きまぐれな日々

臨時国会が今日閉幕するが、なんともぶざまな国会だった。終盤の民主党・中井洽と自民党・逢沢一郎への懲罰動議の応酬に至っては、小学校か国会は、と私は思ったが、同感の人は多かっただろう。

この国会期間中に、菅政権の支持率が大きく低下し、発足後半年も経たないのに早くも「末期的」と評されている。一昨年の麻生内閣は発足後わずか5か月の昨年2月に支持率が一桁に落ち込んだ。菅政権はそこまでひどくはないが、支持率の落ち方は安倍内閣や福田内閣よりひどい。

前の鳩山政権もそうだったが、菅政権も何もしない、というより何もできない政権のように思われる。私は、政権が目指す国家像を明確に示さず、菅直人にしても前首相の鳩山由紀夫にせよ、八方美人で誰にも良い顔をしようとするから何もできないのだと思う。

民主党が政権交代を実現したのは、小沢一郎が掲げたスローガン「国民の生活が第一」が国民に受けたからだろう。子ども手当や、朝鮮学校除外という大問題はあるものの高校無償化、農業者戸別所得補償制度などは、「国民の生活が第一」のスローガンに沿ったものであるとともに、「(サービスの)大きな政府」を目指す政策だ。

ところが、党内に松下政経塾出身議員や、御用労組を通じて実質的に経団連と同様の主張をする旧民社党系議員を抱える民主党は、「大きな政府」の国家像を打ち出すことができない。それどころか、「国民の生活が第一」を掲げた小沢一郎自身が、地域政党「減税日本」を立ち上げた新自由主義者・河村たかしを支援するという支離滅裂ぶりであり、新自由主義に反対しているはずの小沢信者が、リバタリアンを自称する副島隆彦の主張に付き従うという漫画のような光景が現出している。これではどうしようもない。

では自民党はどうかというと、かつて加藤紘一邸への放火を笑いものにしたり、映画『靖国 YASUKUNI』を検閲しようとした稲田朋美を代表質問に立てたり、仙谷由人が自衛隊を「暴力装置」と表現したことに噛みついて、社会学や政治学では普通の用語を「言葉狩り」しようとしたりと、従来から持っていた極右色をさらに強めた。

経済問題でも、自民党の税制調査会は法人減税について、政府税調が法人税減税と引き替えに企業向けの優遇税制見直しを検討しているのに反対して、無駄の削減による財源確保を主張し、環境税にも慎重な対応を求めた。つまり、自民党は民主党よりさらに過激な新自由主義をとる。政治思想、経済政策の両方で、自民党は極右政党となり果てた。

野党第一党がこのざまだから、民主党から武器輸出三原則を見直そうなどという妄動が出てくる。社民党や共産党は零細政党になってしまっている。逆に、自民党よりさらにひどい政党が続々と現れている。

その一つが平沼赳夫と与謝野馨の「たちあがれ日本」であることはいうまでもないが、その「たちあがれ日本」や自民党を含む、大多数の政党が司法修習生の給費制復活法に賛成する中、唯一反対したのが「みんなの党」だった。この政党が民主党よりも自民党よりも「たちあがれ日本」よりも過激な新自由主義政党であることをよく示しているといえるだろう。

だが、今後の政局で、この「みんなの党」は、地域政党というより橋下徹の私党である「大阪維新の会」や河村たかしの私党である「減税日本」とともにますます台頭していく可能性が高い。小沢信者もこれに呼応する。ある掲示板では、小沢信者が「みんなの党と小沢派で河村市長を盛り立てていこう」などと気勢を上げていた。彼らがかつて口にしていたコイズミ・竹中の構造改革ハンタイとはいったい何だったのかと思わざるを得ないが、単に流行に乗って、つるんで騒ぎたいだけの人たちなのだろう。だが、彼らが河村たかし、橋下徹、渡辺喜美らに惹かれるのは、それがトレンドになっているからであり、これは由々しき問題だ。

