きまぐれな日々

名古屋市民がつけあがらせてしまったおかげで図に乗る名古屋市長・河村たかしの次の手は、来年2月に行われる愛知県知事選に自民党衆院議員の大村秀章を担ぐ作戦らしい。
http://www.asahi.com/politics/update/1015/NGY201010150006.html

河村市長、自民・大村衆院議員に愛知知事選立候補を要請

 来年2月6日に投開票される愛知県知事選で、河村たかし名古屋市長は15日、自民党の大村秀章衆院議員(50)=比例東海ブロック=に立候補を要請したことを明らかにした。自らが代表を務める地域政党「減税日本」の支援候補とし、減税などの公約をともに訴えたい考えだ。

 河村市長は15日朝、報道陣に「郷土愛のある方。減税ができる人ということでお願いした。感触はよい。出てくれると思っています」と語った。一方、大村氏は朝日新聞の取材に「河村市長とは盟友だ。ただ、知事選について正式な話はない。現時点でこれ以上のコメントはできない」としつつ、立候補の可能性については「あるともないとも言えない」と含みを残した。

 大村氏は愛知県碧南市出身で当選5回。自民党政権では厚生労働副大臣を務めた。

 同知事選は、民主党が元総務省官房審議官の御園慎一郎氏(57)、自民党が内閣府行政刷新会議事務局参事官補佐を務めた重徳和彦氏(39)、みんなの党が医師薬師寺道代氏(46)を擁立する方針。

(asahi.com 2010年10月15日11時2分)


民主党と自民党がともに元官僚、みんなの党が女性医師の擁立を決めているところに、かつて民主党に属していた河村たかしが現役自民党議員の大村秀章を立てて、既成政党、既得権益の打破を訴えて、名古屋のみならず愛知県全体を「河村帝国」にしたいかに見える。これが実現すれば河村たかしは民主党に、大村秀章は自民党にそれぞれ弓を引くことになる。河村は、自身も名古屋市長を辞任して改めて立候補し、愛知県知事選、名古屋市議選と名古屋市長選のトリプル選挙にする構想を持っているとも伝えられる。

大村秀章の名前を聞いて私が思い出すのは、3年前の参院選を1か月後に控えた6月、テレビ朝日の『サンデープロジェクト』に出演して「消えた年金」問題を民主党の長妻昭(前厚労相)と討論したが、当時野党の論客として鳴らした長妻に完膚なきまでに叩きのめされ、反論する言葉も出ずに涙目になる醜態を晒したことだ。2007年6月17日付の当ブログエントリ「自民党の『年金問題の切り札』・大村秀章の醜態」は、自公政権時代には長らく人気エントリだった(現在ではほとんど参照されない)。

とはいえ、与党の政治家が野党の政治家との論戦を行うのは、守勢に立たなければならない不利さはある。当時人気の高い論客だった長妻昭も、いざ厚生労働大臣に就任すると、目立った成果をあげることはできなかった。私は、長妻、大村両氏に小泉・竹中構造改革に親和的な体質を感じるので、二人とも支持しないが、それでも大村氏が自民党では片山さつきともども「派遣村」に足を運んだ数少ない政治家であることは覚えている。

しかし、前々回のエントリ「『日本版ティーパーティー』に入れ込む片山さつきと副島(そえじま)一派」で書いたように、片山さつきが自らサラ・ペイリンを気取って「日本版ティーパーティー運動」を宣伝したかと思うと、大村秀章も河村たかしから愛知県知事選出馬の誘いを受け、受諾こそしていないけれども、諾否をマスコミから聞かれて即答を避ける程度には心を動かされている。黒川滋氏は、ブログ『きょうも歩く』で、

河村氏と友人であろうがなかろうが、年越し派遣村で汗をかき厚生労働関係に造詣の深い大村議員が、減税が第一の公約の政治勢力から立候補要請を即座に断らないというのは、自己否定につながらないのか。
社会保障、労働関係の施策は、企業福祉、家庭内福祉を多用して小さな政府路線をとってきた日本で、行き詰まりを見せている。多少なりとも社会保障について知識がある政治家なら、減税はできるわけがないと知っているはずである。

と書いている。

だが、河村たかしの主張に心を動かされているのは、何も大村秀章だけに限らない。さとうしゅういち氏によると、名古屋市議会のリコールを目指す河村たかしの「市民運動」は、

