きまぐれな日々

東日本大震災やそれに付随して起きた東京電力原発事故で、日本国憲法第25条を国が遵守することが問われていることはいうまでもない。日本国憲法第25条は下記の通り。

  1. すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
  2. 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

今年の憲法記念日では、例年以上に憲法25条に焦点を当てた議論がなされると思っていた。朝日新聞は、前主筆船橋洋一の退任後、若宮啓文が主筆に就任して、昨日(5月2日)の1面トップから3面に続く「復興へ 生存権こそ」という見出しの記事を掲げたから、憲法記念日にはどんな紙面になるか注目していた。

しかし、朝日新聞もまた船橋洋一がつけた慣性力で動いているようだ。ここ数年の紙面と比較しても、さらに憲法記念日らしからぬ紙面だった。憲法の記事は前日に書いたからもういいだろ、といわんばかりであり、私は今日は本当に憲法記念日なのかと目を疑い、何度か1面から社会面まで頁を繰り直したが、残念ながら夢ではなく現実だった。

5月3日付の朝日新聞は、アメリカが行ったビンラディンの殺害ばかりが異様に大きく扱われ、憲法の記事は7面に追いやられて、そこには「9条改正 反対59% 『改憲必要』は54%」と題した世論調査の記事が出ているだけだった。9条改正賛成論は昨年より増えている。社説は2本立てで、ビンラディン殺害を論じた社説の方が上に掲載されていた。さらに、24年前の今日起きた朝日新聞阪神支局襲撃に触れた記事が、「天声人語」にしか出ていなかった。さすがにこの件については明日の紙面に追悼記事が載るだろうとは思うが、それにしても憲法記念日の朝日新聞の紙面は、年を追って劇的に劣化している。

もっとも、改憲派も今年は改憲論に力が入っていない。「護憲の朝日、論憲の毎日、改憲の読売」と言われるが、読売新聞は憲法問題を論じた社説を掲載していない。東日本大震災と東電原発事故で、今はそれどころではないと読売でさえとらえているのだろう。

そんな中、自民党や民主党の鳩山由紀夫がKY丸出しの妄動に出ている。自民党は、憲法に「非常事態条項」を盛り込むことを改憲の突破口にしようと躍起になっていて、あの原発推進の立役者にして東電原発事故の超A級戦犯ともいうべき中曽根康弘が会長を務める超党派の「新憲法制定議員同盟」も、「大規模自然災害にも即応できる憲法をつくろう」という言葉をスローガンに盛り込んだ。

民主党では、鳩山由紀夫が改憲に意欲を燃やしている。『日本がアブナイ!』の4月29日付エントリ「『菅おろし』の背景に保守派の動き+震災と改憲、サヨク排除を結びつける発想」が、産経新聞や(安倍晋三とのつながりでおなじみの)統一協会系の『世界日報』の記事を紹介しており、ブログ主は上記の「非常事態条項」を突破口にする改憲の動きへの懸念を表明すると同時に、鳩山由紀夫が改憲への動きを強めていることを批判している。

詳しくは上記リンク先の同ブログエントリを参照されたいが、ここでは同エントリで引用されている産経新聞記事(下記URL)のみを以下に紹介する。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110428/stt11042823110009-n1.htm

超党派議連「現行憲法の欠陥明らかに」 震災関連の非常事態条項の規定なし 
2011.4.28 23:10

 超党派の国会議員でつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)は28日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開いた。民主党の鳩山由紀夫前首相ら与野党の国会議員や経済団体の代表ら約1200人が出席し、東日本大震災への対応に際し、「(非常事態条項がないなど)現行憲法の欠陥が明らかになった」とする大会決議を採択した。

 決議では、現行憲法の不備を早急に正すとともに、国家的災害からの復興に向け「新しい憲法の理念に基づいて、新しい国づくりが進められる必要がある」として、衆参両院の憲法審査会で憲法改正議論を早急に開始することを求めた。

 中曽根氏は、来年がサンフランシスコ講和条約発効60周年となることを挙げ、「主権回復から60年たち世界も日本も変わったのに、変わっていないのは憲法だけだ。国民の責任ではなく政治の責任だ」と憲法改正の必要性を訴えた。

 鳩山氏は、憲法審査会が始動していない状況について「わが党の考え方が(まとまらず)さまざまあるためだ。政治の不作為、怠慢によるものだ」と民主党の責任を認めた上で「この状況を早く解決したい」と述べた。自民党の大島理森副総裁は「来年は節目の年なので、全力を挙げて憲法改正に取り組む」と決意を語った。