橋下徹の最近の話題では、沖縄県知事選で再選された仲井真弘多知事が、関西空港への米軍基地受け入れの可能性を示唆した橋下の呼び掛けに応じたいとして、関空を視察する意向を示したところ、橋下が前言をあっさり撤回し、受け入れ先候補として神戸空港を勝手に名指した件が挙げられる。大阪の地元放送局が、この橋下発言に対する沖縄出身大阪府民や神戸市民の怒りの声を報じていたが、それでも大阪の報道の多くは橋下をマンセーし続け、大阪府民の多数は橋下を支持し続けるのだろう。

名古屋・愛知では、前回のエントリでも取り上げたが、愛知県知事選で立候補を予定している大村秀章の選挙戦を有利にするためだけに、名古屋市長の河村たかしが辞意を表明し、県知事選と市長選のダブル選挙を行おうとしている件が挙げられる。これを「究極の税金の無駄遣い」と批判した岡田克也は正しい。日頃、岡田克也の政策には賛成できないものが多いが、これは文句なしの正論だ。「減税」をスローガンにする人間が、名古屋市政を私物化し、税金を無駄遣いする矛盾。だが、それでも名古屋市民の多数は河村たかしを支持し続けるのだろう。

そして、国政では、自民党や「たちあがれ日本」までもが賛成した司法修習生の給費制復活法に唯一反対したみんなの党。以前から渡辺喜美は、自民党は「大きな政府」だ、本当に「小さな政府」を目指すのが「みんなの党」だ、と主張している。同党は、日本でもっとも過激な新自由主義政党だといえるだろう。

そこで、今回のエントリのタイトルを、「橋下は大阪の恥、河村は名古屋の恥、渡辺喜美は日本の恥」とした次第だ。

石原慎太郎はって? あんなのは過去の人間ですよ、現在でも強烈な害毒を撒き散らしてはいるけど。石原が名付け親になって力を入れた「たちあがれ日本」が参院選で1議席しか獲得できなかった時点で、石原は終わってます。
関連記事
スポンサーサイト

みんなの党や、河村、橋下に対する批判がマスメディアに出ないですね。

もはやそんなもんだろうくらいにしか思いませんが、雑誌などで時評的性格を備えたエッセイ書いてる人が、ちょっと取り上げれば一般の人に批判の仕方がわかるかもしれない。

でも、期待はできない。このところマスコミ文化人たちがそろって同じ方向へと変わっていくのを見ていると、彼らはさすがに一般に先んじて世の流れの変化を感じ取っているのだなと思う。

2010.12.03 12:49 URL | nessko #aIcUnOeo [ 編集 ]

この記事にはほぼ賛成です。私の知識不足で判断を留保しなければならない点もいろいろありますが、一つだけ気になったことがあります。それは、小沢一郎氏の政策を単純に「大きな政府」路線とみなすわけにはいかないということです。

ご承知の通り、小沢氏はかなり過激な地方分権化をめざしています。その観点からすると、有権者が選択したかぎりにおいて、地方行政レベルでの新自由主義は大いに「あり」ということになるはずです。

「橋下は大阪の恥、河村は名古屋の恥、渡辺喜美は日本の恥」というエントリタイトルが、本質をいいあてています。橋下徹氏や河村たかし氏が恥か誇りかは、大阪府や名古屋市の有権者が判断すればいいことです。しかし、渡辺喜美氏とみんなの党については、日本国民全体で判断しなければなりません。みんなの党の台頭についてのブログ主の憂慮を共有します。

2010.12.03 16:07 URL | okonomono #Njh6.wds [ 編集 ]

