きまぐれな日々

今朝、各紙は小泉首相がようやく加藤紘一代議士の実家が放火された事件に言及したことを取り上げた。以下は朝日新聞が報じた例。
「首相、暴力での言論封殺を批判 加藤氏の事件で初言及」 (asahi.com 2006年8月28日 11時41分)

以下引用する。

 小泉首相は28日朝、首相の靖国神社参拝を批判した加藤紘一元自民党幹事長の実家が右翼団体幹部に放火された疑いが強まっていることに関し、「暴力で言論を封ずるのは決して許されることではない。こういう点については厳に我々も注意しなければならない。戒めていかなければならない問題だ」と語った。15日に起きた事件について首相が言及したのは初めてで、首相公邸前で記者団の質問に答えた。
(asahi.com 2006年8月28日 11時41分)

この部分だけを切り取ってみれば、小泉純一郎の意見は正論だ。だが、この事件が起きてからいったい何日経っているというのか。もう二週間にもなろうとしているのだ。

加藤の実家が放火されたのは8月15日だ。この時、ネットウヨは言論封殺を憤るどころか、むしろこれを歓迎するような意見をネット上に撒き散らした。当ブログより一日あたりのアクセス数が2桁多い人気右翼ブログが、このテロを肯定したことがネットで話題になったのは、記憶に新しい。

小泉の靖国参拝が、こうしたネットウヨの跳ね上がりに火に油を注ぎ、テロリストに加藤邸を放火せしめたことは、疑う余地がない。加藤邸の放火は、小泉が靖国に参拝した、まさにその日に起きたテロである。

ところが、先週及び今週日曜日のテレビの政治番組で、普段小泉マンセーをしている田原総一朗その他が、珍しく「これは言論の自由への挑戦だ」と声を荒らげ、コメンテーターや小泉?安倍系列以外の自民党の政治家も、「小泉さんが強くなり過ぎて、自由にものを言えない雰囲気になった。それがこうした事件につながった」と批判するようになった。政界やマスコミ界でどういう力学が働いているのかはよくわからないが、このところ少しずつ、マスコミは小泉が思うようにはコントロールできなくなり始めているようなのだ。いろんな情報を吟味してみて一つだけわかることは、ナベツネはどうやら加藤側についているらしいということだ(やつのことだから、いつ寝返るかはわからないが)。小泉は、こういう状況を見て、やむを得ず加藤邸放火事件にコメントしたものだろう。もちろん、不承不承発言したものに違いあるまい。
さて、小泉が加藤邸放火事件に沈黙を守っていた頃、「われらが」安倍晋三は一体どうしていたかというと、これはもう誰もが想像する通り、小泉と一緒に沈黙を守っていたのである。先ほどのasahi.comの記事の続きを引用する。

 安倍官房長官も28日の記者会見で「仮に加藤議員の言論を弾圧し、あるいは影響を与えるような行為であるとすれば許されない。そういうことに言論がねじまげられてはならない」と語った。
(前掲記事より)


「仮に」とか、「であるとすれば」とか、いかにも嫌々コメントしているのがミエミエで、本当にむかつく。小泉のコメントでさえ、ここまでの不快感は与えない。

あまつさえ、田原総一朗がこのテロを起こした暴力団員の上部組織であるとテレビで明言した広域指定暴力団・住吉会は、安倍晋三とのつながりが取り沙汰されているのだ(当ブログではその噂の真偽については何も言わないが)。その安倍が、いかにもしょうがないからコメントしといた、みたいな発言を、事件から13日も経ってからする。頭に血が昇るとはこのことだ。

さて、その安倍晋三に対する批判だが、これもこのところマスコミに解禁されたかのように思える。先週、朝日新聞社及び毎日新聞社が発行している雑誌媒体などに安倍批判の記事が載ったのに続き、今週の各社の雑誌記事は、その見出しを見る限り、安倍批判のボルテージを上げている。

たとえば、「週刊大衆」の9月11日号の中吊り広告はこんなふうだ。
http://www.futabasha.co.jp/assets/html/magazine/img/taishu/20060911/ad.html