インターネットの「ネオコン」の方々から支持が厚い橋下徹・大阪府知事と、今までは名古屋で環境や平和などの市民運動をしてこられた一部の「左翼」の方々、一部インターネットの左翼の方々に評判がいい論客らが「相乗り」する形になっています。

とのことだ。

ネットでのみ特異な集団を形成している「小沢信者」(ozw信者)の一部が副島隆彦(ソエジー)や中田安彦(「アルルの男・ヒロシ」)らに扇動されて河村たかし支持に走っていることを私は知っており、彼らozw信者の生態が、アメリカでサラ・ペイリンらが主導する「ティーパーティー運動」に共鳴する人たちとあまりにもよく似ているので、私は『kojitakenの日記』の記事「ozw信者さんたちが大好きなもの」でこれを皮肉ったが、リアルの運動家たちにも河村たかし支持が浸透しているとなると、事態は深刻だ。

上記リンク先でさとう氏が描いた2次元ダイアグラムを見ると、菅直人首相、小沢一郎元民主党代表、「一部左翼」の三者が揃って、自民党政権時代や鳩山政権時代と比べてグラフの下の方、つまり「再分配小」の方向に動いている。菅首相は民主党内で政権を支える前原誠司ら松下政経塾出身議員や、鳩山由紀夫と両天秤にかけながら菅政権も支える旧民社に引っ張られ、「一部左翼」は自分たちが喝采を送る河村たかしに引っ張られ(副島隆彦一派や植草一秀の影響も見逃せない)、機を見るに敏な小沢一郎も、世論のトレンドを読んで「小さな政府」側にシフトしたと考えられる。

さとう氏は、河村市長は「庶民革命」と言うが、例えば生活保護ギリギリくらいの人にとって、本当に負担が重いのは国保料や介護保険料などだと指摘する。河村たかしの支持者らからは評判が悪いであろう、政府税調専門家委員会委員長代理(つまり神野直彦氏の代理)を務める大沢真理氏も、9月3日付の朝日新聞で、2000年以降社会保険料の総額が国税収入の総額を上回っているが、正社員が加入する厚生年金の保険料が企業との折半であるのに対し、不安定で低賃金の非正規労働者が加入する国民年金は、月1万5千円程度を本人のみで負担するので、生活が苦しい人ほど負担が重く、保険料に依存する仕組みはもう限界を迎えていると主張している。

大沢氏は、「増税は景気が回復を待っていては遅い」とも主張するので、勝手に「増税=消費税」とすり替える人たちの標的になりそうだが、大沢氏は課税対象を広げて納税力のある人に負担をしてもらい、税収が増える仕組みを作るべきだと言っており、要するに再分配を強化せよと主張している。

一方、河村たかしの主張は、一言でいえば再分配なんてする必要はないというものだ。

それでも名古屋市民や愛知県民が河村たかしを支持するならそれは仕方がない。名古屋市や愛知県から(ついでに大阪府からも)市民・県民(・府民)の方々は逃げ出した方が得策だと私は思うけれども。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

カワムラとオオムラで、局所的大政翼賛ということなのでしょうか orz
反権力気取りの首長というの自体面妖な存在です。劇画や小説の中でならともかく、現実に出てきてここまではねあがっていると見ていておかしい。
ジャーナリストやコラムニストは、こういう「おかしさ」をちゃんと言葉にして表現して欲しいんですけども、なにをしているのだろう。

>それでも名古屋市民や愛知県民が河村たかしを支持するならそれは仕方がない。

たしかにその地方に住んでいないとわからないことがあるから、他県住民としてはなんともいえないですが、国会議員が応援に来たり、大阪府知事も賛同したり、全国区に広がっていきそうな予兆が見えてるので、警戒心を持ってしまいますね。

2010.10.18 12:33 URL | nessko #aIcUnOeo [ 編集 ]

大村氏は愛知県の自民党ではそれなりの地盤があったのだろうし、中堅議員として党内での今後もあったと思われるのに。そういう議員も揺れるほど、地元にあって河村のプレゼンスは大きいのだろうか?(もちろん愛知県知事は野党議員はもとより、なまじっかな大臣よりは魅力的なポストだろう) ただ、大村議員はもともと政界再編論者らしいので(後房雄ブログ参照)、河村との個人的関係もあいまってそちらになびくのも仕方ないのかもしれない。比例復活なので辞職すれば自民党の心証もあまり悪くないだろうし。

