きまぐれな日々

昨夜(2月27日)の「NHKスペシャル」は、先の戦争におけるマスメディアの責任を問う番組だった。NHKのラジオ放送や朝日・毎日などの大新聞が戦争を煽り、それに民衆が熱狂したことが伝えられたが、信濃毎日新聞の主筆・桐生悠々(政次)が軍部を批判する記事を書いて退職に追い込まれた有名な一件を含んで、認識を新たにさせられる内容ではなかった。戦時中の報道について関心を持っている人間なら誰しも同じ感想を抱いたことと思う。

むしろそれより、現在の日本人の特定の政治家たちに対する熱狂ぶりの方が、私には気になる。もうすっかり河村たかしに対する批判が看板になってしまった当ブログだが、3年前には大阪の橋下徹を批判する記事を売り物の一つにしていた。今でも、検索語「橋下徹」でGoogle検索をかけると、当ブログの2007年12月13日付エントリ「大阪府民は『極右ポピュリスト』橋下徹を打倒せよ」が最初のページに現れるが、このエントリもかなり批判を受けた。

しかし、それにもまして驚いたのは、2008年9月20日付エントリ「一度に346人の府立高校非正規職員の首を切る橋下徹」を公開した時、大阪在住(だけに限らないかもしれないが)の橋下信者、もとい橋下支持者から激しいブーイングを浴びたことだ。このエントリについた「はてなブックマーク」は、当ブログとして初めて50件を数えたが、その大半が記事を批判するコメントであり、記事で取り上げた大阪の府立学校で働く非正規職員の側に立つ意見はほとんど見られなかった。私自身もこのエントリにブクマをつけ、

ブログ著者の自己ブクマだけど、3年前の郵政解散・総選挙の頃のネット言論かと錯覚したよ。大阪のネオリベ諸君は、全国から3年遅れてる。化石も同然だよ(笑)。

と書いて橋下徹を支持する大阪人に毒づいたが、現在では河村たかしと大村秀章を圧勝させた名古屋人に毒づく羽目に陥っている。別に大阪だから、名古屋だからという問題ではないことは、もちろん現在では十分了解している。

橋下徹が大阪府知事選に圧勝した頃、ブログで「反自公政権」の意見を発信していた人間は、大部分が橋下徹を批判していたはずだが、彼らの多くが「小沢信者」となり、小沢一郎と親しい河村たかしを応援し、河村たかしの名古屋市議会リコールを橋下徹が支援するに及んで、橋下を批判する小沢信者はほとんどいなくなった。植草一秀が、「正統民主党」(民主党反主流派)は「減税日本」(その正体は「強者への逆再分配日本」)や「地域新党」と共闘すべきだと絶叫していることについては前回のエントリに書いたが、つい昨日も天木直人が橋下徹を持ち上げている。みんなの党を持ち上げたり稲田朋美を持ち上げたりと節操のない人だが、ついに橋下徹にも取り入った。困ったものである。

橋下の方は、小沢一派にすり寄られるのはいい迷惑、と考えたのか、突如方針転換し、民主党(反主流派)とは「一線を画する」と言い出したことは前回にも書いたが、河村たかしのもくろみは橋下とは異なり、民主党小沢一派との共闘に向かってばく進している。「減税日本」は、統一地方選で行われる東京の区議選に民主党離党者を含む公認・推薦候補10人を発表したが、「多くが民主党の小沢一郎元代表支持グループの議員に近い候補者だ」と産経新聞は報じている。もっとも、10人のうち「強者への逆再分配日本」の公認は3人だけで、残りの7人は民主党の公認を得ているとのことだ。

当ブログは当然ながら、「減税日本」の公認や推薦を得ている候補に対する落選キャンペーンを行う。文化的にいっても、東京は名古屋の文化を受け入れる土壌のない土地柄だが、東京だ名古屋だという理由ではなく、「強者への逆再分配」にしかならない「減税日本」の公認・推薦候補など、区議選で当選させてはならないと思う。東京都民は、愛知の八丁味噌に対する反発その他理由は何でもかまわないから、「減税日本」の公認・推薦候補には投票しないでほしい。

