きまぐれな日々

安倍晋三が今年4月15日に靖国神社に参拝していたニュースは、当地では「四国新聞」が1面トップ、2面、3面、5面で大きく報じている。一方「朝日新聞」(大阪本社発行14版▲◎)は1面中ほどで報じ、2面で大きく報じて社説でも取り上げているとはいえ、「四国新聞」と比較するといかにも地味な扱いだ(もちろん、「四国新聞」など地方紙の政治記事の多くは共同通信の配信だ)。

それにしても、こっそり参拝しておいて、あとからバレるという形にするとは、コソコソと姑息なやり方だ。「靖国を争点にしない」という口実で、事実上反対派の意見を封殺していることいい、いかにも安倍らしい卑劣さというほかない。
しかも、「内閣官房長官 安倍晋三」と記帳していながら、「参拝したとかいないとか申し上げるつもりはない」とは、なんという無責任な言い草だろう。そういえば、統一協会系総会に安倍が祝電を送ったときも(あ! 例の画像のリンクを張ろうとしたら削除されていた!)、「内閣官房長官」の肩書きつきだったが、私人として、しかも事務所が勝手にやったんだとか見苦しい言い訳をしていた。

さて、前の記事で、小泉純一郎もまた女系で祖父・又次郎につながっていると書いたが、たまたま読んでいた佐野眞一の『小泉純一郎 - 血脈の王朝』(文藝春秋、2004年)に、小泉の血脈のことが書かれているので、紹介することにする。

小泉純一郎の母・芳江は、「入れ墨大臣」として知られた政治家・小泉又次郎の妾腹の娘である。小泉純一郎の父・純也は、「デビューしたての北大路欣也によく似た色っぽい美男子」(松野頼三の言=前記佐野眞一「小泉純一郎 - 血脈の王朝」による)だったというが、純也に惚れ込んだ芳江が、駆け落ち同然で結婚したものだそうだ。小泉家の養子となった純也は、三女二男をもうけた。順に道子、隆子、信子、純一郎、正也である。

小泉純也は、義父・又次郎に続いて政界入りしたが、平和主義者だった安倍寛とは異なり、1942年の翼賛選挙で大政翼賛会推薦で当選したため、戦後は一時期公職追放になった。追放解除後に国政に返り咲き、自民党のタカ派代議士として活躍したが、防衛庁長官時代に、自衛隊が「三矢研究」と呼ばれる有事シミュレーションをしていたことを、1965年の国会で社会党議員に暴かれ、長官辞任に追い込まれたことがある。

功罪はともかく、著名な政治家であった純也だが、小泉家での扱いはにべもない。前掲の佐野の著書によると、小泉の元秘書は、こんなことを言っている。

「小泉家では、純也先生はあくまで養子です。いうなれば"鹿児島の種馬"なんです」(筆者注:小泉純也は鹿児島県出身)
「だから、小泉純一郎は"又次郎の孫"であって、"純也の息子"ではないんです」
(佐野眞一 『小泉純一郎 - 血縁の王朝』=文藝春秋、2004年=より)


こんなことを聞くと、どうしても、「安倍晋太郎の息子」というより「岸信介の孫」であると常々口にする、「われらがサワヤカな安倍晋三」を連想せずにはいられない。

それにしても、小泉の家族というのは謎に満ちている。たとえば、よく「陰で小泉を操っているのは、姉の信子だ」などといわれるが、佐野眞一の本では、純也の長女・道子のことが取りあげられている。

道子には離婚歴があり、それ以降再婚はせず、独身を貫いている(しかも、離婚はおろか、道子の結婚のいきさつを知る人さえほとんどいないという、謎に包まれた話だ)とのだが、この件は小泉家のタブーになっているらしく、佐野が取材をしようとしても、小泉家の人々も、関係者も、また小泉の地元の横須賀の人々も、なかなか口を開かないという。
中には、佐野に次のように言った小泉道子の同級生がいたという。

「なぜ、そのようなことをお聞きになるんですか。その程度のご不幸はどなた様のご家庭にもあることじゃないですか。日本のマスコミは、小泉さんを批判する材料ばかり探しているから、嫌いです。お国のために、あんなに頑張っていらっしゃるのに、失礼です。いまは何でも自由に言える時代だからいいですが、昔だったら、警察に通報されてお縄つきになりますよ
(前掲書より=赤字ボールド体は筆者による)