大沢真理はCSの金子勝の番組(「ニュースにだまされるな」)に出ていた。それによると彼女は「子供手当」をはじめとする民主党マニフェストに非常に深く関与していたようだ。だから、小沢にせよ菅にせよ(放送は代表戦中だった)マニフェストをきちんと理解していれば今のような政策になるはずがない、きちんと読みなさい、マニフェストの原点に立ち返るなら、この代表戦にも意味があるでしょう、といってかなり苛立っていた(マニフェストの原点云々だけとれば小沢派と同じになるけど、もちろん大沢は小沢を支持していたわけではない)。神野氏のときと同じで、左派知識人と民主党の同床異夢のようなものが見て取れる気がしました。

2010.10.18 18:33 URL | KKY #- [ 編集 ]

>環境や平和などの市民運動をしてこられた一部の「左翼」の方々、一部インターネットの左翼の方々に評判がいい論客らが「相乗り」する形になっています。

私は労働組合に所属し、思想的にも左派に属しながら、こうした労組や市民運動団体の主張に、きれい事・偽善臭さを常に感じてきました。

一部の市民運動家は非正規の公務労働者に対してボーナスを支払ったことを違法と主張しましたが裁判で負けました。昼休みの業務に残業手当をつけたことに噛み付いたのも市民運動家でした。
彼らは「税金」を使うことは少なければ少ないほどいいと考えているようです。そのためには労働環境さえも踏みにじろうとしています。これは本来の左派の行動とはまったく敵対する行為だったはずなのに。
(あくまでも「一部」です。市民運動すべてを否定する気はまったくありません)

左派のこうした主張のチグハグさは、戦後左翼活動がもっぱら反戦・平和・環境などに特化しすぎて、本来の左翼の主張である「再分配機能の充実」ということに重きを置いてこなかったことを原因と見ます。
むろん平和と経済の安定は両輪ですが、あまりにも左派は経済を知らなさすぎる、これが私の感想です。

反政府=民主主義=正義という論法が強すぎたため、実際に自民党が下野し、政権交代が実現したときに、そのビジョンの弱さが浮き彫りになってしまったようです。
そこで議会や官僚を権力・既得権者として祭り上げ、これに反抗することで大衆人気を集めようとしている勢力に利用されてしまった、私は現在の一部左派の状況をこう見ます。

「ネトウヨは公務員バッシングになるとバカサヨに変わる」
Yahoo!のコメント欄でこう書かれていたのを見て、左派とはどうあるべきか、本当に深く考えこんでしまう最近なのです。

2010.10.18 18:43 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

「本当は大きな政府の方が良いと思っているけれど天下りをはじめとする汚職・利権の問題を前に心ならずも小さな政府を支持している人」は少なからず存在している気がします。
私自身、汚職の無い大きな政府が一番良いと思いますけど「では"天下り全廃と引き替えの小さな政府"と"天下り容認と引き替えの大きな政府"ではどちらが次善か?」と聞かれれば前者を取りたい気もします。
もちろん簡単に天下りが無くなる訳もなく"このままでは天下りのある小さな政府になる"というところで大きな政府支持に踏みとどまってますが天下りを無くしたいという理由から心ならずも大きな政府派から小さな政府派に転じた人は相当数いると思います。

2010.10.19 00:32 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

Aさん、

> 「本当は大きな政府の方が良いと思っているけれど天下りをはじめとする汚職・利権の問題を前に心ならずも小さな政府を支持している人」

こういう人たちを生み出すのが新自由主義者の狙いです。

民間企業の目的は利潤の追求ですが、政府の大きな役割の一つは富の再分配です。

民間の、たとえばオーナー社長の中には、天下りする役人以上に巨万の富を蓄える人たちがいて、従業員から好き勝手に搾取もしているのに、彼らは天下り役人のように国民の目の仇にされることはありません。なぜでしょうか?