もっとも東京では、民主党の東京都選出国会議員10人らが、「東京維新の会」とかいう名前の「政策集団」(笑)を立ち上げたとのことで、この政局集団は、名前からも明らかなように露骨に橋下徹にすり寄っている。計算高い橋下が、損得勘定をして直ちにこいつらに食いつかれるのは「損」だと判断したのは当然であって、中山義活や松原仁ら民主党の面々は、「改革者」を気取って好き放題にふるまっている橋下にとっては足手まとい以外のなにものでもない。これら権力亡者を切り離そうとする橋下とくっつこうとする河村。どちらが賢明な判断をしたといえるか、私は自明だと考えているが、その答えは4月10日の統一地方選で明らかになるだろう。

東京では都知事選もある。当ブログに「東京都知事選についても書いてくれ」というコメントが寄せられたが、既に当ブログは2月10日付エントリ「河村にすり寄る小沢一郎の地元で『減税真理教』候補が敗北」において、都知事選に無所属で立候補予定の前共産党参院議員・小池晃氏を支持することを明記している。

名古屋トリプル選挙の圧勝に図に乗る河村たかしは、やはり都知事選立候補を明言している「ワタミ」創業者・渡辺美樹に対し、「商売をやっている人は基本的に減税路線だ」として連携を模索したが、渡辺が名古屋市の市民税10%減税に否定的な見解を示したために物別れに終わったと朝日新聞が報じている。

私は、河村のこの動きは、最終的に東国原英夫を推すためのフェイクではないかと想像しているが、河村は東国原が「減税を公約に盛り込んで実行する」ことを連携の条件だとしている。東国原は、むろん河村の誘いに乗ると私は予想しているが、その前に石原慎太郎が本当に立候補しないかを東国原が見極めているフシもある。石原が出馬しなければ、東国原は河村の誘いに乗るだろう。もし東国原対松沢成文の争いにでもなれば、東国原に勝機は十分あるからだ。もっとも松沢成文も負ける選挙は嫌だろうから、本当に都知事選に立候補するかはわからない。場合によっては石原が土壇場で四選の出馬を表明する可能性もまだ消えていない。東京都民というのは大阪府民や名古屋市民よりももっとポピュリズムにもマッチョイズムにも弱いから、石原が出馬すれば四選を果たしてしまいそうな悪い予感を私は持っている。

いずれにしても、小池晃氏を除けばろくでもない候補者ばかりだ。東京都知事選において、小池晃氏に投票する以外の選択肢があり得るとは、私は全く考えていない。

もちろん河村たかしが小池晃氏を推すことなど、天地がひっくり返ってもあり得ない話だ。この都知事選で、河村一派や小沢一派が最終的に誰を担ぐのか。河村一派の方向性は既に明らかだが、小沢一派の方向性も明らかになるだろうと私は考えている。

いずれにせよ、「減税日本」の東京進出の野望は、絶対に挫かなければならない。
関連記事
スポンサーサイト
2011.02.28 08:53 | 河村たかし批判 | トラックバック(-) | コメント(24) | このエントリーを含むはてなブックマーク

以前から消極的日本共産党支持者だったブログ主さんもさすがに都知事選は積極的日本共産党支持を打ち出しましたね。
共産党の党員や支持者に気持ち悪い連中が多いのは事実ですが現状ではそんな個人的なことに拘泥するヒマはないはず。
今後も共産党支持を打ち出した方がいいんじゃないですか?