>nesskoさん

マスメディアは「ポピュリズム」という言葉さえ使わないですよ。
橋下・河村・みん党の手法は疑いもなくポピュリズムなのですが、そうした表現を徹底的に避けている。

労組系議員に対しては、無料配布の機関誌を労組に有料で売ったことについて「実質献金だ」と、どちらとでも取れることを新聞は1ページまるまる使って批判を繰り広げましたが、ほぼ同時に発覚したみん党・あさお慶一郎の分散献金問題は明白な規制逃れであるにも関わらずクズ記事扱いときています。
渡辺喜美のオリエント疑惑も結局マスコミは何も追求しませんね。

ネオリベにはとことん甘く、経済左派はとことん叩くというのがマスメディアの実態です。
普段は中立を装う(笑)NHK名古屋もこのところ河村支持報道の姿勢を見せています。もちろん露骨には出しませんが、見ている人を巧みに誘導していくのです。
先日は「議員報酬の削減案を議会は否決した」という報道を「一般市職員の減給を可決した」という報道と同時に行いました。これは見ている人に「下っ端の職員の給料は減らすのに、自分たちの給料は減らさないのか!」という感情を励起させようとしていることは明確です(もちろん市議会も河村案には反対だが報酬の見直しには絶対反対というわけでもない)。その後のインタビューでも河村市長の主張しか流しませんでした。NHKとの契約を破棄しようかと思っているほどです。

さて河村市長の同時選問題です。
私も岡田氏の政治思想には全面的に賛同はしませんが、この件についての批判は至極真っ当と思います。
以前も言いましたが、私は市職員などではありません(そう誤解した人もいましたが)。でもこんなことに税金を使うくらいなら、むしろ職員の給料を上げた方がメリットがあります。
なぜなら給料を上げれば消費にまわり、そのぶん経済が活性化するためです。選挙を増やすことに税金を使っても社会への還元はなにもないのですから。

2010.12.03 18:40 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

自衛隊は暴力装置と言う当たり前の表現に、仙谷長官が言葉の意味をきちんと説明するのを怠り簡単に謝罪しましたが、
それをよいことに国粋政党自民などのエスカレートする追及の前に、政府は発言を不適切なものと認める答弁書をだしました。
このような政権ではいまにシビリアンコントロールすら怪しくなりそうな気配です。

日本は常に国体という国家の枠組み主体主義のなかで、国民主役とは程遠い施政が行われてきた国です。
それが戦争に敗北して初めて、民主主義がアメリカにより持ち込まれて現在に至っています。
しかし国民自らが勝ち取った民主主義出ない為に、いまだに民主主義がわかっていない連中が多数います。
そういう民主主義が理解できない連中のよりどころは、結局思考放棄の戦前まであった全体主義(国体至上主義)です。
国民は国家の大義?の為に存在するという考え方です。

中井委員長の国会における非礼事件もしかりですが、民主主義を理解できず、自分自身の言葉を持たないですぐに国家の大義の威光にすがりつくような連中が、安易にこの国を息の詰まる暗い社会に再びしようと画策しています。
それに現政権はなんら歯止めの役割を果たせず、このままでは日本はアメリカの属国どころではなくなりそうな気配です。
マスコミが機能していない状況でこの流れは、相当に危険なものだと私は危惧しています。

2010.12.04 07:16 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

ひでぇ国会だった。

「天下、国家の大きな所から議論をすべきであり、やじや携帯電話の音が(国会)会期末の争点になるのは、日本が終わった感じがする。国民はあきれていると思う」

舛添氏にこんなことを言われているようじゃ、もうおしまいだね。
みんなの党が悪ノリしてやりたい放題やっていた。
これほどふざけた党はこれまでなかったと思う。
酷い党はたくさんあるが、客観的に見てひどいだけで、本人たちは結構真面目だった。
渡辺善美とみんなの党は、無内容軽薄党の確信犯だと思う。

2010.12.04 20:52 URL | greenstone #- [ 編集 ]