それは、小さな政府の実現を目指すエスタブリッシュメント層の真の狙いが、再分配を止めさせて格差を固定ないし拡大することにあるからです。だから、政府の機能を縮小させたい。そのためには、天下りをやっている連中(それ自体は、もちろんけしからんことだと私も思います)を叩けば良い。

これが彼らの手口です。

天下りがなくなったところで、政府が富の再分配を止めてしまえば、土豪はますます巨万の富を蓄え、貧乏人はますます貧しくなるだけです。

既得権益がどうこうと言われますが、日本においてもっとも既得権益で潤っているのは、民間の土豪たちだということに、いい加減国民が気づくべきです。そしたら、河村のリコール運動になんか誰も賛成しなくなります。

2010.10.19 01:43 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

私がしばしば反ネオリベブログとして紹介する「dongfang99の日記」から
http://d.hatena.ne.jp/dongfang99/20101011

一部分を引用します。
>「天下り」などの「官僚利権」という、貧困や孤独死などの問題を解消し、自分たちの生活の豊かさを維持するために、どの程度の公共部門の従業員が必要なのかという問題とは全く関係のない話の文脈で語られ、それが世論に支持されている。この世論がどうなったらひっくり返るのかが、考えれば考えるほどわからない。

日本人は反天下りファンダメンダリストなのでしょうか?
アメリカ人にはいるんです。収入が半分になってもいいから、反堕胎、反銃規制、反進化論の共和党タカ派を支持するという筋金入りの保守熟年層が。
でも日本人はそこまでの覚悟があるわけではない。なんだか天下りがなくなれば、福祉に金が回って大きな政府が実現するかのような幻想を持っている。それを振りまいているのはいい加減な経済学者や政治学者、エコノミストたちです。

そもそも独法を作ったことが天下りの原因なのですから、本来なら独法の仕事は公的サービスとして行われることなのです。
狭義の論外的な天下りはともかくとして、私は政治家や高級官僚の待遇が良かろうと、それで生活が楽になるのなら何ら問題を感じません。こうしたいい意味で立ち回ればいいのです。
天下りか小さな政府か、という選択などありません。そんなものを同列で比べるところに悪循環から抜け出せない日本があるのです。
そしてこうしたあり得ない選択をさせようとしているネオリベ勢力に気づくべきです。

2010.10.19 01:57 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

 ブログ主さんの「土豪」というのがどういう意味か、今ひとつはっきりしませんが、格差拡大をすすめている張本人は、地方の金持ちなどではなく、間違いなく輸出中心の大企業とアメリカですよ。
 企業の内部留保が問題にされていますが、これはトヨタやキャノンなど大企業に限った話です。派遣労働者を重宝がるのも、主に大企業とその系列の製造業。これまで、さんざん米ドルや米国債を買わされ、円安誘導し、得をしたのはアメリカと輸出大企業。さらに大銀行などは、未だに税金も払わずに内部では好待遇を続け、米国に投資したりしています。
 そういう「日本株式会社」の幹部役員に、前二者以外に、広義の保守政治家と「天下り官僚」がいるんです。「日銀」なんかもその一味でしょう。
 「天下り官僚」だけが悪ではないでしょうが、悪の中枢の重要な一部であることは間違いないでしょうね。
 地方の土豪連中は、ちまちました内需の「小売り」で稼いでいるんだし、格差拡大したら逆に損ですよ。それに、皆倒産のリスクを背負って経営をしているわけです。
 河村の正体はわかりませんし、むしろ不安で応援する気はさらさらありませんが、「日本株式会社」の中枢神経まで破壊するつもりなら、一種の「荒治療」になる可能性はあるでしょうね。
 
 

2010.10.19 06:17 URL | cube #- [ 編集 ]

> 格差拡大をすすめている張本人は、地方の金持ちなどではなく、間違いなく輸出中心の大企業とアメリカですよ。

違いますよ。cubeさんは「土豪」とは何かを理解していません。

一口に「輸出中心の大企業」と言ったって、サラリーマン社長と創業者一族では全然違います。創業者一族は私の言う「土豪」です。サラリーマン社長は「土豪」に奉仕している人たちってとこでしょうね。前経団連会長の御手洗冨士夫は、世襲経営者、つまり典型的な「土豪」であり、彼が世襲政治家である安倍晋三と親密だったことが、ことの本質をよく物語っています。