2011.02.28 13:07 URL | 温泉好き@西巣鴨 #- [ 編集 ]

天木も、ネオリべからしたら「与しやすし」の存在に成り下がりました。メルマガで、香川での講演会で阿久根の竹原に会ったことを書いていました。彼からもらった著書を読んで支持をすることに決めたようです。
この調子なら小林よしのりとか山野車輪の著書を進呈したらホイホイと乗っかることは想像に難くないです。
今なら、sengoku38でしょうか。

直近ですと3月5日に三島市で講演会をやるので、私の仮定を検証したい人やネトウヨが間違ってもしない批判をしたくて余力のある方は行くべきです。
去年の参議院選挙での投票行動や、議員定数削減について問うことは多いですから。
ネトウヨからすれば、「梯子を外された」と言うかもしれませんが、「筋が通らないことを言えば誰だろうと俎上に乗せる」と切り捨てますか。

都知事選の雑誌記事も、小池氏を完全無視とは偏向にもほどがあります。
屁理屈をつけて、共産党に投票しない理由をダラダラ書くブロガーもいますが、「それを言ってみんなの党とか減税日本に投票するならあんたの境遇は変わらないよ」と言うべきか迷います。

2011.02.28 20:43 URL | 不肖の弟子 #hgGo7H3Q [ 編集 ]

そういえば小沢一郎氏を大魔神になぞらえ総理の座に就くことを期待した小沢信者のブログ(どこかはあえていいません)がありました。
しかし、小沢氏はプルガサリ(知る人ぞ知る北朝鮮で製作されたスペクタクル映画)のほうがぴったり来ますね。河村たかし氏もしかりなのはいうまでもありません。
すなわち現政権とか議会をひっくりかえすまではいくでしょうが、その後信者の期待からはまったくはずれてしまい、結局こんなはずじゃなかったと迫害されて、政治生命を絶たれることになるということです。
なおプルガサリについてのウィキペディアの解説はこちら
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%83%AA

2011.02.28 21:04 URL | 谷本篤史 #gKumvUXs [ 編集 ]

地方政党だけでなく、いちおう外部にサポーターズが結成されている点に河村の隙の無さを感じる。
他の地方首長や原口には目立った外部支援組織がない。
表現は悪いが、プロ市民的応援活動というのは新興勢力にとっては一種の必要悪でもある。
いくら民意民意といっても、数だけあって形にならないようではここぞというときに威力を発揮できないから。
リコール有効署名の数え直しも支援組織あってのことだろう。
河村自身や減税日本の抗議、あるいは選挙管理委員会へのメールや電話による匿名の攻撃だけでは成し得なかったんじゃないかな。

2011.02.28 23:37 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

都民は地方発とのネットワークというのにいい思いを抱かない気がするんですよね。都知事選も、東や松沢がどう戦えるか、本当に見ものなのですが。となると、いかにも都民好みなのは、渡邊かな、という気がします。もちろん石原が出れば別ですし、民主党の動向も気になりますが。

2011.03.01 01:28 URL | 明塚男 #- [ 編集 ]

週刊ポストの発狂ぶりが酷い。

大前研一を持ち出して「無税国家」などと言わせるかと思えば、曾野綾子を出して「徴兵制待望論」、さらにはブラック企業ワタミの渡邉美樹をヨイショしまくる。
まさに極右ネオリベ雑誌です。そういえばひたすら竹原擁護をして、竹原は再選されると書いてたのもポストでした。
「口先左翼の体質右翼」といわれる60代オヤジに受ける雑誌らしい内容となっていて、もはや眼にするのも汚らわしい。
今後もネオリベ大好きマスメディアは渡邉に肩入れする報道をするでしょうね。

さてそんな都知事選の話ですが、2ちゃんねるでは候補者の名前を並べて「なんの罰ゲームだよ!?」との書き込みがあったので笑えました。
共産党候補が一度当選してみてくれれば、と思います。

>共産党の党員や支持者に気持ち悪い連中が多いのは事実

そんなことどうでもいいです。
要は政策さえしっかりしてくれれば、政治家が妙な宗教にハマっていようと私には何の問題もありません。
私の所属する労組は共産党系ですが、そんなこととは無関係に伸びて欲しいです。