河村も橋下もなぜこう手のこんだことばかりしようとするのだろうか。
両者とも周囲ともめごとばかり起こして、何ひとつまともな成果を出せていないじゃないか。
わざと面倒なことに手を出して時間稼ぎをしているとしか思えない。
周囲から同意を得やすいことを探して着手すればいいだろうに。
行政の無駄取りといいながら、自らが時間を浪費している。
余計なことばかり言って周囲を混ぜかえしてばかりのみんなの党にも同じ傾向が見られる。
結果は百年後に見てくれとでも言うつもりなのか。
行政の無駄はカネだけではないんだが。

2010.12.04 23:35 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

無内容軽薄党、か。
特に反論する気もありませんが、左翼政党の気運が高まらない今(というか次の衆院選があろうちょい未来)、民主党からの反動の方向が右翼色をさらに高めている自民党に行くよりは、みんなの党に行く方が、まだ安全、か?、とも思う。
(実際には民主党政権と似たり寄ったりになりそうだ、とは私も思うけれど)

社民党や共産党への評価が一般にほとんど出てこないくらい、現存の左翼政党には期待がされておらず、影も薄い。
少なくとも、みんなの党や橋下大阪府府知事、河村名古屋市市長などに負けず劣らず、自分たちの好き勝手で政局を回せる(あるいはマスコミにアピールできる)左翼でなければ、力(知名度)不足もよいところだ。
(しかし本来なら、こうしたマスコミにアピールしなければ一般への政党・政治家アピールが出来ないということそのものへの反逆が出来なければ、とも思う。
 それは政権取ることよりも難しいことなのだけれど)

何にせよ、決定的な“最悪”への迂回路・時間稼ぎならば、無内容軽薄党が次の政権で力を持っても致し方なし。
左翼はその間に力の蓄えや、戦い方の見直しをするしかない。

マスコミさえも巻き込む(民主党はこの手を取った)、あるいはマスコミを介せず一般に広く自らをアピールできるような、まさしく革命的な手法・戦法で左翼旋風を起こさない限り、日本の左翼が力を持つことはできない、と私は見る。

左翼・政治家はマスコミという権力をいかに克服するか(どぶ板選挙の巧者、小沢一郎すらネットにその希望を見なければならないほど、その壁は厚く固い)、
そのためには呉越同舟の連帯をいかに組むか、
左翼にこそ、坂本龍馬が必要とされている。

2010.12.05 11:53 URL | 朱の盤 #XQYq98OQ [ 編集 ]

朱の盤さんへ

>社民党や共産党への評価が一般にほとんど出てこないくらい、現存の左翼政党には期待がされておらず、影も薄い

確かに仰るとおりですが、最近、これらの古典的左翼政党は真面目だと思うようになりました。
やはり一貫した理念がある党は強いと思います(社民党が阿部体制になると変るかもしれませんが)。
今国会では、自民党のお粗末ぶりが目立ったと思います。
民主党は叩かれる要素はたくさんあったし、叩かれるべき点は叩かれるべきだとは思いますが、余りにも次元が低かった。
石原伸晃、山本一太などの現自民党エース格の言うことが本当にお粗末なのだ。ただ国家主義的言辞を叫ぶことと揚げ足取りに終始して、何も生産的なことを言わない。
今の有権者は意識が高いから、自民党の政権返り咲きは無理だと思う。
どの党も、人がいないねェー。

TPP参加の是非は別としても、貿易促進と農業保護をどのように両立させるかなんて国家的課題だと思う。外貨が不足し輸入が難しくなれば、食料は不足するし農業だってできなくなる。
こういう問題にトータルな提言ができれば、どの政党であっても国民を惹きつけられるはずなのに。

2010.12.05 14:05 URL | greenstone #- [ 編集 ]