それから、アメリカなんて主役じゃないですよ。そりゃアメリカは自らの国益のために他国の国益を疎外する存在ですが、たとえば竹中平蔵にしたって、アメリカのエージェントではなく、一部は自らの利益のため、そして一部では自らの信念によって新自由主義に基づく構造改革路線を推進したのです。新自由主義とは何ぞや、というと、これはハーヴェイ流に言うと格差固定のプロジェクトです。新自由主義者はアメリカに「操られている」のではなく、アメリカを「利用している」んですよ。

> 地方の土豪連中は、ちまちました内需の「小売り」で稼いでいるんだし、格差拡大したら逆に損ですよ。それに、皆倒産のリスクを背負って経営をしているわけです。

リスクを抱えて商売している中小企業の経営者たちは、必ずしも私の言う「土豪」には当たりません。もっとも問題が大きいのは、バブル期に地価高騰で莫大な資産を抱えるに至った連中が蓄えている資産ですよ。たとえば彼らは株だってたくさん持っているでしょうけれど、株式の売却益だの配当だのは、分離課税になっていて優遇されています。その税制を見直せと言っているのが神野直彦氏や大沢真理氏ですが、河村は神野氏らとは逆に、「減税」を主張しているわけですよ。

地方の中小企業経営者といってもさまざまで、苦労して経営しており、破綻と紙一重の人たちも多いでしょうけれど、彼らの中でもっとも成功した人たちは、「土豪」と化しています。一族で自社株の半分以上を持っている彼らが、派遣社員を含む労働者に対して行っていることは「搾取」そのものです。

さらにいうと、苦労している経営者にしたところで、起業者というのはそもそもリスクテイカーであるのが資本主義なのだから、最低賃金も払えないような不良企業には市場から退出してもらうしかないのです。そんなゾンビ企業がいつまでも生き残っていたって、苦しむ労働者が増えるだけで、貧乏人にとっては迷惑千万な話です。

そこは「高福祉高負担」論者であろうが、新自由主義者と同じように見えることを言っていて、むしろ新自由主義者の方が、実際の政治においては不良経営者を助けすぎてきました。「高福祉高負担」論者は、政府支出によって産業構造の転換を推進することを推奨します。「税金にぶら下がって生きられる人を増やす」などという甘っちょろい思想ではありません。

> 河村の正体はわかりませんし、むしろ不安で応援する気はさらさらありませんが、「日本株式会社」の中枢神経まで破壊するつもりなら、一種の「荒治療」になる可能性はあるでしょうね。

つまり、cubeさんは日本を焦土と化しても構わないと仰るわけですね。私には河村は容認できません。

2010.10.19 08:16 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

今の状況は、
釣ってきたフグを食べようとして、「市議会」というフグ毒にあたるのが嫌で、
あらかじめ「河村たかし」という猛毒を飲むようなものなのかなぁ、、、

決められた方法できちんと調理したフグなら安心して食べられるのに、、、

2010.10.19 13:50 URL | ウサギの耳アカ #- [ 編集 ]

 分離課税なんて、私も反対です。しかし、それで恩恵を受けている大部分は、1外国人、2金融機関、3企業、4個人投資家の順です。
http://markets.nikkei.co.jp/plan/stockabc.aspx?site=MARKET&genre=p1&id=MMMAp1017027122004
「土豪」の株式保有比率なんて、全体の2割にも満たないじゃないですか。
 しかも上の記事のように、

「金融機関(銀行や生命保険会社など)の比率が低下する一方で、外国人投資家の比率が急拡大しています。
 このため、今では国内の機関投資家より、外国人投資家の動きの方が、日本の株式市場に強い影響を与えるようになっています。」
 
 そんなにおいしい日本株なら、どうして「土豪」連中はもっと買わないのですか?どうして外国人に買い占められるのですか?
 「アメリカは主役じゃない」とおっしゃいますが、そんな認識では、とても今の政治経済は論じられませんね。
 どうも失礼を申し訳ありませんが、ブログ主さんは自分の収入を得ている立場(例えば自治労とか)から「井の中の蛙」的に政治を論じていらっしゃるんじゃないかと、少々怪しんでおります。
 もちろん、そんなものを明かすことを要求しているわけではありませんが、最近すごく「頑迷さ」が目立つようです。

2010.10.19 15:27 URL | cube #- [ 編集 ]

以前にも似たようなことを書いたが、河村や橋下を増長させたのは右派ではなく、むしろ「バカサヨ」の範疇に属する者たちだと私は思う。
テレ朝のワイドショーに出てくる大谷某とかの系統あたりか。
官僚主導打派、中央集権反対の左派系知識人たちが、地方の旗手として名古屋や大阪を推しているというように見える。