2011.03.01 18:29 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

都知事選挙が近くなってきましたね。
色々な候補の名前が上がっていますが、私は小池さんに勝ってほしいです。
東京は石原の都政で介護福祉医療がどん底にまで落ち込んでいます。
例えば老人介護施設は絶対的な不足状態がつづいていますし、病院も地域によっては医師の数が大幅に不足し、また質的な低下も著しくなってきています。
場所にもよりますが、もし身内が急病になって救急車を呼んでも、多分車内で30分は待つことになりますよ。
なぜならば受け入れ先の病院がベッドが満床などの理由で見つからないからです。
頼みの都立病院は、地域医療の中核をなしていましたが、石原の指示で数は半減し、医師も待遇を石原の指示で悪化させたために辞める者が続出し、今では患者の受け入れにも支障をきたす有様です。
特に小児医療専門病院の集約化に伴う多摩地域の2病院の廃院は地域医療の空洞化を招き、年間2万人以上の救急患者の行き場が無くなったままです。
そうしておいてあのバカはインチキ銀行で大赤字を出し、利権がらみの築地移転でも食文化破壊や土壌汚染を無視して強引に押し通そうとしています。
勿論君が代や日の丸の政治的利用で現場を混乱させオリンピックで国威発揚というアナクロぶりは相変わらずです。
この石原により惨憺たる状態にさせられた都政を元に戻すには、真反対の政策を取る人物を推す以外になく、一番の適任は小池さん以外にはありえないと考えます。
ちなみに石原好みの松沢や勘違い経営者の渡辺や野心丸出しの東国原は問題外です。
彼らでは東京のセーフティネット再構築は不可能でしょう。

2011.03.02 01:45 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

やっぱり、共産党支持者ですか。
今日初めて拝見させていただきました。
公務員かなと思いましたが。

日本はもともと共産主義が似合う国かもしれないですね。今は、民主主義なので、民主主義でのいい道を探すほうがいいとおもいますが。共産主義はもう終わりですよ。

2011.03.02 17:09 URL | 75KG #- [ 編集 ]

とはいえネオリベ批判をするのに「妬み」とか「針小棒大」とばかり言うのは大きな政府を支持している私から見ても疑問で、橋下知事が小さな政府路線を取る事の表向きの理由が「05年度に発覚したヤミ手当支給とそれらの不正で出た赤字をごまかすために07年度に行われた粉飾決算」である以上は社民主義者は「こうしていれば政府を小さくせずにヤミ手当支給や粉飾決算を阻止出来た」という具体案を打ち出して論破するべきと思います。
流石に「自分の勤務先が粉飾決算でごまかして生み出したお金でヤミ手当を支給してくれないからといって妬んではいけない」とか「粉飾決算なんて針小な事を棒大に扱うのは良くない」と言ってしまっては賛同を得るのは難しいですし仮に一時、社民主義者の大阪府知事が誕生したところで「粉飾決算再発と引き換えの再分配強化」ではたちまち世間の反感を買いネオリベ勢力にまた知事の座を奪われてしまうでしょう。

2011.03.02 18:14 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

前、あと出し狙いの民主を批判して、小池さんのほうがベターって書いたけど、個人としては立派な彼が、党の看板を背負うと半人前扱いになることには、メディアや国民、選挙制度以前にやっぱり共産党自身の責任も大きいと思います。ここ十年、いくらでも自己改革のチャンスはあったわけです。怪しげな蟹工船、共産党ブームに満足するばかりで、歴史や蓄積を生かし切れていなかったのではないかな。

2011.03.02 21:51 URL | 明塚男 #- [ 編集 ]

>75KG
民主主義の対義語は共産主義だと思われているように察するが、まずは言葉の正しい意味を調べてからコメントされることをお勧めする。

「今は、民主主義なので」という言葉が、建前としては正解だとしても実態は大ハズレだというのはまた別の話。

2011.03.02 22:03 URL | tamuko #CkdVqA2Q [ 編集 ]