 大会には、国民新党の亀井静香代表、たちあがれ日本の平沼赳夫代表のほか、公明党とみんなの党からも代表者が出席した。


政権与党の民主党は、基本的には「改憲政党」だと私はとらえているが、上記鳩山由紀夫のように現時点での改憲に前のめりになっているのは党内右派に限られる。上記で産経が報じた右翼政治家(中曽根康弘と鳩山由紀夫)のコメントを紹介したので、カウンターとして昨日(5月2日)の朝日新聞から、彼らに反対する政治家たちの意見を紹介する。asahi.comには出ていないようなので、手打ちで引用する。

 民主党の岡田克也幹事長は4月28日の記者会見で「これだけの大災害が起き、全力投球しているので、憲法改正論議に大きなエネルギーを注ぐ状況ではない」としたうえで、非常事態条項についても「どこでどういう不都合があったのかをきちんと検証することが前提。人権制限を含む条項がいる、ということにはならない」と否定的見解を示した。

 公明党憲法調査会座長の赤松正雄衆院議員は「憲法を変えなくても法律で対応できる部分もある」と指摘。共産党の志位和夫委員長は「これを機会に、憲法改定に手を付けるというのは反対だ」。社民党の福島瑞穂党首は「憲法で基本的人権の制限をすることは極めて危険。憲法を変えずに個別の法律で対応が可能」としている。

(2011年5月2日付朝日新聞2面掲載 山田明宏記者の署名記事より)


要するに鳩山由紀夫という男は、単に原発推進派であるのみならず、震災を利用して憲法に基本的人権を制限する条項を盛り込む改悪をしようとたくらむ、どうしようもない政治家であることがわかる。こんな人間は、昨日6月に総理大臣を辞職した時に口にした公約に立ち返って、次回の衆院選には出馬せず引退してほしいものだ。いや、本音では即刻議員辞職してほしいと思っているのだが。

もっとも、自民党や鳩山のようなKY改憲論には、読売新聞でさえ少なくとも社説では乗ってきていない。全国紙で唯一乗ってきたのは、あの産経新聞である。

あほらしいから産経の社説なんかにはこれ以上触れないが、最近この産経新聞と蜜月関係にある政治家がいることだけ最後に紹介しておこう。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110428/stt11042818240005-n1.htm

小沢氏、「首相にふさわしい」トップの世論調査にご満悦
2011.4.28 18:23

 民主党の小沢一郎元代表は28日、東京都内の個人事務所で側近議員に対し、産経新聞社・FNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で小沢氏が「首相にふさわしい政治家」のトップになったとの本紙記事に触れ、「どう思う? 俺の評価がずいぶん高くなっている。産経新聞も見方が変わったな」と語った。

 世論調査は23、24両日に実施。「今の首相にふさわしいのは誰か」との質問で、小沢氏が9・2%で首位に立つ一方、菅直人首相は4・4%だった。側近議員が「良いことですね」と応じると、小沢氏は満面の笑みを浮かべたという。

関連記事
スポンサーサイト

護憲・改憲・論憲を問わず9条ばかりに焦点を当てず、労働、雇用、環境など幅広い視点と議論が望まれますね。
ぶっちゃけ9条改正しなくても国民を戦場に連れて行くのは可能なわけで。

2011.05.03 09:26 URL | loopy #- [ 編集 ]

憲法改正と災害対策とが、どう結びつくのか、誰か教えてください。
何かを変えれば明日から日本が良くなる、というような手品はないことを知って欲しいと思います。

憲法の改正論議は普通、次のようなステップで行われます。
1.重大な政治的社会的問題が起きている。
2.それを解決するには憲法のある条項の改正が必要。
3.その条項の改正について、是か非かの議論をする。
このステップを離れて、抽象的に、憲法改正に賛成か反対か、を問いかけても意味を成しません。裸の憲法改正是非論はおかしい。

9条改正反対派が今でも多数なのは結構なのですが、憲法改正で恐ろしいのは9条よりも、むしろ第三章の規定です。ここに手が加えられると、戦前に戻ると思います。戦後に得た価値を全て失うでしょう。

2011.05.03 11:32 URL | greenstone #- [ 編集 ]

鳩山由紀夫は改憲派であることは公言してきたし、民主党という政党を立ち上げたそもそもの目的が左翼排除にあったことも隠していないので、ある意味ずっと首尾一貫した姿勢で活動している、ぶれていないということになります。

かんじんの民主党が、由紀夫の妄動のせいで壊れつつあるわけですが、由紀夫的には全部菅のせいなんでしょうね。(菅にも責任はありますが、根源は由紀夫だろう)

