祉、セーフティネット、再分配が「大きな政府」
と言う意味。

表にすると↓

    利権が大きい政府

福      1      福
祉      1      祉
再  旧来自民 1 安倍自民  再
分      1      分
配      1      配
が 一一一一一十一一一一一 が
大      1      小
き  結いの党 1      さ
い   &  1旧来民主? い
政  日本維新 1      政
府      1      府

    利権が小さい政府

2014.04.11 23:10 URL | shinoshi #CSJ8FyD2 [ 編集 ]

補足します。

ブログ主さんは預言者です。
昨日、維新の会の石原と結いの党の江田が会談。石原の江田は護憲派か?との質問に結いの党は正真正銘の改憲派と宣言し憲法改正に意欲を見せた。維新と合流する元民社党、春日一幸の弟子、河村たかしも熱心な改憲派である。勿論、河村たかしも小泉細川支持で東京に応援演説まで行っている。結いの党の江田はみんなの党時代に安倍の親衛隊の故三宅久之を講師として招きいれ政治スクールなどで活発に右派活動してきた。みんなの党が安倍政権に同調するのも自然な流れである。ここに左翼崩壊の需要なポイントがある。小泉熱狂ファッション反原発派は政治思想は左派リベラルを装っているが福島を利用した悪徳商法で日和見主義、個人主義、拝金主義、利己主義の類いである。その証拠に毎日、ファッション反原発派のド派手な写真がTwitterやFacebookでUPされている。消費増税などどこ吹く風の勢いで連日ミシュランレストランやクラブでパーティー三昧、高級シャンパンではしゃぐ姿は滑稽であり怒りを通り越し哀れな気持ちになる。反原発で儲けたお金は高級外車、高級ブランド、高級時計、億ションなど購入に当てられている。逆にファッション反原発派が福島に多額の寄付やボランティアをした記事は全く見当たらない。むしろ放射能汚染を警戒し近寄らないのが現状ではなかろか?富の再配分とは対局にある悪質な偽善者である。具体的な政策はなく陰謀論かネット右翼に変装した反米主義で安倍政権を叩くのが精一杯で、まともな国民から支持されるはずもない。むしろ軽蔑されている。反原発の大惨敗がその証拠である。はっきり言ってファッション反原発派はネット右翼以上に害悪である。例えばバカ芸能人文化人ファッション反原発派がしきり持ち上げていた民主党、枝野も憲法改正の国民投票に笑顔で賛成している。こうしたリベラル左派に投票した有権者を愚弄する左翼政治家の愚行をあげればきりがない。この現状では左翼腐敗としか言いようが無い。反原発を言い出し政権を放り投げた、すっから菅直人、枝野、辻元ら民主党左派議員、悪徳ファッション反原発派の後ろ盾になり悪しきポピュリズムを推進している支持率0%の社民党や小沢グループ、みどりの風などのバカ左翼議員は全員頭を丸めて共産党に入党し一党員になりビラ配りと雑巾がけから勉強し直すべきである。

2014.04.12 03:31 URL | トルストイ #- [ 編集 ]

>・利権、行政機構、行政コストが「小さな政府」
>・福祉、セーフティネット、再分配が「大きな政府」
>と言う意味。

北欧は行政機構も大きな政府ですよ。
そうでないと福祉・セーフティネットを維持するのは難しいと思いますが。
BI的に要不要かまわず全員にばら撒けば別ですが。

2014.04.12 22:08 URL | Executor #- [ 編集 ]

>shinoshi様

私は貴方に反論しているのではなく、みんなの党や橋下の脳味噌お花畑を批判しているので誤解されないように願います。

まず「利権」という言葉は便利な言葉で、なにかを行う時に収益力がある機関に対しては必ずこう呼ぶ勢力が存在します。「復興利権」なんてその最たるものです。
確かに利権がまったくない社会などないとも言える面もありますが、みん党・民主党経済右派が幅を利かせてからは、お金が集まればそこは「利権」と呼ばれる。これは呼ぶものの主観です。みん党や橋下はその主観に基づいて「利権」認定をしているだけです。

一方、公的機関が運営すべきものを民営化していることについては、日本は世界の最先端を走っていると言って間違いありません。日本はすでに極度に小さな政府になっております。例えとして「防災」はどうでしょうか? 民営化できるでしょうか? まず無理だと思います。
そして日本の行政機構は、すでに民間に任せることのできない面しか残っていない状況です(民間に任せてはまずい面まで民営化してしまったとも言えるでしょう)。

また行政コストを削減して、大きな社会保障というのもまったくの絵空事です。福祉再分配を大きくするというのはお金をばら撒くことでしょうか? それとも社会保障の環境を整備すること?
前者ならBIが該当するでしょうが、その実態は「金はくれてやったからあとは自分で民間業者を使用してなんとかしろよ」というものです。

かつて日本のマスコミは総出で「北朝鮮は地上の楽園」と言い、北への帰還者を地獄に送り込みました。みん党や橋下の言う「小さな政府で大きな福祉」などというのはこれに似て、できもしない甘言で有権者を釣り、その結果は悲惨な結果しかもたらさないと言えるでしょう。
これに近いことをした民主党政権時代に、生活保護世帯が増加の一途をたどったことを見れば明らかだと思われます。

2014.04.12 23:30 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1341-90e92969