A氏へ

とりあえず一言言っておこう。
それは「大阪市」の話だろ。
特に「05年のヤミ手当」の件。
貴方は以前にも府と市を混同して同じことを書いていた。
その混同が大阪の政治を語るうえで色々問題なんだが。
因みに粉飾決算なら橋下はひどいもんだぞ。
臨時財政対策債に手を出すわ減債基金は取り崩すわで借金は以前より増えている。
府独自の指標を出して必死で言い訳しているけどな。
彼の場合はネオリベがどうのこうの以前の問題。
政治家としての能力が問われはじめている。
彼が何やら理屈をこねて、最近自らメディアへの露出を避けてツイッターをやっているのには、色々つつかれるのが嫌なせいもあるんだろうな。今のところ都知事選や国政に積極的に言及しないのもそのせいか。

2011.03.02 22:04 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

埼玉県議会選挙で元Jリーガーを担ぐのが、「減税日本」とか「大阪維新の会」の別動隊的存在というので、正直呆れています。
こういうことをやるから「議員定数削減」信者が跋扈するわけです。

2011.03.02 22:31 URL | 不肖の弟子 #hgGo7H3Q [ 編集 ]

75KG #-さん 
コミュニズムとデモクラシーは一心同体なんですよ。コミュニズムのコムは「共同」。今ではどこの地域にもあるよ、コミュニティーとかコミュニティーセンターとか、ね。デモクラシーのデモは「ピープル」、クラシーはパワーで「統治」とか「支配」とか、ね。二つの言葉はどこで繋がるかって?それはご自分でお考えあれ!

2011.03.03 02:18 URL | コミュニスト #- [ 編集 ]

前原の、自身の違法行為への開き直りぶりには、開いた口がふさがりませんね。これで大臣辞職もしないとは…

脱税社長(兼暴力団幹部)からの献金を、住所などをごまかして記載し、しかも本人もそれを認めてるんだから、完璧な政治資金規正法違反、虚偽記載です。

それを、「事務所の単純ミス」で、通し、大臣に居座り、お仲間の首相、官庁、マスコミ、自民党、(ついでに共産党)もほとんどスルーするとしたら、こりゃもう、恐怖映画の世界です。

みなさん、よーく見て、凍りつきましょう。

2011.03.03 22:54 URL | cube #- [ 編集 ]

最近腹立たしいと思ったことは、前原大臣の政治資金規正法違反・虚偽記載へのマスコミの特に新聞・テレビの追求の甘さです。
前原大臣は、本当の献金主はとんでもない輩だから偽の献金主をでっちあげて嘘の記載をしたわけでしょ。
それこそ法の趣旨に反するとんでもない犯罪行為ですよ。
それがなぜか単なる記載ミスとかですまそうとして、しかもそれが通用しようとしているわけです。

いいのかよ!おい!です。

小沢さんの時は担当の秘書を逮捕してきつい取り調べをして、マスコミあげての総攻撃だったのに何なんだろう。
そしてどうでもいいような大学でのカンニング問題とやらでマスコミは大騒ぎしている。
事の比重から言ったら次期総理候補と言われる現職大臣の黒いつながりと、単なる追い詰められた受験生のカンニングとどちらが重要な問題なのでしょうか。
答えは明白ですよ。
このカンニング問題をして前原大臣の重大問題をカバーしてしまおうとしているのでしょうね。
これがこの日本の正体です。

世の中を少しでも本当に変えようとしていて、しかもその力がある者には排除の論理が働き、そうではない身内にはとても寛容な国、それが日本です。
この国を変革しようとしたら、欧米の先進国と同様な捉え方で向き合うのは間違いです。
政治家を入れ替えても国の根本に関わる様な政策は絶対に受け入れられないでしょう。
つまり予算の根本的組み替えなどは出来ないという事です。
話が飛躍してみえますが、前原大臣の失脚がなくこのまま彼が居座り続けられるとしたらそういうことが根本にあるのだと思います。
彼ならば今まで通りの日本でいられるわけですからその意味で大事な人材なのですよ。