 名古屋市民です。
私も橋下知事(弁護士)を懲戒請求した人間ですが河村たかしを見ていると”隣りの芝生は青い”ということで橋下知事の方がマシのように見えるから不思議です。
 私が橋下知事とほとんど年齢が同じで大阪に住んでいたので若干だけ評論しますが、まだまだ府知事をやるのには思慮も経験も不足しているのではないでしょうか。
 河村たかしを見ても単純に年配者が知事をやればいい、ということでは、もちろんありませんが彼の場合は率直にそう思います。
 なにしろ東京に次ぐ第二の都市圏の首長をやるのには万全の態勢で臨む必要がありますがテレビでの強気な発言が持てはやされて大阪のトップをやるというのは相当な無理があります。発言内容の右左は議論されても意外と政治家としての本質的な適性が議論されていないように思えます。
 では、また。
 

2010.12.05 14:14 URL | 藤原欽也 #4bWVJAFI [ 編集 ]

 40余万のリコール署名者の多くは、いわゆる「無党派」で、河村信仰者とみるのは噴飯ものであることを先ず知ってください。
 その証拠に、河村が辞任表明をした翌日から、区役所へ出向く人数はぐっと減ってしまいました。
 

2010.12.05 18:51 URL | たまたま名古屋人 #gIYQI5Sw [ 編集 ]

藤原欽也さんのコメントを今しがた読みました。
橋下氏の政治家としての本質的な適性については、少なくともネット上では議論されています。
ただし府政や大阪都構想に関する掲示板に多く、イデオロギーを軸としたいわゆる政治ブログには少ないのは確かです。
府政や都構想の掲示板内でよく見受けられる橋下批判には、

・発言に一貫性がない
・他人に対する(特に平松大阪市長)批判をするが、自分は府政で何ができたのか
・興味や関心が偏っている(産業振興政策にしか興味がないのでは?)
・やたら近隣県ともめている(関西における大阪府民の立場が悪くなる)
・大阪が損をすることばかり言う(例の「普天間」の件、大阪市大・府大統合を主張して大阪府民が自宅通学できる公立大学を減らそうとしている、など)
・府知事なのに大阪市の話ばかりしている

など、政治家あるいは大阪府知事としての資質を問うものが結構でてきています(逆に右や左に関するイデオロギー的なものは少ない)。
特に最後の項目については、就任して初期の頃からずっと言われているものです(支持者でさえ言っている人がいる)。
ただ、こういうものは現役の大阪府民、あるいはかつて大阪府民であった者にしかわかりにくい話なのであまり政治ブログにはでて来ないのでしょうね。
「大阪府政」という意味では、上の箇条書きの部分のほうが身につまされる問題なんですけど、それがかき消されている感がありますね。
橋下氏が自らの無能をごまかすために、イデオロギー的に過激な発言をして目くらましを試みている、とも解釈できるのですが。
まあ、彼についてはその政治手法以上に、政策の中身や職務遂行能力のほうに問題がありますよ。
ても支持率が高いのはなぜかって?
某報道によると、橋下氏の支持率は大阪市内で抜きんでて高いそうです。
大阪市といえば、数年前に市職員の厚遇が大きな問題とされました。
これがある意味ヒントになるかと思います。

2010.12.05 22:40 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

国賊小沢がマシと思っているようだが、左翼菅とたいして変わらない在日、朝鮮、中国寄りの阿呆だ。
俺は、菅でよかったと思うがね。菅によって左翼民主党政権の崩壊が進んでくれれば解散総選挙も近くなる。
小沢だったら、独裁的な手法と情報・言論統制により難しいだろ。
また、全ての保守層が反対する憲法違反の外国人参政権付与法案や移民政策が強行され、国内に在日中国人が増え治安が悪化する。
屑民族の在日韓国人・朝鮮人を優遇し、中国と関係を強化しようとする左翼国賊民主党と国賊利権屋小沢一郎を一日も早く潰す事こそ、日本の為だ。

2010.12.06 04:05 URL | #- [ 編集 ]

後、小沢一郎は秘書に在日女と韓国人女を抱える屑だ。

2010.12.06 04:07 URL | #- [ 編集 ]