「週刊現代」になるとさらに過激で、「あのジェラルド・カーティスがTV収録前に大放言」という副題で、

安倍晋三は頭も心も体も弱い政治家」

なるタイトルの記事を掲載している。関東・東海・近畿地方にお住まいの方は、既に記事を目にされているかもしれない(当地では雑誌の発売は明日)。それにしても、首相就任前からここまでボロカスに叩かれる政治家も珍しいだろう。暴力団との癒着、カルト教団との癒着、日本国憲法を丸ごと破壊しようという超タカ派思想とは裏腹の、極端な頭の悪さ(笑)と、これほど叩きどころ満載のやつなんて、生まれてこのかた見たこともない。

ところが信じられないことに、自民党という政党の内部では、皆がこぞってこの安倍へなびいているのだ。ここまでくると集団ヒステリーとしか思えない。

このところ天体の話題で持ちきりだが、私には自民党は赤色巨星みたいなもののように思えてならない。赤色巨星は、いつか大爆発して「超新星」になったあげく、燃え尽きて白色矮星になる。近い将来、自民党にもそれが起きるのではないだろうか。

安倍晋三を冥王星にたとえたのでは、あまりに冥王星がかわいそうだ。安倍晋三を星にたとえるなら、白色矮星か、さもなくばブラックホールだろう(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

小泉は出し忘れの証文出しただけではないようです♪
小泉のぶら下がり会見は全部に目を通さないと危ない、危ない♪(小泉のぶら下がり会見を全部記録しているところがどこかにあったと思うが、どこだか忘れました(汗)

北海道新聞■政治

加藤氏宅放火事件 首相「マスコミはよく考えろ」 参拝との関連、論点すり替え  2006/08/28 22:57
 首相の靖国神社参拝を批判してきた加藤紘一元自民党幹事長の実家が放火とみられる火災で全焼した事件について、小泉純一郎首相は発生から十三日後の二十八日、初めて公式にコメントした。ただ靖国参拝をめぐる報道に言及して論点をマスコミ批判にすり替えるなど、自らの参拝と事件を関連付けたくないとの姿勢もにじませた。

 首相は記者団に「言論は暴力で封殺してはならない」と強調したものの、「マスコミもよく考えた方がいい。よその国からあおり立てられ、またよその国をあおり立てる報道は戒めた方がいい」と矛先を報道機関に向けた。首相は事件が発生した十五日から夏休みに入っており、二十八日に記者団が質問するまで、事件に言及しなかった。

 事件については安倍氏も同日の記者会見で「仮に加藤議員の言論を弾圧しよう、影響を与えようという行為であるとすれば許されない」と言及。ただ「官邸としてしっかり声明を出すべきだったのでは」との記者団の指摘に対しては、「そうした事案に対してはまず警察が捜査することが大切なんだろう」と述べるにとどまった。

 首相のマスコミ批判に対しては、民主党の小沢一郎代表が二十八日の記者会見で「開き直りというか、総理として今日の言動が結果としてどういうことをもたらすのかをまったく無視して、『何が悪いんだ』という類のいつもの彼の言い方だ」と指摘した。

2006.08.29 02:08 URL | ブログ乞食 #eBcs6aYE [ 編集 ]

ブログ乞食さん
コメントありがとうございます。
朝日新聞の記事の後半にも、小泉が靖国参拝問題のメディア報道を批判したことが報じられていますね。本当はそれも書くつもりだったんですけど、記事を書きながら、安倍の悪口の部分になったらヒートアップしてしまって、その部分を書くのを失念してしまいました(笑)。
冷静さを失っちゃいけなかったですね。反省しなきゃ。v-8

2006.08.29 03:55 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/122-f856b370

「加藤自宅放火事件」に、何ゆえ今更コメントしてんの?
<加藤氏実家放火>小泉首相が初コメント「許せない」

2006.08.29 00:32 | 風に吹かれて

放火テロに無言の安倍晋三大先生
”美しい”口先だけの虚しさよ  加藤紘一さんの実家が放火されたテロ事件に安倍晋三大先生は何も発表しな

2006.08.30 08:47 | ねじれ川柳惑星