つまり国民および国民に信託されて政治を司る政治家に主体がなく、国家の仕組みやそれを支える連中の総意でこの国は動いているというわけです。
国民の意思を反映した政治を行うものは政治家としては異端であり認められないようにされているのです。
これはたぶん小沢さんであろうが誰であろうが扱いは変わらないと思います。
そういう政治家が出ても必ず悪意にまみれた扱いをマスコミその他から受けると思いますね。
そして国民は決められた枠内での改革で我慢を強いられるのです。

唐突ですが私は「男はつらいよ」という映画が嫌いです。
水戸黄門と同じニオイをあの映画から感じるからです。
あの映画は庶民目線で日本の社会を映しているようにみえますが、あれは嘘です。
結局あの映画に出てくる登場人物達にはこの国の矛盾に悲憤慷慨してもそれを変える意欲はなく、単なる自己正当化の理屈を見た人に植えつけているだけです。
そしてそれが日本人が自らを変えられない、日本社会を変革出来ずにいる根本を支えているのです。
すべてが予定調和で波風を立てずに最後は丸く収める。
その陰でどれだけ多くの人が苦しんでいても、同情はしても決して問題を根本からは解決しようとはしないただの傍観者に徹する。
それが多くの日本人の性根です。

2011.03.04 08:24 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

>自民党、(ついでに共産党)もほとんどスルーするとしたら

へぇー、スルーしてましたか?
小沢信者は都合の悪いことは見えない、聞こえないんだな。うんうん、幸せな連中だ。

2011.03.04 17:17 URL | 八式墓塵 #WqOxupnY [ 編集 ]

風太さんへ。
ではどんな映画が広まることが日本にとっていいことなのか、もっと見られてしかるべき映画はなんなのか、知りたいです。
私は映画には全く詳しくないので、それこそ日本の劇映画は男はつらいよとか釣りバカ日誌とかトラック野郎と地獄甲子園と魁!クロマティ高校とかしか見たことがないのです。あとは子供向けのアニメ映画くらいです。

2011.03.04 22:10 URL | 谷本篤史 #gKumvUXs [ 編集 ]

>小沢信者は都合の悪いことは見えない、
>聞こえないんだな。うんうん、幸せな連中だ。

植草かぶれの小沢信者は、
一種のカルト信者みたいなものですから、
何を言っても無駄なようですよ。(^^;;
ご自身の思考と判断を
自分以外の人に委ねちゃってますからね。
その他者が白といえば白、
黒といえば黒なのでしょう。
それは、
植草かぶれに限らず、ネトウヨさんにも
言えることなんですけどね。

2011.03.04 23:08 URL | フリスキー #iMBi6aSc [ 編集 ]

私も一時小沢氏にかぶれかけたことがありましたが、なんとか脱出しました。
真性の小沢信者にはもはやそんじょそこらの説得では効果がなく、カルト信者向けの特別な治療が必要みたいですね。
右のリンク集も、小沢信者をわかりやすく色分けする工夫があるといいと思います。

2011.03.05 07:38 URL | 谷本篤史 #gKumvUXs [ 編集 ]

>小沢信者

失礼ですが、以前谷本さんが、「菅は左・小沢は右」と書かれていたので、「菅は本当に左なんですか?」と質問したところ、なしのつぶてでした。(気づかれなかったのでしょうが)

私には、谷本さんは、天地がひっくり返っても小沢を否定する「小沢否定信者」にしか見えませんね。

2011.03.05 15:51 URL | cube #- [ 編集 ]

cube様ごめんなさい、そんな質問を私にしてたとはつゆ知らず、すっかり見落としてました。
でも私いつ「菅は左・小沢は右」と言いましたかね?正直覚えがないです、すみません。
まあ、いまの自分に言わせれば、菅は左で小沢は右なのかと訊かれたら、菅も小沢も右とも左とも分けたくない、下であると答えます。
ま、小沢否定信者といわれるなら、もっかのところはそれで結構です、なぜなら小沢氏はいいことを言ってはいるかもですが、いいことをやってるとは思えなくなりましたもの。