2011.05.03 12:55 URL | nessko #aIcUnOeo [ 編集 ]

別に改憲なんてしなくても、武力攻撃事態法と同様に大規模災害事態法でも制定すれば済む話なんですけどね。

2011.05.03 15:48 URL | #qbIq4rIg [ 編集 ]

小沢一郎に左翼がかぶれることの奇妙さはよく指摘されますが、鳩山の方も相当なもので、普天間問題以前は凄かった。『友愛』『新しい公共』を真に受けた左派知識人のナイーヴさを痛感した次第です。彼が改憲論者で核武装論を擁護した人であることを知らないわけじゃないだろうに、罪が重いとおもいます。
http://yuai-koukyou.sakura.ne.jp/shui.html
この人たちとか。
ご丁寧にも菅政権になって断絶したことが強調されてますが、ここで批判されている『的外れな論評』のほうがよほど正確だった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/小林正弥

すごいなあ。。

今はサンデルで商売している、かつて絶対平和主義の理論化?を行っていた小林正弥に、鳩山の改憲発言の感想を聞いて見たい。このフォーラムも、いつまで続くのやら。

2011.05.03 19:58 URL | カリャマン #- [ 編集 ]

こちらのコメント欄に度々登場なさる
小鳩シンパの方に、この非常事態条項の是非及びこれを
推進する鳩山さんについてのご意見をお伺いしたいところです。

2011.05.03 22:54 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

私は憲法というと9条ばかりが話題になり15条「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」にスポットが当たる事が少ない事を残念に感じています。
例えば河村市長が富裕層を優遇するのも天下り受け入れと引き替えに経産省が東電を厚遇したのもこれにモロ抵触するはずで、もっと問題になって良いと思うんですよね。

2011.05.04 20:40 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

ウィキリークスが日米間のやりとりを記した米公電を公開したものを朝日や時事が取り上げています。

それによると日米関係のその従属性からの脱却を狙った為に鳩山総理が退陣に追い詰められるくだりがはっきりとわかります。
霞が関が一斉に鳩山総理に反旗を翻すさまは想像通りのものでした。

改憲の動きですか、しかし所詮今の日本ではそんなものはアメリカの手のひらの上の孫悟空のいたずらのようなものです。
改憲派もそれぞれ色々な思惑で騒いでいるのでしょうが、憲法を改正しようとしても無意味です。
日本は何も変えられません、真に国民が主役の国になるまでは。

それまでは所詮アメリカの従属国家です。

2011.05.04 21:11 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

 ご無沙汰しています。岩手の伊東です。
 先日は拙稿を紹介していただきありがとうございました。
 現地に行き、歩き回っていた数日の間にこういう構想が出ていたのは驚きです。一言で言ってしまえば『それ違うでしょう』と。縛りつければいい、というのでは、助け合いの空気も育たない、と思います。

 …とこれだけですみません。後2日は日程詰まっているのでこれだけしかかけません。今日は失礼します。

2011.05.07 01:45 URL | 伊東勉 #cy1EP8xw [ 編集 ]

私、護憲派ながら9条に固執する護憲には違和感が強いのですよ。
たとえば天木直人なんてその悪しき例のひとつですし、9条に固執する人が9・11陰謀論をぶちあげてたりする。
反原発の左派が広瀬隆や武田邦彦などのトンデモを持ち上げたりする。

最近、名取市長が職員の残業手当を半分しか支給せず、県から指導を受けた事件がありました。
これなんか犯罪ですしそもそも憲法27条違反ですよ。給料を支払わないんですから。
ところが市長を支持し、職員を批判するブログがこれまた左派に多いんですよ。労働の対価報酬など基本的人権中の人権だろうに。
そういう人は「民間では不当解雇も当然のように行われている」と述べるんです。不当解雇なんて許されるわけないでしょ。それから受認してしまってどうする?

私は若い頃は「単純護憲派・政府悪玉派」でして、政府や行政に対して反対することが正義だと思っていました(今思うと顔がゆでダコになるくらい恥ずかしい・・・)。
でもこうした草の根人権の部分で憲法を守っていかなければ、おいしいとこ取りだけではいずれは9条も形骸化し、結局は権力者の思うがままに解釈されちゃうことになるってことなんですよ。

2011.05.08 00:22 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

「凡人」さんへ

911が陰謀でない、という根拠というか、自信はどこにあるんでしょうか。米日の大手マスコミや日本共産党がそう言うからですか?