これについて、佐野は次のような感想を述べている。

総理大臣という最高権力者を生み出した家について取材する人間を、あたかも「国賊」扱いせんばかりの発言を聞きながら、小泉を熱狂的に支持する人びとの意識の中心が、どのあたりにあるかがよくわかったと思った。
論議を尽くすことを無視し、世俗受けするパフォーマンス政治のみにこだわる小泉の「わかりやすい」言動は、衆議の上に煩雑な手続きを要する民主主義のルールと、憲法で保障された表現の自由を生命線とする「戦後」体制を清算し、明らかに戦前への回帰を指向する大衆層の掘り起こしに成功している。
(前掲書より=赤字ボールド体は筆者による)


佐野がこの本を書いたのは2004年である。この流れは、翌年の総選挙でさらに一気に加速され、安倍晋三に引き継がれようとしている。まさに民主主義の危機というほかないだろう。

さて小泉家の話に戻す。道子の夫・竹本公輔は結局道子と離婚した末、破滅していくのだが、道子は自分と竹本の娘・純子は、なぜか道子の籍ではなく、父・純也の籍に入れ、父の幼女とした。従って、小泉純一郎の姪である純子は、戸籍上は小泉の「妹」になったのである。

佐野は、小泉のすぐ上の姉・信子は、道子の結婚の失敗に衝撃を受け、それが原因で結婚生活にも男にも幻滅し、「政治と結婚」しようとしたのだろうと推測している。

小泉家について、佐野は書く。

複雑に入り組んだ小泉家の女系の歴史は、インナーサークルへの旺盛で執拗な男系の取り込みを感じさせて圧倒される。それをもし通俗小説にするなら、タイトルはうんと下品に「タネ取り物語」とでも名づけたくなるほどである。その軌跡は、必要なものさえ取り入れたらあとの遺物は容赦なく吐き出す原生動物のアメーバじみた種の保存本能を想起させて、不気味ですらある。
こうした流れのなかでは、芳江の夫の純也にしろ、道子と結婚して別れた竹本にしろ、小泉家の血を保持するDNAがはじめから埋め込まれた女王蜂の言うがままに仕える働き蜂の役割しか与えられていなかったようにも見える。
小泉家の「種馬」でしかなかった純也は、晩年、世捨て人が凝るような石の趣味に走った。純也は石をなでながら、側近によく言った。
「石をなでていると、癒されるんだ。どうしてこんな形になったのかと考えていると、心が落ち着くんだ」
(前掲書より)


晩年、癌に侵されながら妻の洋子や息子の晋三に冷たくされたといわれる安倍晋太郎も、同じような悲哀を感じたのではないかと想像したくなる。安倍晋太郎もまた、岸-安倍家の「種馬」でしかなかったのではあるまいか。

さて、周知のように小泉純一郎には離婚歴がある。この離婚劇を巡って、小泉の二人の姉(道子と信子)と小泉の元妻・宮本佳代子の陰湿な人間関係も本には書かれているが、ここでは割愛し、離婚後の親権をめぐる対立のことだけ紹介する。

小泉家の血への強いこだわりは、純一郎の離婚後、親権をめぐって妻側と激しく対立したわが子の争奪戦にも現れている。元妻の宮本佳代子とごく親しい関係者によれば、小泉家は長男の孝太郎、二男の進次郎の親権をとっただけではまだ満足できなかったという。
「妊娠六ヵ月で離婚された佳代子さんが一人で三男の佳永くんを産むと、小泉側は親権を主張し、家裁での調停に持ち込まれました。その結果、ようやく佳代子さんが佳長くんを引き取ることができたんです」
(中略)
この関係者によれば、三男の佳長が、「父親と二人きりで会いたい」と涙ながらに小泉事務所に電話で訴えてきたことがあったが、その話を秘書官の飯島から伝え聞いた信子は、「血はつながっているけど、親子関係はない」と冷たく言い放ったという。
(前掲書より)


おそるべき小泉家の冷血である。

最後に、私が小泉を決定的に見限ったタイミングは、佐野眞一と全く同じであることを知った。それは、2001年の大相撲夏場所で、横綱貴乃花が、彼の土俵生命を断つことになる大怪我を負いながら、千秋楽で横綱武蔵丸を破って優勝した時、優勝賜杯を貴乃花に渡しながら、「痛みに耐えてよく頑張った。感動した」と小泉が絶叫した時である。
これを見て、私は小泉の底の浅いパフォーマンスに対して本能的な嫌悪感を感じ、以後徹底した反小泉になったのだった(それまでは、故安倍晋太郎は大嫌いだったが、小泉は好きでも嫌いでもなかった)。