2011.03.05 17:16 URL | 谷本篤史 #gKumvUXs [ 編集 ]

>府と市を混同して
以前、何かの番組にて橋下がヤミ手当批判をしていた記憶があるので橋下がヤミ手当を口実の一つとしているのは間違いないはずです。もっとも「大阪府に属する市でどれだけ不祥事が起きようと『府』と『市』は違うから府知事として批判のコメントはじめ一切関知出来ません」なんて対応は橋下ならずとも取る訳にはいかなかったのでしょうけど。

>因みに粉飾決算なら橋下はひどいもんだぞ。
橋下に資質が無いというのは私も同意しますが橋下も粉飾決算をしたからといって橋下以前の粉飾決算を是認する事は出来ないですし橋下の次に府知事となる人には「どうしていれば橋下やそれ以前が粉飾決算をせずに済んだのか?」という事を具体的に考えて欲しいという事です。

2011.03.05 23:20 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

今晩は。当ブログで「減税党」、「地方政党」等の背景を学ばさせていただいております。

近頃おかしな政治の流れが作り出されております。嫌な予感がします。これって、悪政悪循環の仕組みではないでしょうか。

自公民の国民イジメの悪政。民主党の国民イジメの悪政。国民は「NO!」と審判。そこで既成政党ではもうダメだからと新党バヤリ。テレビ・マスコミも何故か無批判、手放しでそれらを持ち上げる。

閉塞する今の政治状況のもとで、もぐら叩きが行われているようなもので、政治の閉塞状況は一向に好転しない。

たとえば、河村名古屋市長の言いなりの「減税日本」の場合:

ウリは、

●中部財界が求める巨大開発推進
名古屋では、河村たかし市長が代表を務める地域政党「減税日本」が13日投票の名古屋市議選(定数75)で過半数をめざし、40人余が立候補の動きです。決定した候補者の顔ぶれは塾や書店経営者、自営業者など。

「10%恒久減税」「ボランティア市民が市の予算の一部を決める地域委員会の創設」「議員報酬の削減」―。河村市長が掲げる三つの政策に賛同することが公認の前提です。市長が自らの意のままになる議会をつくるための手兵(しゅへい)集団といえます。

河村市長は昨年、「中期戦略ビジョン」を策定しました。この中で「世界の主要都市として、拠点機能・交流機能を高めます」と、巨大開発推進を掲げています。具体的には、国際ハブ港を目指した名古屋港のコンテナターミナル整備、中部国際空港2本目滑走路の建設促進、名古屋高速道路・環状道路の整備―など。

これらは、以前から中部財界が要求し続けていることです。中部経済連合会がことし2月に発表した「新産業構造ビジョン」の「提言」にも入っています。

河村市長が掲げる「庶民革命」の旗印である「減税」も、減税による税収減をテコに、自治体が担ってきた市民向けの福祉施策を切り捨てるのが、本当の狙いです。

河村市長のもとで、国民健康保険料は大幅に値上げされました。モデルケースで見ると、40歳未満単身者の場合、年収300万円で国保料は年額3万5520円増、年収400万円で5万2350円増、500万円で7万790円増となっています。

加えて、保育所20園削減、市立病院の縮小・民営化も進められています。

河村市長の「減税」で、一部の大企業は2億円以上、高額所得者は1千万円以上の恩恵を受けました。大企業・大資産家優遇の一方で、福祉は民営化し公的責任を放棄する―。自民党政権以来の古い政治そのものです。 

利点があるとすれば、地方政治が身近なものに意識されはじめ、主権の無い自治体ではなく、地域の主人公である住民が自分の問題として政治を捉え、考えを一層深めることが出来るということでしょうか。 「民主政治の学校」ともいわれてきた地方自治が、いよいよ本格的に地域の主人公である住民によって取り組まれ、民主政治の発展に燭光が見えて来たということでしょうか。

2011.03.07 22:33 URL | hamham #wMyNaENg [ 編集 ]













管理者にだけ表示