横山ノックが府知事選に出馬したときのことです。
当時私は京都の某大学に行っていましたが、大阪から通ってた同期のヤツが、ろくな理由もなしに
「俺、ノックにいれる」
と放言していました。

橋下や河村などテレビで顔を売るような人間への「支持」も多くはこういったものなのでしょうか。

2010.12.06 14:07 URL | ウサギの耳アカ #- [ 編集 ]

関西では橋下知事が大阪市長にくら替えする可能性が高くなったというニュースで騒いでいますし、そして大阪府知事には辛坊治朗の名前が挙がっています。
私は大阪府民ではないけど、辛坊知事&橋下市長なんてことになったら悪夢です。
(出馬すれば両方とも間違いなく当選するでしょうけど)
辛坊治朗は弱い立場の人に辛辣なことを言っていただけけに、そういう人達の生活が悪くならないか心配です。

2010.12.06 21:31 URL | のと #- [ 編集 ]

橋下・辛坊両氏とも、維新の会単独では選挙戦はおおかたの予想以上に厳しいと思われます。
タレント候補が強いといわれる大阪ですが、実は有力政党の後押しの成否が鍵を握っており、本人の知名度だけではことごとく失敗しています。
先の参院選の岡部まりや、桂きん枝(失礼ながらこの人の場合、落選理由は他にもありそうですが)。
両氏の出馬には小沢氏の意向が強くはたらいたものの、民主党大阪府連はいまいち乗り気でなく、地元の後援がうまく得られなかったようですね。
あとは6年前の知事選の江本孟紀の例もあります。
知事選、市長選ともに既存政党がどういう動きをとるかですが、このままいけば維新の会と連携するのは大阪でなじみの薄いみんなの党だけでしょう。
もし自公民相乗りで敵対候補を一本化してきたら、いかに橋下・辛坊の知名度をもってしてもかなりきついかと。
あと、これは非常に考えづらいですが、反大阪都構想の旗のもと、共産まで自公民に相乗りするようなことがあったらこれはもう圧倒的不利になりますよ(左派の方々は何かとお嘆きのようですが、大阪は今でも共産はわりあい得票している)。
いずれにせよ、現状の維新の会をみるかぎりでは両氏とも絶対当選とまではいえないような気がしますけどね。
前回の橋下氏の場合、やはり自公の後援が大きかったのだと思います。
あと思い出しました、財界も既に一枚岩ではないですね。
関経連は今や平松派らしいですし。
橋下氏とともに名前が出てくるのは、いつからか同友会系企業だけになっています。

長文失礼致しました。

2010.12.07 00:35 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

元大阪府民からの伝言さま
現大阪府民の一人として少し私見を。確かに既存政党の支援の力は大きいですし、橋下が知事選で勝ったのは自公の支援が大きかったでしょう。しかし現状は既に既存政党の支持を必要としない、支持政党も右も左も関係ない圧倒的な信者層(支持層ではない)を形成してしまっています。現に堺市長選では既存政党の相乗り候補が、橋下が支援した候補に敗れています。もっともその堺市長すら今や橋下の攻撃のターゲットになっていますが。それと維新の会に鞍替えしている議員たちは地域の組織も剥ぎ取っていて既存政党の基盤も弱体化しています。今の状態で選挙をやれば橋下自身は間違いなく当選ですし辛坊当たりが出てくれば竹山同様の結果でしょう。また議会も少なくとも第一党になるのは確実かと思います。少数派の府民としては現状は大変危険なものだと思っています。

2010.12.07 12:45 URL | 2割しかいない少数派の府民 #rZFRC36c [ 編集 ]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000564-san-soci

まったくもってあきれた話です。何で変電所のトラブルが府庁移転の正当化にすり替えられてしまうんでしょうか。WTCに移転したところでその先の変電所でトラブルが起これば同じことなのに。むしろあの古い庁舎でわずか1分で自家発電に切り替わったことを評価すべきではないかと思いますが。場当たり発言の極みでしょう。