例えば、アメリカ国防総省ペンタゴンに飛行機が突っ込んだということになってますが、その一部崩れて煙の上がっている写真に、肝心の飛行機残骸が見えない。それを、民主党藤田議員が、福田首相の前でパネル写真を見せながら紹介してましたが、あれから、何にも音沙汰がありません。日本の国会でそんな会話があったのなら、米大使館あたりが、訂正のための写真をマスコミに公開してもよさそうなのにありません。

変だと思いませんか?

最近のビンラディン殺害についても、悪の親玉を生け捕りにして、他の情報を洗いざらい吐かせるのが筋だろうに、殺しちゃったとか。その上、大切な証拠の屍体もすぐ「水葬」にしましたとか、笑っちゃうような、嘘みたいな話ばかりです。その実況中継をオバマが見たどうだの話も2転3転してますし。

変だと思いませんか。

別に、この真相を探究せよとは申しませんが、安易に陰謀を否定していいことではないと思いますね。

2011.05.08 10:07 URL | cube #- [ 編集 ]

今日(5月8日)毎日新聞に掲載された「時代の風:震災と責任の丸投げ」で東大教授・加藤陽子氏は、今回の大災害において、国家が立憲主義的に振る舞わなかった事が最大の問題点と指摘されています。

http://mainichi.jp/select/opinion/jidainokaze/news/20110508ddm002070131000c.html

以下に一部引用しますが、非常に共感できる主張でした。
────────────
成功の事例と問題を残した事例。共に住民に向き合ったのは、住民の生活に関与してきた市町村の首長であり、役場であり、地域の指導層であった点で変わりはない。成否を分けたのは、国が責任をもって関与すべき問題群を、国が地方公共団体の現場に丸投げした点にこそある。
 では、国が積極的になすべき問題群とは何だったのか。長谷部恭男・東京大教授の「憲法とは何か」(岩波新書)はそれを鮮やかに教える。日本国憲法は、思想の自由、信条の自由、プライバシー等の個人の権利を保障している。価値観の多元化した近代社会にあって、上記の権利を保障するには、国家は何をなすべきか。まず、人々の生活領域を私的な領域と公的な領域とに区分し、私的な生活領域では、各自の信奉する価値観に沿って生きる自由を保障し、他方、公的な領域では、考え方の相違にかかわらず、社会の構成員全体に共通する利益を発見し、実現する方法を冷静に探求し、決定する態度が、国家に求められる。このような国家の姿勢を立憲主義という。
 今回の大災害において、国家は立憲主義的に振る舞わなかった。これが最大の問題点だろう。国は、原子力災害対策特別措置法に基づき、避難区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域等といった指定を行い、住民に避難を指示した。累積放射線量を考慮し、国が住民を避難させた、その決定は正しい。だが、この措置は福島第1原発周辺の住民の共同体意識を分断し、家族の心をも分断した。
 何が悪かったのか。原子力災害対策特別措置法は、成立経緯からして、事故の責任を事業者に適切に負わせることを主眼として書かれ、今回のような国家危機を想定して書かれてはいなかった。そのような法を無造作に適用し、地域の共同体を分断したことは、同法の目的とする、原子力災害から国民の生命、身体及び財産を保護する、とのうたい文句をも裏切っている。
 どこに住むか、どのように生きるかという、基本的な個人の選択は私的領域に属することであった。公共の福祉に反しない限り侵害されてはならない。多元的な価値観を持つ個人が、私的領域において選択した行為のいかんによって、彼らが受けるはずの公的領域におけるサービスや便宜に差異が生じてはならなかった。サービスの分配にあたっての細心かつ周到な目配りを行えるのは国家だけなのだとの厳然たる自負を、政府は抱いていただきたい。

2011.05.08 12:55 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

岡田が前原を担いで憲法改悪に動き出したことが不愉快極まりないです。

2011.05.09 23:08 URL | 不肖の弟子 #hgGo7H3Q [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1178-8fec4a7f

被災3県が迎えた憲法記念日
未曾有の国難の中迎えた憲法記念日。改憲派は非常事態条項の盛り込みを声高に唱えましたが*1、「健康で文化的な最低限度の生活」もままならない被災3県の方々がこの主張を目にしたら、どんな風に思われた事でしょうか。今日は被災3県の地元紙の社説を北から順に、岩手県・宮

2011.05.04 10:05 | vanacoralの日記

「菅おろし」の背景に保守派の動き+震災と改憲、サヨク排除を結びつける発想
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。m(__)m 最新の記

2011.05.05 11:15 | 日本がアブナイ!

非常事態や公共の福祉を使って、人権を強制的に制限しようとする改憲派
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。m(__)m 最新の記

2011.05.05 11:16 | 日本がアブナイ!