しかしながら大阪では、支持率のわりに府民が橋下に対して少しも協力しない(スクールランチ事業の不振がその代表例)のでバカサヨにとって面白味が薄れ、サポーターズのような「市民活動」で首長支援を盛り上げている名古屋に軸足を移した、という感じか。

2010.10.19 22:02 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

橋下氏の支持率が、大阪では7-8割に及ぶそうです。
恐ろしい時代になりました。弁護士会から懲戒処分を受けるような破廉恥な男が、府民に熱狂的に支持されている。
民主党は対決することを決め、自民党も維新派に離党勧告している。でも橋下氏の勢いには影響ないようです。
橋下氏は、聞こえの良い様々な政策を唱えていますが、彼のやりたいことは大阪府への集権化であって、即ち、自己の権限強化です。これは地方分権とは逆行する動きです。
地方分権は、最も住民に近い市町村に権限を与え、その上位により広域の行政単位である道州を設け、非効率な行政単位である都道府県を解体することが目的であるからです。
道州制には、賛否があり、私も長所と短所があると思っています。しかし、少なくとも橋下氏の提案は、今論じられている地方分権とは無縁の改革です。
府民は、橋下氏の政策のどこに魅力を感じているのでしょうか。
私は、府民の支持は、小沢待望論に似ていると感じています。
橋下氏の人物や改革の中身より、橋下氏が大胆なことをやって大阪を良くしてくれる、という根拠のない願望が背景にあると思います。

2010.10.19 22:57 URL | greenstone #- [ 編集 ]

久々の書き込みでHNを忘れてしまいました。

橋下については、「青少年健全育成条例」の時に見せた強権的な姿勢こそ橋下の真の姿であろう。全く支持できません。

2010.10.20 00:12 URL | rocket #- [ 編集 ]

憲法改悪の策動が開始されたことに不快感を覚えます。

上杉隆は喜ぶだろう。それは、彼の近著を読めば分かることですから割愛します。

2010.10.20 00:25 URL | 不肖の弟子 #3a4O4kSU [ 編集 ]

>greenstoneさん

橋下氏の高支持率の理由のひとつには、風向きをみて政策をころころ変えている点があると思いますよ。
公教育の復権を唱えて府立高校への受験生誘導と思いきや、一年後には一転して公立私立関係なく競争へと方向転換。
私立高無償化の対象範囲拡張に向けて動いています。
大阪市との関係も協調路線から一転して府市統合の大阪都構想へ。
その大阪都構想も、対象とされた周辺市に関しては強硬姿勢を捨て、
「まずは大阪市だけを対象」と言い出す始末です。

よく彼を独裁者に例える人がいますが、私には単なる支持率乞食にしか見えませんがね。
やれヒトラーだ何だのとはやしたてるのは、過大評価をしてかえって持ち上げているようにすらみえます。

在阪のテレビでは彼の批判が一切なく翼賛状態らしいのですが、それでいて支持率はなぜ東国原越えの全国トップに踊りでないのか。
むしろそっちが不思議なんですが。
さらにいうとそこまで熱狂的に支持があるのなら今頃大阪府庁はとっくに移転決定、府立大学も民間に売り飛ばされているはずなんですけどね。
なぜそうなっていないのかも考えてみませんか?

2010.10.20 00:36 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

cubeさん、

> どうも失礼を申し訳ありませんが、ブログ主さんは自分の収入を得ている立場(例えば自治労とか)から「井の中の蛙」的に政治を論じていらっしゃるんじゃないかと、少々怪しんでおります。
> もちろん、そんなものを明かすことを要求しているわけではありませんが、最近すごく「頑迷さ」が目立つようです。

呆れましたね。「自治労」認定ですか。

cubeさんは「小沢信者」に近いのかなと勝手に思ってましたが、そうではなく、どうやら2007年に小沢一郎を「小沢自治労」と呼んだ屋山太郎に思想が近そうですね。要するに新自由主義者だ(笑)。