佐野は書く。

土俵の上でひとり興奮してエキセントリックに叫ぶ姿をテレビで見たとき、私はマスコミが手ばなしで持ち上げる小泉人気に、少なからぬ疑念と違和感をもった。
小泉という男の頭のなかにあるのは、国民の人気取りへの執心だけではないのか、この男は、言葉というものをいったん自分の脳髄に濾過させ、それから言語として発するという政治家として最も重要な基礎訓練を一度も受けてこなかったのではないか。そんな印象を強く抱かされた。
(前掲書より)


事実、「痛みに耐えて頑張った」貴乃花は、その後一度も優勝することなく土俵を去った。そればかりか醜い兄弟喧嘩を繰り広げたり、「慧光塾」にかぶれたり(笑)など、悪い話しか聞こえてこない人間になってしまっている。
「小泉カイカク」の痛みに耐えてきた国民に待ち構えていたのは、ワーキングプアの「格差社会」だった。

そして、小泉がめちゃくちゃにした日本にトドメを刺そうとしているのが安倍晋三なのである。
関連記事
スポンサーサイト

[色付きの文字絵文字:v-218]太字の文私生活・政治面に関して驚かされることが多い小泉さんですが、親子で応援していましたよ!我が子は障害を持っていますが、最後まで任務を果しただけでも凄いと我が子申しております。もちろん、私もですがね今までの総理は皆さん中途半端でお辞めになるなかできることではありません。孝太郎さんも私から見るととても素直で優しさが満ち溢れています孝太郎さんも小泉さんもお互い信頼しあってきたんだな~って。素敵な親子です伝わってきますいい関係なんですねよりいっそう素敵な親子でいてください。親v-10子で応援してます

2006.10.29 07:58 URL | #- [ 編集 ]

的を得た批評と分析へ、時には声を上げ笑い乍ら、
私は非常に興味深く拝見いたしました。

★私は「もと妻が追い出された原因」について、
「小泉純一郎学歴詐称犯罪」にあると考えています。

学歴については、日常の暮らしの中で、微妙に誤摩化し切れぬものがありましょうね。

元妻は、ごく自然に日常の中で小泉の学歴へ疑問を抱き、
某日、もと夫へ尋ねたーーと。

しかし、小泉は答えられず、姉らに、別々に【信頼感と依存心】をあらわにして、
もと妻の【過去を作り話にして誹謗】中傷した内容を焚き付けた、と。

そして【任しておけ!】と云わんばかりに、
【別々に】小泉から【焚き付けられた姉ら】は、
【吾こそ】が、弟「小泉の仇をとって見せる」と。

母親と早く死に別れ、母の愛情を追う甘ったれの小泉は、
▼【女性間のジェラシーを焚き付け】それを巧く利用し、
人生の戦術:処世術にしたと、私は受け止めています。

小泉周辺では、小池が良い例ですが、
小池百合子自身もまた、策士の父を持ち一家離散の末、エジプトまで逃避行!
細川政権以来、首相コールガール刺客として活躍して来ましたね。
権勢を握り、極めて個人的な【怨念晴し】をする性格は、
似た者同士と申せましょうね。
ここに、国益も国民の安全も、微塵も存在いたしませんね。

★これは、【17歳の私】が40余年前に、実際にもと首相の小泉純一郎と対面し、大嘘をつかれて来た実体験に基きます。

▼【1965年前後】、もと首相の小泉純一郎は、
【浦賀行き】京浜急行線、始発品川駅ホームへ、
【毎朝】8時5分に
【学帽と学生服姿】でペチャンコ鞄をもって立っていました。
★これでは【朝帰り!】
★実際は家族と世間体への、
小泉ニート時代の「慶応の学生としてのアリバイ工作」ですね。

小泉は、毎回、青白い顔で、向かいのホームのその先の空の一点をボーッと眺めていました。
小泉は、毎回、ホームの1番前側へ立っていましたが、なぜか、急行・各停いずれへも、乗車しない日もしばしばありました。

▼小泉が決めた【1965年12月14日】、泉岳寺近くの品川で、
私と小泉は相互に初デートをしました。

そこで私は小泉へ尋ねています。
Q【毎日かぶる学帽の記章は、都立高専に似ているけどどこの?】

★【小泉は下を悔いたまま、長い沈黙の末、ひとことも答えられません】でした。

Q【誕生日は1月8日じゃないでしょ。本当は12月14日でしょ】と。

【12月14日】赤穂浪士仇討ちの日は、
小泉が首相就任期間中、毎年【泉岳寺四十七士】を
参拝していましたね。
またイラク派遣の出発日やら続行決定日やら撤退日やらで、
よく小泉の口から出て来ましたね。