自民党大阪府連会長の谷川秀善は今頃になって「あんなバカみたいな独裁者を知事にしたのは我々の責任」と言っていますが、そんな判りきったことを承知で支持しておいて何をいまさらと言う感じです。これほどまでに大阪の政治感覚は上から下までおかしくなってしまっているとは嘆かわしいです。

2010.12.07 16:20 URL | 2割しかいない少数派の府民 #rZFRC36c [ 編集 ]

>2割しかいない さん

私もあなたの意見に同意します。
愛知県知事選を巡っては、大村氏は自民党を追放されましたが、現在のポピュリズム爆発下においてはむしろこれは大村氏に追い風になると見ています。

権力・権威というものを極度に憎悪し、行政や政党政治などにも反逆することこそが市民派だという誤った考えが蔓延している現在では、橋下・河村コンビおよびその傀儡政党・候補者は、敵が多くなるほど同情票を集めます。

多くの有権者は深くは考えません。よってこのような異常な思考回路から当分は脱却できないと思います。
こうした連中が自治体を食い荒らす前に、有権者が気づいてくれればいいと思いますが、前途は暗いです。

2010.12.08 21:43 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

>飛び入りの凡人さん

大村もテレビへの露出度は高いようですね(最近テレビはあまり視ないんで…)
「中京都」などという、突然降って湧いたような(橋下の亜流以外なんでもない)ものをウケ狙いで掲げることじたい胡散臭いんですが、河村バンザイの状況ではやはり「前途は暗い」ですね。

2010.12.09 12:48 URL | ウサギの耳アカ #- [ 編集 ]

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101213/plc1012131052002-n1.htm

秋原葉月様のブログエントリーで知ったのですすが、これは本当にひどいです。これで弁護士になれるのが驚異的です。そしてもっと恐ろしいのはこの発言を批判するマスコミが現れないことですね。本質的には柳田発言どころの騒ぎでない、近代民主主義に対する冒涜だと思うのですが。

2010.12.14 22:28 URL | 2割しかいない少数派の府民 #rZFRC36c [ 編集 ]

ここの主催者には賛同できないこともあるがこの件については賛同します。
小沢支持者が小沢氏が離党してみんなの党と連携しろとか河村たかしと連携しろと言ってみたり河村を絶賛しているのには驚くしかない。あるいは高橋洋一が財務省を敵に回していると彼の提言している政策も知らないで思っているのには残念である。

2011.01.15 11:58 URL | ゴードン #- [ 編集 ]

姉妹都市たる南京市に中指おったてて、己の家族ネタで虐殺ナッシングと息巻いた、たかしちゃん。なんか、ドラゴンボールZの歌が響きまくりそうだ。へっちゃらぁ~(笑)。あれってHEADちゃらだっけ?きちんとみたことないから知らんが。
あしたのジョー2とかなら、さしずめノー○リンなんだが(笑)。
もう、ナチと遜色ないぞ!たまに、北朝鮮とか中国とかの独裁と比べろやとネット右翼筋のご意見をみかけたりするが、うーん、やっぱ、ノリがやじり方とかがナチっすわ、似てます。
奴は、多分『やさぐれ』たんだろう。橋下に先行されまくり、自慢の減税にクレームすらつけられ、誰なんだかわからない、高木ブーより目立たない仲間の知事すら、掠めとられたみたい(笑)。
正に、起死回生の焦土外交!
これで、普通ならばフェイドアウトなのだが、ちょうど石原が廃憲宣言とかわめき立て、きちが○右翼の絶叫リレーを展開しているから、不気味。
穿ってみたら…橋下に圧勝させるための中間派大衆の囲い込み作戦か?
『よりましに見える改革派』をイメージさせるやり口。齢八十近いじいさんや、明らかに見た目も劣る、キワモノ親父より、橋下は人気あるし。

2012.02.22 17:11 URL | 旅マン #htg4sRdU [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1133-84748f33