これではお話になりません。

もっとも、屋山太郎もその後小沢一郎支持に回りましたから、小沢一郎も2007年当時と比べると、菅直人同様新自由主義側にかなりシフトしているようですけどね。

なお、おことわりしておきますが、私は公務員ではありません。地方公務員が各地に転々と転居するわけないでしょ。常識で考えたってわかりそうなもんだけど、新自由主義思想に凝り固まったcubeさんにはその程度の想像も働かないようです。

2010.10.20 08:17 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

 今日の‘スパモニ’で官僚古賀茂明氏が出てたが、このままでは世間に‘官’民主党政権とみなされ、はなはだマズイ、この状況を打破する一案としては、河野太郎の‘公務員制度改革法案’の丸呑みで凌ぐしかない。古賀氏をあたかも旧約聖書第53章にでてくる人のように世間に同情が広がれば選挙に負けまくり、じり貧で解散、もしくは管内閣は崩壊してしまう
 国民の福利のために優良な政策は丸呑みすべきだ
 ただ腹立たしいのは党利党略のために補正予算を人質にしてくだらない法案を民主党に丸呑みさせて民主党のアイデンティティー奪おうとする自民党のやり口である

2010.10.20 10:11 URL | 町村優勢・・・。 #- [ 編集 ]

>飛び入りの凡人さん
私は天下り利権が無くなれば、貧困・孤独死の問題が緩和し得ると思っています。
例えば悪名高い「わたしのしごと館」が利権まみれの天下り法人ではなくきちんとした職業訓練施設として機能していたとすれば貧困から抜け出せたり将来孤独死せずにすんだ人がいたかもしれないし、たとえそうならなかったとしても少なくとも官僚OBの懐が肥えて終わりというよりはずっとましと思います。

>管理人さん
私はオーナー社長であろうと天下り官僚であろうと贈収賄・横領・背任・利益相反取引などの商法違反といった犯罪行為をした人間は叩かれて当然と思っています。
ただ天下り官僚はオーナー社長より摘発される可能性が低い(たとえ違ってもそう感じる)事で目の仇にされるのでしょう。

2010.10.20 22:52 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

名古屋市が減税を行った場合、地方交付税は減らされる、あるいは全くもらえなくなるのではないか?
市債を自由に発行できなくなるというのもどこかで見た。
国と地方の関係上、上のような何らかの影響があることは市民に説明されているのだろうか?
甚だ疑問だ。

2010.10.20 23:03 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

先日の朝日新聞の世論調査でも相変わらず約8割の支持を受けるバカ殿橋下。その橋下がぶちあげた大阪都構想の支持が不支持を上回ったと大見出しになっていました。しかしよく見るとその差はわずかで態度保留の意見も2割近くあるという状況。さらになんと都構想について説明不足という意見が過半数を超えているという全く不可解な話。今の大阪は橋下が言うことなら内容は分からなくてもともかく支持という思考停止の有権者がかくも多数を占めるようになったかと思うと暗澹たる思いになります。今住んでいる人間は仕方ないかもしれませんが、これからは大阪に引っ越そうなどということは考えない方がよろしいかと。

2010.10.20 23:03 URL | 2割しかいない少数派の府民 #rZFRC36c [ 編集 ]

>2割しかいない少数派の府民さま

とりわけ理解できないのは、解体対象となる大阪市民が、府民全体と同じ位の割合で大阪都構想に賛成していることです。
他紙(産経だったと記憶)が数か月前に行った支持率調査においても、橋下支持率は府下他地域に比べ、大阪市内で明らかに高いとのこと。
(この調査は都構想が出たのとほぼ同時期でした)
大阪市民に一体何が起きているのでしょうか?

2010.10.20 23:48 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

元大阪府民からの伝言さんへ

>橋下氏の高支持率の理由のひとつには、風向きをみて政策をころころ変えている点があると思いますよ
私もその通りだと思います。常に強い方へ無定見になびいてゆく彼の節操のなさは、彼の最大の武器かもしれません。これは、なかなか真似できない。
しかし自己の権限強化を追求しているところは一貫しています。

私が府民の熱狂的支持と表現したのは、その支持率の高さです。実際に大阪府民が「熱狂的に」支持しているかどうかはわかりません。
しかし78%という支持率は(10月19日朝日新聞)、就任後2年以上経ち、大阪が日本第二の都市であることを考えれば、私には驚異的です。
彼の政策、人物を考えますと、政策は必ずしも人気がなく、人物は品性の欠けた人間です。そこで、私は、彼の人気は小沢待望論的なものに由来しているのではないかと考えたわけです。もちろん関西に住んだことがないので実情は分らないのですが。