初デートの後、私の住所を知っていた小泉が、なぜか私を【スパイ!】
担任でもない、週に1時間あるか否かの授業の担当教師であった【私の恩師】を
探し出し、その授業の一環である登山へ、何と!同行していた小泉純一郎。

高校も大学も職種も違う私の恩師と、小泉は会話も交さず親しい間柄とは思えませんでしたね。

この大菩薩峠下山中に小泉は、初デートで出した話題をジェスチャーを交えて繰り返しました。

そして上野駅が近づいた列車内で、私の恩師は私ヘ向い、
【彼の名は小泉純一郎。慶応出!】と強調しました。

何と異な事を!!
▼小泉本人が語れなかったことを、親しくもない私の恩師が、
なぜ説明できたのでしょうか?

私の恩師は、小泉純一郎四国訪問の時期に急逝していました。

▼登山同行の理由:「私恩師へ同行するためについた大嘘」が、
小泉【学歴詐称犯罪の決めて!証拠】となったでありましょうに。
現在は、私だけが証人と相成りましょうね。

★小泉純一郎の学帽は、慶応の記章ではありませんでした。
★都立高専の記章でもありませんでした。
まさに、挙動不審時代!

▼腐敗した教育庁により、いとも簡単に、小泉学歴詐称犯罪は
成立したことでしょう!

▼しかも犯罪者は、自民党員2代目の父親と、
自民党員3代目の当人小泉純一郎しか知らないこと!!
他の家族は、アリバイ工作で知らない筈ですね。


▼民主党菅直人国会議員が、国会で、
年金未払い/学歴詐称時代について、国会質疑したところ、
▼当時の小泉は【自分の浪人時代なんか分らない】と答弁しましたね。

★自分の浪人時期の分らない人が、小泉の他にいったいどこに
存在するでしょうか?

アメリカ頼みの小泉がアメリカをも無視して、逃避行北朝鮮!
▼ピョンヤン会談は「子供の使い」以下と笑われましたね。
咄嗟の目くらまし!
小池の逃避行二番煎じでしょうか?(笑)

★忠義をカタル【女】性が、小泉の【盾】に成り代わり、常に、小泉の稚拙且つ陰湿な目的を達成して来たと、
私は声を大にして申し述べます。

大菩薩峠で、下びた小泉の記憶を、私は完全封印しましたので、
以降、私の身に何が起きましょうとも、小泉を憶い出しはしなかったのです。

2001年から私自身が、小泉の恣意的権力行使の暴力を受け、自由と生命の安全を侵害されつづけています。

真実探求の私の目は「否応なく、大嘘つきの小泉の真実へ近づいてしまう」と云う次第です。

現在、遺憾乍ら「三権」は機能していないものと、
私は痛切に実感いたします。

また現在の私は、調査考察の結果、
「先の戦争が、如何なる理由で、誰によって勃発され、どうのように展開し、今日へ至ったか」までも語れます。

まさに自民党結成時、ぃえ開戦前と、現在、
日本は極めて近い状況にあると、私は危惧の念を抱いております。

2008.07.30 05:20 URL | 梅澤紫音 #- [ 編集 ]

整体師の件は、最後の優勝より前の話ですよ。

2010.01.20 19:11 URL | 光司 #- [ 編集 ]

総理大臣は、全知全能を望まれなくても、人間の感情、生活、親子、夫婦(男女)についてノーマルな考えが方が必要で、非ノーマルな考えの人間の感情、生活、親子、夫婦(男女)を人生の基礎に持つ人は望ましくない。
例として、*一郎、*一郎の親子政治家が当てはまると考えます。他にもいるかもしれませんが、今の時点(三党合意破棄を先導する生活無視の破壊行為)で、特に思い浮かぶのがこの親子政治家で、ノーマルな人間の感情、生活、親子、夫婦(男女)を営む人々に対して生意気な行為だと思います斜体の文

2012.08.07 21:23 URL | 思い考え #s7XVKEn. [ 編集 ]

私は初めからヒヒ猿にしか観えなかったが、まんまだった訳で今頃になってまた発狂し始めた。

2014.08.12 20:43 URL | 小市民マスターY #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/112-2d1a8e8b