地方選の結果いかんでは、今後彼の政策が実現してゆく可能性もあります。彼の政策は、国の支持を得ないと実現しにくいものが多いので、その点が防波堤となるかもしれません。でも国の協力がなくて挫折したとなると、大騒ぎするでしょうね。

2010.10.20 23:51 URL | greenstone #- [ 編集 ]

>Aさん

官僚その他公務員が目の仇にされやすいのは、彼らが決して怒りをあらわにしないからです。
守秘義務その他で日常的に縛られてますからね。
公務員業界は意外と体育会系も多い。
実際にサシで勝負したら、ちょろいバカサヨ知識人なんぞは瞬殺されるかもしれんのに。

2010.10.21 00:01 URL | 元大阪府民からの伝言 #- [ 編集 ]

>Aさん

私は天下り利権を是認したりはしていません。
「100人の天下りを防ぐために、数千万人が我慢を強いられるのは仕方ない」かのような書き込みに反論しただけです。
一部の天下り利権をもって、小さな政府支持に行き着く理論は乱暴すぎます。これらは分けて考えるべきではないかと主張しているのです。

私はかねてから感じていたのですが、「公務員の独身手当のトンデモ」のような記事を書き、これを一般的な公務員の姿と見せかけることはペテンに等しい行為と思っています。
私には親しい地方公務員はいませんので、国家公務員の話しか聞いたことがありませんが、通勤手当など、とにかく安くあげるために、実際にはとても使えないようなルートで計算されている場合があるようですし、残業手当はここ数年、全額支払われるようになったそうですが、それまでは上限が決められていました。それ以上はサビ残だったのです。
また研修の旅費は後払いなので、初任者研修の場合、手持ちが足りないこともあり、それを職場のみんなでお金を貸して工面することもあるそうです。

また以前、新聞に役所に対するクレーマーの記事が載っていたのですが、大阪府民さんが言われることと重なるかも知れませんが、お役所は職員をクレーマーから守ってはくれず、クレームを受けるのは職員本人の自己責任とする風潮が強いとありました。

こうした公務員の環境を聞くにつけ、新聞報道などとは真逆な意味で、お役所というところを改善しなければならないのでは、と思いました。

一般の人は公務員の悪い待遇の部分をほとんど知らされない。公務員の援護をするのは、共闘している労働組合員の立場ぐらいしかないのが実状なのです。

2010.10.21 22:06 URL | 飛び入りの凡人 #mQop/nM. [ 編集 ]

リコール署名の件がニュースになってますね。
署名が有効数に届くかがかなり微妙になってきたみたいですが。。。
今後の展開はどうなるか。

2010.10.21 23:41 URL | 元大阪府民からの伝言  #- [ 編集 ]

>元大阪府民からの伝言さん
>飛び入りの凡人さん
私は官民問わずして汚職や不正をした人間は叩かれるべきと言っているのであって公務員が叩かれるべきと言っている訳ではありません。
私自身は大きな政府支持者ですが小さな政府支持者の中には"汚職の温床となる事以外に大きな政府に反対する理由が無く利権の問題が解決したならば大きな政府支持者に転ずるであろう人"が相当数いると思われる以上、切り離して考えず少なくとも不正をした当人は叩かれるべきと言っているのです。

2010.10.22 00:13 URL | A #AtAD9fD6 [ 編集 ]

総選挙の国民審査では最高裁裁判官を全員不信任投票して日本の司法から追放しよう!

2010.10.22 07:58 URL | 司法改革は国民の手で #- [ 編集 ]

バカ殿橋下が府議会での答弁で大阪都の財源調整なんか総務省にやらせれば屁のカッパと答弁。地方に権限渡せと言いながら肝心なところは霞が関頼み。その一方で都構想の具体的制度設計を聞かれると「詳細にやるのは限界がある」「制度設計は行政マンの知恵」と答弁。あれだけ公務員叩きをしながら肝心なところは公務員がやれと言い出す始末。この男のいい加減さには本当に呆れる。
こんな扇動政治家を気軽に支持するとは大阪はますます衰退の一途ですな。

2010.10.26 23:10 URL | 2割しかいない少数派の府民 #rZFRC36c [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1119-1e78d80a